[Groonga-commit] groonga/groonga.org at bb9e6f3 [gh-pages] blog ja: add release announce for 9.0.1

Back to archive index
Yasuhiro Horimoto null+****@clear*****
Fri Mar 29 10:31:43 JST 2019


Yasuhiro Horimoto	2019-03-29 10:31:43 +0900 (Fri, 29 Mar 2019)

  Revision: bb9e6f34011e71bb4ce32d60e36bd2d700be214b
  https://github.com/groonga/groonga.org/commit/bb9e6f34011e71bb4ce32d60e36bd2d700be214b

  Message:
    blog ja: add release announce for 9.0.1

  Added files:
    ja/_posts/2019-03-29-groonga-9.0.1.md

  Added: ja/_posts/2019-03-29-groonga-9.0.1.md (+193 -0) 100644
===================================================================
--- /dev/null
+++ ja/_posts/2019-03-29-groonga-9.0.1.md    2019-03-29 10:31:43 +0900 (a91e07bf2)
@@ -0,0 +1,193 @@
+---
+layout: post.ja
+title: Groonga 9.0.1リリース
+description: Groonga 9.0.1をリリースしました!
+published: false
+---
+
+## Groonga 9.0.1リリース
+
+[Groonga 9.0.1](/ja/docs/news.html#release-9-0-1)をリリースしました!
+
+それぞれの環境毎のインストール方法: [インストール](/ja/docs/install.html)
+
+### 変更内容
+
+主な変更点は以下の通りです。
+
+* [select](/ja/docs/reference/commands/select.html) 新しい引数 `--load_table`、 `--load_columns`、 `--load_values` を追加しました。
+
+* 壊れたインデックスをチェックする `index_column_diff` コマンドを追加しました。(この機能は検証中です)
+
+* インデックスが正常に更新されないことによって、削除したレコードがマッチすることがあるバグを修正しました。
+
+  * 大量のレコードを追加や削除した時に発生することがあります。
+
+* `logical_range_filter` がレコードを返さない時のメモリリークを修正しました。
+
+* ロードしたデータが正しくノーマライズされない事によって、クエリーにマッチしなくなるバグを修正しました。  
+
+  * このバグは、カタカナの後ろに空白を含むデータをロードし、normalizerに `unify_kana` オプションを使用していると発生します。
+
+* インデックスの更新中にインデックスが破損するバグを修正しました。
+
+  * 大量のレコードを長期間、繰り返し追加、または削除していると発生することがあります。
+
+* インデックスを更新する際、作業領域が十分ではなくクラッシュするバグを修正しました。
+
+### [select](/ja/docs/reference/commands/select.html) 新しい引数 `--load_table`、 `--load_columns`、 `--load_values` を追加しました。
+
+`select` の結果を `--load_table` で指定したテーブルへ格納できます。引数の説明は以下の通りです。
+
+ * `--load_table` オプション: `select` の結果を格納するテーブルを指定します。
+ * `--load_values` オプション: `select` の結果のカラムを指定します。
+ * `--load_columns` オプション: `--load_table` で指定したテーブルのカラムを指定します。
+
+このようにして、`--load_values` で指定したカラムの値を、 `--load_columns` で指定したカラムへ格納できます。
+
+例えば以下のように、 `--load_table` で指定したLogsテーブルに `select` の結果の`_id` と `timestamp` を格納できます。
+
+```
+table_create Logs_20150203 TABLE_HASH_KEY ShortText
+column_create Logs_20150203 timestamp COLUMN_SCALAR Time
+
+table_create Logs TABLE_HASH_KEY ShortText
+column_create Logs original_id COLUMN_SCALAR UInt32
+column_create Logs timestamp_text COLUMN_SCALAR ShortText
+
+load --table Logs_20150203
+[
+{
+  "_key": "2015-02-03:1",
+  "timestamp": "2015-02-03 10:49:00"
+},
+{
+  "_key": "2015-02-03:2",
+  "timestamp": "2015-02-03 12:49:00"
+}
+]
+
+select \
+  --table Logs_20150203 \
+  --load_table Logs \
+  --load_columns "original_id, timestamp_text" \
+  --load_values "_id, timestamp"
+[
+  [
+    0,
+    0.0,
+    0.0
+  ],
+  [
+    [
+      [
+        2
+      ],
+      [
+        [
+          "_id",
+          "UInt32"
+        ],
+        [
+          "_key",
+          "ShortText"
+        ],
+        [
+          "timestamp",
+          "Time"
+        ]
+      ],
+      [
+        1,
+        "2015-02-03:1",
+        1422928140.0
+      ],
+      [
+        2,
+        "2015-02-03:2",
+        1422935340.0
+      ]
+    ]
+  ]
+]
+
+select --table Logs
+[
+  [
+    0,
+    0.0,
+    0.0
+  ],
+  [
+    [
+      [
+        2
+      ],
+      [
+        [
+          "_id",
+          "UInt32"
+        ],
+        [
+          "_key",
+          "ShortText"
+        ],
+        [
+          "original_id",
+          "UInt32"
+        ],
+        [
+          "timestamp_text",
+          "ShortText"
+        ]
+      ],
+      [
+        1,
+        "2015-02-03:1",
+        1,
+        "1422928140000000"
+      ],
+      [
+        2,
+        "2015-02-03:2",
+        2,
+        "1422935340000000"
+      ]
+    ]
+  ]
+]
+```
+
+### 壊れたインデックスをチェックする `index_column_diff` コマンドを追加しました。(この機能は検証中です)
+
+この機能はまだ、検証中ですが、このコマンドを使ってインデックスの破損をチェックできます。
+
+このコマンドは、インデックスカラムの値と、インデックスのソースをトークナイズした値を比較し、差分を表示します。
+
+このコマンドは以下のように使用します。
+
+  * 第一引数に、対象のインデックスカラムを含むインデックステーブルの名前を指定します。
+  * 第二引数に、対象のインデックスカラムを指定します。
+
+```
+index_column_diff index_table_name index_column_name
+```
+
+このコマンドの結果は、以下のように3つの項目があります。
+
+* `token` : この項目は、破損したトークンを表します。
+* `remains` : この項目は、意図せずインデックスに残っているポスティングリストを表します。
+* `missings` : この項目は、意図せずインデックスから削除されたポスティングリストを表します。
+
+インデックスが正常な場合は、この項目は以下のように空の値を返します。
+
+```
+index_column_diff --table Term --name data_index
+[[0,1553654816.796513,0.001804113388061523],[]]
+```
+
+### さいごに
+
+9.0.0からの詳細な変更点は[9.0.1リリース 2019-03-29](/ja/docs/news.html#release-9-0-1)を確認してください。
+
+それでは、Groongaでガンガン検索してください!
-------------- next part --------------
An HTML attachment was scrubbed...
URL: <https://lists.osdn.me/mailman/archives/groonga-commit/attachments/20190329/d8727df4/attachment-0001.html>


More information about the Groonga-commit mailing list
Back to archive index