Download List

Sponsored link

Project Description

祝日計算をJavaプログラムで行う。 春分・秋分の日は、『海上保安庁水路部 暦計算研究会編 新こよみ便利帳』による計算式の結果に過ぎない。

国民の休日に対応、2016年以降、8月11日を「山の日」に対応、

Java版とJavaScript が存在する。

1ソースのJavaプログラムのみで構成するため、 祝日の新制度、変更が発生した場合の修正メンテナンスは1ソース内だけで行う。

Java版について、JDK1.7 まで使用していた java.util.Date は使用されることが減少した為に

java.util.Dateの使用は、バージョン 2.1 で終了する。 バージョン 3.x 以降で、java.time.LocalDate を使用する

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2018-10-13 10:34
ZIP配布 3.4 (1 files Hide)

Release Notes

バージョン3.4 で、LocalDare と祝日/休日名の Entry リストを取得する staic関数を追加した、振替日と国民の休日も含むEntry リストを取得する。

List<Map.Entry<LocalDate, String>> list = Holiday.listHolidays(year);

バージョン3.3 は、 2019年のみの平成の次の即位日5月1日と即位礼正殿の儀の10月22日の祝日を追加、自動的に休日になる国民の休日、 2019年4月30日と5月2日を国民の休日として算出するようにする。 祝日の間が1日になることで発生する国民の休日を年から求める関数は 2019年には対応しない。 今まで 祝日の間が1日が発生しない年は、getNatinalHoliday が null を返していたが、空配列を返すように修正した。

Changelog

No Changelogs