[Groonga-commit] groonga/groonga [master] [doc] update files.

Back to archive index

null+****@clear***** null+****@clear*****
2011年 8月 12日 (金) 22:07:32 JST


Kouhei Sutou	2011-08-12 13:07:32 +0000 (Fri, 12 Aug 2011)

  New Revision: dc2e17c0ca465a37bbbc081b2d32a1f245249af6

  Log:
    [doc] update files.

  Modified files:
    doc/files.am
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/characteristic.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/command_version.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/commands.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/community.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/conf.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/contribution.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/executables.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/expr.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/functions.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/index.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/install.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/limitations.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/log.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/news.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/pseudo_column.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/reference.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/spec.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/suggest.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/troubleshooting.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/tutorial.po
    doc/locale/en/LC_MESSAGES/type.po

  Modified: doc/files.am (+0 -61)
===================================================================
--- doc/files.am    2011-08-12 09:41:24 +0000 (f958524)
+++ doc/files.am    2011-08-12 13:07:32 +0000 (8fd7ff7)
@@ -473,67 +473,6 @@ html_files_relative_from_locale_dir = \
 	html/_sources/contribution/documentation/c-api.txt \
 	html/_sources/contribution/documentation/i18n.txt \
 	html/_sources/contribution/report.txt \
-	html/_sources/example/completion-1.log \
-	html/_sources/example/correction-1.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-1.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-10.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-11.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-12.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-13.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-14.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-15.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-16.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-17.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-2.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-3.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-4.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-5.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-6.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-7.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-8.log \
-	html/_sources/example/tutorial01-9.log \
-	html/_sources/example/tutorial02-1.log \
-	html/_sources/example/tutorial02-2.log \
-	html/_sources/example/tutorial02-3.log \
-	html/_sources/example/tutorial03-1.log \
-	html/_sources/example/tutorial03-2.log \
-	html/_sources/example/tutorial03-3.log \
-	html/_sources/example/tutorial04-1.log \
-	html/_sources/example/tutorial04-2.log \
-	html/_sources/example/tutorial04-3.log \
-	html/_sources/example/tutorial04-4.log \
-	html/_sources/example/tutorial04-5.log \
-	html/_sources/example/tutorial04-6.log \
-	html/_sources/example/tutorial04-7.log \
-	html/_sources/example/tutorial05-1.log \
-	html/_sources/example/tutorial05-2.log \
-	html/_sources/example/tutorial05-3.log \
-	html/_sources/example/tutorial05-4.log \
-	html/_sources/example/tutorial05-5.log \
-	html/_sources/example/tutorial05-6.log \
-	html/_sources/example/tutorial06-1.log \
-	html/_sources/example/tutorial06-2.log \
-	html/_sources/example/tutorial06-3.log \
-	html/_sources/example/tutorial06-4.log \
-	html/_sources/example/tutorial06-5.log \
-	html/_sources/example/tutorial06-6.log \
-	html/_sources/example/tutorial06-7.log \
-	html/_sources/example/tutorial07-1.log \
-	html/_sources/example/tutorial07-2.log \
-	html/_sources/example/tutorial07-3.log \
-	html/_sources/example/tutorial07-4.log \
-	html/_sources/example/tutorial08-1.log \
-	html/_sources/example/tutorial08-2.log \
-	html/_sources/example/tutorial10-1.log \
-	html/_sources/example/tutorial10-10.log \
-	html/_sources/example/tutorial10-2.log \
-	html/_sources/example/tutorial10-3.log \
-	html/_sources/example/tutorial10-4.log \
-	html/_sources/example/tutorial10-5.log \
-	html/_sources/example/tutorial10-6.log \
-	html/_sources/example/tutorial10-7.log \
-	html/_sources/example/tutorial10-8.log \
-	html/_sources/example/tutorial10-9.log \
 	html/_sources/executables.txt \
 	html/_sources/executables/grnslap.txt \
 	html/_sources/executables/grntest.txt \

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/characteristic.po (+114 -91)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/characteristic.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (07748b8)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/characteristic.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (ce28242)
@@ -1,56 +1,33 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:53+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:00+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:44
-msgid "Sennaの転置インデックス実装をさらに改良"
-msgstr "Sennaの転置インデックス実装をさらに改良"
-
-#: ../../../source/characteristic.txt:37
-msgid "ドリルダウンなどの集計系クエリを高速に実現"
-msgstr "ドリルダウンなどの集計系クエリを高速に実現"
-
-#: ../../../source/characteristic.txt:30
-msgid "複数プロセス・複数スレッドで共有できるストレージ"
-msgstr "複数プロセス・複数スレッドで共有できるストレージ"
-
-#: ../../../source/characteristic.txt:32
-msgid ""
-"groongaのストレージファイルは、複数プロセスや複数スレッドで共有することができ"
-"ます。明示的なロックなどは必要ありません。"
-msgstr ""
-"groongaのストレージファイルは、複数プロセスや複数スレッドで共有することができ"
-"ます。明示的なロックなどは必要ありません。"
-
-#: ../../../source/characteristic.txt:56
-msgid "自動クエリキャッシュ機構"
-msgstr "自動クエリキャッシュ機構"
+# a86ae6fbdf824b80a239b9453c80a7e6
+#: ../../../source/characteristic.txt:6
+msgid "groongaの特徴"
+msgstr "groongaの特徴"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:41
-msgid ""
-"全文検索結果のうち、特定のカラム値ごとにグループ分けをし、それぞれのグループ"
-"のレコード数を数えるような処理をドリルダウンといいます。groongaはカラム指向"
-"データベースを生かして、このような処理を高速に実行します。"
-msgstr ""
-"全文検索結果のうち、特定のカラム値ごとにグループ分けをし、それぞれのグループ"
-"のレコード数を数えるような処理をドリルダウンといいます。groongaはカラム指向"
-"データベースを生かして、このような処理を高速に実行します。"
+# 18ad647d9e394a87ac2ce43d78eb5c2d
+#: ../../../source/characteristic.txt:9
+msgid "全文検索ライブラリSennaの後継"
+msgstr "全文検索ライブラリSennaの後継"
 
+# 6ca25d6b17884b3a98cdddc8c8744458
 #: ../../../source/characteristic.txt:11
 msgid ""
 "groongaは、広く使われている全文検索ライブラリSennaの後継として開発されていま"
@@ -61,22 +38,37 @@ msgstr ""
 "す。Sennaの特徴である、高速・高精度・高柔軟性という特徴を引き継ぎつつ、さらに"
 "それらの特徴を追求するために開発が始められました。"
 
+# 2d1d42bb711d47f4be79f92371ea64a8
 #: ../../../source/characteristic.txt:14
 msgid "HTTPなどの複数プロトコルに対応したサーバ"
 msgstr "HTTPなどの複数プロトコルに対応したサーバ"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:27
+# 1b451e719f6c440db03a43e87e059070
+#: ../../../source/characteristic.txt:16
 msgid ""
-"より即時性の高い検索サービスを実現するために、groongaでは参照lockが不要なスト"
-"レージを実装しました。"
+"Sennaは、全文検索を行うアプリケーションで用いるための部品でした。groongaで"
+"は、全文検索サービスを行うためのサーバが存在します。groongaサーバは、HTTPや"
+"memcached binaryプロトコル、独自プロトコルであるgqtpを用いてクライアントと"
+"TCP/IP通信を行うことができます。よって、ライブラリをインストールできないレン"
+"タルサーバなどの環境でも利用しやすくなりました。"
 msgstr ""
-"より即時性の高い検索サービスを実現するために、groongaでは参照lockが不要なスト"
-"レージを実装しました。"
+"Sennaは、全文検索を行うアプリケーションで用いるための部品でした。groongaで"
+"は、全文検索サービスを行うためのサーバが存在します。groongaサーバは、HTTPや"
+"memcached binaryプロトコル、独自プロトコルであるgqtpを用いてクライアントと"
+"TCP/IP通信を行うことができます。よって、ライブラリをインストールできないレン"
+"タルサーバなどの環境でも利用しやすくなりました。"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:51
-msgid "位置情報(緯度・経度)検索"
-msgstr "位置情報(緯度・経度)検索"
+# d6e1dfb7b60849d4996252dfdb242825
+#: ../../../source/characteristic.txt:18
+msgid "Sennaと同様に、groongaもC言語のライブラリとして利用できます。"
+msgstr "Sennaと同様に、groongaもC言語のライブラリとして利用できます。"
+
+# 6db68e4d636f4b34b88bc640e18656bb
+#: ../../../source/characteristic.txt:21
+msgid "高速なデータ更新"
+msgstr "高速なデータ更新"
 
+# f64819b494bc4207bd26d796f65ac53d
 #: ../../../source/characteristic.txt:23
 msgid ""
 "groongaの前身であるSennaは、ストレージを持たない全文検索ライブラリでした。そ"
@@ -91,14 +83,7 @@ msgstr ""
 "これらの形態では、全文検索インデックス更新における参照lockが不要というSennaの"
 "性能特性を生かすことができませんでした。"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:46
-msgid ""
-"groongaの転置インデックスは、Sennaにおける転置インデックスの実装を改良し、よ"
-"り高速かつ汎用的なものとなりました。"
-msgstr ""
-"groongaの転置インデックスは、Sennaにおける転置インデックスの実装を改良し、よ"
-"り高速かつ汎用的なものとなりました。"
-
+# 60e7b8aedb7844779fc5edb6ba0a0355
 #: ../../../source/characteristic.txt:25
 msgid ""
 "たとえば、MyISAMではレコードが更新される際には、多くの場合テーブルロックが必"
@@ -109,28 +94,30 @@ msgstr ""
 "要となります。このような場合には、いかに全文検索インデックスの更新が速くと"
 "も、MyISAMでのデータ更新がボトルネックとなってしまいます。"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:6
-msgid "groongaの特徴"
-msgstr "groongaの特徴"
+# 850727a949884d82a170b53960954a84
+#: ../../../source/characteristic.txt:27
+msgid ""
+"より即時性の高い検索サービスを実現するために、groongaでは参照lockが不要なスト"
+"レージを実装しました。"
+msgstr ""
+"より即時性の高い検索サービスを実現するために、groongaでは参照lockが不要なスト"
+"レージを実装しました。"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:21
-msgid "高速なデータ更新"
-msgstr "高速なデータ更新"
+# a7057938ee0142c6bd38b0096c41f3a5
+#: ../../../source/characteristic.txt:30
+msgid "複数プロセス・複数スレッドで共有できるストレージ"
+msgstr "複数プロセス・複数スレッドで共有できるストレージ"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:39
+# 692e67163e014a50ab13d2e915eb33a2
+#: ../../../source/characteristic.txt:32
 msgid ""
-"groongaのストレージは、カラムごとにデータを保存するカラム指向データベースを採"
-"用しています。カラム指向データベースはOLAPなどの集計クエリを高速に実現するの"
-"に向いています。"
+"groongaのストレージファイルは、複数プロセスや複数スレッドで共有することができ"
+"ます。明示的なロックなどは必要ありません。"
 msgstr ""
-"groongaのストレージは、カラムごとにデータを保存するカラム指向データベースを採"
-"用しています。カラム指向データベースはOLAPなどの集計クエリを高速に実現するの"
-"に向いています。"
-
-#: ../../../source/characteristic.txt:9
-msgid "全文検索ライブラリSennaの後継"
-msgstr "全文検索ライブラリSennaの後継"
+"groongaのストレージファイルは、複数プロセスや複数スレッドで共有することができ"
+"ます。明示的なロックなどは必要ありません。"
 
+# 4e0f0af8603e4e9388fbdcd6d89853c5
 #: ../../../source/characteristic.txt:34
 msgid ""
 "Tritonnの次期バージョンは、MySQLのプラガブルストレージエンジンとして実装予定"
@@ -141,30 +128,48 @@ msgstr ""
 "です。Tritonnで開いているgroongaストレージファイルも共有可能です。たとえば、"
 "MySQLプロトコルでデータの更新を行い、HTTPでデータの参照を行うことができます。"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:53
+# e1cbf246876d495ba52e717bfedfcfc0
+#: ../../../source/characteristic.txt:37
+msgid "ドリルダウンなどの集計系クエリを高速に実現"
+msgstr "ドリルダウンなどの集計系クエリを高速に実現"
+
+# 4a795277c467453e887f5d36b46d39f6
+#: ../../../source/characteristic.txt:39
 msgid ""
-"日本測地系のみならず、世界測地系にも対応した位置情報での絞込が可能です。位置"
-"情報の範囲は、円や矩形を指定することができます。また、任意の2点間の距離も計"
-"算可能です。"
+"groongaのストレージは、カラムごとにデータを保存するカラム指向データベースを採"
+"用しています。カラム指向データベースはOLAPなどの集計クエリを高速に実現するの"
+"に向いています。"
 msgstr ""
-"日本測地系のみならず、世界測地系にも対応した位置情報での絞込が可能です。位置"
-"情報の範囲は、円や矩形を指定することができます。また、任意の2点間の距離も計"
-"算可能です。"
+"groongaのストレージは、カラムごとにデータを保存するカラム指向データベースを採"
+"用しています。カラム指向データベースはOLAPなどの集計クエリを高速に実現するの"
+"に向いています。"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:16
+# f4fa8ecd09d6413a96142dfc78f912f0
+#: ../../../source/characteristic.txt:41
 msgid ""
-"Sennaは、全文検索を行うアプリケーションで用いるための部品でした。groongaで"
-"は、全文検索サービスを行うためのサーバが存在します。groongaサーバは、HTTPや"
-"memcached binaryプロトコル、独自プロトコルであるgqtpを用いてクライアントと"
-"TCP/IP通信を行うことができます。よって、ライブラリをインストールできないレン"
-"タルサーバなどの環境でも利用しやすくなりました。"
+"全文検索結果のうち、特定のカラム値ごとにグループ分けをし、それぞれのグループ"
+"のレコード数を数えるような処理をドリルダウンといいます。groongaはカラム指向"
+"データベースを生かして、このような処理を高速に実行します。"
 msgstr ""
-"Sennaは、全文検索を行うアプリケーションで用いるための部品でした。groongaで"
-"は、全文検索サービスを行うためのサーバが存在します。groongaサーバは、HTTPや"
-"memcached binaryプロトコル、独自プロトコルであるgqtpを用いてクライアントと"
-"TCP/IP通信を行うことができます。よって、ライブラリをインストールできないレン"
-"タルサーバなどの環境でも利用しやすくなりました。"
+"全文検索結果のうち、特定のカラム値ごとにグループ分けをし、それぞれのグループ"
+"のレコード数を数えるような処理をドリルダウンといいます。groongaはカラム指向"
+"データベースを生かして、このような処理を高速に実行します。"
 
+# 4d6ac5454f2740499c824cc6bd021525
+#: ../../../source/characteristic.txt:44
+msgid "Sennaの転置インデックス実装をさらに改良"
+msgstr "Sennaの転置インデックス実装をさらに改良"
+
+# 300c23d32dd84a799deff0175b6f9240
+#: ../../../source/characteristic.txt:46
+msgid ""
+"groongaの転置インデックスは、Sennaにおける転置インデックスの実装を改良し、よ"
+"り高速かつ汎用的なものとなりました。"
+msgstr ""
+"groongaの転置インデックスは、Sennaにおける転置インデックスの実装を改良し、よ"
+"り高速かつ汎用的なものとなりました。"
+
+# cf6aca9e418346adb8c68b8d8e5df4b3
 #: ../../../source/characteristic.txt:48
 msgid ""
 "転置インデックスを生かすことにより、SQLでも実現が難しい複雑なクエリを高速に実"
@@ -175,10 +180,28 @@ msgstr ""
 "行することができます。いわゆるタグ検索やドリルダウンにおいて、転置インデック"
 "スを利用した高速な処理を行うことができます。"
 
-#: ../../../source/characteristic.txt:18
-msgid "Sennaと同様に、groongaもC言語のライブラリとして利用できます。"
-msgstr "Sennaと同様に、groongaもC言語のライブラリとして利用できます。"
+# 6252f3e627ea41d0bf5a7a69275102a1
+#: ../../../source/characteristic.txt:51
+msgid "位置情報(緯度・経度)検索"
+msgstr "位置情報(緯度・経度)検索"
+
+# d43fbcadab814756ad3fd2c9baa6c2f4
+#: ../../../source/characteristic.txt:53
+msgid ""
+"日本測地系のみならず、世界測地系にも対応した位置情報での絞込が可能です。位置"
+"情報の範囲は、円や矩形を指定することができます。また、任意の2点間の距離も計"
+"算可能です。"
+msgstr ""
+"日本測地系のみならず、世界測地系にも対応した位置情報での絞込が可能です。位置"
+"情報の範囲は、円や矩形を指定することができます。また、任意の2点間の距離も計"
+"算可能です。"
+
+# 31f12e409c17443db3018c82c3f04038
+#: ../../../source/characteristic.txt:56
+msgid "自動クエリキャッシュ機構"
+msgstr "自動クエリキャッシュ機構"
 
+# 9068e14eaf154c3184903bcac65b1f6d
 #: ../../../source/characteristic.txt:58
 msgid "参照系のクエリについて、自動的にクエリキャッシュを行います。"
 msgstr "参照系のクエリについて、自動的にクエリキャッシュを行います。"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/command_version.po (+139 -136)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/command_version.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (ad984d0)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/command_version.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (8976746)
@@ -1,46 +1,33 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:53+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/command_version.txt:16
-msgid ""
-"コマンドバージョンは1からはじまり、更新されるたびに1ずつ大きくなります。現状"
-"のgroongaのコマンドの仕様はcommand-version 1という扱いになります。次回提供す"
-"るgroongaは、command-version 1とcommand-version 2の二つをサポートすることにな"
-"ります。"
-msgstr ""
-"コマンドバージョンは1からはじまり、更新されるたびに1ずつ大きくなります。現状"
-"のgroongaのコマンドの仕様はcommand-version 1という扱いになります。次回提供す"
-"るgroongaは、command-version 1とcommand-version 2の二つをサポートすることにな"
-"ります。"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:62
-msgid "groonga --default-command-version 1"
-msgstr "groonga --default-command-version 1"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:50
-msgid "コマンドバージョンの指定方法"
-msgstr "コマンドバージョンの指定方法"
+# 2775f2721732416d9ff9aa348f89f65b
+#: ../../../source/command_version.txt:6
+msgid "コマンドバージョン"
+msgstr "コマンドバージョン"
 
+# e9cab90b985842ff86ffa3c15d58ce31
 #: ../../../source/command_version.txt:9
 msgid "概要"
 msgstr "概要"
 
+# 36c3f43ed22f4d9d9cecaa50e4785a47
 #: ../../../source/command_version.txt:11
 msgid ""
 "groonga1.1からコマンドバージョンという概念が導入されます。コマンドバージョン"
@@ -57,39 +44,68 @@ msgstr ""
 "が異なれば、同じ名前のコマンドであっても、動作に互換性がない可能性がありま"
 "す。"
 
-#: ../../../source/command_version.txt:69
+# 2bd61eeadf83414595995b6994bf94ac
+#: ../../../source/command_version.txt:13
 msgid ""
-"select,loadなどのすべてのgroongaコマンドにcommand_versionが指定できます。"
+"あるバージョンのgroongaは、二つのコマンドバージョンを同時にサポートするように"
+"なります。 使用するコマンドバージョンは、groongaを起動する際のコマンドライン"
+"オプションないしコンフィグファイルにdefault-commnad-versionパラメータを与える"
+"ことによって指定できます。また、個々のコマンドを実行する際に、command_version"
+"パラメータを与えることによっても指定することができます。"
 msgstr ""
-"select,loadなどのすべてのgroongaコマンドにcommand_versionが指定できます。"
+"あるバージョンのgroongaは、二つのコマンドバージョンを同時にサポートするように"
+"なります。 使用するコマンドバージョンは、groongaを起動する際のコマンドライン"
+"オプションないしコンフィグファイルにdefault-commnad-versionパラメータを与える"
+"ことによって指定できます。また、個々のコマンドを実行する際に、command_version"
+"パラメータを与えることによっても指定することができます。"
+
+# 3359a784aa884852bec3542caeb7bf39
+#: ../../../source/command_version.txt:16
+msgid ""
+"コマンドバージョンは1からはじまり、更新されるたびに1ずつ大きくなります。現状"
+"のgroongaのコマンドの仕様はcommand-version 1という扱いになります。次回提供す"
+"るgroongaは、command-version 1とcommand-version 2の二つをサポートすることにな"
+"ります。"
+msgstr ""
+"コマンドバージョンは1からはじまり、更新されるたびに1ずつ大きくなります。現状"
+"のgroongaのコマンドの仕様はcommand-version 1という扱いになります。次回提供す"
+"るgroongaは、command-version 1とcommand-version 2の二つをサポートすることにな"
+"ります。"
+
+# b30e99a71cf6403b973f30cf2998e748
+#: ../../../source/command_version.txt:19
+msgid "バージョンの位置づけ"
+msgstr "バージョンの位置づけ"
+
+# da0242fb246146d2bd85acecb2691f88
+#: ../../../source/command_version.txt:21
+msgid ""
+"あるバージョンのgroongaにおいてサポートされるコマンドバージョンは、develop, "
+"stable,deprecatedのいずれかの位置づけとなります。"
+msgstr ""
+"あるバージョンのgroongaにおいてサポートされるコマンドバージョンは、develop, "
+"stable,deprecatedのいずれかの位置づけとなります。"
+
+# 96af18776dc447229c018d84a3fdf2cd
+#: ../../../source/command_version.txt:24
+msgid "まだ開発中であり、仕様が変更される可能性があります。"
+msgstr "まだ開発中であり、仕様が変更される可能性があります。"
 
+# dc4cf8e0ebf348e3a4304e8db851ed7d
 #: ../../../source/command_version.txt:27
 msgid ""
 "使用可能であり仕様も安定しています。その時点で使用することが推奨されます。"
 msgstr ""
 "使用可能であり仕様も安定しています。その時点で使用することが推奨されます。"
 
-#: ../../../source/command_version.txt:60
-#: ../../../source/command_version.txt:71
-msgid "実行例::"
-msgstr "実行例::"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:67
-msgid "command_versionパラメータ"
-msgstr "command_versionパラメータ"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:75
+# 0692e4b769c54d488224ba231bdcf43e
+#: ../../../source/command_version.txt:30
 msgid ""
-"指定されたコマンドバージョンでコマンドを実行します。指定されたコマンドバー"
-"ジョンがサポート対象外であった場合にはエラーが返されます。command-versionが指"
-"定されなかった場合は、当該プロセス起動時にdefault-command-versionに指定した値"
-"が指定されたものとみなします。"
+"使用可能であり仕様も安定していますが、廃止予定であり使用が推奨されません。"
 msgstr ""
-"指定されたコマンドバージョンでコマンドを実行します。指定されたコマンドバー"
-"ジョンがサポート対象外であった場合にはエラーが返されます。command-versionが指"
-"定されなかった場合は、当該プロセス起動時にdefault-command-versionに指定した値"
-"が指定されたものとみなします。"
+"使用可能であり仕様も安定していますが、廃止予定であり使用が推奨されません。"
 
+# 1939b82270104747addb9d8c2358c549
 #: ../../../source/command_version.txt:32
 msgid ""
 "あるバージョンのgroongaがサポートする二つのコマンドバージョンのうち、いずれか"
@@ -100,24 +116,38 @@ msgstr ""
 "一つが必ずstableの位置づけとなります。残りの一つは、developないしdeprecatedと"
 "なります。"
 
-#: ../../../source/command_version.txt:36
+# 2179d65ca972428f8895aadfdcdf8b7b
+#: ../../../source/command_version.txt:34
+msgid ""
+"たとえば下記のようにgroongaのサポートするコマンドバージョンは推移します。::"
+msgstr ""
+"たとえば下記のようにgroongaのサポートするコマンドバージョンは推移します。::"
+
+# 5d338f7b97314a7aa0da3459d4a04d3b
+#: ../../../source/command_version.txt:42
 msgid ""
-"groonga1.1: command-version1=stable     command-version2=develop groonga1.2: "
-"command-version1=deprecated command-version2=stable groonga1.3: command-"
-"version2=stable     command-version3=develop groonga1.4: command-"
-"version2=deprecated command-version3=stable groonga1.5: command-"
-"version3=stable     command-version4=develop"
+"あるコマンドバージョンははじめにdevelop扱いとしてリリースされ、やがてstableに"
+"移行します。 その後二世代経過するとそのコマンドバージョンはdeprecated扱いとな"
+"ります。さらに次のコマンドバージョンがリリースされると、deprecatedだったコマ"
+"ンドバージョンはサポート対象外となります。"
 msgstr ""
-"groonga1.1: command-version1=stable     command-version2=develop groonga1.2: "
-"command-version1=deprecated command-version2=stable groonga1.3: command-"
-"version2=stable     command-version3=develop groonga1.4: command-"
-"version2=deprecated command-version3=stable groonga1.5: command-"
-"version3=stable     command-version4=develop"
+"あるコマンドバージョンははじめにdevelop扱いとしてリリースされ、やがてstableに"
+"移行します。 その後二世代経過するとそのコマンドバージョンはdeprecated扱いとな"
+"ります。さらに次のコマンドバージョンがリリースされると、deprecatedだったコマ"
+"ンドバージョンはサポート対象外となります。"
 
-#: ../../../source/command_version.txt:73
-msgid "select --command_version 1 --table tablename"
-msgstr "select --command_version 1 --table tablename"
+# 6d92862e49f041c8bab27e607f5a6e97
+#: ../../../source/command_version.txt:45
+msgid ""
+"default-commnad-versionパラメータやcommand_versionパラメータを指定せずに"
+"groongaコマンドを実行した際には、その時点でstableであるコマンドバージョンが指"
+"定されたものとみなします。"
+msgstr ""
+"default-commnad-versionパラメータやcommand_versionパラメータを指定せずに"
+"groongaコマンドを実行した際には、その時点でstableであるコマンドバージョンが指"
+"定されたものとみなします。"
 
+# 996d063148d141d38a71c4adef1e4187
 #: ../../../source/command_version.txt:47
 msgid ""
 "groongaプロセス起動時に、default-command-versionパラメータにstable扱いでない"
@@ -130,20 +160,35 @@ msgstr ""
 "ます。また、サポート範囲外のコマンドバージョンを指定した場合にはエラーとな"
 "り、プロセスは速やかに停止します。"
 
-#: ../../../source/command_version.txt:13
+# 792e8764558d40d9b3651bc7f70724e8
+#: ../../../source/command_version.txt:50
+msgid "コマンドバージョンの指定方法"
+msgstr "コマンドバージョンの指定方法"
+
+# cf8a8c3952b5488690a181efccac654d
+#: ../../../source/command_version.txt:52
 msgid ""
-"あるバージョンのgroongaは、二つのコマンドバージョンを同時にサポートするように"
-"なります。 使用するコマンドバージョンは、groongaを起動する際のコマンドライン"
-"オプションないしコンフィグファイルにdefault-commnad-versionパラメータを与える"
-"ことによって指定できます。また、個々のコマンドを実行する際に、command_version"
-"パラメータを与えることによっても指定することができます。"
+"コマンドバージョンの指定方法はgroonga実行モジュールの引数として指定する方法と"
+"各コマンドの引数として指定する方法があります。"
 msgstr ""
-"あるバージョンのgroongaは、二つのコマンドバージョンを同時にサポートするように"
-"なります。 使用するコマンドバージョンは、groongaを起動する際のコマンドライン"
-"オプションないしコンフィグファイルにdefault-commnad-versionパラメータを与える"
-"ことによって指定できます。また、個々のコマンドを実行する際に、command_version"
-"パラメータを与えることによっても指定することができます。"
+"コマンドバージョンの指定方法はgroonga実行モジュールの引数として指定する方法と"
+"各コマンドの引数として指定する方法があります。"
+
+# 8237d8b10bec4558ac4412aaef3458b9
+#: ../../../source/command_version.txt:55
+msgid "default-command-versionパラメータ"
+msgstr "default-command-versionパラメータ"
+
+# 6a5af61eeb374d2489fe26b758e21884
+#: ../../../source/command_version.txt:57
+msgid ""
+"groonga実行モジュールの引数としてdefault-command-versionパラメータを指定でき"
+"ます。 (configファイルの中に指定することも可能です)"
+msgstr ""
+"groonga実行モジュールの引数としてdefault-command-versionパラメータを指定でき"
+"ます。 (configファイルの中に指定することも可能です)"
 
+# a3ff517777f34b76a16286bdf5efd659
 #: ../../../source/command_version.txt:64
 msgid ""
 "そのプロセスで実行するすべてのコマンドについて、デフォルトのコマンドバージョ"
@@ -162,76 +207,34 @@ msgstr ""
 "ト対象外であった場合には標準エラー出力にエラーメッセージを出力し、プロセスは"
 "速やかに終了します。"
 
-#: ../../../source/command_version.txt:21
-msgid ""
-"あるバージョンのgroongaにおいてサポートされるコマンドバージョンは、develop, "
-"stable,deprecatedのいずれかの位置づけとなります。"
-msgstr ""
-"あるバージョンのgroongaにおいてサポートされるコマンドバージョンは、develop, "
-"stable,deprecatedのいずれかの位置づけとなります。"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:57
-msgid ""
-"groonga実行モジュールの引数としてdefault-command-versionパラメータを指定でき"
-"ます。 (configファイルの中に指定することも可能です)"
-msgstr ""
-"groonga実行モジュールの引数としてdefault-command-versionパラメータを指定でき"
-"ます。 (configファイルの中に指定することも可能です)"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:19
-msgid "バージョンの位置づけ"
-msgstr "バージョンの位置づけ"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:30
-msgid ""
-"使用可能であり仕様も安定していますが、廃止予定であり使用が推奨されません。"
-msgstr ""
-"使用可能であり仕様も安定していますが、廃止予定であり使用が推奨されません。"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:24
-msgid "まだ開発中であり、仕様が変更される可能性があります。"
-msgstr "まだ開発中であり、仕様が変更される可能性があります。"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:52
-msgid ""
-"コマンドバージョンの指定方法はgroonga実行モジュールの引数として指定する方法と"
-"各コマンドの引数として指定する方法があります。"
-msgstr ""
-"コマンドバージョンの指定方法はgroonga実行モジュールの引数として指定する方法と"
-"各コマンドの引数として指定する方法があります。"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:6
-msgid "コマンドバージョン"
-msgstr "コマンドバージョン"
-
-#: ../../../source/command_version.txt:45
-msgid ""
-"default-commnad-versionパラメータやcommand_versionパラメータを指定せずに"
-"groongaコマンドを実行した際には、その時点でstableであるコマンドバージョンが指"
-"定されたものとみなします。"
-msgstr ""
-"default-commnad-versionパラメータやcommand_versionパラメータを指定せずに"
-"groongaコマンドを実行した際には、その時点でstableであるコマンドバージョンが指"
-"定されたものとみなします。"
+# b05d4c713f4247b9973c95cf9be1b7df
+#: ../../../source/command_version.txt:67
+msgid "command_versionパラメータ"
+msgstr "command_versionパラメータ"
 
-#: ../../../source/command_version.txt:34
+# 7f2ae97064aa4cbeaf50f66ed4391e30
+#: ../../../source/command_version.txt:69
 msgid ""
-"たとえば下記のようにgroongaのサポートするコマンドバージョンは推移します。::"
+"select,loadなどのすべてのgroongaコマンドにcommand_versionが指定できます。"
 msgstr ""
-"たとえば下記のようにgroongaのサポートするコマンドバージョンは推移します。::"
+"select,loadなどのすべてのgroongaコマンドにcommand_versionが指定できます。"
 
-#: ../../../source/command_version.txt:55
-msgid "default-command-versionパラメータ"
-msgstr "default-command-versionパラメータ"
+# 30e66e4034b548cf8bc2061e8a9b1f3a
+# aa4c80d90ddb4d5f913b7b00271e7f7a
+#: ../../../source/command_version.txt:71
+#: ../../../source/command_version.txt:60,
+msgid "実行例::"
+msgstr "実行例::"
 
-#: ../../../source/command_version.txt:42
+# ec63cdbba84e4e07b76c4fa9969b4083
+#: ../../../source/command_version.txt:75
 msgid ""
-"あるコマンドバージョンははじめにdevelop扱いとしてリリースされ、やがてstableに"
-"移行します。 その後二世代経過するとそのコマンドバージョンはdeprecated扱いとな"
-"ります。さらに次のコマンドバージョンがリリースされると、deprecatedだったコマ"
-"ンドバージョンはサポート対象外となります。"
+"指定されたコマンドバージョンでコマンドを実行します。指定されたコマンドバー"
+"ジョンがサポート対象外であった場合にはエラーが返されます。command-versionが指"
+"定されなかった場合は、当該プロセス起動時にdefault-command-versionに指定した値"
+"が指定されたものとみなします。"
 msgstr ""
-"あるコマンドバージョンははじめにdevelop扱いとしてリリースされ、やがてstableに"
-"移行します。 その後二世代経過するとそのコマンドバージョンはdeprecated扱いとな"
-"ります。さらに次のコマンドバージョンがリリースされると、deprecatedだったコマ"
-"ンドバージョンはサポート対象外となります。"
+"指定されたコマンドバージョンでコマンドを実行します。指定されたコマンドバー"
+"ジョンがサポート対象外であった場合にはエラーが返されます。command-versionが指"
+"定されなかった場合は、当該プロセス起動時にdefault-command-versionに指定した値"
+"が指定されたものとみなします。"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/commands.po (+2231 -2084)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/commands.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (490d497)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/commands.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (13bfa91)
@@ -1,351 +1,749 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:53+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:11
-msgid "column_create - カラムの追加"
-msgstr "column_create - カラムの追加"
+# d5d1df43ba5049009e38a40ad6e05c59
+#: ../../../source/commands.txt:6
+msgid "コマンド"
+msgstr "コマンド"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:68
+# 0c0ad6f5020d4d699eec16740b5a972a
+#: ../../../source/commands.txt:8
 msgid ""
-"インデックス型のカラムを作成した場合は、インデックス対象となるカラムをsource"
-"引数に指定します。"
+"まず、すべてのコマンドに関係するコマンドバージョンについて説明します。その"
+"後、組み込みのコマンドを順に説明します。"
 msgstr ""
-"インデックス型のカラムを作成した場合は、インデックス対象となるカラムをsource"
-"引数に指定します。"
+"まず、すべてのコマンドに関係するコマンドバージョンについて説明します。その"
+"後、組み込みのコマンドを順に説明します。"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:42
-msgid "``カラム情報名n``"
-msgstr "``カラム情報名n``"
+# 0f26cc2c85694af7850237f82150eb27
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:6
+msgid "cache_limit"
+msgstr "cache_limit"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:57
-msgid "ウェイト情報を格納するインデックスを作成します。"
-msgstr "ウェイト情報を格納するインデックスを作成します。"
+# 10660aedb77f4fd8a523941b59c4103f
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:11
+msgid "cache_limit - cacheサイズの設定・取得"
+msgstr "cache_limit - cacheサイズの設定・取得"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:24
+# 711206698d6e44a3a66304a39514a73a
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:22
 msgid ""
-"table_createコマンドは、使用しているデータベースに対してテーブルを追加しま"
-"す。groongaには名前付きテーブルと名前なしテーブル、永続テーブルと一時テーブル"
-"がありますが、table_createコマンドでは、名前付きの永続テーブルのみが作成でき"
-"ます。テーブルはレコードの集合であり、全てのレコードは一意なIDを持ちます。ID"
-"はレコードを追加した順序に従って自動的に付与されます。"
+"groonga組込コマンドの一つであるcache_limitについて説明します。組込コマンド"
+"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
+"リクエストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"table_createコマンドは、使用しているデータベースに対してテーブルを追加しま"
-"す。groongaには名前付きテーブルと名前なしテーブル、永続テーブルと一時テーブル"
-"がありますが、table_createコマンドでは、名前付きの永続テーブルのみが作成でき"
-"ます。テーブルはレコードの集合であり、全てのレコードは一意なIDを持ちます。ID"
-"はレコードを追加した順序に従って自動的に付与されます。"
+"groonga組込コマンドの一つであるcache_limitについて説明します。組込コマンド"
+"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
+"リクエストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:24
-msgid "log_reopenは、ログファイルを再読み込みします。"
-msgstr "log_reopenは、ログファイルを再読み込みします。"
+# 3f592fbf91ae402182f1e22d7544fe10
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:24
+msgid "cache_limitは、クエリキャッシュの最大件数を取得したり設定したりします。"
+msgstr ""
+"cache_limitは、クエリキャッシュの最大件数を取得したり設定したりします。"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:72
-msgid "テーブル情報の型を出力します。"
-msgstr "テーブル情報の型を出力します。"
+# a60720a526544951b4d22cdfde73a9ea
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:29
+msgid "``max``"
+msgstr "``max``"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:24
+# 6a97685a1f1a4084aa2bad9656cf6bf6
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:31
 msgid ""
-"dumpはデータベースのスキーマとデータを後から読み込めるフォーマットで出力しま"
-"す。dumpの結果は大きくなるため、主にコマンドラインから使うことを想定していま"
-"す。データベースのバックアップが主な利用方法です。"
+"クエリキャッシュの最大件数を整数で指定します。 maxが指定されなかった場合に"
+"は、クエリキャッシュの最大件数は変更せず、 現在の設定値のみが返されます。"
 msgstr ""
-"dumpはデータベースのスキーマとデータを後から読み込めるフォーマットで出力しま"
-"す。dumpの結果は大きくなるため、主にコマンドラインから使うことを想定していま"
-"す。データベースのバックアップが主な利用方法です。"
+"クエリキャッシュの最大件数を整数で指定します。 maxが指定されなかった場合に"
+"は、クエリキャッシュの最大件数は変更せず、 現在の設定値のみが返されます。"
 
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:59
-msgid "脚注"
-msgstr "脚注"
+# fabb2d788dac4fa9974c758f65a5395a
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:39
+msgid "json"
+msgstr "json"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:92
-msgid ""
-"テーブルTermに、Entryテーブルのbodyカラムの値を対象とする完全転置インデックス"
-"型カラム、entry_bodyを作成します。::"
-msgstr ""
-"テーブルTermに、Entryテーブルのbodyカラムの値を対象とする完全転置インデックス"
-"型カラム、entry_bodyを作成します。::"
+# 40a43f722e36435ca47f7593151d44ac
+# dfdf4a811f834cdab7c2aded8639c535
+# 4696ae87fabe4cca8432b240567d7b95
+# 2d548175ed03461ba6ac6481b85648c3
+# 85203a92b61f49d793961dc50a18b535
+# 6cb449319b8843acbf5690ad7a838c6c
+# 73a1ba62d46d4776bd96f2cd9288caf7
+# a381435388e9457686ab93c8876ba012
+# 3273f25e10894c31a7023046413ba114
+# 0cd0cff267744e149c0e0457fead72b6
+# ac2714f0e09648459f73b4c541f6f40b
+# 8750466ca1654c6fb2bb429ae8373138
+# 11fd57621060473398a66a6ecf894ba6
+# 046a3fe781584270b8caeafcac5df195
+# fbb951dfad1f41b6af9f74fb1850fe7d
+# ec1630eb2e7449058f00a87ae589b5cb
+# 6a5be7b19d394f13b8db70938126d58d
+# 0ca54537d73644ef87278c629b5582fe
+# f69d99c82b2b463d8c1d6e9e6659766b
+# 62ec47693cba4407913f0a952f63e005
+# 6e50348251ec420bb27aa97ee26ecb69
+# dd29fbbe499442d9ae1707edd172a14e
+# d65938796c1a4a3c92e995c07d4c8786
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:14,
+#: ../../../source/commands/check.txt:14,
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:14,
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:14,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:14,
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:14,
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:14,
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:14,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:14,
+#: ../../../source/commands/dump.txt:14, ../../../source/commands/load.txt:14,
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:14,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:14,
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:14,
+#: ../../../source/commands/quit.txt:14,
+#: ../../../source/commands/select.txt:14,
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:14,
+#: ../../../source/commands/status.txt:14,
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:16,
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:14,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:14,
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:14,
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:14
+msgid "書式"
+msgstr "書式"
 
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:11
-msgid "log_level - ログ出力レベルの設定"
-msgstr "log_level - ログ出力レベルの設定"
+# 8f9b960f26dc44d797beb50eb0128eeb
+# f23cb16e45394735972e8578d94aca8d
+# ec407346683046dc886f0d8dcf1e4602
+# 4befaa9612ff404fbe552b787d40ea3c
+# 3a657d406ef04cc3811a798a599c179b
+# df8b77c7cbdb44fe8d543abe3a043b55
+# d57977d78c4642148e5acd2a91d045a3
+# 5d5f90d77bf44a769790e3015dfd2609
+# 8f75f7783d68404483e9c966194bbedc
+# 789974c61cda4118acdaccb26febbf0d
+# 28fbabeaa9c2494a81a1692bf1db61a9
+# 8253b6f8ccaa490482ab7e92006211c8
+# 72aa65dbf167457e845688ae79032acd
+# b3ada8d966414bb5a649c40e1748f4ee
+# 631ceab114614b5f94f8eba51a266155
+# 4477ba41110b4f3bbfd88d55bfa9fe15
+# 59377f0cf8564c3389b2d758d3f01578
+# c615ff7004d44b7fbfbf65e5b38097f9
+# 801371015eb44d5c8fd92d7283858aac
+# 49bc379c71c449dd9f491b41227da107
+# 76736afb3e8f4eed951da28da34fe875
+# 73f3bd45ecac4c0599f8388ac2fd2ddf
+# d6ecec2650d84ee88ca597b985a98c4b
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:20,
+#: ../../../source/commands/check.txt:20,
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:20,
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:20,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:20,
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:20,
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:22,
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:20,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:20,
+#: ../../../source/commands/dump.txt:20, ../../../source/commands/load.txt:20,
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:20,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:20,
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:20,
+#: ../../../source/commands/quit.txt:20,
+#: ../../../source/commands/select.txt:23,
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:20,
+#: ../../../source/commands/status.txt:20,
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:22,
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:20,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:20,
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:20,
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:20
+msgid "説明"
+msgstr "説明"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:29
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:35
-#: ../../../source/commands/delete.txt:29 ../../../source/commands/load.txt:49
-#: ../../../source/commands/select.txt:32
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:47
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:33
-msgid "``table``"
-msgstr "``table``"
+# b9d3b7e72f3748f59419a80bb05fb8e2
+# 0420a64dfa334d6286043323be1a59e5
+# 86f4ef9885304efdbfd34b54efbb2bc0
+# 70a0395911d14b32bcb84859f14c9579
+# 4bed50138e024846846ffd2ce369a6dc
+# 9afbb1d2bc1b4bbba717317e247be229
+# 676b7aee10f74527b19c0912c2f760a2
+# fc4578eb91af4ca1b8f18915bc14a2cc
+# 03098db0eaf14ac6a9e50cfa45b7cef6
+# efbbb2b367384ac489e6eb2518c34dca
+# fa85626e39d14b27ab40030bcf30633a
+# 51745c82415c4081ac4142db56d8c27b
+# 7447810dec2f40a3bbe601b6b23c11b0
+# e3566904596c43e0a7bd4bf747ecb142
+# 9a0096c4be2a4e9fb96b702b9115070c
+# 18188da857b14e87b151bd343bc23089
+# e2f680e36da142faba0454dc4521ec5d
+# f795693bd80849b688214b511b7656f9
+# c4625bf7b6d7452fb9ad7d454daaa6c2
+# 6cc68e24c0504f5fb89acd6375732f26
+# 609f405d95ca404292ecd9c610bc6f1e
+# 2a2b960ed53543cdb0b35479932fca33
+# bc7268a889754e0fbc0e26d240690ed6
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:27,
+#: ../../../source/commands/check.txt:27,
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:27,
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:27,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:27,
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:28,
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:29,
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:27,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:27,
+#: ../../../source/commands/dump.txt:33, ../../../source/commands/load.txt:27,
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:27,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:27,
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:29,
+#: ../../../source/commands/quit.txt:27,
+#: ../../../source/commands/select.txt:30,
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:27,
+#: ../../../source/commands/status.txt:27,
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:29,
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:29,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:27,
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:27,
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:27
+msgid "引数"
+msgstr "引数"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:48
-msgid "カラム名1 * 重み1 || カラム名2 * 重み2"
-msgstr "カラム名1 * 重み1 || カラム名2 * 重み2"
+# ad392564aaf24b98ad04829bc5ccd0b1
+# 1027a8e029734e19947d32d41ea5ff16
+# 5b6e32ef84de42f4a12007792000b1df
+# 55ee61d6e1374390ac719e009b737f81
+# 9b59c7978c884909ac9721bb2c46072a
+# b09576521e0e4cc9b6997dd38765119d
+# ed7e2da5e9ba4cbd9be6b9146b8140b4
+# 724e8fcf4e36497d935a8a16dc9aec5f
+# ee13a72f97a1432498911db55b5bf467
+# 8f1b299b94474a048137dd6246c1cba8
+# 3daa02cb58e04c5f96a12ddacd4dcfce
+# 1cc9377b5cd24a9cbd9f54a1e26591fc
+# 0545257424d748dca58251e3fa38f0fe
+# fc66672350c244c5bdb797db62a25301
+# fe60cb5c7a8f4063a745b7155d496b78
+# 6101842e421c46f3a016cc34a45f9878
+# 3f966a20184d430791d6e9fc30bc3dbc
+# 65aba129109941bf8ceaa4bdfcd18918
+# 5f0b1fb0761b4f7f98d881f60fecd6e6
+# 832073396fd445e1a1754d42be9cdb24
+# 54d15a3dc62c44609263e9fbe4437756
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:36,
+#: ../../../source/commands/check.txt:34,
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:71,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:33,
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:37,
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:92,
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:34,
+#: ../../../source/commands/dump.txt:40, ../../../source/commands/load.txt:66,
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:43,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:47,
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:34,
+#: ../../../source/commands/quit.txt:32,
+#: ../../../source/commands/select.txt:181,
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:32,
+#: ../../../source/commands/status.txt:32,
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:60,
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:89,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:32,
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:33,
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:38
+msgid "返値"
+msgstr "返値"
 
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:22
+# 06da1f28a0f34a30ba65e0255050976a
+# 6641ab69e5354981a0f3d0dba427f302
+# b0a2e2ad117e4dfd9af18f88b17f1dc0
+# 7dc905d36406431d9e4d26bded5c6f74
+# 763ae414a41d48ec88938a8f164ec74a
+# 0ce823d712a64de6b3a9eb7da829c6d2
+# b24e4eb057fe44bc90db05bde472e54e
+# ab7ab0fc8dcf4a30b838aa50dc715c42
+# 093701a890204e2a85305ff12b5190e7
+# 8d9d92aca78949989f36aeb038d190ca
+# fb29ba007b254f98a4d1395c2d71fe9c
+# 67c366056ebf42f483baf1c325e4a42b
+# b7fb2baa785143d79889663ae67c7e42
+# 9b6b21f26ff24078ac9aa6b672de17cf
+# 3305a1088a25483a823087518a4b0fd0
+# 063ef45714594230931ad27757c85a77
+# 0c2c5911ef7043938d7ec6832e0d1338
+# 146c69d90671437a8864d27cccd00867
+# ba9e952a3eb54d628933146bad161209
+# 3970b181d48e4d6796407d99bf7a6aef
+# a9ba6d1216d54afc9f097ec3d6ccc9e1
+# b56da122caf44cf694ebb80ed70d33dc
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:50,
+#: ../../../source/commands/check.txt:130,
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:48,
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:85,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:89,
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:51,
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:106,
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:48,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:56,
+#: ../../../source/commands/dump.txt:45, ../../../source/commands/load.txt:80,
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:57,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:61,
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:48,
+#: ../../../source/commands/quit.txt:37,
+#: ../../../source/commands/select.txt:247,
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:37,
+#: ../../../source/commands/status.txt:54,
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:103,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:80,
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:47,
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:52
+msgid "例"
+msgstr "例"
+
+# 43b4a512ec29409fab038a4db274953d
+# b6dd699cd95d4698be73525771e5ce16
+# e71326b872194fbaa02afaa7e0a88863
+# dee834b23a2b40158d8fa07990bc6c5f
+# 8bfc6b8f013a459cbee7de45a157d419
+# 0b3913a6a1444861bbfa91d2b358f1f4
+# 92c392b0b7ca49918c0c3ff177cacfaf
+# 4a9a535231034633b3ed5ef0b27a25c8
+# 8985adaf867c4c0198dcb02c62faa9f4
+# 8cb4181eb25249ff86f217ecc465fd5c
+# 50259a88765f41559e7779000a6a4a01
+# ea510af4f8b4451993a639a0eeac4419
+# 8616cbec7e574a9caca2065104fde77e
+# c607b1078fbd4469b9c57407c86aadd0
+# f0afda905f80442f824d629998b51102
+# b8b54a278e744ec78f6464353fad7f82
+# 220e21bf468c44fc83371f3c8c8fbd6d
+# 4a7e43cdf81341c79f867e24af87f7ad
+# 6739a037e3bb41688a689e00b39b47e7
+# d970808ea25f4c8aa72b01d217c66111
+# e08022e6593440219ff133bd7a2543c5
+# 9819c879ebaf45088db9681e1a792fdb
+# ad7be28b6ce6421f8487708a6b6610d8
+#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:9,
+#: ../../../source/commands/check.txt:9,
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:9,
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:9,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:9,
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:9,
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:9,
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:9,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:9, ../../../source/commands/dump.txt:9,
+#: ../../../source/commands/load.txt:9,
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:9,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:9,
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:9,
+#: ../../../source/commands/quit.txt:9, ../../../source/commands/select.txt:9,
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:9,
+#: ../../../source/commands/status.txt:9,
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:11,
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:9,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:9,
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:9,
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:9
+msgid "名前"
+msgstr "名前"
+
+# 8e2a8c7527a247c0864716c458cf7408
+#: ../../../source/commands/check.txt:6
+msgid "check"
+msgstr "check"
+
+# a723b385be984fb0a92119cb014e6ed5
+#: ../../../source/commands/check.txt:11
+msgid "check - オブジェクトの状態表示"
+msgstr "check - オブジェクトの状態表示"
+
+# 7d92d28c4e584557a6e7062eda807ef1
+#: ../../../source/commands/check.txt:22
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるdefragについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるcheckについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるdefragについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるcheckについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:37
-msgid "テーブル名一覧が以下の形式で返却されます。::"
-msgstr "テーブル名一覧が以下の形式で返却されます。::"
-
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:112
+# 839bc2e9f00d425fb918368081ae7940
+#: ../../../source/commands/check.txt:24
 msgid ""
-"table_create Term --flags TABLE_PAT_KEY|KEY_NORMALIZE --key_type ShortText --"
-"default_tokenizer TokenBigram [true]"
+"checkコマンドは、groongaプロセス内の指定したオブジェクトの状態を表示します。"
+"主にデータベースが壊れた場合など異常時の問題解決のために使用することを想定し"
+"ています。デバッグ用のため、返値のフォーマットが安定しているということは保証"
+"されません。(フォーマットが変更される可能性が高い)"
 msgstr ""
-"table_create Term --flags TABLE_PAT_KEY|KEY_NORMALIZE --key_type ShortText --"
-"default_tokenizer TokenBigram [true]"
-
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:67
-msgid ":doc:`log_level` :doc:`log_put`"
-msgstr ":doc:`log_level` :doc:`log_put`"
+"checkコマンドは、groongaプロセス内の指定したオブジェクトの状態を表示します。"
+"主にデータベースが壊れた場合など異常時の問題解決のために使用することを想定し"
+"ています。デバッグ用のため、返値のフォーマットが安定しているということは保証"
+"されません。(フォーマットが変更される可能性が高い)"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:152
-msgid ""
-"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
-"するカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。"
-msgstr ""
-"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
-"するカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。"
+# 08ef6ad67d4d46598c7e9d9cd0b90f75
+#: ../../../source/commands/check.txt:29
+msgid "``obj``"
+msgstr "``obj``"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:69
-msgid "組込のトークナイザとして、以下が準備されています。"
-msgstr "組込のトークナイザとして、以下が準備されています。"
+# 1e6f461e0cd34d3f9caf8bd7e6104b3f
+#: ../../../source/commands/check.txt:31
+msgid "状態を表示するオブジェクトの名前を指定します。"
+msgstr "状態を表示するオブジェクトの名前を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/status.txt:11
-msgid "status - groongaプロセスの状態表示"
-msgstr "status - groongaプロセスの状態表示"
+# 167f855a198a41da9eaf70a199194ccd
+#: ../../../source/commands/check.txt:39
+msgid "チェックするオブジェクトにより返される値が変わります。"
+msgstr "チェックするオブジェクトにより返される値が変わります。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:33
-msgid "input_typeがjsonである場合には、以下のいずれかの形式が使用できます。"
-msgstr "input_typeがjsonである場合には、以下のいずれかの形式が使用できます。"
+# a0923e5686d246bca74505137a81141c
+#: ../../../source/commands/check.txt:41
+msgid "インデックスカラムの場合::"
+msgstr "インデックスカラムの場合::"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:212
-#: ../../../source/commands/select.txt:234
-msgid "``カラム名n``"
-msgstr "``カラム名n``"
+# 111cc49505614aca948fccc202942569
+#: ../../../source/commands/check.txt:132
+msgid "テーブルTermsのインデックスカラムnameの状態を表示します。::"
+msgstr "テーブルTermsのインデックスカラムnameの状態を表示します。::"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:43
-msgid ""
-"対象のテーブルが主キーを持つテーブルであった場合は、カラム名の中に'_key'(主"
-"キーを示す疑似カラム名)が含まれていなければなりません。"
-msgstr ""
-"対象のテーブルが主キーを持つテーブルであった場合は、カラム名の中に'_key'(主"
-"キーを示す疑似カラム名)が含まれていなければなりません。"
+# 47bc1886631c49ebaf6c12fbbba42dc0
+# a9c6bcdf502e4c41a52c067985cc2a5f
+# 904b52d43722433d8d7c76d7404f2e24
+# b6853db90e6a43acb8fbdb93c700074a
+# 27c42b6c5dad4a4ea082c1472bb7921e
+# a30e117a4f0847f3ba033e6ab26e7fbc
+# 23f36213f04f4483925b9209f516872d
+# dfa0f64d160b4bf6a3cf7f17f1b7f517
+# ec955e1703da4500b9f699dd55044dc2
+# e5810832c74b401fa1fe2a9c8a8b0704
+# b4a4b743ff174a0fa2f811fdf34860cd
+# 90148723ffda4948aee2d7907c2ce16f
+# cc0d04412cae4979822755eb96fbffc0
+# dfd47589790b4056962fa84663b9f7fe
+# 36be936d569848b1a9dffe3e1c76a1ef
+# d255c87b759e40b19e15ea6a78fd03db
+# 0d13f03357cf4864a846871d7c085de1
+#: ../../../source/commands/check.txt:37,
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:37,
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:74,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:36,
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:40,
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:95,
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:37,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:45,
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:46,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:50,
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:37,
+#: ../../../source/commands/status.txt:35,
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:63,
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:92,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:35,
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:36,
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:41
+msgid "json形式"
+msgstr "json形式"
 
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:60
-msgid "log_level warning [true]"
-msgstr "log_level warning [true]"
+# def18680f2144cdaa0d16573f839ffd8
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:6
+msgid "clearlock"
+msgstr "clearlock"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:53
-msgid "追加するselectorコマンドのscorer引数のデフォルト値を指定します。"
-msgstr "追加するselectorコマンドのscorer引数のデフォルト値を指定します。"
+# f1502aed1c7c498eb2b952c734837154
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:11
+msgid "clearlock - オブジェクトにセットされたロックを解除する"
+msgstr "clearlock - オブジェクトにセットされたロックを解除する"
 
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:24
+# 54386f4956de419aa601a128bf43837b
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:22
 msgid ""
-"column_removeはテーブルに定義されているカラムを削除します。 また、付随するイ"
-"ンデックスも削除されます。[#]_"
+"groonga組込コマンドの一つであるclearlockについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"column_removeはテーブルに定義されているカラムを削除します。 また、付随するイ"
-"ンデックスも削除されます。[#]_"
+"groonga組込コマンドの一つであるclearlockについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:22
+# 7e09ab20d7a24706a09e7d1cdaae8618
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:24
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるtable_createについて説明します。組込コマンド"
-"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
-"リクエストを送信することによって実行します。"
+"clearlockは、対象となるオブジェクト(データベース,テーブル,インデックス等)を指"
+"定し、オブジェクトにかけられたロックを再帰的に解除します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるtable_createについて説明します。組込コマンド"
-"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
-"リクエストを送信することによって実行します。"
+"clearlockは、対象となるオブジェクト(データベース,テーブル,インデックス等)を指"
+"定し、オブジェクトにかけられたロックを再帰的に解除します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:191
+# f27b9160aeab4502a8279951cbc97167
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:50
+msgid "開いているデータベースのロックをすべて解除する::"
+msgstr "開いているデータベースのロックをすべて解除する::"
+
+# 73ceecbd7a9f4af7bea656e9b9d8e33e
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:55
+msgid "テーブル名 Entry のカラム body のロックを解除する::"
+msgstr "テーブル名 Entry のカラム body のロックを解除する::"
+
+# d4903ba2cfd54cb58a3565d54764be02
+# 385fd1aab17648d4aa405712db952672
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:29,
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:29
+msgid "``objname``"
+msgstr "``objname``"
+
+# cff1299d321244508592756db88dd9d7
+# 17f2c8a381d449cea97a00c10a7c6490
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:31,
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:31
 msgid ""
-"grn_rcに対応する数値が返されます。0(GRN_SUCCESS)以外の場合は、続いてエラー内"
-"容を示す 文字列が返されます。"
+"対象となるオブジェクト名を指定します。空の場合、開いているdbオブジェクトが対"
+"象となります。"
 msgstr ""
-"grn_rcに対応する数値が返されます。0(GRN_SUCCESS)以外の場合は、続いてエラー内"
-"容を示す 文字列が返されます。"
+"対象となるオブジェクト名を指定します。空の場合、開いているdbオブジェクトが対"
+"象となります。"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:53
-msgid "cache_limit 4 [100]"
-msgstr "cache_limit 4 [100]"
+# 87b5927570e545768d72458c2c3b4cdf
+# 1d968a4f9f554fa9819f44dc20ef3eb1
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:33,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:41
+msgid "返値 ---"
+msgstr "返値 ---"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:249
-msgid "テーブルEntryの全レコード・全カラムの値を出力します。::"
-msgstr "テーブルEntryの全レコード・全カラムの値を出力します。::"
+# 13d254bd2b30409d941bfb99be6b6ffe
+# ec2bafe9185743ae98f8dacb31392b94
+# 261d0ab150d542179e44681c7bb23862
+# 25909ffda4be482c8b9915cc1062143e
+# 1808e15c729147389429e5333d1ed68f
+# 7215be5fa7d34f88af4742c542e315f7
+# 6b56dc1f533f4329a281615a693f8ce7
+# f29c48fc60f84b3ba2b390e59801cbdc
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:61,
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:114,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:65,
+#: ../../../source/commands/load.txt:98,
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:64,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:68,
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:65,
+#: ../../../source/commands/select.txt:256
+msgid "関連項目"
+msgstr "関連項目"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:11
-msgid "define_selector - 検索コマンドを定義"
-msgstr "define_selector - 検索コマンドを定義"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:46
-msgid "複数のカラムを'||'で結合して指定することもできます。"
-msgstr "複数のカラムを'||'で結合して指定することもできます。"
-
-#: ../../../source/commands/load.txt:63
-msgid "入力形式を指定します。JSONのみに対応しています。"
-msgstr "入力形式を指定します。JSONのみに対応しています。"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:230
-msgid "``件数``"
-msgstr "``件数``"
-
-#: ../../../source/commands/dump.txt:28
-msgid ""
-"% groonga original/db dump > dump.grn % mkdir backup % groonga -n backup/db "
-"< dump.grn"
-msgstr ""
-"% groonga original/db dump > dump.grn % mkdir backup % groonga -n backup/db "
-"< dump.grn"
+# 4f63b11bb4b34539a1758eb6337adf38
+# dc08c37e1c1542388791c4125abaf272
+#: ../../../source/commands/clearlock.txt:63,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:67
+msgid ":doc:`load`"
+msgstr ":doc:`load`"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:61
-msgid "``input_type``"
-msgstr "``input_type``"
+# ca3a13323b6e48aebeb19dc0ef396a2e
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:6
+msgid "column_create"
+msgstr "column_create"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:26
-msgid ""
-"define_selectorは、検索条件をカスタマイズした新たな検索コマンドを定義します。"
-msgstr ""
-"define_selectorは、検索条件をカスタマイズした新たな検索コマンドを定義します。"
+# 5cfa081662894e70a86573377d3f17b8
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:11
+msgid "column_create - カラムの追加"
+msgstr "column_create - カラムの追加"
 
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:22
+# 0a91e5b53dc646ffbc1b97b489e08204
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:22
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるtable_removeについて説明します。組込コマンド"
+"groonga組込コマンドの一つであるcolumn_createについて説明します。組込コマンド"
 "は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
 "リクエストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるtable_removeについて説明します。組込コマンド"
+"groonga組込コマンドの一つであるcolumn_createについて説明します。組込コマンド"
 "は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
 "リクエストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:77
-msgid "比較条件(カラム値 > 値)"
-msgstr "比較条件(カラム値 > 値)"
+# 58daab52004f48debfd652ae364cd9e7
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:24
+msgid ""
+"column_createは、使用しているデータベースのテーブルに対してカラムを追加しま"
+"す。"
+msgstr ""
+"column_createは、使用しているデータベースのテーブルに対してカラムを追加しま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:89
-msgid "結合演算子"
-msgstr "結合演算子"
+# 330a07ed51d34e8fb3c63a7898a4e28d
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:31
+msgid "カラムを追加するテーブルの名前を指定します。"
+msgstr "カラムを追加するテーブルの名前を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:8
+# 200ab166a604431cb8baa71e304e7603
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:35
 msgid ""
-"** 未だ仕様は確定しておりません。利用のためには特定のデータを持つテーブルが必"
-"要となります。 **"
+"作成するカラムの名前を指定します。カラム名は、テーブルの中で一意でなければな"
+"りません。"
 msgstr ""
-"** 未だ仕様は確定しておりません。利用のためには特定のデータを持つテーブルが必"
-"要となります。 **"
+"作成するカラムの名前を指定します。カラム名は、テーブルの中で一意でなければな"
+"りません。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:53
-msgid "``columns``"
-msgstr "``columns``"
+# d4eea8acd05c4df18435d3d9167be57b
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:37
+msgid ""
+"ピリオド('.'), コロン(':')を含む名前のカラムは作成できません。また、アンダー"
+"スコア('_')で始まる名前は予約済みであり、使用できません。"
+msgstr ""
+"ピリオド('.'), コロン(':')を含む名前のカラムは作成できません。また、アンダー"
+"スコア('_')で始まる名前は予約済みであり、使用できません。"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:44
+# d0a1a3c1bbce4835b33fc036c2be3e20
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:41
 msgid ""
-"``カラム情報n`` には複数の情報が含まれますが、そこに入る情報がどんな内容かを"
-"示す名前を出力します。 情報名は以下の通りです。"
+"カラムの属性を表す以下の数値か、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名を指定しま"
+"す。"
 msgstr ""
-"``カラム情報n`` には複数の情報が含まれますが、そこに入る情報がどんな内容かを"
-"示す名前を出力します。 情報名は以下の通りです。"
+"カラムの属性を表す以下の数値か、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名を指定しま"
+"す。"
+
+# 54708ba24b9e47d6880426363e30da5d
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:44
+msgid "単一の値が格納できるカラムを作成します。"
+msgstr "単一の値が格納できるカラムを作成します。"
 
+# e10a031d8e174c0fab77dfc1917a2065
 #: ../../../source/commands/column_create.txt:46
 msgid "複数の値の配列を格納できるカラムを作成します。"
 msgstr "複数の値の配列を格納できるカラムを作成します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:50
+# 0c92be8b32bc44bf8172bbf93dc2868d
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:48
+msgid "インデックス型のカラムを作成します。"
+msgstr "インデックス型のカラムを作成します。"
+
+# 9ad14895ffa8401eac8971a71976deac
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:50
 msgid ""
-"また、カラム名ではなく、検索に使用するインデックス名を指定することもできま"
-"す。"
+"インデックス型のカラムについては、flagsの値に以下の値を加えることによって、追"
+"加の属 性を指定することができます。"
 msgstr ""
-"また、カラム名ではなく、検索に使用するインデックス名を指定することもできま"
-"す。"
-
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:41
-msgid "``テーブル情報名n``"
-msgstr "``テーブル情報名n``"
+"インデックス型のカラムについては、flagsの値に以下の値を加えることによって、追"
+"加の属 性を指定することができます。"
 
-#: ../../../source/commands/check.txt:31
-msgid "状態を表示するオブジェクトの名前を指定します。"
-msgstr "状態を表示するオブジェクトの名前を指定します。"
+# 4c97f069d42641d69748090fbb072ab5
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:54
+msgid "段落情報を格納するインデックスを作成します。"
+msgstr "段落情報を格納するインデックスを作成します。"
 
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:11
-msgid "shutdown - サーバプロセスの停止"
-msgstr "shutdown - サーバプロセスの停止"
+# 425ab3caeacd4e6988ce6645c11f25f9
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:57
+msgid "ウェイト情報を格納するインデックスを作成します。"
+msgstr "ウェイト情報を格納するインデックスを作成します。"
 
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:24
-msgid "log_putは、ログにmessageを出力します。"
-msgstr "log_putは、ログにmessageを出力します。"
+# ce32230452614fe6ae3c391d9d2f44cb
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:60
+msgid "位置情報を格納するインデックス(完全転置インデックス)を作成します。"
+msgstr "位置情報を格納するインデックス(完全転置インデックス)を作成します。"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:6
-msgid "suggest"
-msgstr "suggest"
+# 98d806edd0ef4b47b4995992bd61156a
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:64
+msgid ""
+"値の型を指定します。groongaの組込型か、同一データベースに定義済みのユーザ定義"
+"型、定義済みのテーブルを指定することができます。"
+msgstr ""
+"値の型を指定します。groongaの組込型か、同一データベースに定義済みのユーザ定義"
+"型、定義済みのテーブルを指定することができます。"
 
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:41
+# 46a3a40e38c84002a6c0dd47dd613fa2
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:68
 msgid ""
-"[フラグメンテーション解消を実行したセグメントの数]  ``フラグメンテーション解"
-"消を実行したセグメントの数``    フラグメンテーション解消を実行したセグメント"
-"の数を返す。"
+"インデックス型のカラムを作成した場合は、インデックス対象となるカラムをsource"
+"引数に指定します。"
 msgstr ""
-"[フラグメンテーション解消を実行したセグメントの数]  ``フラグメンテーション解"
-"消を実行したセグメントの数``    フラグメンテーション解消を実行したセグメント"
-"の数を返す。"
+"インデックス型のカラムを作成した場合は、インデックス対象となるカラムをsource"
+"引数に指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:48
-msgid "インデックス型のカラムを作成します。"
-msgstr "インデックス型のカラムを作成します。"
+# e25bdee2a5d6480b9008d63e5a4db2ab
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:87
+msgid "テーブルEntryに、ShortText型の値を格納するカラム、bodyを作成します。::"
+msgstr "テーブルEntryに、ShortText型の値を格納するカラム、bodyを作成します。::"
 
-#: ../../../source/commands/check.txt:24
+# b9eeb9c880e743b19faba1ecfd7fc7ec
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:92
 msgid ""
-"checkコマンドは、groongaプロセス内の指定したオブジェクトの状態を表示します。"
-"主にデータベースが壊れた場合など異常時の問題解決のために使用することを想定し"
-"ています。デバッグ用のため、返値のフォーマットが安定しているということは保証"
-"されません。(フォーマットが変更される可能性が高い)"
+"テーブルTermに、Entryテーブルのbodyカラムの値を対象とする完全転置インデックス"
+"型カラム、entry_bodyを作成します。::"
 msgstr ""
-"checkコマンドは、groongaプロセス内の指定したオブジェクトの状態を表示します。"
-"主にデータベースが壊れた場合など異常時の問題解決のために使用することを想定し"
-"ています。デバッグ用のため、返値のフォーマットが安定しているということは保証"
-"されません。(フォーマットが変更される可能性が高い)"
+"テーブルTermに、Entryテーブルのbodyカラムの値を対象とする完全転置インデックス"
+"型カラム、entry_bodyを作成します。::"
 
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:31
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:31
-msgid "設定するログ出力レベルの値を以下のいずれかで指定します。"
-msgstr "設定するログ出力レベルの値を以下のいずれかで指定します。"
+# 7f4562ff26584bd0b3a2b7b13d9d0667
+# 6cac5acbbbe74de690c904698d807c34
+# a44b532f2216433583f1f001e46d0b7e
+# 3a0d7347a49d4260b6662c1c3a76f5a5
+# 4e714396c9eb4897bebc96a37aa870fa
+# 0f9c6b2e0eea4eb08319c452f9068ff1
+# 6298f8f6f9b845d780e6e998b22a6249
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:29,
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:35,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:29,
+#: ../../../source/commands/load.txt:49,
+#: ../../../source/commands/select.txt:32,
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:47,
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:33
+msgid "``table``"
+msgstr "``table``"
 
-#: ../../../source/commands/delete.txt:17
-msgid "delete table [key [id]]"
-msgstr "delete table [key [id]]"
+# 577ab7f19edf473e9905205082c6d8a0
+# 9ffc6b7a01be43f0bfc0b1f4bf9c3da3
+# b23957f466a04b8893cb9716ea7fdd96
+# 56b28e2599fd4afa9236c8c5a04b76c9
+# b8f290a4acf84b1b8cea594bd5e4a9d8
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:33,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:51,
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:31,
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:31,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:50
+msgid "``name``"
+msgstr "``name``"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:37
-msgid ""
-"ピリオド('.'), コロン(':')を含む名前のカラムは作成できません。また、アンダー"
-"スコア('_')で始まる名前は予約済みであり、使用できません。"
-msgstr ""
-"ピリオド('.'), コロン(':')を含む名前のカラムは作成できません。また、アンダー"
-"スコア('_')で始まる名前は予約済みであり、使用できません。"
+# b607d0388a3545c8922046a75619ffb1
+# 128ccd526cc84d60a255e77736859a5d
+# 7e6087f7421e473989fe16b823d2072b
+# 3f7725dba0a244f7b707413ef15c40c3
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:39,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:63,
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:35,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:58
+msgid "``flags``"
+msgstr "``flags``"
+
+# de385a3fe4e44129845e89e3486d2839
+# 6b9eaf1ef4364ef7a2c863603ae21c47
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:62,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:59
+msgid "``type``"
+msgstr "``type``"
+
+# 0644ea137f9f4b89aa25180ab38c4b95
+# a8e73726ae4e426ea0d9c9617dacf5ee
+#: ../../../source/commands/column_create.txt:66,
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:75
+msgid "``source``"
+msgstr "``source``"
+
+# 21d36f28a9e547a48869b42b7445f273
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:6
+msgid "column_list"
+msgstr "column_list"
+
+# f51b5e1afd094999aed3395d26de9771
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:11
+msgid "column_list - テーブルに定義されているカラムのリスト表示"
+msgstr "column_list - テーブルに定義されているカラムのリスト表示"
 
+# e154b7c8219647d5a7f3c65b612f4311
 #: ../../../source/commands/column_list.txt:22
 msgid ""
 "groonga組込コマンドの一つであるcolumn_listについて説明します。組込コマンド"
@@ -356,343 +754,309 @@ msgstr ""
 "は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
 "リクエストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:50
-msgid "開いているデータベースのロックをすべて解除する::"
-msgstr "開いているデータベースのロックをすべて解除する::"
-
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:6
-msgid "define_selector"
-msgstr "define_selector"
-
-#: ../../../source/commands/load.txt:84
-msgid ""
-"load --table Entry --input_type json --values [{\\\"_key\\\":\\\"abandon\\\","
-"\\\"body\\\":\\\"放棄する\\\"}]  [1]"
-msgstr ""
-"load --table Entry --input_type json --values [{\\\"_key\\\":\\\"abandon\\\","
-"\\\"body\\\":\\\"放棄する\\\"}]  [1]"
-
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:11
-msgid "view_add - view型のテーブルに要素となるテーブルを追加"
-msgstr "view_add - view型のテーブルに要素となるテーブルを追加"
-
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:33
-msgid ""
-"作成するテーブルの名前を指定します。nameはデータベース内で一意な、未定義の名"
-"前でなければなりません。組込型名・組込コマンド名・組込関数名は予約済みであ"
-"り、テーブル名には 使用できません。また、ピリオド('.'), コロン(':')を含む名前"
-"のテーブルは作成できません。"
-msgstr ""
-"作成するテーブルの名前を指定します。nameはデータベース内で一意な、未定義の名"
-"前でなければなりません。組込型名・組込コマンド名・組込関数名は予約済みであ"
-"り、テーブル名には 使用できません。また、ピリオド('.'), コロン(':')を含む名前"
-"のテーブルは作成できません。"
+# c7759dbe79a6448b9320f04fae8aacad
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:24
+msgid "column_listはテーブルに定義されているカラムをリスト表示します。"
+msgstr "column_listはテーブルに定義されているカラムをリスト表示します。"
 
+# 78c3e3983b3143a48db161800f77735f
 #: ../../../source/commands/column_list.txt:30
 msgid "カラム情報を出力するテーブルの名前を指定します。"
 msgstr "カラム情報を出力するテーブルの名前を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:61
-msgid ""
-"既存のログファイル名と同じファイル名で、新たなログファイルが作成される。 今後"
-"のログは新たなログファイルに書き込まれる。"
-msgstr ""
-"既存のログファイル名と同じファイル名で、新たなログファイルが作成される。 今後"
-"のログは新たなログファイルに書き込まれる。"
-
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:6
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:17
-msgid "table_list"
-msgstr "table_list"
-
+# c3ab364a5166474eadbaceee2039b234
 #: ../../../source/commands/column_list.txt:38
 msgid "カラム名一覧を以下の形式で返却します。::"
 msgstr "カラム名一覧を以下の形式で返却します。::"
 
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:6
-msgid "view_add"
-msgstr "view_add"
+# 2fdf2708efb44d9f913fe0e37d4b7c61
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:42
+msgid "``カラム情報名n``"
+msgstr "``カラム情報名n``"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:59
+# c336d1a40ef84965a62e9e594a89b40f
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:44
 msgid ""
-"指定した主キーに対応するレコードが既にテーブルに登録済みであった場合に実行す"
-"るscript形式のgrn_expr文字列を指定します。ifexistsにgrn_exprが指定された場合"
-"は、式の値が真である場合に限り、その他のカラムの値が更新されます。(デフォルト"
-"はtrue)"
+"``カラム情報n`` には複数の情報が含まれますが、そこに入る情報がどんな内容かを"
+"示す名前を出力します。 情報名は以下の通りです。"
 msgstr ""
-"指定した主キーに対応するレコードが既にテーブルに登録済みであった場合に実行す"
-"るscript形式のgrn_expr文字列を指定します。ifexistsにgrn_exprが指定された場合"
-"は、式の値が真である場合に限り、その他のカラムの値が更新されます。(デフォルト"
-"はtrue)"
+"``カラム情報n`` には複数の情報が含まれますが、そこに入る情報がどんな内容かを"
+"示す名前を出力します。 情報名は以下の通りです。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:65
-msgid "追加するselectorコマンドのoffset引数のデフォルト値を指定します。"
-msgstr "追加するselectorコマンドのoffset引数のデフォルト値を指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:17
-msgid "clearlock objname"
-msgstr "clearlock objname"
+# a6ce35dae6be41b69b94c73385d71f40
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:49
+msgid "カラムオブジェクトに割り当てられたID"
+msgstr "カラムオブジェクトに割り当てられたID"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:156
-msgid ""
-"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
-"対象となる最初のレコードの番号を0ベースで指定します。デフォルト値は0です。"
-"drilldown_offsetに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + drilldown_offsetに"
-"よって算出される値が指定されたものとみなされます。"
-msgstr ""
-"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
-"対象となる最初のレコードの番号を0ベースで指定します。デフォルト値は0です。"
-"drilldown_offsetに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + drilldown_offsetに"
-"よって算出される値が指定されたものとみなされます。"
+# 3008a08c5acd42d182b64890545f6322
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:57
+msgid "カラム値を格納するファイル名"
+msgstr "カラム値を格納するファイル名"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:11
-msgid "column_list - テーブルに定義されているカラムのリスト表示"
-msgstr "column_list - テーブルに定義されているカラムのリスト表示"
+# 4edd93927ae0491f8a7f80b6d5e53104
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:61
+msgid "スカラ型、ベクタ型、インデックス型の種別"
+msgstr "スカラ型、ベクタ型、インデックス型の種別"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:222
-msgid ""
-"output_columns, offset, limitによって指定された条件に従って各レコードの値が出"
-"力されます。"
-msgstr ""
-"output_columns, offset, limitによって指定された条件に従って各レコードの値が出"
-"力されます。"
+# 405a59b7ebce44bdb34ae85ee403fc33
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:65
+msgid "カラムのflags属性"
+msgstr "カラムのflags属性"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:148
-msgid ""
-"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、ソー"
-"トキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。sortbyパラメータ"
-"と同様に昇降順を指定できます。"
-msgstr ""
-"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、ソー"
-"トキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。sortbyパラメータ"
-"と同様に昇降順を指定できます。"
+# 0c7bf9f1fc9a464eaeeb741a9e9419dd
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:69
+msgid "カラムの値の属する型"
+msgstr "カラムの値の属する型"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:79
-#: ../../../source/commands/select.txt:150
-msgid "``drilldown_output_columns``"
-msgstr "``drilldown_output_columns``"
+# a3523d9e68d94a37ad4dae862d094d3d
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:73
+msgid "テーブルのkeyの型"
+msgstr "テーブルのkeyの型"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:62
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:59
-msgid "``type``"
-msgstr "``type``"
+# 1ba36ceb2dda4ddd9667aa8a9a9e0897
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:77
+msgid "インデックスカラムのとき、インデックス対象カラム名の配列"
+msgstr "インデックスカラムのとき、インデックス対象カラム名の配列"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:24
-msgid "table_listは、DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
-msgstr "table_listは、DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
+# 202e87ee4a2043649f3ee3754a3e795c
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:79
+msgid "``カラム情報型n``"
+msgstr "``カラム情報型n``"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:75
-#: ../../../source/commands/select.txt:146
-msgid "``drilldown_sortby``"
-msgstr "``drilldown_sortby``"
+# 67e4d691716c47efa47e6ee2e5fe386c
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:81
+msgid "カラム情報の型を出力します。"
+msgstr "カラム情報の型を出力します。"
 
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:6
-msgid "clearlock"
-msgstr "clearlock"
+# fbe5a5e0bea14c1b9f9686f465c2e7b9
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:83
+msgid "``カラム情報n``"
+msgstr "``カラム情報n``"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:84
+# 8987dfffec934ec3b6911b3c988ebb80
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:85
 msgid ""
-"形態素解析器mecabで解析した形態素をトークンとする。(mecabを組み込んだ場合のみ"
-"有効)"
+"``カラム情報名n`` で示された情報の配列を出力します。 情報の順序は ``カラム情"
+"報名n`` の順序と同じです。"
 msgstr ""
-"形態素解析器mecabで解析した形態素をトークンとする。(mecabを組み込んだ場合のみ"
-"有効)"
+"``カラム情報名n`` で示された情報の配列を出力します。 情報の順序は ``カラム情"
+"報名n`` の順序と同じです。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:75
-msgid "``登録件数``"
-msgstr "``登録件数``"
+# 9bcf1b5e670e4bfe8ab1da34311f4c67
+# af564e7997254596ae54aed055125452
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:111,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:104
+msgid "注: 実際は改行が入りません。"
+msgstr "注: 実際は改行が入りません。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:34
-msgid ""
-"検索対象のテーブルを指定します。存在しないテーブルを指定した場合はエラーにな"
-"ります。"
-msgstr ""
-"検索対象のテーブルを指定します。存在しないテーブルを指定した場合はエラーにな"
-"ります。"
+# 748bbea165f94f6ab4430aaa40b06ee7
+# b3c82b336a974e35a9662ee5909a1c0f
+# a6f375ca33134c0ea7e0503487ee9285
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:47,
+#: ../../../source/commands/delete.txt:37,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:46
+msgid "``id``"
+msgstr "``id``"
+
+# fe07cdf0780046bb92d34ef96727be3e
+# a260c50ff85c4770b79bab4ff020b003
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:53,
+#: ../../../source/commands/select.txt:40
+msgid "カラム名"
+msgstr "カラム名"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:55
+# 31f7d6118b36420bbd0bfed79c656aca
+# e180ff79bff74b068cb93ca4fb32be53
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:55,
 #: ../../../source/commands/table_list.txt:54
 msgid "``path``"
 msgstr "``path``"
 
-#: ../../../source/commands/status.txt:58
-msgid "status {\"alloc_count\":104,  \"starttime\":1268213679,  \"uptime\":1}"
-msgstr "status {\"alloc_count\":104,  \"starttime\":1268213679,  \"uptime\":1}"
-
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:42
-msgid "``message``"
-msgstr "``message``"
-
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:87
-#: ../../../source/commands/select.txt:158
-msgid "``drilldown_limit``"
-msgstr "``drilldown_limit``"
+# 51f3fb5a1a1e4be6969a96eeff39f6b7
+# 5bb4b557a40d47a9972d16c313a344a3
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:67,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:62
+msgid "``domain``"
+msgstr "``domain``"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:17
-msgid "dump [tables]"
-msgstr "dump [tables]"
+# f362e97ac269490ba71c2dc1f509de2e
+# dda6f8f9c84c40afb44702d319c90abb
+#: ../../../source/commands/column_list.txt:71,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:66
+msgid "``range``"
+msgstr "``range``"
 
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:33
-#: ../../../source/commands/delete.txt:41
-msgid "返値 ---"
-msgstr "返値 ---"
+# a83e51e8401140ba8c25d94fd9713575
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:6
+msgid "column_remove"
+msgstr "column_remove"
 
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:57
-msgid "defrag Entry.body [30]"
-msgstr "defrag Entry.body [30]"
+# 67d2e9840d5a4827b3f8727b260f9a68
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:11
+msgid "column_remove - テーブルに定義されているカラムの削除"
+msgstr "column_remove - テーブルに定義されているカラムの削除"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:26
+# 5038aa13032044e4ac1b070f19d77e4f
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:22
 msgid ""
-"補完とは、クエリの未入力・未変換部分を補うことです。修正とは、クエリ内のミス"
-"タイプや誤変換を修正することです。提案とは、さらなる絞込みを行うための候補と"
-"なるクエリを提案することです。"
+"groonga組込コマンドの一つであるcolumn_removeについて説明します。組込コマンド"
+"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
+"リクエストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"補完とは、クエリの未入力・未変換部分を補うことです。修正とは、クエリ内のミス"
-"タイプや誤変換を修正することです。提案とは、さらなる絞込みを行うための候補と"
-"なるクエリを提案することです。"
-
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:6
-msgid "log_level"
-msgstr "log_level"
+"groonga組込コマンドの一つであるcolumn_removeについて説明します。組込コマンド"
+"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
+"リクエストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:9
-#: ../../../source/commands/check.txt:9
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:9
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:9
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:9
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:9
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:9
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:9 ../../../source/commands/delete.txt:9
-#: ../../../source/commands/dump.txt:9 ../../../source/commands/load.txt:9
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:9
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:9
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:9
-#: ../../../source/commands/quit.txt:9 ../../../source/commands/select.txt:9
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:9
-#: ../../../source/commands/status.txt:9
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:11
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:9
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:9
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:9
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:9
-msgid "名前"
-msgstr "名前"
+# 8a4a8c1438254489a64af24221c7251c
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:24
+msgid ""
+"column_removeはテーブルに定義されているカラムを削除します。 また、付随するイ"
+"ンデックスも削除されます。[#]_"
+msgstr ""
+"column_removeはテーブルに定義されているカラムを削除します。 また、付随するイ"
+"ンデックスも削除されます。[#]_"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:17
-msgid "table_create name [flags [key_type [value_type [default_tokenizer]]]]"
-msgstr "table_create name [flags [key_type [value_type [default_tokenizer]]]]"
+# b5d4295c02af494c92bccf6ce59ff86e
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:34
+msgid "削除対象のカラム名を指定します。"
+msgstr "削除対象のカラム名を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:64
-msgid "log_put ERROR ****MESSAGE**** [true]"
-msgstr "log_put ERROR ****MESSAGE**** [true]"
+# 2a945c161deb4bb5a44b87157885e604
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:59
+msgid "脚注"
+msgstr "脚注"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:29
-msgid "``max``"
-msgstr "``max``"
+# 6a2c2644e5454a96acb41bf4d346024f
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:60
+msgid ""
+"マルチセクションインデックスの一部である場合も、インデックスが削除されます。"
+msgstr ""
+"マルチセクションインデックスの一部である場合も、インデックスが削除されます。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:183
-msgid "以下のようなjson形式で値が返却されます。"
-msgstr "以下のようなjson形式で値が返却されます。"
+# cc650a83e58343c0a3b69bf0c12e3411
+# 2e80474f81dc47b5ae8f9ccc56354ddf
+#: ../../../source/commands/column_remove.txt:31,
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:30
+msgid "削除対象のカラムが定義されているテーブルの名前を指定します。"
+msgstr "削除対象のカラムが定義されているテーブルの名前を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:74
-msgid "比較条件(カラム値 < 値)"
-msgstr "比較条件(カラム値 < 値)"
+# a45645ae7f9b4c1e98befc7d84963c51
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:6
+msgid "define_selector"
+msgstr "define_selector"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:35
-msgid "``complete``"
-msgstr "``complete``"
+# 9d82675945a6490bbea1f756614937dc
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:11
+msgid "define_selector - 検索コマンドを定義"
+msgstr "define_selector - 検索コマンドを定義"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:114
+# 3d26501218af481b8cb6d154280b7aac
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:24
 msgid ""
-"検索条件にマッチする全てのレコードに対して適用するgrn_exprをscript形式で指定"
-"します。"
+"groonga組込コマンドの一つであるdefine_selectorについて説明します。組込コマン"
+"ドは、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバ"
+"にリクエストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"検索条件にマッチする全てのレコードに対して適用するgrn_exprをscript形式で指定"
-"します。"
+"groonga組込コマンドの一つであるdefine_selectorについて説明します。組込コマン"
+"ドは、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバ"
+"にリクエストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:24
+# fc41d2c1d84d48c6aa7a2b8c330e9a13
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:26
 msgid ""
-"defragは、対象となるオブジェクト(データベースか可変長サイズカラム)を指定し、"
-"オブジェクトのフラグメンテーションを解消します。"
+"define_selectorは、検索条件をカスタマイズした新たな検索コマンドを定義します。"
 msgstr ""
-"defragは、対象となるオブジェクト(データベースか可変長サイズカラム)を指定し、"
-"オブジェクトのフラグメンテーションを解消します。"
+"define_selectorは、検索条件をカスタマイズした新たな検索コマンドを定義します。"
 
-#: ../../../source/commands.txt:6
-msgid "コマンド"
-msgstr "コマンド"
+# 8c1ad3cff4dd47389e94e5f29616edab
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:33
+msgid "定義するselectorコマンドの名前を指定します。"
+msgstr "定義するselectorコマンドの名前を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:17
-msgid "table_remove table"
-msgstr "table_remove table"
+# b0f62abf691f4a41be0964ad4e185446
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:37
+msgid "検索対象のテーブルを指定します。"
+msgstr "検索対象のテーブルを指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:31
-msgid ""
-"input_typeに指定する形式で登録するレコードの値を表現した文字列を渡します。"
+# bf46951226b540dfb6ec8e1137cb21e9
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:41
+msgid "追加するselectorコマンドのmatch_columns引数のデフォルト値を指定します。"
 msgstr ""
-"input_typeに指定する形式で登録するレコードの値を表現した文字列を渡します。"
+"追加するselectorコマンドのmatch_columns引数のデフォルト値を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:47
-msgid "続きの文字列については、空白文字(' ')をエスケープする必要はありません。"
-msgstr ""
-"続きの文字列については、空白文字(' ')をエスケープする必要はありません。"
+# 6fde1e88cfcb43efbbeb6ab7a1733e96
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:45
+msgid "追加するselectorコマンドのquery引数のデフォルト値を指定します。"
+msgstr "追加するselectorコマンドのquery引数のデフォルト値を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:224
-msgid "``drilldown結果``"
-msgstr "``drilldown結果``"
+# 8827920bd435410ca36769bf5aa5b36a
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:49
+msgid "追加するselectorコマンドのfilter引数のデフォルト値を指定します。"
+msgstr "追加するselectorコマンドのfilter引数のデフォルト値を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:97
-msgid "論理積(aとbの両方がマッチする)"
-msgstr "論理積(aとbの両方がマッチする)"
+# 0ed1a43d6bd24c41a97f158bf66f39a7
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:53
+msgid "追加するselectorコマンドのscorer引数のデフォルト値を指定します。"
+msgstr "追加するselectorコマンドのscorer引数のデフォルト値を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:164
-msgid "クエリキャッシュに関する動作を設定します。"
-msgstr "クエリキャッシュに関する動作を設定します。"
+# dd1650da8de34c64a5a7584467ea9b62
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:57
+msgid "追加するselectorコマンドのsortby引数のデフォルト値を指定します。"
+msgstr "追加するselectorコマンドのsortby引数のデフォルト値を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:14
-#: ../../../source/commands/check.txt:14
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:14
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:14
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:14
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:14
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:14
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:14
-#: ../../../source/commands/delete.txt:14 ../../../source/commands/dump.txt:14
-#: ../../../source/commands/load.txt:14
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:14
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:14
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:14
-#: ../../../source/commands/quit.txt:14 ../../../source/commands/select.txt:14
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:14
-#: ../../../source/commands/status.txt:14
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:16
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:14
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:14
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:14
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:14
-msgid "書式"
-msgstr "書式"
+# 7111c20c723541d3bf4b77edc0fcbc39
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:61
+msgid ""
+"追加するselectorコマンドのoutput_columns引数のデフォルト値を指定します。"
+msgstr ""
+"追加するselectorコマンドのoutput_columns引数のデフォルト値を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:33
-msgid "定義するselectorコマンドの名前を指定します。"
-msgstr "定義するselectorコマンドの名前を指定します。"
+# fcdda58d50cb4121829a54760f0d9c20
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:65
+msgid "追加するselectorコマンドのoffset引数のデフォルト値を指定します。"
+msgstr "追加するselectorコマンドのoffset引数のデフォルト値を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:172
+# ca11868f1fef4c028924c7454c32b5c5
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:69
+msgid "追加するselectorコマンドのlimit引数のデフォルト値を指定します。"
+msgstr "追加するselectorコマンドのlimit引数のデフォルト値を指定します。"
+
+# 6e1e277aa7564a7babaf043eb1cd8a8d
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:73
+msgid "追加するselectorコマンドのdrilldown引数のデフォルト値を指定します。"
+msgstr "追加するselectorコマンドのdrilldown引数のデフォルト値を指定します。"
+
+# 4f99ed72f9da4b97a68c2a6587d965b3
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:77
 msgid ""
-"検索の挙動をエスカレーションするかどうかの閾値を設定します。デフォルト値は0で"
-"す。デフォルト値は以下のいずれかの方法で設定できます。"
+"追加するselectorコマンドのdrilldown_sortby引数のデフォルト値を指定します。"
 msgstr ""
-"検索の挙動をエスカレーションするかどうかの閾値を設定します。デフォルト値は0で"
-"す。デフォルト値は以下のいずれかの方法で設定できます。"
+"追加するselectorコマンドのdrilldown_sortby引数のデフォルト値を指定します。"
+
+# 727cf96c59fb4f28a4bcfbe3a573ab38
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:81
+msgid ""
+"追加するselectorコマンドのdrilldown_output_columns引数のデフォルト値を指定し"
+"ます。"
+msgstr ""
+"追加するselectorコマンドのdrilldown_output_columns引数のデフォルト値を指定し"
+"ます。"
 
-#: sphinx-built-in-message:0
-msgid "[-]カラム名1, [-]カラム名2, [-]カラム名3, ..."
-msgstr "[-]カラム名1, [-]カラム名2, [-]カラム名3, ..."
+# 5ca6aa79c73847bd892145906b9440b9
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:85
+msgid ""
+"追加するselectorコマンドのdrilldown_offset引数のデフォルト値を指定します。"
+msgstr ""
+"追加するselectorコマンドのdrilldown_offset引数のデフォルト値を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:11
-msgid "dump - データベースのスキーマとデータを出力する"
-msgstr "dump - データベースのスキーマとデータを出力する"
+# 600cf9b116ad4e2489ee1184bda8b450
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:89
+msgid ""
+"追加するselectorコマンドのdrilldown_limit引数のデフォルト値を指定します。"
+msgstr ""
+"追加するselectorコマンドのdrilldown_limit引数のデフォルト値を指定します。"
 
+# 3e37bbc4f8c0472b980354de002f3708
 #: ../../../source/commands/define_selector.txt:108
 msgid ""
 "テーブルEntryの全レコード・全カラムの値を出力するselectorコマンドを定義しま"
@@ -701,337 +1065,256 @@ msgstr ""
 "テーブルEntryの全レコード・全カラムの値を出力するselectorコマンドを定義しま"
 "す。::"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:244
-msgid ""
-"drilldown_output_columns, drilldown_offset, drilldown_limitによって指定された"
-"条件に従って各レコードの値が出力されます。"
-msgstr ""
-"drilldown_output_columns, drilldown_offset, drilldown_limitによって指定された"
-"条件に従って各レコードの値が出力されます。"
-
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:6
-msgid "table_remove"
-msgstr "table_remove"
+# c8d932d859ee46538f29d02a2330a453
+# 57ec5d94c8ae45209fef66cfc5bb6aeb
+# 43a15f3571604f1a92d504fb97621671
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:116,
+#: ../../../source/commands/load.txt:100,
+#: ../../../source/commands/select.txt:258
+msgid ":doc:`../expr`"
+msgstr ":doc:`../expr`"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:73
-msgid "[登録件数]"
-msgstr "[登録件数]"
+# f39a234d76bd4255a8fdfb81a0ce327e
+# 016664b4115e40a6a02c64782581168c
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:39,
+#: ../../../source/commands/select.txt:36
+msgid "``match_columns``"
+msgstr "``match_columns``"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:81
-msgid "カラム情報の型を出力します。"
-msgstr "カラム情報の型を出力します。"
+# 264f61913984424da41323d38514bb06
+# d362292028414e1093849ec812a13811
+# 257123a14dee456a9a932b4dff85a726
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:43,
+#: ../../../source/commands/select.txt:52,
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:55
+msgid "``query``"
+msgstr "``query``"
 
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:22
-msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるcolumn_removeについて説明します。組込コマンド"
-"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
-"リクエストを送信することによって実行します。"
-msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるcolumn_removeについて説明します。組込コマンド"
-"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
-"リクエストを送信することによって実行します。"
+# d3167365dc0348c8a3ae682ec3efa80f
+# 02408eddbbdc4d2894559cc1485d4e47
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:47,
+#: ../../../source/commands/select.txt:106
+msgid "``filter``"
+msgstr "``filter``"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:19
-msgid "suggest types table column query"
-msgstr "suggest types table column query"
+# dc4c93fffd0e4024a1d6541aef1103a0
+# d4aa1bf862d540e1ae3a910679f4f59c
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:51,
+#: ../../../source/commands/select.txt:112
+msgid "``scorer``"
+msgstr "``scorer``"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:178
-msgid ""
-"クエリのヒット件数が閾値を越えない場合は :doc:`/spec/search` で説明している方"
-"法で検索方法をエスカレーションしてきます。"
-msgstr ""
-"クエリのヒット件数が閾値を越えない場合は :doc:`/spec/search` で説明している方"
-"法で検索方法をエスカレーションしてきます。"
+# 7cd64eaf5159467baca7a0397081ff8c
+# 058441477bf4426aa7f223669db671e7
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:55,
+#: ../../../source/commands/select.txt:118
+msgid "``sortby``"
+msgstr "``sortby``"
 
-#: ../../../source/commands/quit.txt:22
-msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるquitについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
-msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるquitについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
+# 17e050dc70b146eda6cfdd6805929ca9
+# add85396c08e4b33a6dfc4dd7c6a6eb5
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:59,
+#: ../../../source/commands/select.txt:128
+msgid "``output_columns``"
+msgstr "``output_columns``"
 
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:11
-msgid "table_remove - テーブルの削除"
-msgstr "table_remove - テーブルの削除"
+# c6dfd650bf5d4014ace79c85ff6bb88a
+# 7e12241ab26f4867ad8abfb309fb4c90
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:63,
+#: ../../../source/commands/select.txt:134
+msgid "``offset``"
+msgstr "``offset``"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:67
+# ee2097162c74469c969973e120a87660
+# 722db54a01e2494fb456e3891e13cb06
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:67,
 #: ../../../source/commands/select.txt:138
 msgid "``limit``"
 msgstr "``limit``"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:42
-msgid ""
-"カラム名の後ろに'* 数値'を指定することによって、そのカラムにヒットした際のス"
-"コアに積算される重みを指定することができます。"
-msgstr ""
-"カラム名の後ろに'* 数値'を指定することによって、そのカラムにヒットした際のス"
-"コアに積算される重みを指定することができます。"
+# ff866dd548c34c9bad90f928a622752b
+# edfba8b421e846c2b5bbb07fb217e4f6
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:71,
+#: ../../../source/commands/select.txt:142
+msgid "``drilldown``"
+msgstr "``drilldown``"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:49
-msgid "基礎となるデータが格納されているテーブル名を指定します。"
-msgstr "基礎となるデータが格納されているテーブル名を指定します。"
+# ed1dbdc0f5ec4b76b519cdb9d6d7a91c
+# 5e857b90d3c2406286848254ceb09ca8
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:75,
+#: ../../../source/commands/select.txt:146
+msgid "``drilldown_sortby``"
+msgstr "``drilldown_sortby``"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:44
-msgid "単一の値が格納できるカラムを作成します。"
-msgstr "単一の値が格納できるカラムを作成します。"
+# 4d594a8355264e249ee655a0590fd7af
+# 6b27498f2f434f2e99733dc76e34d193
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:79,
+#: ../../../source/commands/select.txt:150
+msgid "``drilldown_output_columns``"
+msgstr "``drilldown_output_columns``"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:73
-msgid "テーブルのkeyの型"
-msgstr "テーブルのkeyの型"
+# 996cecc92b9240d290537f70a517a613
+# fe68818e448a4db4ad08b828fba2f0d4
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:83,
+#: ../../../source/commands/select.txt:154
+msgid "``drilldown_offset``"
+msgstr "``drilldown_offset``"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:22
+# 8da3f2fb7d6f4e9bb0e55bfa3abb02f2
+# 48d64861f1994bb887db3ba25b0673f7
+#: ../../../source/commands/define_selector.txt:87,
+#: ../../../source/commands/select.txt:158
+msgid "``drilldown_limit``"
+msgstr "``drilldown_limit``"
+
+# ff58113339f84be182d2f700edc28f05
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:6
+msgid "defrag"
+msgstr "defrag"
+
+# 30be19030c984d49a10b30b8638e4fed
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:11
+msgid "defrag - オブジェクトにセットされたロックを解除する"
+msgstr "defrag - オブジェクトにセットされたロックを解除する"
+
+# 5f940c3cff0a46ab9f2933650f201070
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:22
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるdumpについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるdefragについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるdumpについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるdefragについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/check.txt:22
+# 8209dbe00760443d9e35d12943b87fe7
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:24
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるcheckについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
+"defragは、対象となるオブジェクト(データベースか可変長サイズカラム)を指定し、"
+"オブジェクトのフラグメンテーションを解消します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるcheckについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
+"defragは、対象となるオブジェクト(データベースか可変長サイズカラム)を指定し、"
+"オブジェクトのフラグメンテーションを解消します。"
 
