Download List

Sponsored link

Project Description

このアプリケーションは複数の画像を選択し重ね合わせることで一つの画像を作り出す、モンタージュを行うアプリケーションです。 用途としてパーツを組み合わせてキャラクターをデザインするという、一種の着せ替えを楽しむことを想定していますが、それに限りませ...

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2015-07-19 23:59
キャラクターなんとかJ 0.998 (5 files Hide)

Release Notes

リリースノート (キャラクターなんとかJ - 0.998)

動作環境について

以下の環境での想定を行っております。

  • Windows 7(32/64)
  • Windows 8.1(32/64)
  • MacOS X 10.6 Snow Leopard
  • OS X 10.7 Lion
  • OS X 10.8 Mountain Lion
  • OS X 10.9 Marvericks
  • Ubuntu 10.04
  • Ubuntu 12.04

※ JRE同梱版は、Macの場合はLion以降、Windowsの場合はVista/7以降となります。 ※ XP, Vistaは未検証ですが、おそらく動作すると思われます。(たぶん、Win2000でも動作すると思います。) ※ MacOS X 10.5 Leopardは未検証ですが、おそらく動作すると思います。 JavaSE5で作成されているため、JavaSE5のデスクトップをサポートする環境であれば基本的には動作すると思います。

ダウンロードファイルについて

<<JREなし版>>

  • Windowsであれば、CharacterManaJ_0.998.zipもしくはCharacterManaJ.jarをダウンロードしてください。
  • Macであれば、CharacterManaJ_0.998.dmgをダウンロードしてください。
  • Linuxであれば、CharacterManaJ.jarをダウンロードしてください。

<<JRE同梱版>>

  • Windowsであれば、CharacterManaJ_0.998_with_JRE8.zip をダウンロードしてください。
  • Macであれば、CharacterManaJ_0.998_with_jre.dmg をダウンロードしてください。

※ JREはWindows/MacともにJava1.8.0_51を同梱しています。(Windowsは32ビット版JREとなります。)

dmgの場合、ディスクイメージですのでマウント後、中にある"キャラクターなんとかJ.app" (日本語環境でない場合は、"CharacterManaJ.app")を好きな場所にコピーしてから実行してください。

Ver0.99から、Mac用のdmgには、Appleが提供する従来のJavaを使用するappと、Oracleが提供するJavaを使用する、2つのアプリケーションを同梱しています。これらは起動するランタイムが異なるだけでアプリケーションの中身は同じです。お好きなほうをお使いください。 Ver0.996から、OracleのJava7以降用のappを標準とし、Appleのjava6用のappはjava6フォルダに格納しています。

zipの場合、解凍するとexeと設定ファイルが展開されます。 exeおよびjarは、それ自身が実行ファイルです。 インストーラ等はありませんので、お好きなフォルダに移動してお使いください。

* 注意 OSX10.9 Marvericks では、Javaの自動インストールがうまく行かないケースがあるようです。 手動でAppleもしくはOracleのサイトより、Javaランタイムをインストールしてください。

使用・作成されるファイル等について

使用・作成されるフォルダ等についてはWikiをご参照ください。

ソースコードについて

ver0.996からソースコードはGITで管理しています。

https://osdn.jp/projects/charactermanaj/scm/git/CharacterManaJ/

Changelog

変更履歴 (ver0.998)

ver0.998は、ver0.997からの、バグフィックス版です。

現在、ver0.997をお使いの場合は、パーツ情報や作業状態を、そのまま引き継ぐことができます。 (それよりも前の版を扱いの場合は、履歴や作業状態が初期状態になるかもしれません。)

ver0.997からの変更点

  1. 頂き物の中国語リソース(zh)を本体にマージしました。
  2. フォントの選択で表示できない文字がある場合は除外するようにしました。

※ Ver0.997で優先フォントの指定をできるように修正したのですが、日本語フォントを優先的に使用させるため、メイリオ等があれば、それを選択するようにしていました。 しかし、頂いた中国語リソースを使う場合、メイリオがある場合には中国語を使用しつつメイリオで表示させることになるため、中国語文字が文字化けしてしまう問題がありました。 現在のロケールにあわせた文字列リソースを表示できないフォントは選択から除外するようにしました。

以上です。