• R/O
  • SSH
  • HTTPS

jak12: Commit


Commit MetaInfo

Revision108 (tree)
Time2020-03-12 22:51:31
Authortatsuva

Log Message

2020.03.12(Moodle3.8.2)

Change Summary

Incremental Difference

--- trunk/ja_g09/admin.php (revision 107)
+++ trunk/ja_g09/admin.php (revision 108)
@@ -353,6 +353,7 @@
353353 $string['configrequestedstudentsname'] = 'リクエストされたコースで使用する学生 (複数) に対する呼称';
354354 $string['configrequestedteachername'] = 'リクエストされたコースで使用する教師 (単数) に対する呼称';
355355 $string['configrequestedteachersname'] = 'リクエストされたコースで使用する教師 (複数) に対する呼称';
356+$string['configreverseproxyignore'] = 'ヘッダに「X-Forwarded-For」を追加する複数のリバースプロクシの背後にあなたのサーバがある場合、リバースプロクシを無視してユーザの正しいIPアドレスを探すため、リバースプロクシのカンマ区切りのIPアドレスまたはサブネットの一覧を指定してください。';
356357 $string['configsectioninterface'] = 'インターフェース';
357358 $string['configsectionmail'] = 'メール';
358359 $string['configsectionmaintenance'] = 'メンテナンス';
@@ -1085,6 +1086,7 @@
10851086 $string['restorernewroleid_help'] = '新しくリストアされるコースを管理するためのパーミッションがすでに割り当てられていない場合、ユーザに対して自動的にこのロールが割り当てられます。同時に必要であればコースに登録されます。あなたがリストア済みコースすべてを管理できるようにしたくない場合、「なし」を選択してください。';
10861087 $string['resultfilter'] = '結果でフィルタする';
10871088 $string['reverseproxy'] = 'リバースプロキシ';
1089+$string['reverseproxyignore'] = 'リバースプロクシを無視する';
10881090 $string['riskconfig'] = 'ユーザはサイト設定および動作を変更することができます。';
10891091 $string['riskconfigshort'] = '設定リスク';
10901092 $string['riskdataloss'] = 'ユーザは大量のコンテンツまたは情報を破壊することができます。';
--- trunk/ja_g09/auth_oidc.php (revision 107)
+++ trunk/ja_g09/auth_oidc.php (revision 108)
@@ -16,7 +16,7 @@
1616 // along with Moodle. If not, see <http://www.gnu.org/licenses/>.
1717
1818 /**
19- * Strings for component 'auth_oidc', language 'ja', branch 'MOODLE_37_STABLE'
19+ * Strings for component 'auth_oidc', language 'ja', branch 'MOODLE_38_STABLE'
2020 *
2121 * @package auth_oidc
2222 * @copyright 1999 onwards Martin Dougiamas {@link http://moodle.com}
--- trunk/ja_g09/local_moodleorg.php (revision 107)
+++ trunk/ja_g09/local_moodleorg.php (revision 108)
@@ -16,7 +16,7 @@
1616 // along with Moodle. If not, see <http://www.gnu.org/licenses/>.
1717
1818 /**
19- * Strings for component 'local_moodleorg', language 'ja', branch 'MOODLE_26_STABLE'
19+ * Strings for component 'local_moodleorg', language 'ja', branch 'MOODLE_38_STABLE'
2020 *
2121 * @package local_moodleorg
2222 * @copyright 1999 onwards Martin Dougiamas {@link http://moodle.com}
@@ -33,11 +33,7 @@
3333 $string['communityintro'] = 'Moodleには、Moodleサイト単体に<a href="http://moodle.org/userpics">{$a->usercount} 名の登録ユーザ</a>、<a href="http://moodle.org/sites">{$a->countrycount} ヶ国</a>による<a href="http://download.moodle.org/lang16/">{$a->langcount} の言語</a>を話す、数多くの様々なユーザのコミュニティが存在します (私たちには、<a href="http://moodle.org/stats">さらなる統計があります</a>)。';
