[Freewnn-users 152] Re: OpenSuse 向けパッチを debian amd64 で適用して、成功。

Back to archive index

1xx itsan****@gmail*****
2013年 8月 22日 (木) 09:25:46 JST


2013年8月22日 2:07 ISHIKAWA,chiaki <ishik****@yk*****>:
>
> C - 本メイルリストで公開されているOpenSuseのパッチ群。

>
>     最初の3つは、OpenSuseの想定する ファイルのレイアウト(設定ファイ
>     ルの位置、辞書の位置、また 利用する locale  の設定をja_JP から
>     ja [多分 Suseでの日本語locale], また多少 experimental ? な
>     root ユーザIDの使用/未使用についてのもので、
>     クラッシュしない jserver を debian で実行するには
>     関係がないということで今回の64bits Debianでのテスト目的では適用しませんでした。

確かにPatch0, Patch1は設定ファイルの位置とlocaleをja_JPからjaに変更しています。
後方互換性のため、外すことができませんでした。

>   Debianでは /usr/share/wnnの下に設定ファイルなどがはいり、辞書の本体は/var/lib/wnnの
>   下に入ります。またDebianの利用する日本語localeはja_JPがprefixです。ja_JP.UTF-8, ja_JP.EUC-JPとか。
>
>
>         x Patch0:         FreeWnn-fsstnd.patch
>         x Patch1:         FreeWnn-ja.patch
>         x Patch2:         FreeWnn-noroot.patch
>
>     以下のパッチは順次適用します。ただし、patch に渡す -pN のレベルが
>     0,1,2 の間のどれかを個々のパッチ毎に適切に選ばないとうまくいきません。
>     ちょっと注意が必要です。
>
>     Debian のパッチを当てたあとに、さらに追加してパッチを当てているの
>     でうまく当たらないものも当然でてきます。.rej の内容を確認しながら
>     手動で反映します。そんなに多くはありません。
>
>         o Patch3:         FreeWnn-sighandler.patch
>         o Patch5:         FreeWnn-1.1.1-a022.dif
>         o Patch7:         FreeWnn-s390x.patch
>
>         o Patch8:         FreeWnn-warnings.patch
>                           -p0
>
>         o Patch11:        FreeWnn-include.patch
>                         -p1
>
>         o Patch13:        FreeWnn-prototypes.patch
>
>         o Patch14:        FreeWnn-trad_cpp.patch
>
>         多くは patch -p2 < ...うえのpatchファイル
>         でうまくいきますが、 -p1, -p0 を利用する場合もあります。

判りにくくてすみません。
patch の-pNオプションについてはSPEC fileを見ていただければ
-p幾つでpatchを当てればよいか判るようになっています。
https://build.opensuse.org/package/view_file/home:Mitsutoshi:branches:M17N/fwnn/fwnn.spec?expand=1

fwnn.specより
Patch0:         FreeWnn-fsstnd.patch
Patch1:         FreeWnn-ja.patch
Patch2:         FreeWnn-noroot.patch
Patch3:         FreeWnn-sighandler.patch
Patch5:         FreeWnn-1.1.1-a022.dif
Patch7:         FreeWnn-s390x.patch
Patch8:         FreeWnn-warnings.patch
Patch11:        FreeWnn-include.patch
Patch13:        FreeWnn-prototypes.patch
Patch14:        FreeWnn-trad_cpp.patch

%setup -q -n FreeWnn-%{base_version}-%{alpha_version}
%patch0 -p1
%patch1 -p1
%patch2 -p1
%patch3 -p2
%patch5 -p1
%patch7 -p2 -b .s390x
%patch8
%patch11 -p1
%patch13 -p1
%patch14 -p1
%patch15 -p0

-- 
1xx <ItSAN****@gmail*****> <https://twitter.com/ItSANgo>
<http://d.hatena.ne.jp/Itisango/>




freewnn-users メーリングリストの案内
Back to archive index