• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

jm: Commit

翻訳ドキュメント管理用


Commit MetaInfo

Revision067ec64a659804494eefcf8e44b714cebd78f9a8 (tree)
Time2019-07-13 03:50:13
AuthorYuichi SATO <ysato444@ybb....>
CommiterSHIRAKATA Kentaro

Log Message

[JM:01509] e2fsprogs-1.42.1

Change Summary

Incremental Difference

--- a/manual/e2fsprogs/draft/man1/chattr.1
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man1/chattr.1
@@ -99,15 +99,10 @@ CAP_LINUX_IMMUTABLE ケーパビリティ (capability) を持つプロセスだ
9999 `S' 属性が設定されているファイルが変更されると、 変更は同期的にディスクに書き込まれる (すなわち変更が直ちにディスク上に反映される)。 これは
100100 mount オプションの `sync' を それらのファイルだけに適用するのと同じことである。
101101 .PP
102-A directory with the 'T' attribute will be deemed to be the top of directory
103-hierarchies for the purposes of the Orlov block allocator. This is a hint
104-to the block allocator used by ext3 and ext4 that the subdirectories under
105-this directory are not related, and thus should be spread apart for
106-allocation purposes. For example it is a very good idea to set the 'T'
107-attribute on the /home directory, so that /home/john and /home/mary are
108-placed into separate block groups. For directories where this attribute is
109-not set, the Orlov block allocator will try to group subdirectories closer
110-together where possible.
102+`T' 属性が設定されているディレクトリは、
103+Orlovブロックアロケータのためのディレクトリ階層のトップとして扱われる。これはext3とext4で使われるブロックアロケータへのヒントになる。このディレクトリのサブディレクトリは関連付けが行われず、アロケーションのために拡張される。例えば
104+/home ディレクトリに `T' 属性を設定しておくのはよい考えである。そうすれば、/home/john と /home/mary
105+は別々のブロックグループに置かれる。この属性が設定されていないディレクトリについて、Orlovブロックアロケータは可能であればサブディレクトリをなるべく近くにグループ化する。
111106 .PP
112107 `t' 属性が設定されているファイルは、 そのファイルが他のファイルとマージされたときに 部分的ブロックのフラグメントを末尾に作らない (末尾マージ
113108 (tail\-merging) をサポートしているファイルシステムの場合)。 これは LILO のような、ファイルシステムを直接読みにいき、
--- a/manual/e2fsprogs/draft/man3/libblkid.3
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man3/libblkid.3
@@ -55,10 +55,9 @@ libblkid \- ブロックデバイスの識別ライブラリ
5555 \fBlibblkid\fP は、バージョン 1.33 から e2fsprogs パッケージの一部であり、
5656 http://e2fsprogs.sourceforge.net から入手できる。
5757 .SH 著作権
58-\fBlibblkid\fP is available under the terms of the GNU Library General Public
59-License (LGPL), version 2 (or at your discretion any later version). A copy
60-of the LGPL should be included with this library in the file COPYING. If
61-not, write to
58+\fBlibblkid\fP は GNU Library General Public License (LGPL), version 2
59+(もしくは裁量により以降のバージョン) の元で入手可能である。LGPL のコピーはこのライブラリの COPYING
60+ファイルとして含まれていなけければならない。もし含まれていない場合、
6261 .RS
6362 Free Software Foundation, Inc.
6463 .br
@@ -69,9 +68,10 @@ Fifth Floor
6968 Boston, MA 02110\-1301 USA
7069 .RE
7170 .PP
72-or visit
71+に連絡するか、
7372 .UR http://www.gnu.org/licenses/licenses.html#LGPL
7473 http://www.gnu.org/licenses/licenses.html#LGPL
7574 .UE
75+を見てほしい。
7676 .SH 関連項目
7777 \fBblkid\fP(8)
--- a/manual/e2fsprogs/draft/man3/uuid.3
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man3/uuid.3
@@ -55,10 +55,11 @@ OSF DCE 1.1
5555 .SH 作者
5656 Theodore Y. Ts'o
5757 .SH 入手方法
58-UUID ライブラリは e2fsprogs パッケージの一部であり、以下から入手できる。
58+UUID ライブラリ は e2fsprogs パッケージの一部であり、
5959 .UR http://e2fsprogs.sourceforge.net/
6060 http://e2fsprogs.sourceforge.net/
6161 .UE
62+から入手できる。
6263 .SH 関連項目
6364 \fBuuid_clear\fP(3), \fBuuid_compare\fP(3), \fBuuid_copy\fP(3), \fBuuid_generate\fP(3),
6465 \fBuuid_is_null\fP(3), \fBuuid_parse\fP(3), \fBuuid_time\fP(3), \fBuuid_unparse\fP(3)
--- a/manual/e2fsprogs/draft/man5/e2fsck.conf.5
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man5/e2fsck.conf.5
@@ -75,49 +75,35 @@ ext3, ext4 ファイルシステムを チェックする際のデフォルト
7575 となる。 この設定はデフォルトでは false である。
7676 .TP
7777 \fIaccept_time_fudge\fP
78-Unfortunately, due to Windows' unfortunate design decision to configure the
79-hardware clock to tick localtime, instead of the more proper and less
80-error\-prone UTC time, many users end up in the situation where the system
81-clock is incorrectly set at the time when e2fsck is run.
78+ハードウェアクロックがより適切でエラーに強い UTC
79+時間ではなく、ローカル時間で設定されるというWindowsの不幸なデザイン選定により、不幸なことに、e2fsckが実行される際にシステムクロックが不正になるという状況に多くのユーザが見舞われてしまう。
8280 .IP
83-Historically this was usually due to some distributions having buggy init
84-scripts and/or installers that didn't correctly detect this case and take
85-appropriate countermeasures. However, it's still possible, despite the best
86-efforts of init script and installer authors to not be able to detect this
87-misconfiguration, usually due to a buggy or misconfigured virtualization
88-manager or the installer not having access to a network time server during
89-the installation process. So by default, we allow the superblock times to
90-be fudged by up to 24 hours. This can be disabled by setting
91-\fIaccept_time_fudge\fP to the boolean value of false. This setting defaults
92-to true.
