• R/O
  • SSH
  • HTTPS

iutest: Commit


Commit MetaInfo

Revision1321 (tree)
Time2018-06-28 09:40:02
Authorsrz_zumix

Log Message

Merge remote-tracking branch 'origin/develop'

git@37deb7293cd0193c7182e343174906063b0fda7f
https://github.com/srz-zumix/iutest/commit/37deb7293cd0193c7182e343174906063b0fda7f

Change Summary

Incremental Difference

--- trunk/.gitignore (revision 1320)
+++ trunk/.gitignore (revision 1321)
@@ -22,6 +22,8 @@
2222 *.pyc
2323 *.VC.db
2424 *.tmp
25+*.zip
26+*.tar.gz
2527 *.egg-info/
2628 coverage.info
2729 test/*.xml
@@ -51,8 +53,21 @@
5153 fused-src/
5254 tmp/
5355
56+# bundle
57+.bundle/
58+vendor/
59+
60+# secret
61+credential.yml
62+
5463 # execute files
5564 projects/make/sample
5665
5766 *コピー*
5867 .jflintrc
68+
69+# appveyor
70+appveyor-tools/
71+
72+# package
73+package/
--- trunk/CONTRIBUTING.md (revision 0)
+++ trunk/CONTRIBUTING.md (revision 1321)
@@ -0,0 +1,20 @@
1+# 貢献方法
2+
3+1. フォークする
4+1. feature branch を作る
5+1. 変更するを commit する
6+1. push
7+1. プルリクする
8+1. CI の結果を確認する(重要なのは Travis CI です。それ以外は気にしなくて良いです)
9+
10+----
11+
12+# How To Contribute
13+
14+1. Fork it ( https://github.com/srz-zumix/iutest )
15+1. Create your feature branch (git checkout -b my-new-feature)
16+1. Commit your changes (git commit -am 'Add some feature')
17+1. Push to the branch (git push origin my-new-feature)
18+1. Create new Pull Request
19+1. Please check the result of CI (Important is Travis CI. Other than that, you do not have to worry)
20+
--- trunk/CHANGES.md (revision 0)
+++ trunk/CHANGES.md (revision 1321)
@@ -0,0 +1,449 @@
1+# 変更履歴
2+
3+--------------------------------------------------
4+
5+## Changes for 1.16.4
6+
7+* 変更
8+ * deprecated: IUTEST_IGNORE 関係を非推奨にしました
9+
10+* 修正
11+ * バグ修正
12+
13+--------------------------------------------------
14+
15+## Changes for 1.16.3
16+
17+* 追加
18+ * IUTEST_ASSERT,IUTEST_EXPECT の Variadic 対応
19+ * iuwandbox: --iutest-use-main を追加
20+
21+* 変更
22+ * iuwandbox: Wandbox の std オプション変更への追従とヒント出力
23+
24+* 修正
25+ * gtest 各バージョンの互換性の不備を修正
26+ * バグ修正
27+
28+--------------------------------------------------
29+
30+## Changes for 1.16.2
31+
32+* 追加
33+ * 警告をエラーとするオプション(--iutest_warning_into_error)を追加
34+
35+* 削除
36+ * NaCl サポートを終了
37+
38+* 修正
39+ * バグ修正
40+
41+--------------------------------------------------
42+
43+## Changes for 1.16.1
44+
45+* 追加
46+ * XML_OUTPUT_FILE 環境変数に対応
47+
48+* 変更
49+ * IUTEST_BUILD を非推奨に変更し、IUTEST_MICROVER を追加
50+ * Wandbox の更新に合わせて iuwandbox を変更
51+ * iuwandbox: --list_compiler のようなオプション名中の _ を - に変更(_ 付きの旧オプションは将来のバージョンで廃止)
52+
53+* 修正
54+ * iuwandbox: -f,--compiler-option-raw で複数のオプションを適切にパースするように修正
55+ * バグ修正
56+
57+--------------------------------------------------
58+
59+## Changes for 1.16.0
60+
61+* 追加
62+ * iuwandbox で複数ソースファイルに対応
63+ * 例外アサーションで構造化例外(SEH)もキャッチできるように対応
