• R/O
  • SSH
  • HTTPS

autocoast: Commit


Commit MetaInfo

Revision174 (tree)
Time2004-11-11 23:22:22
Authortmurakam

Log Message

initial

Change Summary

Incremental Difference

--- web/trunk/docs/index-ja.html (nonexistent)
+++ web/trunk/docs/index-ja.html (revision 174)
@@ -0,0 +1,284 @@
1+<html>
2+<head>
3+<style>
4+<!--
5+a
6+{
7+ text-decoration:none;
8+}
9+a:link
10+{
11+ /*color: rgb(51,153,255);*/
12+ text-decoration:none;
13+}
14+a:hover
15+{
16+ color:red;
17+ text-decoration:underline;
18+}
19+a:visited
20+{
21+ color: rgb(51,102,204);
22+}
23+
24+a:active
25+{
26+ color: rgb(255,153,0);
27+}
28+
29+table
30+{
31+ table-border-color-light: rgb(255,204,102);
32+ table-border-color-dark: rgb(204,153,102);
33+}
34+
35+body, th, td {
36+ font-size: 11pt;
37+}
38+
39+body
40+{
41+ /*font-family: Verdana, Arial, Helvetica;*/
42+ /*background-color: rgb(255,255,204);*/
43+ /*background-color: rgb(255,255,210);*/
44+ /*color: rgb(102,102,51);*/
45+ color: black;
46+}
47+
48+h1
49+{
50+ font-size: 230%;
51+ color: #A000A0;
52+ background-color: #ececec;
53+ border-left: 15px solid #800080;
54+ border-top: 2px solid #800080;
55+ padding-left: 10; padding-top: 5; padding-bottom: 5;
56+}
57+h2
58+{
59+ font-size: 160%;
60+ color: #408080;
61+ background-color: #ececec;
62+ border-left: 6px solid #000080;
63+ border-top: 2px solid #000080;
64+ padding-left: 10; padding-top: 3; padding-bottom: 3;
65+}
66+h3
67+{
68+ font-size: 110%;
69+ color: #008000;
70+ background-color: #ececec;
71+ border-left: 5px solid #006000;
72+ /*border-top: 1px solid #006000;*/
73+ padding-left: 10; padding-top: 2; padding-bottom: 2;
74+}
75+h4
76+{
77+ color: rgb(153,153,0);
78+}
79+h5
80+{
81+ color: rgb(255,153,0);
82+}
83+h6
84+{
85+ color: rgb(51,102,204);
86+}
87+.text12 { font-size: 12px; line-height: 20px}
88+-->
89+</style>
90+</head>
91+<body>
92+<center>
93+<font size=+3>AutoCoast : Automatic Coastline Scenery Generator</font><br>
94+<font size=+2>for Microsoft Flight Simulator 2004</font><br>
95+<font size=+1>version 0.1 (beta)</font>
96+</center>
97+
98+<!-- <a href="readme.html">English Document</a> -->
99+<p>
100+
101+<h2>はじめに</h2>
102+
103+AutoCoast は、海岸線のシーナリを自動生成するツールです。
104+<p>
105+AutoCoast は <a href="http://www.soest.hawaii.edu/wessel/gshhs/gshhs.html">GSHHS (Global Self-consistant Hierarchical High-resolution Shorelines)</a>
106+を用いて海岸線を自動生成します。
107+
108+<p>
109+
110+<h2>必要環境</h2>
111+
112+<ul>
113+<li>GSHHS データ: <a href="http://www.soest.hawaii.edu/wessel/gshhs/gshhs.html">こちら</a>から
114+GSHHS のデータを入手します。gshhs_1.3.zip ファイルです。
115+<li>BGL Compiler :
116+<a href="http://www.microsoft.com/games/flightsimulator/fs2002_downloads_sdk.asp">FS2002 SDK</a>(注: FS2004 SDK ではない)の BGL Compiler (BGLC.EXE) が必要です。
117+</ul>
118+
119+
120+<h2>使用方法</h2>
121+
122+<h3>プログラムを配置する</h3>
123+
124+AutoCoast のファイルを展開して、適当なフォルダに展開してください。
125+<p>
126+
127+ついで、GSHHS のデータファイルも展開します。これも上記と同じフォルダに置いてください。
128+<p>
129+また、BGL Compiler のプログラムファイル (BGLC.EXE) も同じフォルダに置いてください。
130+
131+<h3>GSHHS データファイルから必要なデータを抜き出す</h3>
132+
133+GSHHS のデータには全世界の海岸線データが入っているので、非常にサイズが大きく
134+このままでは処理に時間がかかります。そこで、必要なデータだけを抜き出します。
135+
136+<p>
137+AutoCoast のツールはすべてコマンドプロンプトから起動します。
138+「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を開き、
139+
140+<pre>
141+ cd <i>AutoCoastをインストールしたフォルダ名</i>
142+</pre>
143+
144+と入力してフォルダに移動します。ついで、gshhs_extractor ツールを使ってデータを抜き出します。
145+
146+<pre>
147+ gshhs_extractor <i>GSHHSデータファイル名 最小経度 最大経度 最小緯度 最大緯度</i>
148+</pre>
149+
150+GSHHS データファイルには何種類かありますが、もっとも精細なデータを使うなら
151+'gshhs_f.b' ファイルを指定してください。緯度/経度は度単位で入力してください。
152+