-#: ../../../source/commands/check.txt:17
-msgid "check obj"
-msgstr "check obj"
-
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:36
-#: ../../../source/commands/check.txt:34
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:71
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:33
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:37
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:92
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:34 ../../../source/commands/dump.txt:40
-#: ../../../source/commands/load.txt:66
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:43
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:47
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:34
-#: ../../../source/commands/quit.txt:32
-#: ../../../source/commands/select.txt:181
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:32
-#: ../../../source/commands/status.txt:32
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:60
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:89
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:32
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:33
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:38
-msgid "返値"
-msgstr "返値"
+# 848d75772cd04350befc0235dd46d20d
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:50
+msgid "開いているデータベースのフラグメンテーションを解消する::"
+msgstr "開いているデータベースのフラグメンテーションを解消する::"
 
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:11
-msgid "clearlock - オブジェクトにセットされたロックを解除する"
-msgstr "clearlock - オブジェクトにセットされたロックを解除する"
+# 2aedb8f514ea4da880949493293f3f3c
+#: ../../../source/commands/defrag.txt:55
+msgid "テーブル名 Entry のカラム body のフラグメンテーションを解消する::"
+msgstr "テーブル名 Entry のカラム body のフラグメンテーションを解消する::"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:41
-msgid "修正を行います。"
-msgstr "修正を行います。"
+# 4310df2aee08472e97758f13c847b6c3
+#: ../../../source/commands/delete.txt:6
+msgid "delete"
+msgstr "delete"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:49
+# 0da818389bb54a98a3cefa4b86b260e4
+#: ../../../source/commands/delete.txt:11
+msgid "delete - 一件のレコードの削除"
+msgstr "delete - 一件のレコードの削除"
+
+# 0b8c5aa3ac574810a0b4893ed87c8898
+#: ../../../source/commands/delete.txt:22
 msgid ""
-"複数のテーブルをまとめて操作するための仮想的なテーブル(view)を作成します。"
+"groonga組込コマンドの一つであるdeleteについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"複数のテーブルをまとめて操作するための仮想的なテーブル(view)を作成します。"
+"groonga組込コマンドの一つであるdeleteについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:132
+# 8bda0de538b84f2da6b744ae10feb404
+#: ../../../source/commands/delete.txt:24
 msgid ""
-"アスタリスク('*')を指定すると、全てのカラムが指定されたものとみなされます。ま"
-"たは、script形式のgrn_expr文字列を指定します。 (デフォルトは、'_id, _key, "
-"\\*')"
+"deleteは、使用しているデータベースのテーブルに1件のレコードを削除します。"
 msgstr ""
-"アスタリスク('*')を指定すると、全てのカラムが指定されたものとみなされます。ま"
-"たは、script形式のgrn_expr文字列を指定します。 (デフォルトは、'_id, _key, "
-"\\*')"
-
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:64
-msgid "主キー値の属する型"
-msgstr "主キー値の属する型"
+"deleteは、使用しているデータベースのテーブルに1件のレコードを削除します。"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:24
-msgid "suggestコマンドは、指定したクエリに対して補完・修正・提案を行います。"
-msgstr "suggestコマンドは、指定したクエリに対して補完・修正・提案を行います。"
+# 2d0b946259e3459489a4b1fc22bb0cd7
+#: ../../../source/commands/delete.txt:31
+msgid "レコードを削除しようとするテーブルの名前を指定します。"
+msgstr "レコードを削除しようとするテーブルの名前を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:11
-msgid "log_put - ログ出力"
-msgstr "log_put - ログ出力"
+# d23f9d265ad849cca33605d0ac191213
+#: ../../../source/commands/delete.txt:33
+msgid "``key``"
+msgstr "``key``"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:144
+# 6824570764e64fd8a0b420592ad2dd34
+#: ../../../source/commands/delete.txt:35
 msgid ""
-"グループ化のキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。検索条"
-"件にマッチした各レコードを出力したのちに、drilldownに指定されたカラムの値が同"
-"一であるレコードをとりまとめて、それぞれについて結果レコードを出力します。"
+"削除するレコードの主キー値を指定します。主キーなしのテーブルの場合はこのパラ"
+"メータを指定しても無視されます(idパラメータを代わりに指定します)。"
 msgstr ""
-"グループ化のキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。検索条"
-"件にマッチした各レコードを出力したのちに、drilldownに指定されたカラムの値が同"
-"一であるレコードをとりまとめて、それぞれについて結果レコードを出力します。"
-
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:57
-msgid "clearlock Entry.body [true]"
-msgstr "clearlock Entry.body [true]"
+"削除するレコードの主キー値を指定します。主キーなしのテーブルの場合はこのパラ"
+"メータを指定しても無視されます(idパラメータを代わりに指定します)。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:90
+# c7883302ccd94ca4be363721f82525e9
+#: ../../../source/commands/delete.txt:39
 msgid ""
-"load --table Entry --input_type json [ {\"_key\": \"abbreviate\", \"body\": "
-"\"短縮する\"} ]  [1]"
+"レコードIDによってレコードを指定します。idパラメータを指定する場合は、keyパラ"
+"メータを指定してはいけません。"
 msgstr ""
-"load --table Entry --input_type json [ {\"_key\": \"abbreviate\", \"body\": "
-"\"短縮する\"} ]  [1]"
+"レコードIDによってレコードを指定します。idパラメータを指定する場合は、keyパラ"
+"メータを指定してはいけません。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:89
-msgid ""
-"追加するselectorコマンドのdrilldown_limit引数のデフォルト値を指定します。"
-msgstr ""
-"追加するselectorコマンドのdrilldown_limit引数のデフォルト値を指定します。"
+# 86dba6cd3c824784852a72156bcadef4
+#: ../../../source/commands/delete.txt:58
+msgid "テーブルEntryからレコードを削除します。::"
+msgstr "テーブルEntryからレコードを削除します。::"
 
-#: sphinx-built-in-message:0
-msgid "[[検索件数], [[カラム名1,カラム型1],..], 検索結果1,..]"
-msgstr "[[検索件数], [[カラム名1,カラム型1],..], 検索結果1,..]"
-
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:52
-msgid "clearlock [true]"
-msgstr "clearlock [true]"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:218
-msgid ""
-"output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム型が出力されます。"
-msgstr ""
-"output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム型が出力されます。"
-
-#: ../../../source/commands/load.txt:39
-msgid ""
-"[{カラム名1: カラム値1, カラム名2: カラム値2}, {カラム名1: カラム値1, カラム"
-"名2: カラム値2},..]"
-msgstr ""
-"[{カラム名1: カラム値1, カラム名2: カラム値2}, {カラム名1: カラム値1, カラム"
-"名2: カラム値2},..]"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:83
-msgid "比較条件(カラム値 >= 値)"
-msgstr "比較条件(カラム値 >= 値)"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:162
-msgid "``cache``"
-msgstr "``cache``"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:140
-msgid ""
-"検索条件にマッチしたレコードのうち、出力を行うレコードの件数を指定します。デ"
-"フォルト値は10です。実際には、offset + limit がヒットした件数を超えない範囲で"
-"レコードが出力されます。limitに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + "
-"limit + 1 によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
-msgstr ""
-"検索条件にマッチしたレコードのうち、出力を行うレコードの件数を指定します。デ"
-"フォルト値は10です。実際には、offset + limit がヒットした件数を超えない範囲で"
-"レコードが出力されます。limitに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + "
-"limit + 1 によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
-
-#: ../../../source/commands/load.txt:51
-msgid "レコードを追加しようとするテーブルの名前を指定します。"
-msgstr "レコードを追加しようとするテーブルの名前を指定します。"
+# 783d29c10acb41e2bc7bdcee21228e73
+#: ../../../source/commands/dump.txt:6
+msgid "dump"
+msgstr "dump"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:94
-msgid "論理和(aとbといずれかの条件がマッチする)"
-msgstr "論理和(aとbといずれかの条件がマッチする)"
+# 19afd74d5f104a2eb75cc246d1eb6a3c
+#: ../../../source/commands/dump.txt:11
+msgid "dump - データベースのスキーマとデータを出力する"
+msgstr "dump - データベースのスキーマとデータを出力する"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:53
+# 2310020a124743788e7f54278fc6793f
+#: ../../../source/commands/dump.txt:22
 msgid ""
-"基礎となるデータが格納されているテーブルにおいて、「ヨミガナ」が格納されてい"
-"るカラム名を指定します。"
+"groonga組込コマンドの一つであるdumpについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"基礎となるデータが格納されているテーブルにおいて、「ヨミガナ」が格納されてい"
-"るカラム名を指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:111
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:104
-msgid "注: 実際は改行が入りません。"
-msgstr "注: 実際は改行が入りません。"
+"groonga組込コマンドの一つであるdumpについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:58
+# 02bd4d77d40c46e0818973f82f8ffa07
+#: ../../../source/commands/dump.txt:24
 msgid ""
-"ログファイルをmvなどで移動する。 ログはmvで移動された先のファイルに書き込まれ"
-"る。"
+"dumpはデータベースのスキーマとデータを後から読み込めるフォーマットで出力しま"
+"す。dumpの結果は大きくなるため、主にコマンドラインから使うことを想定していま"
+"す。データベースのバックアップが主な利用方法です。"
 msgstr ""
-"ログファイルをmvなどで移動する。 ログはmvで移動された先のファイルに書き込まれ"
-"る。"
-
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:48
-msgid "テーブルオブジェクトに割り当てられたID"
-msgstr "テーブルオブジェクトに割り当てられたID"
-
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:57
-msgid "カラム値を格納するファイル名"
-msgstr "カラム値を格納するファイル名"
+"dumpはデータベースのスキーマとデータを後から読み込めるフォーマットで出力しま"
+"す。dumpの結果は大きくなるため、主にコマンドラインから使うことを想定していま"
+"す。データベースのバックアップが主な利用方法です。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:126
+# be35ec451db84402bd936219718d194c
+#: ../../../source/commands/dump.txt:26
 msgid ""
-"query引数またはfilter引数を指定した場合はカラム名に'_score'を使えま"
-"す。'_score'を指定することでスコアでソートすることができます。query引数も"
-"filter引数も指定していない状態で'_score'を指定するとエラーになります。"
+"dumpが出力するフォーマットは直接groongaが解釈できるフォーマットです。そのた"
+"め、以下のようにしてデータベースをコピーすることができます。::"
 msgstr ""
-"query引数またはfilter引数を指定した場合はカラム名に'_score'を使えま"
-"す。'_score'を指定することでスコアでソートすることができます。query引数も"
-"filter引数も指定していない状態で'_score'を指定するとエラーになります。"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:57
-msgid "条件式"
-msgstr "条件式"
-
-#: ../../../source/commands/check.txt:37
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:37
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:74
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:36
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:40
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:95
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:37
-#: ../../../source/commands/delete.txt:45
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:46
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:50
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:37
-#: ../../../source/commands/status.txt:35
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:63
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:92
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:35
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:36
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:41
-msgid "json形式"
-msgstr "json形式"
-
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:56
-msgid "log_reopenを用いたログのローテーション"
-msgstr "log_reopenを用いたログのローテーション"
-
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:50
-msgid "開いているデータベースのフラグメンテーションを解消する::"
-msgstr "開いているデータベースのフラグメンテーションを解消する::"
-
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:83
-msgid "``カラム情報n``"
-msgstr "``カラム情報n``"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:242
-msgid "``ドリルダウン結果n``"
-msgstr "``ドリルダウン結果n``"
+"dumpが出力するフォーマットは直接groongaが解釈できるフォーマットです。そのた"
+"め、以下のようにしてデータベースをコピーすることができます。::"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:55
-msgid ""
-"ハッシュ表型か、パトリシア木型のテーブルにおいて、主キー値を正規化した上で登"
-"録します。この値が指定されたテーブルではたとえば、主キー値'abc'と'ABC' は同一"
-"のレコードに対応するものとみなされます。"
-msgstr ""
-"ハッシュ表型か、パトリシア木型のテーブルにおいて、主キー値を正規化した上で登"
-"録します。この値が指定されたテーブルではたとえば、主キー値'abc'と'ABC' は同一"
-"のレコードに対応するものとみなされます。"
+# 23d8ac9109464149b3b8b000ef5dc422
+#: ../../../source/commands/dump.txt:35
+msgid "``tables``"
+msgstr "``tables``"
 
+# f82633f30d114714a1ab9a67435f820e
 #: ../../../source/commands/dump.txt:37
 msgid ""
 "出力対象のテーブルを「,」(カンマ)区切りで指定します。存在しないテーブルを指"
@@ -1040,74 +1323,47 @@ msgstr ""
 "出力対象のテーブルを「,」(カンマ)区切りで指定します。存在しないテーブルを指"
 "定した場合は無視されます。"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:57
-msgid "補完・修正・提案の対象となるクエリを指定します。"
-msgstr "補完・修正・提案の対象となるクエリを指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:6
-msgid "column_remove"
-msgstr "column_remove"
-
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:43
+# cfb173e5a7914dc19a7fd5d0de3dd7af
+#: ../../../source/commands/dump.txt:42
 msgid ""
-"``テーブル情報n`` には複数の情報が含まれますが、そこに入る情報がどんな内容か"
-"を示す名前を出力します。 情報名は以下の通りです。"
+"データベースのスキーマとデータをgroongaの組み込みコマンド呼び出し形式で出力し"
+"ます。output_type指定は無視されます。"
 msgstr ""
-"``テーブル情報n`` には複数の情報が含まれますが、そこに入る情報がどんな内容か"
-"を示す名前を出力します。 情報名は以下の通りです。"
+"データベースのスキーマとデータをgroongaの組み込みコマンド呼び出し形式で出力し"
+"ます。output_type指定は無視されます。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:210
-msgid "検索件数が出力されます。"
-msgstr "検索件数が出力されます。"
+# d55fdedef5a843be9a12b3cf6d3619bf
+#: ../../../source/commands/dump.txt:47
+msgid "データベース内のすべてのデータを出力::"
+msgstr "データベース内のすべてのデータを出力::"
 
-#: ../../../source/commands/status.txt:24
-msgid ""
-"statusコマンドは、groongaプロセスの状態を表示します。主にgroongaサーバプロセ"
-"スに対して使用することを想定しています。"
-msgstr ""
-"statusコマンドは、groongaプロセスの状態を表示します。主にgroongaサーバプロセ"
-"スに対して使用することを想定しています。"
+# 575ff5fb210045c2b495ee483871c24b
+#: ../../../source/commands/dump.txt:64
+msgid "データベース内のスキーマと特定のテーブルのデータのみ出力::"
+msgstr "データベース内のスキーマと特定のテーブルのデータのみ出力::"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:59
-msgid "以下の条件式が使用できます。"
-msgstr "以下の条件式が使用できます。"
+# 50f59bc941fa44c5989280ff2824fdc1
+#: ../../../source/commands/load.txt:6
+msgid "load"
+msgstr "load"
 
-#: ../../../source/commands/delete.txt:33
-msgid "``key``"
-msgstr "``key``"
+# 2a2663169ac6428996cf6e08864bddaf
+#: ../../../source/commands/load.txt:11
+msgid "load - データのロード"
+msgstr "load - データのロード"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:76
+# c5eb241a32184d459c5f01d7872c8a46
+#: ../../../source/commands/load.txt:22
 msgid ""
-"``テーブル情報名n`` で示された情報の配列を出力します。 情報の順序は ``テーブ"
-"ル情報名n`` の順序と同じです。"
+"groonga組込コマンドの一つであるloadについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"``テーブル情報名n`` で示された情報の配列を出力します。 情報の順序は ``テーブ"
-"ル情報名n`` の順序と同じです。"
-
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:20
-#: ../../../source/commands/check.txt:20
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:20
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:20
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:20
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:20
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:22
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:20
-#: ../../../source/commands/delete.txt:20 ../../../source/commands/dump.txt:20
-#: ../../../source/commands/load.txt:20
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:20
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:20
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:20
-#: ../../../source/commands/quit.txt:20 ../../../source/commands/select.txt:23
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:20
-#: ../../../source/commands/status.txt:20
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:22
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:20
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:20
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:20
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:20
-msgid "説明"
-msgstr "説明"
+"groonga組込コマンドの一つであるloadについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 
+# c8c44cf6a58e47ad9a6e6e1a2e85570b
 #: ../../../source/commands/load.txt:24
 msgid ""
 "loadは、使用しているデータベースのテーブルにレコードを登録し、カラムの値を更"
@@ -1116,343 +1372,343 @@ msgstr ""
 "loadは、使用しているデータベースのテーブルにレコードを登録し、カラムの値を更"
 "新します。"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:13
-msgid "suggest - 指定したクエリに対する補完・修正・提案を行う。"
-msgstr "suggest - 指定したクエリに対する補完・修正・提案を行う。"
+# 5fcd5800dfb14f8ab55e27f92ed3f555
+#: ../../../source/commands/load.txt:29
+msgid "``values``"
+msgstr "``values``"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:78
-msgid "bigram(2文字の文字列要素をトークンとする)"
-msgstr "bigram(2文字の文字列要素をトークンとする)"
+# 91c8bee2e2c54e1787567ab8e8ed490c
+#: ../../../source/commands/load.txt:31
+msgid ""
+"input_typeに指定する形式で登録するレコードの値を表現した文字列を渡します。"
+msgstr ""
+"input_typeに指定する形式で登録するレコードの値を表現した文字列を渡します。"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:22
+# 930da1545874487dade1e4f6c8c79ce0
+#: ../../../source/commands/load.txt:33
+msgid "input_typeがjsonである場合には、以下のいずれかの形式が使用できます。"
+msgstr "input_typeがjsonである場合には、以下のいずれかの形式が使用できます。"
+
+# 88315194f1a7455a9afb43d8d884ae2f
+#: ../../../source/commands/load.txt:36
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるcolumn_createについて説明します。組込コマンド"
-"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
-"リクエストを送信することによって実行します。"
+"[[カラム名1, カラム名2,..], [カラム値1, カラム値2,..], [カラム値1, カラム値"
+"2,..],..]"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるcolumn_createについて説明します。組込コマンド"
-"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
-"リクエストを送信することによって実行します。"
+"[[カラム名1, カラム名2,..], [カラム値1, カラム値2,..], [カラム値1, カラム値"
+"2,..],..]"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:41
+# 98615e81b50245aeba04d745f7d2dcd7
+#: ../../../source/commands/load.txt:39
 msgid ""
-"カラムの属性を表す以下の数値か、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名を指定しま"
+"[{カラム名1: カラム値1, カラム名2: カラム値2}, {カラム名1: カラム値1, カラム"
+"名2: カラム値2},..]"
+msgstr ""
+"[{カラム名1: カラム値1, カラム名2: カラム値2}, {カラム名1: カラム値1, カラム"
+"名2: カラム値2},..]"
+
+# ab61841f9fd7401ca5899dce743f154a
+#: ../../../source/commands/load.txt:41
+msgid ""
+"形式1の[カラム名1, カラム名2,..]の要素はcolumns引数が省略された場合のみ有効で"
 "す。"
 msgstr ""
-"カラムの属性を表す以下の数値か、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名を指定しま"
+"形式1の[カラム名1, カラム名2,..]の要素はcolumns引数が省略された場合のみ有効で"
 "す。"
 
-#: ../../../source/commands/check.txt:11
-msgid "check - オブジェクトの状態表示"
-msgstr "check - オブジェクトの状態表示"
-
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:47
-#: ../../../source/commands/select.txt:106
-msgid "``filter``"
-msgstr "``filter``"
-
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:41
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:78
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:44
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:99
-#: ../../../source/commands/delete.txt:49
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:50
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:54
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:41
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:96
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:40
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:45
+# 6abe84a88c694d19a313e144bc11dc8b
+#: ../../../source/commands/load.txt:43
 msgid ""
-"[成功かどうかのフラグ]  ``成功かどうかのフラグ``    エラーが生じなかった場合"
-"にはtrue、エラーが生じた場合にはfalseを返す。"
+"対象のテーブルが主キーを持つテーブルであった場合は、カラム名の中に'_key'(主"
+"キーを示す疑似カラム名)が含まれていなければなりません。"
 msgstr ""
-"[成功かどうかのフラグ]  ``成功かどうかのフラグ``    エラーが生じなかった場合"
-"にはtrue、エラーが生じた場合にはfalseを返す。"
-
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:39
-msgid "[[[テーブル情報名1,テーブル情報型1],...], テーブル情報1,...]"
-msgstr "[[[テーブル情報名1,テーブル情報型1],...], テーブル情報1,...]"
-
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:24
-msgid "log_levelは、ログ出力レベルを設定します。"
-msgstr "log_levelは、ログ出力レベルを設定します。"
+"対象のテーブルが主キーを持つテーブルであった場合は、カラム名の中に'_key'(主"
+"キーを示す疑似カラム名)が含まれていなければなりません。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:17
-msgid "load values table [columns [ifexists [input_type]]]"
-msgstr "load values table [columns [ifexists [input_type]]]"
-
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:31
-#: ../../../source/commands/quit.txt:29 ../../../source/commands/quit.txt:34
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:29
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:34
-#: ../../../source/commands/status.txt:29
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:29
-msgid "ありません。"
-msgstr "ありません。"
-
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:35
+# 0bc91fd86eaf4970ae62ef63ee79fb24
+#: ../../../source/commands/load.txt:45
 msgid ""
-"作成するカラムの名前を指定します。カラム名は、テーブルの中で一意でなければな"
-"りません。"
+"values引数が省略された場合には、括弧の対応が取れるまで標準入力からvaluesの値"
+"を読み取ります。引数として値を指定する場合は、文字列のエスケープが必要です"
+"が、標準入力から与える文字列はエスケープする必要がありません。"
 msgstr ""
-"作成するカラムの名前を指定します。カラム名は、テーブルの中で一意でなければな"
-"りません。"
-
-#: ../../../source/commands/delete.txt:58
-msgid "テーブルEntryからレコードを削除します。::"
-msgstr "テーブルEntryからレコードを削除します。::"
-
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:56
-msgid "テーブルのレコードを格納するファイル名"
-msgstr "テーブルのレコードを格納するファイル名"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:91
-msgid "複数の条件式を結合するために以下の演算子が使用できます。"
-msgstr "複数の条件式を結合するために以下の演算子が使用できます。"
+"values引数が省略された場合には、括弧の対応が取れるまで標準入力からvaluesの値"
+"を読み取ります。引数として値を指定する場合は、文字列のエスケープが必要です"
+"が、標準入力から与える文字列はエスケープする必要がありません。"
 
-#: ../../../source/commands/delete.txt:39
-msgid ""
-"レコードIDによってレコードを指定します。idパラメータを指定する場合は、keyパラ"
-"メータを指定してはいけません。"
+# 8b697cf4f9d44b1aa4ed92e720d54e50
+#: ../../../source/commands/load.txt:47
+msgid "続きの文字列については、空白文字(' ')をエスケープする必要はありません。"
 msgstr ""
-"レコードIDによってレコードを指定します。idパラメータを指定する場合は、keyパラ"
-"メータを指定してはいけません。"
-
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:51
-msgid "``column``"
-msgstr "``column``"
+"続きの文字列については、空白文字(' ')をエスケープする必要はありません。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:216
-#: ../../../source/commands/select.txt:238
-msgid "``カラム型n``"
-msgstr "``カラム型n``"
+# a487193e7c3042f98b19a388b43e1629
+#: ../../../source/commands/load.txt:51
+msgid "レコードを追加しようとするテーブルの名前を指定します。"
+msgstr "レコードを追加しようとするテーブルの名前を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:220
-msgid "``検索結果n``"
-msgstr "``検索結果n``"
+# 71940baea25c4832913b90d9a995c936
+#: ../../../source/commands/load.txt:53
+msgid "``columns``"
+msgstr "``columns``"
 
-#: ../../../source/commands/delete.txt:35
+# 50f6808255e14b2084f1807d42162540
+#: ../../../source/commands/load.txt:55
 msgid ""
-"削除するレコードの主キー値を指定します。主キーなしのテーブルの場合はこのパラ"
-"メータを指定しても無視されます(idパラメータを代わりに指定します)。"
+"テーブルに登録するレコードに値を設定するカラム名のリストを、カンマ区切りで指"
+"定します。"
 msgstr ""
-"削除するレコードの主キー値を指定します。主キーなしのテーブルの場合はこのパラ"
-"メータを指定しても無視されます(idパラメータを代わりに指定します)。"
+"テーブルに登録するレコードに値を設定するカラム名のリストを、カンマ区切りで指"
+"定します。"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:85
+# 92c4c7be3507475a8b7defafec547333
+#: ../../../source/commands/load.txt:57
+msgid "``ifexists``"
+msgstr "``ifexists``"
+
+# b2709f7495dc417b89aefca39e4eddf2
+#: ../../../source/commands/load.txt:59
 msgid ""
-"``カラム情報名n`` で示された情報の配列を出力します。 情報の順序は ``カラム情"
-"報名n`` の順序と同じです。"
+"指定した主キーに対応するレコードが既にテーブルに登録済みであった場合に実行す"
+"るscript形式のgrn_expr文字列を指定します。ifexistsにgrn_exprが指定された場合"
+"は、式の値が真である場合に限り、その他のカラムの値が更新されます。(デフォルト"
+"はtrue)"
 msgstr ""
-"``カラム情報名n`` で示された情報の配列を出力します。 情報の順序は ``カラム情"
-"報名n`` の順序と同じです。"
+"指定した主キーに対応するレコードが既にテーブルに登録済みであった場合に実行す"
+"るscript形式のgrn_expr文字列を指定します。ifexistsにgrn_exprが指定された場合"
+"は、式の値が真である場合に限り、その他のカラムの値が更新されます。(デフォルト"
+"はtrue)"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:174
-msgid "configureの--with-match-escalation-thresholdオプション"
-msgstr "configureの--with-match-escalation-thresholdオプション"
+# ac54bc1c2c02484d9e0ff6baf35ccd61
+#: ../../../source/commands/load.txt:61
+msgid "``input_type``"
+msgstr "``input_type``"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:6
-msgid "column_list"
-msgstr "column_list"
+# 1227c2138ac54d10b210a779f9529b5f
+#: ../../../source/commands/load.txt:63
+msgid "入力形式を指定します。JSONのみに対応しています。"
+msgstr "入力形式を指定します。JSONのみに対応しています。"
 
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:31
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:30
-msgid "削除対象のカラムが定義されているテーブルの名前を指定します。"
-msgstr "削除対象のカラムが定義されているテーブルの名前を指定します。"
+# 99e785aa6ff24a528e07b8845fe7823e
+#: ../../../source/commands/load.txt:69
+msgid "JSON形式"
+msgstr "JSON形式"
 
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:34
-msgid "削除対象のカラム名を指定します。"
-msgstr "削除対象のカラム名を指定します。"
+# d57419a009c24bbfac7862bc07c49045
+#: ../../../source/commands/load.txt:75
+msgid "``登録件数``"
+msgstr "``登録件数``"
 
-#: sphinx-built-in-message:0
-msgid "[[[件数], [[カラム名1,カラム型1],..], 検索結果1,..],..]"
-msgstr "[[[件数], [[カラム名1,カラム型1],..], 検索結果1,..],..]"
+# 3beea1c686dc4219aa7f2a0132b608a5
+#: ../../../source/commands/load.txt:77
+msgid "テーブルに登録されたレコードの件数が返されます。"
+msgstr "テーブルに登録されたレコードの件数が返されます。"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:66
-msgid ""
-"> dump --tables Users,Sites table_create Users TABLE_HASH_KEY ShortText "
-"column_create Users name COLUMN_SCALAR ShortText table_create Comments "
-"TABLE_PAT_KEY ShortText column_create Comments text COLUMN_SCALAR ShortText "
-"table_create Sites TABLE_NO_KEY column_create Sites url COLUMN_SCALAR "
-"ShortText load --table Users [ [\"_key\"], [\"mori\"], [\"yu\"], ... ] load "
-"--table Sites [ [\"_id\",\"url\"], [1,\"http://groonga.org/\"], [2,\"http://"
-"qwik.jp/senna/\"], ... ]"
-msgstr ""
-"> dump --tables Users,Sites table_create Users TABLE_HASH_KEY ShortText "
-"column_create Users name COLUMN_SCALAR ShortText table_create Comments "
-"TABLE_PAT_KEY ShortText column_create Comments text COLUMN_SCALAR ShortText "
-"table_create Sites TABLE_NO_KEY column_create Sites url COLUMN_SCALAR "
-"ShortText load --table Users [ [\"_key\"], [\"mori\"], [\"yu\"], ... ] load "
-"--table Sites [ [\"_id\",\"url\"], [1,\"http://groonga.org/\"], [2,\"http://"
-"qwik.jp/senna/\"], ... ]"
+# 36972d858c55467b8f381304d5d5b384
+#: ../../../source/commands/load.txt:82
+msgid "テーブルEntryにレコードを登録します。::"
+msgstr "テーブルEntryにレコードを登録します。::"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:103
-msgid "複数の条件をまとめる"
-msgstr "複数の条件をまとめる"
+# a3f0ccdb90d644acb6ad8aaf92d9f7a6
+#: ../../../source/commands/load.txt:88
+msgid "標準入力からvaluesの値を与えます。::"
+msgstr "標準入力からvaluesの値を与えます。::"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:11
-msgid "cache_limit - cacheサイズの設定・取得"
-msgstr "cache_limit - cacheサイズの設定・取得"
+# aa5d140945a348abb539082892a8a7a0
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:6
+msgid "log_level"
+msgstr "log_level"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:189
-msgid "``リターンコード``"
-msgstr "``リターンコード``"
+# 2a1337f1be2f4f9e975318f5555cc05d
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:11
+msgid "log_level - ログ出力レベルの設定"
+msgstr "log_level - ログ出力レベルの設定"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:61
+# c06f233e59804d3c81a0448e0299ec5b
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:22
 msgid ""
-"追加するselectorコマンドのoutput_columns引数のデフォルト値を指定します。"
+"groonga組込コマンドの一つであるlog_levelについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"追加するselectorコマンドのoutput_columns引数のデフォルト値を指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/check.txt:132
-msgid "テーブルTermsのインデックスカラムnameの状態を表示します。::"
-msgstr "テーブルTermsのインデックスカラムnameの状態を表示します。::"
-
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:65
-msgid "カラムのflags属性"
-msgstr "カラムのflags属性"
+"groonga組込コマンドの一つであるlog_levelについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:36
-msgid ""
-"[[カラム名1, カラム名2,..], [カラム値1, カラム値2,..], [カラム値1, カラム値"
-"2,..],..]"
-msgstr ""
-"[[カラム名1, カラム名2,..], [カラム値1, カラム値2,..], [カラム値1, カラム値"
-"2,..],..]"
+# 3e3adaac38dc4c00a0f187d848ac580f
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:24
+msgid "log_levelは、ログ出力レベルを設定します。"
+msgstr "log_levelは、ログ出力レベルを設定します。"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:26
-msgid ""
-"dumpが出力するフォーマットは直接groongaが解釈できるフォーマットです。そのた"
-"め、以下のようにしてデータベースをコピーすることができます。::"
-msgstr ""
-"dumpが出力するフォーマットは直接groongaが解釈できるフォーマットです。そのた"
-"め、以下のようにしてデータベースをコピーすることができます。::"
+# b1f05fece6934963904dba0ddf89f15e
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:66
+msgid ":doc:`log_put` :doc:`log_reopen`"
+msgstr ":doc:`log_put` :doc:`log_reopen`"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:65
-msgid ""
-"フレーズ検索条件(デフォルト検索対象カラムの値が指定されたフレーズを含んでい"
-"る)"
-msgstr ""
-"フレーズ検索条件(デフォルト検索対象カラムの値が指定されたフレーズを含んでい"
-"る)"
+# 221dea5e93ad4f22a2406f98efa5499b
+# aad9528e2fd04ae1ba5df71edf8211ad
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:29,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:29
+msgid "``level``"
+msgstr "``level``"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:60
-msgid "テーブルのflags属性"
-msgstr "テーブルのflags属性"
+# 96e5ddcdbea840819aaa394f0110b7dd
+# 679eca9e84734badb1381f8529644719
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:31,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:31
+msgid "設定するログ出力レベルの値を以下のいずれかで指定します。"
+msgstr "設定するログ出力レベルの値を以下のいずれかで指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:39
-#: ../../../source/commands/select.txt:36
-msgid "``match_columns``"
-msgstr "``match_columns``"
+# f92f6c39589941cba6da994c3ce7e2b2
+# 950e9553815e41a49adb28dc2b7bf3b3
+#: ../../../source/commands/log_level.txt:33,
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:33
+msgid "EMERG ALERT CRIT error warning notice info debug"
+msgstr "EMERG ALERT CRIT error warning notice info debug"
 
-#: ../../../source/commands/check.txt:29
-msgid "``obj``"
-msgstr "``obj``"
+# 20950bc7d8a842509b8108ff40a99662
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:6
+msgid "log_put"
+msgstr "log_put"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:33
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:51
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:31
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:31
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:50
-msgid "``name``"
-msgstr "``name``"
+# 4728f7032b9b4828b9109652c837ac3e
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:11
+msgid "log_put - ログ出力"
+msgstr "log_put - ログ出力"
 
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:22
+# 5c57f35498224a72b1f4b9ba3e762ad9
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:22
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるclearlockについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるlog_putについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるclearlockについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるlog_putについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:17
-msgid ""
-"select table [match_columns [query [filter [scorer [sortby "
-"[output_columns              [offset [limit [drilldown [drilldown_sortby "
-"[drilldown_output_columns              [drilldown_offset [drilldown_limit "
-"[cache              [match_escalation_threshold]]]]]]]]]]]]]]]"
-msgstr ""
-"select table [match_columns [query [filter [scorer [sortby "
-"[output_columns              [offset [limit [drilldown [drilldown_sortby "
-"[drilldown_output_columns              [drilldown_offset [drilldown_limit "
-"[cache              [match_escalation_threshold]]]]]]]]]]]]]]]"
+# 5089810e76a44cfbb172d63fb39aee65
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:24
+msgid "log_putは、ログにmessageを出力します。"
+msgstr "log_putは、ログにmessageを出力します。"
 
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:22
+# 2598f85cb9d24309974b3575808df282
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:42
+msgid "``message``"
+msgstr "``message``"
+
+# 7e699171569a46b29ac71c37c08025e5
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:44
+msgid "出力する文字列を指定します。"
+msgstr "出力する文字列を指定します。"
+
+# 1d8e9cce14cd488fae8deea0aca0924e
+#: ../../../source/commands/log_put.txt:70
+msgid ":doc:`log_level` :doc:`log_reopen`"
+msgstr ":doc:`log_level` :doc:`log_reopen`"
+
+# c9543813f7334c6f9aeaffaf7bce61f9
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:6
+msgid "log_reopen"
+msgstr "log_reopen"
+
+# 25636f8c7b194c3a974c8e9d23f2f841
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:11
+msgid "log_reopen - ログファイルの再読み込み"
+msgstr "log_reopen - ログファイルの再読み込み"
+
+# 8004ecad577c4796967d271ba5c298a4
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:22
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるshutdownについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるlog_reopenについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるshutdownについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるlog_reopenについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:31
-msgid "``types``"
-msgstr "``types``"
+# 52c98bac97bd47b1855eabd33222c6ca
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:24
+msgid "log_reopenは、ログファイルを再読み込みします。"
+msgstr "log_reopenは、ログファイルを再読み込みします。"
 
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:29
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:29
-msgid "``level``"
-msgstr "``level``"
+# 6151e46f259447919fbfea65bb961155
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:26
+msgid "現在、デフォルトのログ関数を用いている場合のみに対応しています。"
+msgstr "現在、デフォルトのログ関数を用いている場合のみに対応しています。"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:24
-msgid "cache_limitは、クエリキャッシュの最大件数を取得したり設定したりします。"
-msgstr ""
-"cache_limitは、クエリキャッシュの最大件数を取得したり設定したりします。"
-
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:11
-msgid "column_remove - テーブルに定義されているカラムの削除"
-msgstr "column_remove - テーブルに定義されているカラムの削除"
+# 9c7f83bdf9014a58b1980a6e26a33f06
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:56
+msgid "log_reopenを用いたログのローテーション"
+msgstr "log_reopenを用いたログのローテーション"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:6
-msgid "cache_limit"
-msgstr "cache_limit"
+# 17ca11bf4d2245dc878b1a80f716fc43
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:58
+msgid ""
+"ログファイルをmvなどで移動する。 ログはmvで移動された先のファイルに書き込まれ"
+"る。"
+msgstr ""
+"ログファイルをmvなどで移動する。 ログはmvで移動された先のファイルに書き込まれ"
+"る。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:166
-msgid "``no``"
-msgstr "``no``"
+# 7eea42e926924be487d6e3fe8aa229fd
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:60
+msgid "log_reopenコマンドを実行する。"
+msgstr "log_reopenコマンドを実行する。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:160
+# eb6ca71761824dc18745b7941685d8da
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:61
 msgid ""
-"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
-"を行うレコードの件数を指定します。デフォルト値は10です。実際には、"
-"drilldown_offset + drilldown_limit がヒットした件数を超えない範囲でレコードが"
-"出力されます。drilldown_limitに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + "
-"drilldown_limit + 1 によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
+"既存のログファイル名と同じファイル名で、新たなログファイルが作成される。 今後"
+"のログは新たなログファイルに書き込まれる。"
 msgstr ""
-"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
-"を行うレコードの件数を指定します。デフォルト値は10です。実際には、"
-"drilldown_offset + drilldown_limit がヒットした件数を超えない範囲でレコードが"
-"出力されます。drilldown_limitに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + "
-"drilldown_limit + 1 によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
+"既存のログファイル名と同じファイル名で、新たなログファイルが作成される。 今後"
+"のログは新たなログファイルに書き込まれる。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:22
+# 0a836aa6b2c340e5a6f0092c9339dc9b
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:67
+msgid ":doc:`log_level` :doc:`log_put`"
+msgstr ":doc:`log_level` :doc:`log_put`"
+
+# 020e3a61553c4f94bb64c7a2e8ae65b2
+# ffe107336a8d4b3d817f33cf87f70894
+# 8707c5d874da4ed886dbd119ab284b9e
+# 75ea930ac5a44d179445938f729d9e0f
+# b020c0e8c7914d66b3cfd56564d4cd79
+# 6fa45db35c084e85b8de9eb0c9e018f3
+# 49940bab515340a2a7b31efbaf46f9a1
+#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:31,
+#: ../../../source/commands/quit.txt:29, ../../../source/commands/quit.txt:34,
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:29,
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:34,
+#: ../../../source/commands/status.txt:29,
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:29
+msgid "ありません。"
+msgstr "ありません。"
+
+# ea959e170f0145479e16602ccd79bd9a
+#: ../../../source/commands/quit.txt:6
+msgid "quit"
+msgstr "quit"
+
+# 69d5ab64fcdd4753a8fbb3a2a2a72ac5
+#: ../../../source/commands/quit.txt:11
+msgid "quit - セッション終了"
+msgstr "quit - セッション終了"
+
+# b78f934100db4e2b9d745ce0e74315ea
+#: ../../../source/commands/quit.txt:22
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるloadについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるquitについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるloadについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるquitについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:47
-#: ../../../source/commands/delete.txt:37
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:46
-msgid "``id``"
-msgstr "``id``"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:236
-msgid ""
-"drilldown_output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム名が出力さ"
-"れます。"
-msgstr ""
-"drilldown_output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム名が出力さ"
-"れます。"
-
+# 84111bd853ee4a75846bcd8b0a7db0aa
 #: ../../../source/commands/quit.txt:24
 msgid ""
 "quitは、groongaプロセスとのセッションを終了します。クライアントプロセスならば"
@@ -1461,482 +1717,359 @@ msgstr ""
 "quitは、groongaプロセスとのセッションを終了します。クライアントプロセスならば"
 "groongaプロセスとの接続を切ります。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:110
-msgid "define_selector entry_selector Entry [true]"
-msgstr "define_selector entry_selector Entry [true]"
+# a6e3ee0c224b4287a854d5f9893d01e4
+#: ../../../source/commands/select.txt:6
+msgid "select"
+msgstr "select"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:72
-msgid "空白で区切られた文字列をトークンとする"
-msgstr "空白で区切られた文字列をトークンとする"
+# 518a1a67f1c8471595c39a3e6ee9bf29
+#: ../../../source/commands/select.txt:11
+msgid "select - テーブルの中から条件にマッチするレコードを検索して出力する"
+msgstr "select - テーブルの中から条件にマッチするレコードを検索して出力する"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:187
+# fc6db8fd1ad94a92bbaa2025fde32b1b
+#: ../../../source/commands/select.txt:25
 msgid ""
-"[[リターンコード, 処理開始時間, 処理時間], [検索結果, ドリルダウン結果]]"
+"groonga組込コマンドの一つであるselectについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"[[リターンコード, 処理開始時間, 処理時間], [検索結果, ドリルダウン結果]]"
-
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:17
-msgid "cache_limit max"
-msgstr "cache_limit max"
-
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:17
-msgid "column_list table"
-msgstr "column_list table"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:108
-msgid "絞り込み条件をscript形式のgrn_expr文字列によって指定します。"
-msgstr "絞り込み条件をscript形式のgrn_expr文字列によって指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:69
-msgid "カラムの値の属する型"
-msgstr "カラムの値の属する型"
+"groonga組込コマンドの一つであるselectについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/delete.txt:24
+# 8ebc6f8466cb43c19b03f053098692be
+#: ../../../source/commands/select.txt:27
 msgid ""
-"deleteは、使用しているデータベースのテーブルに1件のレコードを削除します。"
+"selectは、使用しているデータベースのテーブルの中から条件にマッチするレコード"
+"を検索して出力します。"
 msgstr ""
-"deleteは、使用しているデータベースのテーブルに1件のレコードを削除します。"
+"selectは、使用しているデータベースのテーブルの中から条件にマッチするレコード"
+"を検索して出力します。"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:50
+# 77923174eaa443bb9803c324032be82e
+#: ../../../source/commands/select.txt:34
 msgid ""
-"インデックス型のカラムについては、flagsの値に以下の値を加えることによって、追"
-"加の属 性を指定することができます。"
+"検索対象のテーブルを指定します。存在しないテーブルを指定した場合はエラーにな"
+"ります。"
 msgstr ""
-"インデックス型のカラムについては、flagsの値に以下の値を加えることによって、追"
-"加の属 性を指定することができます。"
+"検索対象のテーブルを指定します。存在しないテーブルを指定した場合はエラーにな"
+"ります。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:124
+# 76a487b36b104ae2aa59fc5aefc20c9b
+#: ../../../source/commands/select.txt:38
 msgid ""
-"カラム名1の値でソートし、値が同一である場合はカラム名2でソート、と順次比較を"
-"行いソートします。カラム名の前に - を付加した場合は降順にソートします。付加し"
-"ない場合には昇順にソートします。"
+"query引数に指定する検索条件文字列でデフォルトの検索対象となるカラムを指定しま"
+"す。"
 msgstr ""
-"カラム名1の値でソートし、値が同一である場合はカラム名2でソート、と順次比較を"
-"行いソートします。カラム名の前に - を付加した場合は降順にソートします。付加し"
-"ない場合には昇順にソートします。"
+"query引数に指定する検索条件文字列でデフォルトの検索対象となるカラムを指定しま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:52
-msgid "テーブル名"
-msgstr "テーブル名"
+# d8f6661a824643b7807c25b4546d8820
+#: ../../../source/commands/select.txt:42
+msgid ""
+"カラム名の後ろに'* 数値'を指定することによって、そのカラムにヒットした際のス"
+"コアに積算される重みを指定することができます。"
+msgstr ""
+"カラム名の後ろに'* 数値'を指定することによって、そのカラムにヒットした際のス"
+"コアに積算される重みを指定することができます。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:73
-msgid "追加するselectorコマンドのdrilldown引数のデフォルト値を指定します。"
-msgstr "追加するselectorコマンドのdrilldown引数のデフォルト値を指定します。"
+# 742cc8ebf2564f45921e9ffb5a66f3e0
+#: ../../../source/commands/select.txt:44
+msgid "カラム名 * 重み"
+msgstr "カラム名 * 重み"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:64
-msgid "データベース内のスキーマと特定のテーブルのデータのみ出力::"
-msgstr "データベース内のスキーマと特定のテーブルのデータのみ出力::"
+# 2279f4bc1ab248699c689af3ff94960a
+#: ../../../source/commands/select.txt:46
+msgid "複数のカラムを'||'で結合して指定することもできます。"
+msgstr "複数のカラムを'||'で結合して指定することもできます。"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:53
-#: ../../../source/commands/select.txt:40
-msgid "カラム名"
-msgstr "カラム名"
+# 841d36b2fc79448a8c40a3bfa1d0b013
+#: ../../../source/commands/select.txt:48
+msgid "カラム名1 * 重み1 || カラム名2 * 重み2"
+msgstr "カラム名1 * 重み1 || カラム名2 * 重み2"
 
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:60
+# 1573d222105e4e58be2165675f79fcb9
+#: ../../../source/commands/select.txt:50
 msgid ""
-"マルチセクションインデックスの一部である場合も、インデックスが削除されます。"
+"また、カラム名ではなく、検索に使用するインデックス名を指定することもできま"
+"す。"
 msgstr ""
-"マルチセクションインデックスの一部である場合も、インデックスが削除されます。"
+"また、カラム名ではなく、検索に使用するインデックス名を指定することもできま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:41
-msgid "追加するselectorコマンドのmatch_columns引数のデフォルト値を指定します。"
-msgstr ""
-"追加するselectorコマンドのmatch_columns引数のデフォルト値を指定します。"
+# 00a090f6963a4950acb65aa5c01d1b0e
+#: ../../../source/commands/select.txt:54
+msgid "以下の形式の文字列によって検索条件を指定します。"
+msgstr "以下の形式の文字列によって検索条件を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:22
-msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるcache_limitについて説明します。組込コマンド"
-"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
-"リクエストを送信することによって実行します。"
-msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるcache_limitについて説明します。組込コマンド"
-"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
-"リクエストを送信することによって実行します。"
+# 9caa9ae5f4d9490d8bcec6af3e508743
+#: ../../../source/commands/select.txt:57
+msgid "条件式"
+msgstr "条件式"
 
-#: ../../../source/commands/check.txt:134
-msgid ""
-"check Terms.name [{\"flags\":\"00008202\",   \"max sid\":1,   \"number of "
-"garbage segments\":0,   \"number of array segments\":1,   \"max id of array "
-"segment\":1,   \"number of buffer segments\":110,   \"max id of buffer "
-"segment\":111,   \"max id of physical segment in use\":111,   \"number of "
-"unmanaged segments\":4294967185,   \"total chunk size\":7470239,   \"max id "
-"of chunk segments in use\":127,   \"number of garbage chunk\":"
-"[0,0,0,0,0,0,0,0,2,2,0,0,0,0,0]},  {\"buffer id\":0,   \"chunk size"
-"\":94392,   \"buffer term\":[\"596\",\"59777\",\"6\",...],   \"buffer free"
-"\":152944,   \"size in buffer\":7361,   \"nterms\":237,   \"nterms with chunk"
-"\":216,   \"buffer id\":1,   \"chunk size\":71236,   \"buffer term\":[[\"に述"
-"\",18149,18149,2,25,6,6],                  [\"に追"
-"\",4505,4505,76,485,136,174],                  [\"に退"
-"\",26568,26568,2,9,2,2],                  ...],   \"buffer free\":120000,   "
-"\"size in buffer\":11155,   \"nterms\":121,   \"nterms with chunk\":116},   "
-"{\"buffer id\":1,    ...},   ...]"
-msgstr ""
-"check Terms.name [{\"flags\":\"00008202\",   \"max sid\":1,   \"number of "
-"garbage segments\":0,   \"number of array segments\":1,   \"max id of array "
-"segment\":1,   \"number of buffer segments\":110,   \"max id of buffer "
-"segment\":111,   \"max id of physical segment in use\":111,   \"number of "
-"unmanaged segments\":4294967185,   \"total chunk size\":7470239,   \"max id "
-"of chunk segments in use\":127,   \"number of garbage chunk\":"
-"[0,0,0,0,0,0,0,0,2,2,0,0,0,0,0]},  {\"buffer id\":0,   \"chunk size"
-"\":94392,   \"buffer term\":[\"596\",\"59777\",\"6\",...],   \"buffer free"
-"\":152944,   \"size in buffer\":7361,   \"nterms\":237,   \"nterms with chunk"
-"\":216,   \"buffer id\":1,   \"chunk size\":71236,   \"buffer term\":[[\"に述"
-"\",18149,18149,2,25,6,6],                  [\"に追"
-"\",4505,4505,76,485,136,174],                  [\"に退"
-"\",26568,26568,2,9,2,2],                  ...],   \"buffer free\":120000,   "
-"\"size in buffer\":11155,   \"nterms\":121,   \"nterms with chunk\":116},   "
-"{\"buffer id\":1,    ...},   ...]"
+# bca8b8773211447995b87ddf629d297d
+#: ../../../source/commands/select.txt:59
+msgid "以下の条件式が使用できます。"
+msgstr "以下の条件式が使用できます。"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:31
+# fb243ba819db429391dfe5abb2c28c4a
+#: ../../../source/commands/select.txt:62
 msgid ""
-"クエリキャッシュの最大件数を整数で指定します。 maxが指定されなかった場合に"
-"は、クエリキャッシュの最大件数は変更せず、 現在の設定値のみが返されます。"
+"全文検索条件(デフォルト検索対象カラムの値が指定された文字列を含んでいる)"
 msgstr ""
-"クエリキャッシュの最大件数を整数で指定します。 maxが指定されなかった場合に"
-"は、クエリキャッシュの最大件数は変更せず、 現在の設定値のみが返されます。"
-
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:61
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:114
-#: ../../../source/commands/delete.txt:65 ../../../source/commands/load.txt:98
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:64
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:68
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:65
-#: ../../../source/commands/select.txt:256
-msgid "関連項目"
-msgstr "関連項目"
+"全文検索条件(デフォルト検索対象カラムの値が指定された文字列を含んでいる)"
 
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:22
+# 7a195b024d1640f48bd4187fb8afb9d0
+#: ../../../source/commands/select.txt:65
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるlog_reopenについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
+"フレーズ検索条件(デフォルト検索対象カラムの値が指定されたフレーズを含んでい"
+"る)"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるlog_reopenについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
-
-#: ../../../source/commands/delete.txt:31
-msgid "レコードを削除しようとするテーブルの名前を指定します。"
-msgstr "レコードを削除しようとするテーブルの名前を指定します。"
+"フレーズ検索条件(デフォルト検索対象カラムの値が指定されたフレーズを含んでい"
+"る)"
 
-#: ../../../source/commands/quit.txt:11
-msgid "quit - セッション終了"
-msgstr "quit - セッション終了"
+# 0931a784e1f749d4a2e1e5958d2fecce
+#: ../../../source/commands/select.txt:68
+msgid "一致条件(カラム値 == 値)"
+msgstr "一致条件(カラム値 == 値)"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:61
-msgid "``value_type``"
-msgstr "``value_type``"
+# 193cfbcb49ea409f83b9bc659ab16d82
+#: ../../../source/commands/select.txt:71
+msgid "不一致条件(カラム値 != 値)"
+msgstr "不一致条件(カラム値 != 値)"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:6
-msgid "dump"
-msgstr "dump"
+# 20bf230df7754f83aedf9a112cd63494
+#: ../../../source/commands/select.txt:74
+msgid "比較条件(カラム値 < 値)"
+msgstr "比較条件(カラム値 < 値)"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:116
-#: ../../../source/commands/load.txt:100
-#: ../../../source/commands/select.txt:258
-msgid ":doc:`../expr`"
-msgstr ":doc:`../expr`"
+# ef3b9e19b5094e1c9f7461e74bbb5e57
+#: ../../../source/commands/select.txt:77
+msgid "比較条件(カラム値 > 値)"
+msgstr "比較条件(カラム値 > 値)"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:70
-msgid "``テーブル情報型n``"
-msgstr "``テーブル情報型n``"
+# 956851c3594f4aab9c6201e0c66d6b51
+#: ../../../source/commands/select.txt:80
+msgid "比較条件(カラム値 <= 値)"
+msgstr "比較条件(カラム値 <= 値)"
 
-#: ../../../source/commands.txt:8
-msgid ""
-"まず、すべてのコマンドに関係するコマンドバージョンについて説明します。その"
-"後、組み込みのコマンドを順に説明します。"
-msgstr ""
-"まず、すべてのコマンドに関係するコマンドバージョンについて説明します。その"
-"後、組み込みのコマンドを順に説明します。"
+# f22762d02f424340a10586e4d9f89cbb
+#: ../../../source/commands/select.txt:83
+msgid "比較条件(カラム値 >= 値)"
+msgstr "比較条件(カラム値 >= 値)"
 
-#: ../../../source/commands/delete.txt:11
-msgid "delete - 一件のレコードの削除"
-msgstr "delete - 一件のレコードの削除"
-
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:60
-msgid "log_reopenコマンドを実行する。"
-msgstr "log_reopenコマンドを実行する。"
+# c67a80c06d624bbeb6c7293c603cd1a6
+#: ../../../source/commands/select.txt:86
+msgid "全文検索条件(カラム値が指定された文字列を含んでいる)"
+msgstr "全文検索条件(カラム値が指定された文字列を含んでいる)"
 
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:55
-msgid "テーブル名 Entry のカラム body のフラグメンテーションを解消する::"
-msgstr "テーブル名 Entry のカラム body のフラグメンテーションを解消する::"
+# 29b9dd42be654835b44e1b5ad466d288
+#: ../../../source/commands/select.txt:89
+msgid "結合演算子"
+msgstr "結合演算子"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:80
-msgid "比較条件(カラム値 <= 値)"
-msgstr "比較条件(カラム値 <= 値)"
+# d6dca84189fc4d04a9e9d55158122479
+#: ../../../source/commands/select.txt:91
+msgid "複数の条件式を結合するために以下の演算子が使用できます。"
+msgstr "複数の条件式を結合するために以下の演算子が使用できます。"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:49
-msgid ""
-"> dump table_create LocalNames 48 ShortText table_create Entries 48 "
-"ShortText column_create Entries local_name 0 LocalNames column_create "
-"LocalNames Entries_local_name 2 Entries local_name ... load --table "
-"LocalNames [ [\"_key\"], [\"Items\"], [\"BLT\"], ... ] ..."
-msgstr ""
-"> dump table_create LocalNames 48 ShortText table_create Entries 48 "
-"ShortText column_create Entries local_name 0 LocalNames column_create "
-"LocalNames Entries_local_name 2 Entries local_name ... load --table "
-"LocalNames [ [\"_key\"], [\"Items\"], [\"BLT\"], ... ] ..."
+# b929dc676dd14aee8a187b73d4105256
+#: ../../../source/commands/select.txt:94
+msgid "論理和(aとbといずれかの条件がマッチする)"
+msgstr "論理和(aとbといずれかの条件がマッチする)"
 
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:17
-msgid "log_put level message"
-msgstr "log_put level message"
+# 64c48f89856b4173aa3c7d77d490d8ad
+#: ../../../source/commands/select.txt:97
+msgid "論理積(aとbの両方がマッチする)"
+msgstr "論理積(aとbの両方がマッチする)"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:170
-msgid "``match_escalation_threshold``"
-msgstr "``match_escalation_threshold``"
+# 8ce9fff76df64418a113cd86c6db82cf
+#: ../../../source/commands/select.txt:100
+msgid "aにマッチし、bにはマッチしない"
+msgstr "aにマッチし、bにはマッチしない"
 
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:24
-msgid "shutdownは、接続しているgroongaサーバプロセスを停止します。"
-msgstr "shutdownは、接続しているgroongaサーバプロセスを停止します。"
+# 77ec8effb6e945d187dade10b0b363e1
+#: ../../../source/commands/select.txt:103
+msgid "複数の条件をまとめる"
+msgstr "複数の条件をまとめる"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:47
-msgid "データベース内のすべてのデータを出力::"
-msgstr "データベース内のすべてのデータを出力::"
+# 7eac691c91dd45f5a85d1ba57339af3b
+#: ../../../source/commands/select.txt:108
+msgid "絞り込み条件をscript形式のgrn_expr文字列によって指定します。"
+msgstr "絞り込み条件をscript形式のgrn_expr文字列によって指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:22
+# a4dca02631b74a2c95cc28f42ff34ad6
+#: ../../../source/commands/select.txt:110
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるview_addについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
+"query引数とfilter引数をどちらも指定した場合は、両方の条件を満足するレコードの"
+"みがヒットします。どちらも指定しない場合は全件がヒットします。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるview_addについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:232
-msgid "drilldownに指定されたカラムの値の異なり数が出力されます。"
-msgstr "drilldownに指定されたカラムの値の異なり数が出力されます。"
-
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:66
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:75
-msgid "``source``"
-msgstr "``source``"
-
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:77
-msgid "インデックスカラムのとき、インデックス対象カラム名の配列"
-msgstr "インデックスカラムのとき、インデックス対象カラム名の配列"
+"query引数とfilter引数をどちらも指定した場合は、両方の条件を満足するレコードの"
+"みがヒットします。どちらも指定しない場合は全件がヒットします。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:59
+# e048556635a64c3dbaea577c62b22366
+#: ../../../source/commands/select.txt:114
 msgid ""
-"主キー値の型を指定します。主キー値を持つテーブルに限り有効です。型にはgroonga"
-"の組込型か、同一データベースに定義済みのユーザ定義型、定義済みのテーブルを指"
-"定することができます。"
+"検索条件にマッチする全てのレコードに対して適用するgrn_exprをscript形式で指定"
+"します。"
 msgstr ""
-"主キー値の型を指定します。主キー値を持つテーブルに限り有効です。型にはgroonga"
-"の組込型か、同一データベースに定義済みのユーザ定義型、定義済みのテーブルを指"
-"定することができます。"
+"検索条件にマッチする全てのレコードに対して適用するgrn_exprをscript形式で指定"
+"します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:25
+# 4a48588773a747c7b3f6a4a6f551199f
+#: ../../../source/commands/select.txt:116
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるselectについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
+"scorerは、検索処理が完了し、ソート処理が実行される前に呼び出されます。従っ"
+"て、各レコードのスコアを操作する式を指定しておけば、検索結果のソート順序をカ"
+"スタマイズできるようになります。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるselectについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
-
-#: ../../../source/commands/load.txt:6
-msgid "load"
-msgstr "load"
+"scorerは、検索処理が完了し、ソート処理が実行される前に呼び出されます。従っ"
+"て、各レコードのスコアを操作する式を指定しておけば、検索結果のソート順序をカ"
+"スタマイズできるようになります。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:55
-#: ../../../source/commands/select.txt:118
-msgid "``sortby``"
-msgstr "``sortby``"
+# 7d1e0aacd07042cd9898f5be272f83a2
+#: ../../../source/commands/select.txt:120
+msgid "ソートキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。::"
+msgstr "ソートキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。::"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:77
+# e7d77fc482b7407da86b2c50136b9459
+#: ../../../source/commands/select.txt:124
 msgid ""
-"追加するselectorコマンドのdrilldown_sortby引数のデフォルト値を指定します。"
+"カラム名1の値でソートし、値が同一である場合はカラム名2でソート、と順次比較を"
+"行いソートします。カラム名の前に - を付加した場合は降順にソートします。付加し"
+"ない場合には昇順にソートします。"
 msgstr ""
-"追加するselectorコマンドのdrilldown_sortby引数のデフォルト値を指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:31
-msgid "テーブルを追加するview型のテーブルの名前を指定します。"
-msgstr "テーブルを追加するview型のテーブルの名前を指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/load.txt:29
-msgid "``values``"
-msgstr "``values``"
-
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:6
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:17
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:40
-msgid "shutdown"
-msgstr "shutdown"
-
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:54
-msgid "段落情報を格納するインデックスを作成します。"
-msgstr "段落情報を格納するインデックスを作成します。"
-
-#: ../../../source/commands/quit.txt:6 ../../../source/commands/quit.txt:17
-#: ../../../source/commands/quit.txt:40
-msgid "quit"
-msgstr "quit"
+"カラム名1の値でソートし、値が同一である場合はカラム名2でソート、と順次比較を"
+"行いソートします。カラム名の前に - を付加した場合は降順にソートします。付加し"
+"ない場合には昇順にソートします。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:46
+# 815440ef28b746adb1a3e161c2d05ce9
+#: ../../../source/commands/select.txt:126
 msgid ""
-"主キーを持たないテーブルを作成します。各レコードはIDのみによって特定すること"
-"ができます。"
+"query引数またはfilter引数を指定した場合はカラム名に'_score'を使えま"
+"す。'_score'を指定することでスコアでソートすることができます。query引数も"
+"filter引数も指定していない状態で'_score'を指定するとエラーになります。"
 msgstr ""
-"主キーを持たないテーブルを作成します。各レコードはIDのみによって特定すること"
-"ができます。"
+"query引数またはfilter引数を指定した場合はカラム名に'_score'を使えま"
+"す。'_score'を指定することでスコアでソートすることができます。query引数も"
+"filter引数も指定していない状態で'_score'を指定するとエラーになります。"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:71
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:66
-msgid "``range``"
-msgstr "``range``"
+# 6587c359ea9c43ffb6a344c641b1a83c
+#: ../../../source/commands/select.txt:130
+msgid "出力するカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。"
+msgstr "出力するカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:27
+# d67cf90a953c4d6f90947faa0f7ff31a
+#: ../../../source/commands/select.txt:132
 msgid ""
-"selectは、使用しているデータベースのテーブルの中から条件にマッチするレコード"
-"を検索して出力します。"
+"アスタリスク('*')を指定すると、全てのカラムが指定されたものとみなされます。ま"
+"たは、script形式のgrn_expr文字列を指定します。 (デフォルトは、'_id, _key, "
+"\\*')"
 msgstr ""
-"selectは、使用しているデータベースのテーブルの中から条件にマッチするレコード"
-"を検索して出力します。"
-
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:39
-msgid "json"
-msgstr "json"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:200
-msgid "処理にかかった秒数を返します。"
-msgstr "処理にかかった秒数を返します。"
-
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:31
-msgid "カラムを追加するテーブルの名前を指定します。"
-msgstr "カラムを追加するテーブルの名前を指定します。"
+"アスタリスク('*')を指定すると、全てのカラムが指定されたものとみなされます。ま"
+"たは、script形式のgrn_expr文字列を指定します。 (デフォルトは、'_id, _key, "
+"\\*')"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:17
+# 6437f092772146debab0af88c4502725
+#: ../../../source/commands/select.txt:136
 msgid ""
-"define_selector name table [match_columns [query [filter [scorer "
-"[sortby                 [output_columns [offset [limit [drilldown "
-"[drilldown_sortby                 [drilldown_output_columns "
-"[drilldown_offset [drilldown_limit]]]]]]]]]]]]]"
+"検索条件にマッチしたレコードのうち、出力対象となる最初のレコードの番号を0ベー"
+"スで指定します。デフォルト値は0です。offsetに負の値を指定した場合は、ヒットし"
+"た件数 + offset によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
 msgstr ""
-"define_selector name table [match_columns [query [filter [scorer "
-"[sortby                 [output_columns [offset [limit [drilldown "
-"[drilldown_sortby                 [drilldown_output_columns "
-"[drilldown_offset [drilldown_limit]]]]]]]]]]]]]"
+"検索条件にマッチしたレコードのうち、出力対象となる最初のレコードの番号を0ベー"
+"スで指定します。デフォルト値は0です。offsetに負の値を指定した場合は、ヒットし"
+"た件数 + offset によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
 
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:31
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:31
+# c40dbef9ea254875ad89c12bb3cb7349
+#: ../../../source/commands/select.txt:140
 msgid ""
-"対象となるオブジェクト名を指定します。空の場合、開いているdbオブジェクトが対"
-"象となります。"
+"検索条件にマッチしたレコードのうち、出力を行うレコードの件数を指定します。デ"
+"フォルト値は10です。実際には、offset + limit がヒットした件数を超えない範囲で"
+"レコードが出力されます。limitに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + "
+"limit + 1 によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
 msgstr ""
-"対象となるオブジェクト名を指定します。空の場合、開いているdbオブジェクトが対"
-"象となります。"
+"検索条件にマッチしたレコードのうち、出力を行うレコードの件数を指定します。デ"
+"フォルト値は10です。実際には、offset + limit がヒットした件数を超えない範囲で"
+"レコードが出力されます。limitに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + "
+"limit + 1 によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:67
+# af75018a5a414a64a9f8dc2c9894ff12
+#: ../../../source/commands/select.txt:144
 msgid ""
-"作成するテーブルを語彙表として使用する場合、文字列を分割するトークナイザを指"
-"定します。"
+"グループ化のキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。検索条"
+"件にマッチした各レコードを出力したのちに、drilldownに指定されたカラムの値が同"
+"一であるレコードをとりまとめて、それぞれについて結果レコードを出力します。"
 msgstr ""
-"作成するテーブルを語彙表として使用する場合、文字列を分割するトークナイザを指"
-"定します。"
-
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:40
-msgid "[[[カラム情報名1,カラム情報型1],...], カラム情報1,...]"
-msgstr "[[[カラム情報名1,カラム情報型1],...], カラム情報1,...]"
-
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:71
-#: ../../../source/commands/select.txt:142
-msgid "``drilldown``"
-msgstr "``drilldown``"
+"グループ化のキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。検索条"
+"件にマッチした各レコードを出力したのちに、drilldownに指定されたカラムの値が同"
+"一であるレコードをとりまとめて、それぞれについて結果レコードを出力します。"
 
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:24
+# c6701f2913e94d3bb35ec25d99acdc82
+#: ../../../source/commands/select.txt:148
 msgid ""
-"table_removeはテーブルと定義されているカラムを削除します。カラムに付随するイ"
-"ンデックスも再帰的に削除されます。"
+"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、ソー"
+"トキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。sortbyパラメータ"
+"と同様に昇降順を指定できます。"
 msgstr ""
-"table_removeはテーブルと定義されているカラムを削除します。カラムに付随するイ"
-"ンデックスも再帰的に削除されます。"
+"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、ソー"
+"トキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。sortbyパラメータ"
+"と同様に昇降順を指定できます。"
 
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:22
+# a630cde1f0e04e588e53bcbd393d1556
+#: ../../../source/commands/select.txt:152
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるlog_levelについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
+"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
+"するカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるlog_levelについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
-
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:17
-msgid "column_create table name flags type [source]"
-msgstr "column_create table name flags type [source]"
+"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
+"するカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:63
+# 14b3f901d27a4b3ea8375d161c17356e
+#: ../../../source/commands/select.txt:156
 msgid ""
-"値の型を指定します。tableの値には固定長の型のみが指定できます。(可変長の値が"
-"必要な場合は別途カラムを作成します) 型にはgroongaの組込型か、同一データベース"
-"に定義済みのユーザ定義型、またはテーブルを指定することができます。(デフォルト"
-"はvalueなし)"
+"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
+"対象となる最初のレコードの番号を0ベースで指定します。デフォルト値は0です。"
+"drilldown_offsetに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + drilldown_offsetに"
+"よって算出される値が指定されたものとみなされます。"
 msgstr ""
-"値の型を指定します。tableの値には固定長の型のみが指定できます。(可変長の値が"
-"必要な場合は別途カラムを作成します) 型にはgroongaの組込型か、同一データベース"
-"に定義済みのユーザ定義型、またはテーブルを指定することができます。(デフォルト"
-"はvalueなし)"
-
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:43
+"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
+"対象となる最初のレコードの番号を0ベースで指定します。デフォルト値は0です。"
+"drilldown_offsetに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + drilldown_offsetに"
+"よって算出される値が指定されたものとみなされます。"
+
+# ab82b88af488459ba646da8c246f34b2
+#: ../../../source/commands/select.txt:160
 msgid ""
-"主キー値をパトリシア木で管理するテーブルを作成します。パトリシア木を使用した"
-"テーブルでは、主キー値に完全一致するレコード、前方一致するレコード、および最"
-"長共通接頭辞となるレコードを高速に検索することができます。また、キー値の昇降"
-"順でレコードを取り出したり、キー値の範囲での検索を行うことができます。また、"
-"flagsの値に64を加えることによって、後方一致検索も可能となります。"
+"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
+"を行うレコードの件数を指定します。デフォルト値は10です。実際には、"
+"drilldown_offset + drilldown_limit がヒットした件数を超えない範囲でレコードが"
+"出力されます。drilldown_limitに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + "
+"drilldown_limit + 1 によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
 msgstr ""
-"主キー値をパトリシア木で管理するテーブルを作成します。パトリシア木を使用した"
-"テーブルでは、主キー値に完全一致するレコード、前方一致するレコード、および最"
-"長共通接頭辞となるレコードを高速に検索することができます。また、キー値の昇降"
-"順でレコードを取り出したり、キー値の範囲での検索を行うことができます。また、"
-"flagsの値に64を加えることによって、後方一致検索も可能となります。"
-
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:75
-msgid "unigram(1文字を1トークンとする)"
-msgstr "unigram(1文字を1トークンとする)"
-
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:49
-msgid "追加するselectorコマンドのfilter引数のデフォルト値を指定します。"
-msgstr "追加するselectorコマンドのfilter引数のデフォルト値を指定します。"
+"drilldown条件に指定されたカラムの値毎にとりまとめられたレコードについて、出力"
+"を行うレコードの件数を指定します。デフォルト値は10です。実際には、"
+"drilldown_offset + drilldown_limit がヒットした件数を超えない範囲でレコードが"
+"出力されます。drilldown_limitに負の値を指定した場合は、ヒットした件数 + "
+"drilldown_limit + 1 によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:27
-#: ../../../source/commands/check.txt:27
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:27
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:27
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:27
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:28
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:29
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:27
-#: ../../../source/commands/delete.txt:27 ../../../source/commands/dump.txt:33
-#: ../../../source/commands/load.txt:27
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:27
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:27
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:29
-#: ../../../source/commands/quit.txt:27 ../../../source/commands/select.txt:30
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:27
-#: ../../../source/commands/status.txt:27
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:29
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:29
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:27
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:27
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:27
-msgid "引数"
-msgstr "引数"
+# 0c5888ec718643a696f99ddefe7462a3
+#: ../../../source/commands/select.txt:162
+msgid "``cache``"
+msgstr "``cache``"
 
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:44
-msgid "出力する文字列を指定します。"
-msgstr "出力する文字列を指定します。"
+# ab01dc1e341f415797cd3933411d9efe
+#: ../../../source/commands/select.txt:164
+msgid "クエリキャッシュに関する動作を設定します。"
+msgstr "クエリキャッシュに関する動作を設定します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:110
-msgid ""
-"query引数とfilter引数をどちらも指定した場合は、両方の条件を満足するレコードの"
-"みがヒットします。どちらも指定しない場合は全件がヒットします。"
-msgstr ""
-"query引数とfilter引数をどちらも指定した場合は、両方の条件を満足するレコードの"
-"みがヒットします。どちらも指定しない場合は全件がヒットします。"
+# ad73e8f08e214143afdb48e42b10433d
+#: ../../../source/commands/select.txt:166
+msgid "``no``"
+msgstr "``no``"
 
+# 51d2a71dbc4c4ff18d59f4df0cc4a1f1
 #: ../../../source/commands/select.txt:168
 msgid ""
 "検索結果をクエリキャッシュに残しません。キャッシュして再利用される可能性が低"
@@ -1947,754 +2080,768 @@ msgstr ""
 "いクエリに対して用います。キャッシュ容量は有限です。有効なキャッシュが多く"
 "ヒットするために、このパラメータは有効です。"
 
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:35
-msgid "view型のテーブルに追加されるテーブルの名前を指定します。"
-msgstr "view型のテーブルに追加されるテーブルの名前を指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:60
-msgid "位置情報を格納するインデックス(完全転置インデックス)を作成します。"
-msgstr "位置情報を格納するインデックス(完全転置インデックス)を作成します。"
-
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:29
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:29
-msgid "``objname``"
-msgstr "``objname``"
+# 9c1f74f4006243cfa6b58373500a8689
+#: ../../../source/commands/select.txt:170
+msgid "``match_escalation_threshold``"
+msgstr "``match_escalation_threshold``"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:33
+# 70d500abd4a8441d9131e7c94c01d5eb
+#: ../../../source/commands/select.txt:172
 msgid ""
-"補完・修正・提案のいずれを行うかを、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名で指定"
-"します(例: correct|suggest)"
+"検索の挙動をエスカレーションするかどうかの閾値を設定します。デフォルト値は0で"
+"す。デフォルト値は以下のいずれかの方法で設定できます。"
 msgstr ""
-"補完・修正・提案のいずれを行うかを、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名で指定"
-"します(例: correct|suggest)"
+"検索の挙動をエスカレーションするかどうかの閾値を設定します。デフォルト値は0で"
+"す。デフォルト値は以下のいずれかの方法で設定できます。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:65
-msgid "``default_tokenizer``"
-msgstr "``default_tokenizer``"
+# 665a516cdf144fcf972bbba16f9ce8e6
+#: ../../../source/commands/select.txt:174
+msgid "configureの--with-match-escalation-thresholdオプション"
+msgstr "configureの--with-match-escalation-thresholdオプション"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:59
-#: ../../../source/commands/select.txt:128
-msgid "``output_columns``"
-msgstr "``output_columns``"
+# d3ea971c36d54baba4ddbb2581060727
+#: ../../../source/commands/select.txt:175
+msgid "groongaコマンド起動時の--match-escalation-thresholdオプション"
+msgstr "groongaコマンド起動時の--match-escalation-thresholdオプション"
 
-#: ../../../source/commands/delete.txt:22
+# 3e35ff4584e0406b8b72e61326006cbc
+#: ../../../source/commands/select.txt:176
+msgid "設定ファイル中のmatch-escalation-threshold設定項目"
+msgstr "設定ファイル中のmatch-escalation-threshold設定項目"
+
+# 196e17a5464a4a0db2b9d89d39d17e74
+#: ../../../source/commands/select.txt:178
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるdeleteについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
+"クエリのヒット件数が閾値を越えない場合は :doc:`/spec/search` で説明している方"
+"法で検索方法をエスカレーションしてきます。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるdeleteについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
+"クエリのヒット件数が閾値を越えない場合は :doc:`/spec/search` で説明している方"
+"法で検索方法をエスカレーションしてきます。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:57
-msgid "``ifexists``"
-msgstr "``ifexists``"
+# d0d2ae2dc15644daba84d553e15afec3
+#: ../../../source/commands/select.txt:183
+msgid "以下のようなjson形式で値が返却されます。"
+msgstr "以下のようなjson形式で値が返却されます。"
 
-#: ../../../source/commands/status.txt:6
-#: ../../../source/commands/status.txt:17
-msgid "status"
-msgstr "status"
+# 3e8624ce3bdf459b95df79b2f702452a
+#: ../../../source/commands/select.txt:189
+msgid "``リターンコード``"
+msgstr "``リターンコード``"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:116
+# c1e048126732436d8779d249a2da0c81
+#: ../../../source/commands/select.txt:191
 msgid ""
-"scorerは、検索処理が完了し、ソート処理が実行される前に呼び出されます。従っ"
-"て、各レコードのスコアを操作する式を指定しておけば、検索結果のソート順序をカ"
-"スタマイズできるようになります。"
+"grn_rcに対応する数値が返されます。0(GRN_SUCCESS)以外の場合は、続いてエラー内"
+"容を示す 文字列が返されます。"
 msgstr ""
-"scorerは、検索処理が完了し、ソート処理が実行される前に呼び出されます。従っ"
-"て、各レコードのスコアを操作する式を指定しておけば、検索結果のソート順序をカ"
-"スタマイズできるようになります。"
+"grn_rcに対応する数値が返されます。0(GRN_SUCCESS)以外の場合は、続いてエラー内"
+"容を示す 文字列が返されます。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:69
-msgid "JSON形式"
-msgstr "JSON形式"
+# 0a44765b035a4b3e9c1a850e9048f91e
+#: ../../../source/commands/select.txt:194
+msgid "``処理開始時間``"
+msgstr "``処理開始時間``"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:83
+# 1f325454b3034a06b657907ced1e2127
+#: ../../../source/commands/select.txt:196
 msgid ""
-"table_list Entry  [[[\"id\", \"UInt32\"],   [\"name\",\"ShortText\"],   "
-"[\"path\",\"ShortText\"],   [\"flags\",\"ShortText\"],   [\"domain\", "
-"\"ShortText\"],   [\"range\",\"ShortText\"]],  [256,   \"Entry\",   \"test."
-"db.0000100\",   \"TABLE_HASH_KEY|PERSISTENT\",   \"ShortText\",   \"null"
-"\"],  [257,   \"Term\",   \"test.db.0000101\",   \"TABLE_PAT_KEY|"
-"KEY_NORMALIZE|PERSISTENT\",   \"ShortText\",   \"null\"]]"
+"処理を開始した時間について、1970年1月1日0時0分0秒を起点とした秒数を小数で返し"
+"ます。"
 msgstr ""
-"table_list Entry  [[[\"id\", \"UInt32\"],   [\"name\",\"ShortText\"],   "
-"[\"path\",\"ShortText\"],   [\"flags\",\"ShortText\"],   [\"domain\", "
-"\"ShortText\"],   [\"range\",\"ShortText\"]],  [256,   \"Entry\",   \"test."
-"db.0000100\",   \"TABLE_HASH_KEY|PERSISTENT\",   \"ShortText\",   \"null"
-"\"],  [257,   \"Term\",   \"test.db.0000101\",   \"TABLE_PAT_KEY|"
-"KEY_NORMALIZE|PERSISTENT\",   \"ShortText\",   \"null\"]]"
+"処理を開始した時間について、1970年1月1日0時0分0秒を起点とした秒数を小数で返し"
+"ます。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:38
-msgid ""
-"query引数に指定する検索条件文字列でデフォルトの検索対象となるカラムを指定しま"
-"す。"
-msgstr ""
-"query引数に指定する検索条件文字列でデフォルトの検索対象となるカラムを指定しま"
-"す。"
+# 82b0f452773544649843ec645333137f
+#: ../../../source/commands/select.txt:198
+msgid "``処理時間``"
+msgstr "``処理時間``"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:40
-msgid ""
-"主キー値をハッシュ表で管理するテーブルを作成します。ハッシュ表を使用したテー"
-"ブルでは、主キー値に完全一致するレコードを高速に検索することができます。"
-msgstr ""
-"主キー値をハッシュ表で管理するテーブルを作成します。ハッシュ表を使用したテー"
-"ブルでは、主キー値に完全一致するレコードを高速に検索することができます。"
+# 109b1153348a45c080369a12ed12d4e2
+#: ../../../source/commands/select.txt:200
+msgid "処理にかかった秒数を返します。"
+msgstr "処理にかかった秒数を返します。"
 
+# 2c823df116a54e6281f009cc4e2359da
 #: ../../../source/commands/select.txt:202
 msgid "``検索結果``"
 msgstr "``検索結果``"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:57
-msgid "``key_type``"
-msgstr "``key_type``"
-
-#: ../../../source/commands/check.txt:41
-msgid "インデックスカラムの場合::"
-msgstr "インデックスカラムの場合::"
+# 01c79f618ab04b42ab4dac8e591d9722
+#: ../../../source/commands/select.txt:204
+msgid "drilldown条件が実行される前の検索結果が以下のように出力されます。::"
+msgstr "drilldown条件が実行される前の検索結果が以下のように出力されます。::"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:6
-msgid "table_create"
-msgstr "table_create"
+# 0da7c1352c6c47f2b5d4b3839f4bd8ff
+#: ../../../source/commands/select.txt:208
+msgid "``検索件数``"
+msgstr "``検索件数``"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:61
-msgid "スカラ型、ベクタ型、インデックス型の種別"
-msgstr "スカラ型、ベクタ型、インデックス型の種別"
+# d844de31f8bc49959b1a6052737db524
+#: ../../../source/commands/select.txt:210
+msgid "検索件数が出力されます。"
+msgstr "検索件数が出力されます。"
 
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:24
-msgid "view_addは、view型のテーブルに要素となるテーブルを定義します。"
-msgstr "view_addは、view型のテーブルに要素となるテーブルを定義します。"
+# cbefa66420ef4a3690f4652ec2eaabfe
+#: ../../../source/commands/select.txt:214
+msgid ""
+"output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム名が出力されます。"
+msgstr ""
+"output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム名が出力されます。"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:6
-msgid "column_create"
-msgstr "column_create"
+# d4ba089f4f3c4df4baea74e291138c26
+#: ../../../source/commands/select.txt:218
+msgid ""
+"output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム型が出力されます。"
+msgstr ""
+"output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム型が出力されます。"
 
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:17
-msgid "log_level level"
-msgstr "log_level level"
+# 5a8dcb7fcf744f75867d40e96a6f6ddf
+#: ../../../source/commands/select.txt:220
+msgid "``検索結果n``"
+msgstr "``検索結果n``"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:45
-msgid "追加するselectorコマンドのquery引数のデフォルト値を指定します。"
-msgstr "追加するselectorコマンドのquery引数のデフォルト値を指定します。"
+# 0c10db6785b74606a94ef402ac4b29b3
+#: ../../../source/commands/select.txt:222
+msgid ""
+"output_columns, offset, limitによって指定された条件に従って各レコードの値が出"
+"力されます。"
+msgstr ""
+"output_columns, offset, limitによって指定された条件に従って各レコードの値が出"
+"力されます。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:71
-msgid "不一致条件(カラム値 != 値)"
-msgstr "不一致条件(カラム値 != 値)"
+# 3f6754fc7e1f4891ac280fc15d791201
+#: ../../../source/commands/select.txt:224
+msgid "``drilldown結果``"
+msgstr "``drilldown結果``"
 
+# fed0cb465691431e8a6325b656337700
 #: ../../../source/commands/select.txt:226
 msgid "drilldown処理の結果が以下のように出力されます。::"
 msgstr "drilldown処理の結果が以下のように出力されます。::"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:55
+# beca6c6d8aaf48a78a5620abf179bf60
+#: ../../../source/commands/select.txt:230
+msgid "``件数``"
+msgstr "``件数``"
+
+# f84d19f17e70431d9888a1c71b0b092e
+#: ../../../source/commands/select.txt:232
+msgid "drilldownに指定されたカラムの値の異なり数が出力されます。"
+msgstr "drilldownに指定されたカラムの値の異なり数が出力されます。"
+
+# 9cb5a3e349854548b790094971d3ed4e
+# 3e69f57b77e7405b9d71a193aee3a8d4
+#: ../../../source/commands/select.txt:234
+#: ../../../source/commands/select.txt:212,
+msgid "``カラム名n``"
+msgstr "``カラム名n``"
+
+# 43888861dd924aa0a51c96952c865641
+#: ../../../source/commands/select.txt:236
 msgid ""
-"テーブルに登録するレコードに値を設定するカラム名のリストを、カンマ区切りで指"
-"定します。"
+"drilldown_output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム名が出力さ"
+"れます。"
 msgstr ""
-"テーブルに登録するレコードに値を設定するカラム名のリストを、カンマ区切りで指"
-"定します。"
+"drilldown_output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム名が出力さ"
+"れます。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:63
-#: ../../../source/commands/select.txt:134
-msgid "``offset``"
-msgstr "``offset``"
+# 1aad3b3492c54b5b862aec84fb819ac2
+# be50b28090f6488d9bd65c692cfe4856
+#: ../../../source/commands/select.txt:238
+#: ../../../source/commands/select.txt:216,
+msgid "``カラム型n``"
+msgstr "``カラム型n``"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:41
+# fd30f885b9b842928ced37eaac1a94cf
+#: ../../../source/commands/select.txt:240
 msgid ""
-"形式1の[カラム名1, カラム名2,..]の要素はcolumns引数が省略された場合のみ有効で"
-"す。"
+"drilldown_output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム型が出力さ"
+"れます。"
 msgstr ""
-"形式1の[カラム名1, カラム名2,..]の要素はcolumns引数が省略された場合のみ有効で"
-"す。"
+"drilldown_output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム型が出力さ"
+"れます。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:208
-msgid "``検索件数``"
-msgstr "``検索件数``"
+# a4494da4108947ae8649406689973359
+#: ../../../source/commands/select.txt:242
+msgid "``ドリルダウン結果n``"
+msgstr "``ドリルダウン結果n``"
 
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:6
-msgid "defrag"
-msgstr "defrag"
+# b68eb3ac2f9d494eb1002382fe752c73
+#: ../../../source/commands/select.txt:244
+msgid ""
+"drilldown_output_columns, drilldown_offset, drilldown_limitによって指定された"
+"条件に従って各レコードの値が出力されます。"
+msgstr ""
+"drilldown_output_columns, drilldown_offset, drilldown_limitによって指定された"
+"条件に従って各レコードの値が出力されます。"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:43
-msgid "``suggest``"
-msgstr "``suggest``"
+# 9275c51e418e48a8b7b149247197d160
+#: ../../../source/commands/select.txt:249
+msgid "テーブルEntryの全レコード・全カラムの値を出力します。::"
+msgstr "テーブルEntryの全レコード・全カラムの値を出力します。::"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:45
-msgid "提案を行います。"
-msgstr "提案を行います。"
+# 3a6bd5eff29f457c9af3e5ebdbf652a6
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:6
+msgid "shutdown"
+msgstr "shutdown"
 
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:54
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:50
-msgid "column_remove Entry body  [true]"
-msgstr "column_remove Entry body  [true]"
+# 8d80dfd3758b49b4b7df5c10dd4518ba
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:11
+msgid "shutdown - サーバプロセスの停止"
+msgstr "shutdown - サーバプロセスの停止"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:11
-msgid "load - データのロード"
-msgstr "load - データのロード"
+# 14de962f8f974c94aa59e910b3b0ae09
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:22
+msgid ""
+"groonga組込コマンドの一つであるshutdownについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
+msgstr ""
+"groonga組込コマンドの一つであるshutdownについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:63
-#: ../../../source/commands/delete.txt:67
-msgid ":doc:`load`"
-msgstr ":doc:`load`"
+# a471497e9ef44d778278578001cf5d7a
+#: ../../../source/commands/shutdown.txt:24
+msgid "shutdownは、接続しているgroongaサーバプロセスを停止します。"
+msgstr "shutdownは、接続しているgroongaサーバプロセスを停止します。"
 
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:54
-msgid "view_add Ventry Entry [true]"
-msgstr "view_add Ventry Entry [true]"
+# c0bcdd05634341989374e7f9d30718d0
+#: ../../../source/commands/status.txt:6
+msgid "status"
+msgstr "status"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:64
+# 9dac6aa2d2244a9ba5bc2217c08e475e
+#: ../../../source/commands/status.txt:11
+msgid "status - groongaプロセスの状態表示"
+msgstr "status - groongaプロセスの状態表示"
+
+# a710aebae8e44d7b894e802a1ccadcda
+#: ../../../source/commands/status.txt:22
 msgid ""
-"値の型を指定します。groongaの組込型か、同一データベースに定義済みのユーザ定義"
-"型、定義済みのテーブルを指定することができます。"
+"groonga組込コマンドの一つであるstatusについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"値の型を指定します。groongaの組込型か、同一データベースに定義済みのユーザ定義"
-"型、定義済みのテーブルを指定することができます。"
+"groonga組込コマンドの一つであるstatusについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
+"エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:175
-msgid "groongaコマンド起動時の--match-escalation-thresholdオプション"
-msgstr "groongaコマンド起動時の--match-escalation-thresholdオプション"
+# 63a2979fd7b64607beadd05664922119
+#: ../../../source/commands/status.txt:24
+msgid ""
+"statusコマンドは、groongaプロセスの状態を表示します。主にgroongaサーバプロセ"
+"スに対して使用することを想定しています。"
+msgstr ""
+"statusコマンドは、groongaプロセスの状態を表示します。主にgroongaサーバプロセ"
+"スに対して使用することを想定しています。"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:79
-msgid "``カラム情報型n``"
-msgstr "``カラム情報型n``"
+# 8239549741844da186e149e601c7eca0
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:6
+msgid "suggest"
+msgstr "suggest"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:37
-msgid "補完を行います。"
-msgstr "補完を行います。"
+# 58738da3ccdd4b8c9c21c4b2b61a1211
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:8
+msgid ""
+"** 未だ仕様は確定しておりません。利用のためには特定のデータを持つテーブルが必"
+"要となります。 **"
+msgstr ""
+"** 未だ仕様は確定しておりません。利用のためには特定のデータを持つテーブルが必"
+"要となります。 **"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:83
-#: ../../../source/commands/select.txt:154
-msgid "``drilldown_offset``"
-msgstr "``drilldown_offset``"
+# e327482145f744e787aee4d6d3d7a02f
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:13
+msgid "suggest - 指定したクエリに対する補完・修正・提案を行う。"
+msgstr "suggest - 指定したクエリに対する補完・修正・提案を行う。"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:45
+# 9cb50192e38b465e883c0ecdc98e1ce3
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:24
+msgid "suggestコマンドは、指定したクエリに対して補完・修正・提案を行います。"
+msgstr "suggestコマンドは、指定したクエリに対して補完・修正・提案を行います。"
+
+# 62338c55e33340c88150aab5477afb82
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:26
 msgid ""
-"values引数が省略された場合には、括弧の対応が取れるまで標準入力からvaluesの値"
-"を読み取ります。引数として値を指定する場合は、文字列のエスケープが必要です"
-"が、標準入力から与える文字列はエスケープする必要がありません。"
+"補完とは、クエリの未入力・未変換部分を補うことです。修正とは、クエリ内のミス"
+"タイプや誤変換を修正することです。提案とは、さらなる絞込みを行うための候補と"
+"なるクエリを提案することです。"
 msgstr ""
-"values引数が省略された場合には、括弧の対応が取れるまで標準入力からvaluesの値"
-"を読み取ります。引数として値を指定する場合は、文字列のエスケープが必要です"
-"が、標準入力から与える文字列はエスケープする必要がありません。"
+"補完とは、クエリの未入力・未変換部分を補うことです。修正とは、クエリ内のミス"
+"タイプや誤変換を修正することです。提案とは、さらなる絞込みを行うための候補と"
+"なるクエリを提案することです。"
 
-#: ../../../source/commands/check.txt:39
-msgid "チェックするオブジェクトにより返される値が変わります。"
-msgstr "チェックするオブジェクトにより返される値が変わります。"
+# 98a5a9b4258a4efe967934cd876b1096
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:31
+msgid "``types``"
+msgstr "``types``"
 
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:11
-msgid "log_reopen - ログファイルの再読み込み"
-msgstr "log_reopen - ログファイルの再読み込み"
+# 4bbdc5b0e39749c4b65b0bd813819e32
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:33
+msgid ""
+"補完・修正・提案のいずれを行うかを、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名で指定"
+"します(例: correct|suggest)"
+msgstr ""
+"補完・修正・提案のいずれを行うかを、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名で指定"
+"します(例: correct|suggest)"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:88
-msgid "標準入力からvaluesの値を与えます。::"
-msgstr "標準入力からvaluesの値を与えます。::"
+# bfa4263e2cca46d5afc55b25166fd2eb
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:35
+msgid "``complete``"
+msgstr "``complete``"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:68
-msgid "valueが属する型"
-msgstr "valueが属する型"
+# 4b055f2ccd52456aa3a6dc26600b9ee6
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:37
+msgid "補完を行います。"
+msgstr "補完を行います。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:120
-msgid "ソートキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。::"
-msgstr "ソートキーとなるカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。::"
+# ccfd1f926f5141e29e4230e06a6d8740
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:39
+msgid "``correct``"
+msgstr "``correct``"
 
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:6
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:17
-msgid "log_reopen"
-msgstr "log_reopen"
+# fa917ea5711e4dd89e8b66c7404830a3
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:41
+msgid "修正を行います。"
+msgstr "修正を行います。"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:35
-msgid "``tables``"
-msgstr "``tables``"
+# bdaa98e12aa346c1be5f00be9287e66b
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:43
+msgid "``suggest``"
+msgstr "``suggest``"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:107
-msgid "table_create Entry --key_type ShortText [true]"
-msgstr "table_create Entry --key_type ShortText [true]"
+# e2894f7f3e2a4faea18c8d9551c18d89
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:45
+msgid "提案を行います。"
+msgstr "提案を行います。"
 
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:11
-msgid "defrag - オブジェクトにセットされたロックを解除する"
-msgstr "defrag - オブジェクトにセットされたロックを解除する"
+# da552bb835aa45408b2f1363510927ae
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:49
+msgid "基礎となるデータが格納されているテーブル名を指定します。"
+msgstr "基礎となるデータが格納されているテーブル名を指定します。"
+
+# ed377ed637424a8b96f2c425a6408d66
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:51
+msgid "``column``"
+msgstr "``column``"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:251
+# 1b16dbf915334218847dec76f1e40655
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:53
 msgid ""
-"select Entry  [[[2],[[\"_id\", \"UInt32\"],[\"_key\",\"ShortText\"],[\"body"
-"\",\"ShortText\"]],[1,\"abandon\",\"放棄する\"],[2,\"abbreviate\",\"短縮する"
-"\"]]]"
+"基礎となるデータが格納されているテーブルにおいて、「ヨミガナ」が格納されてい"
+"るカラム名を指定します。"
 msgstr ""
-"select Entry  [[[2],[[\"_id\", \"UInt32\"],[\"_key\",\"ShortText\"],[\"body"
-"\",\"ShortText\"]],[1,\"abandon\",\"放棄する\"],[2,\"abbreviate\",\"短縮する"
-"\"]]]"
+"基礎となるデータが格納されているテーブルにおいて、「ヨミガナ」が格納されてい"
+"るカラム名を指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:105
-msgid "ShortText型の主キーを持つハッシュ表型のテーブル、Entryを作成します。::"
-msgstr "ShortText型の主キーを持つハッシュ表型のテーブル、Entryを作成します。::"
+# 8cecf7e17f0842e3b71c278f360f2c09
+#: ../../../source/commands/suggest.txt:57
+msgid "補完・修正・提案の対象となるクエリを指定します。"
+msgstr "補完・修正・提案の対象となるクエリを指定します。"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:39
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:63
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:35
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:58
-msgid "``flags``"
-msgstr "``flags``"
+# 6deec3b88c254385a1dbb0358c027577
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:6
+msgid "table_create"
+msgstr "table_create"
 
