[groonga-dev,02248] 募集: Windows用Mroongaパッケージをビルドしてくれる人

Back to archive index

Kouhei Sutou kou****@clear*****
2014年 4月 24日 (木) 15:18:09 JST


須藤です。

WindowsでMroongaを使いたい人にお願いがあります。
ぜひ、ご協力お願いします。

Windowsでも簡単にMroongaを使えるように
  http://packages.groonga.org/windows/mroonga/
でビルド済みのMariaDB + Mroongaを配布しています。このビルド
済みのMariaDB + Mroongaを作ってもらえないでしょうか?


Mroongaは主にGNU/Linux上で開発されています。そのため、
GNU/Linux上でリリースしたパッケージのバイナリーを作るのは楽
です。しかし、MariaDB + MroongaをビルドするためにはVisual
Studioが必要なので、GNU/Linux上でビルドすることができません。
Windowsを立ちあげてビルドする必要があります。

# なお、GroongaのWindows用のバイナリーはGCCでビルドできるので、
# GNU/Linux上でMinGWを使ってビルドできます。そのため、パッケー
# ジを作るのは楽です。


そこで、主にWindowsを使っている人にMariaDB + Mroongaをビルド
して.zipと.msi(インストーラー)を作って欲しいのです。

手順は次の通りです。

下準備(最初だけ必要。2回目以降は必要ない。):

  1. Visual C++ 2010 Expressをインストールする。

     http://www.visualstudio.com/downloads/download-visual-studio-vs#d-2010-express

  2. Windows Installer XML (WiX)をインストールする。

     http://wix.codeplex.com/

  3. CMakeをインストールする。

     http://www.cmake.org/

ビルド:

  1. Mroonga同梱MariaDBのソースパッケージをダウンロードする。

     http://packages.groonga.org/source/mroonga/ にある
     mariadb-...-for-windows.zipというやつ。

     ナイトリービルドでも作るようにしたので未リリースの最新
     版をここからダウンロードすることもできます。
       http://packages.groonga.org/nightly/

  2. 展開する。

  3. 展開したフォルダー名(mariadb-...-with-mroonga-...)を
     sourceにリネームする。

     > move mariadb-10.0.9-with-mroonga-4.01 source

  4. ビルドする。

     バッチファイルがここにあります。
     https://github.com/mroonga/mroonga/tree/master/packages/windows

     中身を抜粋すると次の通りです。

       > mkdir build-32
       > cd build-32
       > cmake ..\source -G "Visual Studio 10" > config.log
       > cmake --build . --config RelWithDebInfo > build.log
       > cmake --build . --config RelWithDebInfo --target msi > msi.log
       > move *.msi ..\
       > cmake --build . --config RelWithDebInfo --target package > zip.log
       > move *.zip ..\
       > cd ..
       > mkdir build-64
       > cd build-64
       > cmake ..\source -G "Visual Studio 10 Win64" > config.log
       > cmake --build . --config RelWithDebInfo > build.log
       > cmake --build . --config RelWithDebInfo --target msi > msi.log
       > move *.msi ..\
       > cmake --build . --config RelWithDebInfo --target package > zip.log
       > move *.zip ..\
       > cd ..

   5. *.zipと*.msiができているはずなので、動作確認する。

   6. どこかにアップロードする。

      GitHubのリリースページでよいかしら。相談したい。とりあ
      えず、5.までいけたら考えるのでよさそう。
        https://github.com/mroonga/mroonga/releases/v4.01

参考: http://mroonga.org/ja/docs/developer/release.html#windows
(↑と似たようなことが書いてあります。)


興味ある人はいますか!?
興味のある人は手を挙げて欲しいです。
で、まずは、自分の環境でビルドできるかを試して欲しいです。


誰も手伝ってくれない場合は、Windows用のバイナリーのビルドは
つらいので、しばらくお休みしようかと思っています。。。
Windowsを使っている人は、ぜひ、ご協力お願いします!


-- 
須藤 功平 <kou****@clear*****>
株式会社クリアコード <http://www.clear-code.com/> (03-6231-7270)

Groongaサポート:
  http://groonga.org/ja/support/
パッチ採用はじめました:
  http://www.clear-code.com/recruitment/
コードリーダー育成支援はじめました:
  http://www.clear-code.com/services/code-reader/




groonga-dev メーリングリストの案内
Back to archive index