153+<p>
154+
155+例: 日本周辺のデータを取り出すときは、'gshhs_extractor gshhs_f.b 125 150 25 50' と
156+します。
157+<p>
158+
159+なお、この処理にはかなりの時間がかかることがあります(数十分〜数時間)。
160+もし、ユーラシア大陸のデータが不要ならば、'gshhs_extractor gshhs_f.b 125 150 25 50 <b>0</b>'
161+のように末尾に '0' をつけてください。これでかなり早くなるはずです。
162+<p>
163+
164+<h3>シーナリデータファイルを生成する</h3>
165+
166+シーナリデータファイルを生成します。これには autocoast ツールを使います。
167+<p>
168+引数を使って、シーナリを生成する「セル」の範囲を決めます。
169+「セル」は海岸線シーナリで使われるエリアの単位で、全世界の東西方向に 768、
170+南北方向に 512、計 768 x 512 = 393,216個のセルが地球表面上に存在します。
171+<p>
172+
173+autocoast では、セルのX座標(東西方向)、Y座標(南北方向)の範囲を指定することで、
174+生成するシーナリの範囲を決定します。
175+
176+<pre>
177+ autocoast <i>min_x min_y max_x max_y</i>
178+</pre>
179+
180+なお、セルの X / Y 座標は以下の式で求められます。
181+
182+<pre>
183+ X = (東経 + 180) / 360 x 768
184+ Y = (90 - 北緯) / 180 x 512
185+</pre>
186+
187+自分で計算するのが面倒な場合は、Coast Line Maker などのツールに計算機がついているので
188+それを使うとよいでしょう。
189+<p>
190+
191+<h3>コンパイルして BGL ファイルを生成する</h3>
192+
193+autocoast は、シーナリデータを LWM.ASM と VTP.ASM の2つのファイルに出力します。
194+これは、BGL Compiler のソースファイルなので、コンパイルしてやらなければなりません。
195+
196+<p>
197+<pre>
198+ BGLC LWM.ASM
199+ BGLC VTP.ASM
200+</pre>
201+
202+これで、LWM.BGL と VTP.BGL ファイルが生成されます。
203+これを Flight Simulator のシーナリデータベースに登録すれば、シーナリが表示されます。
204+
205+<p>
206+<h2>ライセンス</h2>
207+
208+本ソフトウエアの利用条件は <a href="http://www.opensource.org/licenses/bsd-license.php">BSD Licence</a>
209+に従います。
210+<p>
211+
212+本ソフトウェアは <a href="http://www.cs.man.ac.uk/aig/staff/alan/software/">Generic Polygon Clipper</a>ライブラリを用いており、このライブラリが商用利用を禁じているため、本ソフトウェアも商用利用は禁止となります。
213+(このため本ソフトウェアは、厳密にはフリーソフトウェアではありません。)
214+<p>
215+
216+Generic Polygon Clipper の Copyright 表示は以下の通り。
217+
218+<pre>
219+ Copyright: (C) 1997-1999, Advanced Interfaces Group,
220+ University of Manchester.
221+
222+ This software is free for non-commercial use. It may be copied,
223+ modified, and redistributed provided that this copyright notice
224+ is preserved on all copies. The intellectual property rights of
225+ the algorithms used reside with the University of Manchester
226+ Advanced Interfaces Group.
227+
228+ You may not use this software, in whole or in part, in support
229+ of any commercial product without the express consent of the
230+ author.
231+
232+ There is no warranty or other guarantee of fitness of this
233+ software for any purpose. It is provided solely "as is".
234+</pre>
235+
236+なお、本ソフトウェアを使って生成したデータには、上記ライセンスは一切影響しません。
237+
238+
239+<p>
240+<h2>ソースコード</h2>
241+
242+ソースコードは、<a href="http://sourceforge.jp/projects/autocoast/">http://sourceforge.jp/projects/autocoast/</a> から CVS 経由で入手できます。
243+
244+<h2>制限事項</h2>
245+
246+本バージョンはβ版のため、動作上問題があることがあります。
247+<p>
248+
249+本バージョンでは、VTP ポリゴンの生成処理にまだ問題があります。生成されないポリゴンがありますし、
250+デフォルトの VTP ポリゴンは消去されません。
251+
252+<h2>謝辞</h2>
253+
254+GSHHS のデータを作成/公開されている Paul Wessel、Walter H. F. Smith 両氏に感謝します。
255+<p>
256+
257+AutoCoast は、Alan Murta 氏作成の <a href="http://www.cs.man.ac.uk/aig/staff/alan/software/">Generic Polygon Clipper</a> を使用しています。
258+<p>
259+
260+Richard Ludowise 氏作 の TDFMacros.inc と TDFHeaders.inc を使用しています。
261+<p>
262+
263+<h2>バージョン履歴</h2>
264+
265+<ul>
266+<li>2004/11/11 : Ver 0.1
267+ <ul>
268+ <li>初版
269+ </ul>
270+</ul>
271+<p>
272+
273+<h2>連絡先</h2>
274+
275+<ul>
276+<a href="http://flightinfo.ens.ne.jp/tmurakam/">http://flightinfo.ens.ne.jp/tmurakam/</a>
277+</ul>
278+<p>
279+
280+<hr>
281+村上 卓弥<br>
282+
283+</body>
284+</html>
\ No newline at end of file
Added: svn:eol-style
## -0,0 +1 ##
+native
\ No newline at end of property
Added: svn:keywords
## -0,0 +1 ##
+Author Date Id Revision
\ No newline at end of property
Show on old repository browser