Recent Changes

2010-06-26
2010-05-02
2010-05-01
2010-04-27

Latest File Release

DSM Add-In (0.5.1.0)2010-07-19 12:59

Wiki Guide

Side Bar

リポジトリ構成

このプロジェクトのリポジトリ構成は以下のようになっています

構想

+root--+-dsm-------+-trunk
       |           +-tags
       |           +-branch
       |
       +-(metrics)-+-(trunk)
                   +-(tags)
                   +-(branch)
 ()つきは、現状存在しないディレクトリ

現状

    dsm
    ├─branches
    │  ├─version-0.2.1.0
    │  │  ├─EAAddinDSM
    │  │  └─EAAddinDSMTest
    │  ├─version-0.3.1.0
    │  │  ├─EAAddinDSM
    │  │  └─EAAddinDSMTest
    │  └─version-0.4.1.0
    │      ├─EAAddinDSM
    │      └─EAAddinDSMTest
    ├─tags
    │  ├─version-0.1.0.0
    │  │  ├─EAAddinDSM
    │  │  └─EAAddinDSMTest
    │  ├─version-0.2.0.0
    │  │  ├─EAAddinDSM
    │  │  └─EAAddinDSMTest
    │  └─version-0.3.0.0
    │      ├─EAAddinDSM
    │      └─EAAddinDSMTest
    └─trunk
        ├─EAAddinDSM
        └─EAAddinDSMTest

説明

DSM Add-In

このディレクトリ構成は、TortoiseSVNのドキュメントを参考にしています。 こちらを参照してください。

trunk

リポジトリの中心となるディレクトリです。 バージョン0.2.0.0、0.3.0.0など、主なリリースはtrunkから行われます。 (一部の開発中バージョンを参照してもらうためのリリースはbranchからも行われます。) メインのソースコードツリーを安定させておくため、trunkでは機能追加は行われません。すべての機能追加は、branch側で行われます。また、すべてのbranchでの開発結果は、最終的にtrunkにマージされます。

したがって、単にソースコードを見たい場合、最新リリースのソースコードを取得したい場合、また、trunkのバグ修正を行いたい場合は、trunkでチェックアウト、チェックインを行います。

機能追加をしたい場合は、trunkではなくbranchで作業をしなければなりません。

tags

tag付けようのディレクトリです。 svnは、その作りからtag付けとbranchの作成に区別がありません。 そのため、tag付けようのディレクトリを準備しておく必要があります。 リリース毎にtag付けが行われ、tags以下にディレクトリが追加されます。

過去のリリースのソースを取得したい場合、ここにアクセスすることになります。

通常は、tagsディレクトリにアクセスする必要はありません。

branch

機能追加を行うためのbranchのためのディレクトリです。 ダイアログ表示機能の追加(branch 0.2.1.0)や、ティアリング機能の追加(branch 0.3.1.0)もここに作成されます。 branchで開発された全ての機能は、最終的にtrunkにマージされます。

機能追加を行う場合は、管理者が準備したbranchでチェックアウト、チェックインを行う必要があります。 また、trunkへのマージは、管理者が行います。

Metrics Add-In

T.B.D.

いつか設計メトリクスを作るアドインも作れたらい~な