81+歴史的にいくつかのディストリビューションでは、init
82+スクリプトにバグがあったり、インストーラがこのようなケースを検知でできなかったり、適切な対策が打たれていない場合がある。しかも、init
83+スクリプトで努力しているにも関わらず、インストーラの作者がこのような間違い設定を検知できていなかったり、仮想化マネージャにバグがあったり間違い設定があったり、インストーラがインストール過程でネットワークタイムサーバにアクセスしないといった可能性がある。そのため、デフォルトでスーパーブロックの時間を、24時間までごまかす
84+(fudge up) ことができる。これは \fIaccept_time_fudge\fP 設定をブール値 false
85+に設定することで可能になる。この設定はデフォルトでは true である。
9386 .TP
9487 \fIbroken_system_clock\fP
95-The \fBe2fsck\fP(8) program has some heuristics that assume that the system
96-clock is correct. In addition, many system programs make similar
97-assumptions. For example, the UUID library depends on time not going
98-backwards in order for it to be able to make its guarantees about issuing
99-universally unique ID's. Systems with broken system clocks, are well,
100-broken. However, broken system clocks, particularly in embedded systems, do
101-exist. E2fsck will attempt to use heuristics to determine if the time can
102-not be trusted; and to skip time\-based checks if this is true. If this
103-boolean is set to true, then e2fsck will always assume that the system clock
104-can not be trusted.
88+\fBe2fsck\fP(8) プログラムはシステムクロックが正しいと仮定するいくつかのヒューリスティック (heuristic)
89+な方法を持っている。さらに、多くのシステムプログラムも同様の仮定をしている。例えば UUID ライブラリは UUID (universal unique
90+identifier: 汎システム的に他とは重ならない識別子)
91+を発行することを保証するために、時間が巻き戻らないことに依存している。しかし、特に組み込みシステムでは、システムクロックが壊れている場合がある。e2fsck
92+はこのリレーションが true の場合、時刻が信用できないと仮定するヒューリスティックな方法を使って、時刻ベースのチェックをスキップする。このブール値を
93+true に設定すると、e2fsck はシステムクロックが信用できないと常に仮定する。
10594 .TP
10695 \fIclear_test_fs_flag\fP
107-This boolean relation controls whether or not \fBe2fsck\fP(8) will offer to
108-clear the test_fs flag if the ext4 filesystem is available on the system.
109-It defaults to true.
96+このブール値のリレーションにより、システム上で ext4 ファイルシステムが利用可能である場合、\fBe2fsck\fP(8) が test_fs
97+をクリアするか否かを設定できる。デフォルトは true である。
11098 .TP
11199 \fIdefer_check_on_battery\fP
112100 このブール値のリレーションにより、システムがバッテリーで動作している時に、 (時間またはマウント回数に基づいた) ファイルシステムの検査の周期を 2
113101 倍にするか否かを設定できる。 デフォルトは true である。
114102 .TP
115103 \fIindexed_dir_slack_percentage\fP
116-When \fBe2fsck\fP(8) repacks a indexed directory, reserve the specified
117-percentage of empty space in each leaf nodes so that a few new entries can
118-be added to the directory without splitting leaf nodes, so that the average
119-fill ratio of directories can be maintained at a higher, more efficient
120-level. This relation defaults to 20 percent.
104+\fBe2fsck\fP(8)
105+がインデックス付けされたディレクトリを再パッキングする際に、指定されたパーセントの各リーフノードの空きスペースを予約する。これにより、リーフノードを分割せずに数個の新しいエントリをディレクトリに追加することが可能になり、ディレクトリの平均充填率をより高めにして効率的なレベルに保つことができる。このリレーションはデフォルトで
106+20% である。
121107 .SH "[problems] 節"
122108 \fI[problems]\fP 節の各タグには、先頭に "0x" を付けた 6 個の 16 進数で、問題コードを指定する。 タグの値はサブセクションである。
123109 そのサブセクションにおけるリレーションは、 指定した問題コードのデフォルトの処理を上書きする。
--- a/manual/e2fsprogs/draft/man5/mke2fs.conf.5
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man5/mke2fs.conf.5
@@ -9,18 +9,15 @@
99 .\"
1010 .TH mke2fs.conf 5 "February 2012" "E2fsprogs version 1.42.1"
1111 .SH 名前
12-mke2fs.conf \- Configuration file for mke2fs
12+mke2fs.conf \- mke2fs の設定ファイル
1313 .SH 説明
14-\fImke2fs.conf\fP is the configuration file for \fBmke2fs\fP(8). It controls the
15-default parameters used by \fBmke2fs\fP(8) when it is creating ext2 or ext3
16-filesystems.
14+\fImke2fs.conf\fP は \fBmke2fs\fP(8) の設定ファイルである。このファイルにより \fBmke2fs\fP(8) が ext2, ext3
15+ファイルシステムを作成する際のデフォルトパラメータを制御する。
1716 .PP
1817 .\" Tags can be assigned multiple values
19-The \fImke2fs.conf\fP file uses an INI\-style format. Stanzas, or top\-level
20-sections, are delimited by square braces: [ ]. Within each section, each
21-line defines a relation, which assigns tags to values, or to a subsection,
22-which contains further relations or subsections. An example of the
23-INI\-style format used by this configuration file follows below:
18+\fImke2fs.conf\fP ファイルでは INI 形式のフォーマットが使用される。節 (stanza)または最上位のセクションは、角括弧: [ ]
19+で区切られる。 各セクション内では、各行でリレーションが定義され、 タグに値を割り当てたり、タグにサブセクションを割り当てたりする。
20+サブセクションには、更にリレーションとサブセクションが含まれる。 この設定ファイルで使用される INI 方式のフォーマットの例は、以下の通り:
2421 .P
2522 [section1]
2623 .br
@@ -55,102 +52,79 @@ INI\-style format used by this configuration file follows below:
5552 "\en" (改行文字), "\et" (タブ文字), "\eb" (バックスペース文字),
5653 "\e\e" (バックスラッシュ文字)。
5754 .P
58-Some relations expect a boolean value. The parser is quite liberal on
59-recognizing \*(lqyes\*(rq, '`y\*(rq, \*(lqtrue\*(rq, \*(lqt\*(rq, \*(lq1\*(rq, \*(lqon\*(rq, etc. as a
60-boolean true value, and \*(lqno\*(rq, \*(lqn\*(rq, \*(lqfalse\*(rq, \*(lqnil\*(rq, \*(lq0\*(rq, \*(lqoff\*(rq as
61-a boolean false value.
