Recent Changes

2010-05-04
2010-02-04
2010-01-31
2010-01-24
2010-01-23

Latest File Release

img0ch (3.1.11)2010-07-11 00:00
img0ch-stable (3.0.1)2009-04-09 23:51

Wiki Guide

Side Bar

Outline
  1. 暗黙のルール
  2. t_confirm.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_VAR NAME="Name">
    2. <TMPL_VAR NAME="Mail">
    3. <TMPL_VAR NAME="Comment">
    4. <TMPL_VAR NAME="Subject">
  3. t_form.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_VAR NAME="Banner">
    2. <TMPL_VAR NAME="HEAD">
    3. <TMPL_VAR NAME="META">
    4. <TMPL_VAR NAME="FOOT">
  4. subback.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_LOOP NAME="Threads">
      1. <TMPL_VAR NAME="res">
      2. <TMPL_VAR NAME="key"> ====
      3. <TMPL_VAR NAME="subject">
      4. <TMPL_VAR NAME="index">
      5. <TMPL_VAR NAME="count">
      6. <TMPL_VAR NAME="Banner">
  5. index.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_LOOP NAME="Threads">
    2. <TMPL_LOOP NAME="reses">
    3. <TMPL_LOOP NAME="Thread">
      1. <TMPL_VAR NAME="num">
      2. <TMPL_VAR NAME="resno">
      3. <TMPL_VAR NAME="isFirst">
      4. <TMPL_VAR NAME="name">
      5. <TMPL_VAR NAME="mail">
      6. <TMPL_VAR NAME="date">
      7. <TMPL_VAR NAME="text">
      8. <TMPL_VAR NAME="key">
      9. <TMPL_VAR NAME="subject">
      10. <TMPL_VAR NAME="index">
      11. <TMPL_VAR NAME="up">
      12. <TMPL_VAR NAME="down">
    4. <TMPL_LOOP NAME="Stored">
      1. <TMPL_VAR NAME="res">
      2. <TMPL_VAR NAME="key">
      3. <TMPL_VAR NAME="subject">
      4. <TMPL_VAR NAME="index">
    5. <TMPL_VAR NAME="SubBanner">
    6. <TMPL_VAR NAME="Banner">
    7. <TMPL_VAR NAME="HEAD">
    8. <TMPL_VAR NAME="META">
    9. <TMPL_VAR NAME="FOOT">
  6. i_index.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_VAR NAME="Count">
    2. <TMPL_VAR NAME="CR">
    3. <TMPL_VAR NAME="Next">
  7. redirect.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_VAR NAME="Banner">
    2. <TMPL_VAR NAME="RedirectWait">
  8. error.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_VAR NAME="Host">
    2. <TMPL_VAR NAME="ShortErrorStr">
    3. <TMPL_VAR NAME="LongErrorStr">
    4. <TMPL_VAR NAME="Name">
    5. <TMPL_VAR NAME="Mail">
    6. <TMPL_VAR NAME="Message">
    7. <TMPL_VAR NAME="IsMobile">
  9. read.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_LOOP NAME="ZThread">
    2. <TMPL_LOOP NAME="Thread">
      1. <TMPL_VAR NAME="index">
      2. <TMPL_VAR NAME="resno">
      3. <TMPL_VAR NAME="name">
      4. <TMPL_VAR NAME="mail">
      5. <TMPL_VAR NAME="date">
      6. <TMPL_VAR NAME="text">
    3. <TMPL_LOOP NAME="LinkStack">
      1. <TMPL_VAR NAME="start">
      2. <TMPL_VAR NAME="end">
    4. <TMPL_VAR NAME="90">
    5. <TMPL_VAR NAME="95">
    6. <TMPL_VAR NAME="100">
    7. <TMPL_VAR NAME="R90">
    8. <TMPL_VAR NAME="R95">
    9. <TMPL_VAR NAME="R100">
    10. <TMPL_VAR NAME="Banner">
    11. <TMPL_VAR NAME="DatKByteSize">
    12. <TMPL_VAR NAME="NameByCookie">
    13. <TMPL_VAR NAME="NextStart">
    14. <TMPL_VAR NAME="NextEnd">
    15. <TMPL_VAR NAME="MailByCookie">
    16. <TMPL_VAR NAME="META">
    17. <TMPL_VAR NAME="PrevStart">
    18. <TMPL_VAR NAME="PrevEnd">
    19. <TMPL_VAR NAME="ReadCGIURI">
    20. <TMPL_VAR NAME="ResCount">
    21. <TMPL_VAR NAME="Subject">
  10. not_found.htで利用可能なタグ(read.cgi)
    1. <TMPL_LOOP NAME="ZThread">
      1. <TMPL_VAR NAME="index">
      2. <TMPL_VAR NAME="name">
      3. <TMPL_VAR NAME="mail">
      4. <TMPL_VAR NAME="date">
      5. <TMPL_VAR NAME="text">
    2. <TMPL_VAR NAME="Archive">
    3. <TMPL_VAR NAME="Banner">
    4. <TMPL_VAR NAME="DatByteSize">
    5. <TMPL_VAR NAME="DatKByteSize">
    6. <TMPL_VAR NAME="IsArchived">
    7. <TMPL_VAR NAME="IsError">
    8. <TMPL_VAR NAME="IsMobile">
    9. <TMPL_VAR NAME="IsPooled">
    10. <TMPL_VAR NAME="Token1">
    11. <TMPL_VAR NAME="Token2">
    12. <TMPL_VAR NAME="ShortErrorStr">
    13. <TMPL_VAR NAME="LongErrorStr">
    14. <TMPL_VAR NAME="META">
    15. <TMPL_VAR NAME="ReadCGIURI">
    16. <TMPL_VAR NAME="ResCount">
  11. i_read.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_VAR NAME="AAS">
    2. <TMPL_VAR NAME="AASBase">
    3. <TMPL_VAR NAME="Copy">
    4. <TMPL_VAR NAME="CR">
    5. <TMPL_VAR NAME="Write">
    6. <TMPL_VAR NAME="RawOption">
  12. i_thread.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_LOOP NAME="Threads">
      1. <TMPL_VAR NAME="res">
      2. <TMPL_VAR NAME="key">
      3. <TMPL_VAR NAME="subject">
      4. <TMPL_VAR NAME="index">
    2. <TMPL_VAR NAME="Banner">
    3. <TMPL_VAR NAME="Copy">
    4. <TMPL_VAR NAME="CR">
    5. <TMPL_VAR NAME="From">
    6. <TMPL_VAR NAME="Next">
    7. <TMPL_VAR NAME="Prev">
    8. <TMPL_VAR NAME="Search">
    9. <TMPL_VAR NAME="Write">
  13. not_found.htで利用可能なタグ(r.cgi)
  14. ufm.htで利用可能なタグ
    1. <TMPL_VAR NAME="Banner">
    2. <TMPL_VAR NAME="KEY">
    3. <TMPL_VAR NAME="META">
    4. <TMPL_VAR NAME="Password">
    5. <TMPL_VAR NAME="Removed">
    6. <TMPL_VAR NAME="Failed">
    7. <TMPL_VAR NAME="Resno">
    8. <TMPL_VAR NAME="Failed">
    9. <TMPL_LOOP NAME="Threads">
      1. <TMPL_VAR NAME="res">
      2. <TMPL_VAR NAME="key">
      3. <TMPL_VAR NAME="subject">
      4. <TMPL_VAR NAME="index">
      5. <TMPL_VAR NAME="count">
      6. <TMPL_VAR NAME="selected">

