Download List

Project Description

Developing multi-platform and international edition of ISO Full BASIC.

Released at 2017-01-05 16:55
BASICAcc 0.9.8.1

Name Size Hash Date Download count
BASICAcc0981.tar.gz 1.92 MB 2017-01-05 16:56 9
BASICAcc0981.zip 1.98 MB 2017-01-05 16:56 56
BASICAcc0981_Linux64.tar.xz 1.67 MB 2017-01-05 16:56 14
BASICAcc0981_Mac.zip 4.17 MB 2017-01-05 16:56 14

Release Notes

BASIC Accelerator Ver. 0.9.8.1 (2017.01.05)

Summary

BASICAcc is a Full BASIC to Object Pascal translator.
Translated programs shall be executed using FPC + Lazarus.
Numbers are double precision floating point, not decimal.
Numerical operation shall be considerably faster than Binary mode of Decimal BASIC.
This verision is applicable for Lazarus 1.6.

Revision History
Ver. 0.9.8.1
Revised the defect that the file name on the title bar did not change after SaveAs.
Ver. 0.9.8.0
Made applicable for Lazarus 1.6.
The default of OPTION CHARACTER was set to MULTIBYTE.
Ver. 0.9.7.0
Break menu was made validated on graphics outputs.
Ver. 0.9.6.7
Fixed the bug MAT CELLS statements ignored the ViewPort.
Fixed the bug SET POINTER statements with a IF-THERE or IF-MISSING clause could not be compiled.
Break menu was made validated on I/O.
Save menes were made available on the break state.
Ver. 0.9.6.6
Fixed the bug that EXTYPE might return a wrong value.
Ver. 0.9.6.5
Fixed the bug that a function that have an array parameter caused a system error.
Ver. 0.9.6.4
Fixed the bug File-Merge menu did not work.
Ver. 0.9.6.3
Modified so as to correspond to Decimal BASIC 7.7.2.
Ver. 0.9.6.2
Fixed the bug ASK PIXEL VALUE caused an error when a point out of the range was indicated.
Ver. 0.9.6.1
Modified so as to correspond to Decimal BASIC 7.7.1.
Ver. 0.9.6.0
Modified so as to correspond to Decimal BASIC 7.7.0.

Ver. 0.9.5.9
Modified to allow external procedures in a module to have local variables whose name coincide with the variables declared PUBLIC or SHARE in the module.


Windows

Set up (Lazarus)

Download Lazarus 1.6 and install it into the folder that has no space character on its path name.
Lazarus Download (SourceForge)
Mirror
Mirror

Set up (BASIC Acc)

Download BASICAcc0981.zip from Decimal BASIC Open Source Project Download
BASICAcc should be extracted into a regular folder on which the user has write permission.
The name of the folder must not contain any space characters.
For example, Desktop is not suitable. USB flush drives shall be suitable.
When the system is updated by overwriting, the OUTPUT folder must be cleared.
Afterward, execute BASICAcc.exe, and set up two paths.
Click "Set Up" and select "Path".
"fpc path" is the path to the folder on which fpc.exe exists.
"Lazarus path" is the full path name of the folder "lazarus".

If you have installed win32 Lazarus + fpc 3.0.0 on C drive, the two paths are following.

C:\Lazarus\fpc\3.0.0\bin\i386-win32
C:\Lazarus

Note.
If you use 64 bit Windows, Lazarus win64 also can be used.
Lazarus Win64
Select Setup - Path menu to set Target CPU to 64bit and set the paths.
When you use lazarus-1.6.0-fpc-3.0.0-win64.exe, for instance, the fpc path is like as follows.
C:\lazarus\fpc\3.0.0\bin\x86_64-win64

Note that FPC win64 does not support 80 bit extended precision floating point, thus power operation or some irrational functions may perform inaccurate.


How to uninstall BASICAcc
Remove the whole folder in which BASICAcc has been installed.