55+ブール値を想定するリレーションもある。パーサーはとても自由で、\*(lqyes\*(rq, '`y\*(rq, \*(lqtrue\*(rq, \*(lqt\*(rq, \*(lq1\*(rq,
56+\*(lqon\*(rq などをブール値 true として認識し、\*(lqno\*(rq, \*(lqn\*(rq, \*(lqfalse\*(rq, \*(lqnil\*(rq, \*(lq0\*(rq, \*(lqoff\*(rq
57+をブール値 false として認識する。
6258 .P
63-The following stanzas are used in the \fImke2fs.conf\fP file. They will be
64-described in more detail in future sections of this document.
59+以下の節が \fImke2fs.conf\fP ファイルで使用されている。これらの節は、このドキュメントの後のセクションで詳しく説明される。
6560 .TP
6661 \fI[defaults]\fP
67-Contains relations which define the default parameters used by
68-\fBmke2fs\fP(8). In general, these defaults may be overridden by a definition
69-in the \fBfs_types\fP stanza, or by an command\-line option provided by the
70-user.
62+\fBmke2fs\fP(8) で使用されるデフォルトパラメータを定義するリレーションを含む。一般的に、デフォルト値は \fBfs_types\fP
63+節で上書きされるか、ユーザによってコマンドラインオプションとして指定された値で上書きされる。
7164 .TP
7265 \fI[fs_types]\fP
73-Contains relations which define defaults that should be used for specific
74-filesystem types. The filesystem type can be specified explicitly using the
75-\fB\-T\fP option to \fBmke2fs\fP(8).
66+特定のファイルシステムタイプで使用されるデフォルトを定義するリレーションを含む。ファイルシステムタイプは \fBmke2fs\fP(8) の \fB\-T\fP
67+オプションで明示的に指定できる。
7668 .SH "[defaults] 節"
77-The following relations are defined in the \fI[defaults]\fP stanza.
69+以下のリレーションが \fI[defaults]\fP 節で定義される。
7870 .TP
7971 \fIbase_features\fP
80-This relation specifies the filesystems features which are enabled in newly
81-created filesystems. It may be overridden by the \fIbase_features\fP relation
82-found in the filesystem or usage type subsection of the \fI[fs_types]\fP
83-stanza.
72+このリレーションは新しく作成されたファイルシステムで有効にされるファイルシステム特性を指定する。これはファイルシステムの
73+\fIbase_features\fP リレーション、または \fI[fs_types]\fP 節の利用 (usage) タイプサブセクションで上書きできる。
8474 .TP
8575 \fIdefault_features\fP
86-This relation specifies a set of features that should be added or removed to
87-the features listed in the \fIbase_features\fP relation. It may be overridden
88-by the filesystem\-specific \fIdefault_features\fP in the filesystem or usage
89-type subsection of \fI[fs_types]\fP, and by the \fB\-O\fP command\-line option to
90-\fBmke2fs\fP(8).
76+このリレーションでは、\fIbase_features\fP リレーションで指定された特性に、追加または削除する特性を指定する。これはファイルシステム特有の
77+\fIdefault_features\fP、または \fI[fs_types]\fP の利用タイプサブセクション、または \fBmke2fs\fP(8) の \fB\-O\fP
78+コマンドラインオプションで上書きできる。
9179 .TP
9280 \fIenable_periodic_fsck\fP
93-This boolean relation specifies whether periodic filesystem checks should be
94-enforced at boot time. If set to true, checks will be forced every 180
95-days, or after a random number of mounts. These values may be changed later
96-via the \fB\-i\fP and \fB\-c\fP command\-line options to \fBtune2fs\fP(8).
81+このブール値のリレーションは、ブート時の定期的なファイルシステムチェックを行うか否かを設定する。true に設定した場合、180
82+日毎、またはマウントされたランダムな回数でチェックを強制される。この値は、\fBtune2fs\fP(8) の \fB\-i\fP と \fB\-c\fP
83+コマンドラインオプションで、後から変更できる。
9784 .TP
9885 \fIforce_undo\fP
99-This boolean relation, if set to a value of true, forces \fBmke2fs\fP to always
100-try to create an undo file, even if the undo file might be huge and it might
101-extend the time to create the filesystem image because the inode table isn't
102-being initialized lazily.
86+このブール値のリレーションを true に設定すると、\fBmke2fs\fP は undo ファイルを常に作成する。undo ファイルは巨大で、inode
87+テーブルの初期化を遅延できないため、ファイルシステムイメージの作成に時間がかかる。
10388 .TP
10489 \fIfs_type\fP
105-This relation specifies the default filesystem type if the user does not
106-specify it via the \fB\-t\fP option, or if \fBmke2fs\fP is not started using a
107-program name of the form \fBmkfs.\fP\fIfs\-type\fP. If both the user and the
108-\fBmke2fs.conf\fP file does not specify a default filesystem type, mke2fs will
109-use a default filesystem type of \fIext3\fP if a journal was requested via a
110-command\-line option, or \fIext2\fP if not.