64+
65+* 変更
66+ * --iutest_filter のルールを Google Test 互換に修正
67+
68+* 修正
69+ * バグ修正
70+
71+--------------------------------------------------
72+
73+## Changes for 1.15.2
74+
75+* 追加
76+ * IUTEST_TYPED_TEST_P に対して friend できるように IUTEST_FRIEND_TYPED_TEST_P_DECLARATION/IUTEST_FRIEND_TYPED_TEST_P を追加
77+ * iuwandbox に --sprout/--msgpack オプションを追加
78+
79+* 変更
80+ * iuwandbox の --list_compiler オプションでバージョンを出力しないように変更。--verbose を付けると以前と同じバージョン付きの出力をする
81+ * deprecated: IUTEST_HAS_STRSTREAM は将来的に削除されます
82+ * deprecated: IUTEST_HAS_ARITHMETIC_EXPRESSION_DECOMPOSE は将来的に削除されます
83+
84+* 修正
85+ * iuwandbox で --expand_include オプションを付けなかった場合の include されたファイルの対応を修正
86+ * iuwandbox の --boost オプションが Python3 で使えない問題を修正
87+ * iuwandbox で未定義オプションを指定した場合にエラーにならない問題を修正
88+ * IUTEST(A, B_C) と IUTEST(A_B, C) が名前の衝突でコンパイルエラーになる問題を修正
89+ * 色付きコンソールの自動判定を修正
90+ * バグ修正
91+
92+--------------------------------------------------
93+
94+## Changes for 1.15.1
95+
96+* 追加
97+ * stderr に xml の内容を出力するリスナーを追加
98+ * iuwandbox に xml 出力オプション(--xml, --junit)を追加
99+
100+* 変更
101+ * --help|spec|feature|version を同時に使用可能に変更 (e.g. --spec --feature)
102+
103+* 修正
104+ * CSV パラメータのパス解決処理を修正
105+ * fused-src 生成ツールを修正
106+ * バグ修正
107+
108+--------------------------------------------------
109+
110+## Changes for 1.15.0
111+
112+* 追加
113+ * --iutest_output オプションで repeat 回数のフォーマットに対応 e.g. --iutest_output=xml:test_%d.xml
114+ * CSV ファイルから値のパラメータ作成に対応
115+ * 値のパラメータ化テストのテスト名指定方法の Google Test 互換対応
116+
117+* 変更
118+ * IUTEST_ALIAS_TESTNAME_F,IUTEST_JAPANESE_NAME_F の引数の順番を変更
119+ * 値のパラメータ化テストのテスト名指定方法を変更
120+ * IUTEST_TYPED_TEST_APPEND_TYPENAME を IUTEST_HAS_TYPED_TEST_APPEND_TYPENAME に変更
121+
122+* 修正
123+ * バグ修正
124+
125+--------------------------------------------------
126+
127+## Changes for 1.14.0
128+
129+* 変更
130+ * 大幅なリファクタリング
131+
132+* 修正
133+ * ::iutest::Range を Enum に対応
134+ * tools の python 3.x 系対応
135+
136+--------------------------------------------------
137+
138+## Changes for 1.13.0
139+
140+* 追加
141+ * --iutest_flagfile コマンドラインオプションに対応
142+ * MFC コンテナ対応
143+ * 値のパラメータ化テストのテスト名指定に対応
144+ * 型付けテストのテスト名に型名をつけるオプションマクロ (IUTEST_TYPED_TEST_APPEND_TYPENAME) を追加
145+ * 非ヨーダ記法を提供するヘッダー(iutest_util_no_yoda.hpp)を追加
146+ * Visual Studio 2015 対応
147+
148+* 修正
149+ * tr1/iutest_vc_unittest.hpp を修正
150+ * バグ修正
151+
152+--------------------------------------------------
153+
154+## Changes for 1.12.0
155+
156+* 追加
157+ * Matcher に MatchesRegex,ContainsRegex を追加
158+ * Matcher に ElementsAreArrayForward を追加
159+ * IUTEST_*_MATCHES_REGEXEQ,NE、IUTEST_*_CONTAINS_REGEXEQ,NE 追加
160+ * --iutest_filter=@filter.txt のようにファイルからフィルター指定できるように対応
161+ * quick_exit 対応
162+ * Visual Studio 2015 RC 対応
163+ * twilio 対応
164+ * Nuget パッケージ公開
165+
166+* 変更
167+ * IUTEST_PACKAGE v2 (多重定義制限の撤廃)
