• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

common_source_project-fm7: Repository summary

Common Source Code Project for Qt (a.k.a for FM-7).


Recent Commits RSS

Rev. Time Author Message
3a8a967 2018-11-15 01:45:32 K.Ohta master [DOC] Add how to running OpenGL ES with Wine (not native ...
1a9e156 2018-11-05 21:57:03 K.Ohta [VM][X1][VRAM] Apply renderer to TEXT/(P)CG rendering.
36846e4 2018-11-05 21:56:32 K.Ohta [VM][FM7][VRAM] Update render API.
9f62218 2018-11-05 21:55:58 K.Ohta [COMMON] Add some renderer to common.[cpp|h].
34ad719 2018-11-05 18:26:56 K.Ohta [VM][COMMON] Add common rendering routines to common.[cpp...
57e0af0 2018-11-05 00:51:54 K.Ohta [VM][FM7] Don't redraw when write same value to digital p...
8fd5612 2018-11-05 00:51:22 K.Ohta [BUILD][CMAKE] Update version of libCSPemu_utils.
14c71be 2018-11-04 21:37:13 K.Ohta [VM][FM7][VRAM] Apply before commit to 8 colors rendering...
4da9039 2018-11-04 21:36:17 K.Ohta [COMMON] Add VRAM render common routine.This needs to ini...
0ce6f2a 2018-11-04 17:07:35 K.Ohta [BUILD][IA32] Build even don't use MMX, SSE and AVX.

Branches

Name Rev. Time Author Message
master 3a8a967 2018-11-15 01:45:32 K.Ohta [DOC] Add how to running Op...
upstream_20181014 a67b2ad 2018-10-28 03:21:02 K.Ohta [VM] Enable to build *ALL* ...
upstream_20181007 0d4f7f1 2018-10-25 00:28:40 K.Ohta [VM] Really update to upstr...

README.md

** Qt porting for Common Source Code Project **

Feb 10, 2018
K.Ohta <whatisthis.sowhat at gmail.com>

If you can't read Japanese, english writing is here.

概要

このパッケージは、Common Source Code Project (以下、CSP)をQt5に移植したものです。

バイナリはGNU/Linux(64bit)用とMinGW (32bit Windows)用を用意しています。

ソースコード

https://github.com/Artanejp/common_source_project-fm7/ 以下

追加情報

各機種バイナリーは、osdn.net もしくはミラーサイトより入手可能です。

https://osdn.net/projects/csp-qt/

https://osdn.net/projects/csp-qt/releases/

をチェックしてください。

【おねがい】

doc/以下の文書で日本語しかなかったものを英語に翻訳していますが、機械翻訳を使ってるのであやしいです。英語の上手い方、校正などお願いします m(_ _)m

LICENSE

GPL Version 2

GPL Version 2 和訳

背景

CSPは、非常に優れた構造のエミュレータです(しかし、些か重くてコンパイラがいい最適化をしないと重めですが)。

しかし、このコードはM$ Visual C++依存の部分が非常に多いです。

そこで、GNU/Linuxでこれを動かすためにQtに色々と移植していきましょう。と言う感じで作業をはじめました。

最低限必要なもの(Qt版)

  • Qt5 ツールキット。Qt 5.5以降を推奨します。

  • OpenGL, 多分、最低OpenGL 2.1は必要です。(注:ひょっとしたら、OpenGLES2以降ならば動くように変えるかも知れない)

  • gcc / g++ (5.0以降?)もしくは llvm clang / clang++ (3.5以降?)コンパイラツールチェーン。MS Visual StudioのC++でも大体はビルドできると思いますが、未確認。

  • SDL2 (SDL 1.xではないので注意)

  • CMake 2.8以降。

  • ffmpegから、libavとlibswが必要です。 http://ffmpeg.org/ より。

  • ffmpegは、それぞれのランタイムに必要なものをバンドルしてありますので、動かない時はインストールしてみてください。

  • GNU/Linuxビルドでは、Qt5.5(Ubuntu 16.04LTS向け)もしくはQt5.9(Debian GNU/Linux sid向け)でビルドしてあります。

  • Windows もしくは GNU/Linux のcross tool chain (要Wine)で、MinGW (gcc6) と Qt 5.7 でのビルドができることを確認しました。