Linux (i386)

Set up (fpc and Lazarus)

Download and install fpc 3.0.0, fpc-src 3.0.0 and Lazarus 1.6 from
Lazarus i386 RPM,
Lazarus i386 DEB.

Set up (BASIC Acc)

Download BASICAcc0981.tar.gz from Decimal BASIC Open Source Project Download.
This system must be installed into the folder on which the user has write permission.
When the system is updated by overwriting, the OUTPUT folder must be cleared.

Troubleshootings

Can't find unit fileutil
When you see this error, modify Lazarus Path on the SetUp menu.
Folders such as components and units are put on the folder that the Lazarus Path directs.
That may as follows.
/usr/lib/lazarus/0.9.30.4/
or
/usr/share/lazarus/1.0



Linux (x86_64)

Set up (fpc and Lazarus)

Download and install fpc 3.0.0, fpc-src 3.0.0 and Lazarus 1.6 from
Lazarus x86_64 RPM,
Lazarus AMD64 DEB.

Set up (BASIC Acc)

Download BASICAcc0981_linux64.tar.xz from Decimal BASIC Open Source Project Download.
This system must be installed into the folder on which the user has write permission.


MAC(Intel) 

Set up(Xcode tools)

Install the Apple Developer Tools (or Xcode tools).
In case of OS 10. 7 or later, optional Command Line Tools must be contained.
See Installing Lazarus on MacOS X.

Set up(fpc and Lazarus)

Install FPC 3.0.0 and Lazarus 1.6 according to Installing Lazarus on MacOS X,
downloading from Lazarus Download

Set up (BASIC Acc)

Download BASICAcc0981_Mac.zip from Decimal BASIC Open Source Project Download.
This system should be installed into the folder on which the user has write permission.
And the folder must not contain a space character. Note that when you use a USB drive, if it has a name such as "NO NAME", it must be renamed.
Note 1. Overwriting update is undesirable. Old files must be erased before update.
Note 2. On OS 10.9, for the first time any program is compiled, click to execute NoName.app in the OUTPUT folder with Ctrl-key pressed.

Known Faults
SET DRAW MODE (NOTXOR, MASK, MERGE, XOR) do not work.
MOUSE POLL statement does not work properly.
Printers do not work good. And if no printer is registered on the OS, BASICAcc can not start.
Behaviors of some graphics statements are no good as in Decimal BASIC Mac(Intel).



Specifications

Language Specifications are in accordance with the Graphics module, the modules module, and the individual character input module of ISO Full BASIC , while the following are not available.
OPTION ARITHMETIC DECIMAL

Restrictions

On the following cases, GOTO statements and IF-THEN-line_number statements can not be executed.
branches from inside to outside of when-body (i.e. inside of WHEN~USE)
branches from inside to outside of a DO block that contains a protection block that contains a EXIT DO.
branches from inside to outside of a FOR block that contains a protection block that contains a EXIT FOR.

If a routine (or the main program) has a when-in block that has an exception-handler containing a GOSUB~RETURN subroutine, the routine can not have a GOSUB~RETURN subroutine that is not contained in any protection block.

Parameters of PROGRAM or CHAIN statements should be simple variables (Arrays not allowed).

Maximum length declaration for string variables is ignored. (no cut off done.)

Incompatibilities with Decimal BASIC

Character Encoding

The character encoding is UTF-8.
This is a problem when non-ASCII characters such as © , µ , ° , ± , Ä or Æ are used.
ORD-functions and CHR$-functions are defined under Unicode.
File I/O assumes the character encoding is UTF-8.
Executing a line like
SET #n: CODING "SYSTEM"
just after the execution of the OPEN-statement enables files of system default encoding to be read or written.
Even in such a case, the internal encoding remains to be UTF-8.
PRINT USING-statements and USING$-functions need the formatting characters as many as the byte length of the string.