90+このリレーションではデフォルトのファイルシステムを指定する。\fB\-t\fP オプションが指定されない場合、または \fBmke2fs\fP が
91+\fBmkfs.\fP\fIfs\-type\fP の形式で起動されていない場合に使用される。デフォルトファイルシステムタイプをユーザが指定せず、
92+\fBmke2fs.conf\fP ファイルでも指定されない場合、mke2fs はコマンドラインオプションでジャーナルが指定されている場合は \fIext3\fP
93+をデフォルトファイルシステムタイプとし、ジャーナルが指定されていない場合は、 \fIext2\fP とする。
11194 .TP
11295 \fIblocksize\fP
113-This relation specifies the default blocksize if the user does not specify a
114-blocksize on the command line, and the filesystem\-type specific section of
115-the configuration file does not specify a blocksize.
96+このリレーションではデフォルトのブロックサイズを設定する。ユーザがコマンドラインでブロックサイズが指定しない場合、かつ設定ファイルのファイルシステムタイプ独自のセクションでブロックサイズが指定されない場合に使用される。
11697 .TP
11798 \fIhash_alg\fP
118-This relation specifies the default hash algorithm used for the new
119-filesystems with hashed b\-tree directories. Valid algorithms accepted are:
120-\fIlegacy\fP, \fIhalf_md4\fP, and \fItea\fP.
99+このリレーションでは、ハッシュ付き b\-tree
100+ディレクトリを含む新しいファイルシステムで使われるデフォルトのハッシュアルゴリズムを設定する。指定可能なアルゴリズムは \fIlegacy\fP,
101+\fIhalf_md4\fP, \fItea\fP である。
121102 .TP
122103 \fIinode_ratio\fP
123-This relation specifies the default inode ratio if the user does not specify
124-one on the command line, and the filesystem\-type specific section of the
125-configuration file does not specify a default inode ratio.
104+このリレーションではデフォルトの inode
105+率を設定する。ユーザがコマンドラインで指定しない場合、かつ設定ファイルのファイルシステム独自のセクションでデフォルトの inode
106+率を指定しない場合に使われる。
126107 .TP
127108 \fIinode_size\fP
128-This relation specifies the default inode size if the user does not specify
129-one on the command line, and the filesystem\-type specific section of the
130-configuration file does not specify a default inode size.
109+このリレーションではデフォルトの inode
110+サイズを設定する。ユーザがコマンドラインで指定しない場合、かつ設定ファイルのファイルシステム独自のセクションでデフォルトの inode
111+サイズを指定しない場合に使われる。
131112 .TP
132113 \fIreserved_ratio\fP
133-This relation specifies the default percentage of filesystem blocks reserved
134-for the super\-user, if the user does not specify one on the command line,
135-and the filesystem\-type specific section of the configuration file does not
136-specify a default reserved ratio. This value can be a floating point number.
114+このリレーションではスーパーユーザのために予約されたデフォルトのファイルシステムブロックのパーセンテージを設定する。ユーザがコマンドラインで指定しない場合、かつ設定ファイルのファイルシステム独自のセクションでデフォルトの予約率を指定しない場合に使われる。この値は小数で指定する。
137115 .TP
138116 \fIundo_dir\fP
139-This relation specifies the directory where the undo file should be stored.
140-It can be overridden via the \fBE2FSPROGS_UNDO_DIR\fP environment variable. If
141-the directory location is set to the value \fInone\fP, \fBmke2fs\fP will not
142-create an undo file.
117+このリレーションでは undo ファイルを置くディレクトリを設定する。
118+これは環境変数 \fBE2FSPROGS_UNDO_DIR\fP を上書きする。
119+ディレクトリの場所を \fInone\fP に設定した場合、\fBmke2fs\fP は undo ファイルを作成しない。
143120 .SH "[fs_types] 節"
144-Each tag in the \fI[fs_types]\fP stanza names a filesystem type or usage type
145-which can be specified via the \fB\-t\fP or \fB\-T\fP options to \fBmke2fs\fP(8),
146-respectively.
121+\fI[fs_types]\fP 節の各タグは、ファイルシステムタイプまたは利用タイプを設定する。これは、それぞれ \fBmke2fs\fP(8) の \fB\-t\fP
122+と \fB\-T\fP で設定できる。
147123 .P
148-The \fBmke2fs\fP program constructs a list of fs_types by concatenating the
149-filesystem type (i.e., ext2, ext3, etc.) with the usage type list. For most
150-configuration options, \fBmke2fs\fP will look for a subsection in the
151-\fI[fs_types]\fP stanza corresponding with each entry in the constructed list,
152-with later entries overriding earlier filesystem or usage types. For
153-example, consider the following \fBmke2fs.conf\fP fragment:
124+\fBmke2fs\fP プログラムは、ファイルシステムタイプ (例えば ext2, ext3 など) と利用タイプを使って、 fs_types
125+のリストを構築する。ほとんどの設定オプションについて、\fBmke2fs\fP は構築リストの各エントリに対応する \fI[fs_types]\fP
126+節のサブセクションを探す。後に出てくるエントリで、初めに出てくるファイルシステムと利用タイプを上書きする。例えば、以下のような
127+\fBmke2fs.conf\fP の一部を考えてみよう。
154128 .P
155129 [defaults]
156130 .br
@@ -198,122 +172,91 @@ example, consider the following \fBmke2fs.conf\fP fragment:
198172 .br
199173 }
200174 .P
201-If mke2fs started with a program name of \fBmke2fs.ext4\fP, then the filesystem
202-type of ext4 will be used. If the filesystem is smaller than 3 megabytes,
203-and no usage type is specified, then \fBmke2fs\fP will use a default usage type
204-of \fIfloppy\fP. This results in an fs_types list of "ext4, floppy". Both the
205-ext4 subsection and the floppy subsection define an \fIinode_size\fP relation,
206-but since the later entries in the fs_types list supersede earlier ones, the
207-configuration parameter for fs_types.floppy.inode_size will be used, so the
208-filesystem will have an inode size of 128.
