Ticket #15440

eplatex
Open Date: 2009-03-08 02:24 Last Update: 2009-04-04 21:51

Reporter:
Owner:
Type:
Status:
Closed
Component:
(None)
MileStone:
(None)
Priority:
3
Severity:
5 - Medium
Resolution:
Remind
File:
None

Details

e-pTeX 090223 FAM256-PATCHED を試しています。

環境: VineLinux 4.2, i386
ptetex3-20080616 + upTeX-0.26 に追加インストール

こちらの環境では
eplatex を内部コード sjis にしたとき fmt の作成に失敗します。
FAM256-patch を外すと、全てOKです。

NG: (segmentation fault)
eptex -ini -etex -progname=platex -jobname=platex --kanji-internal=sjis platex.ini
eptex -ini -progname=platex -jobname=platex --kanji-internal=sjis platex.ini

OK:
ptex -ini -progname=platex -jobname=platex --kanji-internal=sjis platex.ini
ptex -ini -progname=platex -jobname=platex --kanji-internal=euc platex.ini
eptex -ini -etex -progname=platex -jobname=platex --kanji-internal=euc platex.ini
euptex -ini -etex -progname=platex -jobname=platex --kanji-internal=euc platex.ini
euptex -ini -progname=platex -jobname=platex --kanji-internal=euc platex.ini (upTeXのpTeX互換内部EUCモード)
euptex -ini -etex -progname=platex -jobname=platex --kanji-internal=sjis platex.ini
euptex -ini -progname=platex -jobname=platex --kanji-internal=sjis platex.ini (upTeXのpTeX互換内部SJISモード)
euptex -ini -etex -progname=uplatex -jobname=euplatex uplatex.ini
euptex -ini -progname=uplatex -jobname=euplatex uplatex.ini

内部コードの領域を拡張するため、cs_token_flag を
upTeX : @"1FFFFFFF (過剰かも)
Omega : @"FFFFF
pTeX : @"FFFF
TeX : @"7FFF
としてあったと思います。

epTeX + FAM256 でも
同様に@"FFFFよりも拡張することが必要なような気がしています。
いかがでしょうか?

Ticket History (3/6 Histories)

2009-03-09 16:55 Updated by: h7k
Comment
おっと,気づきませんでした.すみません.
とりあえず,Segfault だけに限ってみれば,e-pTeX 090309 では解決されていないでしょうか?

以下,こちらの思考過程です:

1. tl-bsd fanさんのコメントに刺激され,FreeBSD 7.1-RELEASE i386 をエミュレータ上で動かし,e-pTeX のコンパイルスクリプトを調整することにした.
2. ところが,option に FAM256 = 1 と書いて FAM256 有効バイナリをつくると,ご指摘のバグが(内部コード UTF8 ですが)発生する.
3. FAM256 バイナリのビルドの途中で,FAM256 パッチが無効のバイナリができるが,それでも同じ症状が再現.
4. スクリプトを見たところ,option に FAM256 = 1 と書いたときとそうでないときの1回めのビルドを比較すると,
texmfmem.h だけが異なる(FAM256 パッチが有効の時は Omega のメモリフォーマットを用いるように1回めのビルドの前に変更するようにしていた).
5. memoryword の定義を見ると,
その中の struct u の定義が Omega 系列では quarterword*2,
TeX 系列では short*2 になっていた.
6. ところで,e-pTeX では quarterword は1バイトになっている.upTeX, e-upTeX では 2バイト.
7. max_quarterword を@"FFFF にして,quarterword を 2バイトにしてみたら,Segmentation Fault は発生しなくなった.
8. というわけで,e-pTeX 090309 では max_quarterword を@"FFFF にしてあります.

2009-03-09 17:27 Updated by: h7k
Comment
ああ,失礼しました.2. において,内部コードは EUC の間違いです.

cs_token_flag は,tex.web (3.1415926) をみると @'7777=@"FFF になってました.
(きちんと見ていませんが)おそらく
・Omega で @"FFFFF なのは,各フォントが 65536 文字まで使えるため?
left_brace_token とかも全部256の倍数→65536の倍数となってる.
・ pTeX で @"FFFF なのは,区間 (@"1000,@"FFFF) のところで
漢字その他の 2 バイト文字を扱うため?
だと思います.

だから,個人的には,FAM256 では cs_token_flag を拡張する必要が薄いように思っています.
2009-03-09 20:29 Updated by: h7k
  • Owner Update from (None) to h7k
  • Priority Update from 5 - Medium to 7
2009-03-11 23:42 Updated by: ttkttk
Comment
ご検討ありがとうございました。
max_quarterwordを@"FFFF にしたeptex-090309を試したところ、eplatex.fmtの生成に失敗する問題はこちらでも解消しました。
cs_token_flagの変更は不要だったかもしれません。
まだ完全に理解できていませんが、何か分かったらまた連絡します。

一点だけ理解していることを申しておきますと、
pTeXでは、@"8000~@"FFFFのうち漢字/かな/和文記号の内部コード(SJISモードならSJIS, EUCモードならEUC)のパターンに合致した場合のみ、処理を漢字/かな/和文記号に回します。
FAM256のトークンが和文と重なる心配がなければ、問題は起きないはずです。
2009-03-11 23:50 Updated by: h7k
  • Priority Update from 7 to 3
  • Resolution Update from None to Remind
2009-04-04 21:51 Updated by: h7k
  • Ticket Close date is changed to 2009-04-04 21:51
  • Status Update from Open to Closed

Attachment File List

No attachments

Edit

You are not logged in. I you are not logged in, your comment will be treated as an anonymous post. » Login