[Freewnn-users 93] Re: (NetBSD) 今更 mule-2.3 (core dump)

Back to archive index

Tomoki AONO aono****@cc*****
2011年 9月 17日 (土) 20:08:28 JST


青野です。こちら側の作業が進んでなくてすみません。
#WNNMANDIRの件は前回の説明でご納得いただけたでしょうか。

<yfmfwjxyibm.wl%makot****@ki*****>の記事において
makot****@ki*****さんは書きました。

>> NetBSD/pkgsrc の DESTDIR 対応
>> 
>> | 	user 権限(だけ)で、一度 package を作り、後でroot 権限で設
>> | 置 (make package-install または pkg_add)するための変更です。
>> 
>> という関係から、a021 + (a022 にする patch) という形で 
>>   wip/ja-freewnn-lib
>>   wip/ja-freewnn-server
>> を用意していたのですが、これらを 
>>   inputmethod/ja-freewnn-lib
>>   inputmethod/ja-freewnn-server
>> に写して、形の上で正式版にしました。

ご尽力いただき、感謝いたします。(pkgsrcが古いままなのはずっ
と気になっていました。)

>> それでですが、これを使って (NetBSD/pkgsrc 的にですが)
>> (pkgsrc/editors/mule で) 
>> mule-2.3 を作ると、最後に付けたように core dump してしまいます。
>> 今更 mule-2.3 なんて、という話もあるのですが、この今回の 
>> freewnn-1.1.1alpha22 (相当)を 以前の 1.1.0 に戻すと、この問題
>> は起きないのです。
>> 
>> なので、もし何か御存知の方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さい。
>> ありがとうございます。

mule-2.3というのが渋いですね。VM(の一つ)としてNetBSDを動か
す試みはまだ成功していないのですが、エスパー的にコメントし
ます。
#sourceforge.jpのコンパイルファーム機能が廃止されてなかっ
#たらすぐ試せたのですが…。

>> ./emacs -batch -l /export/pkgsrc/editors/mule/work/mule/src/../lisp/mule-diag.elc -f dump-charse 
>> gmake[1]: *** [../etc/charset] Segmentation fault (core dumped)
>> gmake[1]: Leaving directory `/export/pkgsrc/editors/mule/work/mule/src'
>> gmake: *** [src] Error 2
>> *** Error code 2
>> 
>> backtrace は次のように言っています。
>> (gdb) bt
>> #0  0xbb47fcf7 in kill () from /usr/lib/libc.so.12
>> #1  0x08084049 in fatal_error_signal (sig=11) at emacs.c:225
>> #2  <signal handler called>
>> #3  0x080b60f4 in make_uninit_string (length=44) at alloc.c:933
>> #4  0x080b6231 in make_string (contents=0xbf7ff1de 
>>     "TIMEFMT=%U %S %*E %P %X+%Dk %I+%Oio %Fpf+%Ww", length=44) at alloc.c:912
>> #5  0x080b6278 in build_string (str=0xbf7ff1de 
>>     "TIMEFMT=%U %S %*E %P %X+%Dk %I+%Oio %Fpf+%Ww") at alloc.c:921
>> #6  0x080daa0f in set_process_environment () at callproc.c:1228
>> #7  0x08083957 in main (argc=6, argv=0xbf7fdf70, envp=Cannot access memory at address 0x8
>> ) at emacs.c:722
>> (gdb) 

もし試されたのが64ビット環境(NetBSD/amd64?)だと、以前Linux
で問題になったプロトタイプ宣言不足によるポインタなどの受け
渡し間違いの可能性がありそうです。

(時間がないとか言わずに)自分で試したらいいのですが、少しお
聞きしてもよいでしょうか。

- muleの頃だとWnn関連コードはmule(Emacs)本体に組み込まれて
いると思うのですが、Wnn関連のCファイルのコンパイルの際にエ
ラーやウォーニングの類が出ていれば教えてください。

- backtraceを見る限りでは、明らかにWnnと関係ない場所のよう
な気がします。念のためgdbから(「run -batch -l …」などで) 
対話モードでemacsファイルを実行して、SegFaultが発生した時
点のbacktraceが上記と異なるか見ていただけないでしょうか。
----
青野智樹	(aono****@cc*****)
Personal opinion only...




freewnn-users メーリングリストの案内
Back to archive index