168+ * ElementsAreArray で要素数の一致チェックを行うように変更(以前までの ElementsAreArray は ElementsAreArrayForward に変更)
169+ * IUTEST_REPORT_SKIPPED を IUTEST_HAS_REPORT_SKIPPED に変更
170+
171+* 修正
172+ * IUTEST_MAKE_PEEP で関数ポインターの typedef をしなくてもいいように修正
173+ * バグ修正
174+
175+--------------------------------------------------
176+
177+## Changes for 1.11.1
178+
179+* 修正
180+ * IUTEST_REGISTER_TYPED_TEST_CASE_P でテスト名の後ろの空白が名前に含まれてしまう不具合を修正
181+ * バグ修正
182+
183+--------------------------------------------------
184+
185+## Changes for 1.11.0
186+
187+* 追加
188+ * fused-src 対応
189+ * Wandbox 対応
190+ * Matcher に Eq,Ne,Le,Lt,Ge,Gt,IsNull,NotNull,TypeEq を追加
191+ * Matcher に StrEq,StrNe,StrCaseEq,StrCaseNe,HasSubstr を追加
192+ * Matcher に FloatEq,DoubleEq,NanSensitiveFloatEq,NanSensitiveDoubleEq を追加
193+ * Matcher に Not,ResultOf,Pointee を追加
194+ * コンテナMatcher に Each,ContainerEq,Pointwise,At,IsEmpty,ElementsAre,ElementsAreArray を追加
195+ * メンバーMatcher に Key,Pair,Field,Property を追加
196+ * ワイルドカードMatcher A,_ を追加
197+
198+* 変更
199+ * コンテナMatcher の Contains から HasSubstr 機能を削除
200+
201+* 修正
202+ * IUTEST_*_FLOAT_EQ,DOUBLE_EQ で NAN の比較が真を返す不具合を修正
203+ * コンテナMatcher の条件に Matcher を使えるように修正
204+ * Visual Studio 2015 Preview 対応
205+ * バグ修正
206+
207+--------------------------------------------------
208+
209+## Changes for 1.10.0
210+
211+* 追加
212+ * --verbose コマンドラインオプションを追加
213+ * --iutest_default_package_name コマンドラインオプションを追加
214+ * operatoer == のないオブジェクトの IUTEST_*_EQ 対応
215+ * operatoer != のないオブジェクトの IUTEST_*_NE 対応
216+ * junit xml 出力に対応(--iutest_output=junit)
217+ * IUTEST_FLAG(ostream_formatter) を追加
218+ * tuple 要素を取得する GetParam tempalate 関数を追加
219+ * ARM対応
220+
221+* 修正
222+ * --iutest_break_on_failure でスキップや警告でも停止していた不具合を修正
223+ * Visual Studio 14 CTP 3 対応
224+ * バグ修正
225+
226+--------------------------------------------------
227+
228+## Changes for 1.9.1
229+
230+* 変更
231+ * TestFixutre を定義しなくても IUTEST_P が使えるように対応
232+
233+* 修正
234+ * IUTEST_P,IUTEST_TYPED_TEST_P で DISABLED_ 指定が機能しない問題を修正
235+ * Visual Studio 14 CTP 対応
236+
237+--------------------------------------------------
238+
239+## Changes for 1.9.0
240+
241+* 追加
242+ * IUTEST_*_THAT 追加
243+ * 式アサーション追加(IUTEST_ASSERT, IUTEST_EXPECT, IUTEST_INFORM, IUTEST_ASSUME)
244+ * 式アサーション追加(IUTEST_*_NOT)
245+ * IUTEST_USE_MAIN 追加(main 関数定義 config)
246+
247+* 変更
248+ * IUTEST_ASSERT を IUTEST_ASSERT_EXIT に変更
249+
250+--------------------------------------------------
251+
252+## Changes for 1.8.1
253+
254+* 修正
255+ * SetUp/SetUpTestCase での SKIP/ASSUME に対応
256+ * MAC OS 判定、ビルドエラー修正(thanks to mogemimi for the pull request)
257+ * --iutest_filter で : 区切りの複数条件指定が正しく動作しない不具合を修正
258+ * --iutest_list_tests_with_where で値のパラメータも出力するように修正
259+ * バグ修正
260+
261+--------------------------------------------------
262+
263+## Changes for 1.8.0
264+
265+* 追加