175+mke2fs がプログラム名 \fBmke2fs.ext4\fP で起動されると、ファイルシステムタイプ ext4 が使われる。ファイルシステムが 3MB
176+より小さく、利用タイプが指定されていない場合、 \fBmke2fs\fP はデフォルトの利用タイプ \fIfloppy\fP を使う。その結果 fs_types
177+リストは "ext4, floppy" となる。ext4 サブセクションと floppy サブセクションはともに、\fIinode_size\fP
178+リレーションを定義しているが、 fs_types の後のエントリが先のエントリを上書きするので、設定パラメータ
179+fs_types.floppy.inode_size が使われ、ファイルシステムの inode サイズは 128 になる。
209180 .P
210-The exception to this resolution is the \fIfeatures\fP tag, which is specifies
211-a set of changes to the features used by the filesystem, and which is
212-cumulative. So in the above example, first the configuration relation
213-defaults.base_features would enable an initial feature set with the
214-sparse_super, filetype, resize_inode, and dir_index features enabled. Then
215-configuration relation fs_types.ext4.features would enable the extents and
216-flex_bg features, and finally the configuration relation
217-fs_types.floppy.features would remove the resize_inode feature, resulting in
218-a filesystem feature set consisting of the sparse_super, filetype,
219-resize_inode, dir_index, extents_and flex_bg features.
181+この解決法の例外は \fIfeatures\fP タグであり、ファイルシステムで使われる feature
182+の集合を指定して、それを合算したものが使われる。上の例では、最初の設定リレーション defaults.base_features で
183+sparse_super, filetype, resize_inode, dir_index が有効化される。次に、設定リレーション
184+fs_types.ext4.features で extents, flex_bg が有効化される。最後に、設定リレーション
185+fs_types.floppy.features で resize_inode が削除される。結果として、feature
186+のセットは、sparse_super, filetype, resize_inode, dir_index, extents, flex_bg となる。
220187 .P
221-For each filesystem type, the following tags may be used in that fs_type's
222-subsection:
188+各ファイルシステムタイプについて、fs_type サブセクションで以下のタグが使われる。
223189 .TP
224190 \fIbase_features\fP
225-This relation specifies the features which are initially enabled for this
226-filesystem type. Only one \fIbase_features\fP will be used, so if there are
227-multiple entries in the fs_types list whose subsections define the
228-\fIbase_features\fP relation, only the last will be used by \fBmke2fs\fP(8).
191+このリレーションではファイルシステムで最初に有効化したい feature を設定する。1つの \fIbase_features\fP
192+だけが使われるため、fs_types のリスト中に、\fIbase_features\fP
193+を定義しているサブセクションが複数のエントリにあった場合、\fBmke2fs\fP(8)は最後の定義のみを使う。
229194 .TP
230195 \fIfeatures\fP
231-This relation specifies a comma\-separated list of features edit requests
232-which modify the feature set used by the newly constructed filesystem. The
233-syntax is the same as the \fB\-O\fP command\-line option to \fBmke2fs\fP(8); that
234-is, a feature can be prefixed by a caret ('^') symbol to disable a named
235-feature. Each \fIfeature\fP relation specified in the fs_types list will be
236-applied in the order found in the fs_types list.
196+このリレーションではカンマ区切りの feature のリストを設定し、新しく作成されるファイルシステムで使われる feature
197+のセットを編集する。記法は \fBmke2fs\fP(8) の \fB\-O\fP コマンドラインオプションと同じである。キャレット ('^') を前につけた
198+feature は無効化される。fs_types のリストに指定された各 \fIfeature\fP リレーションは、指定された順に適用される。
237199 .TP
238200 \fIdefault_features\fP
239-This relation specifies set of features which should be enabled or disabled
240-after applying the features listed in the \fIbase_features\fP and \fIfeatures\fP
241-relations. It may be overridden by the \fB\-O\fP command\-line option to
242-\fBmke2fs\fP(8).
201+このリレーションでは、\fIbase_features\fP と \fIfeatures\fP にリストされた feature を適用した後に、有効または無効にする
202+feature を設定する。これは、\fBmke2fs\fP(8) の \fB\-O\fP コマンドラインオプションで上書きできる。
243203 .TP
244204 \fIauto_64\-bit_support\fP
245-This relation is a boolean which specifies whether \fBmke2fs\fP(8) should
246-automatically add the 64bit feature if the number of blocks for the file
247-system requires this feature to be enabled. The resize_inode feature is
248-also automatically disabled since it doesn't support 64\-bit block numbers.
205+このリレーションはブール値で、ファイルシステムのブロック数が 64bit feature を有効化する必要がある場合に、\fBmke2fs\fP(8)
206+が自動的に追加するか否かを指定する。resize_inode feature は 64bit ブロック数をサポートしていないので自動的に無効化される。
249207 .TP
250208 \fIdefault_mntopts\fP
251-This relation specifies the set of mount options which should be enabled by
252-default. These may be changed at a later time with the \fB\-o\fP command\-line
253-option to \fBtune2fs\fP(8).
209+このリレーションでは、デフォルトで有効化されるマウントオプションのセットを設定する。これは \fBtune2fs\fP(8) の \fB\-o\fP
210+オプションで後から変更できる。
254211 .TP
255212 \fIblocksize\fP
256-This relation specifies the default blocksize if the user does not specify a
257-blocksize on the command line.
213+このリレーションではデフォルトのブロックサイズを設定する。これは、ユーザがコマンドラインでブロックサイズを指定しない場合に使われる。
258214 .TP
259215 \fIlazy_itable_init\fP
260-This boolean relation specifies whether the inode table should be lazily
261-initialized. It only has meaning if the uninit_bg feature is enabled. If
262-lazy_itable_init is true and the uninit_bg feature is enabled, the inode
263-table will not fully initialized by \fBmke2fs\fP(8). This speeds up filesystem
264-initialization noticeably, but it requires the kernel to finish initializing
265-the filesystem in the background when the filesystem is first mounted.
