[groonga-dev,00479] [ANN] rroonga 1.2.0

Back to archive index

Kouhei Sutou kou****@clear*****
2011年 4月 1日 (金) 00:15:51 JST


須藤です。

4月になりましたね。

groonga 1.2.0に対応したgroongaのRubyバインディングrroonga
1.2.0をリリースしました。
  http://groonga.rubyforge.org/#about-rroonga

rroongaはRubyらしい書き方でgroongaを触ることができることを重
視しています。(もちろん、せっかくのgroongaの速度を落とさな
いことも大事にしています。)


今回からgrndumpコマンドが追加されていま。。。
あれ?追加されていない。。。
(あ、gemに実行ファイルとして追加するの忘れた。。。)

すみません。
今回のgemでは簡単に実行できるようになっていないのですが、
grndumpという実行ファイルを追加しました。これは、groongaの
dumpコマンドと同じ機能を提供する実行ファイルです。

groongaのdumpコマンドと同じなのにどうしてrroongaに追加された
かというと、groongaのdumpコマンドに問題があったからです。
groongaのdumpコマンドは全部のdump結果を全部メモリ上のバッファ
に貯めてから最後にまとめて出力するため、大きなデータベースで
はメモリ使用量が多くなるという問題があります。

grndumpコマンドはメモリ上に貯めるのではなく、標準出力に逐次
出力していきます。そのため、メモリ使用量が低く抑えられたりパ
イプで他のコマンドに渡したりしやすくなっています。

また、スキーマだけダンプするとか特定のテーブルだけダンプする
といった細かい制御がしやすくなっています。


という、grndumpが簡単に使えるはずでした。。。
次のリリースではちゃんとパッケージを作ります。。。


インストール:
  % sudo gem install rroonga

irbを使ったrroongaのチュートリアルもあるので、はじめての方は
まずこれを試してみてください。
  http://groonga.rubyforge.org/rroonga/text/tutorial_ja_rdoc.html

1.1.0からの変更点は以下の通りです。
  http://groonga.rubyforge.org/activegroonga/NEWS_ja_rdoc.html

== 1.2.0: 2011-04-01

=== 改良

* groonga 1.2.0対応。
* Groonga::Accessor#local_nameを追加。
* Groonga::IndexColumn#with_section?を追加。
* Groonga::IndexColumn#with_weight?を追加。
* Groonga::IndexColumn#with_position?を追加。
* Groonga::Schema.dumpがgroongaコマンド形式でのダンプに対応。
* grndumpを追加。
* Groonga::Database#eachで繰り返す順序を指定可能にした。
* Groonga::Context#match_escalation_thresholdを追加。
* Groonga::Context#match_escalation_threshold=を追加。
* エラーメッセージの改良。
* Groonga::Schemaの型指定で"ShortText"など正式型名だけではなく、
  :short_textなどよりRubyらしい名前を使えるようにした。

-- 
須藤 功平 <kou****@clear*****>
株式会社クリアコード <http://www.clear-code.com/> (03-6231-7270)

プログラミングが好きなソフトウェア開発者を募集中:
  http://www.clear-code.com/recruitment/




groonga-dev メーリングリストの案内
Back to archive index