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:43
+# f761281accce4cca8d4e274ac9eda264
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:11
+msgid "table_create - テーブルの追加"
+msgstr "table_create - テーブルの追加"
+
+# 0cfc8c7031974d948df036c0d3102f6b
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:22
 msgid ""
-"[以前の設定値]  ``以前の設定値``    すでに設定されていたクエリキャッシュの最"
-"大件数を返す。"
+"groonga組込コマンドの一つであるtable_createについて説明します。組込コマンド"
+"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
+"リクエストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"[以前の設定値]  ``以前の設定値``    すでに設定されていたクエリキャッシュの最"
-"大件数を返す。"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:6
-msgid "select"
-msgstr "select"
+"groonga組込コマンドの一つであるtable_createについて説明します。組込コマンド"
+"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
+"リクエストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:52
+# 09bb3b63293b40db98db8b0b011c10b6
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:24
 msgid ""
-"語彙表となるパトリシア木型のテーブルにおいて、後方一致検索を可能とします。"
+"table_createコマンドは、使用しているデータベースに対してテーブルを追加しま"
+"す。groongaには名前付きテーブルと名前なしテーブル、永続テーブルと一時テーブル"
+"がありますが、table_createコマンドでは、名前付きの永続テーブルのみが作成でき"
+"ます。テーブルはレコードの集合であり、全てのレコードは一意なIDを持ちます。ID"
+"はレコードを追加した順序に従って自動的に付与されます。"
 msgstr ""
-"語彙表となるパトリシア木型のテーブルにおいて、後方一致検索を可能とします。"
-
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:89
-msgid "column_create Entry body --type ShortText [true]"
-msgstr "column_create Entry body --type ShortText [true]"
+"table_createコマンドは、使用しているデータベースに対してテーブルを追加しま"
+"す。groongaには名前付きテーブルと名前なしテーブル、永続テーブルと一時テーブル"
+"がありますが、table_createコマンドでは、名前付きの永続テーブルのみが作成でき"
+"ます。テーブルはレコードの集合であり、全てのレコードは一意なIDを持ちます。ID"
+"はレコードを追加した順序に従って自動的に付与されます。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:62
+# dc13ec352efc4345b9340cd535910014
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:26
 msgid ""
-"全文検索条件(デフォルト検索対象カラムの値が指定された文字列を含んでいる)"
+"テーブルにカラムを追加する時にはcolumn_createコマンドを使用します。また、テー"
+"ブルを作成した時点でいくつかの疑似カラムが使用可能になっています。"
 msgstr ""
-"全文検索条件(デフォルト検索対象カラムの値が指定された文字列を含んでいる)"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:204
-msgid "drilldown条件が実行される前の検索結果が以下のように出力されます。::"
-msgstr "drilldown条件が実行される前の検索結果が以下のように出力されます。::"
-
-#: ../../../source/commands/load.txt:82
-msgid "テーブルEntryにレコードを登録します。::"
-msgstr "テーブルEntryにレコードを登録します。::"
+"テーブルにカラムを追加する時にはcolumn_createコマンドを使用します。また、テー"
+"ブルを作成した時点でいくつかの疑似カラムが使用可能になっています。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:196
+# ed62a576f1a04d36ae09ce6c64eef71b
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:33
 msgid ""
-"処理を開始した時間について、1970年1月1日0時0分0秒を起点とした秒数を小数で返し"
-"ます。"
+"作成するテーブルの名前を指定します。nameはデータベース内で一意な、未定義の名"
+"前でなければなりません。組込型名・組込コマンド名・組込関数名は予約済みであ"
+"り、テーブル名には 使用できません。また、ピリオド('.'), コロン(':')を含む名前"
+"のテーブルは作成できません。"
 msgstr ""
-"処理を開始した時間について、1970年1月1日0時0分0秒を起点とした秒数を小数で返し"
-"ます。"
-
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:66
-msgid ":doc:`log_put` :doc:`log_reopen`"
-msgstr ":doc:`log_put` :doc:`log_reopen`"
-
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:70
-msgid ":doc:`log_level` :doc:`log_reopen`"
-msgstr ":doc:`log_level` :doc:`log_reopen`"
+"作成するテーブルの名前を指定します。nameはデータベース内で一意な、未定義の名"
+"前でなければなりません。組込型名・組込コマンド名・組込関数名は予約済みであ"
+"り、テーブル名には 使用できません。また、ピリオド('.'), コロン(':')を含む名前"
+"のテーブルは作成できません。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:110
+# 4e65673bc26140479aa5726c16e35219
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:37
 msgid ""
-"ShortText型の主キーを持つパトリシア木型のテーブル、Termを作成します。主キー値"
-"は正規化して管理します。また、このテーブルを語彙表とする転置索引を作成する場"
-"合には、バイグラムの索引を作成します。::"
+"作成するテーブルの属性を示す数値か、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名を指定"
+"します。(デフォルト値は0(=\"TABLE_HASH_KEY\"))"
 msgstr ""
-"ShortText型の主キーを持つパトリシア木型のテーブル、Termを作成します。主キー値"
-"は正規化して管理します。また、このテーブルを語彙表とする転置索引を作成する場"
-"合には、バイグラムの索引を作成します。::"
-
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:67
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:62
-msgid "``domain``"
-msgstr "``domain``"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:11
-msgid "select - テーブルの中から条件にマッチするレコードを検索して出力する"
-msgstr "select - テーブルの中から条件にマッチするレコードを検索して出力する"
-
-#: ../../../source/commands/check.txt:43
-msgid ""
-"下記のような配列が出力されます。    [インデックスの状態, バッファの状態1, "
-"バッファの状態2, ...]  ``インデックスの状態``には下記の項目がハッシュ形式で出"
-"力されます。  ``flags``    指定されているフラグ値です。16進数で表現されていま"
-"す。  ``max sid``    セグメントのうち最も大きなIDです。  ``number of garbage "
-"segments``    ゴミセグメントの数です。  ``number of array segments``    配列"
-"セグメントの数です。  ``max id of array segment``    配列セグメントのうち最も"
-"大きなIDです。  ``number of buffer segments``    バッファセグメントの数で"
-"す。  ``max id of buffer segment``    バッファセグメントのうち最も大きなIDで"
-"す。  ``max id of physical segment in use``    使用中の論理セグメントのうち最"
-"も大きなIDです。  ``number of unmanaged segments``    管理されていないセグメ"
-"ントの数です。  ``total chunk size``    チャンクサイズの合計です。  ``max id "
-"of chunk segments in use``    使用中のチャンクセグメントのうち最も大きなIDで"
-"す。  ``number of garbage chunk``    各チャンク毎のゴミの数です。  ``バッファ"
-"の状態``には下記の項目がハッシュ形式で出力されます。  ``buffer id``    バッ"
-"ファIDです。  ``chunk size``    チャンクのサイズです。  ``buffer term``    "
-"バッファ内にある語の一覧です。各語の状態は以下のような配列となっていま"
-"す。      [語, バッファに登録されている語のID, 用語集に登録されている語のID, "
-"バッファ内でのサイズ, チャンク内でのサイズ]  ``buffer free``    バッファの空"
-"き容量です。  ``size in buffer``    バッファの使用量です。  ``nterms``    "
-"バッファ内にある語の数です。  ``nterms with chunk``    バッファ内にある語のう"
-"ち、チャンクを使っている語の数です。"
-msgstr ""
-"下記のような配列が出力されます。    [インデックスの状態, バッファの状態1, "
-"バッファの状態2, ...]  ``インデックスの状態``には下記の項目がハッシュ形式で出"
-"力されます。  ``flags``    指定されているフラグ値です。16進数で表現されていま"
-"す。  ``max sid``    セグメントのうち最も大きなIDです。  ``number of garbage "
-"segments``    ゴミセグメントの数です。  ``number of array segments``    配列"
-"セグメントの数です。  ``max id of array segment``    配列セグメントのうち最も"
-"大きなIDです。  ``number of buffer segments``    バッファセグメントの数で"
-"す。  ``max id of buffer segment``    バッファセグメントのうち最も大きなIDで"
-"す。  ``max id of physical segment in use``    使用中の論理セグメントのうち最"
-"も大きなIDです。  ``number of unmanaged segments``    管理されていないセグメ"
-"ントの数です。  ``total chunk size``    チャンクサイズの合計です。  ``max id "
-"of chunk segments in use``    使用中のチャンクセグメントのうち最も大きなIDで"
-"す。  ``number of garbage chunk``    各チャンク毎のゴミの数です。  ``バッファ"
-"の状態``には下記の項目がハッシュ形式で出力されます。  ``buffer id``    バッ"
-"ファIDです。  ``chunk size``    チャンクのサイズです。  ``buffer term``    "
-"バッファ内にある語の一覧です。各語の状態は以下のような配列となっていま"
-"す。      [語, バッファに登録されている語のID, 用語集に登録されている語のID, "
-"バッファ内でのサイズ, チャンク内でのサイズ]  ``buffer free``    バッファの空"
-"き容量です。  ``size in buffer``    バッファの使用量です。  ``nterms``    "
-"バッファ内にある語の数です。  ``nterms with chunk``    バッファ内にある語のう"
-"ち、チャンクを使っている語の数です。"
-
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:69
-msgid "追加するselectorコマンドのlimit引数のデフォルト値を指定します。"
-msgstr "追加するselectorコマンドのlimit引数のデフォルト値を指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:17
-msgid "column_remove table name"
-msgstr "column_remove table name"
-
-#: ../../../source/commands/cache_limit.txt:50
-#: ../../../source/commands/check.txt:130
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:48
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:85
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:89
-#: ../../../source/commands/column_remove.txt:51
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:106
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:48
-#: ../../../source/commands/delete.txt:56 ../../../source/commands/dump.txt:45
-#: ../../../source/commands/load.txt:80
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:57
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:61
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:48
-#: ../../../source/commands/quit.txt:37
-#: ../../../source/commands/select.txt:247
-#: ../../../source/commands/shutdown.txt:37
-#: ../../../source/commands/status.txt:54
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:103
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:80
-#: ../../../source/commands/table_remove.txt:47
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:52
-msgid "例"
-msgstr "例"
-
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:87
-msgid "テーブルEntryに、ShortText型の値を格納するカラム、bodyを作成します。::"
-msgstr "テーブルEntryに、ShortText型の値を格納するカラム、bodyを作成します。::"
-
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:26
-msgid "現在、デフォルトのログ関数を用いている場合のみに対応しています。"
-msgstr "現在、デフォルトのログ関数を用いている場合のみに対応しています。"
+"作成するテーブルの属性を示す数値か、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名を指定"
+"します。(デフォルト値は0(=\"TABLE_HASH_KEY\"))"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:22
+# 4a2cda7f42ab464d80734212c070fb51
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:40
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるtable_listについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
+"主キー値をハッシュ表で管理するテーブルを作成します。ハッシュ表を使用したテー"
+"ブルでは、主キー値に完全一致するレコードを高速に検索することができます。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるtable_listについて説明します。組込コマンドは、"
-"groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
-"エストを送信することによって実行します。"
-
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:57
-msgid "追加するselectorコマンドのsortby引数のデフォルト値を指定します。"
-msgstr "追加するselectorコマンドのsortby引数のデフォルト値を指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:51
-#: ../../../source/commands/select.txt:112
-msgid "``scorer``"
-msgstr "``scorer``"
+"主キー値をハッシュ表で管理するテーブルを作成します。ハッシュ表を使用したテー"
+"ブルでは、主キー値に完全一致するレコードを高速に検索することができます。"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:94
+# 6c48c60a0165465ab4ec16c82f6999c4
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:43
 msgid ""
-"column_create Term entry_body COLUMN_INDEX|WITH_POSITION Entry body [true]"
+"主キー値をパトリシア木で管理するテーブルを作成します。パトリシア木を使用した"
+"テーブルでは、主キー値に完全一致するレコード、前方一致するレコード、および最"
+"長共通接頭辞となるレコードを高速に検索することができます。また、キー値の昇降"
+"順でレコードを取り出したり、キー値の範囲での検索を行うことができます。また、"
+"flagsの値に64を加えることによって、後方一致検索も可能となります。"
 msgstr ""
-"column_create Term entry_body COLUMN_INDEX|WITH_POSITION Entry body [true]"
-
-#: ../../../source/commands/log_reopen.txt:51
-msgid "log_reopen  [true]"
-msgstr "log_reopen  [true]"
-
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:81
-msgid "trigram(3文字の文字列要素をトークンとする)"
-msgstr "trigram(3文字の文字列要素をトークンとする)"
+"主キー値をパトリシア木で管理するテーブルを作成します。パトリシア木を使用した"
+"テーブルでは、主キー値に完全一致するレコード、前方一致するレコード、および最"
+"長共通接頭辞となるレコードを高速に検索することができます。また、キー値の昇降"
+"順でレコードを取り出したり、キー値の範囲での検索を行うことができます。また、"
+"flagsの値に64を加えることによって、後方一致検索も可能となります。"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:11
-msgid "table_list - DBに定義されているテーブルをリスト表示"
-msgstr "table_list - DBに定義されているテーブルをリスト表示"
+# a89bab58376444e7900f7ceae5fa45e5
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:46
+msgid ""
+"主キーを持たないテーブルを作成します。各レコードはIDのみによって特定すること"
+"ができます。"
+msgstr ""
+"主キーを持たないテーブルを作成します。各レコードはIDのみによって特定すること"
+"ができます。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:24
+# e8398b16ba294208a53497a05b0f94fa
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:49
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるdefine_selectorについて説明します。組込コマン"
-"ドは、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバ"
-"にリクエストを送信することによって実行します。"
+"複数のテーブルをまとめて操作するための仮想的なテーブル(view)を作成します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるdefine_selectorについて説明します。組込コマン"
-"ドは、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバ"
-"にリクエストを送信することによって実行します。"
+"複数のテーブルをまとめて操作するための仮想的なテーブル(view)を作成します。"
 
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:52
-msgid "defrag [300]"
-msgstr "defrag [300]"
+# fe9f2dabb65f41a49861f8f6fe989207
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:52
+msgid ""
+"語彙表となるパトリシア木型のテーブルにおいて、後方一致検索を可能とします。"
+msgstr ""
+"語彙表となるパトリシア木型のテーブルにおいて、後方一致検索を可能とします。"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:24
-msgid "column_listはテーブルに定義されているカラムをリスト表示します。"
-msgstr "column_listはテーブルに定義されているカラムをリスト表示します。"
+# 63efb01152ad499eb6c074b3110a3b26
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:55
+msgid ""
+"ハッシュ表型か、パトリシア木型のテーブルにおいて、主キー値を正規化した上で登"
+"録します。この値が指定されたテーブルではたとえば、主キー値'abc'と'ABC' は同一"
+"のレコードに対応するものとみなされます。"
+msgstr ""
+"ハッシュ表型か、パトリシア木型のテーブルにおいて、主キー値を正規化した上で登"
+"録します。この値が指定されたテーブルではたとえば、主キー値'abc'と'ABC' は同一"
+"のレコードに対応するものとみなされます。"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:37
-msgid "検索対象のテーブルを指定します。"
-msgstr "検索対象のテーブルを指定します。"
+# 32c9e532c5784c32b4e6dfd63cb28eb6
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:57
+msgid "``key_type``"
+msgstr "``key_type``"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:85
+# 327f0cf35a3a4028a443cd7445be03c0
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:59
 msgid ""
-"追加するselectorコマンドのdrilldown_offset引数のデフォルト値を指定します。"
+"主キー値の型を指定します。主キー値を持つテーブルに限り有効です。型にはgroonga"
+"の組込型か、同一データベースに定義済みのユーザ定義型、定義済みのテーブルを指"
+"定することができます。"
 msgstr ""
-"追加するselectorコマンドのdrilldown_offset引数のデフォルト値を指定します。"
-
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:39
-msgid "``correct``"
-msgstr "``correct``"
+"主キー値の型を指定します。主キー値を持つテーブルに限り有効です。型にはgroonga"
+"の組込型か、同一データベースに定義済みのユーザ定義型、定義済みのテーブルを指"
+"定することができます。"
 
-#: ../../../source/commands/defrag.txt:17
-msgid "defrag objname threshold"
-msgstr "defrag objname threshold"
+# 6a4ca1251c4e447a9259a264b9d8c7c2
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:61
+msgid "``value_type``"
+msgstr "``value_type``"
 
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:67
+# 3460175978db4586a71445e7ac7758a1
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:63
 msgid ""
-"{\"タイプ1\":[[\"候補1\", 候補1のスコア], [\"候補2\", 候補2のスコ"
-"ア], ...], ...}  ``タイプ``    types引数に指定した値。  ``候補``    補完・修"
-"正・提案の候補。  ``候補のスコア``    補完・修正・提案として優れたものほど高"
-"くなる数値。結果は、スコア順にソートされている。"
+"値の型を指定します。tableの値には固定長の型のみが指定できます。(可変長の値が"
+"必要な場合は別途カラムを作成します) 型にはgroongaの組込型か、同一データベース"
+"に定義済みのユーザ定義型、またはテーブルを指定することができます。(デフォルト"
+"はvalueなし)"
 msgstr ""
-"{\"タイプ1\":[[\"候補1\", 候補1のスコア], [\"候補2\", 候補2のスコ"
-"ア], ...], ...}  ``タイプ``    types引数に指定した値。  ``候補``    補完・修"
-"正・提案の候補。  ``候補のスコア``    補完・修正・提案として優れたものほど高"
-"くなる数値。結果は、スコア順にソートされている。"
+"値の型を指定します。tableの値には固定長の型のみが指定できます。(可変長の値が"
+"必要な場合は別途カラムを作成します) 型にはgroongaの組込型か、同一データベース"
+"に定義済みのユーザ定義型、またはテーブルを指定することができます。(デフォルト"
+"はvalueなし)"
 
-#: ../../../source/commands/column_create.txt:24
+# 047173a3edf94e329f384a2758fd91ba
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:65
+msgid "``default_tokenizer``"
+msgstr "``default_tokenizer``"
+
+# 496a99f4865749e9b13c0f86831edf90
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:67
 msgid ""
-"column_createは、使用しているデータベースのテーブルに対してカラムを追加しま"
-"す。"
+"作成するテーブルを語彙表として使用する場合、文字列を分割するトークナイザを指"
+"定します。"
 msgstr ""
-"column_createは、使用しているデータベースのテーブルに対してカラムを追加しま"
-"す。"
+"作成するテーブルを語彙表として使用する場合、文字列を分割するトークナイザを指"
+"定します。"
+
+# 0e860d0514e7489586a3811a508ae999
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:69
+msgid "組込のトークナイザとして、以下が準備されています。"
+msgstr "組込のトークナイザとして、以下が準備されています。"
+
+# f7c6cd68f48647ef9053fdb76ef810ef
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:72
+msgid "空白で区切られた文字列をトークンとする"
+msgstr "空白で区切られた文字列をトークンとする"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:100
-msgid "aにマッチし、bにはマッチしない"
-msgstr "aにマッチし、bにはマッチしない"
+# 8dd7d12fe130444cbac47821685da0f4
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:75
+msgid "unigram(1文字を1トークンとする)"
+msgstr "unigram(1文字を1トークンとする)"
+
+# b6afb576703549a0994ac31b3b7053bc
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:78
+msgid "bigram(2文字の文字列要素をトークンとする)"
+msgstr "bigram(2文字の文字列要素をトークンとする)"
 
-#: ../../../source/commands/delete.txt:60
-msgid "delete Entry abandon  [true]"
-msgstr "delete Entry abandon  [true]"
+# d1c944f29bea49079b3fb09bd77a8a11
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:81
+msgid "trigram(3文字の文字列要素をトークンとする)"
+msgstr "trigram(3文字の文字列要素をトークンとする)"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:240
+# ee49e5da977642f08ae12cee571273a5
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:84
 msgid ""
-"drilldown_output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム型が出力さ"
-"れます。"
+"形態素解析器mecabで解析した形態素をトークンとする。(mecabを組み込んだ場合のみ"
+"有効)"
 msgstr ""
-"drilldown_output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム型が出力さ"
-"れます。"
-
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:55
-msgid "テーブル名 Entry のカラム body のロックを解除する::"
-msgstr "テーブル名 Entry のカラム body のロックを解除する::"
+"形態素解析器mecabで解析した形態素をトークンとする。(mecabを組み込んだ場合のみ"
+"有効)"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:92
+# 63f504b9a8564c898a84fc210d428628
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:86
 msgid ""
-"column_list Entry  [[[\"id\", \"UInt32\"],   [\"name\",\"ShortText\"],   "
-"[\"path\",\"ShortText\"],   [\"type\",\"ShortText\"],   [\"flags\","
-"\"ShortText\"],   [\"domain\", \"ShortText\"],   [\"range\", \"ShortText"
-"\"],   [\"source\",\"ShortText\"]],  [258,   \"Entry.body\",   \"test."
-"db.0000102\",   \"var\",   \"COLUMN_SCALAR|COMPRESS_NONE|PERSISTENT\",   "
-"\"Entry\",   \"ShortText\",   []]]"
+"トークナイザが指定されなかった場合は、対象の文字列を分割せずに語彙表に登録し"
+"ます。"
 msgstr ""
-"column_list Entry  [[[\"id\", \"UInt32\"],   [\"name\",\"ShortText\"],   "
-"[\"path\",\"ShortText\"],   [\"type\",\"ShortText\"],   [\"flags\","
-"\"ShortText\"],   [\"domain\", \"ShortText\"],   [\"range\", \"ShortText"
-"\"],   [\"source\",\"ShortText\"]],  [258,   \"Entry.body\",   \"test."
-"db.0000102\",   \"var\",   \"COLUMN_SCALAR|COMPRESS_NONE|PERSISTENT\",   "
-"\"Entry\",   \"ShortText\",   []]]"
-
-#: ../../../source/commands/log_level.txt:33
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:33
-msgid "EMERG ALERT CRIT error warning notice info debug"
-msgstr "EMERG ALERT CRIT error warning notice info debug"
-
-#: ../../../source/commands/select.txt:86
-msgid "全文検索条件(カラム値が指定された文字列を含んでいる)"
-msgstr "全文検索条件(カラム値が指定された文字列を含んでいる)"
+"トークナイザが指定されなかった場合は、対象の文字列を分割せずに語彙表に登録し"
+"ます。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:176
-msgid "設定ファイル中のmatch-escalation-threshold設定項目"
-msgstr "設定ファイル中のmatch-escalation-threshold設定項目"
+# 58d735f0f34b405fadeb59aac9e9d5bd
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:105
+msgid "ShortText型の主キーを持つハッシュ表型のテーブル、Entryを作成します。::"
+msgstr "ShortText型の主キーを持つハッシュ表型のテーブル、Entryを作成します。::"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:214
+# b21784faf5a74dc9bf4dfbed35008cd4
+#: ../../../source/commands/table_create.txt:110
 msgid ""
-"output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム名が出力されます。"
+"ShortText型の主キーを持つパトリシア木型のテーブル、Termを作成します。主キー値"
+"は正規化して管理します。また、このテーブルを語彙表とする転置索引を作成する場"
+"合には、バイグラムの索引を作成します。::"
 msgstr ""
-"output_columnsに指定された条件に従って、対象となるカラム名が出力されます。"
-
-#: ../../../source/commands/delete.txt:6
-msgid "delete"
-msgstr "delete"
-
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:17
-msgid "view_add view table"
-msgstr "view_add view table"
+"ShortText型の主キーを持つパトリシア木型のテーブル、Termを作成します。主キー値"
+"は正規化して管理します。また、このテーブルを語彙表とする転置索引を作成する場"
+"合には、バイグラムの索引を作成します。::"
 
-#: ../../../source/commands/table_list.txt:74
-msgid "``テーブル情報n``"
-msgstr "``テーブル情報n``"
+# f13ad635819c453bba288955b255afa7
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:6
+msgid "table_list"
+msgstr "table_list"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:68
-msgid "一致条件(カラム値 == 値)"
-msgstr "一致条件(カラム値 == 値)"
+# f402e8f3448444a494190b917933e7ce
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:11
+msgid "table_list - DBに定義されているテーブルをリスト表示"
+msgstr "table_list - DBに定義されているテーブルをリスト表示"
 
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:22
+# e91cb3713ef94e42b9a671c2c5630bf9
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:22
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるlog_putについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるtable_listについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるlog_putについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるtable_listについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/log_put.txt:6
-msgid "log_put"
-msgstr "log_put"
+# d4921db7ded845b6b9c2b53f3d456b78
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:24
+msgid "table_listは、DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
+msgstr "table_listは、DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:37
+# 40769bccc4b64cb9b58603fd5b255827
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:37
+msgid "テーブル名一覧が以下の形式で返却されます。::"
+msgstr "テーブル名一覧が以下の形式で返却されます。::"
+
+# 3e38a48bac3447f884df312a69f227ad
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:41
+msgid "``テーブル情報名n``"
+msgstr "``テーブル情報名n``"
+
+# 8fcb029703d94793badda5decf5e9c09
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:43
 msgid ""
-"作成するテーブルの属性を示す数値か、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名を指定"
-"します。(デフォルト値は0(=\"TABLE_HASH_KEY\"))"
+"``テーブル情報n`` には複数の情報が含まれますが、そこに入る情報がどんな内容か"
+"を示す名前を出力します。 情報名は以下の通りです。"
 msgstr ""
-"作成するテーブルの属性を示す数値か、パイプ('|')で組み合わせたシンボル名を指定"
-"します。(デフォルト値は0(=\"TABLE_HASH_KEY\"))"
-
-#: ../../../source/commands/view_add.txt:29
-msgid "``view``"
-msgstr "``view``"
+"``テーブル情報n`` には複数の情報が含まれますが、そこに入る情報がどんな内容か"
+"を示す名前を出力します。 情報名は以下の通りです。"
 
-#: ../../../source/commands/check.txt:6
-msgid "check"
-msgstr "check"
+# d7cf7ba4141a4bc2b0d11f53c7d91d30
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:48
+msgid "テーブルオブジェクトに割り当てられたID"
+msgstr "テーブルオブジェクトに割り当てられたID"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:44
-msgid "カラム名 * 重み"
-msgstr "カラム名 * 重み"
+# 8d4d720c2d4e418c809f48a2a0f304a6
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:52
+msgid "テーブル名"
+msgstr "テーブル名"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:194
-msgid "``処理開始時間``"
-msgstr "``処理開始時間``"
+# 26f25981b82840569969c966fdd4edb4
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:56
+msgid "テーブルのレコードを格納するファイル名"
+msgstr "テーブルのレコードを格納するファイル名"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:130
-msgid "出力するカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。"
-msgstr "出力するカラム名のリストをカンマ(',')区切りで指定します。"
+# 620774f1558b4bb8a572538ab9a97618
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:60
+msgid "テーブルのflags属性"
+msgstr "テーブルのflags属性"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:11
-msgid "table_create - テーブルの追加"
-msgstr "table_create - テーブルの追加"
+# 0bfe8a11bb204c95902590a235089105
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:64
+msgid "主キー値の属する型"
+msgstr "主キー値の属する型"
 
-#: ../../../source/commands/load.txt:77
-msgid "テーブルに登録されたレコードの件数が返されます。"
-msgstr "テーブルに登録されたレコードの件数が返されます。"
+# 372405c977d949e6aa86b91cdda2494c
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:68
+msgid "valueが属する型"
+msgstr "valueが属する型"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:54
-msgid "以下の形式の文字列によって検索条件を指定します。"
-msgstr "以下の形式の文字列によって検索条件を指定します。"
+# 1d4e40d995b148f7aa48d7943dcbd335
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:70
+msgid "``テーブル情報型n``"
+msgstr "``テーブル情報型n``"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:43
-#: ../../../source/commands/select.txt:52
-#: ../../../source/commands/suggest.txt:55
-msgid "``query``"
-msgstr "``query``"
+# 0272113be6944f8fba54d646d9ab417d
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:72
+msgid "テーブル情報の型を出力します。"
+msgstr "テーブル情報の型を出力します。"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:26
-msgid ""
-"テーブルにカラムを追加する時にはcolumn_createコマンドを使用します。また、テー"
-"ブルを作成した時点でいくつかの疑似カラムが使用可能になっています。"
-msgstr ""
-"テーブルにカラムを追加する時にはcolumn_createコマンドを使用します。また、テー"
-"ブルを作成した時点でいくつかの疑似カラムが使用可能になっています。"
+# 9690cfb1187c4ae09e4d66ffa5458b79
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:74
+msgid "``テーブル情報n``"
+msgstr "``テーブル情報n``"
 
-#: ../../../source/commands/table_create.txt:86
+# 6ef9147488f24841b67e990eb94c027d
+#: ../../../source/commands/table_list.txt:76
 msgid ""
-"トークナイザが指定されなかった場合は、対象の文字列を分割せずに語彙表に登録し"
-"ます。"
+"``テーブル情報名n`` で示された情報の配列を出力します。 情報の順序は ``テーブ"
+"ル情報名n`` の順序と同じです。"
 msgstr ""
-"トークナイザが指定されなかった場合は、対象の文字列を分割せずに語彙表に登録し"
-"ます。"
+"``テーブル情報名n`` で示された情報の配列を出力します。 情報の順序は ``テーブ"
+"ル情報名n`` の順序と同じです。"
 
-#: ../../../source/commands/column_list.txt:49
-msgid "カラムオブジェクトに割り当てられたID"
-msgstr "カラムオブジェクトに割り当てられたID"
+# 90ef03cdd7a24296a948d50754f7270b
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:6
+msgid "table_remove"
+msgstr "table_remove"
 
-#: ../../../source/commands/define_selector.txt:81
-msgid ""
-"追加するselectorコマンドのdrilldown_output_columns引数のデフォルト値を指定し"
-"ます。"
-msgstr ""
-"追加するselectorコマンドのdrilldown_output_columns引数のデフォルト値を指定し"
-"ます。"
+# 76bdfa491a974ba3b2b47ed537f730ec
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:11
+msgid "table_remove - テーブルの削除"
+msgstr "table_remove - テーブルの削除"
 
-#: ../../../source/commands/dump.txt:42
+# bc721dbbdeeb4cdf9ae371bc120487d6
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:22
 msgid ""
-"データベースのスキーマとデータをgroongaの組み込みコマンド呼び出し形式で出力し"
-"ます。output_type指定は無視されます。"
+"groonga組込コマンドの一つであるtable_removeについて説明します。組込コマンド"
+"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
+"リクエストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"データベースのスキーマとデータをgroongaの組み込みコマンド呼び出し形式で出力し"
-"ます。output_type指定は無視されます。"
+"groonga組込コマンドの一つであるtable_removeについて説明します。組込コマンド"
+"は、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバに"
+"リクエストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/clearlock.txt:24
+# baf71eb8bb8b4674a08991a83545ae27
+#: ../../../source/commands/table_remove.txt:24
 msgid ""
-"clearlockは、対象となるオブジェクト(データベース,テーブル,インデックス等)を指"
-"定し、オブジェクトにかけられたロックを再帰的に解除します。"
+"table_removeはテーブルと定義されているカラムを削除します。カラムに付随するイ"
+"ンデックスも再帰的に削除されます。"
 msgstr ""
-"clearlockは、対象となるオブジェクト(データベース,テーブル,インデックス等)を指"
-"定し、オブジェクトにかけられたロックを再帰的に解除します。"
+"table_removeはテーブルと定義されているカラムを削除します。カラムに付随するイ"
+"ンデックスも再帰的に削除されます。"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:136
-msgid ""
-"検索条件にマッチしたレコードのうち、出力対象となる最初のレコードの番号を0ベー"
-"スで指定します。デフォルト値は0です。offsetに負の値を指定した場合は、ヒットし"
-"た件数 + offset によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
-msgstr ""
-"検索条件にマッチしたレコードのうち、出力対象となる最初のレコードの番号を0ベー"
-"スで指定します。デフォルト値は0です。offsetに負の値を指定した場合は、ヒットし"
-"た件数 + offset によって算出される値が指定されたものとみなされます。"
+# cf5df90ebcd2492e8a5a276897aabe2b
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:6
+msgid "view_add"
+msgstr "view_add"
 
-#: ../../../source/commands/select.txt:198
-msgid "``処理時間``"
-msgstr "``処理時間``"
+# 3bacf4d548d94083b9e422d08d2640b5
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:11
+msgid "view_add - view型のテーブルに要素となるテーブルを追加"
+msgstr "view_add - view型のテーブルに要素となるテーブルを追加"
 
-#: ../../../source/commands/status.txt:22
+# 6a7da323d3db476d8a9005aed6cc91e2
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:22
 msgid ""
-"groonga組込コマンドの一つであるstatusについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるview_addについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 msgstr ""
-"groonga組込コマンドの一つであるstatusについて説明します。組込コマンドは、"
+"groonga組込コマンドの一つであるview_addについて説明します。組込コマンドは、"
 "groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリク"
 "エストを送信することによって実行します。"
 
-#: ../../../source/commands/status.txt:39
-msgid ""
-"下記の項目がハッシュ形式で出力されます。  ``alloc_count``    groongaプロセス"
-"の内部でアロケートされ、まだ解放されてないメモリブロックの数を示します。"
-"groongaをbuildする際に、configureオプションで --enable-exact-alloc-countが指"
-"定されていたならば、正確な値を返します。それ以外の場合は不正確な値を返す場合"
-"があります。  ``starttime``    groongaプロセスが起動した時刻のtvsec値を返しま"
-"す。  ``uptime``    groongaプロセスが起動してから経過した秒数を返します。"
-msgstr ""
-"下記の項目がハッシュ形式で出力されます。  ``alloc_count``    groongaプロセス"
-"の内部でアロケートされ、まだ解放されてないメモリブロックの数を示します。"
-"groongaをbuildする際に、configureオプションで --enable-exact-alloc-countが指"
-"定されていたならば、正確な値を返します。それ以外の場合は不正確な値を返す場合"
-"があります。  ``starttime``    groongaプロセスが起動した時刻のtvsec値を返しま"
-"す。  ``uptime``    groongaプロセスが起動してから経過した秒数を返します。"
+# 089d0bf86136466ead702e96dc035812
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:24
+msgid "view_addは、view型のテーブルに要素となるテーブルを定義します。"
+msgstr "view_addは、view型のテーブルに要素となるテーブルを定義します。"
+
+# c960e748780a4dc598651b8c38c44716
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:29
+msgid "``view``"
+msgstr "``view``"
+
+# 604c3dbbbe7d4106b589d98e04b1fcb2
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:31
+msgid "テーブルを追加するview型のテーブルの名前を指定します。"
+msgstr "テーブルを追加するview型のテーブルの名前を指定します。"
+
+# 255906897b464f82ae27e76ac7c9103b
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:35
+msgid "view型のテーブルに追加されるテーブルの名前を指定します。"
+msgstr "view型のテーブルに追加されるテーブルの名前を指定します。"
+
+# 4c576755fa1e484886b5f42b0ebdfdba
+#: ../../../source/commands/view_add.txt:54
+msgid "view_add Ventry Entry [true]"
+msgstr "view_add Ventry Entry [true]"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/community.po (+21 -16)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/community.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (04ab651)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/community.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (3feb3a9)
@@ -1,30 +1,28 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:53+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/community.txt:14
-msgid "There are mailing lists for discussion about groonga."
-msgstr "There are mailing lists for discussion about groonga."
-
-#: ../../../source/community.txt:17
-msgid "`groon****@lists*****`_"
-msgstr "`groon****@lists*****`_"
+# 873511a182034f9ea690c4520bf1f620
+#: ../../../source/community.txt:6
+msgid "Community"
+msgstr "Community"
 
+# d0b8243ca17340f49b825f5461e45db9
 #: ../../../source/community.txt:8
 msgid ""
 "There are some places for sharing groonga information. We welcome you to "
@@ -33,10 +31,17 @@ msgstr ""
 "There are some places for sharing groonga information. We welcome you to "
 "join our community."
 
-#: ../../../source/community.txt:6
-msgid "Community"
-msgstr "Community"
-
+# 12e8c6dbb88444a88dd980e91ca91ff6
 #: ../../../source/community.txt:12
 msgid "Mailing List"
 msgstr "Mailing List"
+
+# 5b9a3e8bbc1841dba9b1e1983126e059
+#: ../../../source/community.txt:14
+msgid "There are mailing lists for discussion about groonga."
+msgstr "There are mailing lists for discussion about groonga."
+
+# 7e973f6fe4a54fca82f96557a5ef88d5
+#: ../../../source/community.txt:17
+msgid "`groon****@lists*****`_"
+msgstr "`groon****@lists*****`_"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/conf.po (+3 -3)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/conf.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (66e6f37)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/conf.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (70d08ac)
@@ -5,10 +5,10 @@
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: groonga 1.2.4\n"
+"Project-Id-Version: groonga 1.2.5\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53+0900\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:53+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:00+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
 "Language: en\n"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/contribution.po (+876 -950)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/contribution.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (724e4be)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/contribution.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (21bd31f)
@@ -1,272 +1,206 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:53+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:42
+# 9d277b0739ed4db0a9fd8163410ca288
+#: ../../../source/contribution.txt:6
+msgid "How to contribute to groonga"
+msgstr "How to contribute to groonga"
+
+# b3357c9f11a4420180892c3c9d284074
+#: ../../../source/contribution.txt:8
 msgid ""
-"# Please fork https://github.com/groonga/groonga on GitHub % git clone "
-"https://github.com/${YOUR_GITHUB_ACCOUNT}/groonga.git % ./autogen.sh % ./"
-"configure % cd doc/locale/${LANGUAGE}/LC_MESSAGES # ${LANGUAGE} is language "
-"code such as 'ja'. % make update # *.po are updated % editor *.po # "
-"translate *.po # you can use your favorite editor % cd .. % make html % "
-"browser html/index.html # confirm translation % git add LC_MESSAGES/*.po % "
-"git commit % git push"
+"We are welcome to you contribute the groonga project. There are many ways to "
+"contribute such as use, introduction, bug report, development and "
+"documentation."
 msgstr ""
-"# Please fork https://github.com/groonga/groonga on GitHub % git clone "
-"https://github.com/${YOUR_GITHUB_ACCOUNT}/groonga.git % ./autogen.sh % ./"
-"configure % cd doc/locale/${LANGUAGE}/LC_MESSAGES # ${LANGUAGE} is language "
-"code such as 'ja'. % make update # *.po are updated % editor *.po # "
-"translate *.po # you can use your favorite editor % cd .. % make html % "
-"browser html/index.html # confirm translation % git add LC_MESSAGES/*.po % "
-"git commit % git push"
+"We are welcome to you contribute the groonga project. There are many ways to "
+"contribute such as use, introduction, bug report, development and "
+"documentation."
 
-#: ../../../source/contribution/development/com.txt:15
-msgid "workerは上限が個定数。"
-msgstr "workerは上限が個定数。"
+# 75447cb3ed4d44dc915bfbc3f30756f8
+#: ../../../source/contribution.txt:13
+msgid "Please read this document."
+msgstr "Please read this document."
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:93
-msgid "v1の値がv2の値よりも大きいことを表します。"
-msgstr "v1の値がv2の値よりも大きいことを表します。"
+# f7dc422b7a2f4bca828cdc07ee15e8da
+#: ../../../source/contribution.txt:15
+msgid "Please talk your friends about groonga."
+msgstr "Please talk your friends about groonga."
 
-#: ../../../source/contribution/development/com.txt:14
-msgid "workerはthreadと1対1対応。"
-msgstr "workerはthreadと1対1対応。"
+# 6f7cbc7a1e9f457fbdc0e95368a32c18
+#: ../../../source/contribution.txt:17
+msgid "We describe about them in this section."
+msgstr "We describe about them in this section."
 
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:29
-msgid "rst2pdfのインストール"
-msgstr "rst2pdfのインストール"
+# 12e8b6c589fe4c9886326d7276d8207a
+#: ../../../source/contribution/development.txt:6
+msgid "groonga開発者向け情報"
+msgstr "groonga開発者向け情報"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:27
-msgid "Here is a translation flow:"
-msgstr "Here is a translation flow:"
+# 66ef6db3c8e1446e83ae114d5f38463a
+#: ../../../source/contribution/development/com.txt:4
+msgid "groonga 通信アーキテクチャ"
+msgstr "groonga 通信アーキテクチャ"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:97
-msgid "It is a .po editor and works on many platform."
-msgstr "It is a .po editor and works on many platform."
+# acbc8ddec50546ea98a2819f6f9797d2
+#: ../../../source/contribution/development/com.txt:7
+msgid "gqtpでのアーキテクチャ"
+msgstr "gqtpでのアーキテクチャ"
+
+# 7386f817d50140adad964af4e41eb50e
+#: ../../../source/contribution/development/com.txt:9
+msgid "comが外部からの接続を受け付ける。"
+msgstr "comが外部からの接続を受け付ける。"
+
+# b03bb6d8a5a246fbacafce9526e6a931
+#: ../../../source/contribution/development/com.txt:10
+msgid "comは1スレッド。"
+msgstr "comは1スレッド。"
 
+# d824420657494f808d43dcae4808657a
 #: ../../../source/contribution/development/com.txt:11
 msgid "comがedgeを作る。"
 msgstr "comがedgeを作る。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:154
-msgid ""
-"GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, table, query, var); grn_expr_append_obj(ctx, "
-"query, contain, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_obj(ctx, query, column1, "
-"GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_const(ctx, query, string, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, exact, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, score1, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_op"
-"(ctx, query, GRN_OP_CALL, 5); result = grn_table_select(ctx, table, query, "
-"NULL, GRN_OP_OR); grn_obj_close(ctx, query); GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, "
-"table, query, var); grn_expr_append_obj(ctx, query, contain, GRN_OP_PUSH, "
-"1); grn_expr_append_obj(ctx, query, column2, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, string, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, exact, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, score2, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_op"
-"(ctx, query, GRN_OP_CALL, 5); grn_table_select(ctx, table, query, result, "
-"GRN_OP_ADJUST); grn_obj_close(ctx, query);"
-msgstr ""
-"GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, table, query, var); grn_expr_append_obj(ctx, "
-"query, contain, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_obj(ctx, query, column1, "
-"GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_const(ctx, query, string, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, exact, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, score1, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_op"
-"(ctx, query, GRN_OP_CALL, 5); result = grn_table_select(ctx, table, query, "
-"NULL, GRN_OP_OR); grn_obj_close(ctx, query); GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, "
-"table, query, var); grn_expr_append_obj(ctx, query, contain, GRN_OP_PUSH, "
-"1); grn_expr_append_obj(ctx, query, column2, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, string, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, exact, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, score2, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_op"
-"(ctx, query, GRN_OP_CALL, 5); grn_table_select(ctx, table, query, result, "
-"GRN_OP_ADJUST); grn_obj_close(ctx, query);"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:105
-msgid ""
-"v1の値がv2の値を含んでいることを表します。また、v1の値が要素に分解されると"
-"き、それぞれの要素に対して二つ目の要素が一致するためのmodeとして下記のいずれ"
-"かを指定することができます。"
-msgstr ""
-"v1の値がv2の値を含んでいることを表します。また、v1の値が要素に分解されると"
-"き、それぞれの要素に対して二つ目の要素が一致するためのmodeとして下記のいずれ"
-"かを指定することができます。"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:29
-msgid "clangのインストール"
-msgstr "clangのインストール"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:14
-msgid "groongaは、テストのフレームワークとして Cutter_ を用いています。"
-msgstr "groongaは、テストのフレームワークとして Cutter_ を用いています。"
-
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:38
-msgid "以下のコマンドでpdfが作成されます。::"
-msgstr "以下のコマンドでpdfが作成されます。::"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:77
-msgid ""
-"関係式は、検索しようとしているデータが満たすべき条件を、指定した値の間の関係"
-"として表現します。いずれの関係式も、その関係が成り立ったときに評価される"
-"callback、コールバック関数に渡されるargとを引数として指定することができます。"
-"callbackが与えられず、argのみが数値で与えられた場合はスコア値の係数とみなされ"
-"ます。主な関係式について説明します。"
-msgstr ""
-"関係式は、検索しようとしているデータが満たすべき条件を、指定した値の間の関係"
-"として表現します。いずれの関係式も、その関係が成り立ったときに評価される"
-"callback、コールバック関数に渡されるargとを引数として指定することができます。"
-"callbackが与えられず、argのみが数値で与えられた場合はスコア値の係数とみなされ"
-"ます。主な関係式について説明します。"
+# ed69893fc405449db5bfca923bf4855c
+#: ../../../source/contribution/development/com.txt:12
+msgid "edgeは接続と1対1対応。"
+msgstr "edgeは接続と1対1対応。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:77
-msgid "特定のテストファイルのみテストする"
-msgstr "特定のテストファイルのみテストする"
+# f4c542655f8a406cbee4f8d75ccdf174
+#: ../../../source/contribution/development/com.txt:13
+msgid "edgeはctxを含む。"
+msgstr "edgeはctxを含む。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:47
-msgid ""
-"equal(==) not_equal(!=) less(<) greater(>) less_equal(<=) greater_equal(>=) "
-"contain() near() similar() prefix() suffix()"
-msgstr ""
-"equal(==) not_equal(!=) less(<) greater(>) less_equal(<=) greater_equal(>=) "
-"contain() near() similar() prefix() suffix()"
+# 42b02a473551409d99474b4087f0d772
+#: ../../../source/contribution/development/com.txt:14
+msgid "workerはthreadと1対1対応。"
+msgstr "workerはthreadと1対1対応。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:112
-msgid ""
-"% scan-build ./configure --prefix=/usr % make clean % scan-build -o ./"
-"scan_build make -j4"
-msgstr ""
-"% scan-build ./configure --prefix=/usr % make clean % scan-build -o ./"
-"scan_build make -j4"
+# fdf49ed39e1d4d0fb2fe236773210417
+#: ../../../source/contribution/development/com.txt:15
+msgid "workerは上限が個定数。"
+msgstr "workerは上限が個定数。"
 
+# 48575f7023934c919dcf001137002031
 #: ../../../source/contribution/development/com.txt:16
 msgid "workerは、1つのedgeと結びつくことができる。"
 msgstr "workerは、1つのedgeと結びつくことができる。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:33
-msgid "% sudo aptitude install -y clang"
-msgstr "% sudo aptitude install -y clang"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:128
-msgid "suffix(v1, v2, arg, callback)"
-msgstr "suffix(v1, v2, arg, callback)"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:156
-msgid "How to send patch"
-msgstr "How to send patch"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:67
-msgid "% cd groonga % ./autogen.sh % ./configure"
-msgstr "% cd groonga % ./autogen.sh % ./configure"
+# 10c3e6f75f32421e80101e2f3c1f4124
+#: ../../../source/contribution/development/com.txt:18
+msgid "edgeごとにqueueを持つ。"
+msgstr "edgeごとにqueueを持つ。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:164
+# a3f2634ab1b04d2584de56db77d66369
+#: ../../../source/contribution/development/com.txt:19
 msgid ""
-"You can find 000X-YYY.patch files in the current directory. Please send "
-"those files to us!"
+"msgはcomによって、edgeのqueueにenqueueされる。 edgeがworkerに結びついていない"
+"ときは、同時に、ctx_newというqueueに、msgをenqueueした対象のedgeをenqueueす"
+"る。"
 msgstr ""
-"You can find 000X-YYY.patch files in the current directory. Please send "
-"those files to us!"
+"msgはcomによって、edgeのqueueにenqueueされる。 edgeがworkerに結びついていない"
+"ときは、同時に、ctx_newというqueueに、msgをenqueueした対象のedgeをenqueueす"
+"る。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:139
-msgid "How to send pull request"
-msgstr "How to send pull request"
+# eb9692e56ae94477b475b808c582c3d2
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:6
+msgid "ドキュメント作成"
+msgstr "ドキュメント作成"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:200
+# 47e5d6d9b1b8462c8a13a663690b2c7a
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:9
+msgid "Sphinxのインストール"
+msgstr "Sphinxのインストール"
+
+# bab0e5725d114a799cf5fb729d77f2d0
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:11
 msgid ""
-"tableのcolumn1の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて得られるス"
-"コア値にscore1を積算してresultにセットします。得られた検索結果数がt1よりも小"
-"さい場合は、partialモードで再度検索し、ヒットしたレコードについて得られるスコ"
-"ア値にscore2を積算してresultに追加します。"
+"groongaのドキュメントは、Sphinxというツールを用いて作成されています。Sphinxは"
+"以下のように導入します。::"
 msgstr ""
-"tableのcolumn1の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて得られるス"
-"コア値にscore1を積算してresultにセットします。得られた検索結果数がt1よりも小"
-"さい場合は、partialモードで再度検索し、ヒットしたレコードについて得られるスコ"
-"ア値にscore2を積算してresultに追加します。"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:187
-msgid "Please substitute `${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'."
-msgstr "Please substitute `${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'."
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:30
-msgid "Update .po files."
-msgstr "Update .po files."
+"groongaのドキュメントは、Sphinxというツールを用いて作成されています。Sphinxは"
+"以下のように導入します。::"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:170
-msgid "How to send .po files"
-msgstr "How to send .po files"
+# 24646970413b4b72b651799a42dadffe
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:17
+msgid "htmlの作成"
+msgstr "htmlの作成"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:97
-msgid "デバッガ上でのテスト実行"
-msgstr "デバッガ上でのテスト実行"
+# 8cd155c26212405fb02515f1a11f917a
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:19
+msgid "以下のコマンドでhtmlが作成されます。::"
+msgstr "以下のコマンドでhtmlが作成されます。::"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:172
+# 354e9c55e4824d9eb203acb610b469f3
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:26
 msgid ""
-"Please archive doc/locale/${LANGUAGE}/LC_MESSAGES/ (Please substitute `"
-"${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'.) and send it to us! We "
-"extract and merge them to the groonga repository."
+"groongaのドキュメントは、pdf出力することもできます。rst2pdfと、IPAフォント"
+"(IPA Gothic/IPAexGothic)が必要となります。"
 msgstr ""
-"Please archive doc/locale/${LANGUAGE}/LC_MESSAGES/ (Please substitute `"
-"${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'.) and send it to us! We "
-"extract and merge them to the groonga repository."
+"groongaのドキュメントは、pdf出力することもできます。rst2pdfと、IPAフォント"
+"(IPA Gothic/IPAexGothic)が必要となります。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/c-api.txt:8
-msgid ""
-"We still have C API documentation in include/groonga.h. But we want to move "
-"them into doc/source/c-api/\\*.txt. We welcome to you help us by moving C "
-"API documentation."
-msgstr ""
-"We still have C API documentation in include/groonga.h. But we want to move "
-"them into doc/source/c-api/\\*.txt. We welcome to you help us by moving C "
-"API documentation."
+# d9072255ce754a67aca299db11b00c13
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:29
+msgid "rst2pdfのインストール"
+msgstr "rst2pdfのインストール"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:54
-msgid "make coverage"
-msgstr "make coverage"
+# a2552c1f27f84d49842965758f90c32a
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:31
+msgid "以下のようにしてインストールできます。::"
+msgstr "以下のようにしてインストールできます。::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/com.txt:13
-msgid "edgeはctxを含む。"
-msgstr "edgeはctxを含む。"
+# 554f4357153b4da3af054ea729d74d32
+# 1582267a5346401f81379d7cd8bb9a65
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:36
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:24,
+msgid "pdfの作成"
+msgstr "pdfの作成"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:18
-msgid "DB_API"
-msgstr "DB_API"
+# b5d40efed0584044b792c7434373f128
+#: ../../../source/contribution/development/document.txt:38
+msgid "以下のコマンドでpdfが作成されます。::"
+msgstr "以下のコマンドでpdfが作成されます。::"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:33
-msgid "Confirm HTML output."
-msgstr "Confirm HTML output."
+# 893c493414bc4d3c8b43696bf5303268
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:6
+msgid "クエリの実現"
+msgstr "クエリの実現"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:72
+# 954c8b8d9b5d4bab84ac00a6fdda3591
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:8
 msgid ""
-"grn_table_select()は、データベース上に定義されたテーブルや索引などを組み合わ"
-"せて可能な限り高速に指定されたクエリを実行しようとします。"
+"groongaのデータベースには大量のデータを格納し、その中から必要な部分を高速に取"
+"り出すことができます。必要な部分をgroongaのデータベースに問い合わせるためのク"
+"エリの表現と実行に関して、groongaは複数の手段を用意しています。"
 msgstr ""
-"grn_table_select()は、データベース上に定義されたテーブルや索引などを組み合わ"
-"せて可能な限り高速に指定されたクエリを実行しようとします。"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:40
-msgid "&& (論理積) || (論理和) !  (否定)"
-msgstr "&& (論理積) || (論理和) !  (否定)"
-
-#: ../../../source/contribution/development.txt:6
-msgid "groonga開発者向け情報"
-msgstr "groonga開発者向け情報"
+"groongaのデータベースには大量のデータを格納し、その中から必要な部分を高速に取"
+"り出すことができます。必要な部分をgroongaのデータベースに問い合わせるためのク"
+"エリの表現と実行に関して、groongaは複数の手段を用意しています。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/c-api.txt:6
-msgid "C API"
-msgstr "C API"
+# 5fe69d1e91664026b251b439b9f42bfa
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:11
+msgid "クエリ実行のためのインタフェース"
+msgstr "クエリ実行のためのインタフェース"
 
+# 33e64f1d73fc4dd98ed4bfc23e01efb6
 #: ../../../source/contribution/development/query.txt:13
 msgid ""
 "groongaは低機能で単純なライブラリインタフェースから、高機能で複雑なコマンドイ"
@@ -277,22 +211,59 @@ msgstr ""
 "ンタフェースまでいくつかの階層的なインタフェースをユーザプログラムに提供して"
 "います。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:31
-msgid "以下のようにしてインストールできます。::"
-msgstr "以下のようにしてインストールできます。::"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:123
-msgid "How to confirm HTML output"
-msgstr "How to confirm HTML output"
+# 034bee00023448d8b55b9077ff533483
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:15
+msgid ""
+"クエリ実行のためのインタフェースも階層的なインタフェースのそれぞれに対応する"
+"形で用意されています。以下に低レイヤなインタフェースから順に説明します。"
+msgstr ""
+"クエリ実行のためのインタフェースも階層的なインタフェースのそれぞれに対応する"
+"形で用意されています。以下に低レイヤなインタフェースから順に説明します。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:13
-msgid "# aptitude install python-setuptools # easy_install -U sphinx"
-msgstr "# aptitude install python-setuptools # easy_install -U sphinx"
+# b0a340d588984060bfaa810546d67869
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:18
+msgid "DB_API"
+msgstr "DB_API"
 
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:9
-msgid "Sphinxのインストール"
-msgstr "Sphinxのインストール"
+# d99e13ce06e04fe3bbfd45b5e46a14a3
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:20
+msgid ""
+"DB_APIは、groongaデータベースを操作するための一群のC言語向けAPI関数を提供しま"
+"す。DB_APIはデータベースを構成する個々の部分に対する単純な操作関数を提供しま"
+"す。DB_APIの機能を組み合わせることによって複雑なクエリを実行することができま"
+"す。後述のすべてのクエリインタフェースはDB_APIの機能を組み合わせることによっ"
+"て実現されています。"
+msgstr ""
+"DB_APIは、groongaデータベースを操作するための一群のC言語向けAPI関数を提供しま"
+"す。DB_APIはデータベースを構成する個々の部分に対する単純な操作関数を提供しま"
+"す。DB_APIの機能を組み合わせることによって複雑なクエリを実行することができま"
+"す。後述のすべてのクエリインタフェースはDB_APIの機能を組み合わせることによっ"
+"て実現されています。"
+
+# cd38158d706549ea84483f6aac6c1739
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:23
+msgid "grn_expr"
+msgstr "grn_expr"
+
+# a99676cc3f1e440a86a70c2eb0c165a5
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:25
+msgid ""
+"grn_exprは、groongaデータベースに対する検索処理や更新処理のための条件を表現す"
+"るためのデータ構造で、複数の条件を再帰的に組み合わせてより複雑な条件を表現す"
+"ることができます。grn_exprによって表現されたクエリを実行するためには、"
+"grn_table_select()関数を使用します。"
+msgstr ""
+"grn_exprは、groongaデータベースに対する検索処理や更新処理のための条件を表現す"
+"るためのデータ構造で、複数の条件を再帰的に組み合わせてより複雑な条件を表現す"
+"ることができます。grn_exprによって表現されたクエリを実行するためには、"
+"grn_table_select()関数を使用します。"
+
+# 0a9082f05c154c8c995bd5c1b0eac43f
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:28
+msgid "groonga実行ファイル"
+msgstr "groonga実行ファイル"
 
+# b6265e7b58b549e880afb8204ddae9a9
 #: ../../../source/contribution/development/query.txt:30
 msgid ""
 "groongaデータベースを操作するためのコマンドインタープリタです。渡されたコマン"
@@ -311,208 +282,292 @@ msgstr ""
 "DB_APIを使ってデータベースを操作するかはコマンド毎に自由に決めることができま"
 "す。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:6
-msgid "I18N"
-msgstr "I18N"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:133
-msgid "How to send your works"
-msgstr "How to send your works"
+# 5c322d9cdbdf487c8080d823d436a3f4
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:33
+msgid "grn_exprで表現できるクエリ"
+msgstr "grn_exprで表現できるクエリ"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:94
-msgid "% CUTTER_CHECK_LEAK=yes make check"
-msgstr "% CUTTER_CHECK_LEAK=yes make check"
+# a398584855a24aafb75639d8896c66d1
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:35
+msgid ""
+"grn_exprは代入や関数呼び出しのような様々な操作を表現できますが、この中で検索"
+"クエリを表現するgrn_exprのことを特に条件式とよびます。条件式を構成する個々の"
+"要素を関係式と呼びます。条件式は一個以上の関係式か、あるいは条件式を論理演算"
+"子で結合したものです。"
+msgstr ""
+"grn_exprは代入や関数呼び出しのような様々な操作を表現できますが、この中で検索"
+"クエリを表現するgrn_exprのことを特に条件式とよびます。条件式を構成する個々の"
+"要素を関係式と呼びます。条件式は一個以上の関係式か、あるいは条件式を論理演算"
+"子で結合したものです。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:104
-msgid "contain(v1, v2, mode, arg, callback)"
-msgstr "contain(v1, v2, mode, arg, callback)"
+# 16af222b3d8a4c69994355d9421d4b8e
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:37
+msgid "論理演算子は、以下の3種類があります。 ::"
+msgstr "論理演算子は、以下の3種類があります。 ::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:22
-msgid "lcovのインストール"
-msgstr "lcovのインストール"
+# 7f8f2dd2221944708b6d55f1a2dc1082
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:44
+msgid ""
+"関係式は、下記の11種類が用意されています。また、ユーザが定義した関数を新たな"
+"関係式として使うこともできます。 ::"
+msgstr ""
+"関係式は、下記の11種類が用意されています。また、ユーザが定義した関数を新たな"
+"関係式として使うこともできます。 ::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:100
-msgid "greater_equal(v1, v2, arg, callback)"
-msgstr "greater_equal(v1, v2, arg, callback)"
+# 345294d07b8b4576ad6c65d81b7d0d69
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:60
+msgid "grn_table_select()"
+msgstr "grn_table_select()"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:143
-msgid "% git add doc/locale/ja/LC_MESSAGES/*.po % git commit % git push"
-msgstr "% git add doc/locale/ja/LC_MESSAGES/*.po % git commit % git push"
+# 90cdc81fc1ee4ed7a62d7b57b3738234
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:62
+msgid ""
+"grn_table_select()関数は、grn_exprで表現された検索クエリを実行するときに使い"
+"ます。引数として、検索対象となるテーブル、クエリを表すgrn_expr、検索結果を格"
+"納するテーブル、それに検索にマッチしたレコードを検索結果にどのように反映する"
+"かを指定する演算子を渡します。演算子と指定できるのは下記の4種類です。 ::"
+msgstr ""
+"grn_table_select()関数は、grn_exprで表現された検索クエリを実行するときに使い"
+"ます。引数として、検索対象となるテーブル、クエリを表すgrn_expr、検索結果を格"
+"納するテーブル、それに検索にマッチしたレコードを検索結果にどのように反映する"
+"かを指定する演算子を渡します。演算子と指定できるのは下記の4種類です。 ::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:12
-msgid "Cutterのインストール"
-msgstr "Cutterのインストール"
+# 41e69e8c8bb440f3a47e7a1cf2989920
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:70
+msgid ""
+"GRN_OP_ORは、検索対象テーブルの中からクエリにマッチするレコードを検索結果テー"
+"ブルに加えます。GRN_OP_OR以外の演算子は、検索結果テーブルが空でない場合にだけ"
+"意味を持ちます。GRN_OP_ANDは、検索結果テーブルの中からクエリにマッチしないレ"
+"コードを取り除きます。GRN_OP_BUTは、検索結果テーブルの中からクエリにマッチす"
+"るレコードを取り除きます。GRN_OP_ADJUSTは、検索結果テーブルの中でクエリにマッ"
+"チするレコードに対してスコア値の更新のみを行います。"
+msgstr ""
+"GRN_OP_ORは、検索対象テーブルの中からクエリにマッチするレコードを検索結果テー"
+"ブルに加えます。GRN_OP_OR以外の演算子は、検索結果テーブルが空でない場合にだけ"
+"意味を持ちます。GRN_OP_ANDは、検索結果テーブルの中からクエリにマッチしないレ"
+"コードを取り除きます。GRN_OP_BUTは、検索結果テーブルの中からクエリにマッチす"
+"るレコードを取り除きます。GRN_OP_ADJUSTは、検索結果テーブルの中でクエリにマッ"
+"チするレコードに対してスコア値の更新のみを行います。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:33
-msgid "# easy_install rst2pdf"
-msgstr "# easy_install rst2pdf"
+# 1e6d709f6f8a45e9a1e227aa03b5af70
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:72
+msgid ""
+"grn_table_select()は、データベース上に定義されたテーブルや索引などを組み合わ"
+"せて可能な限り高速に指定されたクエリを実行しようとします。"
+msgstr ""
+"grn_table_select()は、データベース上に定義されたテーブルや索引などを組み合わ"
+"せて可能な限り高速に指定されたクエリを実行しようとします。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:141
-msgid "Here are command lines to send pull request::"
-msgstr "Here are command lines to send pull request::"
+# 7bfae4cb06194770ad633369a1f7a892
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:75
+msgid "関係式"
+msgstr "関係式"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:109
+# fc463530a52f43909b2b774d78d28e48
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:77
 msgid ""
-"EXACT: v2の値もv1の値と同様に要素に分解したとき、それぞれの要素が完全に一致す"
-"る(デフォルト) UNSPLIT: v2の値は要素に分解しない PREFIX: v1の値の要素がv2の値"
-"に前方一致する SUFFIX: v1の値の要素がv2の値に後方一致する PARTIAL: v1の値の要"
-"素がv2の値に中間一致する"
+"関係式は、検索しようとしているデータが満たすべき条件を、指定した値の間の関係"
+"として表現します。いずれの関係式も、その関係が成り立ったときに評価される"
+"callback、コールバック関数に渡されるargとを引数として指定することができます。"
+"callbackが与えられず、argのみが数値で与えられた場合はスコア値の係数とみなされ"
+"ます。主な関係式について説明します。"
 msgstr ""
-"EXACT: v2の値もv1の値と同様に要素に分解したとき、それぞれの要素が完全に一致す"
-"る(デフォルト) UNSPLIT: v2の値は要素に分解しない PREFIX: v1の値の要素がv2の値"
-"に前方一致する SUFFIX: v1の値の要素がv2の値に後方一致する PARTIAL: v1の値の要"
-"素がv2の値に中間一致する"
+"関係式は、検索しようとしているデータが満たすべき条件を、指定した値の間の関係"
+"として表現します。いずれの関係式も、その関係が成り立ったときに評価される"
+"callback、コールバック関数に渡されるargとを引数として指定することができます。"
+"callbackが与えられず、argのみが数値で与えられた場合はスコア値の係数とみなされ"
+"ます。主な関係式について説明します。"
+
+# 1b61b56426e646178cda8e529d785bcf
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:80
+msgid "equal(v1, v2, arg, callback)"
+msgstr "equal(v1, v2, arg, callback)"
+
+# 07b4a35eff31477d8ffaab648a835a63
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:81
+msgid "v1の値とv2の値が等しいことを表します。"
+msgstr "v1の値とv2の値が等しいことを表します。"
+
+# c62f2b590c2b4e72bcf3b6b27510166b
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:84
+msgid "not_equal(v1, v2, arg, callback)"
+msgstr "not_equal(v1, v2, arg, callback)"
+
+# 96fd03510c714ef0a29f73dc051fa26e
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:85
+msgid "v1の値とv2の値が等しくないことを表します。"
+msgstr "v1の値とv2の値が等しくないことを表します。"
+
+# 7ad4e21e16524f66af1f894830e6204f
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:88
+msgid "less(v1, v2, arg, callback)"
+msgstr "less(v1, v2, arg, callback)"
 
+# 715ba8bc70bb45d78d5131f80f28b86b
 #: ../../../source/contribution/development/query.txt:89
 msgid "v1の値がv2の値よりも小さいことを表します。"
 msgstr "v1の値がv2の値よりも小さいことを表します。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:173
-msgid ""
-"tableのcolumn1の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて得られるス"
-"コア値にscore1を積算してresultにセットします。次に、resultにセットされたレ"
-"コードのうち、column2の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて"
-"は、得られたスコア値にscore2を積算したものを、元のスコア値に加えます。"
-msgstr ""
-"tableのcolumn1の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて得られるス"
-"コア値にscore1を積算してresultにセットします。次に、resultにセットされたレ"
-"コードのうち、column2の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて"
-"は、得られたスコア値にscore2を積算したものを、元のスコア値に加えます。"
+# 8c16f0b7a848481ab726d3ecb75b07d5
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:92
+msgid "greater(v1, v2, arg, callback)"
+msgstr "greater(v1, v2, arg, callback)"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/c-api.txt:12
-msgid "We will use `the C domain markup`_ of Sphinx."
-msgstr "We will use `the C domain markup`_ of Sphinx."
+# 3c9d21b27c1745d7b6ff2ac3977b184b
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:93
+msgid "v1の値がv2の値よりも大きいことを表します。"
+msgstr "v1の値がv2の値よりも大きいことを表します。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:182
-msgid "Here are command lines to add new translation language::"
-msgstr "Here are command lines to add new translation language::"
+# 23a5a07a0e3f4affb7957a3dfa4e16fb
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:96
+msgid "less_equal(v1, v2, arg, callback)"
+msgstr "less_equal(v1, v2, arg, callback)"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:8
-msgid ""
-"groongaのデータベースには大量のデータを格納し、その中から必要な部分を高速に取"
-"り出すことができます。必要な部分をgroongaのデータベースに問い合わせるためのク"
-"エリの表現と実行に関して、groongaは複数の手段を用意しています。"
-msgstr ""
-"groongaのデータベースには大量のデータを格納し、その中から必要な部分を高速に取"
-"り出すことができます。必要な部分をgroongaのデータベースに問い合わせるためのク"
-"エリの表現と実行に関して、groongaは複数の手段を用意しています。"
+# a31cf35851f44a0aadbba097ba3c2c2b
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:97
+msgid "v1の値がv2の値と等しいか小さいことを表します。"
+msgstr "v1の値がv2の値と等しいか小さいことを表します。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:116
-msgid "configureは1度のみ実行する必要があります。"
-msgstr "configureは1度のみ実行する必要があります。"
+# 94fd004841e944d48cf32a53e192fb8e
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:100
+msgid "greater_equal(v1, v2, arg, callback)"
+msgstr "greater_equal(v1, v2, arg, callback)"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:83
-msgid "% ./run-test.sh -t test_string"
-msgstr "% ./run-test.sh -t test_string"
+# 6cb32ff9587d4c2295273e0db2d041e0
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:101
+msgid "v1の値がv2の値と等しいか大きいことを表します。"
+msgstr "v1の値がv2の値と等しいか大きいことを表します。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:107
-msgid "How to generate HTML files"
-msgstr "How to generate HTML files"
+# 841749c27d9f4d1c875acedac8fbe13d
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:104
+msgid "contain(v1, v2, mode, arg, callback)"
+msgstr "contain(v1, v2, mode, arg, callback)"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:147
+# fc0d5af3388f49868b9514d38d8631bc
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:105
 msgid ""
-"Now you can send pull request on GitHub. You just access your repository "
-"page on GitHub and press `Pull Request` button."
+"v1の値がv2の値を含んでいることを表します。また、v1の値が要素に分解されると"
+"き、それぞれの要素に対して二つ目の要素が一致するためのmodeとして下記のいずれ"
+"かを指定することができます。"
 msgstr ""
-"Now you can send pull request on GitHub. You just access your repository "
-"page on GitHub and press `Pull Request` button."
+"v1の値がv2の値を含んでいることを表します。また、v1の値が要素に分解されると"
+"き、それぞれの要素に対して二つ目の要素が一致するためのmodeとして下記のいずれ"
+"かを指定することができます。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:109
-msgid ""
-"You can generate HTML files with updated .po files by running `make html` on "
-"doc/locale/${LANGUAGE}. (Please substitute `${LANGUAGE}` with your language "
-"code such as 'ja'.)::"
-msgstr ""
-"You can generate HTML files with updated .po files by running `make html` on "
-"doc/locale/${LANGUAGE}. (Please substitute `${LANGUAGE}` with your language "
-"code such as 'ja'.)::"
+# f648bbb4594443cb8efd53d1ac19e4ad
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:116
+msgid "near(v1, v2, arg, callback)"
+msgstr "near(v1, v2, arg, callback)"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:8
+# 4ca7553b955a4a38a501791da476e47f
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:117
 msgid ""
-"We only had documentation in Japanese.  We start to support I18N "
-"documentation by gettext based `Sphinx I18N feature`_. We'll use English as "
-"base language and translate English into other languages such as Japanese. "
-"We'll put all documentations into doc/source/ and process them by Sphinx."
+"v1の値の中に、v2の値の要素が接近して含まれていることを表します。(v2には値の配"
+"列を渡します)"
 msgstr ""
-"We only had documentation in Japanese.  We start to support I18N "
-"documentation by gettext based `Sphinx I18N feature`_. We'll use English as "
-"base language and translate English into other languages such as Japanese. "
-"We'll put all documentations into doc/source/ and process them by Sphinx."
+"v1の値の中に、v2の値の要素が接近して含まれていることを表します。(v2には値の配"
+"列を渡します)"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:37
-msgid ""
-"Here are command lines to do the above flow. Following sections describes "
-"details."
-msgstr ""
-"Here are command lines to do the above flow. Following sections describes "
-"details."
+# ee8cd0466ee245abbf121675893312b7
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:120
+msgid "similar(v1, v2, arg, callback)"
+msgstr "similar(v1, v2, arg, callback)"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:20
-msgid ""
-"DB_APIは、groongaデータベースを操作するための一群のC言語向けAPI関数を提供しま"
-"す。DB_APIはデータベースを構成する個々の部分に対する単純な操作関数を提供しま"
-"す。DB_APIの機能を組み合わせることによって複雑なクエリを実行することができま"
-"す。後述のすべてのクエリインタフェースはDB_APIの機能を組み合わせることによっ"
-"て実現されています。"
-msgstr ""
-"DB_APIは、groongaデータベースを操作するための一群のC言語向けAPI関数を提供しま"
-"す。DB_APIはデータベースを構成する個々の部分に対する単純な操作関数を提供しま"
-"す。DB_APIの機能を組み合わせることによって複雑なクエリを実行することができま"
-"す。後述のすべてのクエリインタフェースはDB_APIの機能を組み合わせることによっ"
-"て実現されています。"
+# a2f0120bc99942fd8d521270572fc712
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:121
+msgid "v1の値とv2の値が類似していることを表します。"
+msgstr "v1の値とv2の値が類似していることを表します。"
 
-#: ../../../source/contribution.txt:13
-msgid "Please read this document."
-msgstr "Please read this document."
+# a758d426726c45a09f7e319c7ba66567
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:124
+msgid "prefix(v1, v2, arg, callback)"
+msgstr "prefix(v1, v2, arg, callback)"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:89
-msgid ""
-"There are some tools to edit .po files. .po files are just text. So you can "
-"use your favorite editor. Here is a specialized editor for .po file edit "
-"list."
-msgstr ""
-"There are some tools to edit .po files. .po files are just text. So you can "
-"use your favorite editor. Here is a specialized editor for .po file edit "
-"list."
+# bba0b22a633f431f9fc4cb78b2c9b98f
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:125
+msgid "v1の値がv2の値に対して前方一致することを表します。"
+msgstr "v1の値がv2の値に対して前方一致することを表します。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/com.txt:19
+# 4c5ff2cc42a54451b2bdc39624738dbe
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:128
+msgid "suffix(v1, v2, arg, callback)"
+msgstr "suffix(v1, v2, arg, callback)"
+
+# ac35223792114652a774a9bbeb530934
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:129
+msgid "v1の値がv2の値に対して後方一致することを表します。"
+msgstr "v1の値がv2の値に対して後方一致することを表します。"
+
+# 6055965771e24b5e80fec331e0567543
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:132
+msgid "クエリの実例"
+msgstr "クエリの実例"
+
+# b9ce7f5cfb0349b7af19b9341677c3a5
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:134
+msgid "grn_exprを使って様々な検索クエリを表現することができます。"
+msgstr "grn_exprを使って様々な検索クエリを表現することができます。"
+
+# 1262e3915336436ba73ced48b9dd6de9
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:137
+msgid "検索例1"
+msgstr "検索例1"
+
+# 1c5c21e54d7e4e6ead0a82f3d86bdb0c
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:147
 msgid ""
-"msgはcomによって、edgeのqueueにenqueueされる。 edgeがworkerに結びついていない"
-"ときは、同時に、ctx_newというqueueに、msgをenqueueした対象のedgeをenqueueす"
-"る。"
+"tableのcolumnの値がstringを含むレコードをresultに返します。columnの値"
+"が'needle in haystack'であるレコードr1と、columnの値が'haystack'であるレコー"
+"ドr2がtableに登録されていたとき、stringに'needle'を指定したなら、レコードr1の"
+"みがヒットします。"
 msgstr ""
-"msgはcomによって、edgeのqueueにenqueueされる。 edgeがworkerに結びついていない"
-"ときは、同時に、ctx_newというqueueに、msgをenqueueした対象のedgeをenqueueす"
-"る。"
+"tableのcolumnの値がstringを含むレコードをresultに返します。columnの値"
+"が'needle in haystack'であるレコードr1と、columnの値が'haystack'であるレコー"
+"ドr2がtableに登録されていたとき、stringに'needle'を指定したなら、レコードr1の"
+"みがヒットします。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:101
-msgid "v1の値がv2の値と等しいか大きいことを表します。"
-msgstr "v1の値がv2の値と等しいか大きいことを表します。"
+# f565dcf600744e7f9bf541a76b3ebc86
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:151
+msgid "検索例2"
+msgstr "検索例2"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:184
+# 5454113586a64afdae74764dd4436ac6
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:173
 msgid ""
-"% cd doc/locale % make add LOCALE=${LANGUAGE} # specify your language code "
-"such as 'de'."
+"tableのcolumn1の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて得られるス"
+"コア値にscore1を積算してresultにセットします。次に、resultにセットされたレ"
+"コードのうち、column2の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて"
+"は、得られたスコア値にscore2を積算したものを、元のスコア値に加えます。"
 msgstr ""
-"% cd doc/locale % make add LOCALE=${LANGUAGE} # specify your language code "
-"such as 'de'."
-
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:40
-msgid "% make pdf"
-msgstr "% make pdf"
+"tableのcolumn1の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて得られるス"
+"コア値にscore1を積算してresultにセットします。次に、resultにセットされたレ"
+"コードのうち、column2の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて"
+"は、得られたスコア値にscore2を積算したものを、元のスコア値に加えます。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:84
-msgid "not_equal(v1, v2, arg, callback)"
-msgstr "not_equal(v1, v2, arg, callback)"
+# 81de20dc1bc741a8afaff1475beefe3c
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:176
+msgid "検索例3"
+msgstr "検索例3"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:75
-msgid "関係式"
-msgstr "関係式"
+# 9d138d7f2ff641c4bb16410d44c612e5
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:200
+msgid ""
+"tableのcolumn1の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて得られるス"
+"コア値にscore1を積算してresultにセットします。得られた検索結果数がt1よりも小"
+"さい場合は、partialモードで再度検索し、ヒットしたレコードについて得られるスコ"
+"ア値にscore2を積算してresultに追加します。"
+msgstr ""
+"tableのcolumn1の値がstringにexactモードでヒットするレコードについて得られるス"
+"コア値にscore1を積算してresultにセットします。得られた検索結果数がt1よりも小"
+"さい場合は、partialモードで再度検索し、ヒットしたレコードについて得られるスコ"
+"ア値にscore2を積算してresultに追加します。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:6
-msgid "ドキュメント作成"
-msgstr "ドキュメント作成"
+# b9f283962a62462c8f686a75a5a11e9d
+#: ../../../source/contribution/development/query.txt:203
+msgid "検索例4"
+msgstr "検索例4"
 
+# 3bf7a635c8074cc8ac8c4f47cab23a9c
 #: ../../../source/contribution/development/query.txt:213
 msgid ""
 "tableのcolumnの値がstringに含まれるレコードをresultに返します。 columnの値"
@@ -525,482 +580,480 @@ msgstr ""
 "登録されていたとき、stringに'hay in haystack'を指定したなら、レコードr2のみが"
 "ヒットします。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:57
-msgid "How to clone groonga repository"
-msgstr "How to clone groonga repository"
+# 6bdce362dfd74ac097133017e1538e49
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:6
+msgid "テスト方法"
+msgstr "テスト方法"
 
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:19
-msgid "以下のコマンドでhtmlが作成されます。::"
-msgstr "以下のコマンドでhtmlが作成されます。::"
+# 492ef94ca2794c2a8d6b148127a7bc40
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:9
+msgid "テスト環境の構築"
+msgstr "テスト環境の構築"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:79
+# 5205582d725b42c985777c02f32fb8cd
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:12
+msgid "Cutterのインストール"
+msgstr "Cutterのインストール"
+
+# 2aa251f0db604ce486384689d3cd46c5
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:14
+msgid "groongaは、テストのフレームワークとして Cutter_ を用いています。"
+msgstr "groongaは、テストのフレームワークとして Cutter_ を用いています。"
+
+# 368ad7fc13964cda8e98e82a0436c4c5
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:16
 msgid ""
-"You can update .po files by running `make update` on doc/locale/${LANGUAGE}/"
-"LC_MESSAGES. (Please substitute `${LANGUAGE}` with your language code such "
-"as 'ja'.)::"
+"Cutterのインストール方法は プラットフォーム毎のCutterのインストール方法_ をご"
+"覧下さい。"
 msgstr ""
-"You can update .po files by running `make update` on doc/locale/${LANGUAGE}/"
-"LC_MESSAGES. (Please substitute `${LANGUAGE}` with your language code such "
-"as 'ja'.)::"
+"Cutterのインストール方法は プラットフォーム毎のCutterのインストール方法_ をご"
+"覧下さい。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:68
-msgid "特定のテスト関数のみテストする"
-msgstr "特定のテスト関数のみテストする"
+# ec53c9b486bd4c06b730d3171e31d473
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:22
+msgid "lcovのインストール"
+msgstr "lcovのインストール"
 
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:24
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:36
-msgid "pdfの作成"
-msgstr "pdfの作成"
+# 9e6bc951b8974077a1885807a3cf9eeb
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:24
+msgid ""
+"カバレッジ情報を計測するためには、lcov 1.6以上が必要です。DebianやUbuntuでは"
+"以下のようにしてインストールできます。::"
+msgstr ""
+"カバレッジ情報を計測するためには、lcov 1.6以上が必要です。DebianやUbuntuでは"
+"以下のようにしてインストールできます。::"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:23
-msgid "Translation flow"
-msgstr "Translation flow"
+# 2dc4b95517f249c08335b02ec186c8d7
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:29
+msgid "clangのインストール"
+msgstr "clangのインストール"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:117
+# ac995c645f2a47e7ab20f73a9b3d4d83
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:31
 msgid ""
-"v1の値の中に、v2の値の要素が接近して含まれていることを表します。(v2には値の配"
-"列を渡します)"
+"ソースコードの静的解析を行うためには、clang(scan-build)をインストールする必要"
+"があります。DebianやUbuntuでは以下のようにしてインストールできます。::"
 msgstr ""
-"v1の値の中に、v2の値の要素が接近して含まれていることを表します。(v2には値の配"
-"列を渡します)"
+"ソースコードの静的解析を行うためには、clang(scan-build)をインストールする必要"
+"があります。DebianやUbuntuでは以下のようにしてインストールできます。::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:105
-msgid "% CUTTER_DEBUG=yes make check"
-msgstr "% CUTTER_DEBUG=yes make check"
+# 4bc0cef9e0694353b6beb9db9d3f9af0
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:36
+msgid "libmemcachedのインストール"
+msgstr "libmemcachedのインストール"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:35
+# 85e38f0862154572abcefa8acfbdfd72
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:38
 msgid ""
-"grn_exprは代入や関数呼び出しのような様々な操作を表現できますが、この中で検索"
-"クエリを表現するgrn_exprのことを特に条件式とよびます。条件式を構成する個々の"
-"要素を関係式と呼びます。条件式は一個以上の関係式か、あるいは条件式を論理演算"
-"子で結合したものです。"
+"memcachedのバイナリプロトコルのテストを動作させるためには、libmemcachedの導入"
+"が必要です。squeeze以降のDebianやKarmic以降のUubntuでは以下の用にしてインス"
+"トールできます。::"
 msgstr ""
-"grn_exprは代入や関数呼び出しのような様々な操作を表現できますが、この中で検索"
-"クエリを表現するgrn_exprのことを特に条件式とよびます。条件式を構成する個々の"
-"要素を関係式と呼びます。条件式は一個以上の関係式か、あるいは条件式を論理演算"
-"子で結合したものです。"
+"memcachedのバイナリプロトコルのテストを動作させるためには、libmemcachedの導入"
+"が必要です。squeeze以降のDebianやKarmic以降のUubntuでは以下の用にしてインス"
+"トールできます。::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:92
-msgid "greater(v1, v2, arg, callback)"
-msgstr "greater(v1, v2, arg, callback)"
+# 88eddd01c72a49e3a7f84458d194272b
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:43
+msgid "テストの動作"
+msgstr "テストの動作"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:73
+# 7461209329e345479813441eb15f6e94
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:50
+msgid "カバレッジ情報"
+msgstr "カバレッジ情報"
+
+# c022ced7535c4d93a060695228e49e21
+# 32fcc7e2b91b4f2a915a056479ccb953
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:52
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:45,
+msgid "groongaのトップディレクトリで、以下のコマンドを実行します。::"
+msgstr "groongaのトップディレクトリで、以下のコマンドを実行します。::"
+
+# d8a0d94c619b476f83e8ccab9fb5418e
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:56
 msgid ""
-"If you have troubles on the above steps, you can use source files available "
-"on http://packages.groonga.org/source/groonga/ ."
+"すると、coverageディレクトリ以下に、カバレッジ情報が入ったhtmlが出力されま"
+"す。"
 msgstr ""
-"If you have troubles on the above steps, you can use source files available "
-"on http://packages.groonga.org/source/groonga/ ."
+"すると、coverageディレクトリ以下に、カバレッジ情報が入ったhtmlが出力されま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:125
+# e36c81939f5448edb2a3f733d1ac0e6e
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:58
 msgid ""
-"HTML files are generated in doc/locale/${LANGUAGE}/html/. (Please substitute "
-"`${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'.) You can confirm HTML "
-"output by your favorite browser::"
+"カバレッジには、Lines/Functions/Branchesの3つの対象があります。それぞれ、行/"
+"関数/分岐に対応します。Functionsがもっとも重要な対象です。すべての関数がテス"
+"トされるようになっていることを心がけてください。"
 msgstr ""
-"HTML files are generated in doc/locale/${LANGUAGE}/html/. (Please substitute "
-"`${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'.) You can confirm HTML "
-"output by your favorite browser::"
+"カバレッジには、Lines/Functions/Branchesの3つの対象があります。それぞれ、行/"
+"関数/分岐に対応します。Functionsがもっとも重要な対象です。すべての関数がテス"
+"トされるようになっていることを心がけてください。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:44
+# 949adb6bcefe4e17a5a2a0a39542b2ee
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:60
 msgid ""
-"関係式は、下記の11種類が用意されています。また、ユーザが定義した関数を新たな"
-"関係式として使うこともできます。 ::"
+"テストがカバーしていない部分の編集は慎重に行ってください。また、テストがカ"
+"バーしている部分を増やすことも重要です。"
 msgstr ""
-"関係式は、下記の11種類が用意されています。また、ユーザが定義した関数を新たな"
-"関係式として使うこともできます。 ::"
+"テストがカバーしていない部分の編集は慎重に行ってください。また、テストがカ"
+"バーしている部分を増やすことも重要です。"
 
+# 3abf7ec652904dbb89628874aa82e89d
 #: ../../../source/contribution/development/test.txt:63
 msgid "様々なテスト"
 msgstr "様々なテスト"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:79
+# 11473c10fdf64d4a82566d920b6e65b6
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:65
 msgid ""
-"特定のテストファイル(Cutterではテストケースと呼ぶ)のみテストすることができま"
-"す。"
-msgstr ""
-"特定のテストファイル(Cutterではテストケースと呼ぶ)のみテストすることができま"
-"す。"
+"テストは、test/unitディレクトリにおいて、./run-test.shを実行することによって"
+"も行えます。run-test.shはいくつかのオプションをとります。詳細は、./run-test."
+"sh --helpを実行しヘルプをご覧ください。"
+msgstr ""
+"テストは、test/unitディレクトリにおいて、./run-test.shを実行することによって"
+"も行えます。run-test.shはいくつかのオプションをとります。詳細は、./run-test."
+"sh --helpを実行しヘルプをご覧ください。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:74
-msgid "% ./run-test.sh -n test_text_otoj"
-msgstr "% ./run-test.sh -n test_text_otoj"
+# 386338404af14e75a6dda836cf37b5a9
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:68
+msgid "特定のテスト関数のみテストする"
+msgstr "特定のテスト関数のみテストする"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:90
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:101
-msgid "run-test.shのみならず、make checkでも利用可能です。"
-msgstr "run-test.shのみならず、make checkでも利用可能です。"
+# 752e5954e9da460a848b7dcf93be5540
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:70
+msgid ""
+"特定のテスト関数(Cutterではテストと呼ぶ)のみをテストすることができます。"
+msgstr ""
+"特定のテスト関数(Cutterではテストと呼ぶ)のみをテストすることができます。"
 
-#: ../../../source/contribution.txt:15
-msgid "Please talk your friends about groonga."
-msgstr "Please talk your friends about groonga."
+# 935fea45584f4260afbe2bf0ec21fb0b
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:77
+msgid "特定のテストファイルのみテストする"
+msgstr "特定のテストファイルのみテストする"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:94
-msgid "It is bundled in gettext."
-msgstr "It is bundled in gettext."
+# bb49c348305d4ef99876e1b05b44ba15
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:79
+msgid ""
+"特定のテストファイル(Cutterではテストケースと呼ぶ)のみテストすることができま"
+"す。"
+msgstr ""
+"特定のテストファイル(Cutterではテストケースと呼ぶ)のみテストすることができま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:11
-msgid "クエリ実行のためのインタフェース"
-msgstr "クエリ実行のためのインタフェース"
+# 892b11562b6443a3901ae86e43355844
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:86
+msgid "不正メモリアクセス・メモリリーク検出"
+msgstr "不正メモリアクセス・メモリリーク検出"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:97
-msgid "v1の値がv2の値と等しいか小さいことを表します。"
-msgstr "v1の値がv2の値と等しいか小さいことを表します。"
+# 3d5df5c82c694af4b4d0649d311e7aa6
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:88
+msgid ""
+"環境変数CUTTER_CHECK_LEAKをyesと設定すると、valgrindを用いて不正メモリアクセ"
+"スやメモリリークを検出しつつ、テストを動作させることができます。"
+msgstr ""
+"環境変数CUTTER_CHECK_LEAKをyesと設定すると、valgrindを用いて不正メモリアクセ"
+"スやメモリリークを検出しつつ、テストを動作させることができます。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:147
+# 0f8f3136ef5d451da6cdfe14d05d94bb
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:97
+msgid "デバッガ上でのテスト実行"
+msgstr "デバッガ上でのテスト実行"
+
+# 320e2d4ee81045659b46d1f7924ef416
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:99
 msgid ""
-"tableのcolumnの値がstringを含むレコードをresultに返します。columnの値"
-"が'needle in haystack'であるレコードr1と、columnの値が'haystack'であるレコー"
-"ドr2がtableに登録されていたとき、stringに'needle'を指定したなら、レコードr1の"
-"みがヒットします。"
+"環境変数CUTTER_DEBUGをyesと設定すると、テストが実行できる環境が整ったgdbが実"
+"行されます。gdb上でrunを行うと、テストの実行が開始されます。"
 msgstr ""
-"tableのcolumnの値がstringを含むレコードをresultに返します。columnの値"
-"が'needle in haystack'であるレコードr1と、columnの値が'haystack'であるレコー"
-"ドr2がtableに登録されていたとき、stringに'needle'を指定したなら、レコードr1の"
-"みがヒットします。"
+"環境変数CUTTER_DEBUGをyesと設定すると、テストが実行できる環境が整ったgdbが実"
+"行されます。gdb上でrunを行うと、テストの実行が開始されます。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:26
-msgid "% sudo aptitude install -y lcov"
-msgstr "% sudo aptitude install -y lcov"
+# 9aeb81918cea40d3acc6a1b490156a41
+# 938539a275044fbcbfbb7d5a91671527
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:101
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:90,
+msgid "run-test.shのみならず、make checkでも利用可能です。"
+msgstr "run-test.shのみならず、make checkでも利用可能です。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/com.txt:4
-msgid "groonga 通信アーキテクチャ"
-msgstr "groonga 通信アーキテクチャ"
+# 5f744d84fec543aa9e3ccedc3f7c3cd3
+# b70cdcc4a0ce4cd59998e76ea1649d9b
+# cb456f095215476bb8d903c907ff53bc
+# a1c720d3f497422880816a90d3cc4807
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:103
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:72,
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:81,
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:92,
+msgid "実行例::"
+msgstr "実行例::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:121
-msgid "v1の値とv2の値が類似していることを表します。"
-msgstr "v1の値とv2の値が類似していることを表します。"
+# 50682805b4d24452953737f4e7aa661d
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:108
+msgid "静的解析"
+msgstr "静的解析"
 
-#: ../../../source/contribution/development/com.txt:7
-msgid "gqtpでのアーキテクチャ"
-msgstr "gqtpでのアーキテクチャ"
+# 5c257dadd1014933a2e0ddf00dc8703e
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:110
+msgid ""
+"scan-buildを用いて、ソースコードの静的解析を行うことができます。scan_buildと"
+"いうディレクトリに解析結果のhtmlが出力されます。::"
+msgstr ""
+"scan-buildを用いて、ソースコードの静的解析を行うことができます。scan_buildと"
+"いうディレクトリに解析結果のhtmlが出力されます。::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:129
-msgid "v1の値がv2の値に対して後方一致することを表します。"
-msgstr "v1の値がv2の値に対して後方一致することを表します。"
+# fdc2eeb5b66d469ca17e6438699e58f0
+#: ../../../source/contribution/development/test.txt:116
+msgid "configureは1度のみ実行する必要があります。"
+msgstr "configureは1度のみ実行する必要があります。"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:65
-msgid "GRN_OP_OR GRN_OP_AND GRN_OP_BUT GRN_OP_ADJUST"
-msgstr "GRN_OP_OR GRN_OP_AND GRN_OP_BUT GRN_OP_ADJUST"
+# 3e31bdef51884798af1d97c810c94bbf
+#: ../../../source/contribution/documentation.txt:6
+msgid "How to contribute in documentation topics"
+msgstr "How to contribute in documentation topics"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:130
-msgid "% firefox doc/locale/ja/html/index.html"
-msgstr "% firefox doc/locale/ja/html/index.html"
+# e62ad32f042e403ca18667537a28bc28
+#: ../../../source/contribution/documentation.txt:8
+msgid "We use Sphinx_ for documentation tool."
+msgstr "We use Sphinx_ for documentation tool."
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:124
-msgid "prefix(v1, v2, arg, callback)"
-msgstr "prefix(v1, v2, arg, callback)"
+# db6342b7c04d45d7a18ae12f26a4a58d
+#: ../../../source/contribution/documentation/c-api.txt:6
+msgid "C API"
+msgstr "C API"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:58
+# 4bf8223b87b84cb58e01b1470c3c8ea1
+#: ../../../source/contribution/documentation/c-api.txt:8
 msgid ""
-"カバレッジには、Lines/Functions/Branchesの3つの対象があります。それぞれ、行/"
-"関数/分岐に対応します。Functionsがもっとも重要な対象です。すべての関数がテス"
-"トされるようになっていることを心がけてください。"
+"We still have C API documentation in include/groonga.h. But we want to move "
+"them into doc/source/c-api/\\*.txt. We welcome to you help us by moving C "
+"API documentation."
 msgstr ""
-"カバレッジには、Lines/Functions/Branchesの3つの対象があります。それぞれ、行/"
-"関数/分岐に対応します。Functionsがもっとも重要な対象です。すべての関数がテス"
-"トされるようになっていることを心がけてください。"
+"We still have C API documentation in include/groonga.h. But we want to move "
+"them into doc/source/c-api/\\*.txt. We welcome to you help us by moving C "
+"API documentation."
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:125
-msgid "v1の値がv2の値に対して前方一致することを表します。"
-msgstr "v1の値がv2の値に対して前方一致することを表します。"
+# c048129c7a014e07bf744939d21a6c6f
+#: ../../../source/contribution/documentation/c-api.txt:12
+msgid "We will use `the C domain markup`_ of Sphinx."
+msgstr "We will use `the C domain markup`_ of Sphinx."
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:6
-msgid "テスト方法"
-msgstr "テスト方法"
+# 8d6e2ca58da049e380e1d4efe4259332
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:6
+msgid "I18N"
+msgstr "I18N"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:132
-msgid "クエリの実例"
-msgstr "クエリの実例"
+# b735395ce80f4c7f8c3217e888bd2139
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:8
+msgid ""
+"We only had documentation in Japanese.  We start to support I18N "
+"documentation by gettext based `Sphinx I18N feature`_. We'll use English as "
+"base language and translate English into other languages such as Japanese. "
+"We'll put all documentations into doc/source/ and process them by Sphinx."
+msgstr ""
+"We only had documentation in Japanese.  We start to support I18N "
+"documentation by gettext based `Sphinx I18N feature`_. We'll use English as "
+"base language and translate English into other languages such as Japanese. "
+"We'll put all documentations into doc/source/ and process them by Sphinx."
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:140
+# 42482855c1864863bed55ac8a4dc8591
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:17
 msgid ""
-"GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, table, query, var); grn_expr_append_obj(ctx, "
-"query, contain, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_obj(ctx, query, column, "
-"GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_const(ctx, query, string, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_op(ctx, query, GRN_OP_CALL, 3); result = grn_table_select"
-"(ctx, table, query, NULL, GRN_OP_OR);"
+"But we still use Japanese in doc/source/ for now. We need to translate "
+"Japanese documentation in doc/source/ into English. We welcome to you help "
+"us by translating documentation."
 msgstr ""
-"GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, table, query, var); grn_expr_append_obj(ctx, "
-"query, contain, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_obj(ctx, query, column, "
-"GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_const(ctx, query, string, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_op(ctx, query, GRN_OP_CALL, 3); result = grn_table_select"
-"(ctx, table, query, NULL, GRN_OP_OR);"
+"But we still use Japanese in doc/source/ for now. We need to translate "
+"Japanese documentation in doc/source/ into English. We welcome to you help "
+"us by translating documentation."
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:83
-msgid "% cd doc/locale/ja/LC_MESSAGES % make update"
-msgstr "% cd doc/locale/ja/LC_MESSAGES % make update"
+# 1d5fe861ac6742b684f90bf8652ef6e6
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:23
+msgid "Translation flow"
+msgstr "Translation flow"
+
+# f72a6b82dc6b434cb52ddeaa57474039
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:25
+msgid "After doc/source/\\*.txt are updated, we can start translation."
+msgstr "After doc/source/\\*.txt are updated, we can start translation."
+
+# 28239e81167c4c1b83d374b8f4566384
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:27
+msgid "Here is a translation flow:"
+msgstr "Here is a translation flow:"
 
+# 99e9e55a9e7d4c7b82bfb4b772930396
 #: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:29
 msgid "Clone groonga repository."
 msgstr "Clone groonga repository."
 
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:17
-msgid "htmlの作成"
-msgstr "htmlの作成"
+# fdc0e833458d4e8aa91d380704213490
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:30
+msgid "Update .po files."
+msgstr "Update .po files."
+
+# 769447ae578d47ceae9940eade962749
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:31
+msgid "Edit .po files."
+msgstr "Edit .po files."
+
+# 2781f8ae70004cc993e3de46a13c49ac
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:32
+msgid "Generate HTML files."
+msgstr "Generate HTML files."
+
+# 40d559b1d97c470aad692a617b8e2b3a
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:33
+msgid "Confirm HTML output."
+msgstr "Confirm HTML output."
 
