Recent Changes

2011-05-06
2011-02-22
2011-02-18
2011-02-16
2011-02-15

Latest File Release

[1-01] Pacemakerリポジトリパッケージ (RHEL7) (1.1.19-1.1)2018-12-07 13:00
[1-02] Pacemakerリポジトリパッケージ (RHEL6) (1.1.19-1.1)2018-12-07 13:00
[1-03] Pacemakerリポジトリパッケージ (RHEL5) (1.0.13-2.1)2014-08-13 09:28
[1-10] pm_ctl : 運用管理連携機能 (1.0-1)2012-11-05 11:20
[1-11] pm_logconv-cs : ログメッセージ制御機能(Corosync対応) (1.0-1)2012-11-12 09:53
[2-01] Heartbeat (RedHat/CentOS用rpmパッケージ) (2.1.4-1)2008-08-28 09:53
[2-02] hb-monitor:クラスタ状態表示機能 (1.03-1)2011-02-16 07:21
[2-03] hb-extras:拡張リソースエージェント・プラグイン (1.02-1)2011-02-16 07:21
[2-04] hb-logconv:ログメッセージ制御機能 (1.02-1)2011-02-16 07:21
[2-05] hb-cibgen:cib.xml編集ツール (1.03-1_1)2009-11-16 13:31
[2-06] hb-diskd:ディスク監視デーモン (1.10-1)2010-01-22 10:20
[2-07] VIPcheck:VIPcheckリソースエージェント (1.1)2009-11-30 07:21
[2-08] hb-sfex:共有ディスク排他制御 (1.30-1)2010-01-22 10:00
[2-09] hb-logmoni:ロギングデーモン監視 (2.00-1)2010-01-22 10:10
[2-10] hb-ipv6:IPv6対応追加パッケージ (1.00-1)2010-01-29 07:21
[2-11] hb-vmmonitor:デバイス一括監視機能 (1.00-1)2010-06-11 07:21
[2-12] vm-logd-monitor:ログデーモン監視機能(Domain-0用) (1.00-1)2010-06-11 07:21
[2-13] stonith-wrapper2:STONITHラッパープラグイン2 (2.00)2010-06-18 07:21
[2-14] hb-actmonitor:フェイルオーバ抑止機能 (1.00-1)2010-11-26 07:21

Wiki Guide

Side Bar

クラスタ状態表示機能 (hb_monitor)

クラスタ構成において、サーバ、ネットワーク、リソース、ディスクの稼働状態、故障状況を一元的に表示するツールです。 Heartbeatに付属のツール crm_monで表示できなかったネットワーク、ディスクの稼働状態、リソースの故障状況(以下、拡張情報)も含めてクラスタの状況を表示します。

作成とテストは RHEL5.5(CentOS5.5) + Heartbeat2.1.4 で行っています。他の環境でのテストは行っていませんので、問題があれば linux-ha-japan@lists.souceforge.jp にご報告ください。

注 : Heartbeat2.1.4ではcrm_monも拡張され、fail_count等の表示は可能となっていますが、Interconnect LANの表示は実現されていません。

このリリースのファイルを表示

1. 表示内容

(1) リソースの稼動状況

どのリソースがどのノードで動作しているかを表示します。

(2) リソースの故障情報

リソースが故障した場合、どのノードで故障が発生したかを表示します。

(3) ネットワークの動作状況

Interconnect通信、およびpingdによるネットワークの動作状況を表示します。

(4) ディスクの動作状況

diskd(リンク)を導入した場合、diskdによって監視されているディスクの動作状況を表示します。

以下に表示例を示します。(注:★を含む文は説明のためであり、実際には表示されません)
本例はheartbeat-2.1.4でhb_monitor-1.03-1を動作させたものです。

============
Last updated: Tue Feb 15 14:31:07 2011
Current DC: hb02 (931a8c0b-0d94-47fe-97da-dc199564a419)
2 Nodes configured.
3 Resources configured.
============

Node: hb02 (931a8c0b-0d94-47fe-97da-dc199564a419): online
Node: hb01 (1ce77d87-d0fa-4c2b-aa05-13a6c809df1e): online

