Download List

Sponsored link

Project Description

Julius is an open-source, high-performance large vocabulary continuous speech recognition (LVCSR) engine for speech-related researchs and developments. With HMM acoustic model and language model, you can construct your own speech recognition system.

Moved to github: https://github.com/julius-speech/julius

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2004-05-06 17:35
julius 3.4.2 (5 files Hide)

Release Notes

3.4.2での主な変更点は以下のとおりです。

・数単語の認識で結果のN-best候補が正しく出力されないことが
 あるバグを修正
・指定時間より短い入力を棄却する機能 "-rejectshort msec" の追加
・音声入力やモジュールモードに関するバグ修正
・Windowsコンソール版Julius/Julianの提供

3.4や3.4.1をお使いの全ての方に、
このバージョンへのアップデートを推奨します。

Changelog

3.4.2 (2004.03.31)
===================
- 指定時間より短い入力を棄却する -rejectshort msec を追加
- (-input adinnet) モジュールモード併用時のPAUSE/TERMINATEを安定化
- バグ修正
- 数フレームの入力時のメモリリークを修正 (beam.c)
- 数単語の認識でN-best候補が正しく出ないことがある不具合を修正
- generate の無限ループを修正
- 整形
- 'gcc -Wall' に合わせてソースを整形
- copyright 表示を 2004 年へ更新
- config.guess, config.sub を更新 (for MacOSX)