+# c3f90013bc2743f3b75b4745d686f7a8
 #: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:34
 msgid "Repeat 2.-4. until you get good result."
 msgstr "Repeat 2.-4. until you get good result."
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:25
-msgid "After doc/source/\\*.txt are updated, we can start translation."
-msgstr "After doc/source/\\*.txt are updated, we can start translation."
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:203
-msgid "検索例4"
-msgstr "検索例4"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:6
-msgid "クエリの実現"
-msgstr "クエリの実現"
+# 3b507682fe7840009b3a0bf4602bef32
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:35
+msgid "Send your works to us!"
+msgstr "Send your works to us!"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:151
-msgid "検索例2"
-msgstr "検索例2"
+# 9b7faa0e6295446a9a36c69cd892f73c
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:37
+msgid ""
+"Here are command lines to do the above flow. Following sections describes "
+"details."
+msgstr ""
+"Here are command lines to do the above flow. Following sections describes "
+"details."
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:137
-msgid "検索例1"
-msgstr "検索例1"
+# 98af77850e0d436f838aa49454dc59dc
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:57
+msgid "How to clone groonga repository"
+msgstr "How to clone groonga repository"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:45
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:52
-msgid "groongaのトップディレクトリで、以下のコマンドを実行します。::"
-msgstr "groongaのトップディレクトリで、以下のコマンドを実行します。::"
+# d3f19ac532b7456588b9094daf322fe5
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:59
+msgid ""
+"First, please fork groonga repository on GitHub. You just access https://"
+"github.com/groonga/groonga and press `Fork` button. Now you can clone your "
+"groonga repository::"
+msgstr ""
+"First, please fork groonga repository on GitHub. You just access https://"
+"github.com/groonga/groonga and press `Fork` button. Now you can clone your "
+"groonga repository::"
 
+# dd56a79610084ade809adfc8ee9778d3
 #: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:65
 msgid "Then you need to configure your cloned repository::"
 msgstr "Then you need to configure your cloned repository::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:62
+# 36fd3bf7276f4329aa2874a03e3ea84d
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:71
+msgid "The above steps are just needed at the first setup."
+msgstr "The above steps are just needed at the first setup."
+
+# ed0144f8dda642b09611d63f7ec4adae
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:73
 msgid ""
-"grn_table_select()関数は、grn_exprで表現された検索クエリを実行するときに使い"
-"ます。引数として、検索対象となるテーブル、クエリを表すgrn_expr、検索結果を格"
-"納するテーブル、それに検索にマッチしたレコードを検索結果にどのように反映する"
-"かを指定する演算子を渡します。演算子と指定できるのは下記の4種類です。 ::"
+"If you have troubles on the above steps, you can use source files available "
+"on http://packages.groonga.org/source/groonga/ ."
 msgstr ""
-"grn_table_select()関数は、grn_exprで表現された検索クエリを実行するときに使い"
-"ます。引数として、検索対象となるテーブル、クエリを表すgrn_expr、検索結果を格"
-"納するテーブル、それに検索にマッチしたレコードを検索結果にどのように反映する"
-"かを指定する演算子を渡します。演算子と指定できるのは下記の4種類です。 ::"
+"If you have troubles on the above steps, you can use source files available "
+"on http://packages.groonga.org/source/groonga/ ."
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:25
+# fba4a9b089ec4ccd9098a8173927fc83
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:77
+msgid "How to update .po files"
+msgstr "How to update .po files"
+
+# 266dbec010a44e688e6fa0f31ab65a0c
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:79
 msgid ""
-"grn_exprは、groongaデータベースに対する検索処理や更新処理のための条件を表現す"
-"るためのデータ構造で、複数の条件を再帰的に組み合わせてより複雑な条件を表現す"
-"ることができます。grn_exprによって表現されたクエリを実行するためには、"
-"grn_table_select()関数を使用します。"
-msgstr ""
-"grn_exprは、groongaデータベースに対する検索処理や更新処理のための条件を表現す"
-"るためのデータ構造で、複数の条件を再帰的に組み合わせてより複雑な条件を表現す"
-"ることができます。grn_exprによって表現されたクエリを実行するためには、"
-"grn_table_select()関数を使用します。"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:86
-msgid "不正メモリアクセス・メモリリーク検出"
-msgstr "不正メモリアクセス・メモリリーク検出"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:60
-msgid ""
-"テストがカバーしていない部分の編集は慎重に行ってください。また、テストがカ"
-"バーしている部分を増やすことも重要です。"
-msgstr ""
-"テストがカバーしていない部分の編集は慎重に行ってください。また、テストがカ"
-"バーしている部分を増やすことも重要です。"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:119
-msgid ""
-".mo files are updated automatically by `make html`. So you don't care about ."
-"mo files."
-msgstr ""
-".mo files are updated automatically by `make html`. So you don't care about ."
-"mo files."
-
-#: ../../../source/contribution/documentation.txt:6
-msgid "How to contribute in documentation topics"
-msgstr "How to contribute in documentation topics"
-
-#: ../../../source/contribution/report.txt:8
-msgid ""
-"We have two issue tracking systems, Redmine_ and `GitHub issue tracker`_. "
-"Redmine is for Japanese and GitHub issue tracker is for English. You can use "
-"both of them to report a bug."
-msgstr ""
-"We have two issue tracking systems, Redmine_ and `GitHub issue tracker`_. "
-"Redmine is for Japanese and GitHub issue tracker is for English. You can use "
-"both of them to report a bug."
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:179
-msgid ""
-"GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, table, query, var); grn_expr_append_obj(ctx, "
-"query, contain, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_obj(ctx, query, column1, "
-"GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_const(ctx, query, string, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, exact, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, score1, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_op"
-"(ctx, query, GRN_OP_CALL, 5); result = grn_table_select(ctx, table, query, "
-"NULL, GRN_OP_OR); grn_obj_close(ctx, query); if (grn_table_size(ctx, result) "
-"< t1) {   GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, table, query, var);   "
-"grn_expr_append_obj(ctx, query, contain, GRN_OP_PUSH, 1);   "
-"grn_expr_append_obj(ctx, query, column1, GRN_OP_PUSH, 1);   "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, string, GRN_OP_PUSH, 1);   "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, partial, GRN_OP_PUSH, 1);   "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, score2, GRN_OP_PUSH, 1);   "
-"grn_expr_append_op(ctx, query, GRN_OP_CALL, 3);   grn_table_select(ctx, "
-"table, query, result, GRN_OP_OR);   grn_obj_close(ctx, query); }"
-msgstr ""
-"GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, table, query, var); grn_expr_append_obj(ctx, "
-"query, contain, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_obj(ctx, query, column1, "
-"GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_const(ctx, query, string, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, exact, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, score1, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_op"
-"(ctx, query, GRN_OP_CALL, 5); result = grn_table_select(ctx, table, query, "
-"NULL, GRN_OP_OR); grn_obj_close(ctx, query); if (grn_table_size(ctx, result) "
-"< t1) {   GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, table, query, var);   "
-"grn_expr_append_obj(ctx, query, contain, GRN_OP_PUSH, 1);   "
-"grn_expr_append_obj(ctx, query, column1, GRN_OP_PUSH, 1);   "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, string, GRN_OP_PUSH, 1);   "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, partial, GRN_OP_PUSH, 1);   "
-"grn_expr_append_const(ctx, query, score2, GRN_OP_PUSH, 1);   "
-"grn_expr_append_op(ctx, query, GRN_OP_CALL, 3);   grn_table_select(ctx, "
-"table, query, result, GRN_OP_OR);   grn_obj_close(ctx, query); }"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:88
-msgid "less(v1, v2, arg, callback)"
-msgstr "less(v1, v2, arg, callback)"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:31
-msgid ""
-"ソースコードの静的解析を行うためには、clang(scan-build)をインストールする必要"
-"があります。DebianやUbuntuでは以下のようにしてインストールできます。::"
-msgstr ""
-"ソースコードの静的解析を行うためには、clang(scan-build)をインストールする必要"
-"があります。DebianやUbuntuでは以下のようにしてインストールできます。::"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:116
-msgid "near(v1, v2, arg, callback)"
-msgstr "near(v1, v2, arg, callback)"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:81
-msgid "v1の値とv2の値が等しいことを表します。"
-msgstr "v1の値とv2の値が等しいことを表します。"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation.txt:8
-msgid "We use Sphinx_ for documentation tool."
-msgstr "We use Sphinx_ for documentation tool."
-
-#: ../../../source/contribution/report.txt:6
-msgid "How to report a bug"
-msgstr "How to report a bug"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:56
-msgid ""
-"すると、coverageディレクトリ以下に、カバレッジ情報が入ったhtmlが出力されま"
-"す。"
-msgstr ""
-"すると、coverageディレクトリ以下に、カバレッジ情報が入ったhtmlが出力されま"
-"す。"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:59
-msgid ""
-"First, please fork groonga repository on GitHub. You just access https://"
-"github.com/groonga/groonga and press `Fork` button. Now you can clone your "
-"groonga repository::"
+"You can update .po files by running `make update` on doc/locale/${LANGUAGE}/"
+"LC_MESSAGES. (Please substitute `${LANGUAGE}` with your language code such "
+"as 'ja'.)::"
 msgstr ""
-"First, please fork groonga repository on GitHub. You just access https://"
-"github.com/groonga/groonga and press `Fork` button. Now you can clone your "
-"groonga repository::"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:23
-msgid "grn_expr"
-msgstr "grn_expr"
-
-#: ../../../source/contribution.txt:6
-msgid "How to contribute to groonga"
-msgstr "How to contribute to groonga"
+"You can update .po files by running `make update` on doc/locale/${LANGUAGE}/"
+"LC_MESSAGES. (Please substitute `${LANGUAGE}` with your language code such "
+"as 'ja'.)::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/com.txt:12
-msgid "edgeは接続と1対1対応。"
-msgstr "edgeは接続と1対1対応。"
+# b416d8de39d74117ad187b020ba3fe21
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:87
+msgid "How to edit .po"
+msgstr "How to edit .po"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:70
+# 3ec8bcb3497b4551ba97770fbdabbd15
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:89
 msgid ""
-"特定のテスト関数(Cutterではテストと呼ぶ)のみをテストすることができます。"
+"There are some tools to edit .po files. .po files are just text. So you can "
+"use your favorite editor. Here is a specialized editor for .po file edit "
+"list."
 msgstr ""
-"特定のテスト関数(Cutterではテストと呼ぶ)のみをテストすることができます。"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:80
-msgid "equal(v1, v2, arg, callback)"
-msgstr "equal(v1, v2, arg, callback)"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:43
-msgid "テストの動作"
-msgstr "テストの動作"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:72
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:81
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:92
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:103
-msgid "実行例::"
-msgstr "実行例::"
+"There are some tools to edit .po files. .po files are just text. So you can "
+"use your favorite editor. Here is a specialized editor for .po file edit "
+"list."
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:85
-msgid "v1の値とv2の値が等しくないことを表します。"
-msgstr "v1の値とv2の値が等しくないことを表します。"
+# 58ad934586f54999b3c330ae02b8dd27
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:94
+msgid "It is bundled in gettext."
+msgstr "It is bundled in gettext."
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:110
-msgid ""
-"scan-buildを用いて、ソースコードの静的解析を行うことができます。scan_buildと"
-"いうディレクトリに解析結果のhtmlが出力されます。::"
-msgstr ""
-"scan-buildを用いて、ソースコードの静的解析を行うことができます。scan_buildと"
-"いうディレクトリに解析結果のhtmlが出力されます。::"
+# 2e6f3e7a6d254db8833268b1f120d477
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:97
+msgid "It is a .po editor and works on many platform."
+msgstr "It is a .po editor and works on many platform."
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:134
-msgid "grn_exprを使って様々な検索クエリを表現することができます。"
-msgstr "grn_exprを使って様々な検索クエリを表現することができます。"
+# 46ca2a6dc3234b81b766896babf98c82
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:100
+msgid "It is also a .po editor and is implemented as Eclipse plugin."
+msgstr "It is also a .po editor and is implemented as Eclipse plugin."
 
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:11
-msgid ""
-"groongaのドキュメントは、Sphinxというツールを用いて作成されています。Sphinxは"
-"以下のように導入します。::"
-msgstr ""
-"groongaのドキュメントは、Sphinxというツールを用いて作成されています。Sphinxは"
-"以下のように導入します。::"
+# 52bbdcc7144642eeb0810a406dce60be
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:107
+msgid "How to generate HTML files"
+msgstr "How to generate HTML files"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:160
+# 43c70a231ef84df09a8650f458fe58f8
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:109
 msgid ""
-"% git add doc/locale/ja/LC_MESSAGES/*.po % git commit % git format-patch "
-"origin/master"
+"You can generate HTML files with updated .po files by running `make html` on "
+"doc/locale/${LANGUAGE}. (Please substitute `${LANGUAGE}` with your language "
+"code such as 'ja'.)::"
 msgstr ""
-"% git add doc/locale/ja/LC_MESSAGES/*.po % git commit % git format-patch "
-"origin/master"
+"You can generate HTML files with updated .po files by running `make html` on "
+"doc/locale/${LANGUAGE}. (Please substitute `${LANGUAGE}` with your language "
+"code such as 'ja'.)::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:99
+# 1a6f401caff24465ab5df696ffd9d86c
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:119
 msgid ""
-"環境変数CUTTER_DEBUGをyesと設定すると、テストが実行できる環境が整ったgdbが実"
-"行されます。gdb上でrunを行うと、テストの実行が開始されます。"
+".mo files are updated automatically by `make html`. So you don't care about ."
+"mo files."
 msgstr ""
-"環境変数CUTTER_DEBUGをyesと設定すると、テストが実行できる環境が整ったgdbが実"
-"行されます。gdb上でrunを行うと、テストの実行が開始されます。"
+".mo files are updated automatically by `make html`. So you don't care about ."
+"mo files."
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:9
-msgid "テスト環境の構築"
-msgstr "テスト環境の構築"
+# 5820e93c2a9f45abae1e7f4ec84ffaf2
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:123
+msgid "How to confirm HTML output"
+msgstr "How to confirm HTML output"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:38
+# c676ed5fddef4bd79055c91524b37468
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:125
 msgid ""
-"memcachedのバイナリプロトコルのテストを動作させるためには、libmemcachedの導入"
-"が必要です。squeeze以降のDebianやKarmic以降のUubntuでは以下の用にしてインス"
-"トールできます。::"
+"HTML files are generated in doc/locale/${LANGUAGE}/html/. (Please substitute "
+"`${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'.) You can confirm HTML "
+"output by your favorite browser::"
 msgstr ""
-"memcachedのバイナリプロトコルのテストを動作させるためには、libmemcachedの導入"
-"が必要です。squeeze以降のDebianやKarmic以降のUubntuでは以下の用にしてインス"
-"トールできます。::"
+"HTML files are generated in doc/locale/${LANGUAGE}/html/. (Please substitute "
+"`${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'.) You can confirm HTML "
+"output by your favorite browser::"
 
-#: sphinx-built-in-message:0
-msgid "See also"
-msgstr "See also"
+# d4a93a79cda242569c04d77bad81e7ef
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:133
+msgid "How to send your works"
+msgstr "How to send your works"
 
+# ee625bd0b7fc4fe89a70bfdef7852a4e
 #: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:135
 msgid ""
 "We can receive your works via pull request on GitHub or E-mail attachment "
@@ -1009,214 +1062,87 @@ msgstr ""
 "We can receive your works via pull request on GitHub or E-mail attachment "
 "patch or .po files themselves."
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:87
-msgid "How to edit .po"
-msgstr "How to edit .po"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:33
-msgid "grn_exprで表現できるクエリ"
-msgstr "grn_exprで表現できるクエリ"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:24
-msgid ""
-"カバレッジ情報を計測するためには、lcov 1.6以上が必要です。DebianやUbuntuでは"
-"以下のようにしてインストールできます。::"
-msgstr ""
-"カバレッジ情報を計測するためには、lcov 1.6以上が必要です。DebianやUbuntuでは"
-"以下のようにしてインストールできます。::"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:206
-msgid ""
-"GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, table, query, var); grn_expr_append_obj(ctx, "
-"query, contain, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_const(ctx, query, string, "
-"GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_obj(ctx, query, column, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_op(ctx, query, GRN_OP_CALL, 3); result = grn_table_select"
-"(ctx, table, query, NULL, GRN_OP_OR);"
-msgstr ""
-"GRN_EXPR_CREATE_FOR_QUERY(ctx, table, query, var); grn_expr_append_obj(ctx, "
-"query, contain, GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_const(ctx, query, string, "
-"GRN_OP_PUSH, 1); grn_expr_append_obj(ctx, query, column, GRN_OP_PUSH, 1); "
-"grn_expr_append_op(ctx, query, GRN_OP_CALL, 3); result = grn_table_select"
-"(ctx, table, query, NULL, GRN_OP_OR);"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:180
-msgid "How to add new language"
-msgstr "How to add new language"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:96
-msgid "less_equal(v1, v2, arg, callback)"
-msgstr "less_equal(v1, v2, arg, callback)"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:63
-msgid "% git clone https://github.com/${YOUR_GITHUB_ACCOUNT}/groonga.git"
-msgstr "% git clone https://github.com/${YOUR_GITHUB_ACCOUNT}/groonga.git"
-
-#: ../../../source/contribution.txt:17
-msgid "We describe about them in this section."
-msgstr "We describe about them in this section."
-
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:21
-msgid "% make html"
-msgstr "% make html"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:47
-msgid "make check"
-msgstr "make check"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:31
-msgid "Edit .po files."
-msgstr "Edit .po files."
-
-#: ../../../source/contribution/development/document.txt:26
-msgid ""
-"groongaのドキュメントは、pdf出力することもできます。rst2pdfと、IPAフォント"
-"(IPA Gothic/IPAexGothic)が必要となります。"
-msgstr ""
-"groongaのドキュメントは、pdf出力することもできます。rst2pdfと、IPAフォント"
-"(IPA Gothic/IPAexGothic)が必要となります。"
-
-#: ../../../source/contribution.txt:8
-msgid ""
-"We are welcome to you contribute the groonga project. There are many ways to "
-"contribute such as use, introduction, bug report, development and "
-"documentation."
-msgstr ""
-"We are welcome to you contribute the groonga project. There are many ways to "
-"contribute such as use, introduction, bug report, development and "
-"documentation."
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:176
-msgid "検索例3"
-msgstr "検索例3"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:77
-msgid "How to update .po files"
-msgstr "How to update .po files"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:50
-msgid "カバレッジ情報"
-msgstr "カバレッジ情報"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:36
-msgid "libmemcachedのインストール"
-msgstr "libmemcachedのインストール"
-
-#: ../../../source/contribution/development/com.txt:18
-msgid "edgeごとにqueueを持つ。"
-msgstr "edgeごとにqueueを持つ。"
+# b7774dead90b476db1a6e813545adf0e
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:139
+msgid "How to send pull request"
+msgstr "How to send pull request"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:70
-msgid ""
-"GRN_OP_ORは、検索対象テーブルの中からクエリにマッチするレコードを検索結果テー"
-"ブルに加えます。GRN_OP_OR以外の演算子は、検索結果テーブルが空でない場合にだけ"
-"意味を持ちます。GRN_OP_ANDは、検索結果テーブルの中からクエリにマッチしないレ"
-"コードを取り除きます。GRN_OP_BUTは、検索結果テーブルの中からクエリにマッチす"
-"るレコードを取り除きます。GRN_OP_ADJUSTは、検索結果テーブルの中でクエリにマッ"
-"チするレコードに対してスコア値の更新のみを行います。"
-msgstr ""
-"GRN_OP_ORは、検索対象テーブルの中からクエリにマッチするレコードを検索結果テー"
-"ブルに加えます。GRN_OP_OR以外の演算子は、検索結果テーブルが空でない場合にだけ"
-"意味を持ちます。GRN_OP_ANDは、検索結果テーブルの中からクエリにマッチしないレ"
-"コードを取り除きます。GRN_OP_BUTは、検索結果テーブルの中からクエリにマッチす"
-"るレコードを取り除きます。GRN_OP_ADJUSTは、検索結果テーブルの中でクエリにマッ"
-"チするレコードに対してスコア値の更新のみを行います。"
+# 9f6f972839d944808453835dd5c5259a
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:141
+msgid "Here are command lines to send pull request::"
+msgstr "Here are command lines to send pull request::"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:65
+# a36cffb6277a465a8528609dddd66dc9
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:147
 msgid ""
-"テストは、test/unitディレクトリにおいて、./run-test.shを実行することによって"
-"も行えます。run-test.shはいくつかのオプションをとります。詳細は、./run-test."
-"sh --helpを実行しヘルプをご覧ください。"
+"Now you can send pull request on GitHub. You just access your repository "
+"page on GitHub and press `Pull Request` button."
 msgstr ""
-"テストは、test/unitディレクトリにおいて、./run-test.shを実行することによって"
-"も行えます。run-test.shはいくつかのオプションをとります。詳細は、./run-test."
-"sh --helpを実行しヘルプをご覧ください。"
+"Now you can send pull request on GitHub. You just access your repository "
+"page on GitHub and press `Pull Request` button."
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:120
-msgid "similar(v1, v2, arg, callback)"
-msgstr "similar(v1, v2, arg, callback)"
+# 7de3f26ab70f4dec87650777aebaada9
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:156
+msgid "How to send patch"
+msgstr "How to send patch"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:88
-msgid ""
-"環境変数CUTTER_CHECK_LEAKをyesと設定すると、valgrindを用いて不正メモリアクセ"
-"スやメモリリークを検出しつつ、テストを動作させることができます。"
-msgstr ""
-"環境変数CUTTER_CHECK_LEAKをyesと設定すると、valgrindを用いて不正メモリアクセ"
-"スやメモリリークを検出しつつ、テストを動作させることができます。"
+# 5d200260e8ba4a5baa2b0be76ed8fa88
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:158
+msgid "Here are command lines to create patch::"
+msgstr "Here are command lines to create patch::"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:17
+# 00c2808928ba44c7bea31349c7d91338
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:164
 msgid ""
-"But we still use Japanese in doc/source/ for now. We need to translate "
-"Japanese documentation in doc/source/ into English. We welcome to you help "
-"us by translating documentation."
+"You can find 000X-YYY.patch files in the current directory. Please send "
+"those files to us!"
 msgstr ""
-"But we still use Japanese in doc/source/ for now. We need to translate "
-"Japanese documentation in doc/source/ into English. We welcome to you help "
-"us by translating documentation."
+"You can find 000X-YYY.patch files in the current directory. Please send "
+"those files to us!"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:60
-msgid "grn_table_select()"
-msgstr "grn_table_select()"
+# 9dc6eae2b0794631942cb2ea139f1d92
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:170
+msgid "How to send .po files"
+msgstr "How to send .po files"
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:16
+# d294bf058a694e01a120c02f1307f14c
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:172
 msgid ""
-"Cutterのインストール方法は プラットフォーム毎のCutterのインストール方法_ をご"
-"覧下さい。"
+"Please archive doc/locale/${LANGUAGE}/LC_MESSAGES/ (Please substitute `"
+"${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'.) and send it to us! We "
+"extract and merge them to the groonga repository."
 msgstr ""
-"Cutterのインストール方法は プラットフォーム毎のCutterのインストール方法_ をご"
-"覧下さい。"
+"Please archive doc/locale/${LANGUAGE}/LC_MESSAGES/ (Please substitute `"
+"${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'.) and send it to us! We "
+"extract and merge them to the groonga repository."
 
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:40
-msgid "% sudo aptitude install -y libmemcached-dev"
-msgstr "% sudo aptitude install -y libmemcached-dev"
+# b62cd08b47354aa5a644d478f17202eb
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:180
+msgid "How to add new language"
+msgstr "How to add new language"
 
-#: ../../../source/contribution/development/com.txt:10
-msgid "comは1スレッド。"
-msgstr "comは1スレッド。"
+# df6ef25baac84e75bf04ec2d2859057c
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:182
+msgid "Here are command lines to add new translation language::"
+msgstr "Here are command lines to add new translation language::"
 
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:71
-msgid "The above steps are just needed at the first setup."
-msgstr "The above steps are just needed at the first setup."
+# 12e43490c3eb40d4884ce7e03170d5cd
+#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:187
+msgid "Please substitute `${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'."
+msgstr "Please substitute `${LANGUAGE}` with your language code such as 'ja'."
 
-#: ../../../source/contribution/development/com.txt:9
-msgid "comが外部からの接続を受け付ける。"
-msgstr "comが外部からの接続を受け付ける。"
+# c487425d09d74bd78de4e261590f61c7
+#: ../../../source/contribution/report.txt:6
+msgid "How to report a bug"
+msgstr "How to report a bug"
 
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:15
+# 9b1e9e93107d425d879cee7ed9f98e29
+#: ../../../source/contribution/report.txt:8
 msgid ""
-"クエリ実行のためのインタフェースも階層的なインタフェースのそれぞれに対応する"
-"形で用意されています。以下に低レイヤなインタフェースから順に説明します。"
+"We have two issue tracking systems, Redmine_ and `GitHub issue tracker`_. "
+"Redmine is for Japanese and GitHub issue tracker is for English. You can use "
+"both of them to report a bug."
 msgstr ""
-"クエリ実行のためのインタフェースも階層的なインタフェースのそれぞれに対応する"
-"形で用意されています。以下に低レイヤなインタフェースから順に説明します。"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:35
-msgid "Send your works to us!"
-msgstr "Send your works to us!"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:100
-msgid "It is also a .po editor and is implemented as Eclipse plugin."
-msgstr "It is also a .po editor and is implemented as Eclipse plugin."
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:158
-msgid "Here are command lines to create patch::"
-msgstr "Here are command lines to create patch::"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:28
-msgid "groonga実行ファイル"
-msgstr "groonga実行ファイル"
-
-#: ../../../source/contribution/development/test.txt:108
-msgid "静的解析"
-msgstr "静的解析"
-
-#: ../../../source/contribution/development/query.txt:37
-msgid "論理演算子は、以下の3種類があります。 ::"
-msgstr "論理演算子は、以下の3種類があります。 ::"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:114
-msgid "% cd doc/locale/ja/ % make html"
-msgstr "% cd doc/locale/ja/ % make html"
-
-#: ../../../source/contribution/documentation/i18n.txt:32
-msgid "Generate HTML files."
-msgstr "Generate HTML files."
+"We have two issue tracking systems, Redmine_ and `GitHub issue tracker`_. "
+"Redmine is for Japanese and GitHub issue tracker is for English. You can use "
+"both of them to report a bug."

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/executables.po (+977 -908)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/executables.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (f806471)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/executables.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (6813fdd)
@@ -1,118 +1,262 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:53+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:255
-msgid "制限事項"
-msgstr "制限事項"
+# 0347307a3995470aa6767b247e784e35
+#: ../../../source/executables.txt:6
+msgid "実行ファイル"
+msgstr "実行ファイル"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:93
+# 592d4f8867c1416c811be33094697fd1
+#: ../../../source/executables.txt:8
+msgid "groongaパッケージが提供する実行ファイルについて説明します。"
+msgstr "groongaパッケージが提供する実行ファイルについて説明します。"
+
+# c8ce30adf13a4c00a61835284ff78a3e
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:6
+msgid "grnslap"
+msgstr "grnslap"
+
+# 63fc02719cb0463385a4bd43e5581c27
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:11
+msgid "grnslap - groongaプロセスの通信層のパフォーマンスをチェックするツール"
+msgstr "grnslap - groongaプロセスの通信層のパフォーマンスをチェックするツール"
+
+# fa381668fbc2495fa3413b8ae5081aa3
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:23
 msgid ""
-"クエリーログを出力するファイルのパスを指定します。(デフォルトでは出力されませ"
-"ん)"
+"grnslapは、groongaプロセスに対してリクエストを多重に行い、パフォーマンスを"
+"チェックするためのツールです。"
 msgstr ""
-"クエリーログを出力するファイルのパスを指定します。(デフォルトでは出力されませ"
-"ん)"
+"grnslapは、groongaプロセスに対してリクエストを多重に行い、パフォーマンスを"
+"チェックするためのツールです。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:265
-msgid "もし、grntestが正常に動作しない場合、まず以下を確認してください。"
-msgstr "もし、grntestが正常に動作しない場合、まず以下を確認してください。"
+# e0f6a61ef21240e7a27b80f49320c835
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:25
+msgid ""
+"groonga独自プロトコルであるgqtpと、httpの両プロトコルでリクエストを行うことが"
+"できます。また、リクエストの多重度を指定することができます。"
+msgstr ""
+"groonga独自プロトコルであるgqtpと、httpの両プロトコルでリクエストを行うことが"
+"できます。また、リクエストの多重度を指定することができます。"
+
+# 5425d7e7c74a46669f2f7449d9c9522e
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:27
+msgid ""
+"クエリの内容を標準入力から与えることができます。実稼動環境でのクエリパタンに"
+"近いクエリを標準入力に与えることによって、実稼動環境に近い状態での検証を行う"
+"ことができます。"
+msgstr ""
+"クエリの内容を標準入力から与えることができます。実稼動環境でのクエリパタンに"
+"近いクエリを標準入力に与えることによって、実稼動環境に近い状態での検証を行う"
+"ことができます。"
+
+# 44dab7e92fd1424e8708df18b92c0bfa
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:29
+msgid "現在は、make installしてもインストールは行われない。"
+msgstr "現在は、make installしてもインストールは行われない。"
 
+# 35adea532c6845e3ad8dc07cb96c4dba
 #: ../../../source/executables/grnslap.txt:36
 msgid "リクエストのプロトコルを指定します。"
 msgstr "リクエストのプロトコルを指定します。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:18
-msgid "groonga [options] [dest] [command [args]]"
-msgstr "groonga [options] [dest] [command [args]]"
+# d6aeb35c778a4f15bc8756255087f58a
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:38
+msgid "`http`"
+msgstr "`http`"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:81
-msgid "とタイプしてください。もしgrntestが正常に動作すれば、::"
-msgstr "とタイプしてください。もしgrntestが正常に動作すれば、::"
+# c4454a8449d7455bb89a1d1412d4a454
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:40
+msgid ""
+"httpでリクエストします。対象のhttpのパス群(GETパラメータを含む)をLF区切り形式"
+"で標準入力に与えると、それらのパスに順次アクセスします。"
+msgstr ""
+"httpでリクエストします。対象のhttpのパス群(GETパラメータを含む)をLF区切り形式"
+"で標準入力に与えると、それらのパスに順次アクセスします。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:6
-msgid "grntest"
-msgstr "grntest"
+# 2d5adda8b4d74b46b34cfc1bc2ab8172
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:42
+msgid "`gqtp`"
+msgstr "`gqtp`"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:81
+# 65a23aac98904d26bcc85503c73e8127
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:44
 msgid ""
-"デフォルトでは、データベースを管理するための汎用的なページに対応するファイル"
-"が/usr/share/groonga/admin_html以下にインストールされます。このディレクトリを"
-"document-rootオプションの値に指定して起動した場合、ウェブブラウザでhttp://"
-"hostname:port/index.htmlにアクセスすると、ウェブベースのデータベース管理ツー"
-"ルを使用できます。"
+"gqtpでリクエストします。gqtpのリクエストをLF区切り形式で標準入力に与えると、"
+"それらのリクエストを順次行います。"
 msgstr ""
-"デフォルトでは、データベースを管理するための汎用的なページに対応するファイル"
-"が/usr/share/groonga/admin_html以下にインストールされます。このディレクトリを"
-"document-rootオプションの値に指定して起動した場合、ウェブブラウザでhttp://"
-"hostname:port/index.htmlにアクセスすると、ウェブベースのデータベース管理ツー"
-"ルを使用できます。"
+"gqtpでリクエストします。gqtpのリクエストをLF区切り形式で標準入力に与えると、"
+"それらのリクエストを順次行います。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:124
-msgid "とした場合と同じです。"
-msgstr "とした場合と同じです。"
+# 983a6544ea944808a0bee991a4097d51
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:48
+msgid "リクエストの多重度を指定します。初期値は10です。"
+msgstr "リクエストの多重度を指定します。初期値は10です。"
+
+# 956ba9c4cf384f2992f3d3a71696147d
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:55
+msgid ""
+"接続先のホスト名とポート番号をを指定します(デフォルト値は'localhost:10041')。"
+"ポート番号を指定しない場合には、10041が指定されたものとします。"
+msgstr ""
+"接続先のホスト名とポート番号をを指定します(デフォルト値は'localhost:10041')。"
+"ポート番号を指定しない場合には、10041が指定されたものとします。"
+
+# 1d9430e18d2f4c7e91ee36f058f80a2b
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:60
+msgid "http://localhost:10041/d/status に、多重度100でリクエストを行う。"
+msgstr "http://localhost:10041/d/status に、多重度100でリクエストを行う。"
+
+# 46c89c61669a4ee9b8a55b63c6453d9a
+# 772cb83991cf4e03b8c15e3f3770ef2a
+# 077f65c6093d42d18a1ba38580ab22c4
+# fab2af7b8f564d26ab48fb7e606c22f9
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:14,
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:14,
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:14,
+#: ../../../source/executables/http.txt:14
+msgid "書式"
+msgstr "書式"
+
+# d71c481348394cc599ba49575e4b2086
+# 48b3d2c1d87f4b708bbda092ab387519
+# 5ec2f623b04b4a809d57fc55fa390188
+# b66b361fb61146ad89d1f4be9f0bbea9
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:21,
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:21,
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:21,
+#: ../../../source/executables/http.txt:20
+msgid "説明"
+msgstr "説明"
+
+# 6cdd7c9400eb49a9b0003eaa7b8a2b6b
+# 2cb21f4ec51c4f3a845b44b162488dfc
+# 6203c552391f46d3bd59557ba6353bc1
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:32,
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:32,
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:27
+msgid "オプション"
+msgstr "オプション"
+
+# 59685a6d850e451e8a950dff8e1ffe4c
+# 61de0b45adb8479189da71a5eb56737d
+# 37327acb643f454099c491ebf3d10ee3
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:51,
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:64,
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:129
+msgid "引数"
+msgstr "引数"
+
+# ae2d8c6d455141249caecc8f94967e08
+# a80bd90f79c644b392a2eb40c437b085
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:58,
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:140
+msgid "サンプル"
+msgstr "サンプル"
+
+# 87178c95f3cb4a26a5fcc9cd2ddfa882
+# 5005f845e4c441f4a2f7e12f58904213
+# 5fd60d3563254a62bda9baeb2e7a1bbf
+# 452b001734724b32848b2c0792ada182
+#: ../../../source/executables/grnslap.txt:9,
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:9,
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:9,
+#: ../../../source/executables/http.txt:9
+msgid "名前"
+msgstr "名前"
+
+# 718aa8b945f04bb2a648e2133ead6023
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:6
+msgid "grntest"
+msgstr "grntest"
 
+# 72b7c43dfba746cfb04d14b48474437d
 #: ../../../source/executables/grntest.txt:11
 msgid "grntest - groongaテストプログラム"
 msgstr "grntest - groongaテストプログラム"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:85
-msgid "http,gqtpのいずれかを指定します。(デフォルトはgqtp)"
-msgstr "http,gqtpのいずれかを指定します。(デフォルトはgqtp)"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:100
-msgid "現在サポートされているgrntest命令は以下の8つです。"
-msgstr "現在サポートされているgrntest命令は以下の8つです。"
+# 21faedc8d86546d8ac3046cfb17f5641
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:23
+msgid "grntestは、groonga汎用テストツールです。"
+msgstr "grntestは、groonga汎用テストツールです。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:179
-msgid "$ ./grntest --port 20010 test.scr testdb"
-msgstr "$ ./grntest --port 20010 test.scr testdb"
+# 388048492e1a4bb88d33b8fa29f38250
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:25
+msgid ""
+"groongaを単独のプロセスとして利用する場合はもちろん、サーバプログラムとして利"
+"用する場合の動作確認や実行速度測定が可能です。"
+msgstr ""
+"groongaを単独のプロセスとして利用する場合はもちろん、サーバプログラムとして利"
+"用する場合の動作確認や実行速度測定が可能です。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:6
-msgid "grnslap"
-msgstr "grnslap"
+# 0acf910ee79247d19bd29efc7d8cdd69
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:27
+msgid ""
+"grntest を利用するために必要なデータファイルは、ftp.groonga.orgから必要に応じ"
+"ダウンロードしますので、groonga及びgrntestが動作し、インターネットに接続でき"
+"る環境であればgroongaコマンドの知識がなくてもgroongaの動作を確認できます。"
+msgstr ""
+"grntest を利用するために必要なデータファイルは、ftp.groonga.orgから必要に応じ"
+"ダウンロードしますので、groonga及びgrntestが動作し、インターネットに接続でき"
+"る環境であればgroongaコマンドの知識がなくてもgroongaの動作を確認できます。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:48
-msgid "リクエストの多重度を指定します。初期値は10です。"
-msgstr "リクエストの多重度を指定します。初期値は10です。"
+# 6372811fbddf4509a446565230011e20
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:29
+msgid ""
+"現在は、linux 及びWindows上で動作します。make installしてもインストールは行わ"
+"れません。"
+msgstr ""
+"現在は、linux 及びWindows上で動作します。make installしてもインストールは行わ"
+"れません。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:170
+# 4a80b5d0e54e403db340b27a6bdd9146
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:35
 msgid ""
-"-p, --port オプションと同等の機能です。コマンドラインオプションに指定したポー"
-"ト番号とSET_PORTで指定したポート番号が異なる場合、またコマンドラインオプショ"
-"ンを指定しなかった場合にもSET_PORTが優先されます。"
+"接続するgroongaサーバを、ipアドレスまたはホスト名で指定します。指定先に"
+"groongaサーバが立ち上がっていない場合、接続不能となることに注意してください。"
+"このオプションを指定しない場合、grntestは自動的にlocalhostのgroongaサーバを起"
+"動して接続します。"
 msgstr ""
-"-p, --port オプションと同等の機能です。コマンドラインオプションに指定したポー"
-"ト番号とSET_PORTで指定したポート番号が異なる場合、またコマンドラインオプショ"
-"ンを指定しなかった場合にもSET_PORTが優先されます。"
+"接続するgroongaサーバを、ipアドレスまたはホスト名で指定します。指定先に"
+"groongaサーバが立ち上がっていない場合、接続不能となることに注意してください。"
+"このオプションを指定しない場合、grntestは自動的にlocalhostのgroongaサーバを起"
+"動して接続します。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:173
+# 82f1628a634f44779f3608bfb9de0f53
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:40
 msgid ""
-"特殊命令はスクリプトファイルの任意の場所に書き込むことができます。同一ファイ"
-"ル内に複数回特殊命令を記述した場合、「最後の」特殊命令が有効となります。"
+"自動的に起動するgroongaサーバ、または明示的に指定した接続先のgroonga サーバが"
+"利用するポート番号を指定します。接続先のgroongaサーバが利用しているポートと、"
+"このオプションで指定したポート番号が異なる場合、接続不能となることに注意して"
+"ください。"
 msgstr ""
-"特殊命令はスクリプトファイルの任意の場所に書き込むことができます。同一ファイ"
-"ル内に複数回特殊命令を記述した場合、「最後の」特殊命令が有効となります。"
+"自動的に起動するgroongaサーバ、または明示的に指定した接続先のgroonga サーバが"
+"利用するポート番号を指定します。接続先のgroongaサーバが利用しているポートと、"
+"このオプションで指定したポート番号が異なる場合、接続不能となることに注意して"
+"ください。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:142
-msgid "スクリプトファイルのサンプルです。::"
-msgstr "スクリプトファイルのサンプルです。::"
+# 174b5b1f3dfa413abfb533ca5b0bcb82
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:45
+msgid "ftp.groonga.org に用意されているスクリプトファイルを表示します。"
+msgstr "ftp.groonga.org に用意されているスクリプトファイルを表示します。"
 
+# 9c99b2beab5d453ba7fbfc5542dfccd9
 #: ../../../source/executables/grntest.txt:49
 msgid ""
 "通常grntestはftp.groonga.orgとftp通信を行い、scriptファイルの同期やログファイ"
@@ -125,195 +269,196 @@ msgstr ""
 "になります。存在しないスクリプトファイルを指定した場合、エラーとなることに注"
 "意してください。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:157
+# 9171d42362a24a468aa979edc6ca13fe
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:53
 msgid ""
-"test.load というコマンドファイルをgroonga単体で実行する。(最後の\";\"セミコロ"
-"ンは複数のgrntest命令を記述する場合に必要ですが、この例のように1つのgrntest命"
-"令を実行する場合に付与しても問題ありません。)"
+"デフォルトでは、grntest終了後のログファイルの出力先ははカレントディレクトリで"
+"す。このオプションを利用すると、任意のディレクトリに出力先を変更することがで"
+"きます。"
 msgstr ""
-"test.load というコマンドファイルをgroonga単体で実行する。(最後の\";\"セミコロ"
-"ンは複数のgrntest命令を記述する場合に必要ですが、この例のように1つのgrntest命"
-"令を実行する場合に付与しても問題ありません。)"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:166
-msgid "DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
-msgstr "DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:147
-msgid "引数は以下の2種類の方法のいずれかで指定することができます。::"
-msgstr "引数は以下の2種類の方法のいずれかで指定することができます。::"
+"デフォルトでは、grntest終了後のログファイルの出力先ははカレントディレクトリで"
+"す。このオプションを利用すると、任意のディレクトリに出力先を変更することがで"
+"きます。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:39
+# 003e6923947b4a14b371658bfb578841
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:57
 msgid ""
-"形式1と形式2は混在させることができます。これらの形式では、output_typeという引"
-"数名を用いてoutput_typeを指定します。"
+"groongaコマンドのパスを指定します。デフォルトでは、PATHの中からgroongaコマン"
+"ドを探します。"
 msgstr ""
-"形式1と形式2は混在させることができます。これらの形式では、output_typeという引"
-"数名を用いてoutput_typeを指定します。"
-
-#: ../../../source/executables.txt:8
-msgid "groongaパッケージが提供する実行ファイルについて説明します。"
-msgstr "groongaパッケージが提供する実行ファイルについて説明します。"
+"groongaコマンドのパスを指定します。デフォルトでは、PATHの中からgroongaコマン"
+"ドを探します。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:159
+# 2afb4e46ecfa410caff7cd26e44fda97
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:61
 msgid ""
-"test.select というコマンドファイルをgroongaサーバで10個のスレッドで同時に実行"
-"する。各スレッドはtest.selectの中身を10回繰り返す。また同時に、groonga単体で"
-"test.statusというコマンドファイルを10個のスレッドで実行する。"
+"groongaコマンドが使うプロトコルとして``gqtp``または``http``を指定します。"
 msgstr ""
-"test.select というコマンドファイルをgroongaサーバで10個のスレッドで同時に実行"
-"する。各スレッドはtest.selectの中身を10回繰り返す。また同時に、groonga単体で"
-"test.statusというコマンドファイルを10個のスレッドで実行する。"
+"groongaコマンドが使うプロトコルとして``gqtp``または``http``を指定します。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:29
-msgid "現在は、make installしてもインストールは行われない。"
-msgstr "現在は、make installしてもインストールは行われない。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:144
+# 80c86de39e334964be3725b996b6f14a
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:68
 msgid ""
-"groonga実行ファイルを通してデータベースを操作する命令をコマンドと呼びます。コ"
-"マンドは主にC言語で記述され、groongaプロセスにロードすることによって使用でき"
-"るようになります。 それぞれのコマンドは一意な名前と、0個以上の引数を持ちま"
-"す。"
+"grntestの動作方法(以下、grntest命令と呼びます)を記述したテキストファイルで"
+"す。拡張子は.scrです。"
 msgstr ""
-"groonga実行ファイルを通してデータベースを操作する命令をコマンドと呼びます。コ"
-"マンドは主にC言語で記述され、groongaプロセスにロードすることによって使用でき"
-"るようになります。 それぞれのコマンドは一意な名前と、0個以上の引数を持ちま"
-"す。"
+"grntestの動作方法(以下、grntest命令と呼びます)を記述したテキストファイルで"
+"す。拡張子は.scrです。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:232
+# adb8788bf2b7472c91755e968bdfaa2b
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:72
 msgid ""
-"% groonga -d -p 80 --protocol http --document-root /usr/share/groonga/"
-"admin_html /tmp/hoge.db %"
+"grntestが利用するgroonga データベースです。指定されたデータベースが存在しない"
+"場合、grntestが新規に作成します。またgroonga サーバを自動的に起動する場合もこ"
+"の引数で指定したデータベースが利用されます。接続するgroonga サーバを明示的に"
+"指定した場合に利用するデータベースは、接続先サーバが使用中のデータベースにな"
+"ることに注意してください。"
 msgstr ""
-"% groonga -d -p 80 --protocol http --document-root /usr/share/groonga/"
-"admin_html /tmp/hoge.db %"
+"grntestが利用するgroonga データベースです。指定されたデータベースが存在しない"
+"場合、grntestが新規に作成します。またgroonga サーバを自動的に起動する場合もこ"
+"の引数で指定したデータベースが利用されます。接続するgroonga サーバを明示的に"
+"指定した場合に利用するデータベースは、接続先サーバが使用中のデータベースにな"
+"ることに注意してください。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:58
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:140
-msgid "サンプル"
-msgstr "サンプル"
+# 9148ff128a9c4c5698c8043034ba21d8
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:76
+msgid "使い方"
+msgstr "使い方"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:25
-msgid ""
-"groonga独自プロトコルであるgqtpと、httpの両プロトコルでリクエストを行うことが"
-"できます。また、リクエストの多重度を指定することができます。"
-msgstr ""
-"groonga独自プロトコルであるgqtpと、httpの両プロトコルでリクエストを行うことが"
-"できます。また、リクエストの多重度を指定することができます。"
+# 3046d261490942faa531cae8c179c322
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:77
+msgid "まず、シェル上(Windowsならコマンドプロンプト上)で::"
+msgstr "まず、シェル上(Windowsならコマンドプロンプト上)で::"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:44
+# b80387664c0d4d8ba3f98e3bd3cb03ba
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:81
+msgid "とタイプしてください。もしgrntestが正常に動作すれば、::"
+msgstr "とタイプしてください。もしgrntestが正常に動作すれば、::"
+
+# 94e2be1a7d074d82a7493123df3e4170
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:85
 msgid ""
-"gqtpでリクエストします。gqtpのリクエストをLF区切り形式で標準入力に与えると、"
-"それらのリクエストを順次行います。"
+"というファイルが作成されるはずです。作成されない場合、このドキュメントの「ト"
+"ラブルシューティング」の章を参照してください。"
 msgstr ""
-"gqtpでリクエストします。gqtpのリクエストをLF区切り形式で標準入力に与えると、"
-"それらのリクエストを順次行います。"
+"というファイルが作成されるはずです。作成されない場合、このドキュメントの「ト"
+"ラブルシューティング」の章を参照してください。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:29
+# 6df6bd33fb734f2ebc84f7948f05b2af
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:89
+msgid "スクリプトファイル"
+msgstr "スクリプトファイル"
+
+# 0fdeb7a1498b4d399bfe79a63f96843b
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:91
 msgid ""
-"現在は、linux 及びWindows上で動作します。make installしてもインストールは行わ"
-"れません。"
+"スクリプトファイルは、grntest命令を記述したテキストファイルです。 \";\"セミコ"
+"ロンを利用して、一行に複数のgrntest命令を記述することができます。一行に複数の"
+"grntest命令がある場合、各命令は並列に実行されます。 \"#\"で始まる行はコメント"
+"として扱われます。"
 msgstr ""
-"現在は、linux 及びWindows上で動作します。make installしてもインストールは行わ"
-"れません。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:126
-msgid "検索の挙動をエスカレーションする閾値を指定します。(デフォルトは0です)"
-msgstr "検索の挙動をエスカレーションする閾値を指定します。(デフォルトは0です)"
+"スクリプトファイルは、grntest命令を記述したテキストファイルです。 \";\"セミコ"
+"ロンを利用して、一行に複数のgrntest命令を記述することができます。一行に複数の"
+"grntest命令がある場合、各命令は並列に実行されます。 \"#\"で始まる行はコメント"
+"として扱われます。"
 
+# 8c10efaaa55a4dc6b6f92ff62005637e
 #: ../../../source/executables/grntest.txt:98
 msgid "grntest命令"
 msgstr "grntest命令"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:83
-msgid "test-ユーザ名-数字.log"
-msgstr "test-ユーザ名-数字.log"
+# df129371787b4f81aa11ef1404d9d8ab
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:100
+msgid "現在サポートされているgrntest命令は以下の8つです。"
+msgstr "現在サポートされているgrntest命令は以下の8つです。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:56
-msgid "output_typeの指定に従って、コマンドの実行結果を出力します。"
-msgstr "output_typeの指定に従って、コマンドの実行結果を出力します。"
+# 03c056669c1d40f19b3529f67dad7dc7
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:102
+msgid "do_local コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
+msgstr "do_local コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:61
+# 602b42ad4bcd4e2e9207e17956100d02
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:104
 msgid ""
-"groongaコマンドが使うプロトコルとして``gqtp``または``http``を指定します。"
+"コマンドファイルをgrntest単体で実行します。スレッド数が指定されている場合、複"
+"数のスレッドで同じコマンドファイルを同時に実行します。繰り返し数が指定されて"
+"い場合、コマンドファイルの内容を繰り返し実行します。スレッド数、繰り返し数と"
+"も省略時は1です。1スレッドで複数回動作させたい場合は、do_local コマンドファイ"
+"ル 1 [繰り返し数]と明示的に指定してください。"
 msgstr ""
-"groongaコマンドが使うプロトコルとして``gqtp``または``http``を指定します。"
+"コマンドファイルをgrntest単体で実行します。スレッド数が指定されている場合、複"
+"数のスレッドで同じコマンドファイルを同時に実行します。繰り返し数が指定されて"
+"い場合、コマンドファイルの内容を繰り返し実行します。スレッド数、繰り返し数と"
+"も省略時は1です。1スレッドで複数回動作させたい場合は、do_local コマンドファイ"
+"ル 1 [繰り返し数]と明示的に指定してください。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:160
-msgid "以下のコマンドは組み込みコマンドとして予め定義されています。"
-msgstr "以下のコマンドは組み込みコマンドとして予め定義されています。"
+# 361574ea45c941b09baadb9cfd2b5d9a
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:106
+msgid "do_gqpt コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
+msgstr "do_gqpt コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:89
+# 948d6fdddc9f4873951a1e812e59eb1d
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:108
 msgid ""
-"ログを出力するファイルのパスを指定します。(デフォルトは/var/log/groonga/"
-"groonga.logです)"
+"コマンドファイルをgroongaサーバで実行します。スレッド数や繰り返し数の意味は"
+"do_localの場合と同じです。"
 msgstr ""
-"ログを出力するファイルのパスを指定します。(デフォルトは/var/log/groonga/"
-"groonga.logです)"
+"コマンドファイルをgroongaサーバで実行します。スレッド数や繰り返し数の意味は"
+"do_localの場合と同じです。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:33
-msgid ""
-"スタンドアロンやクライアントモードでは、コマンドは以下のような形式で指定しま"
-"す。"
-msgstr ""
-"スタンドアロンやクライアントモードでは、コマンドは以下のような形式で指定しま"
-"す。"
+# 2583efe6c5a3456b846caeddbec4b423
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:110
+msgid "rep_local コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
+msgstr "rep_local コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:32
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:32
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:27
-msgid "オプション"
-msgstr "オプション"
+# 57e92e8cdacf4ef8b1f8350dd4e53f83
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:112
+msgid "コマンドファイルをgrntest単体で実行し、より詳細な報告を行います。"
+msgstr "コマンドファイルをgrntest単体で実行し、より詳細な報告を行います。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:105
+# b647b3d1fdc64cb084a0aae586916897
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:114
+msgid "rep_gqpt コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
+msgstr "rep_gqpt コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
+
+# 583a34860c104f26bdff509615cd9213
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:116
 msgid ""
-"設定ファイルのパスを指定します。設定ファイルは以下のようなフォーマットになり"
-"ます。::"
+"コマンドファイルをgroongaサーバで実行し、より詳細な報告を行います。 スレッド"
+"数や繰り返し数の意味はdo_localと 同じです。"
 msgstr ""
-"設定ファイルのパスを指定します。設定ファイルは以下のようなフォーマットになり"
-"ます。::"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:221
-msgid "% groonga /tmp/hoge.db table_create Table 0 ShortText [[0]] %"
-msgstr "% groonga /tmp/hoge.db table_create Table 0 ShortText [[0]] %"
+"コマンドファイルをgroongaサーバで実行し、より詳細な報告を行います。 スレッド"
+"数や繰り返し数の意味はdo_localと 同じです。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:225
-msgid "サーバを起動します。::"
-msgstr "サーバを起動します。::"
+# 87bcb634bdbd4a339390a5321be9040e
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:118
+msgid "out_local コマンドファイル 入力ファイル名"
+msgstr "out_local コマンドファイル 入力ファイル名"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:23
+# 51402a5a948c45d2b9434da0aeca60a6
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:120
 msgid ""
-"groongaは列指向のデータベース機能を持つ高速でスケーラブルな全文検索エンジンで"
-"す。 groongaのデータベースは、groonga実行ファイルかCライブラリインタフェース"
-"を通して操作することができます。このマニュアルページでは、groonga実行ファイル"
-"の使い方について説明します。"
+"コマンドファイルをgrntest単体で実行し、各コマンドの実行結果をすべて”出力ファ"
+"イル\"に書きだします。この結果は、test_local, test_gqtp命令で利用します。な"
+"おこの命令の「出力ファイル」とは、grntest実行時に自動的に作成されるログとは別"
+"のものです。grntestではコメントが利用できる以外、::"
 msgstr ""
-"groongaは列指向のデータベース機能を持つ高速でスケーラブルな全文検索エンジンで"
-"す。 groongaのデータベースは、groonga実行ファイルかCライブラリインタフェース"
-"を通して操作することができます。このマニュアルページでは、groonga実行ファイル"
-"の使い方について説明します。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:163
-msgid "groongaプロセスの状態を表示します。"
-msgstr "groongaプロセスの状態を表示します。"
-
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:42
-msgid "`gqtp`"
-msgstr "`gqtp`"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:153
-msgid "コメント行。"
-msgstr "コメント行。"
+"コマンドファイルをgrntest単体で実行し、各コマンドの実行結果をすべて”出力ファ"
+"イル\"に書きだします。この結果は、test_local, test_gqtp命令で利用します。な"
+"おこの命令の「出力ファイル」とは、grntest実行時に自動的に作成されるログとは別"
+"のものです。grntestではコメントが利用できる以外、::"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:102
-msgid "do_local コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
-msgstr "do_local コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
+# 2078220e1692448282d21495694a5065
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:124
+msgid "とした場合と同じです。"
+msgstr "とした場合と同じです。"
 
+# d0224ca0815341c6bea6ef042776d07c
 #: ../../../source/executables/grntest.txt:126
 msgid "out_gqtp コマンドファイル 出力ファイル名"
 msgstr "out_gqtp コマンドファイル 出力ファイル名"
 
+# b92a8b7b9ac347dda64957c4caf970a7
 #: ../../../source/executables/grntest.txt:128
 msgid ""
 "コマンドファイルをgroongaサーバで実行します。その他はout_local命令と同等で"
@@ -322,357 +467,375 @@ msgstr ""
 "コマンドファイルをgroongaサーバで実行します。その他はout_local命令と同等で"
 "す。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:175
-msgid "テーブルにカラムを追加します。"
-msgstr "テーブルにカラムを追加します。"
+# f54fb8ac5ad441d292aaeabe2a494ab0
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:131
+msgid ""
+"コマンドファイルをgrntest単体で実行し、各コマンドの実行結果を入力ファイルと比"
+"較します。処理時間など本質的要素以外に差分があった場合、差分を、入力ファイル."
+"diffというファイルに書きだします。"
+msgstr ""
+"コマンドファイルをgrntest単体で実行し、各コマンドの実行結果を入力ファイルと比"
+"較します。処理時間など本質的要素以外に差分があった場合、差分を、入力ファイル."
+"diffというファイルに書きだします。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:35
-msgid "形式1: コマンド名 値1 値2,.."
-msgstr "形式1: コマンド名 値1 値2,.."
+# 1b8899bbfcee4f3abaaf9c76cb25813b
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:135
+msgid "コマンドファイル"
+msgstr "コマンドファイル"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:214
-msgid "新しいデータベースを作成します。::"
-msgstr "新しいデータベースを作成します。::"
+# dbc98a3389ae489d88a62b20174a3d25
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:137
+msgid ""
+"コマンドファイルは、groonga組み込みコマンドを1行に1つずつ記述したテキストファ"
+"イルです。拡張子に制限はありません。groonga組み込みコマンドに関しては :doc:"
+"`commands` を参照してください。"
+msgstr ""
+"コマンドファイルは、groonga組み込みコマンドを1行に1つずつ記述したテキストファ"
+"イルです。拡張子に制限はありません。groonga組み込みコマンドに関しては :doc:"
+"`commands` を参照してください。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:175
-msgid "例えば、"
-msgstr "例えば、"
+# b529c0c65e60465b9af02ed4631d228e
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:142
+msgid "スクリプトファイルのサンプルです。::"
+msgstr "スクリプトファイルのサンプルです。::"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:37
-msgid "形式2: コマンド名 --引数名1 値1 --引数名2 値2,.."
-msgstr "形式2: コマンド名 --引数名1 値1 --引数名2 値2,.."
+# 68385191141c4b0599008af780004ca2
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:150
+msgid "上記の意味は以下のとおりです。"
+msgstr "上記の意味は以下のとおりです。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:202
-msgid "ログ出力レベルを設定します。"
-msgstr "ログ出力レベルを設定します。"
+# 88ee31714b264883b0449b8b5da390de
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:153
+msgid "コメント行。"
+msgstr "コメント行。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:75
-msgid "ヘルプメッセージを出力します。"
-msgstr "ヘルプメッセージを出力します。"
+# fa5e953b31ea49c38ec86c50f0800e53
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:155
+msgid "test.dll というコマンドファイルをgroonga単体で実行し、詳細に報告する。"
+msgstr "test.dll というコマンドファイルをgroonga単体で実行し、詳細に報告する。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:144
+# ef311ebf79b2471da8d1d4edaf5763cf
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:157
 msgid ""
-"# sample script rep_local test.ddl do_local test.load; do_gqtp test.select "
-"10 10; do_local test.status 10"
+"test.load というコマンドファイルをgroonga単体で実行する。(最後の\";\"セミコロ"
+"ンは複数のgrntest命令を記述する場合に必要ですが、この例のように1つのgrntest命"
+"令を実行する場合に付与しても問題ありません。)"
 msgstr ""
-"# sample script rep_local test.ddl do_local test.load; do_gqtp test.select "
-"10 10; do_local test.status 10"
+"test.load というコマンドファイルをgroonga単体で実行する。(最後の\";\"セミコロ"
+"ンは複数のgrntest命令を記述する場合に必要ですが、この例のように1つのgrntest命"
+"令を実行する場合に付与しても問題ありません。)"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:169
-msgid "テーブルに定義されているカラムのリストを表示します。"
-msgstr "テーブルに定義されているカラムのリストを表示します。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:184
-msgid "VIEW型のテーブルに要素となるテーブルを定義します。"
-msgstr "VIEW型のテーブルに要素となるテーブルを定義します。"
-
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:27
+# b9d6a10f7ed749d4b0fa9a23816c38e3
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:159
 msgid ""
-"クエリの内容を標準入力から与えることができます。実稼動環境でのクエリパタンに"
-"近いクエリを標準入力に与えることによって、実稼動環境に近い状態での検証を行う"
-"ことができます。"
+"test.select というコマンドファイルをgroongaサーバで10個のスレッドで同時に実行"
+"する。各スレッドはtest.selectの中身を10回繰り返す。また同時に、groonga単体で"
+"test.statusというコマンドファイルを10個のスレッドで実行する。"
 msgstr ""
-"クエリの内容を標準入力から与えることができます。実稼動環境でのクエリパタンに"
-"近いクエリを標準入力に与えることによって、実稼動環境に近い状態での検証を行う"
-"ことができます。"
+"test.select というコマンドファイルをgroongaサーバで10個のスレッドで同時に実行"
+"する。各スレッドはtest.selectの中身を10回繰り返す。また同時に、groonga単体で"
+"test.statusというコマンドファイルを10個のスレッドで実行する。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:31
-msgid ""
-"コマンドは、複数の引数をとります。引数にはそれぞれ名前があります。また、特殊"
-"な引数である「output_type」と「command_version」があります。"
-msgstr ""
-"コマンドは、複数の引数をとります。引数にはそれぞれ名前があります。また、特殊"
-"な引数である「output_type」と「command_version」があります。"
+# cfb7dd11731a402882a5b5c4f944c06d
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:162
+msgid "特殊命令"
+msgstr "特殊命令"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:22
+# 21f538fe9274485094a878229cc15cf4
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:164
 msgid ""
-"groongaサーバを起動する時に--protocolオプションにhttpを指定すると、httpで通信"
-"可能になります。また、--document-root によって静的ページのパスを指定すると、"
-"httpリクエストに指定されたURIに対応する、パス配下に置かれたファイルを出力しま"
-"す。"
+"スクリプトファイルのコメント行には特殊コマンドを埋め込むことが可能です。現在"
+"サポートされている特殊命令は以下の二つです。"
 msgstr ""
-"groongaサーバを起動する時に--protocolオプションにhttpを指定すると、httpで通信"
-"可能になります。また、--document-root によって静的ページのパスを指定すると、"
-"httpリクエストに指定されたURIに対応する、パス配下に置かれたファイルを出力しま"
-"す。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:199
-msgid "サーバ(デーモン)プロセスを停止します。"
-msgstr "サーバ(デーモン)プロセスを停止します。"
+"スクリプトファイルのコメント行には特殊コマンドを埋め込むことが可能です。現在"
+"サポートされている特殊命令は以下の二つです。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:53
+# 1d9ccd167ae341aeb57a46463a7121e9
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:167
 msgid ""
-"デフォルトでは、grntest終了後のログファイルの出力先ははカレントディレクトリで"
-"す。このオプションを利用すると、任意のディレクトリに出力先を変更することがで"
-"きます。"
+"-i, --hostオプションと同等の機能です。コマンドラインオプションに指定したIPア"
+"ドレス/ホスト名と、SET_HOSTで指定したIPアドレス/ホスト名が異なる場合、またコ"
+"マンドラインオプションを指定しなかった場合にもSET_HOSTが優先されます。"
+"SET_HOSTを利用した場合、サーバが自動的には起動されないのもコマンドラインオプ"
+"ションで指定した場合と同様です。"
 msgstr ""
-"デフォルトでは、grntest終了後のログファイルの出力先ははカレントディレクトリで"
-"す。このオプションを利用すると、任意のディレクトリに出力先を変更することがで"
-"きます。"
+"-i, --hostオプションと同等の機能です。コマンドラインオプションに指定したIPア"
+"ドレス/ホスト名と、SET_HOSTで指定したIPアドレス/ホスト名が異なる場合、またコ"
+"マンドラインオプションを指定しなかった場合にもSET_HOSTが優先されます。"
+"SET_HOSTを利用した場合、サーバが自動的には起動されないのもコマンドラインオプ"
+"ションで指定した場合と同様です。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:64
+# be40ecb17f404ffcabceac750ecdf030
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:170
 msgid ""
-"> yes /d/status | head -n 100 | grnslap -P http -m 100 localhost:10041 "
-"2009-11-12 19:34:09.998696|begin: max_concurrency=100 max_tp=10000 "
-"2009-11-12 19:34:10.011208|end  : n=100 min=46 max=382 avg=0 qps=7992.966190 "
-"etime=0.012511"
+"-p, --port オプションと同等の機能です。コマンドラインオプションに指定したポー"
+"ト番号とSET_PORTで指定したポート番号が異なる場合、またコマンドラインオプショ"
+"ンを指定しなかった場合にもSET_PORTが優先されます。"
 msgstr ""
-"> yes /d/status | head -n 100 | grnslap -P http -m 100 localhost:10041 "
-"2009-11-12 19:34:09.998696|begin: max_concurrency=100 max_tp=10000 "
-"2009-11-12 19:34:10.011208|end  : n=100 min=46 max=382 avg=0 qps=7992.966190 "
-"etime=0.012511"
+"-p, --port オプションと同等の機能です。コマンドラインオプションに指定したポー"
+"ト番号とSET_PORTで指定したポート番号が異なる場合、またコマンドラインオプショ"
+"ンを指定しなかった場合にもSET_PORTが優先されます。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:24
+# 33dce3ddb6274a0e98fcf621a589668c
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:173
 msgid ""
-"groongaにはHTML + JavaScriptで実装された管理ツールが標準で付属しています。--"
-"document-rootを指定しない場合は管理ツールがインストールされているパスが指定さ"
-"れたとみなされますので、ウェブブラウザでhttp://hostname:port/にアクセスする"
-"と、管理ツールを利用できます。"
+"特殊命令はスクリプトファイルの任意の場所に書き込むことができます。同一ファイ"
+"ル内に複数回特殊命令を記述した場合、「最後の」特殊命令が有効となります。"
 msgstr ""
-"groongaにはHTML + JavaScriptで実装された管理ツールが標準で付属しています。--"
-"document-rootを指定しない場合は管理ツールがインストールされているパスが指定さ"
-"れたとみなされますので、ウェブブラウザでhttp://hostname:port/にアクセスする"
-"と、管理ツールを利用できます。"
+"特殊命令はスクリプトファイルの任意の場所に書き込むことができます。同一ファイ"
+"ル内に複数回特殊命令を記述した場合、「最後の」特殊命令が有効となります。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:172
-msgid "DBにテーブルを追加します。"
-msgstr "DBにテーブルを追加します。"
+# ad1a17da33884a79a76424776afc672b
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:175
+msgid "例えば、"
+msgstr "例えば、"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:273
+# 293bbde3239149d598dd6a1b9bc5a47f
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:181
+msgid "とコマンド上でポートを指定した場合でも、もしtest.scrの中身が"
+msgstr "とコマンド上でポートを指定した場合でも、もしtest.scrの中身が"
+
+# 9f283881e48c4763a3aad5a92ff93cf1
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:191
 msgid ""
-"以上の原因でなければ、問題はgrntestかgroongaにあります。ご報告をお願いしま"
-"す。"
+"であれば、自動的に起動されるgroongaサーバはポート番号10400を利用します。"
 msgstr ""
-"以上の原因でなければ、問題はgrntestかgroongaにあります。ご報告をお願いしま"
-"す。"
+"であれば、自動的に起動されるgroongaサーバはポート番号10400を利用します。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:158
-msgid "組み込みコマンド"
-msgstr "組み込みコマンド"
+# 4ac4c2b09cd34d8298e5886cdc8c4e22
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:195
+msgid "grntest実行結果"
+msgstr "grntest実行結果"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:97
+# 8acbff42384b4ff28c28ebfe505bb946
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:197
 msgid ""
-"最大で利用するスレッド数を指定します。(デフォルトはマシンのCPUコア数と同じ数"
-"です)"
+"grntestが正常に終了すると、(拡張子を除いた)スクリプト名-ユーザ名-実行開始時"
+"刻.logという形式のログファイルがカレントディレクトリに作られます。ログファイ"
+"ルは自動的にftp.groonga.org に送信されます。ログファイルは以下のようなjson形"
+"式のテキストです。"
 msgstr ""
-"最大で利用するスレッド数を指定します。(デフォルトはマシンのCPUコア数と同じ数"
-"です)"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:89
-msgid "スクリプトファイル"
-msgstr "スクリプトファイル"
+"grntestが正常に終了すると、(拡張子を除いた)スクリプト名-ユーザ名-実行開始時"
+"刻.logという形式のログファイルがカレントディレクトリに作られます。ログファイ"
+"ルは自動的にftp.groonga.org に送信されます。ログファイルは以下のようなjson形"
+"式のテキストです。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:39
-msgid "サーバモードで実行します。"
-msgstr "サーバモードで実行します。"
+# 17b1dbda1b6d46339613d75a607ed8b7
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:255
+msgid "制限事項"
+msgstr "制限事項"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:35
-msgid "クライアントモードで実行します。"
-msgstr "クライアントモードで実行します。"
+# c8dc217c78be486ebd57d3b5af95e5bc
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:257
+msgid ""
+"スクリプトファイルの一行には複数のgrntest命令を記述できますが、すべてのスレッ"
+"ド数の合計は最大64までに制限されます。"
+msgstr ""
+"スクリプトファイルの一行には複数のgrntest命令を記述できますが、すべてのスレッ"
+"ド数の合計は最大64までに制限されます。"
 
+# ceda447061564aa599c08c92c26a1d84
 #: ../../../source/executables/grntest.txt:259
 msgid "コマンドファイル中のgroongaコマンドの長さは最長5000000byteです。"
 msgstr "コマンドファイル中のgroongaコマンドの長さは最長5000000byteです。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:137
-msgid ""
-"コマンドファイルは、groonga組み込みコマンドを1行に1つずつ記述したテキストファ"
-"イルです。拡張子に制限はありません。groonga組み込みコマンドに関しては :doc:"
-"`commands` を参照してください。"
-msgstr ""
-"コマンドファイルは、groonga組み込みコマンドを1行に1つずつ記述したテキストファ"
-"イルです。拡張子に制限はありません。groonga組み込みコマンドに関しては :doc:"
-"`commands` を参照してください。"
+# a52c389ef69d47dfa7cf54828662e0e4
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:263
+msgid "トラブルシューティング"
+msgstr "トラブルシューティング"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:133
-msgid "使用するデータベースのパス名を指定します。"
-msgstr "使用するデータベースのパス名を指定します。"
+# cf249e7cfd874294891d0589da6be089
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:265
+msgid "もし、grntestが正常に動作しない場合、まず以下を確認してください。"
+msgstr "もし、grntestが正常に動作しない場合、まず以下を確認してください。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:108
+# 342bdb3aaff24b73bf9110fb59edfeeb
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:267
 msgid ""
-"コマンドファイルをgroongaサーバで実行します。スレッド数や繰り返し数の意味は"
-"do_localの場合と同じです。"
+"インターネットに接続しているか? --noftp モードを指定しない限り、grntestは動"
+"作のたびにftp.groonga.orgと通信します。ftp.groonga.orgと通信可能でない場合、"
+"grntestは正常に動作しません。"
 msgstr ""
-"コマンドファイルをgroongaサーバで実行します。スレッド数や繰り返し数の意味は"
-"do_localの場合と同じです。"
+"インターネットに接続しているか? --noftp モードを指定しない限り、grntestは動"
+"作のたびにftp.groonga.orgと通信します。ftp.groonga.orgと通信可能でない場合、"
+"grntestは正常に動作しません。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:91
+# 41e44e70646c4215b0eb40ede1090d48
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:269
 msgid ""
-"スクリプトファイルは、grntest命令を記述したテキストファイルです。 \";\"セミコ"
-"ロンを利用して、一行に複数のgrntest命令を記述することができます。一行に複数の"
-"grntest命令がある場合、各命令は並列に実行されます。 \"#\"で始まる行はコメント"
-"として扱われます。"
+"groonga サーバが動作していないか? grntestは、-i, --host オプションで明示的"
+"にサーバを指定しないかぎり、自動的にlocalhostのgroongaサーバを立ち上げます。"
+"すでにgroongaサーバが動作している場合、grntestは正常に動作しない可能性があり"
+"ます。"
 msgstr ""
-"スクリプトファイルは、grntest命令を記述したテキストファイルです。 \";\"セミコ"
-"ロンを利用して、一行に複数のgrntest命令を記述することができます。一行に複数の"
-"grntest命令がある場合、各命令は並列に実行されます。 \"#\"で始まる行はコメント"
-"として扱われます。"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:202
-msgid ""
-"[{\"script\": \"test.scr\",   \"user\": \"homepage\",   \"date\": "
-"\"2010-04-14 22:47:04\",   \"CPU\": Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 2.80GHz\",   "
-"\"BIT\": 32,   \"CORE\": 1,   \"RAM\": \"975MBytes\",   \"HDD\": "
-"\"257662232KBytes\",   \"OS\": \"Linux 2.4.20-24.7-i686\",   \"HOST\": "
-"\"localhost\",   \"PORT\": \"10041\",   \"VERSION\": \"0.1.8-100-"
-"ga54c5f8\" }, {\"jobs\": \"rep_local test.ddl\", \"detail\": [ [0, "
-"\"table_create res_table --key_type ShortText\", 1490, 3086, "
-"[0,1271252824.25846,0.00144 7]], [0, \"column_create res_table res_column --"
-"type Text\", 3137, 5956, [0,1271252824.2601,0.002 741]], [0, \"column_create "
-"res_table user_column --type Text\", 6020, 8935, [0,1271252824.26298,0.0 "
-"02841]], [0, \"column_create res_table mail_column --type Text\", 8990, "
-"11925, [0,1271252824.26595,0. 002861]], [0, \"column_create res_table "
-"time_column --type Time\", 12008, 13192, [0,1271252824.26897,0 .001147]], "
-"[0, \"status\", 13214, 13277, [0,1271252824.27018,3.0e-05]], [0, "
-"\"table_create thread_table --key_type ShortText\", 13289, 14541, "
-"[0,1271252824.27025,0. 001213]], [0, \"column_create thread_table "
-"thread_title_column --type ShortText\", 14570, 17380, [0,12 "
-"71252824.27153,0.002741]], [0, \"status\", 17435, 17480, "
-"[0,1271252824.2744,2.7e-05]], [0, \"table_create lexicon_table --flags 129 --"
-"key_type ShortText --default_tokenizer Token Bigram\", 17491, 18970, "
-"[0,1271252824.27446,0.001431]], [0, \"column_create lexicon_table "
-"inv_res_column 514 res_table res_column \", 18998, 33248, "
-"[0,1271252824.27596,0.01418]], [0, \"column_create lexicon_table "
-"inv_thread_column 514 thread_table thread_title_column \",  33285, 48472, "
-"[0,1271252824.29025,0.015119]], [0, \"status\", 48509, 48554, "
-"[0,1271252824.30547,2.7e-05]]], \"summary\" :[{\"job\": \"rep_local test.ddl"
-"\", \"latency\": 48607, \"self\": 47719, \"qps\": 272.4281 73, \"min\": 45, "
-"\"max\": 15187, \"queries\": 13}]}, {\"jobs\": \"do_local test.load; \", "
-"\"summary\" :[{\"job\": \"do_local test.load\", \"latency\": 68693, \"self"
-"\": 19801, \"qps\": 1010.049 997, \"min\": 202, \"max\": 5453, \"queries\": "
-"20}]}, {\"jobs\": \"do_gqtp test.select 10 10; do_local test.status 10\", "
-"\"summary\" :[{\"job\": \" do_local test.status 10\", \"latency\": 805990, "
-"\"self\": 737014, \"qps\": 54.273053, \"min\": 24, \"max\": 218, \"queries"
-"\": 40},{\"job\": \"do_gqtp test.select 10 10\", \"lat ency\": 831495, \"self"
-"\": 762519, \"qps\": 1967.164097, \"min\": 73, \"max\": 135631, \"queries\": "
-"15 00}]}, {\"total\": 915408, \"qps\": 1718.359464, \"queries\": 1573}]"
-msgstr ""
-"[{\"script\": \"test.scr\",   \"user\": \"homepage\",   \"date\": "
-"\"2010-04-14 22:47:04\",   \"CPU\": Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 2.80GHz\",   "
-"\"BIT\": 32,   \"CORE\": 1,   \"RAM\": \"975MBytes\",   \"HDD\": "
-"\"257662232KBytes\",   \"OS\": \"Linux 2.4.20-24.7-i686\",   \"HOST\": "
-"\"localhost\",   \"PORT\": \"10041\",   \"VERSION\": \"0.1.8-100-"
-"ga54c5f8\" }, {\"jobs\": \"rep_local test.ddl\", \"detail\": [ [0, "
-"\"table_create res_table --key_type ShortText\", 1490, 3086, "
-"[0,1271252824.25846,0.00144 7]], [0, \"column_create res_table res_column --"
-"type Text\", 3137, 5956, [0,1271252824.2601,0.002 741]], [0, \"column_create "
-"res_table user_column --type Text\", 6020, 8935, [0,1271252824.26298,0.0 "
-"02841]], [0, \"column_create res_table mail_column --type Text\", 8990, "
-"11925, [0,1271252824.26595,0. 002861]], [0, \"column_create res_table "
-"time_column --type Time\", 12008, 13192, [0,1271252824.26897,0 .001147]], "
-"[0, \"status\", 13214, 13277, [0,1271252824.27018,3.0e-05]], [0, "
-"\"table_create thread_table --key_type ShortText\", 13289, 14541, "
-"[0,1271252824.27025,0. 001213]], [0, \"column_create thread_table "
-"thread_title_column --type ShortText\", 14570, 17380, [0,12 "
-"71252824.27153,0.002741]], [0, \"status\", 17435, 17480, "
-"[0,1271252824.2744,2.7e-05]], [0, \"table_create lexicon_table --flags 129 --"
-"key_type ShortText --default_tokenizer Token Bigram\", 17491, 18970, "
-"[0,1271252824.27446,0.001431]], [0, \"column_create lexicon_table "
-"inv_res_column 514 res_table res_column \", 18998, 33248, "
-"[0,1271252824.27596,0.01418]], [0, \"column_create lexicon_table "
-"inv_thread_column 514 thread_table thread_title_column \",  33285, 48472, "
-"[0,1271252824.29025,0.015119]], [0, \"status\", 48509, 48554, "
-"[0,1271252824.30547,2.7e-05]]], \"summary\" :[{\"job\": \"rep_local test.ddl"
-"\", \"latency\": 48607, \"self\": 47719, \"qps\": 272.4281 73, \"min\": 45, "
-"\"max\": 15187, \"queries\": 13}]}, {\"jobs\": \"do_local test.load; \", "
-"\"summary\" :[{\"job\": \"do_local test.load\", \"latency\": 68693, \"self"
-"\": 19801, \"qps\": 1010.049 997, \"min\": 202, \"max\": 5453, \"queries\": "
-"20}]}, {\"jobs\": \"do_gqtp test.select 10 10; do_local test.status 10\", "
-"\"summary\" :[{\"job\": \" do_local test.status 10\", \"latency\": 805990, "
-"\"self\": 737014, \"qps\": 54.273053, \"min\": 24, \"max\": 218, \"queries"
-"\": 40},{\"job\": \"do_gqtp test.select 10 10\", \"lat ency\": 831495, \"self"
-"\": 762519, \"qps\": 1967.164097, \"min\": 73, \"max\": 135631, \"queries\": "
-"15 00}]}, {\"total\": 915408, \"qps\": 1718.359464, \"queries\": 1573}]"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:219
-msgid "作成済みのデータベースにテーブルを定義します。::"
-msgstr "作成済みのデータベースにテーブルを定義します。::"
+"groonga サーバが動作していないか? grntestは、-i, --host オプションで明示的"
+"にサーバを指定しないかぎり、自動的にlocalhostのgroongaサーバを立ち上げます。"
+"すでにgroongaサーバが動作している場合、grntestは正常に動作しない可能性があり"
+"ます。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:66
+# 858097b76a2644978990bb26ede2d2f5
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:271
 msgid ""
-"クライアント、サーバ、またはデーモンモードで使用するTCPポート番号。 (デフォル"
-"トは10041番)"
+"指定したDBが適切か? grntestは、引数で指定したDBの中身はチェックしません。も"
+"し指定されたDBが存在しなければ自動的にDBを作成しますが、もしファイルとして存"
+"在する場合は中身に関わらず動作を続けてしまい、結果が異常になる可能性がありま"
+"す。"
 msgstr ""
-"クライアント、サーバ、またはデーモンモードで使用するTCPポート番号。 (デフォル"
-"トは10041番)"
+"指定したDBが適切か? grntestは、引数で指定したDBの中身はチェックしません。も"
+"し指定されたDBが存在しなければ自動的にDBを作成しますが、もしファイルとして存"
+"在する場合は中身に関わらず動作を続けてしまい、結果が異常になる可能性がありま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:164
+# b55ae712d6684f4d85338c26859bb007
+#: ../../../source/executables/grntest.txt:273
 msgid ""
-"スクリプトファイルのコメント行には特殊コマンドを埋め込むことが可能です。現在"
-"サポートされている特殊命令は以下の二つです。"
+"以上の原因でなければ、問題はgrntestかgroongaにあります。ご報告をお願いしま"
+"す。"
 msgstr ""
-"スクリプトファイルのコメント行には特殊コマンドを埋め込むことが可能です。現在"
-"サポートされている特殊命令は以下の二つです。"
-
-#: sphinx-built-in-message:0
-msgid "groonga < コマンドファイル > 出力ファイル"
-msgstr "groonga < コマンドファイル > 出力ファイル"
+"以上の原因でなければ、問題はgrntestかgroongaにあります。ご報告をお願いしま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:18
-msgid "grnslap [options] [dest]"
-msgstr "grnslap [options] [dest]"
+# 046285bcfad94c8ea8d790d032161e5b
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:6
+msgid "groonga-suggest-create-dataset"
+msgstr "groonga-suggest-create-dataset"
+
+# 9ef71d213a9347dbbfb8e739169adde6
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:9
+msgid "NAME"
+msgstr "NAME"
+
+# ce25f4f34e844d50aac13b0d4ad4fbb9
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:11
+msgid ""
+"groonga-suggest-create-dataset - Defines schema for a suggestion dataset"
+msgstr ""
+"groonga-suggest-create-dataset - Defines schema for a suggestion dataset"
+
+# dec215aeb3e444d1b525d3acc817f9c3
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:14
+msgid "SYNOPSTIS"
+msgstr "SYNOPSTIS"
+
+# e76660ac79364c40a591083339380c75
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:21
+msgid "DESCTIPION"
+msgstr "DESCTIPION"
+
+# ef9d4ab18d5a437d98038aa54b10d3f9
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:23
+msgid ""
+"groonga-suggest-create-dataset creates a dataset for :doc:`/suggest`. A "
+"database has many datasets. This command just defines schea for a suggestion "
+"dataset."
+msgstr ""
+"groonga-suggest-create-dataset creates a dataset for :doc:`/suggest`. A "
+"database has many datasets. This command just defines schea for a suggestion "
+"dataset."
+
+# 2b55ab7263674565bf18ab70a77091b2
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:26
+msgid "OPTIONS"
+msgstr "OPTIONS"
+
+# 52ad6774ebfc4c45b4e7e379562a61dc
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:28
+msgid "None."
+msgstr "None."
+
+# 30653f481f734d2c9bdea6fda0373c79
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:31
+msgid "EXIT STATUS"
+msgstr "EXIT STATUS"
+
+# 174515eb1dc447bf855718d1603d04d1
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:36
+msgid "FILES"
+msgstr "FILES"
+
+# 7fb319826f36432cade72046483d2fa9
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:41
+msgid "EXAMPLE"
+msgstr "EXAMPLE"
+
+# 68f4dcdb5525450e96eaa76a27f54a03
+# b39e013841854e10adeec0e31a818bc8
+# de9ec08009074ec5a64608898257ace9
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:43
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:33,
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:38,
+msgid "TODO"
+msgstr "TODO"
+
+# 0afe9b92aac5403ca2bc921e1a32c8ed
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:46
+msgid "SEE ALSO"
+msgstr "SEE ALSO"
+
+# a3244873bbe846b2b4cc203d764fa9cd
+#: ../../../source/executables/groonga-suggest-create-dataset.txt:48
+msgid ""
+":doc:`/suggest` .. : doc:`groonga-suggest-httpd` .. : doc:`groonga-suggest-"
+"learner`"
+msgstr ""
+":doc:`/suggest` .. : doc:`groonga-suggest-httpd` .. : doc:`groonga-suggest-"
+"learner`"
+
+# 2a6e1a2440564ae2b33996b98a18c5d4
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:6
+msgid "groonga実行ファイル"
+msgstr "groonga実行ファイル"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:181
-msgid "とコマンド上でポートを指定した場合でも、もしtest.scrの中身が"
-msgstr "とコマンド上でポートを指定した場合でも、もしtest.scrの中身が"
+# 2c10caa536ad4c87b562b30f114da358
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:11
+msgid "groonga - 列指向データベース機能を持つ全文検索エンジンソフトウェア"
+msgstr "groonga - 列指向データベース機能を持つ全文検索エンジンソフトウェア"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:167
+# 6070375e52dc4065b0703331077e5741
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:23
 msgid ""
-"-i, --hostオプションと同等の機能です。コマンドラインオプションに指定したIPア"
-"ドレス/ホスト名と、SET_HOSTで指定したIPアドレス/ホスト名が異なる場合、またコ"
-"マンドラインオプションを指定しなかった場合にもSET_HOSTが優先されます。"
-"SET_HOSTを利用した場合、サーバが自動的には起動されないのもコマンドラインオプ"
-"ションで指定した場合と同様です。"
+"groongaは列指向のデータベース機能を持つ高速でスケーラブルな全文検索エンジンで"
+"す。 groongaのデータベースは、groonga実行ファイルかCライブラリインタフェース"
+"を通して操作することができます。このマニュアルページでは、groonga実行ファイル"
+"の使い方について説明します。"
 msgstr ""
-"-i, --hostオプションと同等の機能です。コマンドラインオプションに指定したIPア"
-"ドレス/ホスト名と、SET_HOSTで指定したIPアドレス/ホスト名が異なる場合、またコ"
-"マンドラインオプションを指定しなかった場合にもSET_HOSTが優先されます。"
-"SET_HOSTを利用した場合、サーバが自動的には起動されないのもコマンドラインオプ"
-"ションで指定した場合と同様です。"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:118
-msgid "out_local コマンドファイル 入力ファイル名"
-msgstr "out_local コマンドファイル 入力ファイル名"
+"groongaは列指向のデータベース機能を持つ高速でスケーラブルな全文検索エンジンで"
+"す。 groongaのデータベースは、groonga実行ファイルかCライブラリインタフェース"
+"を通して操作することができます。このマニュアルページでは、groonga実行ファイル"
+"の使い方について説明します。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:38
-msgid "`http`"
-msgstr "`http`"
+# 3724d0d3450645f889402bdad6b5853b
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:31
+msgid "新たなデータベースを作成します。"
+msgstr "新たなデータベースを作成します。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:21
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:21
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:21
-#: ../../../source/executables/http.txt:20
-msgid "説明"
-msgstr "説明"
+# 4260d5bcecf74df099a237257b431f7b
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:35
+msgid "クライアントモードで実行します。"
+msgstr "クライアントモードで実行します。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:212
-msgid "例"
-msgstr "例"
+# ca93e8c69c624e9485baa2f8724a8890
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:39
+msgid "サーバモードで実行します。"
+msgstr "サーバモードで実行します。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:43
-msgid "形式: /d/コマンド名.output_type?引数名1=値1&引数名2=値2&..."
-msgstr "形式: /d/コマンド名.output_type?引数名1=値1&引数名2=値2&..."
+# f04ed85dc8444c20ac3e68b1f015eef6
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:43
+msgid "デーモンモードで実行します。(forkする点がサーバモードと異なる)"
+msgstr "デーモンモードで実行します。(forkする点がサーバモードと異なる)"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:35
+# 30476dc7d8584e159fa481f2a7ecaaa6
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:47
 msgid ""
-"接続するgroongaサーバを、ipアドレスまたはホスト名で指定します。指定先に"
-"groongaサーバが立ち上がっていない場合、接続不能となることに注意してください。"
-"このオプションを指定しない場合、grntestは自動的にlocalhostのgroongaサーバを起"
-"動して接続します。"
+"データベースで使用する文字エンコーディング方式を指定します。新たなデータベー"
+"スを作成する時のみ有効です。none, euc, utf8, sjis, latin, koi8rのいずれかが指"
+"定できます。"
 msgstr ""
-"接続するgroongaサーバを、ipアドレスまたはホスト名で指定します。指定先に"
-"groongaサーバが立ち上がっていない場合、接続不能となることに注意してください。"
-"このオプションを指定しない場合、grntestは自動的にlocalhostのgroongaサーバを起"
-"動して接続します。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:187
-msgid "テーブルにレコードを挿入します。"
-msgstr "テーブルにレコードを挿入します。"
-
-#: ../../../source/executables/http.txt:47
-msgid "GETメソッドのみが使用可能です。"
-msgstr "GETメソッドのみが使用可能です。"
+"データベースで使用する文字エンコーディング方式を指定します。新たなデータベー"
+"スを作成する時のみ有効です。none, euc, utf8, sjis, latin, koi8rのいずれかが指"
+"定できます。"
 
+# 05cfc09064a343d2956d5b1f4a7d8d3d
 #: ../../../source/executables/groonga.txt:51
 msgid ""
 "ログレベルを指定します。0〜8までの数値が指定可能で、数が大きいほど多くのログ"
@@ -681,184 +844,135 @@ msgstr ""
 "ログレベルを指定します。0〜8までの数値が指定可能で、数が大きいほど多くのログ"
 "が出力されます。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:40
-msgid ""
-"httpでリクエストします。対象のhttpのパス群(GETパラメータを含む)をLF区切り形式"
-"で標準入力に与えると、それらのパスに順次アクセスします。"
-msgstr ""
-"httpでリクエストします。対象のhttpのパス群(GETパラメータを含む)をLF区切り形式"
-"で標準入力に与えると、それらのパスに順次アクセスします。"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:25
-msgid ""
-"groongaを単独のプロセスとして利用する場合はもちろん、サーバプログラムとして利"
-"用する場合の動作確認や実行速度測定が可能です。"
-msgstr ""
-"groongaを単独のプロセスとして利用する場合はもちろん、サーバプログラムとして利"
-"用する場合の動作確認や実行速度測定が可能です。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:122
-msgid "キャッシュ数の最大値を指定します。(デフォルトは100です)"
-msgstr "キャッシュ数の最大値を指定します。(デフォルトは100です)"
-
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:60
-msgid "http://localhost:10041/d/status に、多重度100でリクエストを行う。"
-msgstr "http://localhost:10041/d/status に、多重度100でリクエストを行う。"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:27
+# 7adfb02a84894dd6aaf6bc70ac9da09c
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:62
 msgid ""
-"grntest を利用するために必要なデータファイルは、ftp.groonga.orgから必要に応じ"
-"ダウンロードしますので、groonga及びgrntestが動作し、インターネットに接続でき"
-"る環境であればgroongaコマンドの知識がなくてもgroongaの動作を確認できます。"
+"サーバモードかデーモンモードで実行するとき、listenするアドレスを指定します。"
+"(デフォルトは `hostname` の返すホスト名)"
 msgstr ""
-"grntest を利用するために必要なデータファイルは、ftp.groonga.orgから必要に応じ"
-"ダウンロードしますので、groonga及びgrntestが動作し、インターネットに接続でき"
-"る環境であればgroongaコマンドの知識がなくてもgroongaの動作を確認できます。"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:135
-msgid "コマンドファイル"
-msgstr "コマンドファイル"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:216
-msgid "% groonga -n /tmp/hoge.db quit %"
-msgstr "% groonga -n /tmp/hoge.db quit %"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:193
-msgid "検索条件をカスタマイズした新たな検索コマンドを定義します。"
-msgstr "検索条件をカスタマイズした新たな検索コマンドを定義します。"
+"サーバモードかデーモンモードで実行するとき、listenするアドレスを指定します。"
+"(デフォルトは `hostname` の返すホスト名)"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:107
+# 1015e5dddf40463ebab7b4a4ac6a328b
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:66
 msgid ""
-"# '#'以降はコメント。 ; ';'以降もコメント。  # 'キー = 値'でオプションを指"
-"定。 pid-file = /var/run/groonga.pid  # '='の前後の空白はは無視される。↓は↑と"
-"同じ意味。 pid-file=/var/run/groonga.pid  # 'キー'は'--XXX'スタイルのオプショ"
-"ン名と同じものが使える。 # 例えば、'--pid-path'に対応するキーは'pid-path'。 "
-"# ただし、キーが'config-path'のオプションは無視される。"
+"クライアント、サーバ、またはデーモンモードで使用するTCPポート番号。 (デフォル"
+"トは10041番)"
 msgstr ""
-"# '#'以降はコメント。 ; ';'以降もコメント。  # 'キー = 値'でオプションを指"
-"定。 pid-file = /var/run/groonga.pid  # '='の前後の空白はは無視される。↓は↑と"
-"同じ意味。 pid-file=/var/run/groonga.pid  # 'キー'は'--XXX'スタイルのオプショ"
-"ン名と同じものが使える。 # 例えば、'--pid-path'に対応するキーは'pid-path'。 "
-"# ただし、キーが'config-path'のオプションは無視される。"
+"クライアント、サーバ、またはデーモンモードで使用するTCPポート番号。 (デフォル"
+"トは10041番)"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:271
+# 7ef714a305274e60be97717f9a6416c7
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:71
 msgid ""
-"指定したDBが適切か? grntestは、引数で指定したDBの中身はチェックしません。も"
-"し指定されたDBが存在しなければ自動的にDBを作成しますが、もしファイルとして存"
-"在する場合は中身に関わらず動作を続けてしまい、結果が異常になる可能性がありま"
-"す。"
+"サーバモードかデーモンモードで実行するとき、サーバのIDとなるアドレスを指定し"
+"ます。(デフォルトは`hostname`の返すホスト名)"
 msgstr ""
-"指定したDBが適切か? grntestは、引数で指定したDBの中身はチェックしません。も"
-"し指定されたDBが存在しなければ自動的にDBを作成しますが、もしファイルとして存"
-"在する場合は中身に関わらず動作を続けてしまい、結果が異常になる可能性がありま"
-"す。"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:150
-msgid "上記の意味は以下のとおりです。"
-msgstr "上記の意味は以下のとおりです。"
-
-#: ../../../source/executables.txt:6
-msgid "実行ファイル"
-msgstr "実行ファイル"
+"サーバモードかデーモンモードで実行するとき、サーバのIDとなるアドレスを指定し"
+"ます。(デフォルトは`hostname`の返すホスト名)"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:77
-msgid "まず、シェル上(Windowsならコマンドプロンプト上)で::"
-msgstr "まず、シェル上(Windowsならコマンドプロンプト上)で::"
+# 39cc309eef964a7e9c00447007a430ff
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:75
+msgid "ヘルプメッセージを出力します。"
+msgstr "ヘルプメッセージを出力します。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:155
+# 3439bcc813244403a76868179e08cc53
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:79
 msgid ""
-"標準入力からコマンド文字列を与える場合は、コマンド名と引数名と値は、空白( )で"
-"区切ります。空白や、記号「\"'()\\」のうちいずれかを含む値を指定したい場合は、"
-"シングルクォート(')かダブルクォート(\")で値を囲みます。値として指定する文字列"
-"の中では、改行文字は'\\n'に置き換えて指定します。また、引用符に使用した文字を"
-"値の中で指定する場合には、その文字の前にバックスラッシュ('\\') を指定します。"
-"バックスラッシュ文字自身を値として指定する場合には、その前にバックスラッシュ"
-"を指定します。"
-msgstr ""
-"標準入力からコマンド文字列を与える場合は、コマンド名と引数名と値は、空白( )で"
-"区切ります。空白や、記号「\"'()\\」のうちいずれかを含む値を指定したい場合は、"
-"シングルクォート(')かダブルクォート(\")で値を囲みます。値として指定する文字列"
-"の中では、改行文字は'\\n'に置き換えて指定します。また、引用符に使用した文字を"
-"値の中で指定する場合には、その文字の前にバックスラッシュ('\\') を指定します。"
-"バックスラッシュ文字自身を値として指定する場合には、その前にバックスラッシュ"
-"を指定します。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:43
-msgid "デーモンモードで実行します。(forkする点がサーバモードと異なる)"
-msgstr "デーモンモードで実行します。(forkする点がサーバモードと異なる)"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:101
-msgid "PIDを保存するパスを指定します。(デフォルトでは保存しません)"
-msgstr "PIDを保存するパスを指定します。(デフォルトでは保存しません)"
+"httpサーバとしてgroongaを使用する場合に静的ページを格納するディレクトリを指定"
+"します。"
+msgstr ""
+"httpサーバとしてgroongaを使用する場合に静的ページを格納するディレクトリを指定"
+"します。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:23
+# 0959e6ccda484598ad0d69f1b0d5f2e7
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:81
 msgid ""
-"grnslapは、groongaプロセスに対してリクエストを多重に行い、パフォーマンスを"
-"チェックするためのツールです。"
+"デフォルトでは、データベースを管理するための汎用的なページに対応するファイル"
+"が/usr/share/groonga/admin_html以下にインストールされます。このディレクトリを"
+"document-rootオプションの値に指定して起動した場合、ウェブブラウザでhttp://"
+"hostname:port/index.htmlにアクセスすると、ウェブベースのデータベース管理ツー"
+"ルを使用できます。"
 msgstr ""
-"grnslapは、groongaプロセスに対してリクエストを多重に行い、パフォーマンスを"
-"チェックするためのツールです。"
+"デフォルトでは、データベースを管理するための汎用的なページに対応するファイル"
+"が/usr/share/groonga/admin_html以下にインストールされます。このディレクトリを"
+"document-rootオプションの値に指定して起動した場合、ウェブブラウザでhttp://"
+"hostname:port/index.htmlにアクセスすると、ウェブベースのデータベース管理ツー"
+"ルを使用できます。"
+
+# 7898c15f2f7b4e65a952253cd46596fb
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:85
+msgid "http,gqtpのいずれかを指定します。(デフォルトはgqtp)"
+msgstr "http,gqtpのいずれかを指定します。(デフォルトはgqtp)"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:237
+# c4da819579be4f7ebeb2e6c7c9111643
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:89
 msgid ""
-"% groonga -c localhost table_list [[0],[[\"id\",\"name\",\"path\",\"flags\","
-"\"domain\"],[256,\"Table\",\"/tmp/hoge.db.0000100\",49152,14]]] %"
+"ログを出力するファイルのパスを指定します。(デフォルトは/var/log/groonga/"
+"groonga.logです)"
 msgstr ""
-"% groonga -c localhost table_list [[0],[[\"id\",\"name\",\"path\",\"flags\","
-"\"domain\"],[256,\"Table\",\"/tmp/hoge.db.0000100\",49152,14]]] %"
+"ログを出力するファイルのパスを指定します。(デフォルトは/var/log/groonga/"
+"groonga.logです)"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:23
-msgid "grntestは、groonga汎用テストツールです。"
-msgstr "grntestは、groonga汎用テストツールです。"
+# 01826ca9aa724ce0899edfac077f5a2e
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:93
+msgid ""
+"クエリーログを出力するファイルのパスを指定します。(デフォルトでは出力されませ"
+"ん)"
+msgstr ""
+"クエリーログを出力するファイルのパスを指定します。(デフォルトでは出力されませ"
+"ん)"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:40
+# 54855452fc0c4ff8bafb1c9ebfa07c62
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:97
 msgid ""
-"自動的に起動するgroongaサーバ、または明示的に指定した接続先のgroonga サーバが"
-"利用するポート番号を指定します。接続先のgroongaサーバが利用しているポートと、"
-"このオプションで指定したポート番号が異なる場合、接続不能となることに注意して"
-"ください。"
+"最大で利用するスレッド数を指定します。(デフォルトはマシンのCPUコア数と同じ数"
+"です)"
 msgstr ""
-"自動的に起動するgroongaサーバ、または明示的に指定した接続先のgroonga サーバが"
-"利用するポート番号を指定します。接続先のgroongaサーバが利用しているポートと、"
-"このオプションで指定したポート番号が異なる場合、接続不能となることに注意して"
-"ください。"
+"最大で利用するスレッド数を指定します。(デフォルトはマシンのCPUコア数と同じ数"
+"です)"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:227
-msgid "% groonga -d /tmp/hoge.db %"
-msgstr "% groonga -d /tmp/hoge.db %"
+# 03d897af5c794c859ac4ff37a6709e91
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:101
+msgid "PIDを保存するパスを指定します。(デフォルトでは保存しません)"
+msgstr "PIDを保存するパスを指定します。(デフォルトでは保存しません)"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:197
+# 3f2c460777944eb784717e066a98c75a
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:105
 msgid ""
-"grntestが正常に終了すると、(拡張子を除いた)スクリプト名-ユーザ名-実行開始時"
-"刻.logという形式のログファイルがカレントディレクトリに作られます。ログファイ"
-"ルは自動的にftp.groonga.org に送信されます。ログファイルは以下のようなjson形"
-"式のテキストです。"
+"設定ファイルのパスを指定します。設定ファイルは以下のようなフォーマットになり"
+"ます。::"
 msgstr ""
-"grntestが正常に終了すると、(拡張子を除いた)スクリプト名-ユーザ名-実行開始時"
-"刻.logという形式のログファイルがカレントディレクトリに作られます。ログファイ"
-"ルは自動的にftp.groonga.org に送信されます。ログファイルは以下のようなjson形"
-"式のテキストです。"
+"設定ファイルのパスを指定します。設定ファイルは以下のようなフォーマットになり"
+"ます。::"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:18
-msgid "grntest  [options...] [script] [db]"
-msgstr "grntest  [options...] [script] [db]"
+# 86c19a4f43c743a882b42a55c96ead32
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:122
+msgid "キャッシュ数の最大値を指定します。(デフォルトは100です)"
+msgstr "キャッシュ数の最大値を指定します。(デフォルトは100です)"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:263
-msgid "トラブルシューティング"
-msgstr "トラブルシューティング"
+# 5c0e8a62a2804197bd1ced1c65ecd62c
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:126
+msgid "検索の挙動をエスカレーションする閾値を指定します。(デフォルトは0です)"
+msgstr "検索の挙動をエスカレーションする閾値を指定します。(デフォルトは0です)"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:195
-msgid "grntest実行結果"
-msgstr "grntest実行結果"
+# e3db797865c247bd8f9e9fd77ebb0ffd
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:133
+msgid "使用するデータベースのパス名を指定します。"
+msgstr "使用するデータベースのパス名を指定します。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:41
+# e2202f6b348a477ab259e539e9a84615
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:135
 msgid ""
-"httpでgroongaサーバと通信する際には、以下のような形式でコマンドを指定しま"
-"す。::"
+"クライアントモードの場合は接続先のホスト名とポート番号を指定します(デフォルト"
+"値は'localhost:10041')。ポート番号を指定しない場合には、10041が指定されたもの"
+"とします。"
 msgstr ""
-"httpでgroongaサーバと通信する際には、以下のような形式でコマンドを指定しま"
-"す。::"
+"クライアントモードの場合は接続先のホスト名とポート番号を指定します(デフォルト"
+"値は'localhost:10041')。ポート番号を指定しない場合には、10041が指定されたもの"
+"とします。"
 