216+このブール値のリレーションは、inode テーブルを遅延初期化するか否かを設定する。これは、uninit_bg feature
217+が有効である時にのみ意味がある。lazy_itable_init が true で、uninit_bg feature が有効の場合、 inode
218+テーブルは \fBmke2fs\fP(8)
219+では完全には初期化されない。これによってファイルシステムの初期化は劇的にスピードアップするが、ファイルシステムが最初にマウントされるときに、カーネルがバックグラウンドで初期化を完了させる必要が生まれる。
266220 .TP
267221 \fIinode_ratio\fP
268-This relation specifies the default inode ratio if the user does not specify
269-one on the command line.
222+このリレーションはユーザが inode 率を指定しない場合のデフォルトを設定する。
270223 .TP
271224 \fIinode_size\fP
272-This relation specifies the default inode size if the user does not specify
273-one on the command line.
225+このリレーションはユーザが inode サイズを指定しない場合のデフォルトを設定する。
274226 .TP
275227 \fIreserved_ratio\fP
276-This relation specifies the default percentage of filesystem blocks reserved
277-for the super\-user, if the user does not specify one on the command line.
228+このリレーションはスーパーユーザのために予約されたファイルシステムブロックのデフォルトの割合を設定する。このリレーションは、ユーザがコマンドラインで指定しない場合に使われる。
278229 .TP
279230 \fIhash_alg\fP
280-This relation specifies the default hash algorithm used for the new
281-filesystems with hashed b\-tree directories. Valid algorithms accepted are:
282-\fIlegacy\fP, \fIhalf_md4\fP, and \fItea\fP.
231+このリレーションでは、ハッシュ付き b\-tree
232+ディレクトリを含む新しいファイルシステムで使われるデフォルトのハッシュアルゴリズムを設定する。指定可能なアルゴリズムは \fIlegacy\fP,
233+\fIhalf_md4\fP, \fItea\fP である。
283234 .TP
284235 \fIflex_bg_size\fP
285-This relation specifies the number of block groups that will be packed
286-together to create one large virtual block group on an ext4 filesystem.
287-This improves meta\-data locality and performance on meta\-data heavy
288-workloads. The number of groups must be a power of 2 and may only be
289-specified if the flex_bg filesystem feature is enabled. \fIoptions\fP This
290-relation specifies additional extended options which should be treated by
291-\fBmke2fs\fP(8) as if they were prepended to the argument of the \fB\-E\fP
292-option. This can be used to configure the default extended options used by
293-\fBmke2fs\fP(8) on a per\-filesystem type basis.
236+このリレーションは、ext4 ファイルシステムで 1
237+つのラージ仮想ブロックグループにパックするブロックグループ数を指定する。これにより、メタデータに大きな負荷がかかる場合に、メタデータを局所化し、性能を改善する。グループ数は
238+2 の乗数にする必要があり、flex_bg ファイルシステム feature が有効化されている場合にのみ設定できる。\fIoptions\fP
239+このリレーションは、\fBmke2fs\fP(8) で扱われる追加の拡張オプションを設定する。この拡張オプションは、\fB\-E\fP
240+オプションの引数の前に追加される。このリレーションでは、\fBmke2fs\fP(8)
241+で使われるファイルシステムタイプごとのデフォルトの拡張オプションを設定できる。
294242 .TP
295243 \fIdiscard\fP
296-This boolean relation specifies whether the \fBmke2fs\fP(8) should attempt to
297-discard device prior to filesystem creation.
244+このブール値のリレーションは、\fBmke2fs\fP(8) がファイルシステム作成に先立ってデバイスを破棄するか否かを設定する。
298245 .TP
299246 \fIcluster_size\fP
300-This relation specifies the default cluster size if the bigalloc file system
301-feature is enabled. It can be overridden via the \fB\-C\fP command line option
302-to \fBmke2fs\fP(8)
247+このリレーションは、bigalloc ファイルシステム feature
248+が有効になっている場合に、デフォルトクラスタサイズを設定する。これは、\fBmke2fs\fP(8) の \fB\-C\fP コマンドラインオプションで上書きできる。
303249 .SH "[devices] 節"
304-Each tag in the \fI[devices]\fP stanza names device name so that per\-device
305-defaults can be specified.
250+\fI[devices]\fP 節の各タグにはデバイス名を設定し、デバイスごとのデフォルトを設定する。
306251 .TP
307252 \fIfs_type\fP
308-This relation specifies the default parameter for the \fB\-t\fP option, if this
309-option isn't specified on the command line.
253+このリレーションは、\fB\-t\fP オプションがコマンドラインで指定されない場合の、デフォルトパラメータを設定する。
310254 .TP
311255 \fIusage_types\fP
312-This relation specifies the default parameter for the \fB\-T\fP option, if this
313-option isn't specified on the command line.
256+このリレーションは、\fB\-T\fP オプションがコマンドラインで指定されない場合の、デフォルトパラメータを設定する。
314257 .SH ファイル
315258 .TP
316259 \fI/etc/mke2fs.conf\fP
317-The configuration file for \fBmke2fs\fP(8).
260+\fBmke2fs\fP(8) の設定ファイル
318261 .SH 関連項目
319262 \fBmke2fs\fP(8)
--- a/manual/e2fsprogs/draft/man8/debugfs.8
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man8/debugfs.8
@@ -56,19 +56,17 @@ cmd_file ] [ \fB\-R\fP request ] [ \fB\-d\fP data_source_device ] [ device ]
5656 通常のように正しいブロックサイズを検出する動作を行わず、 指定したブロックサイズをそのファイルシステムに用いる。
5757 .TP
5858 \fI\-s superblock\fP
59-Causes the file system superblock to be read from the given block number,
60-instead of using the primary superblock (located at an offset of 1024 bytes
61-from the beginning of the filesystem). If you specify the \fI\-s\fP option, you
62-must also provide the blocksize of the filesystem via the \fI\-b\fP option.
