Download List

Sponsored link

Project Description

This is "Linux-HA Japan" site for developer.
Main site is here http://linux-ha.osdn.jp/ (Japanse only)

You can download Pacemaker,Heartbeat Corosync and other necessary RPM packages for Red Hat Enterprise Linux (RHEL) as yum repository.
http://osdn.jp/projects/linux-ha/releases/

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2013-04-11 15:00
[1-03] Pacemakerリポジトリパッケージ (RHEL5) 1.0.13-1.1 (5 files Hide)

Release Notes

Pacemakerリポジトリパッケージ (RHEL5)

Pacemakerはコンポーネントが複数に分かれているため、インストール手順を簡略化するための RHEL6およびRHEL6互換OS用リポジトリパッケージです。

本パッケージには、以下のバージョンのコンポーネントが含まれています。

  • バージョン一覧 ((*)は前バージョンのリポジトリから変更なし)
    • 主要コンポーネント
      • pacemaker-1.0.13-1
      • cluster-glue-1.0.11-1
      • corosync-1.4.5-1
      • heartbeat-3.0.5-1.1 (*)
      • resource-agents-3.9.5-1
      • libesmtp-1.0.4-5 (*)
      • pacemaker-mgmt-2.0.1-1 (*)
      • pm_crmgen-1.3-1
      • pm_diskd-1.2-1
      • pm_extras-1.3-1 (*)
      • pm_logconv-hb-1.2-1

Changelog

  • 前バージョン(1.0.12-1.3)からの主な変更点は以下の通りです。
    • pacemaker-1.0.13-1
      • pingdが誤って故障を検知する問題を修正
      • pingdが不要なログを出力する事象を改善
      • RA呼び出し時に、OCF_RESKEY_CRM_meta_timeoutが正しく設定されない問題を修正
      • crm_mon で表示されるホスト名の表示順を改善
      • pingd 起動直後に、pingd の monitor NG が発生することがある問題を修正
      • 複雑なリソース構成時(主にMaster/Slave使用時)に、リソースID名によって動作が異ってしまう問題を修正
      • Pacemaker がたまに停止できない問題を修正
    • cluster-glue-1.0.11-1
      • リソース操作の同時実行数をプロセッサのコア数を元に設定されるように変更
    • corosync-1.4.5-1
      • i386/i686 OS環境でクラッシュする問題を修正
    • resource-agents-3.9.5-1
      • Filesystem
        • cephファイルシステムのサポート
        • マウントポイントがない場合、自動でmkdirするためのオプションが追加
      • IPaddr2
        • IPv6のサポート
        • Infiniband使用時の問題を修正
      • pgsql
        • レプリケーション構成で、複数インスタンスに対応
        • monitor_password パラメータが設定されている場合、.pgpass ファイルの設定が無視されてしまう問題を修正
        • 複数のMaster/Slaveリソースを使用すると動作しない問題を修正
        • 大文字のホスト名を使用すると動作しない問題を修正
        • Active-Standby構成においても、rep_mode=slaveを設定することでPostgreSQL起動前にrecovery.confを作成する機能を追加
          • rep_mode=slaveを使用
        • 以下のパラメータを追加
          • restart_on_promote
          • recovery_end_command
          • archive_cleanup_command
      • sfex
        • ビッグエンディアン環境で動作しない問題を修正
        • sfex_initコマンド実行時の処理を改善
      • oracle / oralsnr
        • monitor時にsysdbaユーザを使用するとaudit logにログが毎回出力されるため、一般ユーザで接続するように変更
        • monitor時のパスワードの期限切れワーニングを無視するように変更
      • apache
        • OCF_CHECK_LEVEL 設定が異常の場合の処理を追加
        • 適切な戻り値を返すように修正
        • 正規表現 \s が動かないバージョンの grep に対応
      • nfsserver
        • rpc_pipefs パラメータの追加
      • tomcat
        • パラメータチェックを強化
        • monitor時に適切な戻り値を返すように改善
        • プロセスの監視処理を改善
        • 以下のパラメータを追加
          • catalina_tmpdir
          • java_endorsed_dirs
          • logging_config
          • logging_manager
          • catalina_out
          • max_stop_time
    • pm_diskd-1.2-1
      • diskd が不要なワーニングをログに出力する事象を修改善
    • pm_crmgen-1.3-1
      • 同梱のエクセルフォーマットの記述例を改善
    • pm_logconv-hb-1.2-1
      • フェイルオーバの判断方法を改善