If you want to manipulate byte files, you can change the internal character encoding to byte encoding by adding a line
OPTION CHARACTER BYTE
into each program unit, or change the setting of "Unit of string manipulation" to "byte" in the Option Compatibility menu.
In such a case, no ANSI encoded non-ASCII characters can be displayed on the screen.

UTF-8 encoding slows some string manipulation such as s$(m:n).
If you use only ASCII 7-bit characters, consider to change the "Unit of string manipulation" to "byte" in the Option Compatibility menu.

Program Encoding

Programs shall be encoded to the system default encoding on saving and decoded on loading.
That is, program files have compatibility with Decimal BASIC.
If you want programs to be saved and loaded remaining the character encoding UTF-8, change the Editor Option setting in the Option menu.

CHAIN statements

A CHAIN statement launches a file of extension ".BAS" with file association. The destination programs shall not be compiled.
No CHAIN or EXECUTE statement can have array parameters.

BREAK

Any BREAK statement will do, but it only breaks the program.

GOSUB

When GOSUB statements are used, each line must has a line number.

Bugs which Decimal BASIC has

Decimal BASIC has a fault that an internal procedure of the mainprogram can be invoked from an external procedure, but BASICAcc does not allow such a program.

Known Faults

DRAW MODE NOTXOR (MASK, MERGE, XOR),which are Decimal BASIC original enhancement, do not work properly.
On Mac, they are neglected. On Windows and Linux, then won't work until a PLOT LINES is executed.

The decimal 1000 digit mode and the rational arithmetic mode, which Decimal BASIC has, are also not avaialable.

The Microsoft BASIC compatible mode is not available.
Also Metafiles, OLE, ActiveX and CallBack functions are not available.


About System

The executable file is generated as 'NoName.exe' in the 'output' folder. This can be renamed and used for the destination of a CHAIN statement.


Copyright

This software is free software published under GPL.

If you noticed any bugs, report at
Decimal BASIC Open Source Project Open Discussion Forum

Copyright 2017 SHIRAISHI Kazuo

BASIC Accelerator Ver. 0.9.8.1   (2017.01.05)

概要

Full BASICのプログラムをObject Pascalのプログラムに変換し,FPC + Lazarusを利用して実行します。
数値は2進浮動小数点数です。(十進演算ではありません)
数値計算が主体のプログラムは,(仮称)十進BASICの2進モード,複素数モードより高速です。
Lazarus 1.6 に対応します。

アップデート方法
Ver. 0.9.8.0からのアップデートの場合は,BASIAcc.exe(Linux,Macでは拡張子なしのBASICAcc)のみを上書きしてください。

変更履歴
Ver. 0.9.8.1
 プログラム保存後,タイトルバーのファイル名が変化しない不具合を修正。
Ver. 0.9.8.0
 lazarus 1.6+FPC3.0対応に改めた。
 OPTION CHARACTERの初期値を MULTIBYTEに変更した。
Ver. 0.9.7.0 Rev.2
 書式に空文字列を指定したUSING$関数が内部エラーとなるバグを修正。
Ver. 0.9.7.0 Rev.1
 64ビット環境でINT関数,CEIL関数が正常に動作しない不具合を修正。
Ver. 0.9.7.0
 グラフィックス出力文の実行時に中断できるようにした。
Ver. 0.9.6.7
 MAT CELLS文がViewPortを無視するバグを修正。
 SET POINTER文がIF-THERE句,IF-MISSING句を持つと翻訳に失敗するバグを修正。
 BREAK文などで中断したとき画像出力の保存などができるようにした。
 テキスト入出力文の実行時に中断できるようにした。
Ver. 0.9.6.6
 EXTYPE関数の値が正しくないことのある不具合を修正。
Ver. 0.9.6.5
 配列を引数とする関数呼び出しでシステムエラーになるバグを修正。
 エラー終了時にEXTYPE関数値を報告しないオプションを追加。
Ver. 0.9.6.4
 十進BASIC 0.6.3.5に対応する修正(Mergeメニューの不具合修正他)
Ver. 0.9.6.3
 Windwos版 十進BASIC ver. 7.7.2 に対応する更新。
Ver. 0.9.6.2
 ASK PIXEL VALUEで領域外の点を指定するとエラーになるバグを修正。
Ver. 0.9.6.1
 Windwos版 十進BASIC ver. 7.7.1 に対応する更新。
Ver. 0.9.6.0
 Windwos版 十進BASIC ver. 7.7.0 に対応する更新。
ver. 0.9.5.9
 モジュール内の外部手続きがモジュールでPUBLICまたはSHARE宣言された変数と同名の局所変数を持てるように修正。