暗黙のルール

  • 名前が大文字で始まるものは基本的に親である
    • 名前が小文字で始まるものは基本的に上記の子にあたる
  • Isで始まるものは全て真偽値を返し、IF構文で使う
  • ここでの値は数字または文字列を使用する。これはHTML::Templateの制約の為である

t_confirm.htで利用可能なタグ

t_confirm.htはスレッド作成の確認に利用されるテンプレートです。

<TMPL_VAR NAME="Name">

フォームから入力された名前欄をそのまま表示します。

<TMPL_VAR NAME="Mail">

フォームから入力されたメール欄をそのまま表示します。

<TMPL_VAR NAME="Comment">

フォームから入力された本文をそのまま表示します。

<TMPL_VAR NAME="Subject">

フォームから入力されたサブジェクト(スレッドのタイトル)をそのまま表示します。

t_form.htで利用可能なタグ

t_form.htはスレッド作成のフォームに利用されるテンプレートです。

<TMPL_VAR NAME="Banner">

告知欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="HEAD">

ローカルルール(head.txtの内容)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="META">

メタデータ(meta.txtの内容)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="FOOT">

フッター(foot.txtの内容)を表示します。

subback.htで利用可能なタグ

subback.htはsubback.htmlに利用されるテンプレートです。

<TMPL_LOOP NAME="Threads">

それぞれのスレッドの位置SETTING.TXTのBBS_THREAD_NUMBER内に収まっている、フロートされるスレッドの配列です。 <TMPL_LOOP NAME="Threads">のタグを拡張して利用する場合は $zApp->inner_template_tagメソッドを利用してください。

