Recent Changes

2010-05-04
2010-02-04
2010-01-31
2010-01-24
2010-01-23

Latest File Release

img0ch (3.1.11)2010-07-11 00:00
img0ch-stable (3.0.1)2009-04-09 23:51

Wiki Guide

Side Bar

掲示板の制限設定

BBS_SUBJECT_COUNT

サブジェクト文字数

サブジェクト欄に入れることが出来る最大文字数(バイト単位)を指定します。

NANASHI_CHECK

名無しチェック

名前欄を空にしたときエラーとして扱うかを指定します。チェックを入れると名前欄にBBS_NONAME_NAMEを入れずにエラーとして扱います。

BBS_NAME_COUNT

名前文字数

名前欄に入れることが出来る最大文字数(バイト単位)を指定します。

BBS_PROXY_CHECK

プロクシチェック(*)

使用されていません。

BBS_MAIL_COUNT ===

メール文字数

メール欄に入れることが出来る最大文字数(バイト単位)を指定します。

BBS_OVERSEA_PROXY

DSBLによるレス規制(*)

Img0ch::Plugin::Filter::DNSBLでのフィルタリングに引っかかったときにエラーとして扱うかを指定します。チェックを入れるとエラーとして扱い、入れない場合は名前欄の先頭にPROXYマーク(-{}@{}@{}-)をいれます。

BBS_MESSAGE_COUNT

本文文字数

本文欄に入れることが出来る最大文字数(バイト単位)を指定します。

BBS_OVERSEA_THREAD

DSBLによるスレッド立て規制(*)

使用されていません。

BBS_THREAD_TATESUGI ===

スレッド作成ログ保存数

スレッド作成のログ保存数を指定します。低く設定するとスレッドが立ちやすくなりますが、スレッド乱立が発生しやすくなります。高く設定するとスレッド乱立が発生しにくくなりますが、スレッドが立ちにくくなります。

BBS_JP_CHECK

pluginのImg0ch::Plugin::Filter::JPOnlyを参照してください。

timecount

書き込みログ保存数

1ホストあたりのレスの書き込みログ保存数を指定します。 timecloseと組み合わせで使用します。この値はなるべく大きくするようにしてください。timecloseより小さい値を入れると連続投稿機能が働かなくなります。

BBS_RAWIP_CHECK

トマト(*)

使用されていません。

timeclose

連続書き込み回数

1ホストあたりの連続投稿とみなす値を指定します。 timecountと組み合わせで使用します。低く設定すると投稿しにくくなります。高く設定すると投稿しやすくなります。timecountより大きい値を入れると連続投稿機能が働かなくなります。

BBS_SLIP

PC・携帯識別子

投稿元の識別子をIDまたは時刻の後ろに入れるかを指定します。以下はマークとその説明です。
  • o
    • 以下に該当しないホストからの書き込み(PC経由)を意味します。
  • O
    • 携帯からの書き込みを意味します。
  • P
    • p2.2ch.netからの書き込みを意味します。
  • Q *jigまたはibisといったアプリ型の携帯ブラウザからの書き込みを意味します。

BBS_DATMAX

1スレッドの最大サイズ

1スレッドの最大サイズを指定します。この値を超えるとエラーとして扱います。標準は512KBとなっています。

BBS_FORCE_ID

ID表示:強制IDを適用する

メール欄に何か書き込みを入れても強制的にIDを表示するかを指定します。但し、キャップが有効でID秘匿の権限が入っている場合この限りではありません。IDに関する優先順位は BBS_NO_ID > BBS_DISP_IP > BBS_FORCE_ID > (何も指定しない) の順番になっています。

BBS_COLUMN_NUMBER

一行あたりの最大文字数

一行あたりの最大文字数(バイト単位)を指定します。標準は128バイトです。

BBS_NO_ID

ID表示:ID表示無しを適用する

IDを表示しないかを指定します。IDに関する優先順位は BBS_NO_ID > BBS_DISP_IP > BBS_FORCE_ID > (何も指定しない) の順番になっています。

BBS_DISP_IP

ID表示:IDの代わりに接続元を表示する

IDの代わりに投稿元ホストを表示するかを指定します。但し、キャップが有効でID秘匿の権限が入っている場合この限りではありません。IDに関する優先順位は BBS_NO_ID > BBS_DISP_IP > BBS_FORCE_ID > (何も指定しない) の順番になっています。