+# 5a66bf2da0824850857e6c16fdb47838
 #: ../../../source/executables/groonga.txt:139
 msgid ""
 "スタンドアロンおよびクライアントモードの場合は、実行するコマンドとその引数を"
@@ -871,346 +985,301 @@ msgstr ""
 "合は、標準入力から一行ずつEOFに達するまでコマンド文字列を読み取り、順次実行し"
 "ます。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:135
+# eaffeb97e6ef4ac481ef4063ce405314
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:144
 msgid ""
-"クライアントモードの場合は接続先のホスト名とポート番号を指定します(デフォルト"
-"値は'localhost:10041')。ポート番号を指定しない場合には、10041が指定されたもの"
-"とします。"
+"groonga実行ファイルを通してデータベースを操作する命令をコマンドと呼びます。コ"
+"マンドは主にC言語で記述され、groongaプロセスにロードすることによって使用でき"
+"るようになります。 それぞれのコマンドは一意な名前と、0個以上の引数を持ちま"
+"す。"
 msgstr ""
-"クライアントモードの場合は接続先のホスト名とポート番号を指定します(デフォルト"
-"値は'localhost:10041')。ポート番号を指定しない場合には、10041が指定されたもの"
-"とします。"
+"groonga実行ファイルを通してデータベースを操作する命令をコマンドと呼びます。コ"
+"マンドは主にC言語で記述され、groongaプロセスにロードすることによって使用でき"
+"るようになります。 それぞれのコマンドは一意な名前と、0個以上の引数を持ちま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:68
+# 658cfdea72c0414291db62644cf795fc
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:147
+msgid "引数は以下の2種類の方法のいずれかで指定することができます。::"
+msgstr "引数は以下の2種類の方法のいずれかで指定することができます。::"
+
+# 98e707ad31c34e7bbf4e95b46a62c536
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:153
 msgid ""
-"grntestの動作方法(以下、grntest命令と呼びます)を記述したテキストファイルで"
-"す。拡張子は.scrです。"
+"形式1でコマンドを実行する場合は、定義された順番で値を指定しなければならず、途"
+"中の引数の値を省略することはできません。形式2でコマンドを実行する場合は、「--"
+"引数名」のように引数の名前を明示しなければならない代わりに、任意の順番で引数"
+"を指定することが可能で、途中の引数の指定を省略することもできます。"
 msgstr ""
-"grntestの動作方法(以下、grntest命令と呼びます)を記述したテキストファイルで"
-"す。拡張子は.scrです。"
+"形式1でコマンドを実行する場合は、定義された順番で値を指定しなければならず、途"
+"中の引数の値を省略することはできません。形式2でコマンドを実行する場合は、「--"
+"引数名」のように引数の名前を明示しなければならない代わりに、任意の順番で引数"
+"を指定することが可能で、途中の引数の指定を省略することもできます。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:29
+# 64d370a30ca740c89d3ba2831ed761ec
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:155
 msgid ""
-"httpを指定して起動したgroongaサーバに対しても、他のモードで起動したgroongaと"
-"同じコマンドが使用できます。"
+"標準入力からコマンド文字列を与える場合は、コマンド名と引数名と値は、空白( )で"
+"区切ります。空白や、記号「\"'()\\」のうちいずれかを含む値を指定したい場合は、"
+"シングルクォート(')かダブルクォート(\")で値を囲みます。値として指定する文字列"
+"の中では、改行文字は'\\n'に置き換えて指定します。また、引用符に使用した文字を"
+"値の中で指定する場合には、その文字の前にバックスラッシュ('\\') を指定します。"
+"バックスラッシュ文字自身を値として指定する場合には、その前にバックスラッシュ"
+"を指定します。"
 msgstr ""
-"httpを指定して起動したgroongaサーバに対しても、他のモードで起動したgroongaと"
-"同じコマンドが使用できます。"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:162
-msgid "特殊命令"
-msgstr "特殊命令"
+"標準入力からコマンド文字列を与える場合は、コマンド名と引数名と値は、空白( )で"
+"区切ります。空白や、記号「\"'()\\」のうちいずれかを含む値を指定したい場合は、"
+"シングルクォート(')かダブルクォート(\")で値を囲みます。値として指定する文字列"
+"の中では、改行文字は'\\n'に置き換えて指定します。また、引用符に使用した文字を"
+"値の中で指定する場合には、その文字の前にバックスラッシュ('\\') を指定します。"
+"バックスラッシュ文字自身を値として指定する場合には、その前にバックスラッシュ"
+"を指定します。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:31
-msgid "新たなデータベースを作成します。"
-msgstr "新たなデータベースを作成します。"
+# cb04c7b160224d7fa5cc9cb2111a1d06
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:158
+msgid "組み込みコマンド"
+msgstr "組み込みコマンド"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:11
-msgid "grnslap - groongaプロセスの通信層のパフォーマンスをチェックするツール"
-msgstr "grnslap - groongaプロセスの通信層のパフォーマンスをチェックするツール"
+# 0bbc1ddeeabb473fa3e5ffd452a6428d
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:160
+msgid "以下のコマンドは組み込みコマンドとして予め定義されています。"
+msgstr "以下のコマンドは組み込みコマンドとして予め定義されています。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:185
-msgid ""
-"#SET_PORT 10900 rep_local test.ddl do_local test.load; rep_gqtp test.select "
-"10 10; rep_local test.status 10 #SET_PORT 10400"
-msgstr ""
-"#SET_PORT 10900 rep_local test.ddl do_local test.load; rep_gqtp test.select "
-"10 10; rep_local test.status 10 #SET_PORT 10400"
+# 4ee13938df38413fb06a94b63be39370
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:163
+msgid "groongaプロセスの状態を表示します。"
+msgstr "groongaプロセスの状態を表示します。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:6
-#: ../../../source/executables/http.txt:11
-msgid "groonga HTTPサービス"
-msgstr "groonga HTTPサービス"
+# e88ff17677284eacb24bd41cd338babf
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:166
+msgid "DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
+msgstr "DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:51
-msgid ""
-"command_versionはコマンドの仕様の互換性を指定します。詳細は :doc:"
-"`command_version` を参照してください。"
-msgstr ""
-"command_versionはコマンドの仕様の互換性を指定します。詳細は :doc:"
-"`command_version` を参照してください。"
+# 2b4082ab10bd4b97894d0529ebcf77b2
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:169
+msgid "テーブルに定義されているカラムのリストを表示します。"
+msgstr "テーブルに定義されているカラムのリストを表示します。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:51
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:64
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:129
-msgid "引数"
-msgstr "引数"
+# 77f1f800ab5d469e9d251b0c4f632993
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:172
+msgid "DBにテーブルを追加します。"
+msgstr "DBにテーブルを追加します。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:76
-msgid "使い方"
-msgstr "使い方"
+# 8c18f64053324232b8c2d6a0b0e19052
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:175
+msgid "テーブルにカラムを追加します。"
+msgstr "テーブルにカラムを追加します。"
 
+# 7096b8b508d54c7f85d2b9f5266d3903
 #: ../../../source/executables/groonga.txt:178
 msgid "DBに定義されているテーブルを削除します。"
 msgstr "DBに定義されているテーブルを削除します。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:120
-msgid ""
-"コマンドファイルをgrntest単体で実行し、各コマンドの実行結果をすべて”出力ファ"
-"イル\"に書きだします。この結果は、test_local, test_gqtp命令で利用します。な"
-"おこの命令の「出力ファイル」とは、grntest実行時に自動的に作成されるログとは別"
-"のものです。grntestではコメントが利用できる以外、::"
-msgstr ""
-"コマンドファイルをgrntest単体で実行し、各コマンドの実行結果をすべて”出力ファ"
-"イル\"に書きだします。この結果は、test_local, test_gqtp命令で利用します。な"
-"おこの命令の「出力ファイル」とは、grntest実行時に自動的に作成されるログとは別"
-"のものです。grntestではコメントが利用できる以外、::"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:267
-msgid ""
-"インターネットに接続しているか? --noftp モードを指定しない限り、grntestは動"
-"作のたびにftp.groonga.orgと通信します。ftp.groonga.orgと通信可能でない場合、"
-"grntestは正常に動作しません。"
-msgstr ""
-"インターネットに接続しているか? --noftp モードを指定しない限り、grntestは動"
-"作のたびにftp.groonga.orgと通信します。ftp.groonga.orgと通信可能でない場合、"
-"grntestは正常に動作しません。"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:116
-msgid ""
-"コマンドファイルをgroongaサーバで実行し、より詳細な報告を行います。 スレッド"
-"数や繰り返し数の意味はdo_localと 同じです。"
-msgstr ""
-"コマンドファイルをgroongaサーバで実行し、より詳細な報告を行います。 スレッド"
-"数や繰り返し数の意味はdo_localと 同じです。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:230
-msgid "httpサーバとして起動します。::"
-msgstr "httpサーバとして起動します。::"
+# 2d3ae13f81024748a2d22bd9efecab38
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:181
+msgid "テーブルに定義されているカラムを削除します。"
+msgstr "テーブルに定義されているカラムを削除します。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:55
-msgid ""
-"接続先のホスト名とポート番号をを指定します(デフォルト値は'localhost:10041')。"
-"ポート番号を指定しない場合には、10041が指定されたものとします。"
-msgstr ""
-"接続先のホスト名とポート番号をを指定します(デフォルト値は'localhost:10041')。"
-"ポート番号を指定しない場合には、10041が指定されたものとします。"
+# d99e1ced89324c81aa43958346107449
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:184
+msgid "VIEW型のテーブルに要素となるテーブルを定義します。"
+msgstr "VIEW型のテーブルに要素となるテーブルを定義します。"
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:54
-msgid "返値"
-msgstr "返値"
+# 3a1fdf57e29c450c9badbae913f65829
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:187
+msgid "テーブルにレコードを挿入します。"
+msgstr "テーブルにレコードを挿入します。"
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:9
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:9
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:9
-#: ../../../source/executables/http.txt:9
-msgid "名前"
-msgstr "名前"
+# b1f794ddfa9b4c76892fed396655cb81
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:190
+msgid "テーブルに含まれるレコードを検索して表示します。"
+msgstr "テーブルに含まれるレコードを検索して表示します。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:47
-msgid ""
-"データベースで使用する文字エンコーディング方式を指定します。新たなデータベー"
-"スを作成する時のみ有効です。none, euc, utf8, sjis, latin, koi8rのいずれかが指"
-"定できます。"
-msgstr ""
-"データベースで使用する文字エンコーディング方式を指定します。新たなデータベー"
-"スを作成する時のみ有効です。none, euc, utf8, sjis, latin, koi8rのいずれかが指"
-"定できます。"
+# 1dbcc171a10e4f3eb5db13cf0a14ea62
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:193
+msgid "検索条件をカスタマイズした新たな検索コマンドを定義します。"
+msgstr "検索条件をカスタマイズした新たな検索コマンドを定義します。"
 
+# 66698733d49d4e57b724cc7472fda91d
 #: ../../../source/executables/groonga.txt:196
 msgid "データベースとのセッションを終了します。"
 msgstr "データベースとのセッションを終了します。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:104
-msgid ""
-"コマンドファイルをgrntest単体で実行します。スレッド数が指定されている場合、複"
-"数のスレッドで同じコマンドファイルを同時に実行します。繰り返し数が指定されて"
-"い場合、コマンドファイルの内容を繰り返し実行します。スレッド数、繰り返し数と"
-"も省略時は1です。1スレッドで複数回動作させたい場合は、do_local コマンドファイ"
-"ル 1 [繰り返し数]と明示的に指定してください。"
-msgstr ""
-"コマンドファイルをgrntest単体で実行します。スレッド数が指定されている場合、複"
-"数のスレッドで同じコマンドファイルを同時に実行します。繰り返し数が指定されて"
-"い場合、コマンドファイルの内容を繰り返し実行します。スレッド数、繰り返し数と"
-"も省略時は1です。1スレッドで複数回動作させたい場合は、do_local コマンドファイ"
-"ル 1 [繰り返し数]と明示的に指定してください。"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:72
-msgid ""
-"grntestが利用するgroonga データベースです。指定されたデータベースが存在しない"
-"場合、grntestが新規に作成します。またgroonga サーバを自動的に起動する場合もこ"
-"の引数で指定したデータベースが利用されます。接続するgroonga サーバを明示的に"
-"指定した場合に利用するデータベースは、接続先サーバが使用中のデータベースにな"
-"ることに注意してください。"
-msgstr ""
-"grntestが利用するgroonga データベースです。指定されたデータベースが存在しない"
-"場合、grntestが新規に作成します。またgroonga サーバを自動的に起動する場合もこ"
-"の引数で指定したデータベースが利用されます。接続するgroonga サーバを明示的に"
-"指定した場合に利用するデータベースは、接続先サーバが使用中のデータベースにな"
-"ることに注意してください。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:6
-msgid "groonga実行ファイル"
-msgstr "groonga実行ファイル"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:142
-#: ../../../source/executables/http.txt:27
-msgid "コマンド"
-msgstr "コマンド"
+# 27b77b2af1374861b106682f04ad4668
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:199
+msgid "サーバ(デーモン)プロセスを停止します。"
+msgstr "サーバ(デーモン)プロセスを停止します。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:257
-msgid ""
-"スクリプトファイルの一行には複数のgrntest命令を記述できますが、すべてのスレッ"
-"ド数の合計は最大64までに制限されます。"
-msgstr ""
-"スクリプトファイルの一行には複数のgrntest命令を記述できますが、すべてのスレッ"
-"ド数の合計は最大64までに制限されます。"
+# f0119114a0084ae7a50efda3f0c5ed68
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:202
+msgid "ログ出力レベルを設定します。"
+msgstr "ログ出力レベルを設定します。"
 
+# c35d78c5df1440ccbb49495ba0c3c4c2
 #: ../../../source/executables/groonga.txt:205
 msgid "ログ出力を行います。"
 msgstr "ログ出力を行います。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:190
-msgid "テーブルに含まれるレコードを検索して表示します。"
-msgstr "テーブルに含まれるレコードを検索して表示します。"
+# 4525ae003ede41588b4fbd08cf14c75d
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:208
+msgid "ロックを解除します。"
+msgstr "ロックを解除します。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:269
-msgid ""
-"groonga サーバが動作していないか? grntestは、-i, --host オプションで明示的"
-"にサーバを指定しないかぎり、自動的にlocalhostのgroongaサーバを立ち上げます。"
-"すでにgroongaサーバが動作している場合、grntestは正常に動作しない可能性があり"
-"ます。"
-msgstr ""
-"groonga サーバが動作していないか? grntestは、-i, --host オプションで明示的"
-"にサーバを指定しないかぎり、自動的にlocalhostのgroongaサーバを立ち上げます。"
-"すでにgroongaサーバが動作している場合、grntestは正常に動作しない可能性があり"
-"ます。"
+# 58908b825e184e3789e240a161adc982
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:212
+msgid "例"
+msgstr "例"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:155
-msgid "test.dll というコマンドファイルをgroonga単体で実行し、詳細に報告する。"
-msgstr "test.dll というコマンドファイルをgroonga単体で実行し、詳細に報告する。"
+# e5e4376072ac4c299b4880777238ee1a
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:214
+msgid "新しいデータベースを作成します。::"
+msgstr "新しいデータベースを作成します。::"
+
+# 44baecd5f176435585e1cc078214b30f
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:219
+msgid "作成済みのデータベースにテーブルを定義します。::"
+msgstr "作成済みのデータベースにテーブルを定義します。::"
+
+# dd79e9d27e9f4fc3ba0b7cb2db24364f
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:225
+msgid "サーバを起動します。::"
+msgstr "サーバを起動します。::"
+
+# 34de6bca61834a089e44c90714088160
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:230
+msgid "httpサーバとして起動します。::"
+msgstr "httpサーバとして起動します。::"
 
+# a324c2a3552d4a8bbe33e2234addb997
 #: ../../../source/executables/groonga.txt:235
 msgid "サーバに接続し、テーブル一覧を表示します。::"
 msgstr "サーバに接続し、テーブル一覧を表示します。::"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:149
-msgid ""
-"形式1: コマンド名 値1 値2,..  形式2: コマンド名 --引数名1 値1 --引数名2 値"
-"2,.."
-msgstr ""
-"形式1: コマンド名 値1 値2,..  形式2: コマンド名 --引数名1 値1 --引数名2 値"
-"2,.."
+# 8f8f2f238c1f461082d13c73c9121dd6
+# b6763490280145b0a0a5454707e4783c
+#: ../../../source/executables/groonga.txt:142,
+#: ../../../source/executables/http.txt:27
+msgid "コマンド"
+msgstr "コマンド"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:110
-msgid "rep_local コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
-msgstr "rep_local コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
+# 4a4305b841f6414a815f56e35c52688e
+# f5128ab21cfc4963817379e0e034a38d
+#: ../../../source/executables/http.txt:11
+#: ../../../source/executables/http.txt:6,
+msgid "groonga HTTPサービス"
+msgstr "groonga HTTPサービス"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:131
+# a532c0ae68424be9a82287d730dbbfae
+#: ../../../source/executables/http.txt:22
 msgid ""
-"コマンドファイルをgrntest単体で実行し、各コマンドの実行結果を入力ファイルと比"
-"較します。処理時間など本質的要素以外に差分があった場合、差分を、入力ファイル."
-"diffというファイルに書きだします。"
+"groongaサーバを起動する時に--protocolオプションにhttpを指定すると、httpで通信"
+"可能になります。また、--document-root によって静的ページのパスを指定すると、"
+"httpリクエストに指定されたURIに対応する、パス配下に置かれたファイルを出力しま"
+"す。"
 msgstr ""
-"コマンドファイルをgrntest単体で実行し、各コマンドの実行結果を入力ファイルと比"
-"較します。処理時間など本質的要素以外に差分があった場合、差分を、入力ファイル."
-"diffというファイルに書きだします。"
+"groongaサーバを起動する時に--protocolオプションにhttpを指定すると、httpで通信"
+"可能になります。また、--document-root によって静的ページのパスを指定すると、"
+"httpリクエストに指定されたURIに対応する、パス配下に置かれたファイルを出力しま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:71
+# 645766550f684bad85991a28ca5ca41a
+#: ../../../source/executables/http.txt:24
 msgid ""
-"サーバモードかデーモンモードで実行するとき、サーバのIDとなるアドレスを指定し"
-"ます。(デフォルトは`hostname`の返すホスト名)"
+"groongaにはHTML + JavaScriptで実装された管理ツールが標準で付属しています。--"
+"document-rootを指定しない場合は管理ツールがインストールされているパスが指定さ"
+"れたとみなされますので、ウェブブラウザでhttp://hostname:port/にアクセスする"
+"と、管理ツールを利用できます。"
 msgstr ""
-"サーバモードかデーモンモードで実行するとき、サーバのIDとなるアドレスを指定し"
-"ます。(デフォルトは`hostname`の返すホスト名)"
-
-#: ../../../source/executables/http.txt:45
-msgid "ただし、コマンド名、引数名、値はURLエンコードが必要です。"
-msgstr "ただし、コマンド名、引数名、値はURLエンコードが必要です。"
+"groongaにはHTML + JavaScriptで実装された管理ツールが標準で付属しています。--"
+"document-rootを指定しない場合は管理ツールがインストールされているパスが指定さ"
+"れたとみなされますので、ウェブブラウザでhttp://hostname:port/にアクセスする"
+"と、管理ツールを利用できます。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:153
+# c45af6dcf9824e9280ea90172f081583
+#: ../../../source/executables/http.txt:29
 msgid ""
-"形式1でコマンドを実行する場合は、定義された順番で値を指定しなければならず、途"
-"中の引数の値を省略することはできません。形式2でコマンドを実行する場合は、「--"
-"引数名」のように引数の名前を明示しなければならない代わりに、任意の順番で引数"
-"を指定することが可能で、途中の引数の指定を省略することもできます。"
+"httpを指定して起動したgroongaサーバに対しても、他のモードで起動したgroongaと"
+"同じコマンドが使用できます。"
 msgstr ""
-"形式1でコマンドを実行する場合は、定義された順番で値を指定しなければならず、途"
-"中の引数の値を省略することはできません。形式2でコマンドを実行する場合は、「--"
-"引数名」のように引数の名前を明示しなければならない代わりに、任意の順番で引数"
-"を指定することが可能で、途中の引数の指定を省略することもできます。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:11
-msgid "groonga - 列指向データベース機能を持つ全文検索エンジンソフトウェア"
-msgstr "groonga - 列指向データベース機能を持つ全文検索エンジンソフトウェア"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:114
-msgid "rep_gqpt コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
-msgstr "rep_gqpt コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
+"httpを指定して起動したgroongaサーバに対しても、他のモードで起動したgroongaと"
+"同じコマンドが使用できます。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:57
+# bdc27935441746ea91883033493e54f5
+#: ../../../source/executables/http.txt:31
 msgid ""
-"groongaコマンドのパスを指定します。デフォルトでは、PATHの中からgroongaコマン"
-"ドを探します。"
+"コマンドは、複数の引数をとります。引数にはそれぞれ名前があります。また、特殊"
+"な引数である「output_type」と「command_version」があります。"
 msgstr ""
-"groongaコマンドのパスを指定します。デフォルトでは、PATHの中からgroongaコマン"
-"ドを探します。"
+"コマンドは、複数の引数をとります。引数にはそれぞれ名前があります。また、特殊"
+"な引数である「output_type」と「command_version」があります。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:191
+# 4152823d68424188824f95287fe5beac
+#: ../../../source/executables/http.txt:33
 msgid ""
-"であれば、自動的に起動されるgroongaサーバはポート番号10400を利用します。"
+"スタンドアロンやクライアントモードでは、コマンドは以下のような形式で指定しま"
+"す。"
 msgstr ""
-"であれば、自動的に起動されるgroongaサーバはポート番号10400を利用します。"
+"スタンドアロンやクライアントモードでは、コマンドは以下のような形式で指定しま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:208
-msgid "ロックを解除します。"
-msgstr "ロックを解除します。"
+# dce16e79364048a29a2a553c2b8764b5
+#: ../../../source/executables/http.txt:35
+msgid "形式1: コマンド名 値1 値2,.."
+msgstr "形式1: コマンド名 値1 値2,.."
 
-#: ../../../source/executables/http.txt:17
-msgid "groonga -d --protocol http DB_PATH"
-msgstr "groonga -d --protocol http DB_PATH"
+# 89d80a5610d74a58a1479d152aba7210
+#: ../../../source/executables/http.txt:37
+msgid "形式2: コマンド名 --引数名1 値1 --引数名2 値2,.."
+msgstr "形式2: コマンド名 --引数名1 値1 --引数名2 値2,.."
 
-#: ../../../source/executables/grnslap.txt:14
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:14
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:14
-#: ../../../source/executables/http.txt:14
-msgid "書式"
-msgstr "書式"
+# 0ba2232a7bcd48d482dedcdd0292966b
+#: ../../../source/executables/http.txt:39
+msgid ""
+"形式1と形式2は混在させることができます。これらの形式では、output_typeという引"
+"数名を用いてoutput_typeを指定します。"
+msgstr ""
+"形式1と形式2は混在させることができます。これらの形式では、output_typeという引"
+"数名を用いてoutput_typeを指定します。"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:62
+# c24cfdde6735400292bb364495c9e71b
+#: ../../../source/executables/http.txt:41
 msgid ""
-"サーバモードかデーモンモードで実行するとき、listenするアドレスを指定します。"
-"(デフォルトは `hostname` の返すホスト名)"
+"httpでgroongaサーバと通信する際には、以下のような形式でコマンドを指定しま"
+"す。::"
 msgstr ""
-"サーバモードかデーモンモードで実行するとき、listenするアドレスを指定します。"
-"(デフォルトは `hostname` の返すホスト名)"
+"httpでgroongaサーバと通信する際には、以下のような形式でコマンドを指定しま"
+"す。::"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:79
-msgid "grntest test.scr 任意のDB名"
-msgstr "grntest test.scr 任意のDB名"
+# b8dffe9996684fad9d62bb7acd69ae1c
+#: ../../../source/executables/http.txt:45
+msgid "ただし、コマンド名、引数名、値はURLエンコードが必要です。"
+msgstr "ただし、コマンド名、引数名、値はURLエンコードが必要です。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:112
-msgid "コマンドファイルをgrntest単体で実行し、より詳細な報告を行います。"
-msgstr "コマンドファイルをgrntest単体で実行し、より詳細な報告を行います。"
+# dba9727e67224792874a1cbf5148b303
+#: ../../../source/executables/http.txt:47
+msgid "GETメソッドのみが使用可能です。"
+msgstr "GETメソッドのみが使用可能です。"
 
+# 047380707f294275b594652231bbf3c7
 #: ../../../source/executables/http.txt:49
 msgid "output_typeにはjson, tsv, xmlが指定可能です。"
 msgstr "output_typeにはjson, tsv, xmlが指定可能です。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:45
-msgid "ftp.groonga.org に用意されているスクリプトファイルを表示します。"
-msgstr "ftp.groonga.org に用意されているスクリプトファイルを表示します。"
-
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:85
-msgid ""
-"というファイルが作成されるはずです。作成されない場合、このドキュメントの「ト"
-"ラブルシューティング」の章を参照してください。"
-msgstr ""
-"というファイルが作成されるはずです。作成されない場合、このドキュメントの「ト"
-"ラブルシューティング」の章を参照してください。"
-
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:79
+# 62602bc4a2ec4f65abb58e37529e8159
+#: ../../../source/executables/http.txt:51
 msgid ""
-"httpサーバとしてgroongaを使用する場合に静的ページを格納するディレクトリを指定"
-"します。"
+"command_versionはコマンドの仕様の互換性を指定します。詳細は :doc:"
+"`command_version` を参照してください。"
 msgstr ""
-"httpサーバとしてgroongaを使用する場合に静的ページを格納するディレクトリを指定"
-"します。"
+"command_versionはコマンドの仕様の互換性を指定します。詳細は :doc:"
+"`command_version` を参照してください。"
 
-#: ../../../source/executables/grntest.txt:106
-msgid "do_gqpt コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
-msgstr "do_gqpt コマンドファイル [スレッド数] [繰り返し数]"
+# 45e97eb983c043bb8e050b6bf83564aa
+#: ../../../source/executables/http.txt:54
+msgid "返値"
+msgstr "返値"
 
-#: ../../../source/executables/groonga.txt:181
-msgid "テーブルに定義されているカラムを削除します。"
-msgstr "テーブルに定義されているカラムを削除します。"
+# 2623a29742394a97a067bcdf57fef6ce
+#: ../../../source/executables/http.txt:56
+msgid "output_typeの指定に従って、コマンドの実行結果を出力します。"
+msgstr "output_typeの指定に従って、コマンドの実行結果を出力します。"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/expr.po (+79 -74)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/expr.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (89f1a08)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/expr.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (b9cdab3)
@@ -1,74 +1,56 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:53+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: sphinx-built-in-message:0
-msgid "カラム名"
-msgstr "カラム名"
-
-#: ../../../source/expr.txt:16
-msgid ""
-"grn_exprは、検索条件やデータベースへの操作を表現するために使用されるデータ構"
-"造の形式です。"
-msgstr ""
-"grn_exprは、検索条件やデータベースへの操作を表現するために使用されるデータ構"
-"造の形式です。"
-
-#: sphinx-built-in-message:0
-msgid "引数名"
-msgstr "引数名"
-
-#: ../../../source/expr.txt:41
-msgid "script形式でcolumn1の値が'hoge'に等しいという条件"
-msgstr "script形式でcolumn1の値が'hoge'に等しいという条件"
-
-#: sphinx-built-in-message:0
-msgid "型名・関数名・テーブル名"
-msgstr "型名・関数名・テーブル名"
+# 5c3020e3a85a4c87ab1dd9aebed68a9d
+#: ../../../source/expr.txt:6
+msgid "grn_expr"
+msgstr "grn_expr"
 
+# a1638e9e75f049688ad880a2c741e0ae
 #: ../../../source/expr.txt:9
 msgid "名前"
 msgstr "名前"
 
-#: ../../../source/expr.txt:43
-msgid "column1 == \"hoge\""
-msgstr "column1 == \"hoge\""
-
-#: ../../../source/expr.txt:39
-msgid "例"
-msgstr "例"
-
-#: ../../../source/expr.txt:25
-msgid "ECMAScript風の構文で検索条件やレコードへの操作を記述します。"
-msgstr "ECMAScript風の構文で検索条件やレコードへの操作を記述します。"
-
-#: ../../../source/expr.txt:23
-msgid "script形式のgrn_expr"
-msgstr "script形式のgrn_expr"
-
-#: ../../../source/expr.txt:33
-msgid "操作対象としているレコードのカラム名"
-msgstr "操作対象としているレコードのカラム名"
+# 403dbef708864201b5aab29af09f8ef6
+#: ../../../source/expr.txt:11
+msgid ""
+"grn_expr - 検索条件やデータベースへの操作を表現するデータ構造(読み方:\"ぐるん"
+"しき\")"
+msgstr ""
+"grn_expr - 検索条件やデータベースへの操作を表現するデータ構造(読み方:\"ぐるん"
+"しき\")"
 
+# 79f6b99083544440b8c95bbd0f585d83
 #: ../../../source/expr.txt:14
 msgid "説明"
 msgstr "説明"
 
+# 91a9d77f08f94057bcdc19c249aec820
+#: ../../../source/expr.txt:16
+msgid ""
+"grn_exprは、検索条件やデータベースへの操作を表現するために使用されるデータ構"
+"造の形式です。"
+msgstr ""
+"grn_exprは、検索条件やデータベースへの操作を表現するために使用されるデータ構"
+"造の形式です。"
+
+# 609cb2df5bf24ff7b8b70bebdf3869d4
 #: ../../../source/expr.txt:18
 msgid ""
 "データベースの中から特定の条件を満たすレコードを取り出すために、様々な条件を"
@@ -91,26 +73,7 @@ msgstr ""
 "しています。grn_expr_parseでパースできる文字列を特にscript形式のgrn_exprと呼"
 "びます。"
 
-#: ../../../source/expr.txt:6
-msgid "grn_expr"
-msgstr "grn_expr"
-
-#: ../../../source/expr.txt:36
-msgid "データベースに定義された型・テーブル・関数の名前"
-msgstr "データベースに定義された型・テーブル・関数の名前"
-
-#: ../../../source/expr.txt:45
-msgid "脚注"
-msgstr "脚注"
-
-#: ../../../source/expr.txt:27
-msgid "式中のIDENTIFIER(識別子)は、以下のいずれかを指します。"
-msgstr "式中のIDENTIFIER(識別子)は、以下のいずれかを指します。"
-
-#: ../../../source/expr.txt:30
-msgid "grn_exprが受け取る引数の名前"
-msgstr "grn_exprが受け取る引数の名前"
-
+# 15615725556f4e428608259a7ee85aa6
 #: ../../../source/expr.txt:20
 msgid ""
 "grn_exprを使うことによって非常に柔軟に検索条件を記述することができます。類似"
@@ -127,10 +90,52 @@ msgstr ""
 "うな機能も、grn_exprとgrn_table_select()API関数を組み合わせることによって自由"
 "に定義できます。"
 
-#: ../../../source/expr.txt:11
-msgid ""
-"grn_expr - 検索条件やデータベースへの操作を表現するデータ構造(読み方:\"ぐるん"
-"しき\")"
-msgstr ""
-"grn_expr - 検索条件やデータベースへの操作を表現するデータ構造(読み方:\"ぐるん"
-"しき\")"
+# aefb1f9cbc364904a1c82a270db39134
+#: ../../../source/expr.txt:23
+msgid "script形式のgrn_expr"
+msgstr "script形式のgrn_expr"
+
+# 69e69005b1e342bd87b015ebbfdb7963
+#: ../../../source/expr.txt:25
+msgid "ECMAScript風の構文で検索条件やレコードへの操作を記述します。"
+msgstr "ECMAScript風の構文で検索条件やレコードへの操作を記述します。"
+
+# 3e8055ae90cc4e029d123e9c0d3fef3e
+#: ../../../source/expr.txt:27
+msgid "式中のIDENTIFIER(識別子)は、以下のいずれかを指します。"
+msgstr "式中のIDENTIFIER(識別子)は、以下のいずれかを指します。"
+
+# b7f8179c692440669758fe33068f11f6
+#: ../../../source/expr.txt:30
+msgid "grn_exprが受け取る引数の名前"
+msgstr "grn_exprが受け取る引数の名前"
+
+# 18e1a7388b3141c5b7f329cc5e225155
+#: ../../../source/expr.txt:33
+msgid "操作対象としているレコードのカラム名"
+msgstr "操作対象としているレコードのカラム名"
+
+# 47de0c0510fc4ae98bc74753b5e9b3f8
+#: ../../../source/expr.txt:36
+msgid "データベースに定義された型・テーブル・関数の名前"
+msgstr "データベースに定義された型・テーブル・関数の名前"
+
+# 4c69f10cb7a0449c8a303cac871fbc3e
+#: ../../../source/expr.txt:39
+msgid "例"
+msgstr "例"
+
+# 91c7041219b94deeb94be8dbb419ba4f
+#: ../../../source/expr.txt:41
+msgid "script形式でcolumn1の値が'hoge'に等しいという条件"
+msgstr "script形式でcolumn1の値が'hoge'に等しいという条件"
+
+# df89c4101bfc41d68c5f9ab32398e994
+#: ../../../source/expr.txt:43
+msgid "column1 == \"hoge\""
+msgstr "column1 == \"hoge\""
+
+# a9c1c60be1844d899f956cb69be40812
+#: ../../../source/expr.txt:45
+msgid "脚注"
+msgstr "脚注"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/functions.po (+344 -298)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/functions.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (8915d8c)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/functions.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (888421a)
@@ -1,125 +1,47 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:54+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:22
-msgid ""
-"groonga組込関数の一つであるgeo_distanceについて説明します。組込関数は、script"
-"形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
-msgstr ""
-"groonga組込関数の一つであるgeo_distanceについて説明します。組込関数は、script"
-"形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
-
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:11
-msgid "geo_distance - 指定した2点の距離を計算する"
-msgstr "geo_distance - 指定した2点の距離を計算する"
-
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:6
-msgid "geo_in_circle"
-msgstr "geo_in_circle"
-
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:17
-msgid "geo_in_circle(point, center, radious_or_point)"
-msgstr "geo_in_circle(point, center, radious_or_point)"
-
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:39
-msgid ""
-"円の半径を指定します。数値を指定した場合には、半径(単位:メートル)が指定された"
-"ものとみなします。 Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指定した場合は、円"
-"周上の点の一つの座標が指定されたものとみなします。"
-msgstr ""
-"円の半径を指定します。数値を指定した場合には、半径(単位:メートル)が指定された"
-"ものとみなします。 Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指定した場合は、円"
-"周上の点の一つの座標が指定されたものとみなします。"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:20
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:20
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:20
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:20
-#: ../../../source/functions/now.txt:20 ../../../source/functions/rand.txt:20
-msgid "説明"
-msgstr "説明"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:44
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:45
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:48
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:47
-#: ../../../source/functions/now.txt:32 ../../../source/functions/rand.txt:39
-msgid "例"
-msgstr "例"
-
-#: ../../../source/functions/now.txt:24
-msgid "now() 関数は現在時刻に対応するTime型の値を返します。"
-msgstr "now() 関数は現在時刻に対応するTime型の値を返します。"
-
-#: ../../../source/functions/rand.txt:17
-msgid "rand([max])"
-msgstr "rand([max])"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:27
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:28
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:27
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:27
-#: ../../../source/functions/rand.txt:27
-msgid "引数"
-msgstr "引数"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:47
-msgid "edit_distance(title, \"hoge\") 1"
-msgstr "edit_distance(title, \"hoge\") 1"
-
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:39
-msgid ""
-"矩形の右下隅となる座標を指定します。Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指"
-"定できます。"
-msgstr ""
-"矩形の右下隅となる座標を指定します。Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指"
-"定できます。"
-
+# 0b7e21f724dc48a0950ce1aa1f8dd7ce
 #: ../../../source/functions.txt:6
 msgid "組み込み関数一覧"
 msgstr "組み込み関数一覧"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:37
-msgid "``radious_or_point``"
-msgstr "``radious_or_point``"
+# 5bf81569412049d4a48a6469ed6f7108
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:6
+msgid "edit_distance"
+msgstr "edit_distance"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:35
+# a13c3cdb24984bf98b62a69996bd8ef7
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:11
+msgid "edit_distance - 指定した2つの文字列の編集距離を計算する"
+msgstr "edit_distance - 指定した2つの文字列の編集距離を計算する"
+
+# 3c7b77a197e64d94830c4a84eed4cef0
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:22
 msgid ""
-"矩形の左上隅となる座標を指定します。Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指"
-"定できます。"
+"groonga組込関数の一つであるedit_distanceについて説明します。組込関数は、"
+"script形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
 msgstr ""
-"矩形の左上隅となる座標を指定します。Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指"
-"定できます。"
-
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:29
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:29
-msgid "``point``"
-msgstr "``point``"
-
-#: ../../../source/functions/rand.txt:42
-msgid "rand(10) 3"
-msgstr "rand(10) 3"
-
-#: ../../../source/functions/rand.txt:29
-msgid "``max``"
-msgstr "``max``"
+"groonga組込関数の一つであるedit_distanceについて説明します。組込関数は、"
+"script形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
 
+# e3f27fb3296d46e8a1794075ae186ad1
 #: ../../../source/functions/edit_distance.txt:24
 msgid ""
 "edit_distance() 関数は、string1に指定した文字列とstring2に指定した文字列の間"
@@ -128,64 +50,134 @@ msgstr ""
 "edit_distance() 関数は、string1に指定した文字列とstring2に指定した文字列の間"
 "の編集距離を求めます。"
 
-#: ../../../source/functions/now.txt:22
-msgid ""
-"groonga組込関数の一つであるnowについて説明します。組込関数は、script形式の"
-"grn_expr中で呼び出すことができます。"
-msgstr ""
-"groonga組込関数の一つであるnowについて説明します。組込関数は、script形式の"
-"grn_expr中で呼び出すことができます。"
+# 720435853dcd47a7b7272d87827fc9cf
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:29
+msgid "``string1``"
+msgstr "``string1``"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:37
-msgid "``bottom_right``"
-msgstr "``bottom_right``"
+# 1df25c3110404b57ba12ca67f2138b4f
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:31
+msgid "文字列を指定します"
+msgstr "文字列を指定します"
 
-#: ../../../source/functions/rand.txt:24
-msgid "rand() 関数は 0 から max の間の疑似乱数整数を返します。"
-msgstr "rand() 関数は 0 から max の間の疑似乱数整数を返します。"
+# 4815990b49c049bc9a2c6f3b70ebdf82
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:33
+msgid "``string2``"
+msgstr "``string2``"
 
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:52
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:55
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:54
-msgid "脚注"
-msgstr "脚注"
+# 4caab80abadb4c1ab8a67ef4bf1dff1f
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:35
+msgid "もうひとつの文字列を指定します"
+msgstr "もうひとつの文字列を指定します"
 
-#: ../../../source/functions/rand.txt:31
-msgid ""
-"返値の最大値を指定します。省略した場合は RAND_MAX が指定されたものとみなされ"
-"ます。"
-msgstr ""
-"返値の最大値を指定します。省略した場合は RAND_MAX が指定されたものとみなされ"
-"ます。"
+# cc774236b7b544c79f9505f54fbaf97e
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:41
+msgid "指定した2つ文字列の編集距離をUint32型の値として返します。"
+msgstr "指定した2つ文字列の編集距離をUint32型の値として返します。"
+
+# e39498cea5664fceb98d05ed7200afdb
+# d7463319ff134e309e0285087a608797
+# a0ced0b56b374b1f87b735ad18742162
+# 2f354cda6eee44aa8b0038c6b28276ec
+# c1d78770199640f689b563e1311e4e1b
+# f70c4d114e6a45b088fff04931b7c2b6
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:14,
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:14,
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:14,
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:14,
+#: ../../../source/functions/now.txt:14, ../../../source/functions/rand.txt:14
+msgid "書式"
+msgstr "書式"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:51
-msgid "geo_in_circle(pos, \"100x100\", 100) true"
-msgstr "geo_in_circle(pos, \"100x100\", 100) true"
+# 1c0831a7c9e9498fae51c640a9b8b509
+# fd3176f1772d45e699de882c7fd4b5b3
+# 2d6761b294a2465ebd9b899e31c4a28b
+# 5669f2ec19894d109b3eccb59ac4f62d
+# 8a7c6d8f6c404f81abc1ae8922f78806
+# 9e6e1fd6e18544ac95661f45487e4651
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:20,
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:20,
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:20,
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:20,
+#: ../../../source/functions/now.txt:20, ../../../source/functions/rand.txt:20
+msgid "説明"
+msgstr "説明"
+
+# 50d6375779f04ce5945dc222239ff9b4
+# d8c2d868cd6945e398d6a8a2dbdcc0a4
+# c00d93749025453dbda567f3e174cfd2
+# a7a723bb25ff4f8b92ca0ec0981da63a
+# 480daff21e164e8bb76a172f543e184d
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:27,
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:28,
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:27,
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:27,
+#: ../../../source/functions/rand.txt:27
+msgid "引数"
+msgstr "引数"
+
+# 866b065d361c48459d11261584c485c5
+# 9b359142b2cd463a8a23bbdff39b4ef5
+# e169a57296bc4ff9a5791389a8f6221d
+# b301b0edb4b84a94885ce4912eff6eec
+# 8f72407b6f514f10802ff4605fdd2871
+# 7efa9b6073614a8d82636088e54c2b7b
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:39,
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:40,
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:43,
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:42,
+#: ../../../source/functions/now.txt:27, ../../../source/functions/rand.txt:34
+msgid "返値"
+msgstr "返値"
 
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:9
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:9
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:9
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:9
-#: ../../../source/functions/now.txt:9 ../../../source/functions/rand.txt:9
+# feacff3e04da4887ba5433df8ef87e8f
+# 89a0c4b4f45d4280bae0f661ab6d9ae6
+# bee972fea6874e5ca27e092f53433c14
+# e44ad910fd07458c82ea24f843c66e3e
+# 796c0600fef3484bb7c67defc369ed37
+# 89846e7450b442a7bda3c230f126d254
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:44,
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:45,
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:48,
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:47,
+#: ../../../source/functions/now.txt:32, ../../../source/functions/rand.txt:39
+msgid "例"
+msgstr "例"
+
+# b26ef0ca01ea42f89db691ca485ddce2
+# a694bea745d542f0988817e280f57f8b
+# cc30a573ee5d490c8a4871481c2e5a96
+# 23f72dc3759e4931981c77661cc842b2
+# f7f2dd5cf72946a3be07546e824b3b48
+# 10fad4fb4c2848b58f21593c42c9554e
+#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:9,
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:9,
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:9,
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:9,
+#: ../../../source/functions/now.txt:9, ../../../source/functions/rand.txt:9
 msgid "名前"
 msgstr "名前"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:50
-msgid "geo_in_rectangle(pos, \"150x100\", \"100x150\") true"
-msgstr "geo_in_rectangle(pos, \"150x100\", \"100x150\") true"
+# 122ebe4043d441e6abb06ffee5168949
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:6
+msgid "geo_distance"
+msgstr "geo_distance"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:33
-msgid "``top_left``"
-msgstr "``top_left``"
+# de9e2ea8de51470ea2e3261dc6e073e7
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:11
+msgid "geo_distance - 指定した2点の距離を計算する"
+msgstr "geo_distance - 指定した2点の距離を計算する"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:31
+# 9281aed03a174cfd927e16db81e5c41c
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:22
 msgid ""
-"矩形の範囲内に存在するかどうかを調べる座標を指定します。Point型の値を指定でき"
-"ます。 [#]_"
+"groonga組込関数の一つであるgeo_distanceについて説明します。組込関数は、script"
+"形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
 msgstr ""
-"矩形の範囲内に存在するかどうかを調べる座標を指定します。Point型の値を指定でき"
-"ます。 [#]_"
+"groonga組込関数の一つであるgeo_distanceについて説明します。組込関数は、script"
+"形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
 
+# 9c554aa45a914903b67fb3feadce57e3
 #: ../../../source/functions/geo_distance.txt:24
 msgid ""
 "geo_distance() 関数は、point1に指定した座標とpoint2に指定した座標の間の距離"
@@ -198,90 +190,102 @@ msgstr ""
 "geo_distance2()、geo_distance3()が使用できます。それぞれ、長方形近似、球面近"
 "似、ヒュベニの距離計算式によって距離を算出します。"
 
+# 11c957a9c80a4c3ab10c09a1abcf9a8a
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:30
+msgid "``point1``"
+msgstr "``point1``"
+
+# b159394f13464a9985979122147e3cf4
 #: ../../../source/functions/geo_distance.txt:32
 msgid ""
 "距離を求める2点のうち一つを指定します。GeoPoint型の値を指定できます。 [#]_"
 msgstr ""
 "距離を求める2点のうち一つを指定します。GeoPoint型の値を指定できます。 [#]_"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:31
-msgid ""
-"円の範囲内に存在するかどうかを調べる座標を指定します。Point型の値を指定できま"
-"す。 [#]_"
-msgstr ""
-"円の範囲内に存在するかどうかを調べる座標を指定します。Point型の値を指定できま"
-"す。 [#]_"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:31
-msgid "文字列を指定します"
-msgstr "文字列を指定します"
+# ac7dab9990074ac0a2b6560e977ce2c0
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:34
+msgid "``point2``"
+msgstr "``point2``"
 
-#: ../../../source/functions/rand.txt:22
+# 577d527138cc49179726da8daf2d2939
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:36
 msgid ""
-"groonga組込関数の一つであるrandについて説明します。組込関数は、script形式の"
-"grn_expr中で呼び出すことができます。"
+"距離を求める2点のうちもう一つを指定します。GeoPoint型の値、あるいは座標を示す"
+"文字列を指定できます。"
 msgstr ""
-"groonga組込関数の一つであるrandについて説明します。組込関数は、script形式の"
-"grn_expr中で呼び出すことができます。"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:6
-msgid "edit_distance"
-msgstr "edit_distance"
-
-#: ../../../source/functions/now.txt:11
-msgid "now - 現在時刻を返す"
-msgstr "now - 現在時刻を返す"
-
-#: ../../../source/functions/rand.txt:6
-msgid "rand"
-msgstr "rand"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:17
-msgid "edit_distance(string1, string2)"
-msgstr "edit_distance(string1, string2)"
-
-#: ../../../source/functions/rand.txt:11
-msgid "rand - 乱数を生成する"
-msgstr "rand - 乱数を生成する"
+"距離を求める2点のうちもう一つを指定します。GeoPoint型の値、あるいは座標を示す"
+"文字列を指定できます。"
 
+# 2360f7e70a62447c9878e41b4a047f07
 #: ../../../source/functions/geo_distance.txt:42
 msgid "指定した2点の距離をFloat型の値(単位:メートル)として返します。"
 msgstr "指定した2点の距離をFloat型の値(単位:メートル)として返します。"
 
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:17
-msgid "geo_distance(point1, point2)"
-msgstr "geo_distance(point1, point2)"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:11
-msgid "edit_distance - 指定した2つの文字列の編集距離を計算する"
-msgstr "edit_distance - 指定した2つの文字列の編集距離を計算する"
+# 494813f6826742f39e9917653d098999
+# 4c67e0e828bb404f929c61c1177fd076
+# 31ce6869b6e84a9b9a90f3fca3a374f5
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:52,
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:55,
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:54
+msgid "脚注"
+msgstr "脚注"
 
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:22
+# 0dd78e2b8d454ef78ee079e0e97a0167
+# 86708ada330a4ae68c1f7bd67ef8d123
+# 4534b110a784407fb5476102d107c493
+#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:53,
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:56,
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:55
 msgid ""
-"groonga組込関数の一つであるedit_distanceについて説明します。組込関数は、"
-"script形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
+"TokyoGeoPoint(日本測地系座標)かWGS84GeoPoint(世界測地系座標)のいずれかを指定"
+"できます。"
 msgstr ""
-"groonga組込関数の一つであるedit_distanceについて説明します。組込関数は、"
-"script形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
+"TokyoGeoPoint(日本測地系座標)かWGS84GeoPoint(世界測地系座標)のいずれかを指定"
+"できます。"
 
-#: ../../../source/functions/now.txt:17
-msgid "now()"
-msgstr "now()"
+# 1219b4d2a48142909cb5ce795cf36553
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:6
+msgid "geo_in_circle"
+msgstr "geo_in_circle"
 
+# 7a7e7a58437e41719e16db5ed8da97f2
 #: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:11
 msgid "geo_in_circle - 座標が円の範囲内に存在するかどうかを調べます。"
 msgstr "geo_in_circle - 座標が円の範囲内に存在するかどうかを調べます。"
 
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:53
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:56
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:55
+# 0839fc64fad9411f859eda641f7832ff
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:22
 msgid ""
-"TokyoGeoPoint(日本測地系座標)かWGS84GeoPoint(世界測地系座標)のいずれかを指定"
-"できます。"
+"groonga組込関数の一つであるgeo_in_circleについて説明します。組込関数は、"
+"script形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
 msgstr ""
-"TokyoGeoPoint(日本測地系座標)かWGS84GeoPoint(世界測地系座標)のいずれかを指定"
-"できます。"
+"groonga組込関数の一つであるgeo_in_circleについて説明します。組込関数は、"
+"script形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
+
+# e6a81ea3258f4ecfb91702aaf34ccc2b
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:24
+msgid ""
+"geo_in_circle() 関数は、pointに指定した座標が、centerに指定した座標を中心とす"
+"る円の範囲内にあるかどうかを調べます。"
+msgstr ""
+"geo_in_circle() 関数は、pointに指定した座標が、centerに指定した座標を中心とす"
+"る円の範囲内にあるかどうかを調べます。"
+
+# ffdc157c435e4c4ea670a9d0dc3bbda4
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:31
+msgid ""
+"円の範囲内に存在するかどうかを調べる座標を指定します。Point型の値を指定できま"
+"す。 [#]_"
+msgstr ""
+"円の範囲内に存在するかどうかを調べる座標を指定します。Point型の値を指定できま"
+"す。 [#]_"
 
+# 2bb2d2f5eb7d4a3fa2acea06051bbd74
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:33
+msgid "``center``"
+msgstr "``center``"
+
+# 1f8081ff9f41422c908944b8e190a179
 #: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:35
 msgid ""
 "円の中心となる座標を指定します。Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指定で"
@@ -290,131 +294,173 @@ msgstr ""
 "円の中心となる座標を指定します。Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指定で"
 "きます。"
 
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:41
-msgid "指定した2つ文字列の編集距離をUint32型の値として返します。"
-msgstr "指定した2つ文字列の編集距離をUint32型の値として返します。"
+# 26d76002ed7c48809fedde247ebc8f7e
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:37
+msgid "``radious_or_point``"
+msgstr "``radious_or_point``"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:44
-msgid "pointに指定した座標が矩形の範囲内にあるかどうかをBool型の値で返します。"
+# 35a1edcbee8c485a82aa2bfbee463d35
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:39
+msgid ""
+"円の半径を指定します。数値を指定した場合には、半径(単位:メートル)が指定された"
+"ものとみなします。 Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指定した場合は、円"
+"周上の点の一つの座標が指定されたものとみなします。"
 msgstr ""
-"pointに指定した座標が矩形の範囲内にあるかどうかをBool型の値で返します。"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:33
-msgid "``string2``"
-msgstr "``string2``"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:35
-msgid "もうひとつの文字列を指定します"
-msgstr "もうひとつの文字列を指定します"
-
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:39
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:40
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:43
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:42
-#: ../../../source/functions/now.txt:27 ../../../source/functions/rand.txt:34
-msgid "返値"
-msgstr "返値"
-
-#: ../../../source/functions/now.txt:6
-msgid "now"
-msgstr "now"
-
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:17
-msgid "geo_in_rectangle(point, top_left, bottom_right)"
-msgstr "geo_in_rectangle(point, top_left, bottom_right)"
-
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:48
-msgid "geo_distance(pos, \"150x150\") 100"
-msgstr "geo_distance(pos, \"150x150\") 100"
-
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:34
-msgid "``point2``"
-msgstr "``point2``"
-
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:30
-msgid "``point1``"
-msgstr "``point1``"
+"円の半径を指定します。数値を指定した場合には、半径(単位:メートル)が指定された"
+"ものとみなします。 Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指定した場合は、円"
+"周上の点の一つの座標が指定されたものとみなします。"
 
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:6
-msgid "geo_distance"
-msgstr "geo_distance"
+# 6002951ef1224500853d781189369746
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:45
+msgid "pointに指定した座標が円の範囲内にあるかどうかをBool型の値で返します。"
+msgstr "pointに指定した座標が円の範囲内にあるかどうかをBool型の値で返します。"
 
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:14
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:14
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:14
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:14
-#: ../../../source/functions/now.txt:14 ../../../source/functions/rand.txt:14
-msgid "書式"
-msgstr "書式"
+# 97fe7041846b4d3582478573b10199a0
+# 338ed2dfe0794b638a0c61ec41c6205b
+#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:29,
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:29
+msgid "``point``"
+msgstr "``point``"
 
+# bca3392f5a5c422f9e9bd022c6c8f8fa
 #: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:6
 msgid "geo_in_rectangle"
 msgstr "geo_in_rectangle"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:22
+# 51ae7bc302834ea599b2506b84560c6d
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:11
+msgid "geo_in_rectangle - 座標が矩形の範囲内に存在するかどうかを調べます。"
+msgstr "geo_in_rectangle - 座標が矩形の範囲内に存在するかどうかを調べます。"
+
+# 9e9026d07c844f7295233d872cbb99d6
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:22
 msgid ""
-"groonga組込関数の一つであるgeo_in_circleについて説明します。組込関数は、"
+"groonga組込関数の一つであるgeo_in_rectangleについて説明します。組込関数は、"
 "script形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
 msgstr ""
-"groonga組込関数の一つであるgeo_in_circleについて説明します。組込関数は、"
+"groonga組込関数の一つであるgeo_in_rectangleについて説明します。組込関数は、"
 "script形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
 
-#: ../../../source/functions/now.txt:29
-msgid "現在時刻に対応するTime型のオブジェクトを返します。"
-msgstr "現在時刻に対応するTime型のオブジェクトを返します。"
+# 343f51c9314e4296a6ffb549e150f5a0
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:24
+msgid ""
+"geo_in_rectangle() 関数は、pointに指定した座標が、top_leftとbottom_rightがな"
+"す矩形の範囲内にあるかどうかを調べます。"
+msgstr ""
+"geo_in_rectangle() 関数は、pointに指定した座標が、top_leftとbottom_rightがな"
+"す矩形の範囲内にあるかどうかを調べます。"
 
-#: ../../../source/functions/geo_distance.txt:36
+# dff60072247b4ac58718201138cb21d5
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:31
 msgid ""
-"距離を求める2点のうちもう一つを指定します。GeoPoint型の値、あるいは座標を示す"
-"文字列を指定できます。"
+"矩形の範囲内に存在するかどうかを調べる座標を指定します。Point型の値を指定でき"
+"ます。 [#]_"
 msgstr ""
-"距離を求める2点のうちもう一つを指定します。GeoPoint型の値、あるいは座標を示す"
-"文字列を指定できます。"
+"矩形の範囲内に存在するかどうかを調べる座標を指定します。Point型の値を指定でき"
+"ます。 [#]_"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:33
-msgid "``center``"
-msgstr "``center``"
+# d55dbe90389249d291df4ced3553ebfb
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:33
+msgid "``top_left``"
+msgstr "``top_left``"
 
-#: ../../../source/functions/edit_distance.txt:29
-msgid "``string1``"
-msgstr "``string1``"
+# d8e9de82796b40a9b28d089edc6e5adc
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:35
+msgid ""
+"矩形の左上隅となる座標を指定します。Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指"
+"定できます。"
+msgstr ""
+"矩形の左上隅となる座標を指定します。Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指"
+"定できます。"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:24
+# 37fb9e3535264da494246d62db753eaf
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:37
+msgid "``bottom_right``"
+msgstr "``bottom_right``"
+
+# a75d18a7339449ecab755dfce0d00f05
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:39
 msgid ""
-"geo_in_rectangle() 関数は、pointに指定した座標が、top_leftとbottom_rightがな"
-"す矩形の範囲内にあるかどうかを調べます。"
+"矩形の右下隅となる座標を指定します。Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指"
+"定できます。"
 msgstr ""
-"geo_in_rectangle() 関数は、pointに指定した座標が、top_leftとbottom_rightがな"
-"す矩形の範囲内にあるかどうかを調べます。"
+"矩形の右下隅となる座標を指定します。Point型の値、あるいは座標を示す文字列を指"
+"定できます。"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:22
+# b465f74cb2454a18b23492ac66b49a43
+#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:44
+msgid "pointに指定した座標が矩形の範囲内にあるかどうかをBool型の値で返します。"
+msgstr ""
+"pointに指定した座標が矩形の範囲内にあるかどうかをBool型の値で返します。"
+
+# 9a7050730b474c63a1d4c4c051b6747c
+#: ../../../source/functions/now.txt:6
+msgid "now"
+msgstr "now"
+
+# 11437b1613fa4f908358646ad4a58058
+#: ../../../source/functions/now.txt:11
+msgid "now - 現在時刻を返す"
+msgstr "now - 現在時刻を返す"
+
+# 64182ce4cfcd427f8a1d730ff979cf33
+#: ../../../source/functions/now.txt:22
 msgid ""
-"groonga組込関数の一つであるgeo_in_rectangleについて説明します。組込関数は、"
-"script形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
+"groonga組込関数の一つであるnowについて説明します。組込関数は、script形式の"
+"grn_expr中で呼び出すことができます。"
 msgstr ""
-"groonga組込関数の一つであるgeo_in_rectangleについて説明します。組込関数は、"
-"script形式のgrn_expr中で呼び出すことができます。"
+"groonga組込関数の一つであるnowについて説明します。組込関数は、script形式の"
+"grn_expr中で呼び出すことができます。"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:45
-msgid "pointに指定した座標が円の範囲内にあるかどうかをBool型の値で返します。"
-msgstr "pointに指定した座標が円の範囲内にあるかどうかをBool型の値で返します。"
+# fa3cf535272f4975bd1056ee95f40ddf
+#: ../../../source/functions/now.txt:24
+msgid "now() 関数は現在時刻に対応するTime型の値を返します。"
+msgstr "now() 関数は現在時刻に対応するTime型の値を返します。"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_rectangle.txt:11
-msgid "geo_in_rectangle - 座標が矩形の範囲内に存在するかどうかを調べます。"
-msgstr "geo_in_rectangle - 座標が矩形の範囲内に存在するかどうかを調べます。"
+# 4efc0de22893494787cca7990291e87d
+#: ../../../source/functions/now.txt:29
+msgid "現在時刻に対応するTime型のオブジェクトを返します。"
+msgstr "現在時刻に対応するTime型のオブジェクトを返します。"
 
-#: ../../../source/functions/now.txt:35
-msgid "now() 1256791194.55541"
-msgstr "now() 1256791194.55541"
+# 05d18510f737487ebc8c760c39c4c0f6
+#: ../../../source/functions/rand.txt:6
+msgid "rand"
+msgstr "rand"
 
-#: ../../../source/functions/rand.txt:36
-msgid "0 と max の間の数を表すInt32型の値を返します。"
-msgstr "0 と max の間の数を表すInt32型の値を返します。"
+# f90d647933804ec9bd699a626822e80b
+#: ../../../source/functions/rand.txt:11
+msgid "rand - 乱数を生成する"
+msgstr "rand - 乱数を生成する"
 
-#: ../../../source/functions/geo_in_circle.txt:24
+# 2e069c0f54e94625814df44319d75430
+#: ../../../source/functions/rand.txt:22
 msgid ""
-"geo_in_circle() 関数は、pointに指定した座標が、centerに指定した座標を中心とす"
-"る円の範囲内にあるかどうかを調べます。"
+"groonga組込関数の一つであるrandについて説明します。組込関数は、script形式の"
+"grn_expr中で呼び出すことができます。"
 msgstr ""
-"geo_in_circle() 関数は、pointに指定した座標が、centerに指定した座標を中心とす"
-"る円の範囲内にあるかどうかを調べます。"
+"groonga組込関数の一つであるrandについて説明します。組込関数は、script形式の"
+"grn_expr中で呼び出すことができます。"
+
+# 964c1a15046b487e8b7fff393b6043b6
+#: ../../../source/functions/rand.txt:24
+msgid "rand() 関数は 0 から max の間の疑似乱数整数を返します。"
+msgstr "rand() 関数は 0 から max の間の疑似乱数整数を返します。"
+
+# 4a2522c256604e6e9ec948cd16fe4161
+#: ../../../source/functions/rand.txt:29
+msgid "``max``"
+msgstr "``max``"
+
+# b5c9cb12ed434c13b7ab91ad8a44aa92
+#: ../../../source/functions/rand.txt:31
+msgid ""
+"返値の最大値を指定します。省略した場合は RAND_MAX が指定されたものとみなされ"
+"ます。"
+msgstr ""
+"返値の最大値を指定します。省略した場合は RAND_MAX が指定されたものとみなされ"
+"ます。"
+
+# 5e4b67f4269241ba8b1461523e33e1bc
+#: ../../../source/functions/rand.txt:36
+msgid "0 と max の間の数を表すInt32型の値を返します。"
+msgstr "0 と max の間の数を表すInt32型の値を返します。"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/index.po (+21 -16)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/index.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (8318af3)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/index.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (95ddcae)
@@ -1,38 +1,43 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:54+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/index.txt:27
-msgid ":ref:`genindex`"
-msgstr ":ref:`genindex`"
-
-#: ../../../source/index.txt:29
-msgid ":ref:`search`"
-msgstr ":ref:`search`"
-
+# 8ef7f33ff03247d399f458279db135ea
 #: ../../../source/index.txt:9
 msgid "groonga ドキュメント"
 msgstr "groonga ドキュメント"
 
+# 8df00e22ed0c498885b6d1d2afd526b4
+#: ../../../source/index.txt:11
+msgid ":doc:`news`"
+msgstr ":doc:`news`"
+
+# 484689a243c540a4a32eb261d7385e94
 #: ../../../source/index.txt:28
+msgid ":ref:`genindex`"
+msgstr ":ref:`genindex`"
+
+# 6d001425eeb540199f655e718cd333de
+#: ../../../source/index.txt:29
 msgid ":ref:`modindex`"
 msgstr ":ref:`modindex`"
 
-#: ../../../source/index.txt:11
-msgid ":doc:`news`"
-msgstr ":doc:`news`"
+# c26ab5f9709448c995901da3c5d53edd
+#: ../../../source/index.txt:30
+msgid ":ref:`search`"
+msgstr ":ref:`search`"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/install.po (+108 -152)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/install.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (33f33db)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/install.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (5ad6038)
@@ -1,56 +1,33 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:54+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/install.txt:143
-msgid ""
-"% git clone https://github.com/groonga/macports.git ~/groonga-macports % "
-"(echo; echo file://$HOME/groonga-macports) | sudo sh -c \"cat >> /opt/local/"
-"etc/macports/sources.conf\" % sudo port install groonga"
-msgstr ""
-"% git clone https://github.com/groonga/macports.git ~/groonga-macports % "
-"(echo; echo file://$HOME/groonga-macports) | sudo sh -c \"cat >> /opt/local/"
-"etc/macports/sources.conf\" % sudo port install groonga"
+# be7a3f5316914d9a8bb2f4b7fa0103e3
+#: ../../../source/install.txt:6
+msgid "Install"
+msgstr "Install"
 
+# aa3163085e7349a08907b2f615c595c3
 #: ../../../source/install.txt:8
 msgid "We will explain of how to install Groonga for each environments."
 msgstr "We will explain of how to install Groonga for each environments."
 
-#: ../../../source/install.txt:139
-msgid "Mac OS X (MacPorts)"
-msgstr "Mac OS X (MacPorts)"
-
-#: ../../../source/install.txt:134
-msgid ""
-"% sudo rpm -ivh http://packages.groonga.org/fedora/groonga-"
-"repository-1.0.0-0.noarch.rpm % sudo yum update % sudo yum install -y groonga"
-msgstr ""
-"% sudo rpm -ivh http://packages.groonga.org/fedora/groonga-"
-"repository-1.0.0-0.noarch.rpm % sudo yum update % sudo yum install -y groonga"
-
-#: ../../../source/install.txt:80
-msgid ""
-"deb http://packages.groonga.org/ubuntu/ lucid universe deb-src http://"
-"packages.groonga.org/ubuntu/ lucid universe"
-msgstr ""
-"deb http://packages.groonga.org/ubuntu/ lucid universe deb-src http://"
-"packages.groonga.org/ubuntu/ lucid universe"
-
+# 99dfd361399246a5a17cac1f32007d73
 #: ../../../source/install.txt:10
 msgid ""
 "The packages for 64-bit binary are only distributed. Please attention not to "
@@ -59,11 +36,34 @@ msgstr ""
 "The packages for 64-bit binary are only distributed. Please attention not to "
 "distributing others for 32-bit binaly."
 
+# 5ef120f61d6f4e0e9cacd8c4c3e391d3
+#: ../../../source/install.txt:13
+msgid "Debian GNU/Linux squeeze"
+msgstr "Debian GNU/Linux squeeze"
+
+# 21b5bda0701a4496b2a96f22b584cd5f
+#: ../../../source/install.txt:31
+msgid "Debian GNU/Linux wheezy"
+msgstr "Debian GNU/Linux wheezy"
+
+# 1e9c5a4888024c8ba64bc8b4187f5739
 #: ../../../source/install.txt:49
 msgid "Debian GNU/Linux sid"
 msgstr "Debian GNU/Linux sid"
 
-#: ../../../source/install.txt:75 ../../../source/install.txt:98
+# f220271e1a594afcb9cd46251b9eb562
+#: ../../../source/install.txt:67
+msgid "Ubuntu 10.04 LTS Lucid Lynx"
+msgstr "Ubuntu 10.04 LTS Lucid Lynx"
+
+# 558f0ab1f9fd4fe0be52a1edf8760e5b
+#: ../../../source/install.txt:90
+msgid "Ubuntu 11.04 Natty Narwhal"
+msgstr "Ubuntu 11.04 Natty Narwhal"
+
+# 5e21956d346843e6abb886d4a180827b
+# d539c3a58a164842b69324e085fe812b
+#: ../../../source/install.txt:98 ../../../source/install.txt:75,
 msgid ""
 "You should specify universe section of Ubuntu for installing by add file(ex. "
 "below-mentioned)."
@@ -71,68 +71,79 @@ msgstr ""
 "You should specify universe section of Ubuntu for installing by add file(ex. "
 "below-mentioned)."
 
-#: ../../../source/install.txt:148
-msgid "Mac OS X (Homebrew)"
-msgstr "Mac OS X (Homebrew)"
-
-#: ../../../source/install.txt:19 ../../../source/install.txt:37
-#: ../../../source/install.txt:55 ../../../source/install.txt:78
-#: ../../../source/install.txt:101
+# a6affb262e7448ca85a3c6ff063f57bb
+# 29c82119eb624dc8844f95d2c10c53ec
+# 43cf905995ea4f04a62b8a18a3d1b545
+# 4ac836972ca24570bff5b779cff4a157
+# 7aaf94cdc8d54b1699a678e3163e3368
+#: ../../../source/install.txt:101 ../../../source/install.txt:19,
+#: ../../../source/install.txt:37, ../../../source/install.txt:55,
+#: ../../../source/install.txt:78,
 msgid "/etc/apt/sources.list.d/groonga.list::"
 msgstr "/etc/apt/sources.list.d/groonga.list::"
 
-#: ../../../source/install.txt:67
-msgid "Ubuntu 10.04 LTS Lucid Lynx"
-msgstr "Ubuntu 10.04 LTS Lucid Lynx"
-
-#: ../../../source/install.txt:39
-msgid ""
-"deb http://packages.groonga.org/debian/ wheezy main deb-src http://packages."
-"groonga.org/debian/ wheezy main"
-msgstr ""
-"deb http://packages.groonga.org/debian/ wheezy main deb-src http://packages."
-"groonga.org/debian/ wheezy main"
+# 1381f8f8e0cd4cf19dac8913296d28bb
+#: ../../../source/install.txt:113
+msgid "CentOS 5"
+msgstr "CentOS 5"
 
-#: ../../../source/install.txt:26 ../../../source/install.txt:44
-#: ../../../source/install.txt:62 ../../../source/install.txt:85
-#: ../../../source/install.txt:108
-msgid ""
-"% sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com 1C837F31 % "
-"sudo aptitude update % sudo aptitude -V -D -y install groonga"
-msgstr ""
-"% sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com 1C837F31 % "
-"sudo aptitude update % sudo aptitude -V -D -y install groonga"
+# 3caa22ff903942c696f4851bf466bb47
+#: ../../../source/install.txt:126
+msgid "Fedora 15"
+msgstr "Fedora 15"
 
-#: ../../../source/install.txt:159
-msgid "We only distribute the package for x64."
-msgstr "We only distribute the package for x64."
+# 9c38d593bbc04d41b83f8bf863128b21
+# c96d0a4345fc41819ef8147099b26ab8
+# be0f49f1aa38425c8bf58bddb03d65b0
+# 099668c9763b4cef92f96acfb664c9fd
+# f838ed136191498b9021698515afb048
+# 6a762bb39109415ea5d973eb8834a864
+# ed8cd4d1e10f4fa386381da6f0896acf
+#: ../../../source/install.txt:130 ../../../source/install.txt:117,
+#: ../../../source/install.txt:17, ../../../source/install.txt:35,
+#: ../../../source/install.txt:53, ../../../source/install.txt:71,
+#: ../../../source/install.txt:94,
+msgid "We only distribute the package for amd64."
+msgstr "We only distribute the package for amd64."
 
-#: ../../../source/install.txt:166
-msgid "Others"
-msgstr "Others"
+# 77d2e93b432140ae98734e8644bc48c4
+#: ../../../source/install.txt:139
+msgid "Mac OS X (MacPorts)"
+msgstr "Mac OS X (MacPorts)"
 
-#: ../../../source/install.txt:113
-msgid "CentOS 5"
-msgstr "CentOS 5"
+# 8a96b18f276e4774bbe108b831bc4b44
+#: ../../../source/install.txt:148
+msgid "Mac OS X (Homebrew)"
+msgstr "Mac OS X (Homebrew)"
 
-#: ../../../source/install.txt:177
-msgid ""
-"./configure --prefix=/usr --localstatedir=/var && make && sudo make install"
-msgstr ""
-"./configure --prefix=/usr --localstatedir=/var && make && sudo make install"
+# 2836395b15b74eb6999a99f6fc208a70
+# 4cd945bfd5cc4dafad6e960db4c8c5d4
+# 162f0c44afac4cebaa28679d6c99f7ea
+# 9b02457263b0407bac95dd69933bf1b6
+# 122082ec685a48dbabf5f2815c9be817
+# 2ee21d0abdf7491c83c922f17d1ba786
+# b9a5cd372395403482e63973852931fa
+# b04374c21d2749598231eb96c8b501f4
+# 5a69bf25ed774abfb2945544e052a29a
+#: ../../../source/install.txt:150 ../../../source/install.txt:106,
+#: ../../../source/install.txt:119, ../../../source/install.txt:132,
+#: ../../../source/install.txt:141, ../../../source/install.txt:24,
+#: ../../../source/install.txt:42, ../../../source/install.txt:60,
+#: ../../../source/install.txt:83,
+msgid "Install::"
+msgstr "Install::"
 
+# bb1ec1d3b1354b1ca3109795f2138b33
 #: ../../../source/install.txt:155
 msgid "Windows"
 msgstr "Windows"
 
-#: ../../../source/install.txt:13
-msgid "Debian GNU/Linux squeeze"
-msgstr "Debian GNU/Linux squeeze"
-
-#: ../../../source/install.txt:152
-msgid "% brew install groonga"
-msgstr "% brew install groonga"
+# 326d5e4062c4421997a40a87a9858b02
+#: ../../../source/install.txt:159
+msgid "We only distribute the package for x64."
+msgstr "We only distribute the package for x64."
 
+# 021e6457a01a4d7589cd7c04343456c4
 #: ../../../source/install.txt:161
 msgid ""
 "You just download zip-file from `packages.groonga.org/windows/ <http://"
@@ -143,26 +154,23 @@ msgstr ""
 "packages.groonga.org/windows/groonga/>`_ and extract it. We doesn't "
 "distribute installer for now. Sorry."
 
-#: ../../../source/install.txt:121
-msgid ""
-"% sudo rpm -ivh http://packages.groonga.org/centos/groonga-"
-"repository-1.0.0-0.noarch.rpm % sudo yum update % sudo yum install -y groonga"
-msgstr ""
-"% sudo rpm -ivh http://packages.groonga.org/centos/groonga-"
-"repository-1.0.0-0.noarch.rpm % sudo yum update % sudo yum install -y groonga"
-
-#: ../../../source/install.txt:6
-msgid "Install"
-msgstr "Install"
+# 9cc94da552584de88b44cd3b52dccde5
+#: ../../../source/install.txt:166
+msgid "Others"
+msgstr "Others"
 
-#: ../../../source/install.txt:103
+# f4a274e52bb34f80a210842035ac1028
+#: ../../../source/install.txt:168
 msgid ""
-"deb http://packages.groonga.org/ubuntu/ natty universe deb-src http://"
-"packages.groonga.org/ubuntu/ natty universe"
+"If you will use indexes of tokenizing of each morpheme for full-text search, "
+"you should install `MeCab <http://mecab.sourceforge.net/>`_ before you "
+"install groonga."
 msgstr ""
-"deb http://packages.groonga.org/ubuntu/ natty universe deb-src http://"
-"packages.groonga.org/ubuntu/ natty universe"
+"If you will use indexes of tokenizing of each morpheme for full-text search, "
+"you should install `MeCab <http://mecab.sourceforge.net/>`_ before you "
+"install groonga."
 
+# 8de0e8776b574f77be06e087fbed9a68
 #: ../../../source/install.txt:172
 msgid ""
 "After, you should download tar.gz-file from `packages.groonga.org/source/ "
@@ -175,30 +183,7 @@ msgstr ""
 "should extract this file in place to install, and run commands below-"
 "mentioned. ::"
 
-#: ../../../source/install.txt:126
-msgid "Fedora 15"
-msgstr "Fedora 15"
-
-#: ../../../source/install.txt:24 ../../../source/install.txt:42
-#: ../../../source/install.txt:60 ../../../source/install.txt:83
-#: ../../../source/install.txt:106 ../../../source/install.txt:119
-#: ../../../source/install.txt:132 ../../../source/install.txt:141
-#: ../../../source/install.txt:150
-msgid "Install::"
-msgstr "Install::"
-
-#: ../../../source/install.txt:57
-msgid ""
-"deb http://packages.groonga.org/debian/ unstable main deb-src http://"
-"packages.groonga.org/debian/ unstable main"
-msgstr ""
-"deb http://packages.groonga.org/debian/ unstable main deb-src http://"
-"packages.groonga.org/debian/ unstable main"
-
-#: ../../../source/install.txt:90
-msgid "Ubuntu 11.04 Natty Narwhal"
-msgstr "Ubuntu 11.04 Natty Narwhal"
-
+# d38c66cb520244d3b06a823965c1a606
 #: ../../../source/install.txt:179
 msgid ""
 "The \"prefix\" option is the paramater for specified place to install. If "
@@ -210,32 +195,3 @@ msgstr ""
 "you won't specify the option, \"/usr/local\" is specified. Please specify \"/"
 "usr\" for this option if you don't know environment variables"
 "(LD_LIBRARY_PATH and so on) well."
-
-#: ../../../source/install.txt:17 ../../../source/install.txt:35
-#: ../../../source/install.txt:53 ../../../source/install.txt:71
-#: ../../../source/install.txt:94 ../../../source/install.txt:117
-#: ../../../source/install.txt:130
-msgid "We only distribute the package for amd64."
-msgstr "We only distribute the package for amd64."
-
-#: ../../../source/install.txt:168
-msgid ""
-"If you will use indexes of tokenizing of each morpheme for full-text search, "
-"you should install `MeCab <http://mecab.sourceforge.net/>`_ before you "
-"install groonga."
-msgstr ""
-"If you will use indexes of tokenizing of each morpheme for full-text search, "
-"you should install `MeCab <http://mecab.sourceforge.net/>`_ before you "
-"install groonga."
-
-#: ../../../source/install.txt:21
-msgid ""
-"deb http://packages.groonga.org/debian/ squeeze main deb-src http://packages."
-"groonga.org/debian/ squeeze main"
-msgstr ""
-"deb http://packages.groonga.org/debian/ squeeze main deb-src http://packages."
-"groonga.org/debian/ squeeze main"
-
-#: ../../../source/install.txt:31
-msgid "Debian GNU/Linux wheezy"
-msgstr "Debian GNU/Linux wheezy"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/limitations.po (+31 -23)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/limitations.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (5f57273)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/limitations.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (7ebf703)
@@ -1,50 +1,58 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:54+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/limitations.txt:16
-msgid "最大語彙数: 268,435,455 (約2億6千万)"
-msgstr "最大語彙数: 268,435,455 (約2億6千万)"
+# 5c3f3911e1e1434da636445fe52d72dd
+#: ../../../source/limitations.txt:6
+msgid "制限事項"
+msgstr "制限事項"
 
-#: ../../../source/limitations.txt:17
-msgid "最大インデックスサイズ: 256GByte"
-msgstr "最大インデックスサイズ: 256GByte"
+# b0d793f693a44e2ebcbab87a2621c3d3
+#: ../../../source/limitations.txt:8
+msgid "groongaにはいくつか制限事項があります。"
+msgstr "groongaにはいくつか制限事項があります。"
 
+# 3906a99f895a4a1cb295c7db65131ba4
 #: ../../../source/limitations.txt:11
 msgid "インデックス上限値"
 msgstr "インデックス上限値"
 
+# 29a32185225f48819e21208e84113b00
 #: ../../../source/limitations.txt:13
 msgid "1つのインデックスにおける論理上の上限値は以下のとおりです。"
 msgstr "1つのインデックスにおける論理上の上限値は以下のとおりです。"
 
-#: ../../../source/limitations.txt:19
-msgid "(実際には他の諸条件の制約により上記の値まで到達しない場合もあります)"
-msgstr "(実際には他の諸条件の制約により上記の値まで到達しない場合もあります)"
-
-#: ../../../source/limitations.txt:8
-msgid "groongaにはいくつか制限事項があります。"
-msgstr "groongaにはいくつか制限事項があります。"
-
-#: ../../../source/limitations.txt:6
-msgid "制限事項"
-msgstr "制限事項"
-
+# 5b1d2e5fdcbb4718aa200faa2f5767b1
 #: ../../../source/limitations.txt:15
 msgid "最大レコード数: 268,435,455 (約2億6千万)"
 msgstr "最大レコード数: 268,435,455 (約2億6千万)"
+
+# 859b483e3efd4cef8546b8c606de180b
+#: ../../../source/limitations.txt:16
+msgid "最大語彙数: 268,435,455 (約2億6千万)"
+msgstr "最大語彙数: 268,435,455 (約2億6千万)"
+
+# cb9466056d8a4feba1cae8d1f0c99eed
+#: ../../../source/limitations.txt:17
+msgid "最大インデックスサイズ: 256GByte"
+msgstr "最大インデックスサイズ: 256GByte"
+
+# b32b54d1ecc84980abf8a598466a01b7
+#: ../../../source/limitations.txt:19
+msgid "(実際には他の諸条件の制約により上記の値まで到達しない場合もあります)"
+msgstr "(実際には他の諸条件の制約により上記の値まで到達しない場合もあります)"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/log.po (+136 -133)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/log.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (7a459a9)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/log.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (d967015)
@@ -7,23 +7,23 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-08-11 11:28\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-08-11 11:28+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-# ec140a81cf784ed18e70370808f1b1b9
-#: log.txt:6
+# 43362ec6eff8473498824cffe6622f46
+#: ../../../source/log.txt:6
 msgid "Log"
 msgstr "Log"
 
-# c90fedef16fa476db8de57b46e19416f
-#: log.txt:8
+# c1ca3005238a492696009ba4d283a358
+#: ../../../source/log.txt:8
 msgid ""
 "Groonga has two log files. They are process log and query log. Process log "
 "is for all of :doc:`executables/groonga` works. Query log is just for query "
@@ -33,13 +33,13 @@ msgstr ""
 "is for all of :doc:`executables/groonga` works. Query log is just for query "
 "processing."
 
-# b05d472ab79e433f904ef6233fdbf504
-#: log.txt:13
+# 9b29af88b51b4876a2bb66218475c017
+#: ../../../source/log.txt:13
 msgid "Process log"
 msgstr "Process log"
 
-# f9bc9a14d31947ca82937a7c73573aaa
-#: log.txt:15
+# 88e18b150fa74804bb83bf662b9911df
+#: ../../../source/log.txt:15
 msgid ""
 "Process log is enabled by default. Log path can be customized by :option:`--"
 "log-path` option.  Each log has its log level. If a log is smaller than "
@@ -51,146 +51,68 @@ msgstr ""
 "groonga process' log level, it's not logged. Log level can be customized by :"
 "option:`-l` or :doc:`commands/log_level`."
 
-# ad1e613b0ca54698986e4cdb46a87298
-# 8b42647b70c949f7bbe4b71996f69c19
-#: log.txt:22, log.txt:112
-msgid "Format"
-msgstr "Format"
-
-# 1faefe16564f40b08799684c131a8331
-#: log.txt:24
+# 1c7a52e6ec094041bb630a9475d37e30
+#: ../../../source/log.txt:24
 msgid "Process log uses the following format::"
 msgstr "Process log uses the following format::"
 
-# edc0dc66ad634d648d02a245608d7246
-# 7b610b3ddd3e43aeada8bc9abe522ee2
-#: log.txt:29, log.txt:122
-msgid "It's time stamp uses the following format::"
-msgstr "It's time stamp uses the following format::"
-
-# 359d47ef03244291a1ff89c1dc51a044
-# 89d9774e06ee4e10bd1cbdfb4099a5bc
-#: log.txt:34, log.txt:127
-msgid "Year with four digits."
-msgstr "Year with four digits."
-
-# fef6172295ce4d1e908e72bb6cf8c992
-# 2a65c2bb2633498f96f818a1e479e9ce
-#: log.txt:37, log.txt:130
-msgid "Month with two digits."
-msgstr "Month with two digits."
-
-# 85465bb7e2864071ac2c15dcef505403
-# b2d703b5eea74e28910a559ed1d7574b
-#: log.txt:40, log.txt:133
-msgid "Day with two digits."
-msgstr "Day with two digits."
-
-# 9800b0d6be9949078ba7d2ace5a6a86d
-# 9410326443a84adc9d90cc1959c69ec3
-#: log.txt:43, log.txt:136
-msgid "Hour with two digits."
-msgstr "Hour with two digits."
-
-# 4397687d8fdc42c4b15023b49552cbca
-# 90bd39c348ed45e8a1898361717b1795
-#: log.txt:46, log.txt:139
-msgid "Minute with two digits."
-msgstr "Minute with two digits."
-
-# 05b7c9b328f347109d3d4d775b863931
-# e82a23b81a704093a6e2500e674c1568
-#: log.txt:49, log.txt:142
-msgid "Second with two digits."
-msgstr "Second with two digits."
-
-# ce90f249cc874e67b6a9ca1e99d20d66
-# 9f7b138724f44e14a79c8c6043dd3b9f
-#: log.txt:52, log.txt:145
-msgid "Microsecond with six digits."
-msgstr "Microsecond with six digits."
-
-# b42a11c5e1fe42d18e24b313bb23fe87
-# e50c6c51ed9f4879b39c148ab6cf340c
-# cf008864e7754d6d8ef1a397678b75a9
-# bd15b83a05d6441c9f0bbdb8a1bbf7d4
-# 713e9635f1704646801f56c3e576ddc5
-# f897d12cc3384c80b9e17a44e044eb84
-# cdb828e3997d4772bb3faf80cde644e9
-# 0a5d4b2585cc4dc59441393b5412660a
-# 7332b2fe584144a89632913ddd34511a
-# 596830d37bdc4c2aad599f54e0722593
-# 601e494661ad4198b3a4463e8dd287ad
-# 2cca01941d594a04bdc3fc69ad247d56
-#: log.txt:54, log.txt:89, log.txt:96, log.txt:100, log.txt:147, log.txt:157,
-#: log.txt:173, log.txt:180, log.txt:187, log.txt:195, log.txt:203,
-#: log.txt:208
-msgid "Example::"
-msgstr "Example::"
-
-# 5993ed90c862454b8499f3ec5752ddf4
-#: log.txt:59
+# 5515ad2b445649f3a25c924b62f582a5
+#: ../../../source/log.txt:59
 msgid "Log level with a character. Here is a character and log level map."
 msgstr "Log level with a character. Here is a character and log level map."
 
-# 490cd4e7362441cf8bb12784c3fb69a9
-#: log.txt:63
+# 6372aeb0d043412ab435f5dac7bd60db
+#: ../../../source/log.txt:63
 msgid "Emergency"
 msgstr "Emergency"
 
-# b783aa757e0a445db3047702c4b79fb3
-#: log.txt:66
+# 8e16141b5950489faf3eaff35c65deb5
+#: ../../../source/log.txt:66
 msgid "Alert"
 msgstr "Alert"
 
-# a160f6b900314c2796a89d4c4526c245
-#: log.txt:69
+# 0a503bc7e1c2431ba7a0c6785de19c38
+#: ../../../source/log.txt:69
 msgid "Critical"
 msgstr "Critical"
 
-# 95b94b488bcf46cf96f2a7011cad295e
-#: log.txt:72
+# 8ad4c67f06ba488d85f6b0341c35b398
+#: ../../../source/log.txt:72
 msgid "Error"
 msgstr "Error"
 
-# 11b9adbac8494b64b8bd29dceb0e981b
-#: log.txt:75
+# 002dac9ed7a747a99cb09b4c19cbc53a
+#: ../../../source/log.txt:75
 msgid "Warning"
 msgstr "Warning"
 
-# 3ba7aad164454672be033ccfdc388687
-#: log.txt:78
+# a2dfd0bb888d4196809f0d984ef1a977
+#: ../../../source/log.txt:78
 msgid "Notification"
 msgstr "Notification"
 
-# 2a656bc3628e452b854d0d2b7ac0f9ab
-#: log.txt:81
+# 31bd32bc2be647159c4cf012b425335a
+#: ../../../source/log.txt:81
 msgid "Information"
 msgstr "Information"
 
-# 78490e70548049869fec7b4dc2e823a4
-#: log.txt:84
+# 18eaa03bad4e4a1aa4ec4ca98d009458
+#: ../../../source/log.txt:84
 msgid "Debug"
 msgstr "Debug"
 
-# e414cc8adb52401988c5994946106db2
-#: log.txt:87
+# b1ba03c032f540f583ce395ed14d71ad
+#: ../../../source/log.txt:87
 msgid "Dump"
 msgstr "Dump"
 
-# 295c5ada02d74e598bca805d0d9c8c8b
-# 3e08bcce44794ab7acd9e7989e421456
-#: log.txt:94, log.txt:171
-msgid "Details about the log with free format."
-msgstr "Details about the log with free format."
-
-# 24a47dcf03ed46f894eb3f5c2cace328
-#: log.txt:106
+# 0b86fa995e9c4c9a9a747b1697977f2d
+#: ../../../source/log.txt:106
 msgid "Query log"
 msgstr "Query log"
 
-# aebc444fd97e4fb884af23ba421d6444
-#: log.txt:108
+# 36899a0bf41e46c5abf8cc73e9301ba0
+#: ../../../source/log.txt:108
 msgid ""
 "Query log is disabled by default. It can be enabled by :option:`--query-log-"
 "path` option."
@@ -198,13 +120,67 @@ msgstr ""
 "Query log is disabled by default. It can be enabled by :option:`--query-log-"
 "path` option."
 
-# 98389757ed8a4b8b938c666e130ef0eb
-#: log.txt:114
+# 74e9e6d3b1b244e6800ea679047c3f00
+# 84b18ac6e8c5482a8bbfda680bd430a0
+#: ../../../source/log.txt:112 ../../../source/log.txt:22,
+msgid "Format"
+msgstr "Format"
+
+# 8d139c7391a04bb39e3baeb795234669
+#: ../../../source/log.txt:114
 msgid "Query log uses the following formats::"
 msgstr "Query log uses the following formats::"
 
-# 39921fede4644f2382f753e7659a34f0
-#: log.txt:152
+# d89f61bce6c34f5c8a0a1a7c242c772b
+# cff7b5db312a496fb6619af683e764d0
+#: ../../../source/log.txt:122 ../../../source/log.txt:29,
+msgid "It's time stamp uses the following format::"
+msgstr "It's time stamp uses the following format::"
+
+# 89aaf081caf744bfa12a944a6c4a1109
+# 5cabf08e0c0c4f74b1ce459997e82928
+#: ../../../source/log.txt:127 ../../../source/log.txt:34,
+msgid "Year with four digits."
+msgstr "Year with four digits."
+
+# 967ba4699e2d446c82f9ffea9e9a5e21
+# 900483a239ee41e98e16ba12ed6b0ace
+#: ../../../source/log.txt:130 ../../../source/log.txt:37,
+msgid "Month with two digits."
+msgstr "Month with two digits."
+
+# 7c8a874ec4304ae5b10409f6294e0790
+# b88514f28928433991bcf8aaf6f05053
+#: ../../../source/log.txt:133 ../../../source/log.txt:40,
+msgid "Day with two digits."
+msgstr "Day with two digits."
+
+# 90edcde2d6e3479fa463a8aabcea4284
+# e6adce8ebccd4c929f1bc76dfc96c8ad
+#: ../../../source/log.txt:136 ../../../source/log.txt:43,
+msgid "Hour with two digits."
+msgstr "Hour with two digits."
+
+# c3886fe186c343f68195d9cbd804c7e8
+# f7a5d69ee97c4c84bdbb5ff1d40f4a99
+#: ../../../source/log.txt:139 ../../../source/log.txt:46,
+msgid "Minute with two digits."
+msgstr "Minute with two digits."
+
+# a1edcc5a976b476abb92ac9739ab2136
+# 2ad08861b66949198f6e06afc2854cbc
+#: ../../../source/log.txt:142 ../../../source/log.txt:49,
+msgid "Second with two digits."
+msgstr "Second with two digits."
+
+# b81cf0521551418ca7a42b70baef1dc1
+# 85d662e5098841fea594f2c9311e010c
+#: ../../../source/log.txt:145 ../../../source/log.txt:52,
+msgid "Microsecond with six digits."
+msgstr "Microsecond with six digits."
+
+# b9122d70e83c49f49f9b67b80f15478a
+#: ../../../source/log.txt:152
 msgid ""
 "ID of a thread. Groonga process creates threads to process requests "
 "concurrently. Each thread outputs some logs for a request. This ID can be "
@@ -214,37 +190,64 @@ msgstr ""
 "concurrently. Each thread outputs some logs for a request. This ID can be "
 "used to extract a log sequence by a thread."
 
-# 5aaa83df0217447696257d09b7b514b1
-#: log.txt:162
+# b9bacd432d714bdba9eeec33e05cc209
+#: ../../../source/log.txt:162
 msgid "A character that indicates query is started."
 msgstr "A character that indicates query is started."
 
-# d715ac4b100b4c96819b071fbeca30ca
-#: log.txt:165
+# 5d003b9e2d0c49e08a568dae4f1d427a
+#: ../../../source/log.txt:165
 msgid "A character that indicates query is processing."
 msgstr "A character that indicates query is processing."
 
-# a55a6d02f16b448a9be0cd0cdbf33732
-#: log.txt:168
+# 1beec449dd464893b1aecf52db856cde
+#: ../../../source/log.txt:168
 msgid "A character that indicates query is finished."
 msgstr "A character that indicates query is finished."
 
-# ccaf9b3bbf1049c2ad5e0b32b5cd981b
-#: log.txt:178
+# c6e393ebd2c3416b98c2c7eae721103e
+# 0561df21d3c84bf28f1e712d54aa2a3c
+#: ../../../source/log.txt:171 ../../../source/log.txt:94,
+msgid "Details about the log with free format."
+msgstr "Details about the log with free format."
+
+# bd9ed3d4fad24cadb7def9eed65ca919
+#: ../../../source/log.txt:178
 msgid "A query to be processed."
 msgstr "A query to be processed."
 
-# 61a92a7a6abd45eb8633a16abd885299
-#: log.txt:185
+# d5b18fed885446d9b35f322ceffa34c4
+#: ../../../source/log.txt:185
 msgid "Elapsed time in nanoseconds since query is started."
 msgstr "Elapsed time in nanoseconds since query is started."
 
-# 5c527ae3ff2c4e3ab5ab38920461953c
-#: log.txt:193
+# 7875c326ddde4d2b8927cb4d98be1e30
+#: ../../../source/log.txt:193
 msgid "A processed work at the time."
 msgstr "A processed work at the time."
 
-# 999f7790c4414576acabba76e6f804ef
-#: log.txt:201
+# 7ad1dde77ac94f3f8b07b0ff57afd8a6
+#: ../../../source/log.txt:201
 msgid "A return code for the query."
 msgstr "A return code for the query."
+
+# 6c6deceadda643018aaa22bd695c2cb2
+# 9b7f0c33b4f649538688db24bb380558
+# d3d0857ad9e54910aebeb9c5bede4f8b
+# 76e7d67f2c81430287e4668c6aeda8eb
+# c85e113e151c43d29463314d8587ab74
+# fe8365961fd84bcc9f8a653c84915da7
+# 65399b249a234724860f19bc797cf68f
+# 33a2a31f4c06429fad957554e8ed4a5d
+# 6fa608730d034728a0e36a507ac9df1d
+# c2dbd036a5734ec3b397727976dba3cc
+# 7d78332372124c87b375c3a151326eb5
+# c2fe5fdcc446430e8e533bf6e96fbe5a
+#: ../../../source/log.txt:208 ../../../source/log.txt:100,
+#: ../../../source/log.txt:147, ../../../source/log.txt:157,
+#: ../../../source/log.txt:173, ../../../source/log.txt:180,
+#: ../../../source/log.txt:187, ../../../source/log.txt:195,
+#: ../../../source/log.txt:203, ../../../source/log.txt:54,
+#: ../../../source/log.txt:89, ../../../source/log.txt:96,
+msgid "Example::"
+msgstr "Example::"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/news.po (+1290 -899)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/news.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (4480f1c)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/news.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (c390559)
@@ -1,712 +1,953 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:54+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:135
-msgid ""
-"プラグインの置き場所を変更: lib/groonga/modules/ -> lib/groonga/plugins/ #624"
-msgstr ""
-"プラグインの置き場所を変更: lib/groonga/modules/ -> lib/groonga/plugins/ #624"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:34
-msgid ""
-"ベクタの値を :doc:`/commands/load` するときにキャストに失敗したら、そ のこと"
-"を報告するようにした。"
-msgstr ""
-"ベクタの値を :doc:`/commands/load` するときにキャストに失敗したら、そ のこと"
-"を報告するようにした。"
+# 803fb01105a24d27b4cd5a6ba5a492d6
+#: ../../../source/news.txt:6
+msgid "News"
+msgstr "News"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:112
-msgid "データ投入後のインデックスカラム作成に対応。"
-msgstr "データ投入後のインデックスカラム作成に対応。"
+# 9b1992c46f074c869dcba40a17807540
+#: ../../../source/news.txt:11
+msgid "Release 1.2.4 - 2011/07/29"
+msgstr "Release 1.2.4 - 2011/07/29"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:98
-msgid "データに不整合が発生する場合はデータを削除しないように変更。"
-msgstr "データに不整合が発生する場合はデータを削除しないように変更。"
+# cc31058f451c464fba57f37f3b155a7d
+#: ../../../source/news.txt:16
+msgid "Re-supported *BSD. (Reported by OBATA Akio)"
+msgstr "Re-supported *BSD. (Reported by OBATA Akio)"
 
-#: ../../../source/news.txt:75 ../../../source/news.txt:100
-#: ../../../source/news/0.x.txt:12 ../../../source/news/0.x.txt:39
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:27 ../../../source/news/1.0.x.txt:75
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:115 ../../../source/news/1.0.x.txt:156
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:220 ../../../source/news/1.0.x.txt:246
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:271 ../../../source/news/1.1.x.txt:12
-msgid "改良"
-msgstr "改良"
+# 3f7df34a7f27443e990d0256ba789071
+#: ../../../source/news.txt:17
+msgid "Improved sed related portability. (Suggested by OBATA Akio)"
+msgstr "Improved sed related portability. (Suggested by OBATA Akio)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:81
-msgid "grntestがmlockの情報出力に対応。"
-msgstr "grntestがmlockの情報出力に対応。"
+# 6d4e6d130b8446bd9b7bb451be51c4ac
+#: ../../../source/news.txt:18
+msgid "Re-supported Visual C++ 2008."
+msgstr "Re-supported Visual C++ 2008."
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:68
-msgid "存在しないデータベースを指定したときのエラーメッセージを改善。"
-msgstr "存在しないデータベースを指定したときのエラーメッセージを改善。"
+# 76811292020c44edba5180ae5179b6b0
+#: ../../../source/news.txt:19
+msgid "Supported :doc:`commands/check` for hash table."
+msgstr "Supported :doc:`commands/check` for hash table."
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:227
+# 129df511754d4972a276112313721a69
+#: ../../../source/news.txt:20
 msgid ""
-"HTTPで公開するディレクトリを指定する--admin-html-pathを--document-rootに変"
-"更。"
+"Ignored invalid _score in --sortby of :doc:`commands/select` for "
+"convenience. #1030"
 msgstr ""
-"HTTPで公開するディレクトリを指定する--admin-html-pathを--document-rootに変"
-"更。"
-
-#: ../../../source/news.txt:109
-msgid "Debian GNU/Linux lennyのパッケージを削除。"
-msgstr "Debian GNU/Linux lennyのパッケージを削除。"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:243
-msgid "1.0.1リリース - 2010/09/06"
-msgstr "1.0.1リリース - 2010/09/06"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:201
-msgid "モジュールの初期化関数が複数回呼ばれる問題を修正。#567"
-msgstr "モジュールの初期化関数が複数回呼ばれる問題を修正。#567"
+"Ignored invalid _score in --sortby of :doc:`commands/select` for "
+"convenience. #1030"
+
+# 0b7f6c0c0fbb4646a1d9de5d2b419b92
+#: ../../../source/news.txt:22
+msgid "Added document about :doc:`log`."
+msgstr "Added document about :doc:`log`."
+
+# c11f391aa64e4e24b3fe6122dc9a6117
+#: ../../../source/news.txt:23
+msgid "Supported ~/.editrc."
+msgstr "Supported ~/.editrc."
+
+# 38df688343da48dea7002f7eb984bdf1
+#: ../../../source/news.txt:24
+msgid "Supported ~/.groonga-history."
+msgstr "Supported ~/.groonga-history."
+
+# 5ca469f9deb44762870fecac6bdecfa2
+#: ../../../source/news.txt:29
+msgid "Fixed broken libedit support. (Reported by Daiki Ueno)"
+msgstr "Fixed broken libedit support. (Reported by Daiki Ueno)"
+
+# dcdc9cc22a3d43db8d816553245b5933
+#: ../../../source/news.txt:30
+msgid "Fixed source URL in *.spec (Reported by Daiki Ueno)"
+msgstr "Fixed source URL in *.spec (Reported by Daiki Ueno)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:200
-msgid "値が存在しないレコードがあるカラムでソートすると落ちる問題を修正。"
-msgstr "値が存在しないレコードがあるカラムでソートすると落ちる問題を修正。"
+# 6cf2eaa0d9de4f5a9bcc6ee298d96e33
+#: ../../../source/news.txt:31
+msgid "Fixed patricia trie cursor returns wrong records."
+msgstr "Fixed patricia trie cursor returns wrong records."
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:90
+# 940e6c7eefec4704b115586246599001
+#: ../../../source/news.txt:32
 msgid ""
-":doc:`/commands/table_list` のXML出力のタグ名をより適切な名前に変更。 #757"
+"Added missing database lock clear for grn_obj_clear_lock() for database."
 msgstr ""
-":doc:`/commands/table_list` のXML出力のタグ名をより適切な名前に変更。 #757"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:121
-msgid "Int8/UInt8/Int16/UInt16の等値比較にC言語の比較演算子を使用。 #660"
-msgstr "Int8/UInt8/Int16/UInt16の等値比較にC言語の比較演算子を使用。 #660"
-
-#: ../../../source/news/0.x.txt:59
-msgid "uptimeの表示形式を読みやすい形式に変更。"
-msgstr "uptimeの表示形式を読みやすい形式に変更。"
+"Added missing database lock clear for grn_obj_clear_lock() for database."
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:119
+# b148ce82da1c45368bf90243e5f90b33
+#: ../../../source/news.txt:34
 msgid ""
-":doc:`/commands/select` の--filter内での数値比較演算をサポート。 (@s3kiさん"
-"が報告)"
+"Fixed wrong record's column values deletion possible on record deletion."
 msgstr ""
-":doc:`/commands/select` の--filter内での数値比較演算をサポート。 (@s3kiさん"
-"が報告)"
+"Fixed wrong record's column values deletion possible on record deletion."
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:38
-msgid ":doc:`/commands/dump` がテーブル単位のダンプに対応。"
-msgstr ":doc:`/commands/dump` がテーブル単位のダンプに対応。"
+# 9bfd06aa518b404f99e0caa887d68276
+#: ../../../source/news.txt:41
+msgid "Daiki Ueno"
+msgstr "Daiki Ueno"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:162
-msgid "groongaコマンドに、--defalt-command-versionオプションの追加。"
-msgstr "groongaコマンドに、--defalt-command-versionオプションの追加。"
+# 568015d066b1452b9efe89ce22c78050
+#: ../../../source/news.txt:46
+msgid "Release 1.2.3 - 2011/06/29"
+msgstr "Release 1.2.3 - 2011/06/29"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:280
-msgid "関数もコマンドとして呼び出してしまう問題を修正。#431"
-msgstr "関数もコマンドとして呼び出してしまう問題を修正。#431"
+# 36fef71b7e2244bd913993685153d245
+#: ../../../source/news.txt:51
+msgid "Added invalid table name check. #912"
+msgstr "Added invalid table name check. #912"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:142
-msgid "GRN_CURSOR_PREFIXが動作しない問題を修正。"
-msgstr "GRN_CURSOR_PREFIXが動作しない問題を修正。"
+# 123ec4ea890e422b95a781e5bb084163
+#: ../../../source/news.txt:52
+msgid "Added groonga-query-log-analyzer that analyze query log."
+msgstr "Added groonga-query-log-analyzer that analyze query log."
 