<TMPL_VAR NAME="res">

スレッドの全レス数を表示します。

<TMPL_VAR NAME="key"> ====

スレッドのキーを表示します。

<TMPL_VAR NAME="subject">

スレッドのサブジェクト(タイトル)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="index">

<TMPL_VAR NAME="count">に同じ。互換性のため利用可能になっています。

<TMPL_VAR NAME="count">

スレッドの位置を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Banner">

告知欄を表示します。

index.htで利用可能なタグ

index.htはindex.htmlに利用されるテンプレートです。

<TMPL_LOOP NAME="Threads">

それぞれのスレッドの位置SETTING.TXTのBBS_THREAD_NUMBER内に収まっている、フロートされるスレッドの配列です。 <TMPL_LOOP NAME="Threads">のタグを拡張して利用する場合は $zApp->inner_template_tagメソッドを利用してください。

<TMPL_LOOP NAME="reses">

<TMPL_VAR NAME="Thread">に同じ。互換性のため利用可能になっています。

<TMPL_LOOP NAME="Thread">

レスの内容の配列です。配列の数はBBS_CONTENTS_NUMBERになります。

<TMPL_VAR NAME="num">

<TMPL_VAR NAME="resno">に同じ。互換性のため利用可能になっています。

<TMPL_VAR NAME="resno">

現在のレス番号を表示します。

<TMPL_VAR NAME="isFirst">

現在のレス番号が1であるかどうかのフラグです。レス番号が1であれば真を返します。

<TMPL_VAR NAME="name">

現在のレスの名前欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="mail">

現在のレスのメール欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="date">

現在のレスの時刻およびIDを表示します。

<TMPL_VAR NAME="text">

現在のレスの本文を表示します。

<TMPL_VAR NAME="key">

スレッドのキーを表示します。

<TMPL_VAR NAME="subject">

スレッドのサブジェクト(タイトル)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="index">

スレッドの位置を表示します。

<TMPL_VAR NAME="up">

前(上)のスレッドの位置を表示します。

<TMPL_VAR NAME="down">

次(下)のスレッドの位置を表示します。

<TMPL_LOOP NAME="Stored">

それぞれのスレッドの位置SETTING.TXTのBBS_THREAD_NUMBERの数を超えていてかつ BBS_MAX_MENU_THREADを超えていないスレッドの配列です。

<TMPL_VAR NAME="res">

スレッドのレス数を表示します。

<TMPL_VAR NAME="key">

スレッドのキーを表示します。

<TMPL_VAR NAME="subject">

スレッドのサブジェクト(タイトル)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="index">

スレッドの位置を表示します。

<TMPL_VAR NAME="SubBanner">

サブ告知欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Banner">

告知欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="HEAD">

ローカルルール(head.txtの内容)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="META">

メタデータ(meta.txtの内容)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="FOOT">

フッター(foot.txtの内容)を表示します。

i_index.htで利用可能なタグ

i_index.htは携帯用のindex.htmlに利用されるテンプレートです。利用可能なタグは"index.htで利用可能なタグ"と同等ですが、以下のタグが追加で利用できます。

<TMPL_VAR NAME="Count">

インデックスに表示可能なスレッド数を表示します。

<TMPL_VAR NAME="CR">

\rを表示します。

<TMPL_VAR NAME="Next">

BBS_THREAD_NUMBER + 1の数を表示します。

redirect.htで利用可能なタグ

redirect.htは書き込み終了後に利用されるテンプレートです。

<TMPL_VAR NAME="Banner">

告知欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="RedirectWait">

書き込み終了後からindex.htmlに飛ぶまでに秒数を表示します。

error.htで利用可能なタグ

error.htは書き込みエラーが発生したときに利用されるテンプレートです。以下のタグ以外を拡張して利用する場合は$zApp->error_template_tagメソッドを利用してください。