Windows

Set up(fpc + Lazarus)

32ビット版Lazarus1.6をダウンロードしてインストールしてください。
インストール先は,パス名に空白や日本語文字を含まない所を選択してください。
Lazarus Download (SourceForge)
Mirror
Mirror

Set up(BASICAcc)

BASICAcc0981.zipを Decimal BASIC Open Source Projectからダウンロードし,ユーザーの書込み権限のあるところに展開してください。
ただし,パス名に空白や日本語文字を含むところは避けてください。 (たとえば,デスクトップやマイドキュメントは不可。USBメモリは可。)
既存のBASICAccフォルダに上書きでアップデートしたときは,一旦,OUTPUTフォルダを空にしてください。

Lazarusのインストール時にインストール先を変更したときは,BASICAcc.exeの起動後, Set upメニューのpathの設定を書き換えてください。
fpc path は,fpc.exe が存在するフォルダです。
Lazarus path は,lazarusインストール先のフォルダを指定してください。
なお,win32 Lazarus + fpc 3.0.0 をCドライブにインストールした場合,それら2つのPathは

C:\Lazarus\fpc\3.0.0\bin\i386-win32
C:\Lazarus

です。

Note.
1.6.0より新しいバージョンのLazarusでも使える可能性がありますが,それに伴ってFPCのバージョンが変更になる場合は, SetUpメニューのPathでFPC pathのバージョン番号の部分を正しく書き換えてください。

Note.
内部文字コード,ファイル入出力ともにUTF-8です。shift-JISファイルを使用する場合は,OPEN文に続けて
SET #n CODING "SYSTEM"
を実行してください。
プログラムファイルの入出力はshift-JISですが,Optionメニューの"Editor Option"でプログラムファイル入出力をUTF-8に変えることができます。
プログラム中にユニコード文字を書くときは,Editor Optionを変更してください。

Windowsが64ビットの場合,64ビット版Lazarusを使うこともできます。
Lazarus Win64
SetupメニューのPathで「64bit」を選択し,FPC pathの末尾が \x86_64-win64 であることに注意して FPC PathとLazarus Pathを設定してください。
これらのpathは32bitと独立しています。随時,切り替えて使用することができます。
ただし,Win64版のFPCでは拡張精度浮動小数点演算が利用できないので,べき乗演算や超越関数の計算結果に無視できない誤差を生じる可能性があります。


Linux (32ビット)

Set up(fpc, Lazarus)

i686版 fpc 3.0.0 , fpc-src 3.0.0 , Lazarus 1.6.0 をダウンロードしインストールしてください。
Lazarus Download (SourceForge) (rpm)
Lazarus Download (SourceForge) (deb)


Set up(BASIC Acc)

BASICAcc0981.tar.gzを Decimal BASIC Open Source Projectからダウンロードし,ユーザーの書込み権限のあるフォルダに展開してください。
既存のBASICAccフォルダに上書きでアップデートしたときは,一旦,OUTPUTフォルダを空にしてください。
basicAccを起動して,「failed to set Lazarus Path」と表示されたときは,SetUpメニューのPathでLazarusがインストールされているディレクトリを指定してください。Lazarus Pathで指定するディレクトリは,lazarus本体があって,components, unitsなどのサブディレクトリを含むディレクトリです。

