実用的なギタコンの自作

Outline

これまではブレッドボード上にボタン(タクトスイッチ)やジョイスティックを載せて、ギタコンを試作していました。

ここでは、筐体も自分で作ることで、もう少し「それっぽい」ギタコンを作ります。

といっても、ここまでの試作でAruidno Microのスケッチは完成したといってよい出来になっていますので、 あとは筐体をどのように作成するか? と、アーケードスタイルのボタンをどのようにしてArduino Microに接続するか? といったところが課題になります。

とりあえず、ホームセンターや100均などで、材料になりそうなものをある程度買い集めてみました。 後日、これらで実際に筐体を作成してみます。

(この辺の更新は、6月下旬以降になる見込みです。仕事でちょっと忙しくなるため。)