<TMPL_VAR NAME="Host">

書き込みした人のホスト名を表示します。ホスト名が取得できない場合はIPアドレスで表示されます。

<TMPL_VAR NAME="ShortErrorStr">

簡易なエラー内容を表示します。

<TMPL_VAR NAME="LongErrorStr">

エラー内容を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Name">

フォームから入力された名前欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Mail">

フォームから入力されたメール欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Message">

フォームから入力された本文を表示します。

<TMPL_VAR NAME="IsMobile">

アクセス元が携帯もしくはそれに相当するものなら1を、そうでない場合は0が設定されます。

read.htで利用可能なタグ

read.htはread.cgiの表示に利用されるテンプレートです。

<TMPL_LOOP NAME="ZThread">

<TMPL_VAR NAME="Thread">に同じ。互換性のため利用可能になっています。

<TMPL_LOOP NAME="Thread">

レスの内容の配列です。

<TMPL_VAR NAME="index">

<TMPL_VAR NAME="resno">に同じ。互換性のため利用可能になっています。

<TMPL_VAR NAME="resno">

現在のレス番号を表示します。

<TMPL_VAR NAME="name">

現在のレスの名前欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="mail">

現在のレスのメール欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="date">

現在のレスの時刻およびIDを表示します。

<TMPL_VAR NAME="text">

現在のレスの本文を表示します。

<TMPL_LOOP NAME="LinkStack">

100レスごとの開始位置と終了位置を格納した配列です。

<TMPL_VAR NAME="start">

100レスごとの開始位置の数値を表示します。

<TMPL_VAR NAME="end">

100レスごとの終了位置の数値を表示します。

<TMPL_VAR NAME="90">

書き込み数が最大書き込み可能数の90%以上を超えた時は1、それ以外は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="95">

書き込み数が最大書き込み可能数の95%以上を超えた時は1、それ以外は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="100">

書き込み数が最大書き込み可能数を超えた時は1、それ以外は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="R90">

<TMPL_VAR NAME="90">に同じ。 ClearSilverで使用するために定義されています。

<TMPL_VAR NAME="R95">

<TMPL_VAR NAME="95">に同じ。 ClearSilverで使用するために定義されています。

<TMPL_VAR NAME="R100">

<TMPL_VAR NAME="100">に同じ。 ClearSilverで使用するために定義されています。

<TMPL_VAR NAME="Banner">

告知欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="DatKByteSize">

スレッドのdatの大きさをキロバイト単位で表示します。

<TMPL_VAR NAME="NameByCookie">

Cookieに保存されている名前欄を表示します。保存されていなければ空文字列が設定されます。

注意:このディレクティブはクッキーの保存方法の変更により常に空文字列を返します。

<TMPL_VAR NAME="NextStart">

「次」の開始位置の数値を表示します。

<TMPL_VAR NAME="NextEnd">

「次」の終了位置の数値を表示します。

<TMPL_VAR NAME="MailByCookie">

Cookieに保存されているメール欄を表示します。保存されていなければ空文字列が設定されます。

注意:このディレクティブはクッキーの保存方法の変更により常に空文字列を返します。

<TMPL_VAR NAME="META">

メタデータ(meta.txtの内容)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="PrevStart">

「前」の開始位置の数値を表示します。

<TMPL_VAR NAME="PrevEnd">

「前」の終了位置の数値を表示します。

<TMPL_VAR NAME="ReadCGIURI">

read.cgiのURIを表示します。

<TMPL_VAR NAME="ResCount">

現在のスレッドのレス数を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Subject">

現在のスレッドのサブジェクト(タイトル)を表示します。

not_found.htで利用可能なタグ(read.cgi)

not_found.htはread.cgiおよびr.cgiのエラー表示に利用されるテンプレートです。

<TMPL_LOOP NAME="ZThread">

レスの内容の配列です。

<TMPL_VAR NAME="index">

現在のレス番号を表示します。

<TMPL_VAR NAME="name">

現在のレスの名前欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="mail">

現在のレスのメール欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="date">

現在のレスの時刻およびIDを表示します。

<TMPL_VAR NAME="text">

現在のレスの本文を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Archive">

過去ログのインデックスのリンクを表示します。

<TMPL_VAR NAME="Banner">

告知欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="DatByteSize">

スレッドのdatの大きさをバイト単位で表示します。

<TMPL_VAR NAME="DatKByteSize">

スレッドのdatの大きさをキロバイト単位で表示します。

<TMPL_VAR NAME="IsArchived">

読み込もうとしたスレッドが過去ログ化されていれば1を、そうでない場合は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="IsError">

スレッドの読み込み時にエラーがあったならば1を、そうでない場合は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="IsMobile">

アクセス元が携帯もしくはそれに相当するものなら1を、そうでない場合は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="IsPooled">

読み込もうとしたスレッドがプール状態にあれば1を、そうでない場合は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="Token1">

スレッドキーの0桁目から4桁目までの文字列を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Token2">

