• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

source: Repository summary


Recent Commits RSS

Rev. Time Author Message
b73f026 2022-01-03 20:51:16 SHIRAKATA Kentaro master v3.6.6-0.5 version++
393fd91 2022-01-03 20:50:11 SHIRAKATA Kentaro update readme
00ef147 2022-01-03 20:48:35 SHIRAKATA Kentaro finalize changelog
992cc97 2022-01-03 01:07:00 SHIRAKATA Kentaro fix #43519
7e8e8d0 2022-01-02 21:20:24 SHIRAKATA Kentaro update xcode for travisci
0356461 2022-01-01 23:03:27 SHIRAKATA Kentaro v3.6.6-0.4 version++
4755b4a 2022-01-01 22:56:36 SHIRAKATA Kentaro update year to 2022
f38905e 2022-01-01 22:56:35 SHIRAKATA Kentaro update readme
efe03e9 2022-01-01 22:56:34 SHIRAKATA Kentaro finalize changelog
e1a9b73 2021-10-10 05:30:24 SHIRAKATA Kentaro add translation

Recently edited Tags

Name Rev. Time Author
v3.6.6-0.5 b73f026 2022-01-03 20:51:44 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.6-0.4 0356461 2022-01-01 23:04:05 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.6-0.3 b540f58 2021-08-17 16:30:55 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.6-0.2 1dff002 2021-03-13 03:56:19 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.6-0.1 0ffd620 2020-04-18 18:22:17 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.2-0.1 2099b43 2019-12-08 06:19:43 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.1-0.4 fafa2de 2019-06-02 03:19:51 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.1-0.3 f900338 2018-12-26 19:16:09 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.1-0.2 d9fbbb8 2018-10-07 05:27:57 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.1-0.1 75f6ed0 2018-06-21 05:17:05 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.0-0.9 4f395cc 2018-04-29 05:22:49 SHIRAKATA Kentaro
V3.6.0-0.8 a07ddf0 2017-02-17 18:03:30 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.0-0.7 9580f34 2016-12-07 02:26:24 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.0-0.6 9cfbe9e 2016-06-11 17:53:08 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.0-0.5 b468905 2016-04-03 18:13:57 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.0-0.4 2f13c2e 2016-03-24 01:41:51 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.0-0.3 10892bd 2016-03-18 17:54:25 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.0-0.2 c0b9f6e 2016-02-21 02:19:13 SHIRAKATA Kentaro
v3.6.0-0.1 faa003a 2016-02-14 03:57:33 SHIRAKATA Kentaro
start 1abff1f 2002-08-29 21:47:02 SHIRAKATA Kentaro

Branches

Name Rev. Time Author Message
master b73f026 2022-01-03 20:51:16 SHIRAKATA Kentaro version++

README.md

Linux/MacWindows

JNetHack

JNetHackはNetHackを日本語化したものです。

今回のリリースノート

unix系でビルド・プレイできない問題を修正しました。

詳細についてはChangeLog.jを参照してください。

JNetHack 3.4.* からの変更点

JNetHack 3.4.* から変更された主な点は以下の通りです。

  • ソースコード配布はShift_JISに変更しています。UNIX環境でビルドする場合はEUC-JPに変換してください。
  • 願いや虐殺でユーザー入力を行う場合、日本語のみを受け付けます。
  • 入出力文字コードとしてJISは指定できなくなりました。その代わりUTF-8を指定できるようになっています。
  • Mac/UNIX環境ではデフォルトの入出力文字コードはUTF-8になっています。他の文字コードにする場合はkcodeオプションを使ってください。
  • Windows版の設定ファイルは.jnethackrcに変更されています。

その他のドキュメント

  • ChangeLog.j: 変更履歴
  • READMEj1.txt: JNetHack 1.* 時代のREADME
  • japanese/build.md: ビルド方法

レポジトリ

JNetHack では二つのレポジトリを使っています。

メインレポジトリ https://osdn.net/projects/jnethack/scm/git/source/

ある程度確認したソースコードが登録されます。原則としてrebaseはしません。

開発レポジトリ https://github.com/jnethack/jnethack-alpha

開発中のソースが登録されます。頻繁にrebaseされます。 TravisCIとAppVeyorでビルドの確認をしています。

Show on old repository browser