Resource Group: grpPg     ★(1) リソースの動作状況
    prmEx       (ocf::heartbeat:sfex):  Started hb01
    prmFs       (ocf::heartbeat:Filesystem):    Started hb01
    prmIp       (ocf::heartbeat:IPaddr):        Started hb01
    prmPg       (ocf::heartbeat:pgsql): Started hb01
prmStonithN1    (stonith:external/stonith-wrapper):     Started hb02
prmStonithN2    (stonith:external/stonith-wrapper):     Started hb01

Fail-count:              ★(2) リソースの故障情報
    ResourceID: prmAp (fail-count::hb02:1):     Resource is failure !!

Instance attributes:      ★(3)ネットワークの動作状況(pingd), (4)ディスクの動作状況(diskd)
    attribute (diskcheck_status_internal::hb02:normal): Disk is working
    attribute (probe_complete::hb02:true)
    attribute (diskcheck_status::hb02:normal):  Disk is working
    attribute (default_ping_set::hb02:100):     Link is working
    attribute (diskcheck_status_internal::hb01:normal): Disk is working
    attribute (probe_complete::hb01:true)
    attribute (diskcheck_status::hb01:normal):  Disk is working
    attribute (standby::hb01:off)
    attribute (default_ping_set::hb01:100):     Link is working

Interconnect-LAN:        ★(3)ネットワークの動作状況(Interconnect-LAN)
    heartbeat-comm (eth2::hb02:up):     Heartbeat is working
    heartbeat-comm (eth1::hb02:up):     Heartbeat is working
    heartbeat-comm (eth2::hb01:up):     Heartbeat is working
    heartbeat-comm (eth1::hb01:up):     Heartbeat is working

Failed actions:
    prmAp_monitor_10000 (node=hb02, call=17, rc=7): complete

2. インストール

2.1 rpmパッケージからのインストール

本ツールのパッケージ hb-monitor-1.03-1.hb214.x86_64.rpm をダウンロードします。その後、以下のようにrpmコマンドを使ってインストールします。

# rpm -ivh hb-monitor-1.03-1.hb214.x86_64.rpm
準備中...                ########################################### [100%]
   1:hb-monitor             ########################################### [100%]
注意:hb-monitor-1.03のrpmパッケージはHeartbeat2.1.4を必要とします。