スレッドキーの0桁目から5桁目までの文字列を表示します。

<TMPL_VAR NAME="ShortErrorStr">

簡易なエラー内容を表示します。

<TMPL_VAR NAME="LongErrorStr">

エラー内容を表示します。

<TMPL_VAR NAME="META">

メタデータ(meta.txtの内容)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="ReadCGIURI">

read.cgiのURIを表示します。

<TMPL_VAR NAME="ResCount">

現在のスレッドのレス数を表示します。

i_read.htで利用可能なタグ

i_read.htはr.cgiのレス表示に利用されるテンプレートです。使用可能なタグはread.htで利用可能なタグとほとんど同じですが、以下のタグが利用できません。

以下はread.htで利用なタグを除いたi_read.htで利用可能なタグです。

<TMPL_VAR NAME="AAS">

AASを利用する状態であれば1を、そうでない場合は0が設定されます。 AASに関しては http://example.ddo.jp/aas/ を参照してください。

<TMPL_VAR NAME="AASBase">

AASに渡すためのパスを表示します。

<TMPL_VAR NAME="Copy">

オプションに書き込みを写すフォーム表示を示す「c」が入っていれば1を、そうでない場合は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="CR">

\rを表示します。

<TMPL_VAR NAME="Write">

オプションに書き込みフォーム表示を示す「w」が入っていれば1を、そうでない場合は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="RawOption">

r.cgiに渡されたオプションのパスを表示します。

i_thread.htで利用可能なタグ

i_thread.htはr.cgiのスレッド表示に利用されるテンプレートです。以下のタグ以外を拡張して利用する場合は$zApp->thread_template_tagメソッドを利用してください。

<TMPL_LOOP NAME="Threads">

スレッドの内容の配列です。

<TMPL_VAR NAME="res">

スレッドのレス数を表示します。

<TMPL_VAR NAME="key">

スレッドのキーを表示します。

<TMPL_VAR NAME="subject">

スレッドのサブジェクト(タイトル)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="index">

スレッドの位置を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Banner">

告知欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Copy">

「写」が有効であれば1を、そうでない場合は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="CR">

\rを表示します。

<TMPL_VAR NAME="From">

次のリンクを表示するためのスレッドの開始位置から100の数を足した数を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Next">

次のスレッドのリンクを表示するためのスレッドの開始位置から BBS_THREAD_NUMBERの数を足した数を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Prev">

前のスレッドのリンクを表示するためのスレッドの開始位置から BBS_THREAD_NUMBERの数を足した数を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Search">

検索で使われた単語を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Write">

オプションに書き込みフォーム表示を示す「w」が入っていれば1を、そうでない場合は0が設定されます。

not_found.htで利用可能なタグ(r.cgi)

not_found.htはread.cgiおよびr.cgiのエラー表示に利用されるテンプレートです。詳しくは"not_found.htで利用可能なタグ(read.cgi)"を参照してください。

ufm.htで利用可能なタグ

ufm.htはimg0ch-ufm.cgiの表示に利用されるテンプレートです。

<TMPL_VAR NAME="Banner">

告知欄を表示します。

<TMPL_VAR NAME="KEY">

スレッドキーの値を出力します。

<TMPL_VAR NAME="META">

メタデータ(meta.txtの内容)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="Password">

削除キーまたはダウンロードキーの値を出力します。

<TMPL_VAR NAME="Removed">

削除キーを用いて削除されたなら1、そうでない場合は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="Failed">

削除キーの照合に失敗し、削除されなかった場合は1、そうでない場合は0が設定されます。

<TMPL_VAR NAME="Resno">

アクセスされたときのレス番号の値を出力します。

<TMPL_VAR NAME="Failed">

削除キーの照合に失敗し、削除されなかった場合は1、そうでない場合は0が設定されます。

<TMPL_LOOP NAME="Threads">

subject.txtにある通りのスレッドの情報を格納した配列です。

<TMPL_VAR NAME="res">

スレッドの全レス数を表示します。

<TMPL_VAR NAME="key">

スレッドのキーを表示します。

<TMPL_VAR NAME="subject">

スレッドのサブジェクト(タイトル)を表示します。

<TMPL_VAR NAME="index">

<TMPL_VAR NAME="count">に同じ。互換性のため利用可能になっています。

<TMPL_VAR NAME="count">

スレッドの位置を表示します。

<TMPL_VAR NAME="selected">

ユーザーによってアクセスされた対象のスレッドなら1、そうでない場合は0が設定されます。