[groonga-dev,00323] Re: [ANN] Ruby/groonga 0.9.0

Back to archive index

Tasuku SUENAGA a****@razil*****
2010年 2月 9日 (火) 18:08:13 JST


すえながです。

対抗して(?) groonga 0.1.6をリリースしました!

リリースが空きすぎていて変更点もすぐに書けないていたらくですが・・・

- 多くの単語が大量に存在する文書に対して転置インデックスを作成した場合、
  検索に失敗する問題を修正。
- patテーブルでの前方一致検索の不具合を修正。
- テーブル名・カラム名の制約を強化([-_0-9A-Za-z])。
- grn式での未実装部分の実装。
- dumpコマンドの追加。
- groongaプロセスに--versionオプションの追加。
- groongaプロセスで、--admin-html-pathのデフォルト値を追加。
- 各種不具合修正・高速化。

Kouhei Sutou さんは書きました:
> 須藤です。
> 
> 今日は肉の日ですね。
> groonga 0.1.5に対応したRuby/groonga 0.9.0をリリースしました。
> 
> Ruby/groonga:
>   http://groonga.rubyforge.org/
> 
> インストール:
>   % sudo gem install groonga
> 
> 今回はActiveGroongaは無しです。
> Rails 3専用にしようかと思っていたのですが、もう少し待つこと
> にしました。
> 
> 
> = 変更点
> 
> 今回は大幅にバージョン番号をあげて0.9.0です。
> 0.9.xでは最初のメジャーリリースに向けてAPIの整理をします。
> このようなAPIが使いやすいというのがあれば、ぜひ教えてくだ
> さい。
> 
> 0.9.0では便利APIも増えて、前より使いやすくなったと思います。
> リファレンスマニュアルも徐々に充実してきているので、使い方を
> 調べるときはそちらも参照してください。
> 
> 以下、変更点の一覧です。
> 
> http://groonga.rubyforge.org/groonga/NEWS_ja_rdoc.html
> 
> == 0.9.0: 2010-02-09
> 
> * groonga 0.1.5対応
> * APIの追加
>   * Groonga::Object#context
>   * Groonga::Record#n_sub_records
>   * Groonga::Context#send
>   * Groonga::Context#receive
>   * Groonga::PatriciaTrie#prefix_search [Tasuku SUENAGA]
>   * Groonga::Object#path [Ryo Onodera]
>   * Groonga::Object#lock [Tasuku SUENAGA]
>   * Groonga::Object#unlock [Tasuku SUENAGA]
>   * Groonga::Object#locked? [Tasuku SUENAGA]
>   * Groonga::Object#temporary?
>   * Groonga::Object#persistent?
>   * Groonga::ObjectClosed
>   * Groonga::Context.[]
>   * Groonga::Table#column_value
>   * Groonga::Table#set_column_value
> * APIの変更
>   * Groonga::Table#select, Groonga::Column#select
>     * Groonga::Expressionも受け付けるようになった
>     * grn式のシンタックスを指定する:syntaxオプションの追加
>   * Groonga::Table#open_cursor
>     * 開始位置を指定する:offsetオプションの追加
>     * 最大レコード数を指定する:limitオプションの追加
>   * Groonga::Expression.parseの引数を変更
>     * (nil (default) -> :column) -> (nil (default) -> :query)
>     * :column -> 廃止
>     * :table -> :query
>     * :table_query -> :query
>     * :expression -> :script
>     * :language -> :script
>   * Groonga::Table#define_column, Groonga::Table#define_index_column
>     * 永続テーブルをデフォルトにした
>   * Groonga::Table#[]をGroonga::Table#valueに変更
>   * Groonga::Table#[]=をGroonga::Table#set_valueに変更
>   * Groonga::Table#findをGroonga::Table#[]に変更
>   * Groonga::Table#findは非推奨
>   * Groonga::Table#[]=を削除
>   * Groonga::TableKeySupport#[]=はGroonga::TableKeySupport#addの別名
>   * Groonga::Recordで存在しないカラムにアクセスしたときの例外を
>     Groonga::InvalidArgumentからGroonga::NoSuchColumnに変更
> * バグ修正
>   * スキーマにコンテキストが伝搬されない問題の修正 [dara]
>   * Groonga::PatriciaTrie#tag_keysが最後のテキストを返さない問題の修正
>     [Ryo Onodera]
> * extconf.rbにデバッグモードでビルドする--with-debugオプションを追加
> * Ruby 1.9.1でextconf.rbが失敗する問題の修正
> 
> === 感謝
> 
> * dara
> * Ryo Onodera
> * Tasuku SUENAGA
---
tasuku <a****@razil*****>




groonga-dev メーリングリストの案内
Back to archive index