[groonga-dev,02219] Re: 文字列以外の条件を追加してパフォーマンスを出す方法

Back to archive index

Kimura A a.kim****@live*****
2014年 4月 14日 (月) 01:40:25 JST


木村です。村上さん、素晴らしい情報をありがとうございます。
これほどの試行錯誤を手探りでやるとしたら、どれだけの時間がかかることか。素晴らしい蓄積。知識の山ですね。
すでに2度精読しましたが、あと2、3回は読み返すことになりそうです。

堅牢性と速度は両立しない、という結論はヘビーな現実という感じですが、ストレージモードを採用する方向で(その上でGroongaコマンドを手探りする方向で)考えてみたいと思います。
そして、いわば堅牢性との擬似的な両立のための手段こそが、「全文検索用DBのほかにデータ保持用DBを作る」か、「他のストレージエンジンとレプリケーションを組む」、となるわけですよね。
まさにこれを求めていた、という情報です。助かります。

恥ずかしながらレプリケーション自体が未経験なので、前者のやり方をCakePHPのシェルで試行錯誤するのが現実的かな、と今のところ思っています。システム的にはInnoDBのデータ保持用DBを作って、そこからMroongaの全文検索用DBに反映していく形になるかな。
その上で、将来的に負荷分散のためのシンプルなレプリケーションを組む、ということもできそうですしね。
ちょっとだけ光明が見えてきました。

どうもありがとうございました。続編も書かれる予定とのこと、楽しみにしています。
素人目にも、書くのがすごく大変そうな記事なので、ゆっくりお待ちしてますm(_ _)m 		 	   		  



groonga-dev メーリングリストの案内
Back to archive index