• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

feedgenerator: Repository summary

rubyで構築された、Atom Feedの管理ツールです


Recent Commits RSS

Rev. Time Author Message
6d1e1cf 2013-09-17 23:35:24 Kureha Hisame master - modified PluginManager module. - modified resize image ...
5d8db01 2013-09-12 23:11:53 Kureha Hisame - update css(for textarea)
eb98d62 2013-09-12 20:56:38 Kureha Hisame - add tag function to newentry and editentry.
606484a 2013-09-10 00:12:55 Kureha Hisame - All desing updated. - All module modified.
5875352 2011-07-07 16:38:08 elixirel - Plugin function added. - Multi login added.
897eee4 2011-05-06 15:17:49 elixirel - Android mode fix.
4a71c8b 2011-05-05 17:31:57 elixirel Fixed plugin bug.
1aec132 2011-05-04 23:24:55 elixirel - Fix plugin bug (add param "mode")
ea15194 2011-05-04 23:14:08 elixirel - Add plugin function - (temporarily)for iOS device fix (...
5a1a8b4 2010-08-28 00:09:43 elixirel Reverse yui image.

Branches

Name Rev. Time Author Message
master 6d1e1cf 2013-09-17 23:35:24 Kureha Hisame - modified PluginManager mo...

readme.txt

*******************************************************************************
【   作者名   】 Kureha Hisame (elixirel)
【  ソフト名  】 FeedGenerator for Ruby
【 バージョン 】 Ver 2.0.0.0
【   作成日   】 2009/04/18
【    種別    】 フリーウェア
【 必要ランタイム  】 ruby 1.8.6 ~ ruby 1.9.1
【  著作権者  】 Kureha Hisame (http://lunardial.sakura.ne.jp/) & Yui Naruse (http://airemix.com/)
【 ライセンス 】 GPLv3
【ホームページ】 http://sourceforge.jp/projects/feedblog/
【   連絡先   】 lunardial@hotmail.com
*******************************************************************************
【 はじめに  】

 SourceForgeで公開しているFeedBlog Script(http://sourceforge.jp/projects/feedblog/)に最適化されたAtom Feed 1.0用XMLエディタです。

【 ファイル構成  】

( APPROOT )
     +- feedgenerator.cgi	# プログラム本体
     +- filemanager.cgi          # アップロード機能を持ったファイルマネージャ
     +- work			# プログラムのワークフォルダ
     +- erbtemp			# 表示用テンプレート格納フォルダ
        +- index.html.erb	# テンプレートファイル	
        +-      ...
     +- readme.txt		# このファイル

【 動作環境  】

 ruby 1.8.7が推奨とされています。が、1.9.1や1.8.6でも動きます。

【  使い方   】

1. feedgenerator.rbをテキストエディタで開き、以下の行を環境に合わせて変更してください。
  なおこの解説では、以下のようなディレクトリでの設置を想定しています。
( WWWROOT )
     +- index.html
     +- search.html
     +- js -> feedblog script
     +- cgi-bin
        +- feedgenerator.cgi
        +- filemanager.cgi
        +- erbtemp
        +- work

 1行目 : #!/usr/bin/ruby
 rubyインタプリタへのパスを記述してください。サーバによって異なる場合があります。

 21行目 : LOGINID = "login"

 23行目 : PASSWORD = "password"

 ログインに必要なパスワード及びIDを定義します。必ず変更してください。

  25行目 : TABLEWIDTH = 800
  表示するテーブルの幅をピクセルで定義します。

 27行目 : XMLPATH = "./../xml/"
 実際にXML(diary.xml等)がおいてある場所への、feedgenerator.rbからのパスを記述してください。

 29行目 : LISTXMLPATH = "#{XMLPATH}loglist.xml"
 ディフォルトでloglist.xmlとなっているファイルの名称を変更した場合のみ、変更してください。
 また#{XMLPATH}の部分は変更しないでください。

  31行目 : FEEDXMLDIR = "./xml/"
  「feedblog script」でログとするxmlを、トップページからどのディレクトリに格納しているかを指定してください。
  
  33行目 : DEBUG = false
  デバッグモードのtrue/falseを切り替えます。
  
 35行目 : USEFILEMANAGER = true
 ファイルマネージャ機能を使う場合は[true]、使わない場合は[false]に設定してください。

 37行目 : FILEMANAGER = "./filemanager.cgi"
 ファイルマネージャスクリプトまでのパスを記述してください。

 サーバーによっては[rb]という拡張子をcgiとして処理しないので、
 場合に応じて拡張子を[cgi]に変更してください。

2. (ファイルマネージャ機能を使う場合)filemanager.cgiをテキストエディタで開き、以下の行を環境に合わせて変更してください。

 1行目 : #!/usr/bin/ruby
 rubyインタプリタへのパスを記述してください。サーバによって異なる場合があります。

 18行目 : IMGPATH = "./../xml/img/"
 ファイルマネージャで管理するフォルダを指定してください。


3. アップロードを行った後、以下のようにパーミッションを設定します。
( APPROOT )
     +- feedgenerator.cgi [755]	# プログラム本体
     +- feedmanager.cgi   [755]  # アップロード機能を持ったファイルマネージャ
     +- work [777]		# プログラムのワークフォルダ
     +- erbtemp			# 表示用テンプレート格納フォルダ
        +- index.html.erb	# テンプレートファイル	
        +-      ...

     +- [ファイルマネージャで管理するフォルダ] [666]

4. feedgenerator.cgiにアクセスしてください。

【 開発履歴  】

Ver1.0.0.0 - 2009/03/07
 ファイルマネージャ機能を追加、全体的な機能を調整
Ver0.9.0.1 - 2009/02/15
 IEでレイアウト崩れが発生していた不具合を修正
Ver0.9.0.0 - 2009/02/14
 正式リリース版

*******************************************************************************
このReadMeファイルは「れ〜どめ〜えじた〜」によって作成されました。

Show on old repository browser