トラブル対策

Can't find unit fileutil のエラーになるとき。
lazarus pathを設定し直してください。
Lazarus pathで指定するフォルダにはcomponentsやunitsなどのフォルダが置かれています。
/usr/lib/lazarus/0.9.30.4/
のようにlazarusフォルダ内のバージョン番号名のフォルダになっている場合や,
/usr/share/lazarus/1.0
などのようになっていることがあります。

NoName.errが見つからないという趣旨のエラーになるとき。
fpcが正しくインストールされていません。/etc/fpc.cfgが存在することを確認してください。
--scriptsを指定せずにalienを用いてrpmパッケージをdeb形式に変換してfpcをインストールすると,この問題を引き起こします。

その他,プログラムの実行結果が現れないとき。
runメニューからcodeを選択し,Pascalコードが表示されたら,そのウィンドウでrunを選ぶとfpcが出すエラーが読めると思います。

既知の不具合

画像の保存ダイアログで保存形式を変えても拡張子が変化せず,手動で書き換える必要がある。

修正履歴

BASICAcc0958-3.tar.xz (2013/11/7 修正)
  Fedora19でAccess violationになり実行できない不具合を修正。
  Lazarus 1.2RC1 に対応。


Linux (64ビット)

Set up(fpc, Lazarus)

x86_64版 fpc 3.0.0, fpc-src 3.0.0 , Lazarus 1.6.0 をダウンロードしてインストールしてください。
Lazarus Download (SourceForge) (rpm)
Lazarus Download (SourceForge) (deb)


Set up(BASIC Acc)

BASICAcc0981_Linux64.tar.xzを Decimal BASIC Open Source Projectからダウンロードし,ユーザーの書込み権限のあるフォルダに展開してください。

修正履歴

BASICAcc0965_Linux64_1.tar.xz
零除算,桁あふれ等の例外が正しく生成されないバグを修正。

BASICAcc0958_Linux64-3.tar.xz (2013/11/7 修正)
  Fedora19でAccess violationになり実行できない不具合を修正。
  Lazarus 1.2RC1 に対応。


MAC(Intel) 

Set up(Xcode tools)

Apple Developer Tools (Xcode tools) をインストールしてください。
OS 10.7以降の場合,Command Line Tools の追加インストールが必要です。
参照 Installing Lazarus on MacOS X.
参考 Installing Xcode for Mac OS X

Set up(fpc, Lazarus)

Installing Lazarus on MacOS Xを参照し,
fpc 3.0 と Lazarus 1.6 をダウンロードしインストールしてください。
Lazarus Download

Set up(BASIC Acc)

BASICAcc0981_Mac.zipを Decimal BASIC Open Source Projectからダウンロードし,
ユーザーの書込み権限のあるフォルダに展開してください。
パス名に空白を含むと正しく動作しません。USBメモリを使うときは,ドライブ名を空白を含まないものに変えてください。
Note.
 上書きアップデートを行うと不具合を生じることがあります。また,Lazarusのupdateを行った場合も再インストールしてください。
OS 10.9では,最初のプログラムを実行するとき,OUTPUTフォルダ内のNoName.appをCtrlキーを押しながらクリックして起動させてください。

既知の不具合
MOUSE POLL文が正しく動作しない。
SET DRAW MODE (NOTXOR, MASK, MERGE, XOR)は機能しない。
画像の保存ダイアログで保存形式を変えても拡張子が変化せず,手動で書き換える必要がある。
プリンタは正しく動作しない。また,一方,OSにプリンタがひとつも登録されていないと起動しない。