59+ファイルシステムのスーパーブロックを、プライマリスーパーブロック (ファイルシステムの先頭からオフセット 1024 バイトの位置)
60+ではなく、指定されたブロック数から読み込む。\fI\-s\fP オプションを指定した場合、ファイルシステムのブロックサイズを \fI\-b\fP
61+オプションで指定する必要がある。
6362 .TP
6463 \fI\-f cmd_file\fP
6564 \fBdebugfs\fP に、 \fIcmd_file\fP からコマンドを読み込ませ、実行させる。 コマンドの実行を終了すると、 \fBdebugfs\fP
6665 は終了する。
6766 .TP
6867 \fI\-D\fP
69-Causes \fBdebugfs\fP to open the device using Direct I/O, bypassing the buffer
70-cache. Note that some Linux devices, notably device mapper as of this
71-writing, do not support Direct I/O.
68+\fBdebugfs\fP がデバイスをオープンする際に、バッファキャッシュをバイパスして、ダイレクト I/O を使う。これを書いている時点では、いくつかの
69+Linux デバイス、特にデバイスマッパーはダイレクト I/O をサポートしていない。
7270 .TP
7371 \fI\-R request\fP
7472 \fIrequest\fP というひとつのコマンドを実行し、終了する。
@@ -88,7 +86,7 @@ writing, do not support Direct I/O.
8886 \fBdebugfs\fP がサポートするコマンドの一覧を以下に示す。
8987 .TP
9088 \fIblocks filespace\fP
91-Print the blocks used by the inode \fIfilespec\fP to stdout.
89+\fIfilespec\fP で指定した inode のブロックを標準出力に出力する。
9290 .TP
9391 \fIbmap filespec logical_block\fP
9492 \fIfilespec\fP で指定した inode における論理ブロック番号 \fIlogical_block\fP に対応する物理ブロック番号を表示する。
@@ -103,15 +101,14 @@ Print the blocks used by the inode \fIfilespec\fP to stdout.
103101 ルートディレクトリを \fIfilespec\fP で指定したディレクトリに変更する。
104102 .TP
105103 \fIclose [\-a]\fP
106-Close the currently open file system. If the \fI\-a\fP option is specified,
107-write out any changes to the superblock and block group descriptors to all
108-of the backup superblocks, not just to the master superblock.
104+現在オープンしているファイルシステムをクローズする。\fI\-a\fP
105+オプションを指定した場合、スーパーブロックとブロックグループディスクリプタに対する変更を、マスタースーパーブロックだけでなく、すべてのバックアップスーパーブロックに書き込む。
109106 .TP
110107 \fIclri file\fP
111108 \fIfile\fP で指定した inode の内容をクリアする。
112109 .TP
113110 \fIdirsearch filespec filename\fP
114-Search the directory \fIfilespec\fP for \fIfilename\fP.
111+\fIfilename\fP をディレクトリ \fIfilespec\fP で検索する。
115112 .TP
116113 \fIdump [\-p] filespec out_file\fP
117114 \fIfilespec\fP で指定した inode の内容を \fIout_file\fP で指定したファイルにダンプする。 \fI\-p\fP オプションを与えると、
@@ -119,24 +116,18 @@ Search the directory \fIfilespec\fP for \fIfilename\fP.
119116 と同じにする。
120117 .TP
121118 \fIdump_mmp\fP
122-Display the multiple\-mount protection (mmp) field values.
119+複数マウント防止 (multiple\-mount protection, mmp) フィールドの値を表示する。
123120 .TP
124121 \fIdx_hash [\-h hash_alg] [\-s hash_seed] filename\fP
125-Calculate the directory hash of \fIfilename\fP. The hash algorithm specified
126-with \fI\-h\fP may be "legacy" "half_md4" or "tea". The hash seed specified
127-with \fI\-s\fP must be in UUID format.
122+\fIfilename\fP のディレクトリハッシュを計算する。\fI\-h\fP に指定できるハッシュアルゴリズムは "legacy" "half_md4"
123+"tea" である。\fI\-s\fP に指定するハッシュシードは UUID 形式でなければならない。
128124 .TP
129125 \fIdump_extents [\-n] [\-l] filespec\fP
130-Dump the the extent tree of the inode \fIfilespec\fP. The \fI\-n\fP flag will
131-cause \fIdump_extents\fP to only display the interior nodes in the extent
132-tree. The \fI\-l\fP flag cause \fIdump_extents\fP to only display the leaf nodes
133-in the extent tree.
126+\fIfilespec\fP で指定した inode のエクステントツリーをダンプする。\fI\-n\fP フラグを指定すると、\fIdump_extents\fP
127+はエクステントツリーの内部ノードのみを表示する。\fI\-l\fP フラグを指定すると、\fIdump_extents\fP
128+はエクステントツリーのリーフノードのみを表示する。
134129 .IP
135-(Please note that the length and range of blocks for the last extent in an
136-interior node is an estimate by the extents library functions, and is not
137-stored in filesystem data structures. Hence, the values displayed may not
138-necessarily by accurate and does not indicate a problem or corruption in the
139-file system.)
130+(内部ノードの最終エクステントのブロックの長さと範囲は、エクステントのライブラリ関数で評価されるだけで、ファイルシステムのデータ構造には格納されていない点に注意してほしい。そのため、表示される値は、ファイルシステムの問題や破損を示すのに充分なほど正確ではない。)
140131 .TP
141132 \fIexpand_dir filespec\fP
142133 \fIfilespec\fP で指定したディレクトリを展開する。
@@ -146,12 +137,10 @@ file system.)