3434 $string['conferencecenter'] = 'Moodleカンファレンスセンター';
3535 $string['connectedsites'] = 'いくつかのMoodleサイトは、Moodleネットワーキングを使用して、moodle.orgに接続されています。あなたがここで認証した場合、それらのサイトに直接ログインすることができます。';
36-$string['donations'] = 'Moodleは、金融上の義務に関して、完全にフリーです。しかし、私たちのプロジェクトを実現させている開発者への支払いのサポートとして、コミュニティ内の多くの人々が寄付をしています。';
37-$string['donationsmoney'] = 'あなたは現金により直接ファンドに募金することもできます。このすべての募金はロードマップを私たちが使用する実際の機能として実現するために使用されます。主要通貨によりクレジットカード募金するには、下記Paypalボタンをクリックしてください。<br /><br />$10以上の募金者は1年間氏名が掲載されます。あなたのエントリの表示状況を編集するため、支払い後、忘れずに「続ける」ボタンをクリックしてください。';
38-$string['donationsservices'] = 'あなたにホスティング、サポート、インストール、カスタムコーディング、コース開発またはコンサルティング等のMoodleサービスが必要な場合、moodle.comより国内の認定<a href="http://moodle.com/">Moodle Partner</a> にご連絡ください (あなたにはMoodle Partnerのバナーがこのサイトに表示されます)。Moodle Partnerは売り上げの一定割合をMoodle Trust開発ファンドに支払っています。これにより、すべての人がWinの状態になります。';
3936 $string['donationstitle'] = '寄付';
40-$string['donationstrust'] = 'Modoleで働くプログラマとの契約、moodle.orgのような費用を支出するため、MoodleにはMoodle Trustによって運営される開発ファンドがあります。';
4137 $string['downloadcore'] = '私たちの主要なディストリビューションの方法は、これらの標準コアパッケージを経由しています。標準コアパッケージには、主要開発者によりメンテナンスされている数多くのモジュールが含まれています。また、あなたがPHPおよびデータベースをインストールしている、ほとんどすべてのプラットフォームにインストールすることができます。';
4238 $string['downloadcoretitle'] = '標準Moodleパッケージ';
4339 $string['downloadintro'] = 'Moodleは<a href="http://docs.moodle.org/dev/License">GPL licence</a>に基づくオープンソースです。あなたは私たちが開発するすべてをダウンロードおよび無料で使用することができます。';
--- trunk/ja_g09/local_o365.php (revision 107)
+++ trunk/ja_g09/local_o365.php (revision 108)
@@ -16,7 +16,7 @@
1616 // along with Moodle. If not, see <http://www.gnu.org/licenses/>.
1717
1818 /**
19- * Strings for component 'local_o365', language 'ja', branch 'MOODLE_37_STABLE'
19+ * Strings for component 'local_o365', language 'ja', branch 'MOODLE_38_STABLE'
2020 *
2121 * @package local_o365
2222 * @copyright 1999 onwards Martin Dougiamas {@link http://moodle.com}
--- trunk/ja_g09/local_office365.php (revision 107)
+++ trunk/ja_g09/local_office365.php (revision 108)
@@ -16,7 +16,7 @@
1616 // along with Moodle. If not, see <http://www.gnu.org/licenses/>.
1717
1818 /**
19- * Strings for component 'local_office365', language 'ja', branch 'MOODLE_37_STABLE'
19+ * Strings for component 'local_office365', language 'ja', branch 'MOODLE_38_STABLE'
2020 *
2121 * @package local_office365
2222 * @copyright 1999 onwards Martin Dougiamas {@link http://moodle.com}
--- trunk/ja_g09/tool_xmldb.php (revision 107)
+++ trunk/ja_g09/tool_xmldb.php (revision 108)
@@ -160,24 +160,24 @@
160160 $string['new_table_from_mysql'] = 'MySQLから新しいテーブル';
161161 $string['nofieldsspecified'] = '指定されたフィールドはありません。';