-#: ../../../source/news.txt:134
-msgid "実験的"
-msgstr "実験的"
+# 249ed2f7fbc14288b4d40c1ff7d53b7a
+#: ../../../source/news.txt:53
+msgid "groonga command shows failed command on error."
+msgstr "groonga command shows failed command on error."
 
-#: ../../../source/news.txt:142
-msgid "@tomotaka_itoさん"
-msgstr "@tomotaka_itoさん"
+# 0088650cbe094d769ec6732a50bfe069
+#: ../../../source/news.txt:54
+msgid "groonga command shows file name and line no on error."
+msgstr "groonga command shows file name and line no on error."
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:83
-msgid ""
-"索引を用いた高速なGeoPointのソート機能を追加。 (ただし複数のソートキーと一緒"
-"に使うことはできない。)"
-msgstr ""
-"索引を用いた高速なGeoPointのソート機能を追加。 (ただし複数のソートキーと一緒"
-"に使うことはできない。)"
+# 636c25d317d04ad7ad1a5f2ae66f0f14
+#: ../../../source/news.txt:55
+msgid "Improved error message of :doc:`commands/column_create`. #952"
+msgstr "Improved error message of :doc:`commands/column_create`. #952"
 
-#: ../../../source/news.txt:21
+# f2b5fbe0380a468281143ae21b1e2972
+#: ../../../source/news.txt:56
 msgid "Added GRN_OBJ_TABLE_DAT_KEY, double array trie, table. (experimental)"
 msgstr "Added GRN_OBJ_TABLE_DAT_KEY, double array trie, table. (experimental)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:84
-msgid ""
-"開いているファイルディスクリプタが多すぎてacceptできない状態の負荷を低減。 "
-"#802"
-msgstr ""
-"開いているファイルディスクリプタが多すぎてacceptできない状態の負荷を低減。 "
-"#802"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:56
-msgid "Kenichi Aramakiさん"
-msgstr "Kenichi Aramakiさん"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:124
-msgid "grn_table_cursor_next()をGRN_CURSOR_COLUMN_INDEX対応にした。"
-msgstr "grn_table_cursor_next()をGRN_CURSOR_COLUMN_INDEX対応にした。"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:129
-msgid "コメント行に対応。 #723"
-msgstr "コメント行に対応。 #723"
+# b64e153de208461fbbf22dea21f5f889
+#: ../../../source/news.txt:61
+msgid "fix get command crash. (Reported by OBATA Akio)"
+msgstr "fix get command crash. (Reported by OBATA Akio)"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:92
-msgid "column_listコマンド:"
-msgstr "column_listコマンド:"
+# ba5c0b34f0fe4ed38484f04073ddba32
+#: ../../../source/news.txt:62
+msgid "fix elapsed time overflow in query log. #944"
+msgstr "fix elapsed time overflow in query log. #944"
 
-#: ../../../source/news.txt:6
-msgid "News"
-msgstr "News"
+# 792e87b8851244e48a3b8606b534ad77
+# 8e8a7a1c996d4a0f82db957f2272120e
+#: ../../../source/news.txt:65 ../../../source/news.txt:38,
+msgid "Thanks"
+msgstr "Thanks"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:14
-msgid ""
-"ShortText型カラムへデータ追加・削除を繰り返すとデータが壊れ ることがある問題"
-"を修正。 (Mitsuhiro Shibuyaさんが報告)"
-msgstr ""
-"ShortText型カラムへデータ追加・削除を繰り返すとデータが壊れ ることがある問題"
-"を修正。 (Mitsuhiro Shibuyaさんが報告)"
+# 61796e6c7a4d44fc92e8842a0ece4b8c
+# 3724e5cee4224128b29ba91d7972460d
+#: ../../../source/news.txt:67 ../../../source/news.txt:40,
+msgid "OBATA Akio"
+msgstr "OBATA Akio"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:222
-msgid ""
-":doc:`/commands/suggest` コマンドのサンプルを追加。(examples/dictionary/)"
-msgstr ""
-":doc:`/commands/suggest` コマンドのサンプルを追加。(examples/dictionary/)"
+# dfd313094c9f4da9ba3f78d0b467f0dd
+#: ../../../source/news.txt:72
+msgid "Release 1.2.2 - 2011/05/29"
+msgstr "Release 1.2.2 - 2011/05/29"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:100
-msgid "statusコマンド:"
-msgstr "statusコマンド:"
+# 70c40de34906417989b4d865f2ae6a9d
+# 368250c6d7e1420abaaa539fa0bb57de
+# bc79ab185f6545aba5a109dd8562bb8c
+#: ../../../source/news.txt:75 ../../../source/news.txt:14,
+#: ../../../source/news.txt:49,
+msgid "Improvements"
+msgstr "Improvements"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:24
-msgid "デフォルトの設定ファイルを追加。"
-msgstr "デフォルトの設定ファイルを追加。"
+# b38ef3048fab4636964d7db81662c030
+#: ../../../source/news.txt:77
+msgid "Added packages for Ubuntu 11.04 Natty Narwhal."
+msgstr "Added packages for Ubuntu 11.04 Natty Narwhal."
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:17
-msgid "manを追加。"
-msgstr "manを追加。"
+# 9d81eafb7ebe45b9b08e53b3ad4fae65
+#: ../../../source/news.txt:78
+msgid "Removed packages for Ubuntu 10.10 Maverick Meerkat."
+msgstr "Removed packages for Ubuntu 10.10 Maverick Meerkat."
 
-#: ../../../source/news.txt:69
-msgid "Fixed a data breaking bug on multi process update. #890"
-msgstr "Fixed a data breaking bug on multi process update. #890"
+# 9027a7aaf1c249e5a399d546dc0709c4
+#: ../../../source/news.txt:79
+msgid "RPM: Split server related packages to groonga-server package."
+msgstr "RPM: Split server related packages to groonga-server package."
 
-#: ../../../source/news.txt:45
+# d435bc4c17c7463dbe5716ccf0f27ee6
+#: ../../../source/news.txt:80
 msgid "suggest: Added target object name into error messages."
 msgstr "suggest: Added target object name into error messages."
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:74
-msgid "true/false/nullリテラルをサポート。"
-msgstr "true/false/nullリテラルをサポート。"
+# 750ba9213fa340038d2d6d20af9ed6e8
+#: ../../../source/news.txt:81
+msgid "document: Started English support. (not completed yet.)"
+msgstr "document: Started English support. (not completed yet.)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:192
-msgid ""
-"grn_pat_at()でエンコードされたキーが常にGRN_NILになってしまう問題を修正。#514"
-msgstr ""
-"grn_pat_at()でエンコードされたキーが常にGRN_NILになってしまう問題を修正。#514"
+# 7047323ee0e94b75b440632e55c6159c
+#: ../../../source/news.txt:82
+msgid "groonga-suggest-httpd: Added --disable-max-fd-check option."
+msgstr "groonga-suggest-httpd: Added --disable-max-fd-check option."
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:181
+# d4ceda832bae41019aa24481096927d1
+#: ../../../source/news.txt:83
 msgid ""
-"パッケージを提供するUbuntuのバージョンをHardy, Lucidから Lucid, Marverickに変"
-"更。"
+"groonga: Renamed :option:`--address <-a>` option to :option:`--bind-address`."
 msgstr ""
-"パッケージを提供するUbuntuのバージョンをHardy, Lucidから Lucid, Marverickに変"
-"更。"
+"groonga: Renamed :option:`--address <-a>` option to :option:`--bind-address`."
 
-#: ../../../source/news.txt:24 ../../../source/news.txt:67
-msgid "Fixes"
-msgstr "Fixes"
+# 71991c40a58a49c1955eabd753f6c732
+#: ../../../source/news.txt:84
+msgid "groonga-suggest-httpd: Renamed --address option to --bind-address."
+msgstr "groonga-suggest-httpd: Renamed --address option to --bind-address."
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:102
+# cffb18538beb4bb7a641947231960eca
+#: ../../../source/news.txt:85
 msgid ""
-":doc:`/commands/load` で不正なJSONを指定した場合にそれ以降コマンドを受け付け"
-"なくなる 問題を修正。 #807"
+"Changed admin HTML install directory to $PREFIX/share/groonga/html/admin/ "
+"from $PREFIX/share/groonga/admin_html/."
 msgstr ""
-":doc:`/commands/load` で不正なJSONを指定した場合にそれ以降コマンドを受け付け"
-"なくなる 問題を修正。 #807"
+"Changed admin HTML install directory to $PREFIX/share/groonga/html/admin/ "
+"from $PREFIX/share/groonga/admin_html/."
 
-#: ../../../source/news.txt:121
+# 312577b63e8140958162c315efa7183c
+#: ../../../source/news.txt:88
 msgid ""
-"MeCabトークナイザーの読み込みに失敗したときにクラッシュする問題を修正。 "
-"(@tomotaka_itoさんが報告)"
+"groonga-suggest-httpd: Used \"application/json\" for JSON response instead "
+"of \"text/javascript\"."
 msgstr ""
-"MeCabトークナイザーの読み込みに失敗したときにクラッシュする問題を修正。 "
-"(@tomotaka_itoさんが報告)"
-
-#: ../../../source/news.txt:120
-msgid "JSONPが動作しなくなっていた問題を修正。"
-msgstr "JSONPが動作しなくなっていた問題を修正。"
+"groonga-suggest-httpd: Used \"application/json\" for JSON response instead "
+"of \"text/javascript\"."
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:9
-msgid "0.7.7リリース - 2010/08/25"
-msgstr "0.7.7リリース - 2010/08/25"
+# 6a16419fce874a3f95ee70fcfc24128f
+#: ../../../source/news.txt:90
+msgid ""
+"Windows: Used DLL relative path instead of executable file relative path."
+msgstr ""
+"Windows: Used DLL relative path instead of executable file relative path."
 
-#: ../../../source/news.txt:16
-msgid "Added invalid table name check. #912"
-msgstr "Added invalid table name check. #912"
+# 1f6601c2032944309dc9b396484dd75a
+#: ../../../source/news.txt:92
+msgid "MeCab: Added error message from MeCab on MeCab initialize error."
+msgstr "MeCab: Added error message from MeCab on MeCab initialize error."
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:6
-msgid "バージョン0.xのお知らせ"
-msgstr "バージョン0.xのお知らせ"
+# 5987b5cff9d7477fa45437ccf317b506
+#: ../../../source/news.txt:93
+msgid "suggest: Added prefix_search parameter to suggest command. #909"
+msgstr "suggest: Added prefix_search parameter to suggest command. #909"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:196
+# a79f743193294709981e3af2718167e0
+#: ../../../source/news.txt:95
 msgid ""
-"インデックスがついたカラムでソートすると結果がおかしくなる問題を修正。#571"
+"plugin: Added grn_plugin_get_system_plugins_dir() and grn_plugin_get_suffix"
+"() API."
 msgstr ""
-"インデックスがついたカラムでソートすると結果がおかしくなる問題を修正。#571"
+"plugin: Added grn_plugin_get_system_plugins_dir() and grn_plugin_get_suffix"
+"() API."
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:31
-msgid "エラーメッセージをわかりやすくした。"
-msgstr "エラーメッセージをわかりやすくした。"
+# af6e29a009514d44a761c352d0bf343c
+#: ../../../source/news.txt:97
+msgid "Added grn_obj_is_builtin() API."
+msgstr "Added grn_obj_is_builtin() API."
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:127
-msgid "grn_table_at()を公開。"
-msgstr "grn_table_at()を公開。"
+# cc708d452c3f44d8b1d5bae980f87a56
+#: ../../../source/news.txt:98
+msgid ":doc:`/commands/load`: Added table name check. #934"
+msgstr ":doc:`/commands/load`: Added table name check. #934"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:259
-msgid "テストが失敗する問題の修正。(OBATA Akioさんが報告)"
-msgstr "テストが失敗する問題の修正。(OBATA Akioさんが報告)"
+# c23c619a90dd4e4290034318d3eb77ca
+#: ../../../source/news.txt:99
+msgid "Showed invalid name context in error message. #935"
+msgstr "Showed invalid name context in error message. #935"
 
-#: ../../../source/news.txt:11
-msgid "Release 1.2.3 - 2011/06/29"
-msgstr "Release 1.2.3 - 2011/06/29"
+# 39a1ab6e849f4933aa30293846fbbad7
+# ce4eda1385794dab92d3918efd5a8838
+# 1c42c0311f564db29833f6894a7c403a
+#: ../../../source/news.txt:102 ../../../source/news.txt:27,
+#: ../../../source/news.txt:59,
+msgid "Fixes"
+msgstr "Fixes"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:211 ../../../source/news/1.0.x.txt:264
-#: ../../../source/news/1.1.x.txt:31
-msgid "Daiki Uenoさん"
-msgstr "Daiki Uenoさん"
+# 1c90404e7f854492aa9016a01796d7b3
+#: ../../../source/news.txt:104
+msgid "Fixed a data breaking bug on multi process update. #890"
+msgstr "Fixed a data breaking bug on multi process update. #890"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:194
-msgid "不正なレコードがあるときにdumpすると落ちてしまう問題を修正。"
-msgstr "不正なレコードがあるときにdumpすると落ちてしまう問題を修正。"
+# 97cb08b74b4f4b1d903fbb55fe6164f3
+#: ../../../source/news.txt:107
+msgid "1.2.1リリース - 2011/04/29"
+msgstr "1.2.1リリース - 2011/04/29"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:86
-msgid "不正な入力値に対してエラーを出力するようにした。"
-msgstr "不正な入力値に対してエラーを出力するようにした。"
+# 4d2668fc1c654f6f9695990a14959238
+#: ../../../source/news.txt:112
+msgid "suggestコマンドにthresholdパラメーターを追加。#895"
+msgstr "suggestコマンドにthresholdパラメーターを追加。#895"
 
-#: ../../../source/news.txt:105
-msgid "オーバーフローチェックを強化。"
-msgstr "オーバーフローチェックを強化。"
+# 1c6cc177952649aeb653d935574839cc
+#: ../../../source/news.txt:113
+msgid "suggestのHTTPサーバにlimitパラメーターを追加。#899"
+msgstr "suggestのHTTPサーバにlimitパラメーターを追加。#899"
+
+# 8f6fc8a973194bd0a24c50a128dd135e
+#: ../../../source/news.txt:114
+msgid "grntest: SIGINTでの中断に対応。"
+msgstr "grntest: SIGINTでの中断に対応。"
+
+# 1195bd44ab454ea8ae98ed68bbb2fe4b
+#: ../../../source/news.txt:119
+msgid ""
+"同時に複数のデータベースを開いているとき、1つでもデータベー スを閉じると関連"
+"するプラグインも閉じられてしまう問題を修正。 #894"
+msgstr ""
+"同時に複数のデータベースを開いているとき、1つでもデータベー スを閉じると関連"
+"するプラグインも閉じられてしまう問題を修正。 #894"
+
+# fd9b07aa80c64c1ba79a2bd657c31ac2
+#: ../../../source/news.txt:121
+msgid ""
+"configureの--helpで出力される--with-deafult-encodingの値が 間違っていた問題を"
+"修正。(ICHII Takashiさんが報告)"
+msgstr ""
+"configureの--helpで出力される--with-deafult-encodingの値が 間違っていた問題を"
+"修正。(ICHII Takashiさんが報告)"
+
+# 256c79bd9e924570976b4da4a252e040
+#: ../../../source/news.txt:123
+msgid "チュートリアル中のtypoを修正。(moozさんが修正)"
+msgstr "チュートリアル中のtypoを修正。(moozさんが修正)"
+
+# 530df3276b9e45cd9538248553414388
+#: ../../../source/news.txt:128
+msgid "ICHII Takashiさん"
+msgstr "ICHII Takashiさん"
 
-#: ../../../source/news.txt:94
+# f5c732f6351e4c53a0df5b8e017c2a6f
+#: ../../../source/news.txt:129
 msgid "moozさん"
 msgstr "moozさん"
 
-#: ../../../source/news.txt:129
-msgid ":doc:`/commands/table_list` のドキュメントを修正。"
-msgstr ":doc:`/commands/table_list` のドキュメントを修正。"
+# 7104d95e7c034d508b37864fc6b59f00
+#: ../../../source/news.txt:132
+msgid "1.2.0リリース - 2011/03/29"
+msgstr "1.2.0リリース - 2011/03/29"
 
-#: ../../../source/news.txt:37
-msgid "Release 1.2.2 - 2011/05/29"
-msgstr "Release 1.2.2 - 2011/05/29"
+# c274d8e8c0494f3ba85caa5112607d53
+#: ../../../source/news.txt:137
+msgid "MacPortsでのインストールドキュメントを追加。"
+msgstr "MacPortsでのインストールドキュメントを追加。"
 
-#: ../../../source/news.txt:30
-msgid "Thanks"
-msgstr "Thanks"
+# 9b7077db4a3e40ab88f95bfe04fbb565
+#: ../../../source/news.txt:138
+msgid "Homebrewでのインストールドキュメントを追加。"
+msgstr "Homebrewでのインストールドキュメントを追加。"
 
-#: ../../../source/news.txt:126 ../../../source/news/1.0.x.txt:188
-msgid "メモリリークを修正。"
-msgstr "メモリリークを修正。"
+# cd18455646724fff935d9bf27e6e7e00
+#: ../../../source/news.txt:139
+msgid "WindowsではMinGWでもpthreadを使わないようにした。"
+msgstr "WindowsではMinGWでもpthreadを使わないようにした。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:64
-msgid "ディスク使用量計測用"
-msgstr "ディスク使用量計測用"
+# e62bd165bd414903b3f73e39a6adf408
+#: ../../../source/news.txt:140
+msgid "オーバーフローチェックを強化。"
+msgstr "オーバーフローチェックを強化。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:126
-msgid "zlib/LZOサポート付きでビルドされているかをチェックするAPIを追加。 #686"
-msgstr "zlib/LZOサポート付きでビルドされているかをチェックするAPIを追加。 #686"
+# 9f5d2c41ed394b0395c52aa5de31ab52
+#: ../../../source/news.txt:141
+msgid "位置情報の入力値チェックを強化。"
+msgstr "位置情報の入力値チェックを強化。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:166
-msgid "辞書検索のサンプルアプリケーションを追加。"
-msgstr "辞書検索のサンプルアプリケーションを追加。"
+# 23b484dadd524a83b7234ce95e7570c8
+#: ../../../source/news.txt:142
+msgid "インデックスを用いたジオサーチの例をチュートリアルに追加。 #438"
+msgstr "インデックスを用いたジオサーチの例をチュートリアルに追加。 #438"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:161
-msgid "GeoPointのキャストに対応。#515"
-msgstr "GeoPointのキャストに対応。#515"
+# 846c88854d004a30bd0e3c02e49ca3a7
+#: ../../../source/news.txt:143
+msgid "Debian GNU/Linux wheezyのパッケージを追加。"
+msgstr "Debian GNU/Linux wheezyのパッケージを追加。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:14
+# d1e961a7808d44d88e95318c90e804db
+#: ../../../source/news.txt:144
+msgid "Debian GNU/Linux lennyのパッケージを削除。"
+msgstr "Debian GNU/Linux lennyのパッケージを削除。"
+
+# 4c7a6437061249319244d4adb3bdf57b
+#: ../../../source/news.txt:145
 msgid ""
-"編集距離(レーベンシュタイン距離)を計算する :doc:`/functions/edit_distance` "
-"()関数の追加。"
+"Debianパッケージをcdbsベースからdebhelperベースへ移行。 パッケージ名の変更あ"
+"り。 #887"
 msgstr ""
-"編集距離(レーベンシュタイン距離)を計算する :doc:`/functions/edit_distance` "
-"()関数の追加。"
+"Debianパッケージをcdbsベースからdebhelperベースへ移行。 パッケージ名の変更あ"
+"り。 #887"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:75
+# d4a819feb42748c68fc7cdad209e5cb6
+#: ../../../source/news.txt:147
 msgid ""
-"GeoPointの度での指定をサポート。 (例: "
-"\"35.6954581363924,139.564207350021\")"
+"MeCabトークナイザーの読み込みエラーを無視するようにした。た だし、ログには残"
+"る。 #893"
 msgstr ""
-"GeoPointの度での指定をサポート。 (例: "
-"\"35.6954581363924,139.564207350021\")"
+"MeCabトークナイザーの読み込みエラーを無視するようにした。た だし、ログには残"
+"る。 #893"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:120
-msgid "メモリリークの修正。"
-msgstr "メモリリークの修正。"
+# 6297b4e8843e4c1ca8d8ebc70021f67b
+#: ../../../source/news.txt:153
+msgid ""
+"autoconf 2.59環境において、ファイルシステムのルート直下に groongaディレクトリ"
+"を作成しようとする問題を修正。 #833"
+msgstr ""
+"autoconf 2.59環境において、ファイルシステムのルート直下に groongaディレクトリ"
+"を作成しようとする問題を修正。 #833"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:202
-msgid "shutdownで終了しない問題を修正。#114"
-msgstr "shutdownで終了しない問題を修正。#114"
+# ce73b2a794e24cff9ea221a5f236f076
+#: ../../../source/news.txt:155
+msgid "JSONPが動作しなくなっていた問題を修正。"
+msgstr "JSONPが動作しなくなっていた問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:94
-msgid "_keyカラムの出力に対応。"
-msgstr "_keyカラムの出力に対応。"
+# 6e9e0d7f29cd475b8b1d8ccb2039dfeb
+#: ../../../source/news.txt:156
+msgid ""
+"MeCabトークナイザーの読み込みに失敗したときにクラッシュする問題を修正。 "
+"(@tomotaka_itoさんが報告)"
+msgstr ""
+"MeCabトークナイザーの読み込みに失敗したときにクラッシュする問題を修正。 "
+"(@tomotaka_itoさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:9
-msgid "1.0.8リリース - 2011/02/02"
-msgstr "1.0.8リリース - 2011/02/02"
+# d99d59bab2d2475b9ecfe751f193090a
+#: ../../../source/news.txt:158
+msgid "[非互換] 位置情報の小数表記からミリ秒への変換誤差が大きい問題を修正。"
+msgstr "[非互換] 位置情報の小数表記からミリ秒への変換誤差が大きい問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:30
-msgid "configureの最後に検出したMeCabの情報も表示するようにした。"
-msgstr "configureの最後に検出したMeCabの情報も表示するようにした。"
+# 0086023406864e339c10d6fcd7c506fa
+#: ../../../source/news.txt:159
+msgid ""
+":doc:`/functions/geo_in_rectangle` の ``top_left`` と ``bottom_right`` に同じ"
+"位置を指定するとクラッシュする問題を修正。"
+msgstr ""
+":doc:`/functions/geo_in_rectangle` の ``top_left`` と ``bottom_right`` に同じ"
+"位置を指定するとクラッシュする問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news.txt:43
-msgid "Removed packages for Ubuntu 10.10 Maverick Meerkat."
-msgstr "Removed packages for Ubuntu 10.10 Maverick Meerkat."
+# 780b6c2a4e30415facc3ccbe5f14cb16
+#: ../../../source/news.txt:162
+msgid "小数形式のTimeリテラルをロードするとミリ秒情報が落ちる問題を修正。 #880"
+msgstr ""
+"小数形式のTimeリテラルをロードするとミリ秒情報が落ちる問題を修正。 #880"
 
-#: ../../../source/news.txt:62
-msgid "Added grn_obj_is_builtin() API."
-msgstr "Added grn_obj_is_builtin() API."
+# e228dca20e09426eb5ef57dc642242f9
+#: ../../../source/news.txt:163
+msgid ":doc:`/commands/column_list` のドキュメントを修正。 #758"
+msgstr ":doc:`/commands/column_list` のドキュメントを修正。 #758"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:47
-msgid "groonga-suggest-learnerのメモリリークを修正。"
-msgstr "groonga-suggest-learnerのメモリリークを修正。"
+# ce3964397a9f44a381719e2632989c12
+#: ../../../source/news.txt:164
+msgid ":doc:`/commands/table_list` のドキュメントを修正。"
+msgstr ":doc:`/commands/table_list` のドキュメントを修正。"
 
-#: ../../../source/news.txt:53
+# 3f31e7ccf70a4aab95874b1fc54f9cad
+#: ../../../source/news.txt:165
 msgid ""
-"groonga-suggest-httpd: Used \"application/json\" for JSON response instead "
-"of \"text/javascript\"."
+":doc:`/commands/load` で_valueを指定するとメモリリークする問題を修正。 #878"
 msgstr ""
-"groonga-suggest-httpd: Used \"application/json\" for JSON response instead "
-"of \"text/javascript\"."
+":doc:`/commands/load` で_valueを指定するとメモリリークする問題を修正。 #878"
 
-#: ../../../source/news.txt:108
-msgid "Debian GNU/Linux wheezyのパッケージを追加。"
-msgstr "Debian GNU/Linux wheezyのパッケージを追加。"
+# 1522b11abd95469c8f1684cfbdd5b941
+#: ../../../source/news.txt:166
+msgid ":doc:`/commands/load` でクラッシュする問題を修正。 #661"
+msgstr ":doc:`/commands/load` でクラッシュする問題を修正。 #661"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:117
-msgid "すべてのモジュールで同じ名前の関数をエクスポートするようにした。#624"
-msgstr "すべてのモジュールで同じ名前の関数をエクスポートするようにした。#624"
+# 99e658e4e6a54f8eb10e9977f5debe34
+#: ../../../source/news.txt:169
+msgid "実験的"
+msgstr "実験的"
 
-#: ../../../source/news.txt:18
-msgid "groonga command shows failed command on error."
-msgstr "groonga command shows failed command on error."
+# 930e1bde9ff14855a69cfccc20c0a84d
+#: ../../../source/news.txt:171
+msgid "grn_table_truncate()を追加。(実験的。問題あり)"
+msgstr "grn_table_truncate()を追加。(実験的。問題あり)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:55
-msgid "ongaeshiさん"
-msgstr "ongaeshiさん"
+# 7a8aff16eeaa46a789ece29f6b6d359b
+#: ../../../source/news.txt:172
+msgid "truncateコマンドを追加。(実験的。問題あり) #888"
+msgstr "truncateコマンドを追加。(実験的。問題あり) #888"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:83
-msgid ""
-"MeCabトークナイザーが見つからない時のエラーメッセージをより親切にした。 #790"
-msgstr ""
-"MeCabトークナイザーが見つからない時のエラーメッセージをより親切にした。 #790"
+# 531489295cba4a118f6d9332fe522af0
+#: ../../../source/news.txt:177
+msgid "@tomotaka_itoさん"
+msgstr "@tomotaka_itoさん"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:108
-msgid "最大キャッシュ数を指定するcache_limitコマンドの追加。"
-msgstr "最大キャッシュ数を指定するcache_limitコマンドの追加。"
+# 61b87401498144b0a7bfdf75d80f0b85
+#: ../../../source/news.txt:180
+msgid "過去のリリース"
+msgstr "過去のリリース"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:252
-msgid "BOM付きUTF-8に対応。"
-msgstr "BOM付きUTF-8に対応。"
+# 706fbb50bd6743829b455a9a0c38c3da
+# 564d9e3f41f4468492c35511af6edc25
+# 608a5850f92c469a9ee7ffeaf3f54f25
+# 50ce2b0f2d5f4050b984a201c2fe81f8
+# 4ddc3752b9fa4371867abdf07d8fc3ac
+# 974368a72f0c497f9389416758e02eba
+# d4ca8e178c78431a9b66904a0f5dd994
+# affa2e86e12c4cc7a7bf2b81b36cc28a
+# cb4ce3f04e044badbbd3bcb959e93312
+# b416327445604a8dbd30fd98f4915c2f
+# 812e22bda8164ddb942e3bb3b5de14d3
+# 0e4c1d9d0a8b4ab5b53e173485fd4ed6
+#: ../../../source/news.txt:110, ../../../source/news.txt:135,
+#: ../../../source/news/0.x.txt:12, ../../../source/news/0.x.txt:39,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:115, ../../../source/news/1.0.x.txt:156,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:220, ../../../source/news/1.0.x.txt:246,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:27, ../../../source/news/1.0.x.txt:271,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:75, ../../../source/news/1.1.x.txt:12
+msgid "改良"
+msgstr "改良"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:85
-msgid "ベクタのGeoPointの出力に対応。"
-msgstr "ベクタのGeoPointの出力に対応。"
+# 4a56b3ed967a40b88ed86ff7c858431a
+# 3aac648c140845c78828800d40bc0eab
+# ec2331c43e8749e9918adaa7ff9e1999
+# 0a979b263c0f4ed9a016b7991e843285
+# 04cf37cd46724e7aadf9dd6e2ef5713d
+# 4e4eebb3b7a84fef90e2b5ae3abea1b1
+# 7df972f5f03c43d0babc1eae08f85aa7
+# dd71609689034c3bbf0d2c8344ca21f4
+# 07240328eac1455c824a2a7dc2a663f1
+# 40a3515b5f4d4643a62da683c275410c
+# f54df69b6aba46ac87e70dbb1f639af7
+# df1c917c53b3437b9b9a4d3ae359233b
+# 496c8f3354904f98a669e99981445276
+# 72567b8d77264ef990efe8e10e9e21fe
+#: ../../../source/news.txt:117, ../../../source/news.txt:151,
+#: ../../../source/news/0.x.txt:115, ../../../source/news/0.x.txt:27,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:12, ../../../source/news/1.0.x.txt:139,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:185, ../../../source/news/1.0.x.txt:231,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:255, ../../../source/news/1.0.x.txt:278,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:41, ../../../source/news/1.0.x.txt:62,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:93, ../../../source/news/1.1.x.txt:22
+msgid "修正"
+msgstr "修正"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:46
-msgid "grntestで結果の比較が常に失敗していた問題を修正。"
-msgstr "grntestで結果の比較が常に失敗していた問題を修正。"
+# 6c3116f2661e40ca8fe8eb5d872ade9c
+# e4baa878774f4dc0ac0c4d928ea724aa
+# 361e488517ef42deb0134a5c4f53dc56
+# f93dea3d6b2248ffaad036a796ab67c3
+# f929f75013d944c8b2dcde0435d3db31
+# a2212caa080a4a19bdad630b0a433a34
+# 9c9693a8723d4258939b98467b02e67f
+# 9366740052fc4d5ca47348fe12cbde90
+# 259c97b6146d423987e0b0336c88878e
+# 29438f7c64674a4aa7dc4e2ec868114b
+# 482c8cbc7ff44747a93174d02b633a29
+# c96a384e01a14795a76e1295f41e3ab1
+# 15675f3efdc54b23af6a7c46301e0f0b
+#: ../../../source/news.txt:126, ../../../source/news.txt:175,
+#: ../../../source/news/0.x.txt:124, ../../../source/news/1.0.x.txt:106,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:146, ../../../source/news/1.0.x.txt:19,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:209, ../../../source/news/1.0.x.txt:237,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:262, ../../../source/news/1.0.x.txt:287,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:53, ../../../source/news/1.0.x.txt:67,
+#: ../../../source/news/1.1.x.txt:29
+msgid "感謝"
+msgstr "感謝"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:82
-msgid "NetBSDでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんがパッチ作成)"
-msgstr "NetBSDでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんがパッチ作成)"
+# d41c934db676465fbf8b7b8ac804d715
+# 6cca654c974d44f9a2b2f1e63265d3c3
+#: ../../../source/news.txt:161, ../../../source/news/1.0.x.txt:188
+msgid "メモリリークを修正。"
+msgstr "メモリリークを修正。"
 
-#: ../../../source/news.txt:17
-msgid "Added groonga-query-log-analyzer that analyze query log."
-msgstr "Added groonga-query-log-analyzer that analyze query log."
+# 008a5367aa1e46a497a86342e86f8040
+#: ../../../source/news/0.x.txt:6
+msgid "バージョン0.xのお知らせ"
+msgstr "バージョン0.xのお知らせ"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:73
-msgid "必要な項目がない場合はログに出力。"
-msgstr "必要な項目がない場合はログに出力。"
+# 1c08fe3cd158444fb794048102e14f77
+#: ../../../source/news/0.x.txt:9
+msgid "0.7.7リリース - 2010/08/25"
+msgstr "0.7.7リリース - 2010/08/25"
 
-#: ../../../source/news/1.1.x.txt:9
-msgid "1.1.0リリース - 2011/02/09"
-msgstr "1.1.0リリース - 2011/02/09"
-
-#: ../../../source/news.txt:60
+# f3a481582a8142e89ae0e14e667775c5
+#: ../../../source/news/0.x.txt:14
 msgid ""
-"plugin: Added grn_plugin_get_system_plugins_dir() and grn_plugin_get_suffix"
-"() API."
+"編集距離(レーベンシュタイン距離)を計算する :doc:`/functions/edit_distance` "
+"()関数の追加。"
 msgstr ""
-"plugin: Added grn_plugin_get_system_plugins_dir() and grn_plugin_get_suffix"
-"() API."
+"編集距離(レーベンシュタイン距離)を計算する :doc:`/functions/edit_distance` "
+"()関数の追加。"
 
-#: ../../../source/news/1.1.x.txt:17
+# a782f0042f39481da0668d97496fadf8
+#: ../../../source/news/0.x.txt:17
+msgid "manを追加。"
+msgstr "manを追加。"
+
+# ce467a4033404033a9e1014a757837dc
+#: ../../../source/news/0.x.txt:19
 msgid ""
-":doc:`/commands/select` の--query内で前方一致検索構文\"キーワード*\"対応。 "
-"#837"
+":doc:`/commands/delete` コマンドでデータの整合性が壊れる場合はエラー を返すよ"
+"うにした。"
 msgstr ""
-":doc:`/commands/select` の--query内で前方一致検索構文\"キーワード*\"対応。 "
-"#837"
+":doc:`/commands/delete` コマンドでデータの整合性が壊れる場合はエラー を返すよ"
+"うにした。"
 
-#: ../../../source/news.txt:104
-msgid "WindowsではMinGWでもpthreadを使わないようにした。"
-msgstr "WindowsではMinGWでもpthreadを使わないようにした。"
+# 6f48eb62f6a64281825d2687d49c592b
+#: ../../../source/news/0.x.txt:22
+msgid "MeCabの辞書のエンコーディング検出処理を改善。"
+msgstr "MeCabの辞書のエンコーディング検出処理を改善。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:53
+# b4c34e5beff54991a5beabcdcdee1594
+#: ../../../source/news/0.x.txt:24
+msgid "デフォルトの設定ファイルを追加。"
+msgstr "デフォルトの設定ファイルを追加。"
+
+# c83ad6f6be264a5c9f9b52466798379c
+#: ../../../source/news/0.x.txt:29
 msgid ""
-"groongaとMeCabの辞書のエンコーディングが同じかどうかを確 認するようにした。"
+":doc:`/functions/geo_in_rectangle` ()関数が引数を「左上」と「右下」で はな"
+"く、「左下」と「右上」と扱っていた問題を修正。"
 msgstr ""
-"groongaとMeCabの辞書のエンコーディングが同じかどうかを確 認するようにした。"
+":doc:`/functions/geo_in_rectangle` ()関数が引数を「左上」と「右下」で はな"
+"く、「左下」と「右上」と扱っていた問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:106
-msgid "強制的にロックを解除するclearlockコマンドの追加。"
-msgstr "強制的にロックを解除するclearlockコマンドの追加。"
+# b8dff988e40e4b128737f857ddf792b5
+#: ../../../source/news/0.x.txt:32
+msgid "前方一致検索がマッチしない問題を修正。"
+msgstr "前方一致検索がマッチしない問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:29
-msgid "automake 1.9.6でも動作するようにした。 #508"
-msgstr "automake 1.9.6でも動作するようにした。 #508"
+# eaa28aa99ae349b9b47dbf129747d60e
+#: ../../../source/news/0.x.txt:36
+msgid "0.7.6リリース - 2010/08/19"
+msgstr "0.7.6リリース - 2010/08/19"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:6
-msgid "バージョン1.0.xのお知らせ"
-msgstr "バージョン1.0.xのお知らせ"
+# 8ee2d23a33224859adb23450ac02dec9
+#: ../../../source/news/0.x.txt:41
+msgid "デーモンになるときは標準出力を閉じるようにした。"
+msgstr "デーモンになるときは標準出力を閉じるようにした。"
 
-#: ../../../source/news.txt:78
-msgid "suggestのHTTPサーバにlimitパラメーターを追加。#899"
-msgstr "suggestのHTTPサーバにlimitパラメーターを追加。#899"
+# f42d5abb6cde4e71bf8ca79bd0c601ff
+#: ../../../source/news/0.x.txt:43
+msgid "PIDファイルを指定する``--pid-path``オプションを追加。"
+msgstr "PIDファイルを指定する``--pid-path``オプションを追加。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:22
-msgid "MeCabの辞書のエンコーディング検出処理を改善。"
-msgstr "MeCabの辞書のエンコーディング検出処理を改善。"
+# 75582e3b99a84fabbbc8d85ad057227e
+#: ../../../source/news/0.x.txt:45
+msgid "設定ファイルを指定する``--config-path``オプションを追加。"
+msgstr "設定ファイルを指定する``--config-path``オプションを追加。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:150
-msgid "Tomoatsu Shimadaさん"
-msgstr "Tomoatsu Shimadaさん"
+# 1c5e83bce5e14e2c92cc511f54dfcffc
+#: ../../../source/news/0.x.txt:47
+msgid "最大キャッシュ数を指定する``--cache-limit``オプションを追加。"
+msgstr "最大キャッシュ数を指定する``--cache-limit``オプションを追加。"
 
-#: ../../../source/news.txt:32
-msgid "OBATA Akio"
-msgstr "OBATA Akio"
+# ff6bcf339f504cecb263d05b7bf9bde9
+#: ../../../source/news/0.x.txt:49
+msgid "設定値を表示する``--show-config``オプションを追加。"
+msgstr "設定値を表示する``--show-config``オプションを追加。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:191
-msgid "警告を除去。(MATSUU Takutoさんが報告)"
-msgstr "警告を除去。(MATSUU Takutoさんが報告)"
+# cb690038af734fb4b3edf04957965f33
+#: ../../../source/news/0.x.txt:51
+msgid "指定したファイルからコマンドを読み込む``--file``オプションを追加。"
+msgstr "指定したファイルからコマンドを読み込む``--file``オプションを追加。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:125
-msgid "右辺が式の演算代入演算子をサポート。 #669"
-msgstr "右辺が式の演算代入演算子をサポート。 #669"
+# 59164d12371f467496c39e3e09188413
+#: ../../../source/news/0.x.txt:53
+msgid ""
+"groongaとMeCabの辞書のエンコーディングが同じかどうかを確 認するようにした。"
+msgstr ""
+"groongaとMeCabの辞書のエンコーディングが同じかどうかを確 認するようにした。"
 
-#: ../../../source/news.txt:57
-msgid "MeCab: Added error message from MeCab on MeCab initialize error."
-msgstr "MeCab: Added error message from MeCab on MeCab initialize error."
+# ad244431a4c24db69e2db891c48ef9cb
+#: ../../../source/news/0.x.txt:56
+msgid "Web管理画面:"
+msgstr "Web管理画面:"
+
+# 19812675bf434dfe98e7a4d4de76513b
+#: ../../../source/news/0.x.txt:58
+msgid "データロード機能を追加。"
+msgstr "データロード機能を追加。"
+
+# 003e3824b27e46f499adf935c0a39763
+#: ../../../source/news/0.x.txt:59
+msgid "uptimeの表示形式を読みやすい形式に変更。"
+msgstr "uptimeの表示形式を読みやすい形式に変更。"
 
+# 3159ac5aa6444df98bdd9de30d1f7c50
 #: ../../../source/news/0.x.txt:61
 msgid "Muninプラグインの追加。"
 msgstr "Muninプラグインの追加。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:88
-msgid "dumpコマンド:"
-msgstr "dumpコマンド:"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:128
-msgid "grn_db_touch()を公開。 #703"
-msgstr "grn_db_touch()を公開。 #703"
-
-#: ../../../source/news.txt:48
-msgid ""
-"groonga: Renamed :option:`--address <-a>` option to :option:`--bind-address`."
-msgstr ""
-"groonga: Renamed :option:`--address <-a>` option to :option:`--bind-address`."
-
-#: ../../../source/news.txt:20
-msgid "Improved error message of :doc:`commands/column_create`. #952"
-msgstr "Improved error message of :doc:`commands/column_create`. #952"
+# 47658557889846008c824a857cf074f5
+#: ../../../source/news/0.x.txt:63
+msgid "クエリパフォーマンス計測用"
+msgstr "クエリパフォーマンス計測用"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:160
-msgid "Fedoraのオフィシャルリポジトリに登録。(Daiki Uenoさん)"
-msgstr "Fedoraのオフィシャルリポジトリに登録。(Daiki Uenoさん)"
+# 5fe1231954814f01a41833b0c3ceb660
+#: ../../../source/news/0.x.txt:64
+msgid "ディスク使用量計測用"
+msgstr "ディスク使用量計測用"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:122
-msgid ""
-"HTTP経由で存在しないパスにアクセスした時に存在しないパスを報告するように し"
-"た。"
-msgstr ""
-"HTTP経由で存在しないパスにアクセスした時に存在しないパスを報告するように し"
-"た。"
+# a7b3b33cfe9f4047a83d90192745f2bf
+#: ../../../source/news/0.x.txt:66
+msgid "libedit対応。"
+msgstr "libedit対応。"
 
-#: ../../../source/news.txt:19
-msgid "groonga command shows file name and line no on error."
-msgstr "groonga command shows file name and line no on error."
+# 5ab46523dd6049588ce4ca946dd05937
+#: ../../../source/news/0.x.txt:68
+msgid "存在しないデータベースを指定したときのエラーメッセージを改善。"
+msgstr "存在しないデータベースを指定したときのエラーメッセージを改善。"
 
+# 07c557cf08554299a4fe3cdc2957d973
 #: ../../../source/news/0.x.txt:70
 msgid "loadコマンド:"
 msgstr "loadコマンド:"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:79
-msgid ":doc:`/commands/column_list` のXML出力対応。 #748"
-msgstr ":doc:`/commands/column_list` のXML出力対応。 #748"
+# a68454ed79d3460c86dc61ba02f862f6
+#: ../../../source/news/0.x.txt:72
+msgid "不正な文字を見つけた場合はログに出力。"
+msgstr "不正な文字を見つけた場合はログに出力。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:19
-msgid ""
-":doc:`/commands/delete` コマンドでデータの整合性が壊れる場合はエラー を返すよ"
-"うにした。"
-msgstr ""
-":doc:`/commands/delete` コマンドでデータの整合性が壊れる場合はエラー を返すよ"
-"うにした。"
+# 102834d82d614da6a7b4079297729a8a
+#: ../../../source/news/0.x.txt:73
+msgid "必要な項目がない場合はログに出力。"
+msgstr "必要な項目がない場合はログに出力。"
 
-#: ../../../source/news.txt:84
+# 2e941fb791464468a2d9c13ebfd94d16
+#: ../../../source/news/0.x.txt:74
+msgid "true/false/nullリテラルをサポート。"
+msgstr "true/false/nullリテラルをサポート。"
+
+# ef07d3ccf8434d35880407640b0f27c6
+#: ../../../source/news/0.x.txt:75
 msgid ""
-"同時に複数のデータベースを開いているとき、1つでもデータベー スを閉じると関連"
-"するプラグインも閉じられてしまう問題を修正。 #894"
+"GeoPointの度での指定をサポート。 (例: "
+"\"35.6954581363924,139.564207350021\")"
 msgstr ""
-"同時に複数のデータベースを開いているとき、1つでもデータベー スを閉じると関連"
-"するプラグインも閉じられてしまう問題を修正。 #894"
+"GeoPointの度での指定をサポート。 (例: "
+"\"35.6954581363924,139.564207350021\")"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:21
-msgid "Mitsuhiro Shibuyaさん"
-msgstr "Mitsuhiro Shibuyaさん"
+# 4f539a4f4d2b44d7b9e5e2224f702e66
+#: ../../../source/news/0.x.txt:77
+msgid "NO_KEYテーブルを参照しているカラム値をサポート。"
+msgstr "NO_KEYテーブルを参照しているカラム値をサポート。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:268
-msgid "1.0.0リリース - 2010/08/29"
-msgstr "1.0.0リリース - 2010/08/29"
+# 70e067084de445c8ae6ceb120acef745
+#: ../../../source/news/0.x.txt:78
+msgid "数値のベクタをサポート。"
+msgstr "数値のベクタをサポート。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:48
+# be46175e80a04ebb8eb208be42d8a8ff
+#: ../../../source/news/0.x.txt:80
+msgid "selectコマンド"
+msgstr "selectコマンド"
+
+# 34a4b69be92c42e6a3437eed0575e4c0
+#: ../../../source/news/0.x.txt:82
+msgid "索引を用いた高速なGeoPointの検索機能を追加。"
+msgstr "索引を用いた高速なGeoPointの検索機能を追加。"
+
+# 0453909db61a4cda91d4ed33f49563c6
+#: ../../../source/news/0.x.txt:83
 msgid ""
-":doc:`/commands/load` 時のメモリリークを修正。 (Kenichi Aramakiさんが報告)"
+"索引を用いた高速なGeoPointのソート機能を追加。 (ただし複数のソートキーと一緒"
+"に使うことはできない。)"
 msgstr ""
-":doc:`/commands/load` 時のメモリリークを修正。 (Kenichi Aramakiさんが報告)"
+"索引を用いた高速なGeoPointのソート機能を追加。 (ただし複数のソートキーと一緒"
+"に使うことはできない。)"
+
+# 78f57dc3fb9041ab911d4a25f2e9a6e0
+#: ../../../source/news/0.x.txt:85
+msgid "ベクタのGeoPointの出力に対応。"
+msgstr "ベクタのGeoPointの出力に対応。"
+
+# 5afb97a4d5464a3ab8ebeeb5bd9496fc
+#: ../../../source/news/0.x.txt:86
+msgid "不正な入力値に対してエラーを出力するようにした。"
+msgstr "不正な入力値に対してエラーを出力するようにした。"
+
+# 3da1e177037d4fe5bb96db1e56d48c0e
+#: ../../../source/news/0.x.txt:88
+msgid "dumpコマンド:"
+msgstr "dumpコマンド:"
 
+# a41c544eb8fe4eff91f9a887f9026903
 #: ../../../source/news/0.x.txt:90
 msgid "フラグを数値ではなくキーワードで出力するように変更。"
 msgstr "フラグを数値ではなくキーワードで出力するように変更。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:108
-msgid "Tomita Masahiroさん"
-msgstr "Tomita Masahiroさん"
+# 0523eeecd92c460e9c9e6ce47431354d
+#: ../../../source/news/0.x.txt:92
+msgid "column_listコマンド:"
+msgstr "column_listコマンド:"
 
-#: ../../../source/news.txt:79
-msgid "grntest: SIGINTでの中断に対応。"
-msgstr "grntest: SIGINTでの中断に対応。"
+# aacaa2dee4c34955a8d24beb6409dfe0
+#: ../../../source/news/0.x.txt:94
+msgid "_keyカラムの出力に対応。"
+msgstr "_keyカラムの出力に対応。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:153
-msgid "1.0.3リリース - 2010/10/29"
-msgstr "1.0.3リリース - 2010/10/29"
+# 5020a6a89d534dc08c25df591f30a8e2
+#: ../../../source/news/0.x.txt:96
+msgid "deleteコマンド:"
+msgstr "deleteコマンド:"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:165
-msgid ":doc:`/troubleshooting` を追加。"
-msgstr ":doc:`/troubleshooting` を追加。"
+# 182d54b53ce24cc997695c8a08332b85
+#: ../../../source/news/0.x.txt:98
+msgid "データに不整合が発生する場合はデータを削除しないように変更。"
+msgstr "データに不整合が発生する場合はデータを削除しないように変更。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:56
-msgid "Web管理画面:"
-msgstr "Web管理画面:"
+# 48c202ef085841abaddae9837bf6c782
+#: ../../../source/news/0.x.txt:100
+msgid "statusコマンド:"
+msgstr "statusコマンド:"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:179
-msgid "記号でトークンを区切るTokenBigramSplitSymbolを使用。 #225"
-msgstr "記号でトークンを区切るTokenBigramSplitSymbolを使用。 #225"
+# 7207c5947bb74f42b78dcfef2dd48fdb
+#: ../../../source/news/0.x.txt:102
+msgid "キャッシュ情報を追加。"
+msgstr "キャッシュ情報を追加。"
 
-#: ../../../source/news.txt:42
-msgid "Added packages for Ubuntu 11.04 Natty Narwhal."
-msgstr "Added packages for Ubuntu 11.04 Natty Narwhal."
+# 52d8725726404b73b41ed6060c3db2f4
+#: ../../../source/news/0.x.txt:104
+msgid "データの整合性を確認するcheckコマンドの追加。"
+msgstr "データの整合性を確認するcheckコマンドの追加。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:198
-msgid ""
-"レコードを追加・削除したパトリシアトライからID順に取り出すカーソルが おかしな"
-"結果を返す問題を修正。#538"
-msgstr ""
-"レコードを追加・削除したパトリシアトライからID順に取り出すカーソルが おかしな"
-"結果を返す問題を修正。#538"
+# 690a9c6af88f4a4cb31cfaef419c95e8
+#: ../../../source/news/0.x.txt:106
+msgid "強制的にロックを解除するclearlockコマンドの追加。"
+msgstr "強制的にロックを解除するclearlockコマンドの追加。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:45
-msgid "設定ファイルを指定する``--config-path``オプションを追加。"
-msgstr "設定ファイルを指定する``--config-path``オプションを追加。"
+# e4f8b7e30cac456f8f4f48a878b4fc6d
+#: ../../../source/news/0.x.txt:108
+msgid "最大キャッシュ数を指定するcache_limitコマンドの追加。"
+msgstr "最大キャッシュ数を指定するcache_limitコマンドの追加。"
 
-#: ../../../source/news.txt:72
-msgid "1.2.1リリース - 2011/04/29"
-msgstr "1.2.1リリース - 2011/04/29"
+# 47c94cf99897487bbf553cfbe00cfce1
+#: ../../../source/news/0.x.txt:110
+msgid "フラグメンテーションを解消するdefragコマンドの追加。"
+msgstr "フラグメンテーションを解消するdefragコマンドの追加。"
 
-#: ../../../source/news.txt:103
-msgid "Homebrewでのインストールドキュメントを追加。"
-msgstr "Homebrewでのインストールドキュメントを追加。"
+# 8ca8615043ac41858d04fac1b2cef80e
+#: ../../../source/news/0.x.txt:112
+msgid "データ投入後のインデックスカラム作成に対応。"
+msgstr "データ投入後のインデックスカラム作成に対応。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:104
-msgid "データの整合性を確認するcheckコマンドの追加。"
-msgstr "データの整合性を確認するcheckコマンドの追加。"
+# 35b29461ab694f93b35ddbc2b8c4e044
+#: ../../../source/news/0.x.txt:117
+msgid "不正なsortキーを指定された場合はSEGVする問題の修正。"
+msgstr "不正なsortキーを指定された場合はSEGVする問題の修正。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:189
-msgid ""
-"--disable-libeditオプションがヘルプメッセージと違う問題の修正。 (MATSUU "
-"Takutoさんが報告)"
-msgstr ""
-"--disable-libeditオプションがヘルプメッセージと違う問題の修正。 (MATSUU "
-"Takutoさんが報告)"
+# b15d204437604fd2af49cf227d5045b4
+#: ../../../source/news/0.x.txt:118
+msgid "selectの出力に不正なカラムを指定された時にSEGVする問題を修正。"
+msgstr "selectの出力に不正なカラムを指定された時にSEGVする問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:32
-msgid "前方一致検索がマッチしない問題を修正。"
-msgstr "前方一致検索がマッチしない問題を修正。"
+# d3a2a09a09f94eaba47e4d08667d6fc7
+#: ../../../source/news/0.x.txt:119
+msgid "空のベクタをloadするとSEGVする問題の修正。"
+msgstr "空のベクタをloadするとSEGVする問題の修正。"
 
-#: ../../../source/news.txt:49
-msgid "groonga-suggest-httpd: Renamed --address option to --bind-address."
-msgstr "groonga-suggest-httpd: Renamed --address option to --bind-address."
+# 27397fc2027541599da0814bfd3dc871
+#: ../../../source/news/0.x.txt:120
+msgid "メモリリークの修正。"
+msgstr "メモリリークの修正。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:36
-msgid ""
-"groongaのメモリリークを検出するユーティリティツール groonga-check-memory-"
-"leak.rbを追加。(インストールはされない。)"
-msgstr ""
-"groongaのメモリリークを検出するユーティリティツール groonga-check-memory-"
-"leak.rbを追加。(インストールはされない。)"
+# 658d59e1925e4a37bc82641d119e41f6
+#: ../../../source/news/0.x.txt:121
+msgid "drilldown時に参照先が存在しない場合にSEGVする問題の修正。"
+msgstr "drilldown時に参照先が存在しない場合にSEGVする問題の修正。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:233
-msgid "パッケージミスを修正。 (OBATA Akioさんが報告)"
-msgstr "パッケージミスを修正。 (OBATA Akioさんが報告)"
+# 8873319e3c774f5babcb371bdb49d022
+#: ../../../source/news/0.x.txt:126
+msgid "おばたさん"
+msgstr "おばたさん"
+
+# ac25dff396784186a3e5b63fa592f1a9
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:6
+msgid "バージョン1.0.xのお知らせ"
+msgstr "バージョン1.0.xのお知らせ"
+
+# 1b0a019bcbfd495594207478afdff86e
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:9
+msgid "1.0.8リリース - 2011/02/02"
+msgstr "1.0.8リリース - 2011/02/02"
 
-#: ../../../source/news.txt:50
+# b060779b8d934469994b48caadcfe846
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:14
 msgid ""
-"Changed admin HTML install directory to $PREFIX/share/groonga/html/admin/ "
-"from $PREFIX/share/groonga/admin_html/."
+"ShortText型カラムへデータ追加・削除を繰り返すとデータが壊れ ることがある問題"
+"を修正。 (Mitsuhiro Shibuyaさんが報告)"
 msgstr ""
-"Changed admin HTML install directory to $PREFIX/share/groonga/html/admin/ "
-"from $PREFIX/share/groonga/admin_html/."
+"ShortText型カラムへデータ追加・削除を繰り返すとデータが壊れ ることがある問題"
+"を修正。 (Mitsuhiro Shibuyaさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:85
-msgid "DragonFlyでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんが報告)"
-msgstr "DragonFlyでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんが報告)"
+# 1053ff24df134ed5bd22c1fc97ef2ac2
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:21
+msgid "Mitsuhiro Shibuyaさん"
+msgstr "Mitsuhiro Shibuyaさん"
 
-#: ../../../source/news/1.1.x.txt:14
-msgid "TokenDelimitNullトークナイザーを追加。"
-msgstr "TokenDelimitNullトークナイザーを追加。"
+# ada498f3d33846398f84f3c8b8eeaccb
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:24
+msgid "1.0.7リリース - 2011/01/29"
+msgstr "1.0.7リリース - 2011/01/29"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:82
-msgid "索引を用いた高速なGeoPointの検索機能を追加。"
-msgstr "索引を用いた高速なGeoPointの検索機能を追加。"
+# a1d1b7a8d4e4465ab1d90ee31c0ade38
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:29
+msgid "automake 1.9.6でも動作するようにした。 #508"
+msgstr "automake 1.9.6でも動作するようにした。 #508"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:217
-msgid "1.0.2リリース - 2010/09/09"
-msgstr "1.0.2リリース - 2010/09/09"
+# 931619724da74ed1b47c06d8eced3979
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:30
+msgid "configureの最後に検出したMeCabの情報も表示するようにした。"
+msgstr "configureの最後に検出したMeCabの情報も表示するようにした。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:187
-msgid "grn_table_cursor_open()のドキュメントを修正。"
-msgstr "grn_table_cursor_open()のドキュメントを修正。"
+# 43fe79a0d9fe414c9897a6d7790572ee
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:31
+msgid "エラーメッセージをわかりやすくした。"
+msgstr "エラーメッセージをわかりやすくした。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:284
+# 0b97725b2ece41bea63c35c865962025
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:32
 msgid ""
-":doc:`/commands/delete` コマンドでキーがShortText以外のレコードを削除できない"
-"問題の修正。(Itagaki Takahiroさんが報告)"
+"--enable-memory-debug付きでビルドしたときに終了時に未開放のメモリが 割り当て"
+"られた場所を表示するようにした。"
 msgstr ""
-":doc:`/commands/delete` コマンドでキーがShortText以外のレコードを削除できない"
-"問題の修正。(Itagaki Takahiroさんが報告)"
+"--enable-memory-debug付きでビルドしたときに終了時に未開放のメモリが 割り当て"
+"られた場所を表示するようにした。"
 
-#: ../../../source/news.txt:130
+# 2b6c8d54a40c4d47bff9b26137919ca2
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:34
 msgid ""
-":doc:`/commands/load` で_valueを指定するとメモリリークする問題を修正。 #878"
+"ベクタの値を :doc:`/commands/load` するときにキャストに失敗したら、そ のこと"
+"を報告するようにした。"
 msgstr ""
-":doc:`/commands/load` で_valueを指定するとメモリリークする問題を修正。 #878"
+"ベクタの値を :doc:`/commands/load` するときにキャストに失敗したら、そ のこと"
+"を報告するようにした。"
+
+# 77bb00ff7e6e41c4b2b1baee66fbba19
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:36
+msgid ""
+"groongaのメモリリークを検出するユーティリティツール groonga-check-memory-"
+"leak.rbを追加。(インストールはされない。)"
+msgstr ""
+"groongaのメモリリークを検出するユーティリティツール groonga-check-memory-"
+"leak.rbを追加。(インストールはされない。)"
+
+# 0921d179cfd345abacc2e60a348ef1f6
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:38
+msgid ":doc:`/commands/dump` がテーブル単位のダンプに対応。"
+msgstr ":doc:`/commands/dump` がテーブル単位のダンプに対応。"
 
+# f2a3e021c8fa48a18d291f4eef616a05
 #: ../../../source/news/1.0.x.txt:43
 msgid ""
 "Mac OS Xでモジュールの拡張子の検出に失敗する問題を修正。 (ongaeshiさんが報"
@@ -715,240 +956,273 @@ msgstr ""
 "Mac OS Xでモジュールの拡張子の検出に失敗する問題を修正。 (ongaeshiさんが報"
 "告)"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:126
-msgid "おばたさん"
-msgstr "おばたさん"
+# 8016aa63b62f42efb6721c92bd1b45a8
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:45
+msgid "Mac OS Xではrealloc(ptr, 0)ではなくfree()を使うように修正。"
+msgstr "Mac OS Xではrealloc(ptr, 0)ではなくfree()を使うように修正。"
 
-#: ../../../source/news.txt:82 ../../../source/news.txt:116
-#: ../../../source/news/0.x.txt:27 ../../../source/news/0.x.txt:115
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:12 ../../../source/news/1.0.x.txt:41
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:62 ../../../source/news/1.0.x.txt:93
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:139 ../../../source/news/1.0.x.txt:185
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:231 ../../../source/news/1.0.x.txt:255
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:278 ../../../source/news/1.1.x.txt:22
-msgid "修正"
-msgstr "修正"
+# 800607d12218491fae32fc8b3b9b86dc
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:46
+msgid "grntestで結果の比較が常に失敗していた問題を修正。"
+msgstr "grntestで結果の比較が常に失敗していた問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:88 ../../../source/news/1.0.x.txt:133
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:177 ../../../source/news/1.0.x.txt:225
-msgid "変更"
-msgstr "変更"
+# 6ef023dc248f45d086a2b55b50779f59
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:47
+msgid "groonga-suggest-learnerのメモリリークを修正。"
+msgstr "groonga-suggest-learnerのメモリリークを修正。"
 
-#: ../../../source/news/1.1.x.txt:25
+# f09bbb3f327a4d468228be644879a7bd
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:48
 msgid ""
-"サンプル内のスクリプトに実行属性がつかない問題を修正。 (Daiki Uenoさんが報"
-"告)"
+":doc:`/commands/load` 時のメモリリークを修正。 (Kenichi Aramakiさんが報告)"
 msgstr ""
-"サンプル内のスクリプトに実行属性がつかない問題を修正。 (Daiki Uenoさんが報"
-"告)"
+":doc:`/commands/load` 時のメモリリークを修正。 (Kenichi Aramakiさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news.txt:136
-msgid "grn_table_truncate()を追加。(実験的。問題あり)"
-msgstr "grn_table_truncate()を追加。(実験的。問題あり)"
+# 9312e94820764b7bb39d2ba511fc2e60
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:50
+msgid "ベクタの値を出力するときのメモリリークを修正。"
+msgstr "ベクタの値を出力するときのメモリリークを修正。"
 
-#: ../../../source/news.txt:46
-msgid "document: Started English support. (not completed yet.)"
-msgstr "document: Started English support. (not completed yet.)"
+# 76738969445540efbe4061974e21071b
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:55
+msgid "ongaeshiさん"
+msgstr "ongaeshiさん"
 
-#: ../../../source/news.txt:128
-msgid ":doc:`/commands/column_list` のドキュメントを修正。 #758"
-msgstr ":doc:`/commands/column_list` のドキュメントを修正。 #758"
+# 7a3929fa054b4106950789dc977572c2
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:56
+msgid "Kenichi Aramakiさん"
+msgstr "Kenichi Aramakiさん"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:119
-msgid "空のベクタをloadするとSEGVする問題の修正。"
-msgstr "空のベクタをloadするとSEGVする問題の修正。"
+# 253d756e34974a2db71bbc74eaf75848
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:59
+msgid "1.0.6リリース - 2010/12/31"
+msgstr "1.0.6リリース - 2010/12/31"
 
-#: ../../../source/news/1.1.x.txt:24
-msgid "ログにタイムスタンプの秒より小さい値が常に0になる問題を修正。"
-msgstr "ログにタイムスタンプの秒より小さい値が常に0になる問題を修正。"
+# bb7a93a273ff4d89b72c54cb691adeed
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:64
+msgid "\\*BSDでビルドできない問題を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
+msgstr "\\*BSDでビルドできない問題を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:168
-msgid "メモリデバッグ用オプション--enable-memory-debugを追加。"
-msgstr "メモリデバッグ用オプション--enable-memory-debugを追加。"
+# f5019585c256465b9de708abee5d828a
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:72
+msgid "1.0.5リリース - 2010/12/29"
+msgstr "1.0.5リリース - 2010/12/29"
+
+# 5211dc5f4f164242b7383e9c60112581
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:77
+msgid "サジェスト機能用の学習プログラムを追加。"
+msgstr "サジェスト機能用の学習プログラムを追加。"
 
+# 7522a46b67c648cd99b463acf4d9ab52
 #: ../../../source/news/1.0.x.txt:78
 msgid "groongaスクリプト内での行コメントに対応。(「#」以降を無視) #723"
 msgstr "groongaスクリプト内での行コメントに対応。(「#」以降を無視) #723"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:58
-msgid "データロード機能を追加。"
-msgstr "データロード機能を追加。"
+# f1decc508de34c6981613bc4ec8317ea
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:79
+msgid ":doc:`/commands/column_list` のXML出力対応。 #748"
+msgstr ":doc:`/commands/column_list` のXML出力対応。 #748"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:206
-msgid "インストールドキュメントの誤字を修正。(SHIMODA Hiroshiさんが報告)"
-msgstr "インストールドキュメントの誤字を修正。(SHIMODA Hiroshiさんが報告)"
+# 48ddc9c50a3e409bac4a02b50df32224
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:80
+msgid "主キーが数値のテーブルを参照しているカラムでの比較演算に対応。 #776"
+msgstr "主キーが数値のテーブルを参照しているカラムでの比較演算に対応。 #776"
+
+# b2e8fd88bd8d402a9c2e9db21984d1a7
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:81
+msgid "grntestがmlockの情報出力に対応。"
+msgstr "grntestがmlockの情報出力に対応。"
+
+# 58dab3d17f0f4d53a7825b7666c99f50
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:82
+msgid "NetBSDでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんがパッチ作成)"
+msgstr "NetBSDでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんがパッチ作成)"
 
-#: ../../../source/news.txt:118
+# 664ab022e2d44a858e477f2ec71f4d24
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:83
 msgid ""
-"autoconf 2.59環境において、ファイルシステムのルート直下に groongaディレクトリ"
-"を作成しようとする問題を修正。 #833"
+"MeCabトークナイザーが見つからない時のエラーメッセージをより親切にした。 #790"
 msgstr ""
-"autoconf 2.59環境において、ファイルシステムのルート直下に groongaディレクトリ"
-"を作成しようとする問題を修正。 #833"
+"MeCabトークナイザーが見つからない時のエラーメッセージをより親切にした。 #790"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:197
-msgid "deleteが常に失敗する問題を修正。#541"
-msgstr "deleteが常に失敗する問題を修正。#541"
+# edaf06eb0bb04b87ad50d7d1261a7b12
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:84
+msgid ""
+"開いているファイルディスクリプタが多すぎてacceptできない状態の負荷を低減。 "
+"#802"
+msgstr ""
+"開いているファイルディスクリプタが多すぎてacceptできない状態の負荷を低減。 "
+"#802"
 
-#: ../../../source/news.txt:44
-msgid "RPM: Split server related packages to groonga-server package."
-msgstr "RPM: Split server related packages to groonga-server package."
-
-#: ../../../source/news/0.x.txt:63
-msgid "クエリパフォーマンス計測用"
-msgstr "クエリパフォーマンス計測用"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:45
-msgid "Mac OS Xではrealloc(ptr, 0)ではなくfree()を使うように修正。"
-msgstr "Mac OS Xではrealloc(ptr, 0)ではなくfree()を使うように修正。"
-
-#: ../../../source/news.txt:131
-msgid ":doc:`/commands/load` でクラッシュする問題を修正。 #661"
-msgstr ":doc:`/commands/load` でクラッシュする問題を修正。 #661"
+# ee120346b9d74daa857a0e74f48305c2
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:85
+msgid "DragonFlyでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんが報告)"
+msgstr "DragonFlyでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:170
+# db5e8659b3484ad7817c86237ae73864
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:90
 msgid ""
-"テキストから数値へのキャスト処理を強化。#612, #613 (Itagaki Takahiroさんが報"
-"告)"
+":doc:`/commands/table_list` のXML出力のタグ名をより適切な名前に変更。 #757"
 msgstr ""
-"テキストから数値へのキャスト処理を強化。#612, #613 (Itagaki Takahiroさんが報"
-"告)"
-
-#: ../../../source/news/0.x.txt:41
-msgid "デーモンになるときは標準出力を閉じるようにした。"
-msgstr "デーモンになるときは標準出力を閉じるようにした。"
+":doc:`/commands/table_list` のXML出力のタグ名をより適切な名前に変更。 #757"
 
-#: ../../../source/news.txt:127
-msgid "小数形式のTimeリテラルをロードするとミリ秒情報が落ちる問題を修正。 #880"
+# 76af66737939458bbd67a1d29f0846b7
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:95
+msgid ""
+":doc:`/commands/load` で存在しないカラムを--columnsで指定するとクラッシュする"
+"問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #751"
 msgstr ""
-"小数形式のTimeリテラルをロードするとミリ秒情報が落ちる問題を修正。 #880"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:248
-msgid "CentOS 5/Fedora 13用RPMの提供。(Daiki Uenoさん作成のspecがベース)"
-msgstr "CentOS 5/Fedora 13用RPMの提供。(Daiki Uenoさん作成のspecがベース)"
-
-#: ../../../source/news.txt:106
-msgid "位置情報の入力値チェックを強化。"
-msgstr "位置情報の入力値チェックを強化。"
-
-#: ../../../source/news.txt:93
-msgid "ICHII Takashiさん"
-msgstr "ICHII Takashiさん"
+":doc:`/commands/load` で存在しないカラムを--columnsで指定するとクラッシュする"
+"問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #751"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:141
-msgid "ドキュメントの誤字を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
-msgstr "ドキュメントの誤字を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
+# 6d5736b6752842959c41ddb2b41b2952
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:97
+msgid ""
+":doc:`/commands/load` で配列でTABLE_NO_KEYなテーブルにレコードをロードできな"
+"い問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #750"
+msgstr ""
+":doc:`/commands/load` で配列でTABLE_NO_KEYなテーブルにレコードをロードできな"
+"い問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #750"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:173
+# 966ca4c847bc4ab7ac248ec0c0b3c529
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:99
 msgid ""
-":doc:`/spec/search` の挙動を動的に変更する``--match-escalation-threashold`` "
-"起動オプションと``--match_escalation_threshold``selectオプションを追加。 #628"
+":doc:`/commands/delete` でTABLE_NO_KEYなテーブルのレコードを削除するとテーブ"
+"ルが壊れる 問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんがパッチ作成) #794"
 msgstr ""
-":doc:`/spec/search` の挙動を動的に変更する``--match-escalation-threashold`` "
-"起動オプションと``--match_escalation_threshold``selectオプションを追加。 #628"
+":doc:`/commands/delete` でTABLE_NO_KEYなテーブルのレコードを削除するとテーブ"
+"ルが壊れる 問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんがパッチ作成) #794"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:234
-msgid "GeoPointの度表記の解釈を修正。 #460"
-msgstr "GeoPointの度表記の解釈を修正。 #460"
+# 30520ab235144d82aa7cac904f135fed
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:102
+msgid ""
+":doc:`/commands/load` で不正なJSONを指定した場合にそれ以降コマンドを受け付け"
+"なくなる 問題を修正。 #807"
+msgstr ""
+":doc:`/commands/load` で不正なJSONを指定した場合にそれ以降コマンドを受け付け"
+"なくなる 問題を修正。 #807"
 
-#: ../../../source/news.txt:88
-msgid "チュートリアル中のtypoを修正。(moozさんが修正)"
-msgstr "チュートリアル中のtypoを修正。(moozさんが修正)"
+# 4d128acd516c41a683685d968d7828b9
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:108
+msgid "Tomita Masahiroさん"
+msgstr "Tomita Masahiroさん"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:213 ../../../source/news/1.0.x.txt:289
-msgid "Itagaki Takahiroさん"
-msgstr "Itagaki Takahiroさん"
+# cf76f9ee62944e99b64fec5bb84375ff
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:112
+msgid "1.0.4リリース - 2010/11/29"
+msgstr "1.0.4リリース - 2010/11/29"
 
-#: ../../../source/news.txt:58
-msgid "suggest: Added prefix_search parameter to suggest command. #909"
-msgstr "suggest: Added prefix_search parameter to suggest command. #909"
+# 7d98cc27566244b482f5f6bbb2559e01
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:117
+msgid "すべてのモジュールで同じ名前の関数をエクスポートするようにした。#624"
+msgstr "すべてのモジュールで同じ名前の関数をエクスポートするようにした。#624"
 
-#: ../../../source/news/1.1.x.txt:6
-msgid "バージョン1.1.xのお知らせ"
-msgstr "バージョン1.1.xのお知らせ"
+# 841cac9b0ec9427da11e6a38c5b1336d
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:118
+msgid "不正な名前を指定したときに指定された名前も報告するようにした。"
+msgstr "不正な名前を指定したときに指定された名前も報告するようにした。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:50
-msgid "ベクタの値を出力するときのメモリリークを修正。"
-msgstr "ベクタの値を出力するときのメモリリークを修正。"
+# 2bc69a76d68b4200a9fac7bfbcf2676d
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:119
+msgid ""
+":doc:`/commands/select` の--filter内での数値比較演算をサポート。 (@s3kiさん"
+"が報告)"
+msgstr ""
+":doc:`/commands/select` の--filter内での数値比較演算をサポート。 (@s3kiさん"
+"が報告)"
 
-#: ../../../source/news.txt:107
-msgid "インデックスを用いたジオサーチの例をチュートリアルに追加。 #438"
-msgstr "インデックスを用いたジオサーチの例をチュートリアルに追加。 #438"
+# 7e4bb34952334540a60396ec772093ee
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:120
+msgid ":doc:`/grntest` の一行あたりの最大バイト数の制限を撤廃。 #608, #690"
+msgstr ":doc:`/grntest` の一行あたりの最大バイト数の制限を撤廃。 #608, #690"
 
-#: ../../../source/news.txt:14 ../../../source/news.txt:40
-msgid "Improvements"
-msgstr "Improvements"
+# 92e23d4ce2024131a93730f6f30ae53c
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:121
+msgid "Int8/UInt8/Int16/UInt16の等値比較にC言語の比較演算子を使用。 #660"
+msgstr "Int8/UInt8/Int16/UInt16の等値比較にC言語の比較演算子を使用。 #660"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:47
-msgid "最大キャッシュ数を指定する``--cache-limit``オプションを追加。"
-msgstr "最大キャッシュ数を指定する``--cache-limit``オプションを追加。"
+# 754e864f0e0c4e57a2f334e0f38e4b1c
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:122
+msgid ""
+"HTTP経由で存在しないパスにアクセスした時に存在しないパスを報告するように し"
+"た。"
+msgstr ""
+"HTTP経由で存在しないパスにアクセスした時に存在しないパスを報告するように し"
+"た。"
 
-#: ../../../source/news.txt:26
-msgid "fix get command crash. (Reported by OBATA Akio)"
-msgstr "fix get command crash. (Reported by OBATA Akio)"
+# e74a94749fea474897a07e1e24e2474f
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:124
+msgid "grn_table_cursor_next()をGRN_CURSOR_COLUMN_INDEX対応にした。"
+msgstr "grn_table_cursor_next()をGRN_CURSOR_COLUMN_INDEX対応にした。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:59
-msgid "1.0.6リリース - 2010/12/31"
-msgstr "1.0.6リリース - 2010/12/31"
+# e7091fb2202448d8b90bed6251b0b9d3
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:125
+msgid "右辺が式の演算代入演算子をサポート。 #669"
+msgstr "右辺が式の演算代入演算子をサポート。 #669"
 
-#: ../../../source/news.txt:77
-msgid "suggestコマンドにthresholdパラメーターを追加。#895"
-msgstr "suggestコマンドにthresholdパラメーターを追加。#895"
+# 552bd3602a3648ca93e5ba4c532181ab
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:126
+msgid "zlib/LZOサポート付きでビルドされているかをチェックするAPIを追加。 #686"
+msgstr "zlib/LZOサポート付きでビルドされているかをチェックするAPIを追加。 #686"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:273
-msgid ""
-"指定したクエリに対する補完・修正・提案を行う :doc:`/commands/suggest` コマン"
-"ドを追加。"
-msgstr ""
-"指定したクエリに対する補完・修正・提案を行う :doc:`/commands/suggest` コマン"
-"ドを追加。"
+# 30f535a1ac244993a410e8dd89c6d59a
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:127
+msgid "grn_table_at()を公開。"
+msgstr "grn_table_at()を公開。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:193
-msgid ""
-"固定長カラムにカラム長より短いデータを設定するとゴミが残ってしまう問題を修"
-"正。"
-msgstr ""
-"固定長カラムにカラム長より短いデータを設定するとゴミが残ってしまう問題を修"
-"正。"
+# 26738ff27b7346dc99e7fe5e9f30abcc
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:128
+msgid "grn_db_touch()を公開。 #703"
+msgstr "grn_db_touch()を公開。 #703"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:96
-msgid "deleteコマンド:"
-msgstr "deleteコマンド:"
+# 5c3a2cd363894f23a63edc5b8bc83142
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:129
+msgid "コメント行に対応。 #723"
+msgstr "コメント行に対応。 #723"
 
+# eac68d101faf4c1399ef89ca0d0c1625
 #: ../../../source/news/1.0.x.txt:130
 msgid "grn_bool型を追加。 #713"
 msgstr "grn_bool型を追加。 #713"
 
-#: ../../../source/news/1.1.x.txt:15
+# dd4e2758758e4204bebd32216f3c7841
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:135
 msgid ""
-"プラグイン登録APIの名前を改良。 grn_db_register_by_name() -> "
-"grn_plugin_register() #834"
+"プラグインの置き場所を変更: lib/groonga/modules/ -> lib/groonga/plugins/ #624"
 msgstr ""
-"プラグイン登録APIの名前を改良。 grn_db_register_by_name() -> "
-"grn_plugin_register() #834"
+"プラグインの置き場所を変更: lib/groonga/modules/ -> lib/groonga/plugins/ #624"
 
-#: ../../../source/news.txt:91 ../../../source/news.txt:140
-#: ../../../source/news/0.x.txt:124 ../../../source/news/1.0.x.txt:19
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:53 ../../../source/news/1.0.x.txt:67
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:106 ../../../source/news/1.0.x.txt:146
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:209 ../../../source/news/1.0.x.txt:237
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:262 ../../../source/news/1.0.x.txt:287
-#: ../../../source/news/1.1.x.txt:29
-msgid "感謝"
-msgstr "感謝"
+# da3256277d944bbb9d2757b9a08212fd
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:141
+msgid "ドキュメントの誤字を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
+msgstr "ドキュメントの誤字を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:112
-msgid "1.0.4リリース - 2010/11/29"
-msgstr "1.0.4リリース - 2010/11/29"
+# ad8e966e1f3041e882817dc3739fbf42
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:142
+msgid "GRN_CURSOR_PREFIXが動作しない問題を修正。"
+msgstr "GRN_CURSOR_PREFIXが動作しない問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:97
-msgid ""
-":doc:`/commands/load` で配列でTABLE_NO_KEYなテーブルにレコードをロードできな"
-"い問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #750"
-msgstr ""
-":doc:`/commands/load` で配列でTABLE_NO_KEYなテーブルにレコードをロードできな"
-"い問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #750"
+# 8117bdd0f3294d80b9359a4e3e7e6eaf
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:143
+msgid "索引が不正に大きくなる問題を修正。(Tomoatsu Shimadaさんが報告) #689"
+msgstr "索引が不正に大きくなる問題を修正。(Tomoatsu Shimadaさんが報告) #689"
+
+# 9cdd045459324a63ac9e5fccb2f5bace
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:148
+msgid "@s3kiさん"
+msgstr "@s3kiさん"
+
+# 1435cb86d5cd4b20bbc4035693703fd0
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:150
+msgid "Tomoatsu Shimadaさん"
+msgstr "Tomoatsu Shimadaさん"
+
+# da9e4c3c88db4145bc8c07c9f99c0248
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:153
+msgid "1.0.3リリース - 2010/10/29"
+msgstr "1.0.3リリース - 2010/10/29"
 
+# 0608937773ed4037bd365fb9e196f719
 #: ../../../source/news/1.0.x.txt:158
 msgid ""
 "CentOS/Fedora用パッケージをディストリビューションのルールに従うように改良。 "
@@ -957,254 +1231,315 @@ msgstr ""
 "CentOS/Fedora用パッケージをディストリビューションのルールに従うように改良。 "
 "(上野乃毅さん)"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:36
-msgid "0.7.6リリース - 2010/08/19"
-msgstr "0.7.6リリース - 2010/08/19"
+# 1f0557f5d0504ed0819fd465a3dc4b9a
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:160
+msgid "Fedoraのオフィシャルリポジトリに登録。(Daiki Uenoさん)"
+msgstr "Fedoraのオフィシャルリポジトリに登録。(Daiki Uenoさん)"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:51
-msgid "指定したファイルからコマンドを読み込む``--file``オプションを追加。"
-msgstr "指定したファイルからコマンドを読み込む``--file``オプションを追加。"
+# ede26c8abd7a49f1875a9ff110614295
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:161
+msgid "GeoPointのキャストに対応。#515"
+msgstr "GeoPointのキャストに対応。#515"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:180
-msgid "時間の解像度をナノ秒に変更。"
-msgstr "時間の解像度をナノ秒に変更。"
+# 767d94525c0a44e8afe463fad288a73d
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:162
+msgid "groongaコマンドに、--defalt-command-versionオプションの追加。"
+msgstr "groongaコマンドに、--defalt-command-versionオプションの追加。"
 
-#: ../../../source/news.txt:137
-msgid "truncateコマンドを追加。(実験的。問題あり) #888"
-msgstr "truncateコマンドを追加。(実験的。問題あり) #888"
+# fcbe1e4d994445988028c0e4e09840bc
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:163
+msgid "statusの出力結果にコマンドバージョンを追加。"
+msgstr "statusの出力結果にコマンドバージョンを追加。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:282
-msgid "索引付きカラムを等価条件で検索できない問題を修正。"
-msgstr "索引付きカラムを等価条件で検索できない問題を修正。"
+# 54a26123055440289b5b8fee53ede9a8
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:164
+msgid ":doc:`/spec/search` の仕様を追加。"
+msgstr ":doc:`/spec/search` の仕様を追加。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:32
-msgid ""
-"--enable-memory-debug付きでビルドしたときに終了時に未開放のメモリが 割り当て"
-"られた場所を表示するようにした。"
-msgstr ""
-"--enable-memory-debug付きでビルドしたときに終了時に未開放のメモリが 割り当て"
-"られた場所を表示するようにした。"
+# 286ba5c90bf84a8baa089e6e7df38e72
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:165
+msgid ":doc:`/troubleshooting` を追加。"
+msgstr ":doc:`/troubleshooting` を追加。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:257
-msgid "JSON JQueryプラグインが同梱されていない問題の修正。"
-msgstr "JSON JQueryプラグインが同梱されていない問題の修正。"
-
-#: ../../../source/news/0.x.txt:78
-msgid "数値のベクタをサポート。"
-msgstr "数値のベクタをサポート。"
+# def8346dad6f4f19bcd1b10f8fc68b25
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:166
+msgid "辞書検索のサンプルアプリケーションを追加。"
+msgstr "辞書検索のサンプルアプリケーションを追加。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:214
-msgid "SHIMODA Hiroshiさん"
-msgstr "SHIMODA Hiroshiさん"
+# 643d9cbb80c34639b59d0ecb4ad7d42f
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:167
+msgid "pkg-configがない場合はlibeditを検出しないようにした。 #540"
+msgstr "pkg-configがない場合はlibeditを検出しないようにした。 #540"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:203
-msgid "全文検索時に削除したレコードが返る問題を修正。#617"
-msgstr "全文検索時に削除したレコードが返る問題を修正。#617"
+# 94ed211dcc1341ca83bb3b940d231502
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:168
+msgid "メモリデバッグ用オプション--enable-memory-debugを追加。"
+msgstr "メモリデバッグ用オプション--enable-memory-debugを追加。"
 
-#: ../../../source/news.txt:47
-msgid "groonga-suggest-httpd: Added --disable-max-fd-check option."
-msgstr "groonga-suggest-httpd: Added --disable-max-fd-check option."
+# 088d4157f77d45aca1b40078018a3c5a
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:169
+msgid "不正な関数呼び出しをチェックするようにした。#596"
+msgstr "不正な関数呼び出しをチェックするようにした。#596"
 
-#: ../../../source/news.txt:86
+# b3aa547bd69f4ca8a58dd10cd2e96b00
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:170
 msgid ""
-"configureの--helpで出力される--with-deafult-encodingの値が 間違っていた問題を"
-"修正。(ICHII Takashiさんが報告)"
+"テキストから数値へのキャスト処理を強化。#612, #613 (Itagaki Takahiroさんが報"
+"告)"
 msgstr ""
-"configureの--helpで出力される--with-deafult-encodingの値が 間違っていた問題を"
-"修正。(ICHII Takashiさんが報告)"
+"テキストから数値へのキャスト処理を強化。#612, #613 (Itagaki Takahiroさんが報"
+"告)"
 
-#: ../../../source/news.txt:123
-msgid "[非互換] 位置情報の小数表記からミリ秒への変換誤差が大きい問題を修正。"
-msgstr "[非互換] 位置情報の小数表記からミリ秒への変換誤差が大きい問題を修正。"
+# 10396eab07034c538498547f828d9e43
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:172
+msgid "クライアントモードでの--fileオプションのサポート。#578"
+msgstr "クライアントモードでの--fileオプションのサポート。#578"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:228
+# 757fd027cbf04e72980fd5a893420dbb
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:173
 msgid ""
-":doc:`/commands/select` コマンドのデフォルトの--output_columnsから_valueを削"
-"除。"
+":doc:`/spec/search` の挙動を動的に変更する``--match-escalation-threashold`` "
+"起動オプションと``--match_escalation_threshold``selectオプションを追加。 #628"
 msgstr ""
-":doc:`/commands/select` コマンドのデフォルトの--output_columnsから_valueを削"
-"除。"
-
-#: ../../../source/news/0.x.txt:43
-msgid "PIDファイルを指定する``--pid-path``オプションを追加。"
-msgstr "PIDファイルを指定する``--pid-path``オプションを追加。"
+":doc:`/spec/search` の挙動を動的に変更する``--match-escalation-threashold`` "
+"起動オプションと``--match_escalation_threshold``selectオプションを追加。 #628"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:195
-msgid "geo_in_rectangle()が無限ループする問題を修正。#563"
-msgstr "geo_in_rectangle()が無限ループする問題を修正。#563"
+# e503b22c355e4880990b79f35744b628
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:179
+msgid "記号でトークンを区切るTokenBigramSplitSymbolを使用。 #225"
+msgstr "記号でトークンを区切るTokenBigramSplitSymbolを使用。 #225"
 
-#: ../../../source/news.txt:97
-msgid "1.2.0リリース - 2011/03/29"
-msgstr "1.2.0リリース - 2011/03/29"
+# 6814bc3d10c64428b98f8dc42b768552
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:180
+msgid "時間の解像度をナノ秒に変更。"
+msgstr "時間の解像度をナノ秒に変更。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:64
-msgid "\\*BSDでビルドできない問題を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
-msgstr "\\*BSDでビルドできない問題を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
+# 88647a56e6d34d08a12662657578090b
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:181
+msgid ""
+"パッケージを提供するUbuntuのバージョンをHardy, Lucidから Lucid, Marverickに変"
+"更。"
+msgstr ""
+"パッケージを提供するUbuntuのバージョンをHardy, Lucidから Lucid, Marverickに変"
+"更。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:212
-msgid "MATSUU Takutoさん"
-msgstr "MATSUU Takutoさん"
+# d7c93b1000714e098bd9f3d0dfdcf17d
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:187
+msgid "grn_table_cursor_open()のドキュメントを修正。"
+msgstr "grn_table_cursor_open()のドキュメントを修正。"
 
-#: ../../../source/news.txt:124
+# c54d42d9333746fca014c2e401a4097c
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:189
 msgid ""
-":doc:`/functions/geo_in_rectangle` の ``top_left`` と ``bottom_right`` に同じ"
-"位置を指定するとクラッシュする問題を修正。"
+"--disable-libeditオプションがヘルプメッセージと違う問題の修正。 (MATSUU "
+"Takutoさんが報告)"
 msgstr ""
-":doc:`/functions/geo_in_rectangle` の ``top_left`` と ``bottom_right`` に同じ"
-"位置を指定するとクラッシュする問題を修正。"
+"--disable-libeditオプションがヘルプメッセージと違う問題の修正。 (MATSUU "
+"Takutoさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:49
-msgid "設定値を表示する``--show-config``オプションを追加。"
-msgstr "設定値を表示する``--show-config``オプションを追加。"
+# bc1a067e2e4f4057a655b05584a94143
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:191
+msgid "警告を除去。(MATSUU Takutoさんが報告)"
+msgstr "警告を除去。(MATSUU Takutoさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news/1.1.x.txt:18
+# 0ec25c9955014d9282d887c2c54cebf3
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:192
 msgid ""
-"groonga.pcにgroonga-suggest-create-datasetのパスが設定されている "
-"groonga_suggest_create_dataset変数を追加。"
+"grn_pat_at()でエンコードされたキーが常にGRN_NILになってしまう問題を修正。#514"
 msgstr ""
-"groonga.pcにgroonga-suggest-create-datasetのパスが設定されている "
-"groonga_suggest_create_dataset変数を追加。"
+"grn_pat_at()でエンコードされたキーが常にGRN_NILになってしまう問題を修正。#514"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:143
-msgid "索引が不正に大きくなる問題を修正。(Tomoatsu Shimadaさんが報告) #689"
-msgstr "索引が不正に大きくなる問題を修正。(Tomoatsu Shimadaさんが報告) #689"
+# c68c208d516e438494363fdfea280890
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:193
+msgid ""
+"固定長カラムにカラム長より短いデータを設定するとゴミが残ってしまう問題を修"
+"正。"
+msgstr ""
+"固定長カラムにカラム長より短いデータを設定するとゴミが残ってしまう問題を修"
+"正。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:120
-msgid ":doc:`/grntest` の一行あたりの最大バイト数の制限を撤廃。 #608, #690"
-msgstr ":doc:`/grntest` の一行あたりの最大バイト数の制限を撤廃。 #608, #690"
+# 2c5f7777421b41fd81d7fa08a9b7712b
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:194
+msgid "不正なレコードがあるときにdumpすると落ちてしまう問題を修正。"
+msgstr "不正なレコードがあるときにdumpすると落ちてしまう問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:80
-msgid "selectコマンド"
-msgstr "selectコマンド"
+# ffbb0247d7244953bd8306a9308b48f2
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:195
+msgid "geo_in_rectangle()が無限ループする問題を修正。#563"
+msgstr "geo_in_rectangle()が無限ループする問題を修正。#563"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:95
+# 9b771f567b6148eda1db32c0ff9f2a78
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:196
 msgid ""
-":doc:`/commands/load` で存在しないカラムを--columnsで指定するとクラッシュする"
-"問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #751"
+"インデックスがついたカラムでソートすると結果がおかしくなる問題を修正。#571"
 msgstr ""
-":doc:`/commands/load` で存在しないカラムを--columnsで指定するとクラッシュする"
-"問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #751"
+"インデックスがついたカラムでソートすると結果がおかしくなる問題を修正。#571"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:99
+# e17198624d044518a8d77bb94ea3a416
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:197
+msgid "deleteが常に失敗する問題を修正。#541"
+msgstr "deleteが常に失敗する問題を修正。#541"
+
+# 6bc63f2882f347198dbaf25f67b1b5be
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:198
 msgid ""
-":doc:`/commands/delete` でTABLE_NO_KEYなテーブルのレコードを削除するとテーブ"
-"ルが壊れる 問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんがパッチ作成) #794"
+"レコードを追加・削除したパトリシアトライからID順に取り出すカーソルが おかしな"
+"結果を返す問題を修正。#538"
 msgstr ""
-":doc:`/commands/delete` でTABLE_NO_KEYなテーブルのレコードを削除するとテーブ"
-"ルが壊れる 問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんがパッチ作成) #794"
+"レコードを追加・削除したパトリシアトライからID順に取り出すカーソルが おかしな"
+"結果を返す問題を修正。#538"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:169
-msgid "不正な関数呼び出しをチェックするようにした。#596"
-msgstr "不正な関数呼び出しをチェックするようにした。#596"
+# 17916347f4e0470cbad547e95445d052
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:200
+msgid "値が存在しないレコードがあるカラムでソートすると落ちる問題を修正。"
+msgstr "値が存在しないレコードがあるカラムでソートすると落ちる問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news.txt:145
-msgid "過去のリリース"
-msgstr "過去のリリース"
+# 7b404fbaee354f039564b9801836632b
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:201
+msgid "モジュールの初期化関数が複数回呼ばれる問題を修正。#567"
+msgstr "モジュールの初期化関数が複数回呼ばれる問題を修正。#567"
 
-#: ../../../source/news.txt:102
-msgid "MacPortsでのインストールドキュメントを追加。"
-msgstr "MacPortsでのインストールドキュメントを追加。"
+# 7c373a23856e40b8bd051167cd665da0
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:202
+msgid "shutdownで終了しない問題を修正。#114"
+msgstr "shutdownで終了しない問題を修正。#114"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:72
-msgid "不正な文字を見つけた場合はログに出力。"
-msgstr "不正な文字を見つけた場合はログに出力。"
+# 36a591934ace4590af5bf857ba2ca25c
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:203
+msgid "全文検索時に削除したレコードが返る問題を修正。#617"
+msgstr "全文検索時に削除したレコードが返る問題を修正。#617"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:80
-msgid "主キーが数値のテーブルを参照しているカラムでの比較演算に対応。 #776"
-msgstr "主キーが数値のテーブルを参照しているカラムでの比較演算に対応。 #776"
+# 18e5e488a5c246a895feeaa7cc519c3e
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:204
+msgid "必要な時以外にMeCabの辞書チェックをしてしまう問題を修正。#555"
+msgstr "必要な時以外にMeCabの辞書チェックをしてしまう問題を修正。#555"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:167
-msgid "pkg-configがない場合はlibeditを検出しないようにした。 #540"
-msgstr "pkg-configがない場合はlibeditを検出しないようにした。 #540"
+# 84baf7761fa743b2853c975d0c5ab286
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:205
+msgid "存在しないパトリシアトライのレコードを参照すると落ちる問題を修正。#630"
+msgstr "存在しないパトリシアトライのレコードを参照すると落ちる問題を修正。#630"
 
-#: ../../../source/news.txt:55
-msgid ""
-"Windows: Used DLL relative path instead of executable file relative path."
-msgstr ""
-"Windows: Used DLL relative path instead of executable file relative path."
+# 1d36708609214457a7f1036d2a29cc73
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:206
+msgid "インストールドキュメントの誤字を修正。(SHIMODA Hiroshiさんが報告)"
+msgstr "インストールドキュメントの誤字を修正。(SHIMODA Hiroshiさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news.txt:112
+# 31e5b011893148b7a2e46b5282ad646b
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:212
+msgid "MATSUU Takutoさん"
+msgstr "MATSUU Takutoさん"
+
+# 1bcbb87c926f4ebd86cd7ab7acf19fc2
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:214
+msgid "SHIMODA Hiroshiさん"
+msgstr "SHIMODA Hiroshiさん"
+
+# 796a8f187f3648d68c01fc7f5cdeff2c
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:217
+msgid "1.0.2リリース - 2010/09/09"
+msgstr "1.0.2リリース - 2010/09/09"
+
+# c3249a911f1e47dca1f50ac18309e837
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:222
 msgid ""
-"MeCabトークナイザーの読み込みエラーを無視するようにした。た だし、ログには残"
-"る。 #893"
+":doc:`/commands/suggest` コマンドのサンプルを追加。(examples/dictionary/)"
 msgstr ""
-"MeCabトークナイザーの読み込みエラーを無視するようにした。た だし、ログには残"
-"る。 #893"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:69 ../../../source/news/1.0.x.txt:109
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:149 ../../../source/news/1.0.x.txt:239
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:265
-msgid "OBATA Akioさん"
-msgstr "OBATA Akioさん"
+":doc:`/commands/suggest` コマンドのサンプルを追加。(examples/dictionary/)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:148
-msgid "@s3kiさん"
-msgstr "@s3kiさん"
+# 7e66ef8b298e4857b839d1fd474a9460
+# 85f10bc95fad45eab208883e22374f33
+# f5a250c349704ff8b1c249cf130f10bf
+# 91ed1b6a85dc4f7fa93f2351fc0063b7
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:225 ../../../source/news/1.0.x.txt:133,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:177, ../../../source/news/1.0.x.txt:88,
+msgid "変更"
+msgstr "変更"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:110
-msgid "フラグメンテーションを解消するdefragコマンドの追加。"
-msgstr "フラグメンテーションを解消するdefragコマンドの追加。"
+# 825441c6c5634ca0b6a0eaee8cdefe3b
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:227
+msgid ""
+"HTTPで公開するディレクトリを指定する--admin-html-pathを--document-rootに変"
+"更。"
+msgstr ""
+"HTTPで公開するディレクトリを指定する--admin-html-pathを--document-rootに変"
+"更。"
 