言語仕様

言語仕様は,JIS Full BASIC (図形機能単位+モジュール+単文字入力)に準拠します。
ただし,以下の命令には対応しません。

OPTION ARITHMETIC DECIMAL

規格との相違

OPTION ARITHMETIC文を省いた場合には,ARITHMETIC NATIVEが指定されたものと解釈します。

次の場合,行番号分岐(GOTO文,IF ・・・ THEN 行番号) は実行できません。

WHEN本体内から保護区の外への分岐
保護区を含み,その保護区内にEXIT DO文を持つDO区の内から外への分岐(fpcコンパイラのエラーになります)
保護区を含み,その保護区内にEXIT FOR文を持つFOR区の内から外への分岐(fpcコンパイラのエラーになります)

WHEN-IN区に属する例外処理区がGOSUB~RETURNを持つと,いずれの保護区にも属さないGOSUB~RETURNを書くことができません。(fpcコンパイラのエラーになります)

PROGRAM文,CHAIN文の引数は単純変数に限ります(配列不可)。

文字列変数の最大長指定を無視します(切り詰めを行わない)。

その他,(仮称)十進BASICのJIS非互換項目は, ほぼそのまま本システムの非互換項目になります。

(仮称)十進BASIC(Windows版)との非互換

識別名に使える文字は英数字のみです。

内部の文字コードはUTF-8です。ORD関数,CHR$関数はユニコードで定義されます。書式指定は漢字1文字に対し # 3文字を必要とします。
ファイル入出力もUTF-8ですが,OPEN文実行後,
SET #n: CODING "SYSTEM"
を実行すると,ファイル入出力をShift-JISで行います(日本語Windowsの場合)。

プログラムの保存形式の初期設定はshift-JISになっていますが,Optionメニューの「Editor Option」でUTF-8に変更することができます。

文字列処理の単位の初期値は,Option メニューのCompatibilityで設定します。

CHAIN文に 拡張子が".BAS"のファイルを指定すると関連付けで起動します。

EXECUTE文の引数に配列を指定することはできません。

BREAK文は動作しますが,プログラムを中断するだけの機能しか持ちません。

GOSUB文を含むプログラムは行番号が必須です。

(仮称)十進BASICでは主プログラムの外部から主プログラムの内部手続きを呼び出すプログラムが実行できてしまいますが,その種のプログラムは実行できません。

独自拡張命令 SET BITMAP SIZEの挙動は Windows版十進BASICと少し異なります(拡張部分の色が異なる)。

画像の保存形式にGIFを選ぶことができません(読み込みは可)。

その他,DelphiとLazarusの非互換のために動作が異なるところがあります。

既知の不具合

CHARACTER INPUT文(画面からの入力)は日本語入力に対応しません。

十進BASIC独自拡張のDRAW MODE NOTXOR (MASK, MERGE, XOR) は,正常に機能しないことがあります。
 (Macでは,無視されます。Windows,Linuxでは,PLOT LINES文を実行しないと機能しません。)

未対応の機能

十進BASIC独自拡張の10進1000桁,有理数の演算にも対応しません。(2進演算と複素数演算のみ可能)

Microsoft BASIC互換モードには対応しません。
また,Windows版(仮称)十進BASICが対応するメタファイル,OLE,ActiveX,CallBack,TextWindow にも未対応です。


システム詳細

実行ファイルはoutputフォルダに NoName.exe として生成されます。CHAIN文の連鎖先として用いたいときには,適宜,名称を変更してください。

生成したPascalプログラムは,outputフォルダに NoName.lpr という名称で保存されます。
runメニューのcodeを選択して表示されるコードビューから書き換えて実行させることができます。
BASICの識別名は,数値型の場合は直前に _ を,文字列型の場合は 末尾の $ を除去して直前に s_ を付加した名前に変わります。
ただし,PUBLICまたはSHARE宣言された変数の名前は,_を2個重ねます。
主プログラムの内部手続きの名前は,_0,または,s_0 を付加した名前になります。
BASICのmoduleは,(古い型の)静的オブジェクトに変換されます。
詳細 Full BASICのObject Pascalへの埋め込み

 

Changelog

Revised the defect that the file name on the title bar did not change after SaveAs.

プログラム保存後,タイトルバーのファイル名が変化しない不具合を修正。