2.2 ソースからのインストール

hb-monitorは単体でビルドすることはできません。Heartbeat本体と一緒にビルドします。 buildに必要なファイルは以下です。

hb-monitorをbuildし、インストールする手順は以下の通りです。

(1) Heartbeatのソースコードアーカイブを展開します。

tar jxvf Heartbeat-2-1-STABLE-2.1.4.tar.bz2
Heartbeat-2-1-STABLE-2.1.4/
Heartbeat-2-1-STABLE-2.1.4/config.sub
(略)
(2) クラスタ状態表示ツールのパッチを適用します。
$ cd Heartbeat-2-1-STABLE-2.1.4
$ patch –p 1 < ../ hb-monitor-1.03-1.hb214.patch
patching file configure.in
patching file crm/admin/Makefile.am
patching file crm/admin/hb_monitor/Makefile.am
patching file crm/admin/hb_monitor/hb_monitor.c
patching file crm/admin/hb_monitor/hb_monitor.spec
patching file heartbeat.spec.in
(3) Heartbeatのconfigureを実行します。
$ ./ConfigureMe bootstrap
Configure flags for RedHat Linux: --prefix=/usr --sysconfdir=/etc --localstatedir=/var --mandir=/usr/share/man --disable-rpath
Running ./bootstrap --prefix=/usr --sysconfdir=/etc --localstatedir=/var --mandir=/usr/share/man --disable-rpath
(略)
Now type 'gmake' to compile the system, noting that
'gmake' is often available as 'make'.
(4) Heartbeatの replaceディレクトリ以下をビルドします。
$ cd replace
$ make
if /bin/sh ../libtool --tag=CC   --tag=CC --mode=compile gcc -DHAVE_CONFIG_H 
 (略)
ranlib .libs/libreplace.a
creating libreplace.la
(cd .libs && rm -f libreplace.la && ln -s ../libreplace.la libreplace.la)
(5) Heartbeatの libディレクトリ以下をビルドします。
$ cd ../lib
$ make
Making all in pils
gmake[1]: ディレクトリ `/tmp/Heartbeat-2-1-STABLE-2.1.4/lib/pils' に入ります
if /bin/sh ../../libtool --tag=CC  --tag=CC --mode=compile gcc -DHAVE_CONFIG_H
 (略)
(cd .libs && rm -f libhbmgmtcommon.la && ln -s ../libhbmgmtcommon.la libhbmgmtcommon.la)
gmake[1]: ディレクトリ `/tmp/Heartbeat-2-1-STABLE-2.1.4/lib/mgmt' から出ます
gmake[1]: ディレクトリ `/tmp/Heartbeat-2-1-STABLE-2.1.4/lib' に入ります
gmake[1]: `all-am' に対して行うべき事はありません.
gmake[1]: ディレクトリ `/tmp/Heartbeat-2-1-STABLE-2.1.4/lib' から出ます
(6) クラスタ状態表示ツールをビルドします。
$ cd ../crm/admin/hb_monitor
$ make
if gcc -DHAVE_CONFIG_H -I. -I. -I../../../include -I../../../include -I../../../include
 (略)
/pengine/.libs/libpe_status.so -lbz2 -lz -lxml2 -lc -luuid -lpam -lrt /usr/lib64/libltdl.so -ldl
creating hb_monitor
(7) クラスタ状態表示ツールをインストールします。
$ su
# make install
gmake[1]: ディレクトリ `/tmp/Heartbeat-2-1-STABLE-2.1.4/crm/admin/hb_monitor' に入ります
gmake[1]: `install-exec-am' に対して行うべき事はありません.
 (略)
/usr/bin/install -c .libs/hb_monitor /usr/sbin/hb_monitor
gmake[1]: ディレクトリ `/tmp/Heartbeat-2-1-STABLE-2.1.4/crm/admin/hb_monitor' から出ます

Heartbeat本体とhb-monitorを合わせて、ビルドする場合は、hb-monitorのパッチ適用後、Heartbeatのインストール手順(リンク)にしがたい、Heartbeatをビルド、インストールしてください。

3. 使用例

以下に代表的な使用方法を示します。

  • 拡張情報を一度だけ表示する場合
    # hb_monitor -e -1
    
  • 拡張情報を含め、ノード単位で1秒毎に繰り返し表示する場合
    # hb_monitor -e -i 1 -n
    

4. コマンドオプション

  • -? Usageを表示してコマンドを終了する
  • -V ログレベルをインクリメントする。指定するVの数が多いほどログレベルが上がる
  • -i <seconds> 一定期間ごとにクラスタ状態情報の表示を更新する (デフォルト:15秒)
  • -n クラスタ状態情報をノード単位で表示する
  • -r 起動していないリソースの情報も表示する
  • -c クラスタ状態情報をコンソールに表示する
  • -s 簡略化したクラスタ状態情報を表示後、コマンドを終了する
  • -1 クラスタ状態情報を表示後、コマンドを終了する
  • -h <filename> クラスタ状態情報をhtmlファイル出力形式で表示する
  • -w クラスタ状態情報をweb-cgi出力形式で表示する
  • -d デーモンモードで起動する
  • -p デーモンモード起動時に作成する、プロセスIDを保存するファイルのパスを指定する (デフォルト:/tmp/hb_monitor.pid)
  • -X <filename> 指定したファイルに保存されたcibxml内のクラスタ状態情報を表示する -e オプションと併せて指定された場合、インターコネクトLAN情報は表示しない(cib.xmlにインターコネクトLAN情報は含まれないため)
  • -e 拡張オプション。従来のcrm_monで表示していた情報に加え、fail-count、属性値、およびインターコネクトLANの情報も表示する
  • -o オペレーション情報を表示する(バージョン1.03から追加)
  • -f fail-count情報を表示する(バージョン1.03から追加)

関連情報