TIPS:

  • Windows等で動かした時に、画面の書き替えが表示されない場合は、環境変数 QT_OPENGL を software にしてみてください。(例えば、WindowsをVirtualBoxのゲストで使ってる場合など)

  • Windows版バイナリには、ソフトウェアレンダリングのopengl32.dllが添付されてますが、最近のパソコンの専用GPUドライバなら、もっと程度のいいOpenGLが入ってるはずです。添付版opengl32.dllを適当な名前に変更して動くかどうか試してみて下さい。

ビルドの方法

ソースコードを解凍するか、git clone / pull した後で:

$ cd {srctop}/source/build-cmake/{Machine name}/
$ mkdir build
$ cd build

To configure:

$ cmake ..

or

$ ccmake ..

To build:

$ make

To install:

$ sudo make install

Qt固有の話

  • 設定ファイル(scancode.cfg と foo.ini)は、"~/.config/CommonSourceCodeProject/emufoo/" (Windowsの場合は".\CommonSourceCodeProject\emudfoo\" ) におかれます(移動しました)。

  • BIOSや効果音WAVやセーブステートは、、"~/CommonSourceCodeProject/emufoo/" (Windowsの場合は".\CommonSourceCodeProject\emudfoo\" ) におかれます(移動しました)。

  • 全ての記録物(スクリーンショットや動画や録音WAV)は、当面の間 "~/CommonSourceCodeProject/emufoo/" (Windowsの場合は".\CommonSourceCodeProject\emudfoo\" ) におかれます。

  • ToolTipsを付けました。(2017-01-24)

  • 日本語に翻訳しました。(2017-01-24)

  • R@Mを $HOME/CommonSourceCodeProject/emu{Machine Name}/ に配置してください。(Windowsの場合は今の所 .\CommonSourceCodeProject\emu{Machine Name})。なお、このディレクトリは最初起動した後で作成されます。

  • キーコード変換テーブルファイルが、$HOME/.config/CommonSourceCodeProject/emu{Machine Name}/scancode.cfg に書き込まれます。

    ** 書式は、カンマで区切られた16進データです(10進ではないので注意) .

    ** 1カラム目はM$ ヴァーチャルキーコード。

    ** 2カラム目はQtネィティブのスキャンキーコードです。

  • UI部分の共通コンポーネント (src/qt/gui) を共有ライブラリlibCSPgui.soにまとめました。

  • インストール用のBASHスクリプトを用意しました。src/tool/installer_unix.shです。

  • ROMと同じところに、特定のWAVファイル(VMによって異なる)を入れると、FDDのシーク音やテープのボタン音・リレー音を鳴らすことが出来ます。

  • ローマ字カタカナ変換支援機構が一部の機種に実装されてます。

移植状況

  • 現在、Debian GNU/Linux "sid"と、Ubuntu Linux 16.04LTS "Xenial"の AMD64版、後はWindowsのMinGWでしかテストしていません。

     が、多分他のGNU/Linux OSやBSD系のOS (Mac含む) でもビルドすれば動くでしょう。

    Windows もしくは GNU/Linux(要Wineとbinfmt-support)上でのMinGWとQt community edition でのビルドが通るようになりました。

  • 今は、Qtの開発側が「Qt4おわりね」とアナウンスしたので、Qt4ではなくQt5を使っています。

    添付してあるバイナリは、Qt 5.5でビルドしました(が、Qt 5.1以降なら動くはずです)。

  • Linux用ビルドでは、GCCをリンク時最適化(LTO)モードで使っています。

  • MZ-2500のソケット機能を実装してみていますが、マトモにテストできてません(;´Д`)

Upstream repositry:

https://github.com/Artanejp/common_source_project-fm7

https://osdn.net/projects/csp-qt/scm/git/common_source_project-fm7

Project Page:

https://osdn.jp/projects/csp-qt/

Upstream (Takeda Toshiyaさんのオリジナル)

http://takeda-toshiya.my.coocan.jp/

Special thanks to:

Ryu Takegami : eFM-8/7/77/AV/40/EX のデバッグに協力していただいています。

Have fun!

--- Ohta.

© 2018 Toshiya Takeda

© 2018 K.Ohta <whatisthis.sowhat at gmail.com>

Show on old repository browser