266+ * IUTEST_*_EQ_RANGE を追加
267+ * IUTEST_*_STRIN,IUTEST_*_STRNOTIN を追加
268+ * IUTEST_FLAG(output) に対応
269+ * IUTEST_*_NO_FAILURE の gtest モード対応
270+ * Visual Studio Type Visualizer 用 .natvis ファイルを追加
271+ * AVR 対応
272+
273+* 変更
274+ * IUTEST_USE_THROW_ON_ASSERT_FAILURE を IUTEST_USE_THROW_ON_ASSERTION_FAILURE に変更
275+ * IUTEST_USE_THROW_ON_ASSERTION_FAILURE を指定した場合 SKIP や ASSUME も例外を投げるように変更
276+ * IUTEST_*_NO_FAILURE が警告やスキップを失敗と判断しないように変更
277+ * リスナーのセットアップ関数を変更
278+ * パッケージ内の値のパラメータ化テストのテストケース名が pkg.prefix/testcase となるように変更
279+ * IUTEST_SCOPED_PEEP,IUTEST_MAKE_SCOPED_PEEP を廃止
280+ * ソースコードのエンコーディングを UTF8 BOM 有りに変更
281+
282+* 修正
283+ * IUTEST_*_TRUE/FALSE を可変長対応
284+ * フィクスチャークラス名を IUTEST_TEST マクロのテストケース名に使用した場合にエラーになるように修正(MSVC拡張)
285+ * Visual C++ Compiler November 2013 CTP 対応
286+ * バグ修正
287+
288+--------------------------------------------------
289+
290+## Changes for 1.7.0
291+
292+* 追加
293+ * 値のパラメータを operator + で連結できるように修正
294+ * 値のパラメータを連結する ::iutest::Concat を追加
295+ * テストフィクスチャの定義が省ける値のパラメータ化テストを追加(IUTEST_AP,IUTEST_INSTANTIATE_TEST_CASE_AP(Visual Studio では IUTEST_P,IUTEST_INSTANTIATE_TEST_CASE_P でも省略可能))
296+ * IUTEST_TYPED_TEST,IUTEST_TYPED_TEST_P の別名マクロを追加(IUTEST_T, IUTEST_TP)
297+ * xml 出力に timestamp を追加
298+ * 前提条件の検証用マクロ IUTEST_ASSUME_* を追加
299+ * Windows 向けメニュー登録ユーティリティを追加
300+ * SSTP 通知リスナーを追加
301+
302+* 修正
303+ * 値のパラメータ化テストが日本語テスト名に対応していなかった問題を修正
304+ * ビルドエラー修正
305+ * バグ修正
306+
307+--------------------------------------------------
308+
309+## Changes for 1.6.1
310+
311+* 修正
312+ * Visual Studio 2013 Preview 対応
313+
314+--------------------------------------------------
315+
316+## Changes for 1.6.0
317+
318+* 追加
319+ * stream result 対応
320+ * gtest モードで AssertionReturn が使えるように対応
321+ * ::iutest::RandomGenerator を追加
322+
323+* 修正
324+ * ASSERT_*, EXPECT_*, INFORM_* マクロのストリームに iomanip が使用できなかった問題を修正
325+ * --iutest_filter にマッチしたテスト数が取得できるように修正
326+ * XML 出力の skipped にメッセージを出力するように修正
327+ * ::iutest::RandomValues で乱数シードを指定できるように修正
328+
329+* 変更
330+ * AssertionReturn の仕様変更
331+ * spi で TestPartResult 数をチェックするように変更
332+ * spi で substr でメッセージをチェックするように変更
333+ * --iutest_filter でマッチしなかったテストは XML に出力しないように変更
334+ * デフォルトログ出力を --iutest_filter の結果を考慮した出力に変更
335+
336+--------------------------------------------------
337+
338+## Changes for 1.5.0
339+
340+* 追加
341+ * iutest_list_tests_with_where コマンドラインオプションを追加
342+ * 日本語テスト名に対応機能を追加
343+
344+* 修正
345+ * IUTEST_TYPED_TEST_CASE,IUTEST_TYPED_TEST_CASE_P に直接 ::iutest::Types を書けるように修正
346+ * 誤った使い方をした場合にエラーを出力するように修正
347+ * C++11 noexcept に対応
348+
349+* 変更
350+ * SetUpTestCase などのテスト実行中以外でも RecordProperty できるように変更
351+ * IUTEST_PEEP の仕様変更
352+
353+--------------------------------------------------
354+
355+## Changes for 1.4.0
356+
357+* 追加
358+ * ::iutest::Types メンバーに型を取得する get を追加
