• R/O
  • SSH
  • HTTPS

exewrap: List of commits


RSS
Rev. Time Author
r72 2019-09-09 19:26:29 hirukawa_ryo

* exewrap 1.4.2

r71 2019-09-08 14:45:34 hirukawa_ryo

* exewrap 1.4.2
プロセス開始時間を保持するシステムプロパティjava.application.startupを協定世界時(UTC)に変更しました。

r70 2019-09-07 11:54:46 hirukawa_ryo

* exewrap 1.4.2
UWP対応時のSetDefaultDllDirectories(LOAD_LIBRARY_SEARCH_DEFAULT_DIRS)追加の影響で依存DLLのロードに失敗するバグを修正しました。

r69 2019-09-01 15:30:58 hirukawa_ryo

* exewrap 1.4.2pre
実行ファイルの作成に失敗した場合、実行ファイル(EXE)を削除するようにしました。
これまでは実行ファイルの削除処理がなかったため、なんらかのエラーが発生した場合、中途半端な壊れた実行ファイル(EXE)が残ってしまっていました。

r68 2019-08-26 22:12:22 hirukawa_ryo

(empty log message)

r67 2019-08-26 21:35:55 hirukawa_ryo

* exewrap-jetty 9.4.20
クラスパスが2重に定義されてしまいクラスロードに失敗するバグを修正しました。

r66 2019-08-26 21:32:26 hirukawa_ryo

* exewrap 1.4.2pre
引数 -L でEXTDIRSを指定するときに ; のみを指定するとEXTDIRSリソース自体が設定されないようにしました。
jvm作成時にEXTDIRSのパスが空の場合はスキップするようにしました。

r65 2019-07-16 20:03:05 hirukawa_ryo

* exewrap 1.4.1
ディスプレイ設定で拡大(100%以外)が指定されていると表示がぼやけてしまう問題を修正しました。
マニフェストのdpiAware指定が不足しておりOSによってビットマップスケーリングされていました。

r64 2019-07-14 18:51:33 hirukawa_ryo

* exewrap-jetty 9.4.19
jetty.homeが指定されていない場合、java.application.pathを設定するようにしました。
jetty.baseをフルパスに展開した後、user.dirプロパティに設定するようにしました。
これにより、demo-base実行時にetc/realm.propertiesが参照できないエラーが解消します。
相対パス etc/realm.properties はuser.dirを基準に解決されるためです。

r63 2019-07-14 10:17:30 hirukawa_ryo

* exewrap-jetty

r62 2019-07-09 06:16:19 hirukawa_ryo

* exewrap 1.4.0
PATH環境変数からjava.exeを検索する処理でstrrchrでファイル区切り\を除去する前に\が存在することをチェックするようにしました。

r61 2019-07-08 20:23:44 hirukawa_ryo

* exewrap 1.4.0
Java12 実行環境で Archived non-system classes are disabled という警告メッセージが表示される問題を改善しました。
Java 実行環境を PATH 環境変数からも探索するようにしました。

r60 2019-02-17 16:28:06 hirukawa_ryo

* exewrap 1.3.2+
実行可能JARファイルのマニフェストClass-Pathに設定されたパスを-Djava.class.path=に追加するときにURLデコードをおこなうようにしました。従来は半角スペースがClass-Pathのパス区切りとして認識されるため、半角スペースを含むパスを扱うことができませんでした。URLデコードが可能になったことで半角スペースを%20としてClass-Pathに指定することができるようになりました。
java.library.pathに実行ファイルからの相対ディレクトリが2回ずつ追加されてしまうバグを修正しました。

r59 2019-02-14 21:50:28 hirukawa_ryo

* exewrap 1.3.2 プロセス起動開始時間を取得するプロパティ "java.application.startup" を追加しました。

r58 2019-02-02 11:17:15 hirukawa_ryo

* exewrap 1.3.1
32ビットOSでJREが見つからないバグを修正しました。
クラスの重複判定に失敗するバグを修正しました。

r57 2018-11-15 19:32:39 hirukawa_ryo

* exewrap 1.3.0 UWP(Desktop Bridge)に対応しました。

r56 2018-06-29 20:02:19 hirukawa_ryo

* exewrap 1.2.6+
Jarファイル内のエントリーが重複している場合、日付のもっとも新しいものだけを取り込むようにしました。

r55 2018-06-27 20:24:13 hirukawa_ryo

* exewrap 1.2.6
-P オプションで実行時の特権要求を指定できるようになりました。asInvoker, highestAvailable, requireAdministrator

r54 2018-06-26 23:21:03 hirukawa_ryo

* exewrap 1.2.6
JDK9のフォルダー構成に対応しました。JDK8まではjdkフォルダーの直下にjreフォルダーがあり、その中にbin/server/jvm.dll, bin/client/jvm.dllがありました。
JDK9以降ではjdkフォルダーの直下にjreフォルダーはなく、jdk直下にbin/server/jvm.dll, bin/client/jvm.dllがあります。これを検出できるようになりました。

r53 2018-06-19 22:15:54 hirukawa_ryo

IMPORT PROJECT: exewrap-jetty

r52 2018-06-19 22:15:49 hirukawa_ryo

CREATE PROJECT DIRECTORY: exewrap-jetty

r51 2018-06-19 22:15:42 hirukawa_ryo

(empty log message)

r50 2018-06-19 22:13:21 hirukawa_ryo

CREATE PROJECT DIRECTORY: exewrap-jetty

r49 2018-06-13 22:14:53 hirukawa_ryo

* exewrap 1.2.5
JRE検索機能でjdkで始まるディレクトリも検出対象にするようにしました。

r48 2018-03-02 19:13:29 hirukawa_ryo

* exewrap 1.2.4
スタックトレース出力の再修正をしました。

r47 2018-03-01 21:50:57 hirukawa_ryo

* exewrap 1.2.4
メインスレッドで例外が発生した場合、スタックトレースが正しく出力されないバグを修正しました。

r46 2017-11-29 07:25:44 hirukawa_ryo

(empty log message)

r45 2017-11-28 22:16:26 hirukawa_ryo

* exewrap 1.2.3 VMオプション・ファイル機能を追加しました。

r44 2017-11-19 21:07:10 hirukawa_ryo

* exewrap 1.2.2 Javaのインストールディレクトリを検索する処理をJava9対応にバグがあり、32ビット/64ビット両方のJREがインストールされている環境で正しくJREを検出できなくなっていた問題を修正しました。

r43 2017-10-27 02:33:57 hirukawa_ryo

* exewrap 1.2.1 Java9のレジストリ構成変更に対応し、レジストリからJava9のインストールパスを正しく検出できるようになりました。

Show on old repository browser