Download List

Sponsored link

Project Description

Extend cron(e-cron)はcronジョブの機能拡張を目的としたオープンソースプロジェクトです。e-cronを構成するプログラムはshell scriptにより記述され、Unixの基本コマンド以外は使用しないため、処理は非常に軽く実装も簡単に行えます。そのためLinuxベースのIoTデバイスマネジメントにも適しています。

e-cronを通じてcronバッチを運用することで以下 Job management frameworkの提供が可能になります。

1. cronバッチのCLIによる一元管理 (job management console) 2. 各ジョブに対するエラーハンドリング機能 3. Endpoint間のジョブ連携 (message機能) 4. 基本監視機能

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2012-11-11 11:22
e-cron 2.0 (1 files Hide)

Release Notes

e-cron1系からジョブ管理の概念をあらためe-cron2.0をリリースしました。console_serverから一元的に管理化の実行サーバ(1-1000台)のcronジョブを管理(投入、更新、停止・起動、例外処理)できるように設計されています。定型的なバッチ処理を作成し、console_serverから一括して配布、そのままcronに登録するというような処理も簡単に行えます。また、今回あらたにリソース・死活・コンテンツ監視機能をaddonとして追加しています。詳しくはhttp://www.e-cron.orgを参照下さい。クラウド標準のジョブ管理ツールを目指します

Changelog

No Changelogs