-#: ../../../source/news.txt:63
-msgid ":doc:`/commands/load`: Added table name check. #934"
-msgstr ":doc:`/commands/load`: Added table name check. #934"
+# 7b31c0a649814d328971cd2d63391116
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:228
+msgid ""
+":doc:`/commands/select` コマンドのデフォルトの--output_columnsから_valueを削"
+"除。"
+msgstr ""
+":doc:`/commands/select` コマンドのデフォルトの--output_columnsから_valueを削"
+"除。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:77
-msgid "NO_KEYテーブルを参照しているカラム値をサポート。"
-msgstr "NO_KEYテーブルを参照しているカラム値をサポート。"
+# 8ad8ba8eb40846b6ac1a42d2366c06ff
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:233
+msgid "パッケージミスを修正。 (OBATA Akioさんが報告)"
+msgstr "パッケージミスを修正。 (OBATA Akioさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:121
-msgid "drilldown時に参照先が存在しない場合にSEGVする問題の修正。"
-msgstr "drilldown時に参照先が存在しない場合にSEGVする問題の修正。"
+# 1f195d3c21e3431892408d532f98bbc4
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:234
+msgid "GeoPointの度表記の解釈を修正。 #460"
+msgstr "GeoPointの度表記の解釈を修正。 #460"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:72
-msgid "1.0.5リリース - 2010/12/29"
-msgstr "1.0.5リリース - 2010/12/29"
+# af978816c3794d6dbf75f4bc36c35f0a
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:243
+msgid "1.0.1リリース - 2010/09/06"
+msgstr "1.0.1リリース - 2010/09/06"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:205
-msgid "存在しないパトリシアトライのレコードを参照すると落ちる問題を修正。#630"
-msgstr "存在しないパトリシアトライのレコードを参照すると落ちる問題を修正。#630"
+# c53479126c694f05b82842c2b87ada83
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:248
+msgid "CentOS 5/Fedora 13用RPMの提供。(Daiki Uenoさん作成のspecがベース)"
+msgstr "CentOS 5/Fedora 13用RPMの提供。(Daiki Uenoさん作成のspecがベース)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:164
-msgid ":doc:`/spec/search` の仕様を追加。"
-msgstr ":doc:`/spec/search` の仕様を追加。"
+# 992e506a06d54eb79991cfbf11e26e59
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:250
+msgid "ログパスのデフォルト値に--localstatedirを使用。(OBATA Akioさんが提案)"
+msgstr ""
+"ログパスのデフォルト値に--localstatedirを使用。(OBATA Akioさんが提案)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:118
-msgid "不正な名前を指定したときに指定された名前も報告するようにした。"
-msgstr "不正な名前を指定したときに指定された名前も報告するようにした。"
+# 6539c3b0674d48d980deea40649074ec
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:252
+msgid "BOM付きUTF-8に対応。"
+msgstr "BOM付きUTF-8に対応。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:77
-msgid "サジェスト機能用の学習プログラムを追加。"
-msgstr "サジェスト機能用の学習プログラムを追加。"
+# 96e1245fccfe4973bc991432b12d7440
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:257
+msgid "JSON JQueryプラグインが同梱されていない問題の修正。"
+msgstr "JSON JQueryプラグインが同梱されていない問題の修正。"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:118
-msgid "selectの出力に不正なカラムを指定された時にSEGVする問題を修正。"
-msgstr "selectの出力に不正なカラムを指定された時にSEGVする問題を修正。"
+# e9df6e230de54475a6ab313b717965a1
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:259
+msgid "テストが失敗する問題の修正。(OBATA Akioさんが報告)"
+msgstr "テストが失敗する問題の修正。(OBATA Akioさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:204
-msgid "必要な時以外にMeCabの辞書チェックをしてしまう問題を修正。#555"
-msgstr "必要な時以外にMeCabの辞書チェックをしてしまう問題を修正。#555"
+# 30ce303480e346dcafede6e37961a0dd
+# 6a63a56e1f6342b7b144fcd67137babe
+# b406e098ca304e8ca866f9943acf0fa8
+# 932953b231fb4fdea6af3f94a21b0456
+# 17fa9c33082a4eafb53f214a66c547f1
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:265 ../../../source/news/1.0.x.txt:109,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:149, ../../../source/news/1.0.x.txt:239,
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:69,
+msgid "OBATA Akioさん"
+msgstr "OBATA Akioさん"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:102
-msgid "キャッシュ情報を追加。"
-msgstr "キャッシュ情報を追加。"
+# cb70b27df5044e05a8e6e5e568c41335
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:268
+msgid "1.0.0リリース - 2010/08/29"
+msgstr "1.0.0リリース - 2010/08/29"
 
-#: ../../../source/news.txt:110
+# 1b9af54dacc84856b50c62f021186637
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:273
 msgid ""
-"Debianパッケージをcdbsベースからdebhelperベースへ移行。 パッケージ名の変更あ"
-"り。 #887"
+"指定したクエリに対する補完・修正・提案を行う :doc:`/commands/suggest` コマン"
+"ドを追加。"
 msgstr ""
-"Debianパッケージをcdbsベースからdebhelperベースへ移行。 パッケージ名の変更あ"
-"り。 #887"
-
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:24
-msgid "1.0.7リリース - 2011/01/29"
-msgstr "1.0.7リリース - 2011/01/29"
-
-#: ../../../source/news.txt:27
-msgid "fix elapsed time overflow in query log. #944"
-msgstr "fix elapsed time overflow in query log. #944"
+"指定したクエリに対する補完・修正・提案を行う :doc:`/commands/suggest` コマン"
+"ドを追加。"
 
+# 5295d177f0c44266b2da61906ec50262
 #: ../../../source/news/1.0.x.txt:275
 msgid ""
 ":doc:`/commands/delete` コマンドが失敗したらfalseを返すように変更。(Itagaki "
@@ -1213,35 +1548,91 @@ msgstr ""
 ":doc:`/commands/delete` コマンドが失敗したらfalseを返すように変更。(Itagaki "
 "Takahiroさんが提案)"
 
-#: ../../../source/news.txt:64
-msgid "Showed invalid name context in error message. #935"
-msgstr "Showed invalid name context in error message. #935"
+# 31933eabf3fc4738b6840143240d4d67
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:280
+msgid "関数もコマンドとして呼び出してしまう問題を修正。#431"
+msgstr "関数もコマンドとして呼び出してしまう問題を修正。#431"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:66
-msgid "libedit対応。"
-msgstr "libedit対応。"
+# c3f680a87f5147a292db4959ef125690
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:282
+msgid "索引付きカラムを等価条件で検索できない問題を修正。"
+msgstr "索引付きカラムを等価条件で検索できない問題を修正。"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:172
-msgid "クライアントモードでの--fileオプションのサポート。#578"
-msgstr "クライアントモードでの--fileオプションのサポート。#578"
+# 12050465ae5f4373840edbed3b74d947
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:284
+msgid ""
+":doc:`/commands/delete` コマンドでキーがShortText以外のレコードを削除できない"
+"問題の修正。(Itagaki Takahiroさんが報告)"
+msgstr ""
+":doc:`/commands/delete` コマンドでキーがShortText以外のレコードを削除できない"
+"問題の修正。(Itagaki Takahiroさんが報告)"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:163
-msgid "statusの出力結果にコマンドバージョンを追加。"
-msgstr "statusの出力結果にコマンドバージョンを追加。"
+# 5164ace79190446087cacae4dd91d159
+# a4e18b268e61411e9acb1710a65c410e
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:289 ../../../source/news/1.0.x.txt:213,
+msgid "Itagaki Takahiroさん"
+msgstr "Itagaki Takahiroさん"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:117
-msgid "不正なsortキーを指定された場合はSEGVする問題の修正。"
-msgstr "不正なsortキーを指定された場合はSEGVする問題の修正。"
+# 602dac12140c409cb25bb1b422ed5fd6
+# ca5e57f656d94d3283da6a795cf72724
+# 7f7e00aac288443396d0c974c4aa5304
+#: ../../../source/news/1.0.x.txt:211, ../../../source/news/1.0.x.txt:264,
+#: ../../../source/news/1.1.x.txt:31
+msgid "Daiki Uenoさん"
+msgstr "Daiki Uenoさん"
 
-#: ../../../source/news/0.x.txt:29
+# 296b564e46944f0da6d5a64f89869d91
+#: ../../../source/news/1.1.x.txt:6
+msgid "バージョン1.1.xのお知らせ"
+msgstr "バージョン1.1.xのお知らせ"
+
+# a9c4b31d48474153961693b0e85268f7
+#: ../../../source/news/1.1.x.txt:9
+msgid "1.1.0リリース - 2011/02/09"
+msgstr "1.1.0リリース - 2011/02/09"
+
+# 1ca38388068f482b80d71be862dad63e
+#: ../../../source/news/1.1.x.txt:14
+msgid "TokenDelimitNullトークナイザーを追加。"
+msgstr "TokenDelimitNullトークナイザーを追加。"
+
+# 8127e936e82a4b4594e88d73773d4f1d
+#: ../../../source/news/1.1.x.txt:15
 msgid ""
-":doc:`/functions/geo_in_rectangle` ()関数が引数を「左上」と「右下」で はな"
-"く、「左下」と「右上」と扱っていた問題を修正。"
+"プラグイン登録APIの名前を改良。 grn_db_register_by_name() -> "
+"grn_plugin_register() #834"
 msgstr ""
-":doc:`/functions/geo_in_rectangle` ()関数が引数を「左上」と「右下」で はな"
-"く、「左下」と「右上」と扱っていた問題を修正。"
+"プラグイン登録APIの名前を改良。 grn_db_register_by_name() -> "
+"grn_plugin_register() #834"
 
-#: ../../../source/news/1.0.x.txt:250
-msgid "ログパスのデフォルト値に--localstatedirを使用。(OBATA Akioさんが提案)"
+# 3473ac6c90b340d685deff7fbd42bb79
+#: ../../../source/news/1.1.x.txt:17
+msgid ""
+":doc:`/commands/select` の--query内で前方一致検索構文\"キーワード*\"対応。 "
+"#837"
 msgstr ""
-"ログパスのデフォルト値に--localstatedirを使用。(OBATA Akioさんが提案)"
+":doc:`/commands/select` の--query内で前方一致検索構文\"キーワード*\"対応。 "
+"#837"
+
+# 82181909aac84e729f0d4d610128fa74
+#: ../../../source/news/1.1.x.txt:18
+msgid ""
+"groonga.pcにgroonga-suggest-create-datasetのパスが設定されている "
+"groonga_suggest_create_dataset変数を追加。"
+msgstr ""
+"groonga.pcにgroonga-suggest-create-datasetのパスが設定されている "
+"groonga_suggest_create_dataset変数を追加。"
+
+# eeb6f1c7b6c747c5a7464225efca7b24
+#: ../../../source/news/1.1.x.txt:24
+msgid "ログにタイムスタンプの秒より小さい値が常に0になる問題を修正。"
+msgstr "ログにタイムスタンプの秒より小さい値が常に0になる問題を修正。"
+
+# 6c7eed10b78641f7a31808e8086a9bca
+#: ../../../source/news/1.1.x.txt:25
+msgid ""
+"サンプル内のスクリプトに実行属性がつかない問題を修正。 (Daiki Uenoさんが報"
+"告)"
+msgstr ""
+"サンプル内のスクリプトに実行属性がつかない問題を修正。 (Daiki Uenoさんが報"
+"告)"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/pseudo_column.po (+78 -61)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/pseudo_column.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (fad5f77)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/pseudo_column.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (b79b393)
@@ -1,30 +1,66 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:54+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:24
-msgid "``_key``"
-msgstr "``_key``"
+# e0c00a59182845a98ba1ad30a1c4d93c
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:6
+msgid "疑似カラム (pseudo_column)"
+msgstr "疑似カラム (pseudo_column)"
 
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:32
-msgid "``_score``"
-msgstr "``_score``"
+# b6d93ee7bdb34327b318e64f412378e6
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:9
+msgid "名前"
+msgstr "名前"
 
+# 41c72a10e7d84c75ab45424ed6ba4c03
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:11
+msgid "疑似カラム"
+msgstr "疑似カラム"
+
+# c5331890e90a4e23a8b065e446cc53b1
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:14
+msgid "説明"
+msgstr "説明"
+
+# dbe0e353e7384fcc8d8270002cdc8add
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:16
+msgid ""
+"groongaのデータベースで作成したテーブルには、いくつかのカラムが自動的に定義さ"
+"れます。"
+msgstr ""
+"groongaのデータベースで作成したテーブルには、いくつかのカラムが自動的に定義さ"
+"れます。"
+
+# 6101113e80c847a78ee2880566914b96
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:18
+msgid ""
+"これらのカラムはいずれもアンダースコア('_')で始まる名前が付与されます。定義さ"
+"れる疑似カラムは、テーブルの種類によって異なります。"
+msgstr ""
+"これらのカラムはいずれもアンダースコア('_')で始まる名前が付与されます。定義さ"
+"れる疑似カラムは、テーブルの種類によって異なります。"
+
+# 2fc9acdfef3f4ac08e5f9d6f72b7e91b
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:20
+msgid "``_id``"
+msgstr "``_id``"
+
+# d2080b111d1c40a59e997ec3a9464a56
 #: ../../../source/pseudo_column.txt:22
 msgid ""
 "レコードに付与される一意な番号です。全てのテーブルに定義されます。値の範囲は"
@@ -37,26 +73,12 @@ msgstr ""
 "は不変で、レコードが存在する限り変更することはできません。ただし、削除された"
 "レコードの_idの値は再利用されます。"
 
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:6
-msgid "疑似カラム (pseudo_column)"
-msgstr "疑似カラム (pseudo_column)"
-
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:40
-msgid ""
-"主キーの値が同一であったレコードの件数を表します。検索結果として生成された"
-"テーブルのみに定義されます。グループ化(drilldown)処理を実行すると、グループ化"
-"前のテーブルにおいて、グループ化キーの値が同一であったレコードの件数が、グ"
-"ループ化処理の結果を格納するテーブルの_nsubrecsに記録されます。"
-msgstr ""
-"主キーの値が同一であったレコードの件数を表します。検索結果として生成された"
-"テーブルのみに定義されます。グループ化(drilldown)処理を実行すると、グループ化"
-"前のテーブルにおいて、グループ化キーの値が同一であったレコードの件数が、グ"
-"ループ化処理の結果を格納するテーブルの_nsubrecsに記録されます。"
-
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:28
-msgid "``_value``"
-msgstr "``_value``"
+# 726f79d4a9614320ab7ea062ed127807
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:24
+msgid "``_key``"
+msgstr "``_key``"
 
+# de3d1898a9154c38b2b42d59bac3a30c
 #: ../../../source/pseudo_column.txt:26
 msgid ""
 "レコードの主キー値を表します。主キーを持つテーブルのみに定義されます。主キー"
@@ -65,10 +87,12 @@ msgstr ""
 "レコードの主キー値を表します。主キーを持つテーブルのみに定義されます。主キー"
 "値はテーブルの中で一意であり、変更することはできません。"
 
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:14
-msgid "説明"
-msgstr "説明"
+# db8f75bd6855412e82ea23ec67208f19
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:28
+msgid "``_value``"
+msgstr "``_value``"
 
+# 95628e7b047c4b2d9876039c1c2856df
 #: ../../../source/pseudo_column.txt:30
 msgid ""
 "レコードの値を表します。value_typeを指定したテーブルのみに定義されます。自由"
@@ -77,18 +101,12 @@ msgstr ""
 "レコードの値を表します。value_typeを指定したテーブルのみに定義されます。自由"
 "に変更可能です。"
 
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:9
-msgid "名前"
-msgstr "名前"
-
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:38
-msgid "``_nsubrecs``"
-msgstr "``_nsubrecs``"
-
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:11
-msgid "疑似カラム"
-msgstr "疑似カラム"
+# f8027f0afd86422d9d133fc0425b6bb8
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:32
+msgid "``_score``"
+msgstr "``_score``"
 
+# f5667e40e315411394b92acd8dd1db1b
 #: ../../../source/pseudo_column.txt:34
 msgid ""
 "各レコードのスコア値を表します。検索結果として生成されたテーブルのみに定義さ"
@@ -97,26 +115,25 @@ msgstr ""
 "各レコードのスコア値を表します。検索結果として生成されたテーブルのみに定義さ"
 "れます。"
 
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:16
-msgid ""
-"groongaのデータベースで作成したテーブルには、いくつかのカラムが自動的に定義さ"
-"れます。"
-msgstr ""
-"groongaのデータベースで作成したテーブルには、いくつかのカラムが自動的に定義さ"
-"れます。"
-
+# 85f1a7ae08734f719d52729d420d263f
 #: ../../../source/pseudo_column.txt:36
 msgid "検索処理を実行する過程で値が設定されますが、自由に変更可能です。"
 msgstr "検索処理を実行する過程で値が設定されますが、自由に変更可能です。"
 
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:18
+# 0a86adabe5d54167a4d13eb0b923f3b5
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:38
+msgid "``_nsubrecs``"
+msgstr "``_nsubrecs``"
+
+# 1ba180d66ae8420e9aafd156a88583bd
+#: ../../../source/pseudo_column.txt:40
 msgid ""
-"これらのカラムはいずれもアンダースコア('_')で始まる名前が付与されます。定義さ"
-"れる疑似カラムは、テーブルの種類によって異なります。"
+"主キーの値が同一であったレコードの件数を表します。検索結果として生成された"
+"テーブルのみに定義されます。グループ化(drilldown)処理を実行すると、グループ化"
+"前のテーブルにおいて、グループ化キーの値が同一であったレコードの件数が、グ"
+"ループ化処理の結果を格納するテーブルの_nsubrecsに記録されます。"
 msgstr ""
-"これらのカラムはいずれもアンダースコア('_')で始まる名前が付与されます。定義さ"
-"れる疑似カラムは、テーブルの種類によって異なります。"
-
-#: ../../../source/pseudo_column.txt:20
-msgid "``_id``"
-msgstr "``_id``"
+"主キーの値が同一であったレコードの件数を表します。検索結果として生成された"
+"テーブルのみに定義されます。グループ化(drilldown)処理を実行すると、グループ化"
+"前のテーブルにおいて、グループ化キーの値が同一であったレコードの件数が、グ"
+"ループ化処理の結果を格納するテーブルの_nsubrecsに記録されます。"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/reference.po (+6 -5)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/reference.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (d2ab687)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/reference.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (a511e58)
@@ -1,22 +1,23 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:54+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
+# 4422cb5215fa435e92f0330bb2b679d8
 #: ../../../source/reference.txt:6
 msgid "リファレンスマニュアル"
 msgstr "リファレンスマニュアル"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/spec.po (+263 -221)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/spec.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (4afcfa0)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/spec.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (764b1e6)
@@ -1,56 +1,53 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:54+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:59
-msgid ""
-"これに対して、TokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザではアルファベット文字列"
-"についてもbigramを生成し、「楽しいbilliard」という文字列は、"
-msgstr ""
-"これに対して、TokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザではアルファベット文字列"
-"についてもbigramを生成し、「楽しいbilliard」という文字列は、"
+# 517b3ae90bb7488d93fb9bd729b8c29a
+#: ../../../source/spec.txt:6
+msgid "仕様"
+msgstr "仕様"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:103
-msgid ""
-"groongaは基本的に完全一致検索のみを行います。完全一致検索でのヒット件数が所定"
-"の閾値を超えない場合に限り、非わかち書き検索を行い、それでもヒット件数が閾値"
-"を超えない場合は部分一致検索を行います。(閾値は1がデフォルト値となっています)"
-msgstr ""
-"groongaは基本的に完全一致検索のみを行います。完全一致検索でのヒット件数が所定"
-"の閾値を超えない場合に限り、非わかち書き検索を行い、それでもヒット件数が閾値"
-"を超えない場合は部分一致検索を行います。(閾値は1がデフォルト値となっています)"
+# f67fb4e743514900b876bb0d34c15c98
+#: ../../../source/spec/search.txt:6
+msgid "検索"
+msgstr "検索"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:80
+# 746f9e2b17e4409190fa2526cf955799
+#: ../../../source/spec/search.txt:8
 msgid ""
-"TokenMeCabトークナイザーの場合はわかち書き前のキーワードで前方一致検索をしま"
-"す。"
+":doc:`/commands/select` コマンドがqueryパラメータを使ってどのように検索するの"
+"かを説明します。"
 msgstr ""
-"TokenMeCabトークナイザーの場合はわかち書き前のキーワードで前方一致検索をしま"
-"す。"
+":doc:`/commands/select` コマンドがqueryパラメータを使ってどのように検索するの"
+"かを説明します。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:27
-msgid ""
-"このとき、検索キーワードをトークナイズした結果得られる語彙の配列と同一の配列"
-"を含む文書を検索する処理を完全一致検索と呼んでいます。"
+# 9f70608627374e4a87678eb846cc7acb
+#: ../../../source/spec/search.txt:11
+msgid "検索の挙動"
+msgstr "検索の挙動"
+
+# d6c21f03d1724fbab195977efc981a68
+#: ../../../source/spec/search.txt:13
+msgid "検索の挙動には以下の3種類あり、検索結果によって動的に使い分けています。"
 msgstr ""
-"このとき、検索キーワードをトークナイズした結果得られる語彙の配列と同一の配列"
-"を含む文書を検索する処理を完全一致検索と呼んでいます。"
+"検索の挙動には以下の3種類あり、検索結果によって動的に使い分けています。"
 
+# 854a5d215b2d4588b36d40b354327e24
 #: ../../../source/spec/search.txt:19
 msgid ""
 "どのように検索の挙動を使い分けているかを説明する前に、まず、それぞれの検索の"
@@ -59,56 +56,57 @@ msgstr ""
 "どのように検索の挙動を使い分けているかを説明する前に、まず、それぞれの検索の"
 "挙動を説明します。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:97
+# 5944673086f846c783cf29ea46d74a20
+# 9f62f95fae664e4f845d0a79bf8340d5
+#: ../../../source/spec/search.txt:22 ../../../source/spec/search.txt:15,
+msgid "完全一致検索"
+msgstr "完全一致検索"
+
+# 57beff946afb47b282b451e15652ef7f
+#: ../../../source/spec/search.txt:24
 msgid ""
-"例えば、「スープカレー」というキーワードで検索した場合、「スープカレー」"
-"(\"スープ\"と\"カレー\"の2単語扱い)や「スープカレーライス」(\"スープ\"と"
-"\"カレーライス\"の2単語扱い)、「スープカレーバー」(1単語扱い)にもヒットし"
-"ます。"
+"検索対象文書は複数の語彙にトークナイズ(分割)され、それぞれを単位とした語彙表"
+"に索引を管理します。 検索キーワードも同一の方法でトークナイズされます。"
 msgstr ""
-"例えば、「スープカレー」というキーワードで検索した場合、「スープカレー」"
-"(\"スープ\"と\"カレー\"の2単語扱い)や「スープカレーライス」(\"スープ\"と"
-"\"カレーライス\"の2単語扱い)、「スープカレーバー」(1単語扱い)にもヒットし"
-"ます。"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:109
-msgid "select Shops --match_column description --query スープカレー"
-msgstr "select Shops --match_column description --query スープカレー"
+"検索対象文書は複数の語彙にトークナイズ(分割)され、それぞれを単位とした語彙表"
+"に索引を管理します。 検索キーワードも同一の方法でトークナイズされます。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:47
+# a3b8bcd5e2ea438ca1f96c543d7461f6
+#: ../../../source/spec/search.txt:27
 msgid ""
-"という二つの語彙の配列として処理されます。この語彙の並びは、「東京 / 京都 / "
-"都民」という語彙の並びに含まれますので、完全一致検索でヒットします。"
+"このとき、検索キーワードをトークナイズした結果得られる語彙の配列と同一の配列"
+"を含む文書を検索する処理を完全一致検索と呼んでいます。"
 msgstr ""
-"という二つの語彙の配列として処理されます。この語彙の並びは、「東京 / 京都 / "
-"都民」という語彙の並びに含まれますので、完全一致検索でヒットします。"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:17 ../../../source/spec/search.txt:85
-msgid "部分一致検索"
-msgstr "部分一致検索"
+"このとき、検索キーワードをトークナイズした結果得られる語彙の配列と同一の配列"
+"を含む文書を検索する処理を完全一致検索と呼んでいます。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:95
+# 05d5da2d38504dcba79e358a006ce5e7
+#: ../../../source/spec/search.txt:29
 msgid ""
-"TokenMeCabトークナイザーの場合はわかち書き後のキーワードで前方一致検索と中間"
-"一致検索と後方一致検索をします。"
+"たとえば、TokenMecabトークナイザを使用した索引では「東京都民」という文字列は"
 msgstr ""
-"TokenMeCabトークナイザーの場合はわかち書き後のキーワードで前方一致検索と中間"
-"一致検索と後方一致検索をします。"
+"たとえば、TokenMecabトークナイザを使用した索引では「東京都民」という文字列は"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:67
+# 85b491d8ed19485e8b36c10f093c7fca
+#: ../../../source/spec/search.txt:31
+msgid "東京 / 都民"
+msgstr "東京 / 都民"
+
+# 58eadc74e8c742c38c48bec0398e4059
+#: ../../../source/spec/search.txt:33
 msgid ""
-"という三つの語彙として処理されます。この語彙の並びは「楽し / しい / いb / "
-"bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d」という語彙の並びに含まれるので、完全一"
-"致でヒットします。"
+"という二つの語彙の配列として格納されます。この索引に対して「東京都」という"
+"キーワードで検索した時、このキーワードは、"
 msgstr ""
-"という三つの語彙として処理されます。この語彙の並びは「楽し / しい / いb / "
-"bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d」という語彙の並びに含まれるので、完全一"
-"致でヒットします。"
+"という二つの語彙の配列として格納されます。この索引に対して「東京都」という"
+"キーワードで検索した時、このキーワードは、"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:15 ../../../source/spec/search.txt:22
-msgid "完全一致検索"
-msgstr "完全一致検索"
+# 7c2b2076686444c89fa18aa9fd401e5c
+#: ../../../source/spec/search.txt:35
+msgid "東京 / 都"
+msgstr "東京 / 都"
 
+# 083c0823be17457881e0b02d1e4ac073
 #: ../../../source/spec/search.txt:37
 msgid ""
 "という二つの語彙の配列として処理されます。この語彙の並びは、「東京 / 都民」と"
@@ -117,16 +115,7 @@ msgstr ""
 "という二つの語彙の配列として処理されます。この語彙の並びは、「東京 / 都民」と"
 "いう語彙の並びには一致しませんので、完全一致検索ではヒットしません。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:29
-msgid ""
-"たとえば、TokenMecabトークナイザを使用した索引では「東京都民」という文字列は"
-msgstr ""
-"たとえば、TokenMecabトークナイザを使用した索引では「東京都民」という文字列は"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:16 ../../../source/spec/search.txt:70
-msgid "非わかち書き検索"
-msgstr "非わかち書き検索"
-
+# 9561744a97b54ec5bc66806cbc0dd4bb
 #: ../../../source/spec/search.txt:39
 msgid ""
 "これに対して、TokenBigramトークナイザを使用した索引では「東京都民」という文字"
@@ -135,39 +124,65 @@ msgstr ""
 "これに対して、TokenBigramトークナイザを使用した索引では「東京都民」という文字"
 "列は"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:78
-msgid ""
-"例えば、「bill」というキーワードで検索した場合、「bill」も「billiard」もヒッ"
-"トします。"
-msgstr ""
-"例えば、「bill」というキーワードで検索した場合、「bill」も「billiard」もヒッ"
-"トします。"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:35
-msgid "東京 / 都"
-msgstr "東京 / 都"
+# 0876733efed44cda97078f7300f9cd08
+#: ../../../source/spec/search.txt:41
+msgid "東京 / 京都 / 都民 / 民"
+msgstr "東京 / 京都 / 都民 / 民"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:93
+# 3ffe69ed5095401b8c8bf96c6f1d10f8
+#: ../../../source/spec/search.txt:43
 msgid ""
-"例えば、「ill」というキーワードで検索した場合、「bill」も「billiard」もヒット"
-"します。"
+"という四つの語彙の配列として格納されます。この索引に対して「東京都」という"
+"キーワードで検索した時、このキーワードは、"
 msgstr ""
-"例えば、「ill」というキーワードで検索した場合、「bill」も「billiard」もヒット"
-"します。"
+"という四つの語彙の配列として格納されます。この索引に対して「東京都」という"
+"キーワードで検索した時、このキーワードは、"
 
+# 66170b6c987147148b72a597821a65b7
 #: ../../../source/spec/search.txt:45
 msgid "東京 / 京都"
 msgstr "東京 / 京都"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:11
-msgid "検索の挙動"
-msgstr "検索の挙動"
+# b5a6d3580bf74965ba971d2f6bb19663
+#: ../../../source/spec/search.txt:47
+msgid ""
+"という二つの語彙の配列として処理されます。この語彙の並びは、「東京 / 京都 / "
+"都民」という語彙の並びに含まれますので、完全一致検索でヒットします。"
+msgstr ""
+"という二つの語彙の配列として処理されます。この語彙の並びは、「東京 / 京都 / "
+"都民」という語彙の並びに含まれますので、完全一致検索でヒットします。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:13
-msgid "検索の挙動には以下の3種類あり、検索結果によって動的に使い分けています。"
+# 41dac432f09348bdb2bd1b8c085b57a6
+#: ../../../source/spec/search.txt:49
+msgid ""
+"なお、TokenBigramトークナイザでは、アルファベット・数値・記号文字列については"
+"bigramを生成せず、一つの連続したトークンとして扱います。たとえば、「楽しい"
+"billiard」という文字列は、"
 msgstr ""
-"検索の挙動には以下の3種類あり、検索結果によって動的に使い分けています。"
+"なお、TokenBigramトークナイザでは、アルファベット・数値・記号文字列については"
+"bigramを生成せず、一つの連続したトークンとして扱います。たとえば、「楽しい"
+"billiard」という文字列は、"
+
+# 8abf8340cc324a7bb92aefce7e9ccd27
+#: ../../../source/spec/search.txt:51
+msgid "楽し / しい / billiard"
+msgstr "楽し / しい / billiard"
+
+# 2f724aabe82e40349691b5a5956062bc
+#: ../../../source/spec/search.txt:53
+msgid ""
+"という三つの語彙の配列として格納されます。これに対して「bill」というキーワー"
+"ドで検索した時、このキーワードは、"
+msgstr ""
+"という三つの語彙の配列として格納されます。これに対して「bill」というキーワー"
+"ドで検索した時、このキーワードは、"
 
+# b322d147330b441ca2ebe0b9843d59dc
+#: ../../../source/spec/search.txt:55
+msgid "bill"
+msgstr "bill"
+
+# 3a452c17d142458fb3b99debb1f8684a
 #: ../../../source/spec/search.txt:57
 msgid ""
 "という一つの語彙として処理されます。この語彙の並びは「楽し / しい / "
@@ -176,22 +191,95 @@ msgstr ""
 "という一つの語彙として処理されます。この語彙の並びは「楽し / しい / "
 "billiard」という語彙の並びには含まれないので、完全一致でヒットしません。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:111
+# 8adf8c6a47f343b8bb3ba757c4473a50
+#: ../../../source/spec/search.txt:59
 msgid ""
-"しかし、以下のように全文検索を行う前に検索結果セットが存在する場合は完全一致"
-"検索のみを行います。(point > 3で閾値の件数以上ヒットしている場合)::"
+"これに対して、TokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザではアルファベット文字列"
+"についてもbigramを生成し、「楽しいbilliard」という文字列は、"
 msgstr ""
-"しかし、以下のように全文検索を行う前に検索結果セットが存在する場合は完全一致"
-"検索のみを行います。(point > 3で閾値の件数以上ヒットしている場合)::"
+"これに対して、TokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザではアルファベット文字列"
+"についてもbigramを生成し、「楽しいbilliard」という文字列は、"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:89
+# 11564b71cb6949c8a75d39e6702a5c39
+#: ../../../source/spec/search.txt:61
+msgid "楽し / しい / いb / bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d"
+msgstr "楽し / しい / いb / bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d"
+
+# e9e45046cea34f578fa02624ed243986
+#: ../../../source/spec/search.txt:63
 msgid ""
-"部分一致検索の挙動はTokenBigramなどN-gram系のトークナイザーを利用している場合"
-"とTokenMecabトークナイザーを利用している場合で挙動が変わります。"
+"という十一の語彙の配列として格納されます。これに対して「bill」というキーワー"
+"ドで検索した時、このキーワードは、"
 msgstr ""
-"部分一致検索の挙動はTokenBigramなどN-gram系のトークナイザーを利用している場合"
-"とTokenMecabトークナイザーを利用している場合で挙動が変わります。"
+"という十一の語彙の配列として格納されます。これに対して「bill」というキーワー"
+"ドで検索した時、このキーワードは、"
+
+# 42cfc5619474476e9a5824902db73c48
+#: ../../../source/spec/search.txt:65
+msgid "bi / il / ll"
+msgstr "bi / il / ll"
+
+# 586d4986f46e4234971c6c931c7e49c2
+#: ../../../source/spec/search.txt:67
+msgid ""
+"という三つの語彙として処理されます。この語彙の並びは「楽し / しい / いb / "
+"bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d」という語彙の並びに含まれるので、完全一"
+"致でヒットします。"
+msgstr ""
+"という三つの語彙として処理されます。この語彙の並びは「楽し / しい / いb / "
+"bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d」という語彙の並びに含まれるので、完全一"
+"致でヒットします。"
+
+# cc14ee3c8ea14b3c961ede1de20a1890
+# 5d03ab5617894006b4b6aecbb9867744
+#: ../../../source/spec/search.txt:70 ../../../source/spec/search.txt:16,
+msgid "非わかち書き検索"
+msgstr "非わかち書き検索"
+
+# 2c3d05c0a7984b4ea8aa85957ab12f81
+#: ../../../source/spec/search.txt:72
+msgid ""
+"非わかち書き検索はパトリシア木で語彙表を構築している場合のみ利用可能です。"
+msgstr ""
+"非わかち書き検索はパトリシア木で語彙表を構築している場合のみ利用可能です。"
+
+# 700b3ad0e3634475a262ca8242b35a2a
+#: ../../../source/spec/search.txt:74
+msgid ""
+"非わかち書き検索の挙動はTokenBigramなどN-gram系のトークナイザーを利用している"
+"場合とTokenMecabトークナイザーを利用している場合で挙動が変わります。"
+msgstr ""
+"非わかち書き検索の挙動はTokenBigramなどN-gram系のトークナイザーを利用している"
+"場合とTokenMecabトークナイザーを利用している場合で挙動が変わります。"
 
+# 5939468aad224660b2634278cbe7fdfb
+#: ../../../source/spec/search.txt:76
+msgid ""
+"N-gram系のトークナイザーを利用している場合はキーワードで前方一致検索をしま"
+"す。"
+msgstr ""
+"N-gram系のトークナイザーを利用している場合はキーワードで前方一致検索をしま"
+"す。"
+
+# bceb4b565e874a9ba03969beac417800
+#: ../../../source/spec/search.txt:78
+msgid ""
+"例えば、「bill」というキーワードで検索した場合、「bill」も「billiard」もヒッ"
+"トします。"
+msgstr ""
+"例えば、「bill」というキーワードで検索した場合、「bill」も「billiard」もヒッ"
+"トします。"
+
+# 7338efce813d41aa957ed00434f2fe4a
+#: ../../../source/spec/search.txt:80
+msgid ""
+"TokenMeCabトークナイザーの場合はわかち書き前のキーワードで前方一致検索をしま"
+"す。"
+msgstr ""
+"TokenMeCabトークナイザーの場合はわかち書き前のキーワードで前方一致検索をしま"
+"す。"
+
+# e6421c2fcb864af1a757edf3c4ad687f
 #: ../../../source/spec/search.txt:82
 msgid ""
 "例えば、「スープカレー」というキーワードで検索した場合、「スープカレーバー」"
@@ -204,20 +292,13 @@ msgstr ""
 "語扱い)や「スープカレーライス」(\"スープ\"と\"カレーライス\"の2単語扱い)に"
 "はヒットしません。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:49
-msgid ""
-"なお、TokenBigramトークナイザでは、アルファベット・数値・記号文字列については"
-"bigramを生成せず、一つの連続したトークンとして扱います。たとえば、「楽しい"
-"billiard」という文字列は、"
-msgstr ""
-"なお、TokenBigramトークナイザでは、アルファベット・数値・記号文字列については"
-"bigramを生成せず、一つの連続したトークンとして扱います。たとえば、「楽しい"
-"billiard」という文字列は、"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:91
-msgid "Bigramの場合は前方一致検索と中間一致検索と後方一致検索を行います。"
-msgstr "Bigramの場合は前方一致検索と中間一致検索と後方一致検索を行います。"
+# 3d317d2784834db98f0693d211144b34
+# e3a3429861f045baa271d517fa538332
+#: ../../../source/spec/search.txt:85 ../../../source/spec/search.txt:17,
+msgid "部分一致検索"
+msgstr "部分一致検索"
 
+# c26ed17dffd14f7d98168b641ebd14c3
 #: ../../../source/spec/search.txt:87
 msgid ""
 "部分一致検索はパトリシア木で語彙表を構築していて、かつ、KEY_WITH_SISオプショ"
@@ -228,66 +309,77 @@ msgstr ""
 "ンを指定している場合のみ利用可能です。KEY_WITH_SISオプションが指定されていな"
 "い場合は非わかち書き検索と同等です。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:31
-msgid "東京 / 都民"
-msgstr "東京 / 都民"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:43
+# e607add050124826a9344a7975700291
+#: ../../../source/spec/search.txt:89
 msgid ""
-"という四つの語彙の配列として格納されます。この索引に対して「東京都」という"
-"キーワードで検索した時、このキーワードは、"
+"部分一致検索の挙動はTokenBigramなどN-gram系のトークナイザーを利用している場合"
+"とTokenMecabトークナイザーを利用している場合で挙動が変わります。"
 msgstr ""
-"という四つの語彙の配列として格納されます。この索引に対して「東京都」という"
-"キーワードで検索した時、このキーワードは、"
+"部分一致検索の挙動はTokenBigramなどN-gram系のトークナイザーを利用している場合"
+"とTokenMecabトークナイザーを利用している場合で挙動が変わります。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:61
-msgid "楽し / しい / いb / bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d"
-msgstr "楽し / しい / いb / bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d"
+# ddb2ad014ba84069af1468e19c400219
+#: ../../../source/spec/search.txt:91
+msgid "Bigramの場合は前方一致検索と中間一致検索と後方一致検索を行います。"
+msgstr "Bigramの場合は前方一致検索と中間一致検索と後方一致検索を行います。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:63
+# dab4d2fda832486c95dc41b812f8d671
+#: ../../../source/spec/search.txt:93
 msgid ""
-"という十一の語彙の配列として格納されます。これに対して「bill」というキーワー"
-"ドで検索した時、このキーワードは、"
+"例えば、「ill」というキーワードで検索した場合、「bill」も「billiard」もヒット"
+"します。"
 msgstr ""
-"という十一の語彙の配列として格納されます。これに対して「bill」というキーワー"
-"ドで検索した時、このキーワードは、"
+"例えば、「ill」というキーワードで検索した場合、「bill」も「billiard」もヒット"
+"します。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:72
+# c3ee49aaf161478d9b3c02b3aa99eda9
+#: ../../../source/spec/search.txt:95
 msgid ""
-"非わかち書き検索はパトリシア木で語彙表を構築している場合のみ利用可能です。"
+"TokenMeCabトークナイザーの場合はわかち書き後のキーワードで前方一致検索と中間"
+"一致検索と後方一致検索をします。"
 msgstr ""
-"非わかち書き検索はパトリシア木で語彙表を構築している場合のみ利用可能です。"
+"TokenMeCabトークナイザーの場合はわかち書き後のキーワードで前方一致検索と中間"
+"一致検索と後方一致検索をします。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:8
+# 9f04a5e0fff9482a81589d39acafd6a9
+#: ../../../source/spec/search.txt:97
 msgid ""
-":doc:`/commands/select` コマンドがqueryパラメータを使ってどのように検索するの"
-"かを説明します。"
+"例えば、「スープカレー」というキーワードで検索した場合、「スープカレー」"
+"(\"スープ\"と\"カレー\"の2単語扱い)や「スープカレーライス」(\"スープ\"と"
+"\"カレーライス\"の2単語扱い)、「スープカレーバー」(1単語扱い)にもヒットし"
+"ます。"
 msgstr ""
-":doc:`/commands/select` コマンドがqueryパラメータを使ってどのように検索するの"
-"かを説明します。"
+"例えば、「スープカレー」というキーワードで検索した場合、「スープカレー」"
+"(\"スープ\"と\"カレー\"の2単語扱い)や「スープカレーライス」(\"スープ\"と"
+"\"カレーライス\"の2単語扱い)、「スープカレーバー」(1単語扱い)にもヒットし"
+"ます。"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:65
-msgid "bi / il / ll"
-msgstr "bi / il / ll"
+# fcf14f40280a472a85bbf52303c99b35
+#: ../../../source/spec/search.txt:101
+msgid "検索の使い分け"
+msgstr "検索の使い分け"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:113
+# 90e2100ccbf74b5f8c8367a0b52ebee8
+#: ../../../source/spec/search.txt:103
 msgid ""
-"select Shops --filter '\"point > 3 && description @ \\\"スープカレー\\\"\"'"
+"groongaは基本的に完全一致検索のみを行います。完全一致検索でのヒット件数が所定"
+"の閾値を超えない場合に限り、非わかち書き検索を行い、それでもヒット件数が閾値"
+"を超えない場合は部分一致検索を行います。(閾値は1がデフォルト値となっています)"
 msgstr ""
-"select Shops --filter '\"point > 3 && description @ \\\"スープカレー\\\"\"'"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:41
-msgid "東京 / 京都 / 都民 / 民"
-msgstr "東京 / 京都 / 都民 / 民"
+"groongaは基本的に完全一致検索のみを行います。完全一致検索でのヒット件数が所定"
+"の閾値を超えない場合に限り、非わかち書き検索を行い、それでもヒット件数が閾値"
+"を超えない場合は部分一致検索を行います。(閾値は1がデフォルト値となっています)"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:33
+# c10e19b25ee241eeaddbfc9bcf1b1708
+#: ../../../source/spec/search.txt:105
 msgid ""
-"という二つの語彙の配列として格納されます。この索引に対して「東京都」という"
-"キーワードで検索した時、このキーワードは、"
+"ただし、すでに検索結果セットが存在する場合はたとえヒット件数が閾値に満たなく"
+"ても完全一致検索のみを行います。"
 msgstr ""
-"という二つの語彙の配列として格納されます。この索引に対して「東京都」という"
-"キーワードで検索した時、このキーワードは、"
+"ただし、すでに検索結果セットが存在する場合はたとえヒット件数が閾値に満たなく"
+"ても完全一致検索のみを行います。"
 
+# b35503903aba47ffa4703cc6264e1f08
 #: ../../../source/spec/search.txt:107
 msgid ""
 "例えば、以下のようなクエリの場合は、それぞれの検索でヒット件数が閾値に満たな"
@@ -296,14 +388,16 @@ msgstr ""
 "例えば、以下のようなクエリの場合は、それぞれの検索でヒット件数が閾値に満たな"
 "い場合は完全一致検索、非わかち書き検索、部分一致検索を順に行います。::"
 
-#: ../../../source/spec/search.txt:105
+# 2c57d9b0e22b4bfd99997f11bb112bf4
+#: ../../../source/spec/search.txt:111
 msgid ""
-"ただし、すでに検索結果セットが存在する場合はたとえヒット件数が閾値に満たなく"
-"ても完全一致検索のみを行います。"
+"しかし、以下のように全文検索を行う前に検索結果セットが存在する場合は完全一致"
+"検索のみを行います。(point > 3で閾値の件数以上ヒットしている場合)::"
 msgstr ""
-"ただし、すでに検索結果セットが存在する場合はたとえヒット件数が閾値に満たなく"
-"ても完全一致検索のみを行います。"
+"しかし、以下のように全文検索を行う前に検索結果セットが存在する場合は完全一致"
+"検索のみを行います。(point > 3で閾値の件数以上ヒットしている場合)::"
 
+# 8b425d26bf3f42c3aca9a40d24a26997
 #: ../../../source/spec/search.txt:115
 msgid ""
 "そのため、descriptionに「スープカレーライス」が含まれていても、「スープカレー"
@@ -311,55 +405,3 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "そのため、descriptionに「スープカレーライス」が含まれていても、「スープカレー"
 "ライス」は「スープカレー」に完全一致しないのでヒットしません。"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:76
-msgid ""
-"N-gram系のトークナイザーを利用している場合はキーワードで前方一致検索をしま"
-"す。"
-msgstr ""
-"N-gram系のトークナイザーを利用している場合はキーワードで前方一致検索をしま"
-"す。"
-
-#: ../../../source/spec.txt:6
-msgid "仕様"
-msgstr "仕様"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:53
-msgid ""
-"という三つの語彙の配列として格納されます。これに対して「bill」というキーワー"
-"ドで検索した時、このキーワードは、"
-msgstr ""
-"という三つの語彙の配列として格納されます。これに対して「bill」というキーワー"
-"ドで検索した時、このキーワードは、"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:55
-msgid "bill"
-msgstr "bill"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:51
-msgid "楽し / しい / billiard"
-msgstr "楽し / しい / billiard"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:74
-msgid ""
-"非わかち書き検索の挙動はTokenBigramなどN-gram系のトークナイザーを利用している"
-"場合とTokenMecabトークナイザーを利用している場合で挙動が変わります。"
-msgstr ""
-"非わかち書き検索の挙動はTokenBigramなどN-gram系のトークナイザーを利用している"
-"場合とTokenMecabトークナイザーを利用している場合で挙動が変わります。"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:6
-msgid "検索"
-msgstr "検索"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:24
-msgid ""
-"検索対象文書は複数の語彙にトークナイズ(分割)され、それぞれを単位とした語彙表"
-"に索引を管理します。 検索キーワードも同一の方法でトークナイズされます。"
-msgstr ""
-"検索対象文書は複数の語彙にトークナイズ(分割)され、それぞれを単位とした語彙表"
-"に索引を管理します。 検索キーワードも同一の方法でトークナイズされます。"
-
-#: ../../../source/spec/search.txt:101
-msgid "検索の使い分け"
-msgstr "検索の使い分け"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/suggest.po (+562 -499)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/suggest.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (54b7f70)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/suggest.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (f34ec9f)
@@ -7,104 +7,61 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-08-11 11:28\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-08-11 11:28+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-# 544a44f0cc2749e6a23fe832b2d9b21c
-#: suggest.txt:6
+# ac48029b421c461bb5ac62988dec3630
+# 0536502452f2467f833ff58abe3e7635
+# df6ffd40498e42e6b3bcb59eab316026
+#: ../../../source/example/completion-1.log:1,
+#: ../../../source/example/correction-1.log:1,
+#: ../../../source/example/suggestion-1.log:1
+msgid "Execution example::"
+msgstr "Execution example::"
+
+# b6d6a61395a948ce8b3a286a9a73b140
+#: ../../../source/suggest.txt:6
 msgid "Suggest"
 msgstr "Suggest"
 
-# 96a71d1c516b478cbd9b2f705315b8ed
-#: suggest.txt:8
+# 8865b53d7ba2431e871354d61c479fc7
+#: ../../../source/suggest.txt:8
 msgid ""
-"Groonga has suggest feature. This section describes how to use it and how it "
-"works."
+"Groonga has the suggest feature. This section describes how to use it and "
+"how it works."
 msgstr ""
-"Groonga has suggest feature. This section describes how to use it and how it "
-"works."
-
-# 0c50282d52dc416094278e4dc3c5bc47
-# 47ce998d1c3e48158d93271a0ab40866
-# a7225d84e256451da2a32d85ec878e7a
-#: suggest/completion.txt:12, suggest/introduction.txt:10,
-#: suggest/introduction.txt:15
-msgid "Completion"
-msgstr "Completion"
-
-# 7dd8bc9d52cd4e82b4c1cf8a3f2c166f
-# e84a8689c661433cb8b846fb1ee60b22
-#: suggest/completion.txt:14, suggest/suggestion.txt:14
-msgid "This section describes about the following completion features:"
-msgstr "This section describes about the following completion features:"
-
-# 583352ff44d04635b00580cbf783f998
-# 7cd354cf1a9a4f4eab643b4508c8b640
-# ad43a629cb28426bba3186e55ba37052
-# 422a670715554294a80374bb2faa1037
-# 4427890fd1f24ce5bc9452274088ca18
-# 9eba5247e0c04f63ab7dc375c3c9bc79
-#: suggest/completion.txt:17, suggest/completion.txt:22,
-#: suggest/correction.txt:17, suggest/correction.txt:22,
-#: suggest/suggestion.txt:17, suggest/suggestion.txt:22
-msgid "How it works"
-msgstr "How it works"
-
-# c0b181e8c86049c587e985dd8eb15a25
-# d72626bae40b4aa783bd3a93ec88e70c
-# f3fbea863b794a299dad52e3f7709bd4
-# 2717466b67dc44a5a57154cc3b66e033
-# e1dc14518615427b9c684abd17c5008d
-# ec320aea3aae41f89fdbbf1404fc13b0
-#: suggest/completion.txt:18, suggest/completion.txt:145,
-#: suggest/correction.txt:18, suggest/correction.txt:91,
-#: suggest/suggestion.txt:18, suggest/suggestion.txt:77
-msgid "How to use"
-msgstr "How to use"
-
-# 3f9606d2cb774e659719154be9426287
-# e668a6b01aa8482a9fa0f57c4b5facbf
-# f896690b26464e11aac13e0d5338b1f9
-#: suggest/completion.txt:19, suggest/correction.txt:19,
-#: suggest/suggestion.txt:19
-msgid "How to learn"
-msgstr "How to learn"
+"Groonga has the suggest feature. This section describes how to use it and "
+"how it works."
 
-# 70ad57cb30ec4c96a318d232da26850f
-#: suggest/completion.txt:24
+# 9aba67eeb9dd451bb94834b54d69338b
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:22
 msgid "The completion feature uses three searches to compute completed words:"
 msgstr "The completion feature uses three searches to compute completed words:"
 
-# 0a684b5f1a3c4b1ca6aa145459855b1e
-#: suggest/completion.txt:27
+# 0ef875b6fcde4a938a3c80ad22aa2d6a
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:25
 msgid "Prefix RK search against registered words."
 msgstr "Prefix RK search against registered words."
 
-# e2d74e5050494f17bb7a55dc68adefb2
-# 799c7965e8614c55a156fd26b2c51a0e
-#: suggest/completion.txt:28, suggest/suggestion.txt:27
-msgid "Cooccurrence search against learned data."
-msgstr "Cooccurrence search against learned data."
-
-# 0e2936ca8bbe4af3adf39a3ba006e6d7
-#: suggest/completion.txt:29
+# 3134428a56e24f12a41a17cbd6a6996c
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:27
 msgid "Prefix search against registered words. (optional)"
 msgstr "Prefix search against registered words. (optional)"
 
-# e1a047416bcd4be5a44cbcee6091834a
-#: suggest/completion.txt:32
+# fd3a5be31158436b83e0fdb4f3fb02ab
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:30
 msgid "Prefix RK search"
 msgstr "Prefix RK search"
 
-# 7eb8d70febf94718ba98ddf969ffde92
-#: suggest/completion.txt:34
+# d2b6688fc33341a5bc6bddf2cba0e751
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:32
 msgid ""
 "RK means Romaji and Katakana. Prefix RK search can find registered words "
 "that start with user's input by romaji, katakana or hiragana. It's useful "
@@ -114,8 +71,8 @@ msgstr ""
 "that start with user's input by romaji, katakana or hiragana. It's useful "
 "for searching in Japanese."
 
-# d27e2a4c855c4da387b7a008d21c3ec7
-#: suggest/completion.txt:38
+# d8298b9317b5476cb0f3bb346b4d7d02
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:36
 msgid ""
 "For example, there is a registered word \"日本\". And \"ニホン\" (it must be "
 "katakana) is registered as its reading. An user can find \"日本\" by \"ni\", "
@@ -125,16 +82,8 @@ msgstr ""
 "katakana) is registered as its reading. An user can find \"日本\" by \"ni\", "
 "\"二\" or \"に\"."
 
-# 0edcce106c5446959f65a6af05a638cc
-# 43018a3e1e47440dab23b383e890f28b
-# 55fb2ce4474343a18deb7ebb937aafe6
-#: suggest/completion.txt:43, suggest/correction.txt:31,
-#: suggest/suggestion.txt:30
-msgid "Cooccurrence search"
-msgstr "Cooccurrence search"
-
-# 86d322eef68048f396dacbd26ce46461
-#: suggest/completion.txt:45
+# 016dfdaa980f4adc9232182fdd8862e0
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:43
 msgid ""
 "Cooccurrence search can find registered words from user's partial input. It "
 "uses user input sequences that will be learned from query logs, access logs "
@@ -144,171 +93,142 @@ msgstr ""
 "uses user input sequences that will be learned from query logs, access logs "
 "and so on."
 
-# d93fd84446414c938258c73eaefb3e44
-#: suggest/completion.txt:49
+# 792a6406ca3e4f29832c9c37d13488db
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:47
 msgid "For example, there is the following user input sequence:"
 msgstr "For example, there is the following user input sequence:"
 
-# 3004e04f9b8a4c50a370ce6cb90f9a10
-# 758334173faa47c08b41cc0cd61b1136
-# 0feb077bd1e84251883e4f4cd3eac330
-# 60c8cdefd3db43f9b1c96a89db9aa9f9
-#: suggest/completion.txt:52, suggest/completion.txt:86,
-#: suggest/correction.txt:51, suggest/suggestion.txt:49
-msgid "input"
-msgstr "input"
-
-# 1127454261104c188de840b382f78442
-#: suggest/completion.txt:52
+# 4624b10fb8f94c1fa9da9239042b2800
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:50
 msgid "submit"
 msgstr "submit"
 
-# 8ee812dd155c4362aa3ecc01811bc6b8
-# 85e543b3094a47ea995e045d693368ab
-#: suggest/completion.txt:54, suggest/completion.txt:88
-msgid "s"
-msgstr "s"
-
-# a29f054f3926440a9abe9f56fc805c10
-# 2b967ee7673c4cbc945dfd068058e616
-# d45b1c469d9147a78e393c440ed1a608
-# 9f800239dc574bb2974c7e08019223b9
-# 96c70656bdb046e191e0154b7c6dcfbe
-# b131e75d288d4fde90283ef81bb7a669
-# 649077edc4034d7f8a41397e85e2ecf3
-# 339a2947d9a946ca9b5eb95bd38feb72
-# dff171424d304bee89ebd6c0cf8413f4
-# 0fb6e419ca714b2c89e6e98fca63b1a2
-# 3de1863bc06341b288f2b24e600eb9e8
-#: suggest/completion.txt:54, suggest/completion.txt:56,
-#: suggest/completion.txt:58, suggest/completion.txt:60,
-#: suggest/completion.txt:62, suggest/completion.txt:66,
-#: suggest/completion.txt:68, suggest/completion.txt:70,
-#: suggest/completion.txt:72, suggest/completion.txt:74,
-#: suggest/completion.txt:76
+# 0a7d2a3234ca4283b2d679278b3fdac8
+# 122559bd15dd4dd893812e0c5251ca40
+# a83f051fb93b4e928be806cc7f5ea16e
+# 0f543e7feab045dc9be0c32a8fcd85fa
+# 1c8eef2ce581461ab3a7aed176ab0cd3
+# 925b0e70ce5044a3ac35474a71dbd32b
+# cec290c63a7f4194af5a5ff32a76e403
+# 35fb42c987be4c1c981e34bdd12ca884
+# 639e1fffacf7441c8a145dd8255a3fd3
+# b0455f31e93d4197ac153df8cd73f39c
+# 4a9c14a6786c48ee8d34dcdc5a14e251
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:74
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:52,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:54,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:56,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:58,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:60,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:64,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:66,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:68,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:70,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:72,
 msgid "no"
 msgstr "no"
 
-# e374b95f0bfa48a88ef2149624b8f209
-# f153db8ae93b4757b8491a1d791a0ae9
-#: suggest/completion.txt:56, suggest/completion.txt:90
+# 796e2a033bd1446c9f860d25707ab1d8
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:76
+msgid "no (typo!)"
+msgstr "no (typo!)"
+
+# a74f3fea456940289c79b1a6e0eb5b9e
+# e8d89241072446a7a973e8a02b8024e0
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:78
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:62,
+msgid "yes"
+msgstr "yes"
+
+# c30f93e49b4d4c778c9efac24d3132f7
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:81
+msgid "Groonga creates the following completion pairs:"
+msgstr "Groonga creates the following completion pairs:"
+
+# ad9c85b1e3374869aa08b044ac1c43d4
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:84
+msgid "completed word"
+msgstr "completed word"
+
+# 09418583fea74467a1bc263928d7e8af
+# c42f04e0eda345b0a01f6bddf29dcb74
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:86
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:52,
+msgid "s"
+msgstr "s"
+
+# 2028dffdd1d44650a26bf2510fdbb9ef
+# ddbe240a175a4341a6a2e0d7785eefc4
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:88
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:54,
 msgid "se"
 msgstr "se"
 
-# abbf17bece0243008b1f28fccfba9b00
-# ee4773d5a3f043859d2af020bc8967e6
-#: suggest/completion.txt:58, suggest/completion.txt:92
+# 96b56db6a4a94e719fc0ce09323bb000
+# 599a5f7a351d4314ad55d7d8caa6af3d
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:90
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:56,
 msgid "sea"
 msgstr "sea"
 
-# ad0a81f8bfe0441dba2b53a0110dcd0c
-# 4e14a2f6c156453096a964acae43c223
-#: suggest/completion.txt:60, suggest/completion.txt:94
+# d22c357d4fb44a07ab917af24aa31b82
+# 22d0f2d85413403ea9ed2a67e6c93085
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:92
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:58,
 msgid "sear"
 msgstr "sear"
 
-# eeec4f898761403a817c883483fc2cf0
-# cafe2011b11541b393418e05fe504a21
-#: suggest/completion.txt:62, suggest/completion.txt:96
+# 7533a1ee388345468cb417ded97312dd
+# 93cf2c05482741168524800e3c633184
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:94
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:60,
 msgid "searc"
 msgstr "searc"
 
-# f62c764d4c354c6e8540b3a06dd1c8f7
-# e8efe7e10c344baf89a5d26240841806
-# dfb1310e01644e709a8ebf66205d4b73
-# a9b768d6b1784b82891dd1a7cff4ced4
-# ab9265781f424f7bba5d2fb7f5cd64dc
-# bc37d600c4a54586bb197501ad608015
-# f530d15f84cd4e418ef9821d98f71724
-# 3bcdfd70d49c4952bbdd6f49f70ddc0f
-# e720c7b291224713a09fa9ed5a95d6a0
-# fe9923c923134eeb8b3118d863eb0975
-#: suggest/completion.txt:64, suggest/completion.txt:88,
-#: suggest/completion.txt:90, suggest/completion.txt:92,
-#: suggest/completion.txt:94, suggest/completion.txt:96,
-#: suggest/correction.txt:53, suggest/introduction.txt:76,
-#: suggest/suggestion.txt:51, suggest/suggestion.txt:57
-msgid "search"
-msgstr "search"
-
-# b04cc12967e64057ba1807d28d760d48
-# 5939158a8f3e46b69f66494ffa568454
-#: suggest/completion.txt:64, suggest/completion.txt:80
-msgid "yes"
-msgstr "yes"
-
-# a8a5318b5f394851aff4ba0cbf6176d3
-# dc28ed5eee034fd5a7efc37f3a389a56
-#: suggest/completion.txt:66, suggest/completion.txt:98
+# e3d59f7040454899a9b80ce113136942
+# c6281841be194e57a4551c748ed9bef6
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:96
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:64,
 msgid "e"
 msgstr "e"
 
-# b9b237b69ae4423e91b6b1df943ac425
-# ecd2e36d0e89486bb16b1c8369ec5a4c
-#: suggest/completion.txt:68, suggest/completion.txt:100
+# af4bcc6659fb471b8a948c4879314f42
+# a486cc95efb644cdb8faec6e7fea13d0
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:98
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:66,
 msgid "en"
 msgstr "en"
 
-# 708b820a9b9a45fd8b2bca4040733668
-# 40b09e6ebd294fba8c8cdfed7cb02150
-#: suggest/completion.txt:70, suggest/completion.txt:102
+# 45152e666f96498d997cd2e297995f88
+# 72342c8c357045e4bddb9f626b4b1bf1
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:100
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:68,
 msgid "eng"
 msgstr "eng"
 
-# 5b7902e7425c496193c4f87b9c003800
-# d84491bf005149e6a7bbe1ba14564039
-#: suggest/completion.txt:72, suggest/completion.txt:104
+# 5537557ae4614f49a1d5ff1e66da5600
+# 6f2164e588e546198e008b6cf98ed80a
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:102
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:70,
 msgid "engi"
 msgstr "engi"
 
-# ed7cfdbaf1c745bca055890629ad518d
-# f61bb6a0f7d6435cafb8b1671728019b
-#: suggest/completion.txt:74, suggest/completion.txt:106
+# 8b2088574086492b9115d15b096ea743
+# d046188f66b64d91889c392185338272
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:104
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:72,
 msgid "engin"
 msgstr "engin"
 
-# 1cc967e6fc9d4fd2ace8ee489d488ef2
-# 1e39381103c94870ae6bd5c1c7eec111
-# e0730a77ccbd4b919282e569e238b86b
-# 00bdad47c7f346aaa54fb0a0bbf7e971
-# e663d52e887543f0a6cffae5fc00e581
-# b057711ffaf34d5f8d9bd0da7de0ac4b
-# c2f62ac511704b79a23e78dd27aaebad
-# d5fdf1bec19a45fa899daa1d079c8d8e
-# 1d896708d2964bbc8f9ed6a9b9faae02
-# ca19c36abefe48819a1b2bf1684c2444
-# 81ef318eb83c40e8b62556d22dce9971
-#: suggest/completion.txt:76, suggest/completion.txt:80,
-#: suggest/completion.txt:98, suggest/completion.txt:100,
-#: suggest/completion.txt:102, suggest/completion.txt:104,
-#: suggest/completion.txt:106, suggest/completion.txt:108,
-#: suggest/completion.txt:110, suggest/suggestion.txt:53
-msgid "engine"
-msgstr "engine"
-
-# d200d7a42f0c48898f81f05fde74489c
-# e47a6b8ce2a34559b30ab254e4d611e3
-#: suggest/completion.txt:78, suggest/completion.txt:110
+# 25a98dcffdbb40a792fcdf8ac6888ec4
+# cd31823a77dd4b18ba522d1f20b94a72
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:108
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:76,
 msgid "enginen"
 msgstr "enginen"
 
-# a1f8704db5734b438e4f82f7a9d22265
-#: suggest/completion.txt:78
-msgid "no (typo!)"
-msgstr "no (typo!)"
-
-# 58aed9a4df8045d88c70ffe99c67104d
-#: suggest/completion.txt:83
-msgid "Groonga creates the following completion pairs:"
-msgstr "Groonga creates the following completion pairs:"
-
-# aeaccdb88e6f4b2f820cd290a5fd74f4
-#: suggest/completion.txt:86
-msgid "completed word"
-msgstr "completed word"
-
-# f2e3fb3a0e9c47599c1846e1a04fcb1c
-#: suggest/completion.txt:113
+# 828f116231c149fb9954477ccadc5e23
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:111
 msgid ""
 "All user not-submitted inputs (e.g. \"s\", \"se\" and so on) before each an "
 "user submission maps to the submitted input (e.g. \"search\")."
@@ -316,8 +236,8 @@ msgstr ""
 "All user not-submitted inputs (e.g. \"s\", \"se\" and so on) before each an "
 "user submission maps to the submitted input (e.g. \"search\")."
 
-# 270a87b78e3142d789fb945c57c97d80
-#: suggest/completion.txt:117
+# 0f7ed8c810c043cf823bd1fa99eac997
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:115
 msgid ""
 "To be precise, this description isn't correct because it omits about time "
 "stamp. Groonga doesn't case about \"all user not-submitted inputs before "
@@ -331,8 +251,8 @@ msgstr ""
 "inputs within a minute from an user submission before each an user submission"
 "\". Groonga doesn't treat user inputs before a minute ago."
 
-# e55eb3ef79914c98ab60cd137adf7592
-#: suggest/completion.txt:125
+# 0ec7b12c719b492c997cf20fd69c3da5
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:123
 msgid ""
 "If an user inputs \"sea\" and cooccurrence search returns \"search\" because "
 "\"sea\" is in input column and corresponding completed word column value is "
@@ -342,13 +262,13 @@ msgstr ""
 "\"sea\" is in input column and corresponding completed word column value is "
 "\"search\"."
 
-# 94e3ad2e1cd948ae9ea51fd7c76c0496
-#: suggest/completion.txt:130
+# d11c06b992e94df587306b167d03f67f
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:128
 msgid "Prefix search"
 msgstr "Prefix search"
 
-# 0f0a4bf51abf440f882c992d093848a3
-#: suggest/completion.txt:132
+# 982aaad1dacf4a5b98e7e724e55dee54
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:130
 msgid ""
 "Prefix search can find registered word that start with user's input. This "
 "search doesn't care about romaji, katakana and hiragana not like Prefix RK "
@@ -358,8 +278,8 @@ msgstr ""
 "search doesn't care about romaji, katakana and hiragana not like Prefix RK "
 "search."
 
-# bdbdf6c890514c8a8ad2291105558eee
-#: suggest/completion.txt:136
+# b291ac32f07c43949e7b28a90c2228e3
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:134
 msgid ""
 "This search isn't always ran. It's just ran when it's requested explicitly "
 "or prefix both RK search and Cooccurrence search return nothing."
@@ -367,8 +287,8 @@ msgstr ""
 "This search isn't always ran. It's just ran when it's requested explicitly "
 "or prefix both RK search and Cooccurrence search return nothing."
 
-# 69829ee8979c48fa83ace2d4c963ad30
-#: suggest/completion.txt:140
+# a486a7c23b3b4016ae14f3464f6437d2
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:138
 msgid ""
 "For example, there is a registered word \"search\". An user can find \"search"
 "\" by \"s\", \"se\", \"sea\", \"sear\", \"searc\" and \"search\"."
@@ -376,37 +296,133 @@ msgstr ""
 "For example, there is a registered word \"search\". An user can find \"search"
 "\" by \"s\", \"se\", \"sea\", \"sear\", \"searc\" and \"search\"."
 
-# 88cddcae0a714a0faac0520bf592a161
-#: suggest/completion.txt:158
+# dc3a529c0c30439aaf59626e50c945d5
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:156
 msgid ""
-"Groonga provides :doc:`commands/suggest` command to use completion. `--type "
+"Groonga provides :doc:`/commands/suggest` command to use completion. `--type "
 "complete` option requests completion."
 msgstr ""
-"Groonga provides :doc:`commands/suggest` command to use completion. `--type "
+"Groonga provides :doc:`/commands/suggest` command to use completion. `--type "
 "complete` option requests completion."
 
-# 888c8da1468c4844b3f74a02cd839b2d
-#: suggest/completion.txt:161
+# 8fb58c8482944a3ba6435767db104be7
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:159
 msgid "For example, here is an command to get completion results by \"en\":"
 msgstr "For example, here is an command to get completion results by \"en\":"
 
-# 59848e411ebb4539a4abce68c1bf1cbc
-# c2ae0577aa4d4910b2d59917aed0d9cd
-#: example/completion-1.log:1, example/correction-1.log:1
-msgid "Execution example::"
-msgstr "Execution example::"
+# f0edb24e4c8d495d9b0fccbf80729dfb
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:177
+msgid "2011-08-10T13:33:23+09:00: e"
+msgstr "2011-08-10T13:33:23+09:00: e"
+
+# 53b01a1dcca24b63ab44bfb8a78b1ba3
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:178
+msgid "2011-08-10T13:33:23+09:00: en"
+msgstr "2011-08-10T13:33:23+09:00: en"
+
+# 2c5e2b63e6774caa9e4a403406d7cacc
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:179
+msgid "2011-08-10T13:33:24+09:00: eng"
+msgstr "2011-08-10T13:33:24+09:00: eng"
+
+# 8c9194695c794f75be6bc3800c18e3c5
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:180
+msgid "2011-08-10T13:33:24+09:00: engi"
+msgstr "2011-08-10T13:33:24+09:00: engi"
+
+# cea254bbecb843628bc058b62045e00c
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:181
+msgid "2011-08-10T13:33:24+09:00: engin"
+msgstr "2011-08-10T13:33:24+09:00: engin"
+
+# 4f65ee881deb4e7eb4ecff8562931af3
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:182
+msgid "2011-08-10T13:33:25+09:00: engine (submit!)"
+msgstr "2011-08-10T13:33:25+09:00: engine (submit!)"
+
+# 466c81644b5a49578028310015a3c6f7
+# 6b9ce00138d54f5e9501c9fda75d916b
+# 1437d5e110e44e36bcebd61ecc728b1b
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:10,
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:15
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:10,
+msgid "Completion"
+msgstr "Completion"
+
+# 408b1c2481c04fbeb7ee1fd14807002f
+# 571a287a100d4e6d99acfb3c709b8740
+# a298c8efbd784c60a099fa27d0e321aa
+# 83cbed5ad93a42a581c3815086ff26b4
+# f3d84338ef5f4c09afe0a396fd3eaa1b
+# 7884792268b246d094e761a74b3c34db
+# a284dd4e83634f8ca281a028b543cd32
+# 5ec8dc54265248a6b1e3de05cf3aa859
+# d8acb8e84bc74cfd96df590cb858e92e
+# 28c30020701a4551a9d531dc488b3731
+# c4e42e3f413d40ce8a5d7937fa88467f
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:100,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:102,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:104,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:106,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:108,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:74,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:78,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:96,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:98,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:51
+msgid "engine"
+msgstr "engine"
+
+# 38e86c159e0d40a59b28247b991d56c7
+# 0b5a53e540224657bf54ffd9f96bb58f
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:12,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:12
+msgid "This section describes about the following completion features:"
+msgstr "This section describes about the following completion features:"
+
+# d31e8c9e5a944c478356508a3ce7cea2
+# 092d908fd6964a98bcd9ec5b1df6c413
+# a5adabb3b4be4500b8445a1ba70eb7fb
+# e2e10e2d96bb429abcb379fbb8f1cb03
+# ee55e64659f94f54a78b9d42d581bfb4
+# a0368b522aa74aa3bfb8ac090468eef7
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:143,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:16,
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:16,
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:89,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:75
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:16,
+msgid "How to use"
+msgstr "How to use"
+
+# 329a00b47ce2487b995dacb39ca9408c
+# 53e79f26534449b89d49a987e1d3f3b0
+# bd343036fd0646778c217fa2d72b52c7
+# 85ea155bf5c6439a8d7685a31580c681
+# 30468ff1290f4362a98c6ef7454d8f13
+# 5c0b90ec1c17493789d73dabc00f264c
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:15,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:20,
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:15,
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:20,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:20
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:15,
+msgid "How it works"
+msgstr "How it works"
 
-# cc367508cd2f48318169b5ccead8bc57
-# 1b1b93726f274a9a9b18eb03d53c4f3a
-# 1d6b9a2acc4a40e18436cb697beda4ab
-#: suggest/completion.txt:169, suggest/correction.txt:117,
-#: suggest/suggestion.txt:97
+# 981305115cc540de87a198a52fbac3cb
+# a06e1a78f60645339c7078b73c212b0b
+# 6dfc653cbb8142c092f3735ce3034724
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:167,
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:115,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:95
 msgid "How it learns"
 msgstr "How it learns"
 
-# b81b28b344254bc5b9f89b427f6d3f45
-# b8235b14d5ef4b078a5dafe49c70ced5
-#: suggest/completion.txt:171, suggest/suggestion.txt:99
+# c96ce1e684b2415dafafba890182e3cc
+# 256c91b0e8a244aca2747f98a0b6d56b
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:169,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:97
 msgid ""
 "Cooccurrence search uses learned data. They are based on query logs, access "
 "logs and so on. To create learned data, groonga needs user input sequence "
@@ -416,9 +432,19 @@ msgstr ""
 "logs and so on. To create learned data, groonga needs user input sequence "
 "with time stamp and user submit input with time stamp."
 
-# 839b01c8cb924d40962c7214ecca9c8f
-# dfdb8b4ebee84dba81f1f5245d09cb6d
-#: suggest/completion.txt:176, suggest/suggestion.txt:104
+# f0725795c4534072876c0bff0c6eab67
+# b0acf825f18741728a2de9ef51bcdf85
+# 7cf3730013b5408d8c82437fcf26e0a0
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:17,
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:17,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:17
+msgid "How to learn"
+msgstr "How to learn"
+
+# bcbebfc29b7b4519a3a12171bb1098a5
+# 21279d5dea72442fa759fef37b5f878e
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:174,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:102
 msgid ""
 "For example, an user wants to search by \"engine\". The user inputs the "
 "query with the following sequence:"
@@ -426,64 +452,77 @@ msgstr ""
 "For example, an user wants to search by \"engine\". The user inputs the "
 "query with the following sequence:"
 
-# e7fa5a22b6e840ec8b4678dc70eddfc8
-#: suggest/completion.txt:179
-msgid "2011-08-10T13:33:23+09:00: e"
-msgstr "2011-08-10T13:33:23+09:00: e"
-
-# 7048b8ca7f66409a85a8310af317804e
-#: suggest/completion.txt:180
-msgid "2011-08-10T13:33:23+09:00: en"
-msgstr "2011-08-10T13:33:23+09:00: en"
-
-# 9a7c57bb3542446bba99e116dbcf782f
-#: suggest/completion.txt:181
-msgid "2011-08-10T13:33:24+09:00: eng"
-msgstr "2011-08-10T13:33:24+09:00: eng"
-
-# 3138c8bc3f2c40fe9f2774a0bb4dcb4b
-#: suggest/completion.txt:182
-msgid "2011-08-10T13:33:24+09:00: engi"
-msgstr "2011-08-10T13:33:24+09:00: engi"
-
-# b01068cec3c44f9db5eccada06526ab8
-#: suggest/completion.txt:183
-msgid "2011-08-10T13:33:24+09:00: engin"
-msgstr "2011-08-10T13:33:24+09:00: engin"
-
-# df30f2ff3f6f482082e3efb7da48be9e
-#: suggest/completion.txt:184
-msgid "2011-08-10T13:33:25+09:00: engine (submit!)"
-msgstr "2011-08-10T13:33:25+09:00: engine (submit!)"
-
-# 0d880731226b46368dd4fda8a243978e
-# bbdd1e5afe2b4bfa9ad772e08c82182b
-#: suggest/completion.txt:186, suggest/correction.txt:136
+# 7ec1eeeb51ce487d8838b4801ed08335
+# babe103f8c0f4d72b52637def0d1e31a
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:184,
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:134
 msgid ""
 "Groonga can be learned from the input sequence by the following command::"
 msgstr ""
 "Groonga can be learned from the input sequence by the following command::"
 
-# bd594f80a4224ab88c888eea39727c04
-# 9351064dac39412597b18f2782b94c62
-# 47d68e7fa73e48099a8980f6f2e5f482
-#: suggest/correction.txt:12, suggest/introduction.txt:11,
-#: suggest/introduction.txt:38
-msgid "Correction"
-msgstr "Correction"
+# 7321f9cb3f46484495dc191c771270d8
+# 033390e68e564a269b104e92c66fcf2d
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:26,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:25
+msgid "Cooccurrence search against learned data."
+msgstr "Cooccurrence search against learned data."
+
+# 92c93f3aeffc4d98aec2f5c4dcfa51ee
+# 044d851cff89421f826183effebebece
+# 56e0c483ae824972b74595a8dcab5a6e
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:41,
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:29,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:28
+msgid "Cooccurrence search"
+msgstr "Cooccurrence search"
+
+# 6a196edf08b4438bb158b7d335c33671
+# 67100808c0d5422e87c03e97bb8a7205
+# 496689cb52a640a6bfca45e482aca348
+# b7d1828d1949410db680bf100a257a0e
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:50,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:84,
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:49,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:47
+msgid "input"
+msgstr "input"
+
+# f9d213bb6dfb44f7bb7dc2708a5a145f
+# 7342f56125be4a86bee12c558228a695
+# 51806d5c12984f629593c2ba3459d975
+# 16fd0c7690a5419b97bd857cf24daa79
+# aac038898c4c47e3a90e0951aee5be2d
+# 282ee96b00434da98f9c5d3ae8c12cf5
+# ebcfa86ff8a14f38bed19a38e7770956
+# 6e377c1ee27b49f99cf2c275674adff0
+# 3bc5816743704b0b8b5b0f15f734e8b0
+# 7fe9129714384f408396f146ffc2db81
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:62,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:86,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:88,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:90,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:92,
+#: ../../../source/suggest/completion.txt:94,
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:51,
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:76,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:55
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:49,
+msgid "search"
+msgstr "search"
 
-# 61c047c0ac784e78aa2f84f88045fda0
-#: suggest/correction.txt:14
+# 7cc66f0f864c44a092ebde5c86fd5739
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:12
 msgid "This section describes about the following correction features:"
 msgstr "This section describes about the following correction features:"
 
-# d6d8f9e525ca4e7aa14d7fb179fd33c3
-#: suggest/correction.txt:24
+# c04095d44f8d46a9bf873ad29c65b135
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:22
 msgid "The correction feature uses three searches to compute completed words:"
 msgstr "The correction feature uses three searches to compute completed words:"
 
-# f34afa9b2e1348c28cddfd8d2e4d46c6
-#: suggest/correction.txt:27
+# 70b8d609c0964ed38cb1d5767fae1bbb
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:25
 msgid ""
 "1. Cooccurrence search against learned data. 3. Similar search against "
 "registered words. (optional)"
@@ -491,8 +530,8 @@ msgstr ""
 "1. Cooccurrence search against learned data. 3. Similar search against "
 "registered words. (optional)"
 
-# 7f228af2d3984a04b2b9549ba4d4d896
-#: suggest/correction.txt:33
+# a1b0220351f14252b9efbfe3e8a808de
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:31
 msgid ""
 "Cooccurrence search can find registered words from user's wrong input. It "
 "uses user submit sequences that will be learned from query logs, access logs "
@@ -502,62 +541,50 @@ msgstr ""
 "uses user submit sequences that will be learned from query logs, access logs "
 "and so on."
 
-# 64f3de1df2d0472395502556a4e0a4fe
-# 0b818c397acc4b57a6f3f633e2d71d54
-#: suggest/correction.txt:37, suggest/suggestion.txt:36
-msgid "For example, there are the following user submissions:"
-msgstr "For example, there are the following user submissions:"
-
-# 0a029c4470084e1ab3277ef26d6249a6
-# f4f43a51522f4b00bea6c115d49c8f1d
-#: suggest/correction.txt:40, suggest/suggestion.txt:39
-msgid "query"
-msgstr "query"
-
-# c7490824be3f46eca74de119318cb68f
-#: suggest/correction.txt:40
+# 0c46d1217fe54c3db2a4fa0c307af49d
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:38
 msgid "time"
 msgstr "time"
 
-# 00ed34b2933a493d9775985d39ef36b6
-#: suggest/correction.txt:42
-msgid "serach (typo!)"
-msgstr "serach (typo!)"
-
-# acd0986289dc44e38e51528f96a2298e
-#: suggest/correction.txt:42
+# 2691c2184a304f35a9da44a8b7a2a00d
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:40
 msgid "2011-08-10T22:20:50+09:00"
 msgstr "2011-08-10T22:20:50+09:00"
 
-# ab32d7ab815a4fddaf9ceb3eccb21ca3
-#: suggest/correction.txt:44
-msgid "search (fixed!)"
-msgstr "search (fixed!)"
+# 5a748c7786394ddfa9358a093cdfb663
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:40
+msgid "serach (typo!)"
+msgstr "serach (typo!)"
 
-# 756d9ccc31e04418baa76405cffecf0b
-#: suggest/correction.txt:44
+# 9c86245386484a299c7a65927608f060
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:42
 msgid "2011-08-10T22:20:52+09:00"
 msgstr "2011-08-10T22:20:52+09:00"
 
-# 3775cbada1374e21b8d93f719ce98c66
-#: suggest/correction.txt:47
+# d14c64723eb84e7c85850a45c4155aba
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:42
+msgid "search (fixed!)"
+msgstr "search (fixed!)"
+
+# 17879ff384ea4d659ebd89f08a33a641
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:45
 msgid ""
 "Groonga creates the following completion pair from the above submissions:"
 msgstr ""
 "Groonga creates the following completion pair from the above submissions:"
 
-# 985ff131c06c42a09aecdb4141e64e20
-#: suggest/correction.txt:51
+# 99642df0abb446d7a4efdf53869920c8
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:49
 msgid "corrected word"
 msgstr "corrected word"
 
-# 23e993b4a4e24a119aa7869276130132
-#: suggest/correction.txt:53
+# 5936f35607d94a9a80cb5b7de918b9c5
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:51
 msgid "serach"
 msgstr "serach"
 
-# 05e40fe3f7a847a7a48dad8bed2e7922
-#: suggest/correction.txt:56
+# a9dc94bc14584ea397d88e74d5dbf5dd
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:54
 msgid ""
 "Groonga treats continuous submissions within a minute as input correction by "
 "user. Not submitted user input sequence between two submissions isn't used "
@@ -567,8 +594,8 @@ msgstr ""
 "user. Not submitted user input sequence between two submissions isn't used "
 "as learned data for correction."
 
-# 47c2541ab60c4f5082087fd9a142d114
-#: suggest/correction.txt:61
+# d640662edb344cbe9ed7385c54536536
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:59
 msgid ""
 "If an user inputs \"serach\" and cooccurrence search returns \"search\" "
 "because \"serach\" is in input column and corresponding corrected word "
@@ -578,26 +605,26 @@ msgstr ""
 "because \"serach\" is in input column and corresponding corrected word "
 "column value is \"search\"."
 
-# 2c21aa0074a4401dbefd0c46875f2c46
-#: suggest/correction.txt:66
+# 78e48b9319e047d4a91375f2a5f6ce31
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:64
 msgid "Similar search"
 msgstr "Similar search"
 
-# 6230afc0d90f42a8a1edddf780db93da
-#: suggest/correction.txt:68
+# 1f89468783714124ad3ac2c9c838701d
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:66
 msgid ""
 "Similar search can find registered words that has one or more the same "
 "tokens as user input. TokenBigram tokenizer is used for tokenization because "
-"suggest dataset schema created by :doc:`executables/groonga-suggest-create-"
+"suggest dataset schema created by :doc:`/executables/groonga-suggest-create-"
 "dataset` uses TokenBigram tokenizer as the default tokenizer."
 msgstr ""
 "Similar search can find registered words that has one or more the same "
 "tokens as user input. TokenBigram tokenizer is used for tokenization because "
-"suggest dataset schema created by :doc:`executables/groonga-suggest-create-"
+"suggest dataset schema created by :doc:`/executables/groonga-suggest-create-"
 "dataset` uses TokenBigram tokenizer as the default tokenizer."
 
-# 1ac6074e3c494d36ae95c8ecf3709e2c
-#: suggest/correction.txt:74
+# 5a53bd6d4bc144c58f9675e91b5ea75c
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:72
 msgid ""
 "For example, there is a registered query \"search engine\". An user can find "
 "\"search engine\" by \"web search service\", \"sound engine\" and so on. "
@@ -611,8 +638,8 @@ msgstr ""
 "\"search\" and \"search engine\" and \"sound engine\" have the same token "
 "\"engine\"."
 
-# 7fa04a91a2744d08a4d08840137a389f
-#: suggest/correction.txt:80
+# 6c0bee3e4c6146c49da660a5d9d216fe
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:78
 msgid ""
 "\"search engine\" is tokenized to \"search\" and \"engine\" tokens. "
 "(Groonga's TokenBigram tokenizer doesn't tokenize two characters for "
@@ -630,24 +657,24 @@ msgstr ""
 "\", \"search\" and \"service\". \"sound engine\" is tokenized to \"sound\" "
 "and \"engine\"."
 
-# 6b1b7ab9b7bd4bec8dec14a0bc23d68a
-#: suggest/correction.txt:106
+# a932483df2df4313ac68313c704ff88c
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:104
 msgid ""
-"Groonga provides :doc:`commands/suggest` command to use completion. `--type "
+"Groonga provides :doc:`/commands/suggest` command to use completion. `--type "
 "correct` option requests corrections"
 msgstr ""
-"Groonga provides :doc:`commands/suggest` command to use completion. `--type "
+"Groonga provides :doc:`/commands/suggest` command to use completion. `--type "
 "correct` option requests corrections"
 
-# 16773693f316429f8124e17e65445b43
-#: suggest/correction.txt:109
+# 08d3a40a9878497393ce2bc31719b85a
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:107
 msgid ""
 "For example, here is an command to get correction results by \"saerch\":"
 msgstr ""
 "For example, here is an command to get correction results by \"saerch\":"
 
-# a2c7b36762dd4b9ba9a394feeffec57b
-#: suggest/correction.txt:119
+# f0f2d6f7fc66488886f54fd835358746
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:117
 msgid ""
 "Cooccurrence search uses learned data. They are based on query logs, access "
 "logs and so on. To create learned data, groonga needs user submit inputs "
@@ -657,8 +684,8 @@ msgstr ""
 "logs and so on. To create learned data, groonga needs user submit inputs "
 "with time stamp."
 
-# 307636d51a4642878066b2cb65c356b9
-#: suggest/correction.txt:123
+# c126961edda6428a8f852c5fde727564
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:121
 msgid ""
 "For example, an user wants to search by \"search\" but the user has typo "
 "\"saerch\" before inputs the correct query. The user inputs the query with "
@@ -668,57 +695,81 @@ msgstr ""
 "\"saerch\" before inputs the correct query. The user inputs the query with "
 "the following sequence:"
 
-# 30a33c9be56e4b069dde5f2520465693
-#: suggest/correction.txt:127
+# 0e871cdb1de74ceca4ac231ed3dba61b
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:125
 msgid "2011-08-10T13:33:23+09:00: s"
 msgstr "2011-08-10T13:33:23+09:00: s"
 
-# 0a4d974d792948a2a401ffc13ff9cea3
-#: suggest/correction.txt:128
+# 6cfe5d946e114e7bbf469e7a67fd8d95
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:126
 msgid "2011-08-10T13:33:23+09:00: sa"
 msgstr "2011-08-10T13:33:23+09:00: sa"
 
-# 1c70c017fc284ab1bdebff4dfaea6d6e
-#: suggest/correction.txt:129
+# 40ccadae1ffc40e9a8ddb7e767a2652c
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:127
 msgid "2011-08-10T13:33:24+09:00: sae"
 msgstr "2011-08-10T13:33:24+09:00: sae"
 
-# 6ee053fbf0a948f88e594d9802ecad4c
-#: suggest/correction.txt:130
+# 0e1590f4b1a94651b636bba9ad5f840e
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:128
 msgid "2011-08-10T13:33:24+09:00: saer"
 msgstr "2011-08-10T13:33:24+09:00: saer"
 
-# 0b4b69da48794c6c9865c00df6f4789a
-#: suggest/correction.txt:131
-msgid ""
-"5. 2011-08-10T13:33:24+09:00: saerc 5. 2011-08-10T13:33:25+09:00: saerch "
-"(submit!) 5. 2011-08-10T13:33:29+09:00: serch (correcting...) 6. "
-"2011-08-10T13:33:30+09:00: search (submit!)"
-msgstr ""
-"5. 2011-08-10T13:33:24+09:00: saerc 5. 2011-08-10T13:33:25+09:00: saerch "
-"(submit!) 5. 2011-08-10T13:33:29+09:00: serch (correcting...) 6. "
-"2011-08-10T13:33:30+09:00: search (submit!)"
+# 4adcb62973e14d67bbcbecd148cef426
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:129
+msgid "2011-08-10T13:33:24+09:00: saerc"
+msgstr "2011-08-10T13:33:24+09:00: saerc"
+
+# cf63c46a9b0c4b00aa19062306bb2cd8
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:130
+msgid "2011-08-10T13:33:25+09:00: saerch (submit!)"
+msgstr "2011-08-10T13:33:25+09:00: saerch (submit!)"
+
+# 45f4ad85d6ae45f6aa1d424b356d6cd4
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:131
+msgid "2011-08-10T13:33:29+09:00: serch (correcting...)"
+msgstr "2011-08-10T13:33:29+09:00: serch (correcting...)"
+
+# 55a20d480f6a4c3fb9d7f6350b400687
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:132
+msgid "2011-08-10T13:33:30+09:00: search (submit!)"
+msgstr "2011-08-10T13:33:30+09:00: search (submit!)"
+
+# 36941276033042679eb92d90b4748587
+# bed7cbda4bf24b348eb2ae34e1b0e08c
+# 092fae6b7cf5449f9c5b84fa6b52f9a9
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:10,
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:38
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:11,
+msgid "Correction"
+msgstr "Correction"
+
+# 3c13acdf418c4e34b7dbea775cdb8643
+# 7aac2e689bc8412b967f63c30940ed36
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:35,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:34
+msgid "For example, there are the following user submissions:"
+msgstr "For example, there are the following user submissions:"
+
+# 60a20d41175b46fc97448b86b5a81e05
+# 21f34d1bf1514e9b9298ddb862199f09
+#: ../../../source/suggest/correction.txt:38,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:37
+msgid "query"
+msgstr "query"
 
-# 3eee5fd599d148858f1b3f30e703684a
-#: suggest/introduction.txt:6
+# b8a5ac31ea8740e8814fc36ca8a01c37
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:6
 msgid "Introduction"
 msgstr "Introduction"
 
-# 2917c5fac7d24fd6b265897614194b65
-#: suggest/introduction.txt:8
+# 147822cb7b93412d866b8be248ed1b7d
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:8
 msgid "The suggest feature in groonga provides the following features:"
 msgstr "The suggest feature in groonga provides the following features:"
 
-# f3b4718ca28e485a8a76ff152abc6273
-# fb27250a0f2e411ea1dd938cfe703fee
-# dd5d255978cb423582ff0b29b5519ed3
-#: suggest/introduction.txt:12, suggest/introduction.txt:62,
-#: suggest/suggestion.txt:12
-msgid "Suggestion"
-msgstr "Suggestion"
-
-# d4a73bff1a2a4daa8b3531834a74ac9d
-#: suggest/introduction.txt:17
+# 589abdf8d77143a289226932a7674fd8
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:17
 msgid ""
 "Completion helps user input. If user inputs a partial word, groonga can "
 "return complete words from registered words."
@@ -726,33 +777,33 @@ msgstr ""
 "Completion helps user input. If user inputs a partial word, groonga can "
 "return complete words from registered words."
 
-# ced8de1b08ef45cb81c5840d94b90e85
-#: suggest/introduction.txt:21
+# dab97ecb8c7b4ff3a0fc58a6c71a3f98
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:21
 msgid "For example, there are registered words:"
 msgstr "For example, there are registered words:"
 
-# ac08336e63e146e89781e0af4ea9af6f
-#: suggest/introduction.txt:23
+# bae7208695fb4a3bb0b0e218827d3346
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:23
 msgid "\"groonga\""
 msgstr "\"groonga\""
 
-# b15864a6aeed46e299ea8f00f088b7ca
-#: suggest/introduction.txt:24
+# 4953c24b506e424dbe54093b36811e40
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:24
 msgid "\"complete\""
 msgstr "\"complete\""
 
-# 1931624698a249eaab0d279c56ceda36
-#: suggest/introduction.txt:25
+# 530da83dbb574ef99ce9d8f3c9ea54bc
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:25
 msgid "\"correction\""
 msgstr "\"correction\""
 
-# 246ec56e3569435c994178108ebfe6b1
-#: suggest/introduction.txt:26
+# 92edb1fe27b04ed180edc415a2922311
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:26
 msgid "\"suggest\""
 msgstr "\"suggest\""
 
-# 188d85be2a444e77ba922a1ef32fecbc
-#: suggest/introduction.txt:28
+# 124006b704894f2998a6869d29a863a9
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:28
 msgid ""
 "An user inputs \"co\" and groonga returns \"complete\" and \"correction\" "
 "because they starts with \"co\"."
@@ -760,8 +811,8 @@ msgstr ""
 "An user inputs \"co\" and groonga returns \"complete\" and \"correction\" "
 "because they starts with \"co\"."
 
-# 6b3f526adfbb4144927dcfcf18abbe69
-#: suggest/introduction.txt:31
+# 292039dea1604c228df4dfcb6beaa0d9
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:31
 msgid ""
 "An user inputs \"sug\" and groonga returns \"suggest\" because \"suggest\" "
 "starts with \"sug\"."
@@ -769,8 +820,8 @@ msgstr ""
 "An user inputs \"sug\" and groonga returns \"suggest\" because \"suggest\" "
 "starts with \"sug\"."
 
-# a4d0a4797c624cf1bc0bfa3be8ef4d73
-#: suggest/introduction.txt:34
+# aa0bef91b99840918397d12753bddc6a
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:34
 msgid ""
 "An user inputs \"ab\" and groonga returns nothing because no word starts "
 "with \"ab\"."
@@ -778,8 +829,8 @@ msgstr ""
 "An user inputs \"ab\" and groonga returns nothing because no word starts "
 "with \"ab\"."
 
-# 49607655ee874a0183b97d7775877c69
-#: suggest/introduction.txt:40
+# c0a2af1c841e4a75b13ac84dd1b301fd
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:40
 msgid ""
 "Correction also helps user input. If user inputs a wrong word, groonga can "
 "return correct words from registered correction pairs."
@@ -787,33 +838,33 @@ msgstr ""
 "Correction also helps user input. If user inputs a wrong word, groonga can "
 "return correct words from registered correction pairs."
 
-# e12256250f1b4f01a29728478a3f76e3
-#: suggest/introduction.txt:44
+# 0af1607077044949b1feadbaa0df510f
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:44
 msgid "For example, there are registered correction pairs:"
 msgstr "For example, there are registered correction pairs:"
 
-# caf94b868635453db017775e24e057da
-#: suggest/introduction.txt:47
-msgid "wrong word"
-msgstr "wrong word"
-
-# 5d5acfbc174f4df38e48cdabc16a707e
-#: suggest/introduction.txt:47
+# 4d03c28fca69426988ba31b6594cc5e9
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:47
 msgid "correct word"
 msgstr "correct word"
 
-# fdd735a4601a4aacba1c81b308bcb18d
-#: suggest/introduction.txt:49
-msgid "grroonga gronga gronnga"
-msgstr "grroonga gronga gronnga"
+# 4fac7d4504c54ecd8ba79efa389afecb
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:47
+msgid "wrong word"
+msgstr "wrong word"
 
-# 76227622b06c490bb8fb9e3f5e8b9a6d
-#: suggest/introduction.txt:49
+# 0236eec6b18c4446a8696499f55b69ff
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:49
 msgid "groonga groonga groonga"
 msgstr "groonga groonga groonga"
 
-# 2ff52376033c4282986ae309d7e4fa2a
-#: suggest/introduction.txt:54
+# d6f9c875f9a14b5bb563436cd328858a
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:49
+msgid "grroonga gronga gronnga"
+msgstr "grroonga gronga gronnga"
+
+# ad9de63a3290450985603dd5b0e0eaeb
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:54
 msgid ""
 "An user inputs \"gronga\" and groonga returns \"groonga\" because \"gronga\" "
 "is in wrong word and corresponding correct word is \"groonga\"."
@@ -821,8 +872,8 @@ msgstr ""
 "An user inputs \"gronga\" and groonga returns \"groonga\" because \"gronga\" "
 "is in wrong word and corresponding correct word is \"groonga\"."
 
-# c9cf3dba70f04835b185ec23cb6bfc9c
-#: suggest/introduction.txt:58
+# c07e768b80324b7e80b18bf73c15a128
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:58
 msgid ""
 "An user inputs \"roonga\" and groonga returns nothing because \"roonga\" "
 "isn't in wrong word."
@@ -830,8 +881,8 @@ msgstr ""
 "An user inputs \"roonga\" and groonga returns nothing because \"roonga\" "
 "isn't in wrong word."
 
-# 432e6081b45c45d9aff43c81f06ac2a3
-#: suggest/introduction.txt:64
+# fcdcb9e279c140438e41dd6a19fbc8fa
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:64
 msgid ""
 "Suggestion helps that user filters many found documents. If user inputs a "
 "query, groonga can return new queries that has more additional keywords from "
@@ -841,48 +892,48 @@ msgstr ""
 "query, groonga can return new queries that has more additional keywords from "
 "registered related query pairs."
 
-# c57062ba53c14d85ac57f51d1523bdac
-#: suggest/introduction.txt:69
+# b592a96378f1495c98a8cca10b55e3a2
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:69
 msgid "For example, there are registered related query pairs:"
 msgstr "For example, there are registered related query pairs:"
 
-# f5dd0f622be048c89b96d86bfa81c0ce
-#: suggest/introduction.txt:72
+# 15cd8bb6cb6543ec9cfbafac1c39c01b
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:72
 msgid "keyword"
 msgstr "keyword"
 
-# 08119ff5d3324a6cbf96f44a0197f699
-#: suggest/introduction.txt:72
+# f96c9115fb6b460f8680fd9dc66f995b
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:72
 msgid "related query"
 msgstr "related query"
 
-# fe2dd4b325cf4e0b9656c9aeebfde012
-#: suggest/introduction.txt:74
+# 16d9ddc907b74bdfaeba3a61a263dfd2
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:74
 msgid "groonga"
 msgstr "groonga"
 
-# 6a5cf520fa86430997235b3279223d52
-#: suggest/introduction.txt:74
+# 555502daa35b45c7b0475dc4a57dfeae
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:74
 msgid "groonga search engine"
 msgstr "groonga search engine"
 
-# a04ed3ab2cf44ee18637f76a0322bb97
-#: suggest/introduction.txt:76
+# 7123a82cd6894750bcc7b3922642a4e8
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:76
 msgid "Google search"
 msgstr "Google search"
 
-# 28e0ad663d784a3cbaadd41e150e78a3
-#: suggest/introduction.txt:78
-msgid "speed"
-msgstr "speed"
-
-# d215c4ef05bc4565828484a4d25ff607
-#: suggest/introduction.txt:78
+# d5aceb91b0384c6b9b78c15013f75dd4
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:78
 msgid "groonga speed"
 msgstr "groonga speed"
 
-# 6b0d31f7246540df9619218ad9ae8ff8
-#: suggest/introduction.txt:81
+# 9dc492ddb8584aaf8fb88e0aeead1ab1
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:78
+msgid "speed"
+msgstr "speed"
+
+# 5762131f398f4ec793b1b5dbe86081b2
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:81
 msgid ""
 "An user inputs \"groonga\" and groonga returns \"groonga search engine\" "
 "because \"groonga\" is in keyword column and related query column is "
@@ -892,8 +943,8 @@ msgstr ""
 "because \"groonga\" is in keyword column and related query column is "
 "\"groonga search engine\"."
 
