[groonga-dev,01763] Re: phpからのgroongaデータベースへのアクセスについて

Back to archive index

Naoya Murakami visio****@gmail*****
2013年 9月 5日 (木) 18:32:23 JST


お世話になっております。村上です。

suggestコマンドを使うためには、item_${データセット名}のテーブル
があればよいのですね!

mroongaでできるかどうか試してみたいと思います。

どうもありがとうございました。

以上、よろしくお願いします。



2013年9月5日 18:12 Kouhei Sutou <kou****@clear*****>:

> 須藤です。
>
> In <CANM+****@mail*****>
>   "[groonga-dev,01761] Re: phpからのgroongaデータベースへのアクセスについて" on Thu, 5 Sep
> 2013 17:56:54 +0900,
>   Naoya Murakami <visio****@gmail*****> wrote:
>
> > 現在すでにデータベースに格納されている短めな文字列と、
> > 全文情報から自分で抽出した出現頻度とキーワードのリスト
> > みたいなものがあります。
> >
> > 今は、それらを1文字単位で分解して学習させて補完する
> > ことができないかなぁと考えています。
> >
> > ユーザの入力クエリを学習させるつもりはいまのところはありません。
> >
> > なので、学習だけgroongaのloadでやって、suggestのコマンド
> > だけでもmroongaでいけないかなぁとか考えてました。
>
> お、であればデータの登録もmroongaでいける気がします。
>
> 「item_${データセット名}」に対応するテーブルにレコードを追加
> してください。このとき、_key(mroonga的にはprimary keyに設定
> したカラムなはず)には補完させたいキーワードそのものを入れて、
> kanaカラムにはカタカナ表記でのよみがなを入れてください。
>
> たとえば、こんな感じです。
>
> load --table item_DATASET1
> [
> {"_key":"東京", "kana":"トウキョウ"}
> ]
>
> これで、「to」と入力したときに「東京」がでるようになります。
>
> あ、テストに使っているサンプルデータがありました。こんな感じ
> です。
>
>
> https://github.com/groonga/groonga/blob/master/test/command/fixture/suggest/rurema/items.grn
>
> suggestコマンドの使い方はこんな感じです。これはデータセット
> 名が「rurema」ですね。
>
>
> https://github.com/groonga/groonga/blob/master/test/command/suite/suggest/complete/prefix-rk-search-hiragana-and-romaji.test
>
>   suggest \
>     --table item_rurema \
>     --column kana \
>     --types complete \
>     --frequency_threshold 1 \
>     --query 'さk'
>
> --
> 須藤 功平 <kou****@clear*****>
> 株式会社クリアコード <http://www.clear-code.com/> (03-6231-7270)
>
> groongaサポート:
>   http://groonga.org/ja/support/
> パッチ採用はじめました:
>   http://www.clear-code.com/recruitment/
> コミットへのコメントサービスはじめました:
>   http://www.clear-code.com/services/commit-comment.html
>
> _______________________________________________
> groonga-dev mailing list
> groon****@lists*****
> http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/groonga-dev
>



groonga-dev メーリングリストの案内
Back to archive index