[groonga-dev,02114] Re: groonga-httpd のログ肥大化について

HAYASHI Kentaro hayas****@clear*****
2014年 2月 6日 (木) 17:38:49 JST


林です。

On Thu, 06 Feb 2014 13:10:09 +0900
山本 良二 <r.yam****@miner*****> wrote:

> お世話になっております。山本と申します。
> 
> groonga-httpdを利用しております。
> 運用を開始して暫く経過後、下記ログファイル?が
> 肥大化してきているのに、気が付きました。
> (ファイル)
> /etc/groonga/httpd/off
> 

ここにログファイルが作成されてしまうのは、groonga-httpdの意図しない挙動です。
これはGroonga本体で直さないといけない不具合ですね。
Groonga的にはoffというパスが指定されたという扱いになっているようです。

> 出力させない方法はあるんでしょうか?

offを指定しても無効にできないという困った状態なのですが、
/dev/nullを指定すればログを捨てることができます。
その場合、こんな感じに指定します。

  groonga_log_path /dev/null;
  groonga_query_log_path /dev/null;

> または、cronでローテションさせておけば良い感じでしょうか?
> 

/etc/groonga/httpd/offをどうにかするよりかは、offの代わりに
明示的に/var/log以下のパスを指定するといいと思います。
こちらであればローテーション対象になります。

  groonga_log_path /var/log/groonga/httpd/groonga.log;
  groonga_query_log_path /var/log/groonga/httpd/groonga-query.log;

/dev/nullに捨ててしまう方法よりかはこちらをオススメします。

offを指定したときに、変なところにログを吐く問題に気づいていなかったので、
報告してもらってとても助かりました。

> 環境は
> CentOS 5.5
> Groonga 3.0.8
> groonga-httpd 3.0.8
> 
> groonga-httpd.conf
> ------------------------------------
> worker_processes 4;
> user groonga groonga;
> 
> events {
>   worker_connections 1024;
> }
> 
> http {
>   include mime.types;
>   default_type application/octet-stream;
>   sendfile on;
>   keepalive_timeout 65;
>   groonga_database /var/lib/groonga/db_name.db;
> 
>   server {
>     listen 10041;
>     server_name localhost;
> 
>     location /d/ {
>       groonga on;
>       groonga_log_level none;
>       groonga_log_path off;
>       groonga_query_log_path off;
>     }
> 
>     location / {
>       root /usr/share/groonga/html/admin;
>       index index.html;
>     }
> 
>     error_page   500 502 503 504  /50x.html;
>     location = /50x.html {
>       root html;
>     }
>   }
> }
> ------------------------------------
> 
> 参考にしたのは以下のページです
> http://qiita.com/groonga/items/47aa21dd0cd4d19add81

前に書いたのがちょっとでもお役に立ったならよかったです。


-- 
HAYASHI Kentaro <hayas****@clear*****>




groonga-dev メーリングリストの案内