359+ * 値のパラメータ化テスト向けに任意のパラメータを生成する ValuesGen を追加
360+ * 値のパラメータ化テスト向けに乱数パラメータを生成する RandomValues を追加
361+
362+* 修正
363+ * IUTEST_ASSERT_* で void 以外の戻り値を返せるように修正(::iutest::AssertionReturn)
364+ * ::iutest::ValuesIn を initializer_list に対応
365+ * extern template 対応
366+ * 古いコンパイラへの対応
367+
368+* 変更
369+ * C++11 random ヘッダーが使用できるとき distribution を使うように変更
370+
371+--------------------------------------------------
372+
373+## Changes for 1.3.1
374+
375+* 追加
376+ * コンパイルの通らないテストコードを許可するテスト生成マクロ(*_IGNORE)を追加
377+
378+* 修正
379+ * IUTEST_SKIP() << "message" に対応
380+ * スキップ時のログ出力を修正
381+
382+--------------------------------------------------
383+
384+## Changes for 1.3.0
385+
386+* 追加
387+ * ライブラリビルド対応
388+ * メッセージ出力のファイル/行のフォーマットを動的に変更できるオプションを追加(--iutest_file_location)
389+ * IUTEST_*_NO_FAILURE を追加
390+ * IUTEST_FRIEND_TYPED_TEST を追加
391+
392+* 修正
393+ * gtest モードでのビルドエラー修正
394+ * CUDA 対応
395+ * IUTEST_*_FATAL_FAILURE, IUTEST_*_NONFATAL_FAILURE で lambda を利用して変数にアクセスできるように修正
396+ * GTEST で始まる環境変数に対応
397+
398+* 変更
399+ * IUTEST_THROW_ON_ASSERT_FAILURE を IUTEST_USE_THROW_ON_ASSERT_FAILURE に変更
400+ * IUTEST_*_NO_FATAL_FAILURE が FATAL FAILURE のみで判断するように変更
401+
402+--------------------------------------------------
403+
404+## Changes for 1.2.0
405+
406+* 追加
407+ * IUTEST_*_EQ_COLLECTIONS アサーションを追加
408+ * 名前空間を提供する IUTEST_PACKAGE 追加
409+ * プログレス出力リスナーを追加
410+
411+* 修正
412+ * Android NDK 対応
413+ * IUTEST_*_NO_THROW で失敗したときに例外の情報を出力するように修正
414+ * IUTEST_*_STRNE, IUTEST_*_STRCASENE の失敗メッセージを改善
415+ * デフォルト printer のワイド文字列対応
416+
417+--------------------------------------------------
418+
419+## Changes for 1.1.1
420+
421+* 修正
422+ * ビルドエラー修正
423+ * 定義と宣言を分離
424+
425+--------------------------------------------------
426+
427+## Changes for 1.1.0
428+
429+* 追加
430+ * オールペア法による組み合わせを作成する iutest::Pairwise を追加
431+ * 明示的なスキップとして IUTEST_SKIP を追加
432+ * 例外の値を検査するアサーションを追加
433+ * ファイルパス操作補助クラスの追加
434+
435+* 修正
436+ * CRT セキュリティ強化関数の失敗時ハンドラに対応
437+ * コンソール出力先を動的に変更できるように修正
438+ * Visual Studio UnitTest Framework 対応(tr1)
439+ * マルチバイト文字が XML 出力で出力できない問題を修正
440+
441+* 変更
442+ * iutest::InitIrisUnitTest が呼ばれていない場合に警告を出すように変更
443+ * IUTEST_*_EQ で if( expected == actual ) から if( actual == expected ) に変更
444+
445+--------------------------------------------------
446+
447+## Changes for 1.0.0
448+
449+* 初期リリース
--- trunk/test/gtest_version_tests.cpp (revision 1320)
+++ trunk/test/gtest_version_tests.cpp (revision 1321)
@@ -55,8 +55,6 @@
5555
5656 #endif
5757
58-#endif
59-
6058 #if !defined(GMOCK_EXPECT_LATEST) && defined(GTEST_EXPECT_LATEST)
6159 # define GMOCK_EXPECT_LATEST GTEST_EXPECT_LATEST
6260 #endif
@@ -70,6 +68,8 @@
7068
7169 #endif
7270
71+#endif
72+
7373 #ifdef UNICODE
7474 int wmain(int argc, wchar_t* argv[])
7575 #else
--- trunk/include/iutest_ver.hpp (revision 1320)
