• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

dtxmania: Commit


Commit MetaInfo

Revision857dd6885e9e2e3152be265ddde1f6855d7ff149 (tree)
Time2019-01-13 14:27:29
Authoryyagi <yyagi.dtxmania@gmai...>
Commiteryyagi

Log Message

#38362 スペルミス修正のついでに、コーディング方法を今風に変更
#xxxxx 代替フォント名の記述を固定文字列(MS PGothic)から変数参照に変更。ただしこの変数を外部から変更する手段は現状無し。

Change Summary

Incremental Difference

--- a/DTXMania/コード/ステージ/07.演奏/CAct演奏AVI.cs
+++ b/DTXMania/コード/ステージ/07.演奏/CAct演奏AVI.cs
@@ -149,11 +149,7 @@ namespace DTXMania
149149 }
150150 }
151151
152- public void Start(EChannel nチャンネル番号, CDTX.CAVI rAVI, int n開始サイズW, int n開始サイズH, int n終了サイズW, int n終了サイズH, int n画像側開始位置X, int n画像側開始位置Y, int n画像側終了位置X, int n画像側終了位置Y, int n表示側開始位置X, int n表示側開始位置Y, int n表示側終了位置X, int n表示側終了位置Y, int n総移動時間ms, int n移動開始時刻ms)
153- {
154- Start(nチャンネル番号, rAVI, n開始サイズW, n開始サイズH, n終了サイズW, n終了サイズH, n画像側開始位置X, n画像側開始位置Y, n画像側終了位置X, n画像側終了位置Y, n表示側開始位置X, n表示側開始位置Y, n表示側終了位置X, n表示側終了位置Y, n総移動時間ms, n移動開始時刻ms, false);
155- }
156- public void Start(EChannel nチャンネル番号, CDTX.CAVI rAVI, int n開始サイズW, int n開始サイズH, int n終了サイズW, int n終了サイズH, int n画像側開始位置X, int n画像側開始位置Y, int n画像側終了位置X, int n画像側終了位置Y, int n表示側開始位置X, int n表示側開始位置Y, int n表示側終了位置X, int n表示側終了位置Y, int n総移動時間ms, int n移動開始時刻ms, bool bPlayFromBegging)
152+ public void Start(EChannel nチャンネル番号, CDTX.CAVI rAVI, int n開始サイズW, int n開始サイズH, int n終了サイズW, int n終了サイズH, int n画像側開始位置X, int n画像側開始位置Y, int n画像側終了位置X, int n画像側終了位置Y, int n表示側開始位置X, int n表示側開始位置Y, int n表示側終了位置X, int n表示側終了位置Y, int n総移動時間ms, int n移動開始時刻ms, bool bPlayFromBeginning = false)
157153 {
158154 if (nチャンネル番号 == EChannel.Movie || nチャンネル番号 == EChannel.MovieFull)
159155 {
@@ -173,7 +169,7 @@ namespace DTXMania
173169 this.n総移動時間ms = n総移動時間ms;
174170 this.PrepareProperSizeTexture((int)this.rAVI.avi.nフレーム幅, (int)this.rAVI.avi.nフレーム高さ);
175171 this.n移動開始時刻ms = (n移動開始時刻ms != -1) ? n移動開始時刻ms : CSound管理.rc演奏用タイマ.n現在時刻;
176- if (bPlayFromBegging) // DTXCで途中から再生した後、最初から再生すると、動画が最初から再生されず最初の途中再生の続きから再生されてしまう問題の修正
172+ if (bPlayFromBeginning) // DTXCで途中から再生した後、最初から再生すると、動画が最初から再生されず最初の途中再生の続きから再生されてしまう問題の修正
177173 {
178174 this.rAVI.avi.Seek(0);
179175 }
--- a/DTXMania/コード/全体/CPrivateFont.cs
+++ b/DTXMania/コード/全体/CPrivateFont.cs
@@ -33,7 +33,7 @@ namespace DTXMania
3333 /// CTexture ctBmp = TextureFactory.tテクスチャの生成( bmp, false );
3434 /// ctBMP.t2D描画( ~~~ );
3535 /// で表示してください。
36- ///
36+ ///
3737 /// 注意点
3838 /// 任意のフォントでのレンダリングは結構負荷が大きいので、なるべくなら描画フレーム毎にフォントを再レンダリングするようなことはせず、
3939 /// 一旦レンダリングしたものを描画に使い回すようにしてください。
@@ -168,20 +168,20 @@ namespace DTXMania
168168 // フォントファイルが見つからなかった場合 (MS PGothicを代わりに指定する)
169169 {
170170 float emSize = pt * 96.0f / 72.0f;
171- this._font = new Font("MS PGothic", emSize, style, GraphicsUnit.Pixel); //MS PGothicのFontオブジェクトを作成する
171+ this._font = new Font(strAlternativeFont, emSize, style, GraphicsUnit.Pixel); //MS PGothicのFontオブジェクトを作成する
172172 FontFamily[] ffs = new System.Drawing.Text.InstalledFontCollection().Families;
173173 int lcid = System.Globalization.CultureInfo.GetCultureInfo("en-us").LCID;
174174 foreach (FontFamily ff in ffs)
175175 {
176176 // Trace.WriteLine( lcid ) );
177- if (ff.GetName(lcid) == "MS PGothic")
177+ if (ff.GetName(lcid) == strAlternativeFont)
178178 {
179179 this._fontfamily = ff;
180- Trace.TraceInformation("MS PGothicを代わりに指定しました。");
180+ Trace.TraceInformation($"{strAlternativeFont}を代わりに指定しました。");
181181 return;
182182 }
183183 }
184- throw new FileNotFoundException("プライベートフォントの追加に失敗し、MS PGothicでの代替処理にも失敗しました。({0})", Path.GetFileName(fontpath));
184+ throw new FileNotFoundException($"プライベートフォントの追加に失敗し、{strAlternativeFont}での代替処理にも失敗しました。({Path.GetFileName(fontpath)})");
185185 }
186186 }
187187
Show on old repository browser