162162 $string['nomasterprimaryuniquefound'] = 'あなたの外部キーが参照するカラムは参照テーブルのプライマリまたはユニークキーに含まれている必要があります。ユニークインデックスに含まれているカラムでは十分ではありませんので留意してください。';
163-$string['nomissingindexesfound'] = '不明なインデックスは見つかりませんでした。あなたのDBに関して、さらなる処置は不要です。';
163+$string['nomissingindexesfound'] = '不明なインデックスは見つかりませんでした。あなたのDBに関してさらなる操作は不要です。';
164164 $string['noreffieldsspecified'] = '参照フィールドが指定されていません。';
165165 $string['noreftablespecified'] = '指定された参照テーブルが見つかりませんでした。';
166166 $string['noviolatedforeignkeysfound'] = '外部キー違反は見つかりませんでした。';
167-$string['nowrongdefaultsfound'] = '矛盾したデフォルト値は見つかりませんでした。あなたのDBに関して、さらなる処置は不要です。';
168-$string['nowrongintsfound'] = '不正な整数型は見つかりませんでした。あなたのDBに関して、さらなる処置は不要です。';
169-$string['nowrongoraclesemanticsfound'] = 'BYTEセマンティクスを使用しているOracleカラムは見つかりませんでした。あなたのDBに関して、さらなる処置は不要です。';
167+$string['nowrongdefaultsfound'] = '矛盾したデフォルト値は見つかりませんでした。あなたのDBに関してさらなる操作は不要です。';
168+$string['nowrongintsfound'] = '不正な整数型は見つかりませんでした。あなたのDBに関してさらなる操作は不要です。';
169+$string['nowrongoraclesemanticsfound'] = 'BYTEセマンティクスを使用しているOracleカラムは見つかりませんでした。さらなる操作は不要です。';
170170 $string['numberincorrectdecimals'] = 'numberフィールドの小数点以下桁数が正しくありません。';
171171 $string['numberincorrectlength'] = 'numberフィールドの長さが正しくありません。';
172-$string['numberincorrectwholepart'] = 'ナンバーフィールドの整数部分が大き過ぎます。';
173-$string['pendingchanges'] = 'メモ: あなたはこのファイルを変更しました。ファイルはいつでも保存することができます。';
174-$string['pendingchangescannotbesaved'] = 'このファイルに変更が加えられましたが、保存できませんでした! ディレクトリおよび「install.xml」にウェブサーバからの書込み権があるかどうか確認してください。';
175-$string['pendingchangescannotbesavedreload'] = 'このファイルに変更が加えられましたが、保存できませんでした! ディレクトリおよび「install.xml」にウェブサーバからの書込み権があるかどうか確認してください。確認後、このページをリロードすることで、あなたは変更を保存することができます。';
172+$string['numberincorrectwholepart'] = 'numberフィールドの整数部分が大き過ぎます。';
173+$string['pendingchanges'] = 'メモ: あなたはこのファイルを変更しました。ファイルはいつでも保存できます。';
174+$string['pendingchangescannotbesaved'] = 'このファイルに変更が加えられましたが、保存できません! ディレクトリおよび「install.xml」にウェブサーバの書込み権があるか確認してください。';
175+$string['pendingchangescannotbesavedreload'] = 'このファイルに変更が加えられましたが、保存できません! ディレクトリおよび「install.xml」にウェブサーバの書込み権があるか確認してください。確認後、あなたはこのページをリロードして変更を保存できます。';
176176 $string['persistentfieldscomplete'] = '次のフィールドが追加されました:';
177177 $string['persistentfieldsconfirm'] = '次のフィールドを追加してもよろしいですか:';
178178 $string['persistentfieldsexist'] = '次のフィールドはすでに存在します:';
179179 $string['pluginname'] = 'XMLDBエディタ';
180-$string['primarykeyonlyallownotnullfields'] = '主キーをNullにすることはできません。';
180+$string['primarykeyonlyallownotnullfields'] = '主キーはNullにできません。';
181181 $string['privacy:metadata'] = 'XMLDBエディタプラグインはいかなる個人データも保存しません。';
182182 $string['reserved'] = '予約済み';
183183 $string['reservedwords'] = '予約語';
Show on old repository browser