+++ trunk/include/iutest_ver.hpp (revision 1321)
@@ -17,11 +17,11 @@
1717
1818 //======================================================================
1919 // define
20-#define IUTEST_VER 0x01160303u //!< iutest version 1.16.3.3
20+#define IUTEST_VER 0x01160304u //!< iutest version 1.16.3.4
2121 #define IUTEST_MAJORVER 0x01u //!< Major Version
2222 #define IUTEST_MINORVER 0x16u //!< Minor Version
2323 #define IUTEST_MICROVER 0x03u //!< Micro Version
24-#define IUTEST_REVISION 0x03u //!< Revision
24+#define IUTEST_REVISION 0x04u //!< Revision
2525
2626 #define IUTEST_BUILD IUTEST_MICROVER //!< @deprecated
2727
@@ -122,8 +122,8 @@
122122 <ul>
123123 <li>v1.16.4.0
124124 <ul>
125- <li>d</li>
126125 <li>deprecated: IUTEST_IGNORE 関係を非推奨にしました</li>
126+ <li>コンパイルエラーの修正</li>
127127 </ul>
128128 </li>
129129 <li>v1.16.3.0
--- trunk/include/gtest/iutest_gtest_ver.hpp (revision 1320)
+++ trunk/include/gtest/iutest_gtest_ver.hpp (revision 1321)
@@ -32,8 +32,11 @@
3232
3333 //!< Minor Version
3434 #ifndef GTEST_MINORVER
35-# if defined(GTEST_ATTRIBUTE_NO_SANITIZE_ADDRESS_)
35+# if defined(GTEST_STRINGIFY_)
3636 # define GTEST_MINORVER 0x08
37+# define GTEST_LATEST 1
38+# elif defined(GTEST_ATTRIBUTE_NO_SANITIZE_ADDRESS_)
39+# define GTEST_MINORVER 0x08
3740 # elif !defined(RUN_ALL_TESTS) && !defined(GTEST_CREF_WORKAROUND_)
3841 # define GTEST_MINORVER 0x07
3942 # elif defined(ADD_FAILURE_AT)
--- trunk/.travis.yml (revision 1320)
+++ trunk/.travis.yml (revision 1321)
@@ -225,4 +225,6 @@
225225
226226 notifications:
227227 webhooks:
228- secure: Oxajh80h7/RI6otg8Xd2QkglQU0y8ug+f8GVC/BV9VnS9cFWk10z+/69OOBFGCTN7Qjgp+MwOkrQz4a50bIIlrTQtTnw0SmMKd+qIWVJ55xXnSCqWcGE7cD1Rx5/ZmFaAZ0khTZzHwSjhCN4gexLf/aYmG3AnXLXhqNnxkZ73nY=
228+ urls:
229+ - secure: Oxajh80h7/RI6otg8Xd2QkglQU0y8ug+f8GVC/BV9VnS9cFWk10z+/69OOBFGCTN7Qjgp+MwOkrQz4a50bIIlrTQtTnw0SmMKd+qIWVJ55xXnSCqWcGE7cD1Rx5/ZmFaAZ0khTZzHwSjhCN4gexLf/aYmG3AnXLXhqNnxkZ73nY=
230+ - secure: T+ZBCfi1TBStN2eXidtV0J5AjQqtNEXIQtytuJWpgAdgCHSD73gJusSzE9nB0k0I28i1fn6meSuGVmGPdH7CUJdjRVUgbsCSGJot6mi2iR8Qe1+ST1AnS7cD5TvhhmKba5quaIhsv8jAVTmUMYvsX40cZYV99hSUzSegJQjsVXg=
--- trunk/README.md (revision 1320)
+++ trunk/README.md (revision 1321)
@@ -131,7 +131,11 @@
131131 [![codecov](https://codecov.io/gh/srz-zumix/iutest/branch/master/graph/badge.svg)](https://codecov.io/gh/srz-zumix/iutest)
132132 [![codecov](https://codecov.io/gh/srz-zumix/iutest/branch/master/graphs/icicle.svg)](https://codecov.io/gh/srz-zumix/iutest)
133133
134+Contributing change
135+--------------------------------------------------
134136
137+Please read the [`CONTRIBUTING.md`](CONTRIBUTING.md) for details on how to contribute to this project.
138+
135139 License
136140 --------------------------------------------------
137141
Show on old repository browser