-# 0d9040ffa1184966b14e5ab93208543c
-#: suggest/introduction.txt:85
+# 90930626e36c4f188e408dc35b994d92
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:85
 msgid ""
 "An user inputs \"MySQL\" and groonga returns nothing because \"MySQL\" isn't "
 "in keyword column values."
@@ -901,13 +952,13 @@ msgstr ""
 "An user inputs \"MySQL\" and groonga returns nothing because \"MySQL\" isn't "
 "in keyword column values."
 
-# 7c1c9def4a2a4826a222d945f3d83861
-#: suggest/introduction.txt:89
+# d37a4d34ac9c4041a4dd6e7680604d58
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:89
 msgid "Learning"
 msgstr "Learning"
 
-# ad742bf5d3744a1a8cac1cc7b5bf83a4
-#: suggest/introduction.txt:91
+# f3249728c9d34378b4ceb1f4c5e448b1
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:91
 msgid ""
 "The suggest feature requires registered data before using the feature. Those "
 "data can be registered from user inputs. Gronnga-suggest-httpd and groonga-"
@@ -917,13 +968,22 @@ msgstr ""
 "data can be registered from user inputs. Gronnga-suggest-httpd and groonga-"
 "suggest-learner commands are provided for the propose."
 
-# 809cfb60f40345649a57ad9f847bae55
-#: suggest/suggestion.txt:24
+# 23d4406f5bba4148a78f014a7a33f230
+# 6e5d3b6993ec44519d81b88a740172e1
+# 271b7f7610aa4b8da3fc849ca6b397ac
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:12,
+#: ../../../source/suggest/introduction.txt:62,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:10
+msgid "Suggestion"
+msgstr "Suggestion"
+
+# 8cff30ba191b46248167a33d9c379005
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:22
 msgid "The suggestion feature uses a search to compute suggested words:"
 msgstr "The suggestion feature uses a search to compute suggested words:"
 
-# d387570aea4746179f95a0fa619f78ef
-#: suggest/suggestion.txt:32
+# d18a52c16ad24b2e91dfdd7cbfdf7956
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:30
 msgid ""
 "Cooccurrence search can find related words from user's input. It uses user "
 "submissions that will be learned from query logs, access logs and so on."
@@ -931,50 +991,53 @@ msgstr ""
 "Cooccurrence search can find related words from user's input. It uses user "
 "submissions that will be learned from query logs, access logs and so on."
 
-# 5a3fad92374e4583946d2542a4458e98
-# 0c8931bdc31140e4880a57e4dd7f12ea
-# 6c5ae40dbc904e849df9dfddff2932dc
-#: suggest/suggestion.txt:41, suggest/suggestion.txt:51,
-#: suggest/suggestion.txt:53
-msgid "search engine"
-msgstr "search engine"
-
-# 3a17c9c9ed7446898a480b985fd80f2f
-# 9ba65c989f2c496bb2606b6aa886388e
-# 0be292eaf67041df985b9c41ddaa1947
-# dcd6291d83254c51a96b4573429121d3
-#: suggest/suggestion.txt:43, suggest/suggestion.txt:55,
-#: suggest/suggestion.txt:57, suggest/suggestion.txt:59
-msgid "web search realtime"
-msgstr "web search realtime"
-
-# 6d38592821e04cfbba8e7e56e8a1b278
-#: suggest/suggestion.txt:46
+# c1ab40360351437cb65328bb4d5e6dc7
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:44
 msgid "Groonga creates the following suggestion pairs:"
 msgstr "Groonga creates the following suggestion pairs:"
 
-# ba74e06e82e34e7d98512e7cf4185ba4
-#: suggest/suggestion.txt:49
+# dfb193db5c1346d6a4f01b1112bf9535
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:47
 msgid "suggested words"
 msgstr "suggested words"
 
-# 620a95ed355846b88542c45d3ec6e465
-#: suggest/suggestion.txt:55
+# f21f4c80e6d4467996ed6377b6ffa6b6
+# 73dfea2e6f914fd2ba55101277cae20f
+# f490e059b86640078b2b53e44a27bf02
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:51
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:39,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:49,
+msgid "search engine"
+msgstr "search engine"
+
+# fe91aacd954748939b39fc1aa45053d6
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:53
 msgid "web"
 msgstr "web"
 
-# 8b41c585505f477ead4a4a98f0c3a8fc
-#: suggest/suggestion.txt:59
+# 3a89e4f2a479470db8f422a58620cd5c
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:57
 msgid "realtime"
 msgstr "realtime"
 
-# 0606782e72504edc97fa4ea0b425c301
-#: suggest/suggestion.txt:62
+# 519090201e5c4f60b827d14c43a0a6bb
+# b549b9b2addd48f099545c534e4f25f2
+# 21e5552950c2485998074845e9543c79
+# d3c64d2df1b6437788aa99ef39d8b0cb
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:57
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:41,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:53,
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:55,
+msgid "web search realtime"
+msgstr "web search realtime"
+
+# 8f0c9db6cd40422c96f11c8e8a263ed9
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:60
 msgid "Those pairs are created by the following steps:"
 msgstr "Those pairs are created by the following steps:"
 
-# 69253882785440f695f22635432b1dfe
-#: suggest/suggestion.txt:64
+# 0fb51c710b4e49c08e1abef8f94ebadb
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:62
 msgid ""
 "Tokenizes user input query by TokenDelimit tokenizer that uses a space as "
 "token delimiter. (e.g. \"search engine\" is tokenized to two tokens \"search"
@@ -984,15 +1047,15 @@ msgstr ""
 "token delimiter. (e.g. \"search engine\" is tokenized to two tokens \"search"
 "\" and \"engine\".)"
 
-# 3c1e3f82ce694a4585d100666512c6bf
-#: suggest/suggestion.txt:68
+# 620a6791ace64ab1920e1db5935a8a1b
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:66
 msgid ""
 "Creates a pair that is consists of a token and original query for each token."
 msgstr ""
 "Creates a pair that is consists of a token and original query for each token."
 
-# abfe1548c6f14be89a2a1ca016f991b8
-#: suggest/suggestion.txt:71
+# 1f8975d390b24d84abce98387aa370b4
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:69
 msgid ""
 "If an user inputs \"seach\" and cooccurrence search returns \"search engine"
 "\" and \"web search realtime\" because \"seach\" is in two input columns and "
@@ -1004,24 +1067,24 @@ msgstr ""
 "corresponding completed word columns have \"search engine\" and \"web search "
 "realtime\"."
 
-# 42e0108273b340f19801ec2cb2ea37c9
-#: suggest/suggestion.txt:86
+# b2c19f33393e4d5d8ab431eaed170e99
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:84
 msgid ""
-"Groonga provides :doc:`commands/suggest` command to use completion. `--type "
+"Groonga provides :doc:`/commands/suggest` command to use completion. `--type "
 "suggest` option requests suggestion"
 msgstr ""
-"Groonga provides :doc:`commands/suggest` command to use completion. `--type "
+"Groonga provides :doc:`/commands/suggest` command to use completion. `--type "
 "suggest` option requests suggestion"
 
-# 78604f97643e4d4b8fdd2ae6c83641fb
-#: suggest/suggestion.txt:89
+# aaf337fb38f746c993c1821cdef78fe8
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:87
 msgid ""
 "For example, here is an command to get completion results by \"search\":"
 msgstr ""
 "For example, here is an command to get completion results by \"search\":"
 
-# d6ee5d3441334e1e9ebca41ce2f8a89b
-#: suggest/suggestion.txt:107
+# e481536cd8294a1ea67db89948c7db23
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:105
 msgid ""
 "1. 2011-08-10T13:33:23+09:00: search engine (submit) 1. "
 "2011-08-10T13:33:28+09:00: web search realtime (submit)"
@@ -1029,17 +1092,17 @@ msgstr ""
 "1. 2011-08-10T13:33:23+09:00: search engine (submit) 1. "
 "2011-08-10T13:33:28+09:00: web search realtime (submit)"
 
-# 377e369ff4044177926b7b5fd6a54247
-#: suggest/suggestion.txt:110
+# a64e6bbcaae648c5850756e9e8e9898b
+#: ../../../source/suggest/suggestion.txt:108
 msgid "Groonga can be learned from the submissions by the following command::"
 msgstr "Groonga can be learned from the submissions by the following command::"
 
-# 961a1b68b2354bba8b2c92413ffec14a
-#: suggest/tutorial.txt:6
+# 2b3ed239ca3a4ac4bbddf0246a9ef988
+#: ../../../source/suggest/tutorial.txt:6
 msgid "Tutorial"
 msgstr "Tutorial"
 
-# 85fa1e0a5d03451da3ca78b30a62e9a5
-#: suggest/tutorial.txt:8
+# 19803a0bf55f4885865be6196bde37c9
+#: ../../../source/suggest/tutorial.txt:8
 msgid "TODO..."
 msgstr "TODO..."

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/troubleshooting.po (+278 -320)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/troubleshooting.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (1732902)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/troubleshooting.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (5e4c93c)
@@ -1,58 +1,80 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:55+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:98
-msgid ""
-"そこで、TokenMecabトークナイザーを使って作った索引の方をTokenBigramトークナイ"
-"ザーを使って作った索引よりも重視するように重み付けを指定します。これは、"
-"match_columnsオプションで指定できます。::"
-msgstr ""
-"そこで、TokenMecabトークナイザーを使って作った索引の方をTokenBigramトークナイ"
-"ザーを使って作った索引よりも重視するように重み付けを指定します。これは、"
-"match_columnsオプションで指定できます。::"
+# f7f7e82671ec486cb9b27225fbae9511
+#: ../../../source/troubleshooting.txt:6
+msgid "トラブルシューティング"
+msgstr "トラブルシューティング"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:59
-msgid ""
-"groongaは基本的に完全一致検索のみを行います。上記の例では「東京都民に深刻なダ"
-"メージを与えました。」を「東京都」というクエリで検索していますが、TokenMecab"
-"トークナイザーを使っている場合はこのクエリはマッチしません。"
-msgstr ""
-"groongaは基本的に完全一致検索のみを行います。上記の例では「東京都民に深刻なダ"
-"メージを与えました。」を「東京都」というクエリで検索していますが、TokenMecab"
-"トークナイザーを使っている場合はこのクエリはマッチしません。"
+# 00ab10388df04e6493147453041ec23f
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:6
+msgid "同じ検索キーワードなのに全文検索結果が異なる"
+msgstr "同じ検索キーワードなのに全文検索結果が異なる"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:17
+# ba6b2591961042e7bbaeb95f981f499e
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:8
 msgid ""
-"table_create Blogs TABLE_NO_KEY column_create Blogs body COLUMN_SCALAR "
-"ShortText column_create Blogs updated_at COLUMN_SCALAR Time table_create "
-"Terms TABLE_PAT_KEY|KEY_NORMALIZE ShortText --default_tokenizer TokenMecab "
-"column_create Terms blog_body COLUMN_INDEX|WITH_POSITION Blogs body"
+"同じ検索キーワードでも一緒に指定するクエリによっては全文検索の結果が異なるこ"
+"とがあります。ここでは、その原因と対策方法を説明します。"
 msgstr ""
-"table_create Blogs TABLE_NO_KEY column_create Blogs body COLUMN_SCALAR "
-"ShortText column_create Blogs updated_at COLUMN_SCALAR Time table_create "
-"Terms TABLE_PAT_KEY|KEY_NORMALIZE ShortText --default_tokenizer TokenMecab "
-"column_create Terms blog_body COLUMN_INDEX|WITH_POSITION Blogs body"
+"同じ検索キーワードでも一緒に指定するクエリによっては全文検索の結果が異なるこ"
+"とがあります。ここでは、その原因と対策方法を説明します。"
 
+# 1244633718314076a09051bc539fdcb6
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:11
 msgid "例"
 msgstr "例"
 
+# af4c1d6ba0cc4840b8b7b27e264c0081
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:13
+msgid "まず、実際に検索結果が異なる例を説明します。"
+msgstr "まず、実際に検索結果が異なる例を説明します。"
+
+# c31a816168be493b8fd6edcf77945f73
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:15
+msgid ""
+"DDLは以下の通りです。BlogsテーブルのbodyカラムをTokenMecabトークナイザーを"
+"使ってトークナイズしてからインデックスを作成しています。::"
+msgstr ""
+"DDLは以下の通りです。BlogsテーブルのbodyカラムをTokenMecabトークナイザーを"
+"使ってトークナイズしてからインデックスを作成しています。::"
+
+# 83b06b80c8f746328566c9508cd78ba0
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:23
+msgid "テスト用のデータは1件だけ投入します。::"
+msgstr "テスト用のデータは1件だけ投入します。::"
+
+# 0c632c3c4b91498aa2575f8cea6158f1
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:31
+msgid "まず、全文検索のみで検索します。この場合ヒットします。::"
+msgstr "まず、全文検索のみで検索します。この場合ヒットします。::"
+
+# b478a1274e654b12b170b0db9e6c1f3b
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:36
+msgid ""
+"続いて、範囲指定と全文検索を組み合わせて検索します(1285858800は2010/10/1 "
+"0:0:0の秒表記)。この場合もヒットします。::"
+msgstr ""
+"続いて、範囲指定と全文検索を組み合わせて検索します(1285858800は2010/10/1 "
+"0:0:0の秒表記)。この場合もヒットします。::"
+
+# 3e2b9502b2224bdfadaba7188be5037d
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:41
 msgid ""
 "最後に、範囲指定と全文検索の順番を入れ替えて検索します。個々の条件は同じです"
@@ -61,126 +83,97 @@ msgstr ""
 "最後に、範囲指定と全文検索の順番を入れ替えて検索します。個々の条件は同じです"
 "が、この場合はヒットしません。::"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:88
-msgid ""
-"table_create Bigram TABLE_PAT_KEY|KEY_NORMALIZE ShortText --"
-"default_tokenizer TokenBigram column_create Bigram blog_body COLUMN_INDEX|"
-"WITH_POSITION Blogs body"
-msgstr ""
-"table_create Bigram TABLE_PAT_KEY|KEY_NORMALIZE ShortText --"
-"default_tokenizer TokenBigram column_create Bigram blog_body COLUMN_INDEX|"
-"WITH_POSITION Blogs body"
+# 3560e91d9a1448e6b142753bc52a1c7e
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:46
+msgid "どうしてこのような挙動になるかを説明します。"
+msgstr "どうしてこのような挙動になるかを説明します。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:57
-msgid "部分一致検索"
-msgstr "部分一致検索"
+# 6ddfed39585941a4bcb046b0b8119262
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:49
+msgid "原因"
+msgstr "原因"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:84
+# 57cd436397384f5f96410f801c46aee1
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:51
 msgid ""
-"このようにN-gram系のトークナイザーを指定することにより再現率をあげることがで"
-"きますが、適合率が下がり検索ノイズが含まれる可能性が高くなります。この度合い"
-"を調整するためには :doc:`/commands/select` のmatch_columnsで使用する索引毎に"
-"重み付けを指定します。"
+"このような挙動になるのは全文検索時に複数の検索の挙動を使い分けているからで"
+"す。ここでは簡単に説明するので、詳細は :doc:`/spec/search` を参照してくださ"
+"い。"
 msgstr ""
-"このようにN-gram系のトークナイザーを指定することにより再現率をあげることがで"
-"きますが、適合率が下がり検索ノイズが含まれる可能性が高くなります。この度合い"
-"を調整するためには :doc:`/commands/select` のmatch_columnsで使用する索引毎に"
-"重み付けを指定します。"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:61
-msgid "検索対象の「東京都民に深刻なダメージを与えました。」は"
-msgstr "検索対象の「東京都民に深刻なダメージを与えました。」は"
+"このような挙動になるのは全文検索時に複数の検索の挙動を使い分けているからで"
+"す。ここでは簡単に説明するので、詳細は :doc:`/spec/search` を参照してくださ"
+"い。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:96
-msgid ""
-"しかし、N-gram系のトークナイザーの方がTokenMecabトークナイザーよりも語のヒッ"
-"ト数が多いため、N-gram系のヒットスコアの方が重く扱われてしまいます。N-gram系"
-"のトークナイザーの方がTokenMecabトークナイザーよりも適合率の低い場合が多いの"
-"で、このままでは検索ノイズが上位に表示される可能性が高くなります。"
-msgstr ""
-"しかし、N-gram系のトークナイザーの方がTokenMecabトークナイザーよりも語のヒッ"
-"ト数が多いため、N-gram系のヒットスコアの方が重く扱われてしまいます。N-gram系"
-"のトークナイザーの方がTokenMecabトークナイザーよりも適合率の低い場合が多いの"
-"で、このままでは検索ノイズが上位に表示される可能性が高くなります。"
+# 7df8572fbd5849e8b78a7e44b182aae2
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:53
+msgid "検索の挙動には以下の3種類があります。"
+msgstr "検索の挙動には以下の3種類があります。"
 
+# 0f88b53483da4b7c841aec3c95ab2349
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:55
 msgid "完全一致検索"
 msgstr "完全一致検索"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:105
-msgid ""
-"この例は日本語だったのでTokenBigramトークナイザーでよかったのですが、アルファ"
-"ベットの場合はTokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザーなども利用する必要があ"
-"ります。例えば、「楽しいbilliard」はTokenBigramトークナイザーでは"
-msgstr ""
-"この例は日本語だったのでTokenBigramトークナイザーでよかったのですが、アルファ"
-"ベットの場合はTokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザーなども利用する必要があ"
-"ります。例えば、「楽しいbilliard」はTokenBigramトークナイザーでは"
-
+# 9c3cb905da26449782eef737c8680ea6
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:56
 msgid "非わかち書き検索"
 msgstr "非わかち書き検索"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:129
-msgid "対策方法2: 閾値をあげる"
-msgstr "対策方法2: 閾値をあげる"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:67
-msgid "東京 / 都"
-msgstr "東京 / 都"
+# cc94131e2e4f49b69538c7eb09af08d2
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:57
+msgid "部分一致検索"
+msgstr "部分一致検索"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:43
+# 0fb9ee63127f482eae7fecc16e36e936
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:59
 msgid ""
-"> select Blogs --filter 'updated_at < 1285858800 && body @ \"東京都"
-"\"' [[0,4400.292570838,0.000647716],[[[0],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"updated_at"
-"\",\"Time\"],[\"body\",\"ShortText\"]]]]]"
+"groongaは基本的に完全一致検索のみを行います。上記の例では「東京都民に深刻なダ"
+"メージを与えました。」を「東京都」というクエリで検索していますが、TokenMecab"
+"トークナイザーを使っている場合はこのクエリはマッチしません。"
 msgstr ""
-"> select Blogs --filter 'updated_at < 1285858800 && body @ \"東京都"
-"\"' [[0,4400.292570838,0.000647716],[[[0],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"updated_at"
-"\",\"Time\"],[\"body\",\"ShortText\"]]]]]"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:80
-msgid "対策方法1: トークナイザーを変更する"
-msgstr "対策方法1: トークナイザーを変更する"
+"groongaは基本的に完全一致検索のみを行います。上記の例では「東京都民に深刻なダ"
+"メージを与えました。」を「東京都」というクエリで検索していますが、TokenMecab"
+"トークナイザーを使っている場合はこのクエリはマッチしません。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:121
-msgid ""
-"TokenBigramSplitSymbolAlpha: 記号とアルファベットもバイグラムでトークナイズす"
-"る。連続する数字は一語として扱う。"
-msgstr ""
-"TokenBigramSplitSymbolAlpha: 記号とアルファベットもバイグラムでトークナイズす"
-"る。連続する数字は一語として扱う。"
+# 8495b8b105bd4c419e453c75cab056fa
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:61
+msgid "検索対象の「東京都民に深刻なダメージを与えました。」は"
+msgstr "検索対象の「東京都民に深刻なダメージを与えました。」は"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:25
-msgid ""
-"load --table Blogs [   [\"body\", \"updated_at\"],   [\"東京都民に深刻なダ"
-"メージを与えました。\", \"2010/9/21 10:18:34\"], ]"
-msgstr ""
-"load --table Blogs [   [\"body\", \"updated_at\"],   [\"東京都民に深刻なダ"
-"メージを与えました。\", \"2010/9/21 10:18:34\"], ]"
+# b91d56b6af3140819c4c9d62906e6f48
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:63
+msgid "東京 / 都民 / に / 深刻 / な / ダメージ / を / 与え / まし / た / 。"
+msgstr "東京 / 都民 / に / 深刻 / な / ダメージ / を / 与え / まし / た / 。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:33
-msgid ""
-"> select Blogs --filter 'body @ \"東京都\"' [[0,4102.268052438,0.000743783],"
-"[[[1],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"updated_at\",\"Time\"],[\"body\",\"ShortText"
-"\"]],[1,1285031914.0,\"東京都民に深刻なダメージを与えました。\"]]]]"
-msgstr ""
-"> select Blogs --filter 'body @ \"東京都\"' [[0,4102.268052438,0.000743783],"
-"[[[1],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"updated_at\",\"Time\"],[\"body\",\"ShortText"
-"\"]],[1,1285031914.0,\"東京都民に深刻なダメージを与えました。\"]]]]"
+# c1a80d04d8e74563a04c9fac1874a1d4
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:65
+msgid "とトークナイズされますが、クエリの「東京都」は"
+msgstr "とトークナイズされますが、クエリの「東京都」は"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:6
-msgid "同じ検索キーワードなのに全文検索結果が異なる"
-msgstr "同じ検索キーワードなのに全文検索結果が異なる"
+# 8db2a47df50c434a8e0fb0a8d7090314
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:67
+msgid "東京 / 都"
+msgstr "東京 / 都"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:13
-msgid "まず、実際に検索結果が異なる例を説明します。"
-msgstr "まず、実際に検索結果が異なる例を説明します。"
+# 7f8e1faee97b4681a82906c008fd446b
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:69
+msgid "とトークナイズされるため、完全一致しません。"
+msgstr "とトークナイズされるため、完全一致しません。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:75
-msgid "select Blogs --filter 'updated_at < 1285858800 && body @ \"東京都\"'"
-msgstr "select Blogs --filter 'updated_at < 1285858800 && body @ \"東京都\"'"
+# 4cde758131874b1bba448b1bec041cf1
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:71
+msgid ""
+"groongaは完全一致検索した結果のヒット件数が所定の閾値を超えない場合に限り、非"
+"わかち書き検索を行い、それでもヒット件数が閾値を超えない場合は部分一致検索を"
+"行います(閾値は1がデフォルト値となっています)。このケースのデータは部分一致"
+"検索ではヒットするので、「東京都」クエリのみを指定するとヒットします。"
+msgstr ""
+"groongaは完全一致検索した結果のヒット件数が所定の閾値を超えない場合に限り、非"
+"わかち書き検索を行い、それでもヒット件数が閾値を超えない場合は部分一致検索を"
+"行います(閾値は1がデフォルト値となっています)。このケースのデータは部分一致"
+"検索ではヒットするので、「東京都」クエリのみを指定するとヒットします。"
 
+# a02af3898e4c4023a96d29d3e8ede23f
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:73
 msgid ""
 "しかし、以下のように全文検索前にすでに閾値が越えている場合(「updated_at < "
@@ -191,58 +184,53 @@ msgstr ""
 "1285858800」で1件ヒットし、閾値を越える)は、たとえ完全一致検索で1件もヒット"
 "しない場合でも部分一致検索などを行いません。::"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:46
-msgid "どうしてこのような挙動になるかを説明します。"
-msgstr "どうしてこのような挙動になるかを説明します。"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:93
+# d932aa9e0b8b41868cce52716d672df7
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:77
 msgid ""
-"> select Blogs --filter 'updated_at < 1285858800 && body @ \"東京都"
-"\"' [[0,7163.448064902,0.000418127],[[[1],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"updated_at"
-"\",\"Time\"],[\"body\",\"ShortText\"]],[1,1285031914.0,\"東京都民に深刻なダ"
-"メージを与えました。\"]]]]"
+"そのため、条件の順序を変えると検索結果が変わるという状況が発生します。以下"
+"で、この情報を回避する方法を2種類紹介しますが、それぞれトレードオフとなる条件"
+"があるので採用するかどうかを十分検討してください。"
 msgstr ""
-"> select Blogs --filter 'updated_at < 1285858800 && body @ \"東京都"
-"\"' [[0,7163.448064902,0.000418127],[[[1],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"updated_at"
-"\",\"Time\"],[\"body\",\"ShortText\"]],[1,1285031914.0,\"東京都民に深刻なダ"
-"メージを与えました。\"]]]]"
+"そのため、条件の順序を変えると検索結果が変わるという状況が発生します。以下"
+"で、この情報を回避する方法を2種類紹介しますが、それぞれトレードオフとなる条件"
+"があるので採用するかどうかを十分検討してください。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:69
-msgid "とトークナイズされるため、完全一致しません。"
-msgstr "とトークナイズされるため、完全一致しません。"
+# a2103e875492455cb8fdd0e4da283ee8
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:80
+msgid "対策方法1: トークナイザーを変更する"
+msgstr "対策方法1: トークナイザーを変更する"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:38
+# 930143b37bad40439f702cb3fd22fb3e
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:82
 msgid ""
-"> select Blogs --filter 'body @ \"東京都\" && updated_at < "
-"1285858800' [[0,4387.524084839,0.001525487],[[[1],[[\"_id\",\"UInt32\"],"
-"[\"updated_at\",\"Time\"],[\"body\",\"ShortText\"]],[1,1285031914.0,\"東京都"
-"民に深刻なダメージを与えました。\"]]]]"
+"TokenMecabトークナイザーは事前に準備した辞書を用いてトークナイズするため、再"
+"現率よりも適合率を重視したトークナイザーと言えます。一方、TokenBigramなど、N-"
+"gram系のトークナイザーは適合率を重視したトークナイザーと言えます。例えば、"
+"TokenMecabの場合「東京都」で「京都」に完全一致することはありませんが、"
+"TokenBigramでは完全一致します。一方、TokenMecabでは「東京都民」に完全一致しま"
+"せんが、TokenBigramでは完全一致します。"
 msgstr ""
-"> select Blogs --filter 'body @ \"東京都\" && updated_at < "
-"1285858800' [[0,4387.524084839,0.001525487],[[[1],[[\"_id\",\"UInt32\"],"
-"[\"updated_at\",\"Time\"],[\"body\",\"ShortText\"]],[1,1285031914.0,\"東京都"
-"民に深刻なダメージを与えました。\"]]]]"
-
-#: ../../../source/troubleshooting.txt:6
-msgid "トラブルシューティング"
-msgstr "トラブルシューティング"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:111
-msgid "楽し / しい / いb / bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d"
-msgstr "楽し / しい / いb / bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:63
-msgid "東京 / 都民 / に / 深刻 / な / ダメージ / を / 与え / まし / た / 。"
-msgstr "東京 / 都民 / に / 深刻 / な / ダメージ / を / 与え / まし / た / 。"
+"TokenMecabトークナイザーは事前に準備した辞書を用いてトークナイズするため、再"
+"現率よりも適合率を重視したトークナイザーと言えます。一方、TokenBigramなど、N-"
+"gram系のトークナイザーは適合率を重視したトークナイザーと言えます。例えば、"
+"TokenMecabの場合「東京都」で「京都」に完全一致することはありませんが、"
+"TokenBigramでは完全一致します。一方、TokenMecabでは「東京都民」に完全一致しま"
+"せんが、TokenBigramでは完全一致します。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:124
+# a14036a295994d3d80deb2b795a7a4b7
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:84
 msgid ""
-"TokenBigramIgnoreBlankSplitSymbol: 記号もバイグラムでトークナイズする。連続す"
-"るアルファベット・数字は一語として扱う。空白は無視する。"
+"このようにN-gram系のトークナイザーを指定することにより再現率をあげることがで"
+"きますが、適合率が下がり検索ノイズが含まれる可能性が高くなります。この度合い"
+"を調整するためには :doc:`/commands/select` のmatch_columnsで使用する索引毎に"
+"重み付けを指定します。"
 msgstr ""
-"TokenBigramIgnoreBlankSplitSymbol: 記号もバイグラムでトークナイズする。連続す"
-"るアルファベット・数字は一語として扱う。空白は無視する。"
+"このようにN-gram系のトークナイザーを指定することにより再現率をあげることがで"
+"きますが、適合率が下がり検索ノイズが含まれる可能性が高くなります。この度合い"
+"を調整するためには :doc:`/commands/select` のmatch_columnsで使用する索引毎に"
+"重み付けを指定します。"
 
+# 24d54f7e26f845e68a0636c7afc151d3
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:86
 msgid ""
 "ここでも、前述の例を使って具体例を示します。まず、TokenBigramを用いた索引を追"
@@ -251,84 +239,38 @@ msgstr ""
 "ここでも、前述の例を使って具体例を示します。まず、TokenBigramを用いた索引を追"
 "加します。::"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:23
-msgid "テスト用のデータは1件だけ投入します。::"
-msgstr "テスト用のデータは1件だけ投入します。::"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:109
-msgid ""
-"となり、「bill」では完全一致しません。一方、TokenBigramSplitSymbolAlphaトーク"
-"ナイザーを使うと"
-msgstr ""
-"となり、「bill」では完全一致しません。一方、TokenBigramSplitSymbolAlphaトーク"
-"ナイザーを使うと"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:119
-msgid ""
-"TokenBigram: バイグラムでトークナイズする。連続する記号・アルファベット・数字"
-"は一語として扱う。"
-msgstr ""
-"TokenBigram: バイグラムでトークナイズする。連続する記号・アルファベット・数字"
-"は一語として扱う。"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:51
-msgid ""
-"このような挙動になるのは全文検索時に複数の検索の挙動を使い分けているからで"
-"す。ここでは簡単に説明するので、詳細は :doc:`/spec/search` を参照してくださ"
-"い。"
-msgstr ""
-"このような挙動になるのは全文検索時に複数の検索の挙動を使い分けているからで"
-"す。ここでは簡単に説明するので、詳細は :doc:`/spec/search` を参照してくださ"
-"い。"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:31
-msgid "まず、全文検索のみで検索します。この場合ヒットします。::"
-msgstr "まず、全文検索のみで検索します。この場合ヒットします。::"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:131
-msgid ""
-"非わかち書き検索・部分一致検索を利用するかどうかの閾値は--with-match-"
-"escalation-threshold configureオプションで変更することができます。以下のよう"
-"に指定すると、100件以下のヒット数であれば、たとえ完全一致検索でヒットしても、"
-"非わかち書き検索・部分一致検索を行います。::"
-msgstr ""
-"非わかち書き検索・部分一致検索を利用するかどうかの閾値は--with-match-"
-"escalation-threshold configureオプションで変更することができます。以下のよう"
-"に指定すると、100件以下のヒット数であれば、たとえ完全一致検索でヒットしても、"
-"非わかち書き検索・部分一致検索を行います。::"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:126
-msgid ""
-"TokenBigramIgnoreBlankSplitSymbolAlphaDigit: 記号・アルファベット・数字もバイ"
-"グラムでトークナイズする。空白は無視する。"
-msgstr ""
-"TokenBigramIgnoreBlankSplitSymbolAlphaDigit: 記号・アルファベット・数字もバイ"
-"グラムでトークナイズする。空白は無視する。"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:135
+# 22e2fa21008b42afa58c72c1e344442e
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:91
 msgid ""
-"この場合も対策方法1同様、検索ノイズが上位に現れる可能性が高くなることに注意し"
-"てください。検索ノイズが多くなった場合は指定する値を低くする必要があります。"
+"この状態でも以前はマッチしなかったレコードがヒットするようになります。::"
 msgstr ""
-"この場合も対策方法1同様、検索ノイズが上位に現れる可能性が高くなることに注意し"
-"てください。検索ノイズが多くなった場合は指定する値を低くする必要があります。"
+"この状態でも以前はマッチしなかったレコードがヒットするようになります。::"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:122
+# 6bf9cec5b286476f97ae5e520c556468
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:96
 msgid ""
-"TokenBigramSplitSymbolAlphaDigit: 記号・アルファベット・数字もバイグラムで"
-"トークナイズする。"
+"しかし、N-gram系のトークナイザーの方がTokenMecabトークナイザーよりも語のヒッ"
+"ト数が多いため、N-gram系のヒットスコアの方が重く扱われてしまいます。N-gram系"
+"のトークナイザーの方がTokenMecabトークナイザーよりも適合率の低い場合が多いの"
+"で、このままでは検索ノイズが上位に表示される可能性が高くなります。"
 msgstr ""
-"TokenBigramSplitSymbolAlphaDigit: 記号・アルファベット・数字もバイグラムで"
-"トークナイズする。"
+"しかし、N-gram系のトークナイザーの方がTokenMecabトークナイザーよりも語のヒッ"
+"ト数が多いため、N-gram系のヒットスコアの方が重く扱われてしまいます。N-gram系"
+"のトークナイザーの方がTokenMecabトークナイザーよりも適合率の低い場合が多いの"
+"で、このままでは検索ノイズが上位に表示される可能性が高くなります。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:120
+# 2cb93a3b2dfd44cba8dd64fc2c0ccc87
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:98
 msgid ""
-"TokenBigramSplitSymbol: 記号もバイグラムでトークナイズする。連続するアルファ"
-"ベット・数字は一語として扱う。"
+"そこで、TokenMecabトークナイザーを使って作った索引の方をTokenBigramトークナイ"
+"ザーを使って作った索引よりも重視するように重み付けを指定します。これは、"
+"match_columnsオプションで指定できます。::"
 msgstr ""
-"TokenBigramSplitSymbol: 記号もバイグラムでトークナイズする。連続するアルファ"
-"ベット・数字は一語として扱う。"
+"そこで、TokenMecabトークナイザーを使って作った索引の方をTokenBigramトークナイ"
+"ザーを使って作った索引よりも重視するように重み付けを指定します。これは、"
+"match_columnsオプションで指定できます。::"
 
+# 24d790228f654c4e923bfeb07b54b531
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:103
 msgid ""
 "この場合はスコアが11になっています。内訳は、Terms.blog_body索引(TokenMecab"
@@ -343,62 +285,92 @@ msgstr ""
 "のようにTokenMecabトークナイザーの重みを高くすることにより、検索ノイズが上位"
 "にくることを抑えつつ再現率を上げることができます。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:82
+# b49da06a7b824f5cb18405c66d88cafa
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:105
 msgid ""
-"TokenMecabトークナイザーは事前に準備した辞書を用いてトークナイズするため、再"
-"現率よりも適合率を重視したトークナイザーと言えます。一方、TokenBigramなど、N-"
-"gram系のトークナイザーは適合率を重視したトークナイザーと言えます。例えば、"
-"TokenMecabの場合「東京都」で「京都」に完全一致することはありませんが、"
-"TokenBigramでは完全一致します。一方、TokenMecabでは「東京都民」に完全一致しま"
-"せんが、TokenBigramでは完全一致します。"
+"この例は日本語だったのでTokenBigramトークナイザーでよかったのですが、アルファ"
+"ベットの場合はTokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザーなども利用する必要があ"
+"ります。例えば、「楽しいbilliard」はTokenBigramトークナイザーでは"
 msgstr ""
-"TokenMecabトークナイザーは事前に準備した辞書を用いてトークナイズするため、再"
-"現率よりも適合率を重視したトークナイザーと言えます。一方、TokenBigramなど、N-"
-"gram系のトークナイザーは適合率を重視したトークナイザーと言えます。例えば、"
-"TokenMecabの場合「東京都」で「京都」に完全一致することはありませんが、"
-"TokenBigramでは完全一致します。一方、TokenMecabでは「東京都民」に完全一致しま"
-"せんが、TokenBigramでは完全一致します。"
+"この例は日本語だったのでTokenBigramトークナイザーでよかったのですが、アルファ"
+"ベットの場合はTokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザーなども利用する必要があ"
+"ります。例えば、「楽しいbilliard」はTokenBigramトークナイザーでは"
+
+# 2471b2074fe24acfb91976bcabc3e9c1
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:107
+msgid "楽し / しい / billiard"
+msgstr "楽し / しい / billiard"
 
+# 03c59aa83afb46dc8dba3b3d71eec3d5
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:109
+msgid ""
+"となり、「bill」では完全一致しません。一方、TokenBigramSplitSymbolAlphaトーク"
+"ナイザーを使うと"
+msgstr ""
+"となり、「bill」では完全一致しません。一方、TokenBigramSplitSymbolAlphaトーク"
+"ナイザーを使うと"
+
+# 44282f5e0a5a4bcb8b7ccdbc41012123
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:111
+msgid "楽し / しい / いb / bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d"
+msgstr "楽し / しい / いb / bi / il / ll / li / ia / ar / rd / d"
+
+# 1f062a9e45ac454b9bf79449e76acc8a
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:113
 msgid "となり、「bill」でも完全一致します。"
 msgstr "となり、「bill」でも完全一致します。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:133
-msgid "% ./configure --with-match-escalation-threashold=100"
-msgstr "% ./configure --with-match-escalation-threashold=100"
+# 9fc2fa8c3132470eb0947bf64677f1b9
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:115
+msgid ""
+"TokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザーを使う場合も重み付けを考慮する必要が"
+"あることはかわりありません。"
+msgstr ""
+"TokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザーを使う場合も重み付けを考慮する必要が"
+"あることはかわりありません。"
 
+# b25640eddab04213a659a154739d44b8
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:117
 msgid "利用できるバイグラム系のトークナイザーの一覧は以下の通りです。"
 msgstr "利用できるバイグラム系のトークナイザーの一覧は以下の通りです。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:77
+# 258fc05266a447afa25f72d05bcff308
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:119
 msgid ""
-"そのため、条件の順序を変えると検索結果が変わるという状況が発生します。以下"
-"で、この情報を回避する方法を2種類紹介しますが、それぞれトレードオフとなる条件"
-"があるので採用するかどうかを十分検討してください。"
+"TokenBigram: バイグラムでトークナイズする。連続する記号・アルファベット・数字"
+"は一語として扱う。"
 msgstr ""
-"そのため、条件の順序を変えると検索結果が変わるという状況が発生します。以下"
-"で、この情報を回避する方法を2種類紹介しますが、それぞれトレードオフとなる条件"
-"があるので採用するかどうかを十分検討してください。"
+"TokenBigram: バイグラムでトークナイズする。連続する記号・アルファベット・数字"
+"は一語として扱う。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:91
+# 8ff5fe0eda794bf7b115931e8932326f
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:120
 msgid ""
-"この状態でも以前はマッチしなかったレコードがヒットするようになります。::"
+"TokenBigramSplitSymbol: 記号もバイグラムでトークナイズする。連続するアルファ"
+"ベット・数字は一語として扱う。"
 msgstr ""
-"この状態でも以前はマッチしなかったレコードがヒットするようになります。::"
+"TokenBigramSplitSymbol: 記号もバイグラムでトークナイズする。連続するアルファ"
+"ベット・数字は一語として扱う。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:115
+# 3bc0abde87a241cdbce95d414bb18543
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:121
 msgid ""
-"TokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザーを使う場合も重み付けを考慮する必要が"
-"あることはかわりありません。"
+"TokenBigramSplitSymbolAlpha: 記号とアルファベットもバイグラムでトークナイズす"
+"る。連続する数字は一語として扱う。"
 msgstr ""
-"TokenBigramSplitSymbolAlphaトークナイザーを使う場合も重み付けを考慮する必要が"
-"あることはかわりありません。"
+"TokenBigramSplitSymbolAlpha: 記号とアルファベットもバイグラムでトークナイズす"
+"る。連続する数字は一語として扱う。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:65
-msgid "とトークナイズされますが、クエリの「東京都」は"
-msgstr "とトークナイズされますが、クエリの「東京都」は"
+# 02a6513b04a1416e8bfc1bc190d8de06
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:122
+msgid ""
+"TokenBigramSplitSymbolAlphaDigit: 記号・アルファベット・数字もバイグラムで"
+"トークナイズする。"
+msgstr ""
+"TokenBigramSplitSymbolAlphaDigit: 記号・アルファベット・数字もバイグラムで"
+"トークナイズする。"
 
+# a8e4b7446b1d42ccb99a71ad027087d4
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:123
 msgid ""
 "TokenBigramIgnoreBlank: バイグラムでトークナイズする。連続する記号・アルファ"
@@ -407,22 +379,16 @@ msgstr ""
 "TokenBigramIgnoreBlank: バイグラムでトークナイズする。連続する記号・アルファ"
 "ベット・数字は一語として扱う。空白は無視する。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:107
-msgid "楽し / しい / billiard"
-msgstr "楽し / しい / billiard"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:53
-msgid "検索の挙動には以下の3種類があります。"
-msgstr "検索の挙動には以下の3種類があります。"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:36
+# 0666ffb1c8494b5ca984b2bade1e8228
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:124
 msgid ""
-"続いて、範囲指定と全文検索を組み合わせて検索します(1285858800は2010/10/1 "
-"0:0:0の秒表記)。この場合もヒットします。::"
+"TokenBigramIgnoreBlankSplitSymbol: 記号もバイグラムでトークナイズする。連続す"
+"るアルファベット・数字は一語として扱う。空白は無視する。"
 msgstr ""
-"続いて、範囲指定と全文検索を組み合わせて検索します(1285858800は2010/10/1 "
-"0:0:0の秒表記)。この場合もヒットします。::"
+"TokenBigramIgnoreBlankSplitSymbol: 記号もバイグラムでトークナイズする。連続す"
+"るアルファベット・数字は一語として扱う。空白は無視する。"
 
+# 21df12864d2943d08c7b3318986b2383
 #: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:125
 msgid ""
 "TokenBigramIgnoreBlankSplitSymbolAlpha: 記号とアルファベットもバイグラムで"
@@ -431,46 +397,38 @@ msgstr ""
 "TokenBigramIgnoreBlankSplitSymbolAlpha: 記号とアルファベットもバイグラムで"
 "トークナイズする。連続する数字は一語として扱う。空白は無視する。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:8
+# d91d3bb17b144ee09de81d1cfa21a9b5
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:126
 msgid ""
-"同じ検索キーワードでも一緒に指定するクエリによっては全文検索の結果が異なるこ"
-"とがあります。ここでは、その原因と対策方法を説明します。"
+"TokenBigramIgnoreBlankSplitSymbolAlphaDigit: 記号・アルファベット・数字もバイ"
+"グラムでトークナイズする。空白は無視する。"
 msgstr ""
-"同じ検索キーワードでも一緒に指定するクエリによっては全文検索の結果が異なるこ"
-"とがあります。ここでは、その原因と対策方法を説明します。"
+"TokenBigramIgnoreBlankSplitSymbolAlphaDigit: 記号・アルファベット・数字もバイ"
+"グラムでトークナイズする。空白は無視する。"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:15
-msgid ""
-"DDLは以下の通りです。BlogsテーブルのbodyカラムをTokenMecabトークナイザーを"
-"使ってトークナイズしてからインデックスを作成しています。::"
-msgstr ""
-"DDLは以下の通りです。BlogsテーブルのbodyカラムをTokenMecabトークナイザーを"
-"使ってトークナイズしてからインデックスを作成しています。::"
+# ba7abb8f60964ab6b364c967fbce9fd9
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:129
+msgid "対策方法2: 閾値をあげる"
+msgstr "対策方法2: 閾値をあげる"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:100
+# 9cba0b1efc2c4d39928e665ce9fd5154
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:131
 msgid ""
-"> select Blogs --match_columns 'Terms.blog_body * 10 || Bigram.blog_body * "
-"3' --query '東京都' --output_columns '_score, "
-"body' [[0,8167.364602632,0.000647003],[[[1],[[\"_score\",\"Int32\"],[\"body"
-"\",\"ShortText\"]],[13,\"東京都民に深刻なダメージを与えました。\"]]]]"
+"非わかち書き検索・部分一致検索を利用するかどうかの閾値は--with-match-"
+"escalation-threshold configureオプションで変更することができます。以下のよう"
+"に指定すると、100件以下のヒット数であれば、たとえ完全一致検索でヒットしても、"
+"非わかち書き検索・部分一致検索を行います。::"
 msgstr ""
-"> select Blogs --match_columns 'Terms.blog_body * 10 || Bigram.blog_body * "
-"3' --query '東京都' --output_columns '_score, "
-"body' [[0,8167.364602632,0.000647003],[[[1],[[\"_score\",\"Int32\"],[\"body"
-"\",\"ShortText\"]],[13,\"東京都民に深刻なダメージを与えました。\"]]]]"
+"非わかち書き検索・部分一致検索を利用するかどうかの閾値は--with-match-"
+"escalation-threshold configureオプションで変更することができます。以下のよう"
+"に指定すると、100件以下のヒット数であれば、たとえ完全一致検索でヒットしても、"
+"非わかち書き検索・部分一致検索を行います。::"
 
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:71
+# 5490376af3f348b8998ed55c7d6e0ebf
+#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:135
 msgid ""
-"groongaは完全一致検索した結果のヒット件数が所定の閾値を超えない場合に限り、非"
-"わかち書き検索を行い、それでもヒット件数が閾値を超えない場合は部分一致検索を"
-"行います(閾値は1がデフォルト値となっています)。このケースのデータは部分一致"
-"検索ではヒットするので、「東京都」クエリのみを指定するとヒットします。"
+"この場合も対策方法1同様、検索ノイズが上位に現れる可能性が高くなることに注意し"
+"てください。検索ノイズが多くなった場合は指定する値を低くする必要があります。"
 msgstr ""
-"groongaは完全一致検索した結果のヒット件数が所定の閾値を超えない場合に限り、非"
-"わかち書き検索を行い、それでもヒット件数が閾値を超えない場合は部分一致検索を"
-"行います(閾値は1がデフォルト値となっています)。このケースのデータは部分一致"
-"検索ではヒットするので、「東京都」クエリのみを指定するとヒットします。"
-
-#: ../../../source/troubleshooting/different_results_with_the_same_keyword.txt:49
-msgid "原因"
-msgstr "原因"
+"この場合も対策方法1同様、検索ノイズが上位に現れる可能性が高くなることに注意し"
+"てください。検索ノイズが多くなった場合は指定する値を低くする必要があります。"

  Modified: doc/locale/en/LC_MESSAGES/tutorial.po (+1687 -2735)
===================================================================
--- doc/locale/en/LC_MESSAGES/tutorial.po    2011-08-12 09:41:24 +0000 (3946382)
+++ doc/locale/en/LC_MESSAGES/tutorial.po    2011-08-12 13:07:32 +0000 (c527a1b)
@@ -1,833 +1,556 @@
-# English translations for 1.2.3 package.
+# English translations for 1.2.4 package.
 # Copyright (C) 2009-2011, Brazil, Inc
 # This file is distributed under the same license as the groonga package.
 # Kouhei Sutou <kou****@clear*****>, 2011.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: 1.2.3\n"
+"Project-Id-Version: 1.2.4\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2011-06-28 23:53\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-28 23:55+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2011-08-12 22:06\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-08-12 22:01+0900\n"
 "Last-Translator: Kouhei Sutou <kou****@clear*****>\n"
 "Language-Team: English\n"
+"Language: en\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"Language: en\n"
 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial06.txt:14
-msgid ""
-"タグ検索はgroongaの転置インデックスというデータ構造を用いて高速に行われます。"
-msgstr ""
-"タグ検索はgroongaの転置インデックスというデータ構造を用いて高速に行われます。"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:86
-msgid "テーブルに定義されているカラムのリストを表示します。"
-msgstr "テーブルに定義されているカラムのリストを表示します。"
-
-#: ../source/example/tutorial08-2.log:61
-msgid ""
-"> table_create --name PatSuffix --flags TABLE_PAT_KEY|KEY_WITH_SIS --"
-"key_type ShortText [[0,1308820998.62409,0.056108533],true] > column_create --"
-"table PatSuffix --name original --type Bool [[0,1308820998.8819,0.038650376],"
-"true] > load --table PatSuffix > [ > {\"_key\":\"ひろゆき\",\"original\":"
-"true}, > {\"_key\":\"まろゆき\",\"original\":true}, > {\"_key\":\"ひろあき\","
-"\"original\":true} > ] [[0,1308820999.12224,1.0055318],3] > select --table "
-"PatSuffix --query _key:@ゆき [[0,1308821000.32928,0.000440379],[[[4],[[\"_id"
-"\",\"UInt32\"],[\"_key\",\"ShortText\"],[\"original\",\"Bool\"]],[1,\"ひろゆ"
-"き\",true],[5,\"まろゆき\",true],[3,\"ゆき\",false],[2,\"ろゆき\",false]]]] "
-"> select --table PatSuffix --query \"_key:@ゆき original:true"
-"\" [[0,1308821000.5325,0.000412256],[[[2],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"original\",\"Bool\"]],[1,\"ひろゆき\",true],[5,\"まろゆき"
-"\",true]]]]"
-msgstr ""
-"> table_create --name PatSuffix --flags TABLE_PAT_KEY|KEY_WITH_SIS --"
-"key_type ShortText [[0,1308820998.62409,0.056108533],true] > column_create --"
-"table PatSuffix --name original --type Bool [[0,1308820998.8819,0.038650376],"
-"true] > load --table PatSuffix > [ > {\"_key\":\"ひろゆき\",\"original\":"
-"true}, > {\"_key\":\"まろゆき\",\"original\":true}, > {\"_key\":\"ひろあき\","
-"\"original\":true} > ] [[0,1308820999.12224,1.0055318],3] > select --table "
-"PatSuffix --query _key:@ゆき [[0,1308821000.32928,0.000440379],[[[4],[[\"_id"
-"\",\"UInt32\"],[\"_key\",\"ShortText\"],[\"original\",\"Bool\"]],[1,\"ひろゆ"
-"き\",true],[5,\"まろゆき\",true],[3,\"ゆき\",false],[2,\"ろゆき\",false]]]] "
-"> select --table PatSuffix --query \"_key:@ゆき original:true"
-"\" [[0,1308821000.5325,0.000412256],[[[2],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"original\",\"Bool\"]],[1,\"ひろゆき\",true],[5,\"まろゆき"
-"\",true]]]]"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial02.txt:100
-msgid "セキュリティ"
-msgstr "セキュリティ"
+# 25f8238470344963820e7f152b1cd34e
+# 9c2653a4b95c43bf9bff8c7d2d7c6b1f
+# 11731d701b86489bbd846375743df46b
+# d69bb2ab21e7470b9eb521f49cbe9976
+# 4e51d07773fc41189742b6302457f7a5
+# 7fa435c2531c4746ac42bc3b8df10664
+# b9a418954367482291e045f9193484e2
+# 594af792be3049bd92c149577bd84de7
+# 5a4a1fea5a6d4caf9db239a634157474
+# e4ca7f3fd26347b18cf36d43b8f6053a
+# 359836514aec4fb0891d44e38ca63c66
+# 99652975b0a04c718ca62f22f34dfee2
+# d162c1aeea044ba7840d95c01fc84487
+# 3ce6e8d52cb3450d8c0a0ab9bedf99db
+# 02c1353d5183481498b8591d143ee95a
+# 7e8c450bf4d043d3bccf9becbba3e372
+# 92c989ba94a64adca9fb8cc8ded5cb2b
+# 2b0cc874b4c141b1bf53b6650aac0a11
+# ee1f0cb049e54f5cb59fc1b97ba37326
+# 125288907ddc49398d3de17ca153a90a
+# 5eec30ec602b4913b3477e0441d20dd0
+# 32c0739124d441b1809190e65384f194
+# 88ed26a209e24b52b445a75aa58e0e71
+# 7118e84c6c16459ea1029af22b2c11ba
+# 2fc727f4f72142429d72cfa0da5c1476
+# f7f3f7b06d6e4b2eb5939be0206d6089
+# 09a2a3e472394ca392358840d8c641f6
+# 8c799e98311c4818a7e360a60c9cd627
+# 3a9c54b318a845659a2fe8cc5c99be91
+# 80b1445f359a4ed9a08246b00acfb0b3
+# 7a3adf4c11eb48f48f9977437bb18e7a
+# d0c160c91ba44f969a4525429018012e
+# 635b8fabf7f942c2829f66226369ed0c
+# 577307cab3784b92b35fef86223461f6
+# 3cef0455930b48f7ba94b9b96842fce0
+# 5249c18e5f7241fd8668698322cf73a4
+# 3dfba2d8476541878f88421c82d890d7
+# 02fa2c01dde34f14bbdd0a2bbe5964d6
+# 89e18457251e4be2b7a5d01ff8b2a825
+# b8770f8df5a141a1a57b92cf982dfc40
+# 1daf3d8fd63b4c12885112f80f6f99ab
+# c83effc4d6844a999115ca889b034ccb
+# f37491a12c6d4bbfbc2453afa174324c
+# 09fda893ca204d24b8b26ce369cd3066
+# 21901c8bdb264a17b53b7b20bef37a31
+# bc380cc22e984f1696a45af8cbaa992c
+# 1e3bed273a904eec824fe4552aa04060
+# 579ab1ad9f794c9da0f2b16f2db9dab9
+# b15fe7e030c546c2b6b7ebed9011b681
+# baff5b6308f34c748ec0199f7db6d595
+# b4964fc5be6443a29f075f1dd55b99af
+# 5267491fbadc4170ba45338a9edcd36e
+# 78c348d30dc24b309e5f3d8387ae7601
+# 0840ca063d634fb3a28d9348cf7a0213
+# a9ec9c995d3145f19ad32ed7eb1558ab
+# b2cdf3af329a48bb9617e07ec314f3b0
+# f51b410a46b6460d95caa516722f07b1
+# 136f1fd9c4774955b2810481dac2973f
+# d8b096fbb11340ae847009f7f3bafb4c
+#: ../../../source/example/tutorial01-1.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-10.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-11.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-12.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-13.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-14.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-15.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-16.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-17.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-2.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-3.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-4.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-5.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-6.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-7.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-8.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial01-9.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial02-1.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial02-2.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial02-3.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial03-1.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial03-2.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial03-3.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial04-1.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial04-2.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial04-3.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial04-4.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial04-5.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial04-6.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial04-7.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial05-1.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial05-2.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial05-3.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial05-4.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial05-5.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial05-6.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial06-1.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial06-2.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial06-3.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial06-4.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial06-5.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial06-6.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial06-7.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial07-1.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial07-2.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial07-3.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial07-4.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial08-1.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial08-2.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial10-1.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial10-10.log:1
+#: ../../../source/example/tutorial10-2.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial10-3.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial10-4.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial10-5.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial10-6.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial10-7.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial10-8.log:1,
+#: ../../../source/example/tutorial10-9.log:1,
+msgid "実行例 ::"
+msgstr "実行例 ::"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:293
-msgid "脚注"
-msgstr "脚注"
+# 024ed4564c9f401385231a0fe61e195b
+#: ../../../source/tutorial.txt:6
+msgid "チュートリアル"
+msgstr "チュートリアル"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial10.txt:126
-msgid "Bigramテーブル"
-msgstr "Bigramテーブル"
+# 8e9f1d4a7a5d4d66b6a9ece6d0bac17d
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:11
+msgid "基本的な操作"
+msgstr "基本的な操作"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:153
+# 325a39d7d5b148a58cbe099aa88feced
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:13
 msgid ""
-"この実行例には、多くのパラメータが指定されています。本チュートリアルでは、こ"
-"れらをすべて理解する必要はありません。以下に簡単な説明を記しますが、読み飛ば"
-"してもらってかまいません。"
+"groongaは、Cのライブラリとして使用する方法と、groonga実行ファイルを通して使用"
+"する方法があります。"
 msgstr ""
-"この実行例には、多くのパラメータが指定されています。本チュートリアルでは、こ"
-"れらをすべて理解する必要はありません。以下に簡単な説明を記しますが、読み飛ば"
-"してもらってかまいません。"
+"groongaは、Cのライブラリとして使用する方法と、groonga実行ファイルを通して使用"
+"する方法があります。"
 
-#: ../source/example/tutorial10-9.log:530
+# 78d1620c7aae4e399210b87b88d42b75
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:15
 msgid ""
-"> select --table Users --query _key:tasukuchan --output_columns favorites."
-"posted_by,favorites.comment [[0,1308820978.09026,0.000447909],[[[1],"
-"[[\"favorites.posted_by\",\"Users\"],[\"favorites.comment\",\"ShortText\"]],"
-"[[\"daijiro\",\"OffGao\"],[\"マイクロブログ作ってみました(甘栗むいちゃいまし"
-"た的な感じで)。\",\"@daijiro @tasukuchan 登録してみましたよー!\"]]]]]"
+"本チュートリアルでは、groonga実行ファイルを使用する方法について説明します。"
 msgstr ""
-"> select --table Users --query _key:tasukuchan --output_columns favorites."
-"posted_by,favorites.comment [[0,1308820978.09026,0.000447909],[[[1],"
-"[[\"favorites.posted_by\",\"Users\"],[\"favorites.comment\",\"ShortText\"]],"
-"[[\"daijiro\",\"OffGao\"],[\"マイクロブログ作ってみました(甘栗むいちゃいまし"
-"た的な感じで)。\",\"@daijiro @tasukuchan 登録してみましたよー!\"]]]]]"
+"本チュートリアルでは、groonga実行ファイルを使用する方法について説明します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial10.txt:484
+# bf051807fb7b4b87839da04e1c46d2be
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:17
 msgid ""
-"2010/03/17 14:00:00以前に書かれたコメント5件がヒットしました。また、ドリルダ"
-"ウンの結果も返ってきており、「hsiomaneki」が2件、「グニャラくん」が3件ヒット"
-"していることがわかります。"
+"groonga実行ファイルを使って、DBの作成・操作・サーバの起動・サーバへの接続など"
+"の操作が行えます。"
 msgstr ""
-"2010/03/17 14:00:00以前に書かれたコメント5件がヒットしました。また、ドリルダ"
-"ウンの結果も返ってきており、「hsiomaneki」が2件、「グニャラくん」が3件ヒット"
-"していることがわかります。"
+"groonga実行ファイルを使って、DBの作成・操作・サーバの起動・サーバへの接続など"
+"の操作が行えます。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:84
-msgid "DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
-msgstr "DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
+# 8722aaef363547f08c9f9e9e17b5795d
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:20
+msgid "DBの作成"
+msgstr "DBの作成"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial06.txt:19
+# 3833a48532ce4a75b48ced3aff74f21e
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:22
 msgid ""
-"動画共有サイトの検索エンジンを作ることを想定します。1つの動画には、その動画の"
-"特徴を表す、複数の語句が付与されています。「ある語句が付与されている動画の一"
-"覧を取得する」検索を行いたいとします。"
+"以下のようなコマンドを実行すると、データベースを新規に作成することができま"
+"す。"
 msgstr ""
-"動画共有サイトの検索エンジンを作ることを想定します。1つの動画には、その動画の"
-"特徴を表す、複数の語句が付与されています。「ある語句が付与されている動画の一"
-"覧を取得する」検索を行いたいとします。"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial07.txt:90
-msgid "インデックスの重み"
-msgstr "インデックスの重み"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial03.txt:10
-msgid "groongaでは、さまざまなデータを格納させることが出来ます。"
-msgstr "groongaでは、さまざまなデータを格納させることが出来ます。"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial06.txt:95
-msgid "このように、テーブルの参照関係を逆にたどる検索ができました。"
-msgstr "このように、テーブルの参照関係を逆にたどる検索ができました。"
+"以下のようなコマンドを実行すると、データベースを新規に作成することができま"
+"す。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial08.txt:10
-#: ../../../source/tutorial/tutorial08.txt:15
-msgid "主キーによる前方一致検索"
-msgstr "主キーによる前方一致検索"
+# d05233bd48464cf181a04d4b6d891591
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:28
+msgid "-nオプションは、データベースを作ることを示します。"
+msgstr "-nオプションは、データベースを作ることを示します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial03.txt:57
+# 762ec5efb0e14856942ab006bdb3ad6f
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:30
 msgid ""
-"column_createコマンドでカラムを作成するとき、--flagsオプションでCOLUMN_VECTOR"
-"フラグを指定すると、複数の値を配列で格納できるカラムが作成されます。"
+"データベースパス名には、新しく作成するデータベースのフルパス名を指定します。"
 msgstr ""
-"column_createコマンドでカラムを作成するとき、--flagsオプションでCOLUMN_VECTOR"
-"フラグを指定すると、複数の値を配列で格納できるカラムが作成されます。"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial10.txt:424
-msgid "キーワードでコメント検索"
-msgstr "キーワードでコメント検索"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial02.txt:66
-msgid "HTTPによる通信"
-msgstr "HTTPによる通信"
+"データベースパス名には、新しく作成するデータベースのフルパス名を指定します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial09.txt:8
+# 69acdee6521348e1971f3adc9597c6d8
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:32
 msgid ""
-"groongaでは、全文検索に用いるための語意表がテーブルとして扱えます。よって、語"
-"彙ごとに複数の情報を保持することができます。例えば、語彙の出現数や検索ストッ"
-"プワードのフラグ、単語の重要度などを保持することができます。"
+"上記コマンドでデータベースを作成すると、そのまま対話モードと呼ばれるコマンド"
+"を受け付けるモードになります。Ctrlキーを押しながらdキーを押すと、対話モードか"
+"ら抜けることができます。"
 msgstr ""
-"groongaでは、全文検索に用いるための語意表がテーブルとして扱えます。よって、語"
-"彙ごとに複数の情報を保持することができます。例えば、語彙の出現数や検索ストッ"
-"プワードのフラグ、単語の重要度などを保持することができます。"
+"上記コマンドでデータベースを作成すると、そのまま対話モードと呼ばれるコマンド"
+"を受け付けるモードになります。Ctrlキーを押しながらdキーを押すと、対話モードか"
+"ら抜けることができます。"
 
-#: ../source/example/tutorial06-1.log:31
-msgid ""
-"> table_create --name Video --flags TABLE_HASH_KEY --key_type UInt32 "
-"[[-22,1308820912.80154,0.000455314,\"already used name was assigned: <Video>"
-"\",[[\"grn_obj_register\",\"db.c\",5938,\"(stdin)\",1274,\"table_create --"
-"name Video --flags TABLE_HASH_KEY --key_type UInt32\"]]],false] > "
-"table_create --name Tag --flags TABLE_HASH_KEY --key_type ShortText "
-"[[-22,1308820913.00517,0.00046206,\"already used name was assigned: <Tag>\","
-"[[\"grn_obj_register\",\"db.c\",5938,\"(stdin)\",1275,\"table_create --name "
-"Tag --flags TABLE_HASH_KEY --key_type ShortText\"]]],false] > column_create "
-"--table Video --name title --flags COLUMN_SCALAR --type ShortText "
-"[[-22,1308820913.20848,0.000212757,\"already used name was assigned: <Video."
-"title>\",[[\"grn_obj_register\",\"db.c\",5938,\"(stdin)\",1276,"
-"\"column_create --table Video --name title --flags COLUMN_SCALAR --type "
-"ShortText\"]]],false] > column_create --table Video --name tags --flags "
-"COLUMN_VECTOR --type Tag [[-22,1308820913.41095,0.000428695,\"already used "
-"name was assigned: <Video.tags>\",[[\"grn_obj_register\",\"db.c\",5938,"
-"\"(stdin)\",1277,\"column_create --table Video --name tags --flags "
-"COLUMN_VECTOR --type Tag\"]]],false] > column_create --table Tag --name "
-"index_tags --flags COLUMN_INDEX --type Video --source tags "
-"[[-22,1308820913.61454,0.00024036,\"already used name was assigned: <Tag."
-"index_tags>\",[[\"grn_obj_register\",\"db.c\",5938,\"(stdin)\",1278,"
-"\"column_create --table Tag --name index_tags --flags COLUMN_INDEX --type "
-"Video --source tags\"]]],false] > load --table Video > [ > {\"_key\":1,"
-"\"title\":\"Soccer 2010\",\"tags\":[\"Sports\",\"Soccer\"]}, > {\"_key\":2,"
-"\"title\":\"Zenigata Kinjirou\",\"tags\":[\"Variety\",\"Money\"]}, > {\"_key"
-"\":3,\"title\":\"groonga Demo\",\"tags\":[\"IT\",\"Server\",\"groonga\"]}, > "
-"{\"_key\":4,\"title\":\"Moero!! Ultra Baseball\",\"tags\":[\"Sports\","
-"\"Baseball\"]}, > {\"_key\":5,\"title\":\"Hex Gone!\",\"tags\":[\"Variety\","
-"\"Quiz\"]}, > {\"_key\":6,\"title\":\"Pikonyan 1\",\"tags\":[\"Animation\","
-"\"Pikonyan\"]}, > {\"_key\":7,\"title\":\"Draw 8 Month\",\"tags\":"
-"[\"Animation\",\"Raccoon\"]}, > {\"_key\":8,\"title\":\"K.O.\",\"tags\":"
-"[\"Animation\",\"Music\"]} > ] [[0,1308820913.81791,2.009808857],8]"
-msgstr ""
-"> table_create --name Video --flags TABLE_HASH_KEY --key_type UInt32 "
-"[[-22,1308820912.80154,0.000455314,\"already used name was assigned: <Video>"
-"\",[[\"grn_obj_register\",\"db.c\",5938,\"(stdin)\",1274,\"table_create --"
-"name Video --flags TABLE_HASH_KEY --key_type UInt32\"]]],false] > "
-"table_create --name Tag --flags TABLE_HASH_KEY --key_type ShortText "
-"[[-22,1308820913.00517,0.00046206,\"already used name was assigned: <Tag>\","
-"[[\"grn_obj_register\",\"db.c\",5938,\"(stdin)\",1275,\"table_create --name "
-"Tag --flags TABLE_HASH_KEY --key_type ShortText\"]]],false] > column_create "
-"--table Video --name title --flags COLUMN_SCALAR --type ShortText "
-"[[-22,1308820913.20848,0.000212757,\"already used name was assigned: <Video."
-"title>\",[[\"grn_obj_register\",\"db.c\",5938,\"(stdin)\",1276,"
-"\"column_create --table Video --name title --flags COLUMN_SCALAR --type "
-"ShortText\"]]],false] > column_create --table Video --name tags --flags "
-"COLUMN_VECTOR --type Tag [[-22,1308820913.41095,0.000428695,\"already used "
-"name was assigned: <Video.tags>\",[[\"grn_obj_register\",\"db.c\",5938,"
-"\"(stdin)\",1277,\"column_create --table Video --name tags --flags "
-"COLUMN_VECTOR --type Tag\"]]],false] > column_create --table Tag --name "
-"index_tags --flags COLUMN_INDEX --type Video --source tags "
-"[[-22,1308820913.61454,0.00024036,\"already used name was assigned: <Tag."
-"index_tags>\",[[\"grn_obj_register\",\"db.c\",5938,\"(stdin)\",1278,"
-"\"column_create --table Tag --name index_tags --flags COLUMN_INDEX --type "
-"Video --source tags\"]]],false] > load --table Video > [ > {\"_key\":1,"
-"\"title\":\"Soccer 2010\",\"tags\":[\"Sports\",\"Soccer\"]}, > {\"_key\":2,"
-"\"title\":\"Zenigata Kinjirou\",\"tags\":[\"Variety\",\"Money\"]}, > {\"_key"
-"\":3,\"title\":\"groonga Demo\",\"tags\":[\"IT\",\"Server\",\"groonga\"]}, > "
-"{\"_key\":4,\"title\":\"Moero!! Ultra Baseball\",\"tags\":[\"Sports\","
-"\"Baseball\"]}, > {\"_key\":5,\"title\":\"Hex Gone!\",\"tags\":[\"Variety\","
-"\"Quiz\"]}, > {\"_key\":6,\"title\":\"Pikonyan 1\",\"tags\":[\"Animation\","
-"\"Pikonyan\"]}, > {\"_key\":7,\"title\":\"Draw 8 Month\",\"tags\":"
-"[\"Animation\",\"Raccoon\"]}, > {\"_key\":8,\"title\":\"K.O.\",\"tags\":"
-"[\"Animation\",\"Music\"]} > ] [[0,1308820913.81791,2.009808857],8]"
-
-#: ../source/example/tutorial01-12.log:332
-msgid ""
-"> select --table Site --match_columns title --query this "
-"[[0,1308820934.87474,0.000280727],[[[1],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"]],[1,\"http://example.org/\",\"This "
-"is test record 1!\"]]]]"
-msgstr ""
-"> select --table Site --match_columns title --query this "
-"[[0,1308820934.87474,0.000280727],[[[1],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"]],[1,\"http://example.org/\",\"This "
-"is test record 1!\"]]]]"
+# de10f4e642de4b3f81c939e104dcb7a1
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:41
+msgid "DBの操作"
+msgstr "DBの操作"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial04.txt:34
+# 31b4e64c4d0b47e0a114bac4ffad3e5e
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:47
 msgid ""
-"queryパラメータとfilterパラメータを同時に指定すると、両者の条件をともに満たす"
-"レコードが結果として返ります。"
+"既存のデータベースのフルパス名をDBパス名に指定します。 コマンドを指定すると、"
+"実行結果を返します。"
 msgstr ""
-"queryパラメータとfilterパラメータを同時に指定すると、両者の条件をともに満たす"
-"レコードが結果として返ります。"
+"既存のデータベースのフルパス名をDBパス名に指定します。 コマンドを指定すると、"
+"実行結果を返します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:203
+# eae7fe9921874cce9e237baa319a2ac8
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:50
 msgid ""
-"selectコマンドにおいて、queryパラメータを用いるとデータの検索を行うことができ"
-"ます。"
+"コマンドを指定しない場合には、対話モードに入ります。 対話モードでは、標準入力"
+"からコマンドを読み込み、順次実行します。 本チュートリアルでは、対話モードを主"
+"に使用します。"
 msgstr ""
-"selectコマンドにおいて、queryパラメータを用いるとデータの検索を行うことができ"
-"ます。"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:23
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:42
-#: ../../../source/tutorial/tutorial02.txt:18
-#: ../../../source/tutorial/tutorial02.txt:37
-#: ../../../source/tutorial/tutorial02.txt:70
-msgid "書式 ::"
-msgstr "書式 ::"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial04.txt:67
-msgid "位置情報を用いた絞込・ソート"
-msgstr "位置情報を用いた絞込・ソート"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial04.txt:103
-msgid "「ある地点から何m以内に存在する」といった絞込も可能です。"
-msgstr "「ある地点から何m以内に存在する」といった絞込も可能です。"
+"コマンドを指定しない場合には、対話モードに入ります。 対話モードでは、標準入力"
+"からコマンドを読み込み、順次実行します。 本チュートリアルでは、対話モードを主"
+"に使用します。"
 
-#: ../source/example/tutorial05-1.log:23
-msgid ""
-"> table_create --name SiteDomain --flags TABLE_HASH_KEY --key_type ShortText "
-"[[0,1308821014.79373,0.08400713],true] > table_create --name SiteCountry --"
-"flags TABLE_HASH_KEY --key_type ShortText [[0,1308821015.07862,0.039604105],"
-"true] > column_create --table Site --name domain --flags COLUMN_SCALAR --"
-"type SiteDomain [[0,1308821015.31978,0.038851776],true] > column_create --"
-"table Site --name country --flags COLUMN_SCALAR --type SiteCountry "
-"[[0,1308821015.56016,0.038916093],true] > load --table Site > [ > {\"_key\":"
-"\"http://example.org/\",\"domain\":\".org\",\"country\":\"japan\"}, > {\"_key"
-"\":\"http://example.net/\",\"domain\":\".net\",\"country\":\"brazil\"}, > "
-"{\"_key\":\"http://example.com/\",\"domain\":\".com\",\"country\":\"japan"
-"\"}, > {\"_key\":\"http://example.net/afr\",\"domain\":\".net\",\"country\":"
-"\"usa\"}, > {\"_key\":\"http://example.org/aba\",\"domain\":\".org\","
-"\"country\":\"korea\"}, > {\"_key\":\"http://example.com/rab\",\"domain\":\"."
-"com\",\"country\":\"china\"}, > {\"_key\":\"http://example.net/atv\",\"domain"
-"\":\".net\",\"country\":\"china\"}, > {\"_key\":\"http://example.org/gat\","
-"\"domain\":\".org\",\"country\":\"usa\"}, > {\"_key\":\"http://example.com/"
-"vdw\",\"domain\":\".com\",\"country\":\"japan\"} > ] "
-"[[0,1308821015.80061,2.21225519],9]"
-msgstr ""
-"> table_create --name SiteDomain --flags TABLE_HASH_KEY --key_type ShortText "
-"[[0,1308821014.79373,0.08400713],true] > table_create --name SiteCountry --"
-"flags TABLE_HASH_KEY --key_type ShortText [[0,1308821015.07862,0.039604105],"
-"true] > column_create --table Site --name domain --flags COLUMN_SCALAR --"
-"type SiteDomain [[0,1308821015.31978,0.038851776],true] > column_create --"
-"table Site --name country --flags COLUMN_SCALAR --type SiteCountry "
-"[[0,1308821015.56016,0.038916093],true] > load --table Site > [ > {\"_key\":"
-"\"http://example.org/\",\"domain\":\".org\",\"country\":\"japan\"}, > {\"_key"
-"\":\"http://example.net/\",\"domain\":\".net\",\"country\":\"brazil\"}, > "
-"{\"_key\":\"http://example.com/\",\"domain\":\".com\",\"country\":\"japan"
-"\"}, > {\"_key\":\"http://example.net/afr\",\"domain\":\".net\",\"country\":"
-"\"usa\"}, > {\"_key\":\"http://example.org/aba\",\"domain\":\".org\","
-"\"country\":\"korea\"}, > {\"_key\":\"http://example.com/rab\",\"domain\":\"."
-"com\",\"country\":\"china\"}, > {\"_key\":\"http://example.net/atv\",\"domain"
-"\":\".net\",\"country\":\"china\"}, > {\"_key\":\"http://example.org/gat\","
-"\"domain\":\".org\",\"country\":\"usa\"}, > {\"_key\":\"http://example.com/"
-"vdw\",\"domain\":\".com\",\"country\":\"japan\"} > ] "
-"[[0,1308821015.80061,2.21225519],9]"
-
-#: ../source/example/tutorial07-2.log:75
-msgid ""
-"> select --table Blog1 --match_columns title||message --query groonga "
-"[[0,1308820992.85475,0.000567046],[[[3],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"message\",\"ShortText\"]],[1,"
-"\"grn1\",\"groonga test\",\"groonga message\"],[3,\"grn3\",\"groonga message"
-"\",\"none\"],[2,\"grn2\",\"baseball result\",\"rakutan eggs 4 - 4 groonga "
-"moritars\"]]]] > select --table Blog1 --match_columns title||message --query "
-"message [[0,1308820993.05879,0.000509674],[[[2],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key"
-"\",\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"message\",\"ShortText\"]],[3,"
-"\"grn3\",\"groonga message\",\"none\"],[1,\"grn1\",\"groonga test\","
-"\"groonga message\"]]]] > select --table Blog1 --match_columns title --query "
-"message [[0,1308820993.26226,0.000493886],[[[1],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key"
-"\",\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"message\",\"ShortText\"]],[3,"
-"\"grn3\",\"groonga message\",\"none\"]]]]"
-msgstr ""
-"> select --table Blog1 --match_columns title||message --query groonga "
-"[[0,1308820992.85475,0.000567046],[[[3],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"message\",\"ShortText\"]],[1,"
-"\"grn1\",\"groonga test\",\"groonga message\"],[3,\"grn3\",\"groonga message"
-"\",\"none\"],[2,\"grn2\",\"baseball result\",\"rakutan eggs 4 - 4 groonga "
-"moritars\"]]]] > select --table Blog1 --match_columns title||message --query "
-"message [[0,1308820993.05879,0.000509674],[[[2],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key"
-"\",\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"message\",\"ShortText\"]],[3,"
-"\"grn3\",\"groonga message\",\"none\"],[1,\"grn1\",\"groonga test\","
-"\"groonga message\"]]]] > select --table Blog1 --match_columns title --query "
-"message [[0,1308820993.26226,0.000493886],[[[1],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key"
-"\",\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"message\",\"ShortText\"]],[3,"
-"\"grn3\",\"groonga message\",\"none\"]]]]"
+# a35066d279e647389badd82cf68378ed
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:54
+msgid ""
+"たとえば、statusというコマンドを実行してみましょう。statusコマンドは、groonga"
+"の実行状態を返すコマンドです。"
+msgstr ""
+"たとえば、statusというコマンドを実行してみましょう。statusコマンドは、groonga"
+"の実行状態を返すコマンドです。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial10.txt:421
+# 1897113c9531493d896d88d17a729ec7
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:61
 msgid ""
-"範囲を広く指定したため、位置情報のあるすべてのコメントがヒットしました。そし"
-"て、ヒットしたコメントからドリルダウンされた結果も返ってきており、ハッシュタ"
-"グは「#groonga」が2つに「#travel」が1つ、投稿者は「グニャラくん」「OffGao」が"
-"それぞれ2件ずつであることがわかります。"
+"以上のように、コマンドの実行結果は基本的にjson形式で返却されます。jsonの配列"
+"の0番目の要素に、エラーコードや実行時間などの情報が入ります。jsonの配列の1番"
+"目の様子に、コマンドの実行結果が入ります。"
 msgstr ""
-"範囲を広く指定したため、位置情報のあるすべてのコメントがヒットしました。そし"
-"て、ヒットしたコメントからドリルダウンされた結果も返ってきており、ハッシュタ"
-"グは「#groonga」が2つに「#travel」が1つ、投稿者は「グニャラくん」「OffGao」が"
-"それぞれ2件ずつであることがわかります。"
+"以上のように、コマンドの実行結果は基本的にjson形式で返却されます。jsonの配列"
+"の0番目の要素に、エラーコードや実行時間などの情報が入ります。jsonの配列の1番"
+"目の様子に、コマンドの実行結果が入ります。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial04.txt:56
+# a490abef2a5241f282873ec870cfacfe
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:64
+msgid "コマンド"
+msgstr "コマンド"
+
+# c0c38b4f437e4f06ad1bda05b823d564
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:66
 msgid ""
-"という条件を指定しています。ここでは、rand()という乱数を返す関数を用いて、全"
-"文検索のスコアを乱数で上書きしています。"
+"groonga実行ファイルやgroongaサーバを介して様々なコマンドを実行して、DBを操作"
+"することができます。 コマンドは以下の書式のうちいずれかで与えることができま"
+"す。 ::"
 msgstr ""
-"という条件を指定しています。ここでは、rand()という乱数を返す関数を用いて、全"
-"文検索のスコアを乱数で上書きしています。"
+"groonga実行ファイルやgroongaサーバを介して様々なコマンドを実行して、DBを操作"
+"することができます。 コマンドは以下の書式のうちいずれかで与えることができま"
+"す。 ::"
+
+# 37c7972d7a0546b3baf40cd17a73b403
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:73
+msgid "書式1と2は混ぜて使うことができます。"
+msgstr "書式1と2は混ぜて使うことができます。"
 
-#: ../source/example/tutorial01-7.log:227
-msgid ""
-"> load --table Site > [ > {\"_key\":\"http://example.org/\",\"title\":\"This "
-"is test record 1!\"}, > {\"_key\":\"http://example.net/\",\"title\":\"test "
-"record 2.\"}, > {\"_key\":\"http://example.com/\",\"title\":\"test test "
-"record three.\"}, > {\"_key\":\"http://example.net/afr\",\"title\":\"test "
-"record four.\"}, > {\"_key\":\"http://example.org/aba\",\"title\":\"test "
-"test test record five.\"}, > {\"_key\":\"http://example.com/rab\",\"title\":"
-"\"test test test test record six.\"}, > {\"_key\":\"http://example.net/atv\","
-"\"title\":\"test test test record seven.\"}, > {\"_key\":\"http://example."
-"org/gat\",\"title\":\"test test record eight.\"}, > {\"_key\":\"http://"
-"example.com/vdw\",\"title\":\"test test record nine.\"}, > ] "
-"[[0,1308820931.65233,2.210007023],9]"
-msgstr ""
-"> load --table Site > [ > {\"_key\":\"http://example.org/\",\"title\":\"This "
-"is test record 1!\"}, > {\"_key\":\"http://example.net/\",\"title\":\"test "
-"record 2.\"}, > {\"_key\":\"http://example.com/\",\"title\":\"test test "
-"record three.\"}, > {\"_key\":\"http://example.net/afr\",\"title\":\"test "
-"record four.\"}, > {\"_key\":\"http://example.org/aba\",\"title\":\"test "
-"test test record five.\"}, > {\"_key\":\"http://example.com/rab\",\"title\":"
-"\"test test test test record six.\"}, > {\"_key\":\"http://example.net/atv\","
-"\"title\":\"test test test record seven.\"}, > {\"_key\":\"http://example."
-"org/gat\",\"title\":\"test test record eight.\"}, > {\"_key\":\"http://"
-"example.com/vdw\",\"title\":\"test test record nine.\"}, > ] "
-"[[0,1308820931.65233,2.210007023],9]"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:129
+# 0700f865d7664c3c8ee83b24ffec4638
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:75
 msgid ""
-":doc:`/commands/column_create` コマンドを用いて、カラムを作成することができま"
-"す。"
+"書式2において、空白や、記号「\"'()\\」のうちいずれかを含む値を指定したい場合"
+"は、シングルクォート(')かダブルクォート(\")で値を囲みます。"
 msgstr ""
-":doc:`/commands/column_create` コマンドを用いて、カラムを作成することができま"
-"す。"
+"書式2において、空白や、記号「\"'()\\」のうちいずれかを含む値を指定したい場合"
+"は、シングルクォート(')かダブルクォート(\")で値を囲みます。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:286
+# 69ab19d4663d4655b68a7b9b2a573305
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:77
 msgid ""
-"ソートするカラム名を複数指定したい場合は、カンマ(,)区切りで指定します。複数の"
-"カラムを指定した場合、最初のカラムで同一の値のレコードがあった場合に、次のカ"
-"ラムの値でソートさせることができます。"
+"詳しくは、 :doc:`/executables/groonga` のコマンドの項を参考にしてください。"
 msgstr ""
-"ソートするカラム名を複数指定したい場合は、カンマ(,)区切りで指定します。複数の"
-"カラムを指定した場合、最初のカラムで同一の値のレコードがあった場合に、次のカ"
-"ラムの値でソートさせることができます。"
+"詳しくは、 :doc:`/executables/groonga` のコマンドの項を参考にしてください。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial10.txt:51
-msgid "Usersテーブル"
-msgstr "Usersテーブル"
+# 4196ca43620244e795440363b5d3648a
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:80
+msgid "主なコマンド"
+msgstr "主なコマンド"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial10.txt:68
-msgid "ユーザーの現在地(緯度経度座標)"
-msgstr "ユーザーの現在地(緯度経度座標)"
+# 2f3e5578b0cf4b81abacd8404201f61b
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:83
+msgid "groongaプロセスの状態を表示します。"
+msgstr "groongaプロセスの状態を表示します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial06.txt:10
-msgid "タグ検索・参照関係の逆引き"
-msgstr "タグ検索・参照関係の逆引き"
+# 9b454ebc474a42d3934475fbb940e87b
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:85
+msgid "DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
+msgstr "DBに定義されているテーブルのリストを表示します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial05.txt:55
-msgid ""
-"ドリルダウン結果を並びかえることができます。例えば、_nsubrecsパラメータの降順"
-"で並び替えることができます。"
-msgstr ""
-"ドリルダウン結果を並びかえることができます。例えば、_nsubrecsパラメータの降順"
-"で並び替えることができます。"
+# 729deadad2d6431aa2e6fe900750bce9
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:87
+msgid "テーブルに定義されているカラムのリストを表示します。"
+msgstr "テーブルに定義されているカラムのリストを表示します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:90
+# b782c1192e854f68960b406376eff7fc
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:89
+msgid "DBにテーブルを追加します。"
+msgstr "DBにテーブルを追加します。"
+
+# 3c7ff7d7a5734f369d9bc7f5faac38fd
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:91
 msgid "テーブルにカラムを追加します。"
 msgstr "テーブルにカラムを追加します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial02.txt:102
-msgid ""
-"groongaのネットワークサービスにはは認証機能がありません。誰でもデータベースの"
-"内容を閲覧・修正することができます。iptablesなどを用いて、アクセス元IPアドレ"
-"スを制限することを薦めます。"
-msgstr ""
-"groongaのネットワークサービスにはは認証機能がありません。誰でもデータベースの"
-"内容を閲覧・修正することができます。iptablesなどを用いて、アクセス元IPアドレ"
-"スを制限することを薦めます。"
-
-#: ../source/example/tutorial01-6.log:207
-msgid ""
-"> column_create --table Terms --name blog_title --flags COLUMN_INDEX|"
-"WITH_POSITION --type Site --source title [[0,1308820931.27655,0.173806991],"
-"true]"
-msgstr ""
-"> column_create --table Terms --name blog_title --flags COLUMN_INDEX|"
-"WITH_POSITION --type Site --source title [[0,1308820931.27655,0.173806991],"
-"true]"
+# f048fe57b2854ea68efb3a6819c8a2ba
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:93
+msgid "テーブルに含まれるレコードを検索して表示します。"
+msgstr "テーブルに含まれるレコードを検索して表示します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial09.txt:6
-msgid "全文検索の語彙表に対する追加情報"
-msgstr "全文検索の語彙表に対する追加情報"
+# 21987da3e8cf4bed8ee9b0a31dd4eb55
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:95
+msgid "テーブルにレコードを挿入します。"
+msgstr "テーブルにレコードを挿入します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial10.txt:466
-msgid "ユーザーのお気に入りコメントを検索"
-msgstr "ユーザーのお気に入りコメントを検索"
+# c4534913587349bba17957fc049d1755
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:100
+msgid ":doc:`/commands/table_create` コマンドを使用してテーブルを作成します。"
+msgstr ":doc:`/commands/table_create` コマンドを使用してテーブルを作成します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:74
+# 270970f8b2a34e0c89f09e3a95bd6c25
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:102
 msgid ""
-"書式2において、空白や、記号「\"'()\\」のうちいずれかを含む値を指定したい場合"
-"は、シングルクォート(')かダブルクォート(\")で値を囲みます。"
+"groongaでは、多くの場合テーブルを作成する際に主キーが必要となります。また、主"
+"キーには型と、その格納方法を指定する必要があります。"
 msgstr ""
-"書式2において、空白や、記号「\"'()\\」のうちいずれかを含む値を指定したい場合"
-"は、シングルクォート(')かダブルクォート(\")で値を囲みます。"
+"groongaでは、多くの場合テーブルを作成する際に主キーが必要となります。また、主"
+"キーには型と、その格納方法を指定する必要があります。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:29
+# 2f514aa95d054f66b5191a97d121af3f
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:104
 msgid ""
-"データベースパス名には、新しく作成するデータベースのフルパス名を指定します。"
-msgstr ""
-"データベースパス名には、新しく作成するデータベースのフルパス名を指定します。"
-
-#: ../source/example/tutorial05-4.log:96
-msgid ""
-"> select --table Site --limit 0 --drilldown domain,country "
-"[[0,1308821018.62463,0.00042405],[[[9],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"location\",\"WGS84GeoPoint\"],"
-"[\"links\",\"Site\"],[\"link\",\"Site\"],[\"domain\",\"SiteDomain\"],"
-"[\"country\",\"SiteCountry\"]]],[[3],[[\"_key\",\"ShortText\"],[\"_nsubrecs"
-"\",\"Int32\"]],[\".org\",3],[\".net\",3],[\".com\",3]],[[5],[[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"_nsubrecs\",\"Int32\"]],[\"japan\",3],[\"brazil\",1],[\"usa"
-"\",2],[\"korea\",1],[\"china\",2]]]]"
-msgstr ""
-"> select --table Site --limit 0 --drilldown domain,country "
-"[[0,1308821018.62463,0.00042405],[[[9],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"location\",\"WGS84GeoPoint\"],"
-"[\"links\",\"Site\"],[\"link\",\"Site\"],[\"domain\",\"SiteDomain\"],"
-"[\"country\",\"SiteCountry\"]]],[[3],[[\"_key\",\"ShortText\"],[\"_nsubrecs"
-"\",\"Int32\"]],[\".org\",3],[\".net\",3],[\".com\",3]],[[5],[[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"_nsubrecs\",\"Int32\"]],[\"japan\",3],[\"brazil\",1],[\"usa"
-"\",2],[\"korea\",1],[\"china\",2]]]]"
-
-#: ../source/example/tutorial05-5.log:109
-msgid ""
-"> select --table Site --limit 0 --drilldown country --drilldown_sortby "
-"_nsubrecs [[0,1308821018.83002,0.000406563],[[[9],[[\"_id\",\"UInt32\"],"
-"[\"_key\",\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"location\","
-"\"WGS84GeoPoint\"],[\"links\",\"Site\"],[\"link\",\"Site\"],[\"domain\","
-"\"SiteDomain\"],[\"country\",\"SiteCountry\"]]],[[5],[[\"_key\",\"ShortText"
-"\"],[\"_nsubrecs\",\"Int32\"]],[\"brazil\",1],[\"korea\",1],[\"usa\",2],"
-"[\"china\",2],[\"japan\",3]]]]"
-msgstr ""
-"> select --table Site --limit 0 --drilldown country --drilldown_sortby "
-"_nsubrecs [[0,1308821018.83002,0.000406563],[[[9],[[\"_id\",\"UInt32\"],"
-"[\"_key\",\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"location\","
-"\"WGS84GeoPoint\"],[\"links\",\"Site\"],[\"link\",\"Site\"],[\"domain\","
-"\"SiteDomain\"],[\"country\",\"SiteCountry\"]]],[[5],[[\"_key\",\"ShortText"
-"\"],[\"_nsubrecs\",\"Int32\"]],[\"brazil\",1],[\"korea\",1],[\"usa\",2],"
-"[\"china\",2],[\"japan\",3]]]]"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial04.txt:105
-msgid ""
-"filterパラメータにおいて、 :doc:`../functions/geo_in_circle` 関数を用いること"
-"により、2点間の距離が指定のm以下におさまるかどうかを判定することができます。"
+"型については、のちのチュートリアルで触れます。データの種類をあらわしているも"
+"の、とイメージしてください。"
 msgstr ""
-"filterパラメータにおいて、 :doc:`../functions/geo_in_circle` 関数を用いること"
-"により、2点間の距離が指定のm以下におさまるかどうかを判定することができます。"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial02.txt:90
-msgid "groonga [-p ポート番号] -d --protocol http DBパス名"
-msgstr "groonga [-p ポート番号] -d --protocol http DBパス名"
+"型については、のちのチュートリアルで触れます。データの種類をあらわしているも"
+"の、とイメージしてください。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:46
+# cfbf854dce4344db921a2b37696646ec
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:106
 msgid ""
-"既存のデータベースのフルパス名をDBパス名に指定します。 コマンドを指定すると、"
-"実行結果を返します。"
+"主キーの格納方法によって、主キーでの検索速度や、前方一致検索の可否が決まりま"
+"す。これも、のちのチュートリアルで触れます。"
 msgstr ""
-"既存のデータベースのフルパス名をDBパス名に指定します。 コマンドを指定すると、"
-"実行結果を返します。"
+"主キーの格納方法によって、主キーでの検索速度や、前方一致検索の可否が決まりま"
+"す。これも、のちのチュートリアルで触れます。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial10.txt:391
+# 46c1654d9617491fb8713102dbaabbcb
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:108
 msgid ""
-"ここでは、 :doc:`tutorial04` で扱った、GeoPoint型のカラムで検索をします。 以"
-"下の例では、指定された位置から5000m以内にいるユーザーを検索しています。"
+"ここでは、ShortText型の主キー値を持ち、主キーの格納方法はHASHである、'Site'と"
+"いう名前のテーブルを作成します。"
 msgstr ""
-"ここでは、 :doc:`tutorial04` で扱った、GeoPoint型のカラムで検索をします。 以"
-"下の例では、指定された位置から5000m以内にいるユーザーを検索しています。"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial10.txt:86
-msgid "コメントID"
-msgstr "コメントID"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial06.txt:58
-msgid "参照関係の逆引き"
-msgstr "参照関係の逆引き"
-
-#: ../source/example/tutorial10-10.log:548
-msgid ""
-"> select Comments --filter 'last_modified<=1268802000' --output_columns "
-"posted_by.name,comment,last_modified --drilldown hash_tags,posted_by "
-"[[0,1308820978.29463,0.000712033],[[[5],[[\"posted_by.name\",\"ShortText\"],"
-"[\"comment\",\"ShortText\"],[\"last_modified\",\"Time\"]],[\"hsiomaneki\","
-"\"マイクロブログ作ってみました(甘栗むいちゃいました的な感じ"
-"で)。\",1268795100.0],[\"グニャラくん\",\"初の書き込み。テストテス"
-"ト。\",1268794800.0],[\"hsiomaneki\",\"@tasukuchan ようこそ!!!"
-"\",1268795100.0],[\"グニャラくん\",\"@daijiro ありがとう!\",1268798400.0],"
-"[\"グニャラくん\",\"groongaなう #groonga\",1268802000.0]],[[1],[[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"_nsubrecs\",\"Int32\"]],[\"groonga\",1]],[[2],[[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"_nsubrecs\",\"Int32\"]],[\"daijiro\",2],[\"tasukuchan"
-"\",3]]]]"
-msgstr ""
-"> select Comments --filter 'last_modified<=1268802000' --output_columns "
-"posted_by.name,comment,last_modified --drilldown hash_tags,posted_by "
-"[[0,1308820978.29463,0.000712033],[[[5],[[\"posted_by.name\",\"ShortText\"],"
-"[\"comment\",\"ShortText\"],[\"last_modified\",\"Time\"]],[\"hsiomaneki\","
-"\"マイクロブログ作ってみました(甘栗むいちゃいました的な感じ"
-"で)。\",1268795100.0],[\"グニャラくん\",\"初の書き込み。テストテス"
-"ト。\",1268794800.0],[\"hsiomaneki\",\"@tasukuchan ようこそ!!!"
-"\",1268795100.0],[\"グニャラくん\",\"@daijiro ありがとう!\",1268798400.0],"
-"[\"グニャラくん\",\"groongaなう #groonga\",1268802000.0]],[[1],[[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"_nsubrecs\",\"Int32\"]],[\"groonga\",1]],[[2],[[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"_nsubrecs\",\"Int32\"]],[\"daijiro\",2],[\"tasukuchan"
-"\",3]]]]"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:245
-msgid "複数のカラムを指定する場合は、カンマ(,)区切りで指定します。"
-msgstr "複数のカラムを指定する場合は、カンマ(,)区切りで指定します。"
+"ここでは、ShortText型の主キー値を持ち、主キーの格納方法はHASHである、'Site'と"
+"いう名前のテーブルを作成します。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:14
+# 67a9d938e79b4cce9284c8be3a95d433
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:117
 msgid ""
-"本チュートリアルでは、groonga実行ファイルを使用する方法について説明します。"
+":doc:`/commands/select` コマンドを用いて、テーブルの中身を表示することができ"
+"ます。"
 msgstr ""
-"本チュートリアルでは、groonga実行ファイルを使用する方法について説明します。"
+":doc:`/commands/select` コマンドを用いて、テーブルの中身を表示することができ"
+"ます。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:209
+# eab40de4161e4111b0048f9875b12ae4
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:123
 msgid ""
-"queryパラメータに与えた「_id:1」というのは、'_id'という名前のカラムに'1'とい"
-"う値が入っているレコードを検索する、という意味です。"
+"selectにテーブル名を指定すると、指定したテーブルの中身を10件表示します。[0]は"
+"検索されたレコードの件数、[\"_id\",\"Uint32\"]は値がUInt32型である\"_id'とい"
+"う名前のカラム、[\"_key\",\"ShortText\"]は値がShortText型である'_key'という名"
+"前のカラムを示しています。"
 msgstr ""
-"queryパラメータに与えた「_id:1」というのは、'_id'という名前のカラムに'1'とい"
-"う値が入っているレコードを検索する、という意味です。"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial10.txt:467
-msgid "あるユーザーがお気に入りに入れているコメントを検索します。"
-msgstr "あるユーザーがお気に入りに入れているコメントを検索します。"
+"selectにテーブル名を指定すると、指定したテーブルの中身を10件表示します。[0]は"
+"検索されたレコードの件数、[\"_id\",\"Uint32\"]は値がUInt32型である\"_id'とい"
+"う名前のカラム、[\"_key\",\"ShortText\"]は値がShortText型である'_key'という名"
+"前のカラムを示しています。"
 
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:60
+# 47ebdd6d40614dd0ad50e45ae527f8d0
+#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:125
 msgid ""
-"以上のように、コマンドの実行結果は基本的にjson形式で返却されます。jsonの配列"
-"の0番目の要素に、エラーコードや実行時間などの情報が入ります。jsonの配列の1番"
-"目の様子に、コマンドの実行結果が入ります。"
+"table_createコマンドで作成したテーブルには、最初から'_id'/'_key'という2つの"
+"カラムがあります。'_id'はgroongaが自動的に付与するID番号が格納されるカラムで"
+"す。'_key'は主キーが格納されるカラムです。これらのカラム名を変更することはで"
+"きません。"
 msgstr ""
-"以上のように、コマンドの実行結果は基本的にjson形式で返却されます。jsonの配列"
-"の0番目の要素に、エラーコードや実行時間などの情報が入ります。jsonの配列の1番"
-"目の様子に、コマンドの実行結果が入ります。"
-
-#: ../source/example/tutorial05-6.log:122
-msgid ""
-"> select --table Site --limit 0 --drilldown country --drilldown_sortby "
-"_nsubrecs --drilldown_limit 2 --drilldown_offset 2 "
-"[[0,1308821019.03466,0.000365367],[[[9],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"location\",\"WGS84GeoPoint\"],"
-"[\"links\",\"Site\"],[\"link\",\"Site\"],[\"domain\",\"SiteDomain\"],"
-"[\"country\",\"SiteCountry\"]]],[[5],[[\"_key\",\"ShortText\"],[\"_nsubrecs"
-"\",\"Int32\"]],[\"usa\",2],[\"china\",2]]]]"
-msgstr ""
-"> select --table Site --limit 0 --drilldown country --drilldown_sortby "
-"_nsubrecs --drilldown_limit 2 --drilldown_offset 2 "
-"[[0,1308821019.03466,0.000365367],[[[9],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\","
-"\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"],[\"location\",\"WGS84GeoPoint\"],"
-"[\"links\",\"Site\"],[\"link\",\"Site\"],[\"domain\",\"SiteDomain\"],"
-"[\"country\",\"SiteCountry\"]]],[[5],[[\"_key\",\"ShortText\"],[\"_nsubrecs"
-"\",\"Int32\"]],[\"usa\",2],[\"china\",2]]]]"
-
-#: ../../../source/tutorial/tutorial01.txt:199
-msgid "データの検索"
-msgstr "データの検索"
+"table_createコマンドで作成したテーブルには、最初から'_id'/'_key'という2つの"
+"カラムがあります。'_id'はgroongaが自動的に付与するID