[groonga-dev,02268] Travis CIでGroongaを使っている人向けの情報

Back to archive index

Kouhei Sutou kou****@clear*****
2014年 4月 29日 (火) 13:40:47 JST


須藤です。

Milkodeなど、Travis CIでGroongaを使っている人向けの情報です。

Travis CIでGroongaを使ったソフトウェアを簡単にテストできるよ
うにTravis CI上でのセットアップスクリプトを提供しています。

  https://github.com/groonga/groonga/blob/master/data/travis/setup.sh

以前は.travis.ymlにこんな風に書いてくださいとしていたのです
が、

  before_install:
    - curl https://raw.github.com/groonga/groonga/master/data/travis/setup.sh | sh

↑のURLがリダイレクトするようになったのでこれだと動かなくな
りました。なので、これからは、--locationをつけたりなんだりし
てこんな感じで使ってください。

  before_install:
    - curl --silent --location https://github.com/groonga/groonga/raw/master/data/travis/setup.sh | sh

ドキュメントもアップデートしたので、詳細は↓を参照してくださ
い。(と言っても追加の情報はそんなにありませんが。。。)

  http://groonga.org/ja/docs/development/travis-ci.html

-- 
須藤 功平 <kou****@clear*****>
株式会社クリアコード <http://www.clear-code.com/> (03-6231-7270)

Groongaサポート:
  http://groonga.org/ja/support/
パッチ採用はじめました:
  http://www.clear-code.com/recruitment/
コードリーダー育成支援はじめました:
  http://www.clear-code.com/services/code-reader/




groonga-dev メーリングリストの案内
Back to archive index