[groonga-dev,01834] [ANN] rroonga 3.0.8

Back to archive index

Kouhei Sutou kou****@clear*****
2013年 9月 29日 (日) 19:40:33 JST


須藤です。

今日は肉の日ですね!
groongaのRubyバインディングであるrroonga 3.0.8をリリースしま
した。Windows版は今日リリースされたgroonga 3.0.8をバンドルし
ています。

Web: http://ranguba.org/ja/#about-rroonga

○ rroongaとは

rroongaはRubyらしい書き方でgroongaを操作できることを重視して
います。同時に、groongaの速度をそのまま生かすことも大事にして
います。

○ 今回のリリースについて

今回のリリースではgroonga 3.0.8から追加されたトークナイズす
るAPIを使えるようになっています。

  table.tokenize(string) # => [Record, Record, ...]

というようにトークナイズしたい文字列を渡すと、トークンの配列
が返ってきます。

  http://ranguba.org/rroonga/ja/Groonga/Table/KeySupport.html#tokenize-instance_method

groongaが提供しているtokenizeコマンドの方がより詳細な情報が返っ
てくるのですが、結果はJSONになります。RubyのAPIで処理したいと
きはこちらの方が便利です。

  http://groonga.org/ja/docs/reference/commands/tokenize.html


あと、Windows用のgemが64bit版のRubyをサポートしました。
RubyInstallerで64bit版のRubyをインストールし、いつも通り

  > gem install rroonga

でインストールできます。

さらに、Windows用のgemにはRuby 2.1.0 preview1用のバイナリも
入っています。まだRubyInstallerが2.1.0 preview1用のパッケー
ジをリリースしていないので動くか試していませんが。。。
インストール方法は同じで↑でいけるはずです。


たぶん、いないと思うのですが、Groonga::Context#selectを使っ
ている人は注意してください。今回からAPIが変わっています。結
果として返されるオブジェクトがgroonga-client gemと同じものに
なりました。

ローカルのデータベースを自分で開いてgroongaのコマンドを使いた
い場合はrroongaを使わないといけませんが、groongaサーバーに対
してgroongaのコマンドを使いたい場合はgroonga-client gemをオス
スメします。rroongaはgqtpしかサポートしてませんが、
groonga-clientはgqtpもhttpもどちらもサポートしています。

○ おしらせ

いい肉の日(11/29)に開催する「全文検索エンジンgroongaを囲む
夕べ 4」では発表者とイベントレポートを書いてくれる人を募集し
ています。rroongaを使っているとか、rroongaの普及に協力したい
という方はぜひ検討してください!

  * 発表応募方法:         http://atnd.org/events/43461#application
  * レポート執筆応募方法: http://atnd.org/events/43461#help-us

参加者も募集しているのでrroonga興味があるひとはぜひ!

  http://atnd.org/events/43461

○ インストール

  % gem install rroonga

○ チュートリアル

irbを使ったrroongaのチュートリアルがあります。
  http://ranguba.org/rroonga/ja/file.tutorial.html

はじめての方はまずこちらを試してみてください。

3.0.5からの変更点は以下の通りです。
  http://ranguba.org/rroonga/ja/file.news.html#3-0-8

3.0.8: 2013-09-29
=================

改善
----

  * groonga 3.0.8サポート。
  * x64-mingw32 Rubyサポート。
  * Ruby 2.1.0 preview1サポート。

3.0.7: 2013-09-19
=================

改善
----

  * Groonga::Table::KeySupport#tokenizeを追加。groonga 3.0.8
    が必要だが、groonga 3.0.8はまだリリースされていない。

  * Groonga::Context#selectの戻り値オブジェクトを
    groonga-client gemの戻り値オブジェクトに変更。これは非互
    換の変更である。いくつかのAPIが変わっている。例えば、
    drill_down は drilldowns になっている。戻り値オブジェクト
    の詳細は Groonga::Client::Response::Select を参照。
    *  groonga-client gem、groogna-command gem、gqtp gemに依存するようになった。

修正
----

  * groongaの自動インストールが失敗するバグを修正。
    [GitHub#12][Keita Hagaさんがパッチ提供]

感謝
----

    Keita Hagaさん

3.0.6: 2013-09-13
=================

改善
----

  * Int8/UInt8/Int16/UInt16がキーのテーブルを参照している参照
    型のカラムの読み書きをサポート。


-- 
須藤 功平 <kou****@clear*****>
株式会社クリアコード <http://www.clear-code.com/> (03-6231-7270)

groongaサポート:
  http://groonga.org/ja/support/
パッチ採用はじめました:
  http://www.clear-code.com/recruitment/
コミットへのコメントサービスはじめました:
  http://www.clear-code.com/services/commit-comment.html




groonga-dev メーリングリストの案内
Back to archive index