146137 ファイルシステム属性の現在状態の一覧を表示する。
147138 .TP
148139 \fIfilefrag [\-dvr] filespec\fP
149-Print the number of contiguous extents in \fIfilespec\fP. If \fIfilespec\fP is a
150-directory and the \fI\-d\fP option is not specified, \fIfilefrag\fP will print the
151-number of contiguous extents for each file in the directory. The \fI\-v\fP
152-option will cause \fIfilefrag\fP print a tabular listing of the contiguous
153-extents in the file. The \fI\-r\fP option will cause \fIfilefrag\fP to do a
154-recursive listing of the directory.
140+\fIfilespec\fP に含まれる連続するエクステントの数を表示する。\fIfilespec\fP がディレクトリで、\fI\-d\fP
141+オプションが指定されていない場合、\fIfilefrag\fP はディレクトリ内のファイルの連続するエクステント数を表示する。\fI\-v\fP
142+オプションを指定すると、\fIfilefrag\fP はファイル内の連続するエクステントを表形式で表示する。\fI\-r\fP
143+オプションをを指定すると、\fIfilefrag\fP はディレクトリを再帰的にリスト表示する。
155144 .TP
156145 \fIfind_free_block [count [goal]]\fP
157146 \fIgoal\fP から始まる最初の \fIcount\fP 分の空きブロックを探し、その空きブロックをアロケート (allocate) する。
@@ -166,10 +155,9 @@ inode と解釈される。 さらに \fImode\fP を指定すると、 これは
166155 \fIblock\fP から始まる \fIcount\fP 分のブロックをアロケートされていないものとしてマークする。
167156 .TP
168157 \fIfreefrag [\-c chunk_kb ]\fP
169-Report free space fragmentation on the currently open file system. If the
170-\fI\-c\fP option is specified then the filefrag command will print how many free
171-chunks of size \fIchunk_kb\fP can be found in the file system. The chunk size
172-must be a power of two and be larger than the file system block size.
158+現在オープンしているファイルシステムの空きスペースのフラグメンテーション (断片化状態) を表示する。\fI\-c\fP が指定されると、filefrag
159+コマンドはファイルシステムにサイズ \fIchunk_kb\fP の空きチャンクがいくつあるかを表示する。チャンクサイズは 2
160+の乗数で、かつファイルシステムブロックサイズより大きい必要がある。
173161 .TP
174162 \fIfreei filespec\fP
175163 \fIfilespec\fP で指定した inode を解放する。
@@ -178,7 +166,7 @@ must be a power of two and be larger than the file system block size.
178166 \fBdebugfs\fP で利用できるコマンドのリストを表示する。
179167 .TP
180168 \fIhtree_dump filespec\fP
181-Dump the hash\-indexed directory \fIfilespec\fP, showing its tree structure.
169+ハッシュでインデックスづけされたディレクトリ \fIfilespec\fP をダンプし、ツリー構造を表示する。
182170 .TP
183171 \fIicheck block ...\fP
184172 コマンドラインに与えたブロック (複数指定可) を利用している inode のリストを表示する。
@@ -215,12 +203,9 @@ ext3 ジャーナルの内容をダンプする。 デフォルトではジャ
215203 オプションを指定すると、 \fI\-a\fP と \fI\-b\fP オプションで選択された全てのデータブロックの内容を表示する。
216204 .TP
217205 \fIls [\-l] [\-d] [\-p] filespec\fP
218-Print a listing of the files in the directory \fIfilespec\fP. The \fI\-l\fP flag
219-will list files using a more verbose format. The \fI\-d\fP flag will list
220-deleted entries in the directory. The \fI\-p\fP flag will list the files in a
221-format which is more easily parsable by scripts, as well as making it more
222-clear when there are spaces or other non\-printing characters at the end of
223-filenames.
206+ディレクトリ \fIfilespec\fP 内のファイルのリストを表示する。\fI\-l\fP フラグを指定すると、より詳細なフォーマットで表示する。\fI\-d\fP
207+フラグを指定すると、ディレクトリ内の削除されたエントリを表示する。\fI\-p\fP
208+フラグを指定すると、スクリプトで解析しやすいフォーマットで表示する。加えて、ファイル名の最後にスペースや非表示文字がある場合にも、わかりやすくマークづけする。
224209 .TP
225210 \fImodify_inode filespec\fP
226211 \fIfilespec\fP で指定した inode にある inode 構造体の内容を変更する。
@@ -233,9 +218,8 @@ filenames.
233218 キャラクタデバイスおよびブロックデバイスを作成する場合は、 デバイス番号として \fImajor\fP および \fIminor\fP を指定しなければならない。
234219 .TP
235220 \fIncheck [\-c] inode_num ...\fP
236-Take the requested list of inode numbers, and print a listing of pathnames
237-to those inodes. The \fI\-c\fP flag will enable checking the file type
238-information in the directory entry to make sure it matches the inode's type.
221+inode 番号のリストを引数とし、inode に対応するパス名のリストを表示する。\fI\-c\fP
222+フラグを指定すると、ディレクトリエントリのファイルタイプのチェックを有効にして、inode タイプにマッチするかを確認する。
239223 .TP
240224 \fIopen [\-w] [\-e] [\-f] [\-i] [\-c] [\-D] [\-b blocksize] [\-s superblock] device\fP
241225 編集の対象とするファイルシステムをオープンする。 \fI\-f\fP フラグをつけると、通 常ではオープンできないような、
@@ -244,10 +228,8 @@ information in the directory entry to make sure it matches the inode's type.
244228 \fBdebugfs\fP に同名のコマンドラインオプションを指定した 場合と同じである。
245229 .TP
246230 \fIpunch filespec start_blk [end_blk]\fP
247-Delete the blocks in the inode ranging from \fIstart_blk\fP to \fIend_blk\fP. If
248-\fIend_blk\fP is omitted then this command will function as a truncate command;
249-that is, all of the blocks starting at \fIstart_blk\fP through to the end of
250-the file will be deallocated.
231+\fIstart_blk\fP から \fIend_blk\fP の範囲の inode のブロックを削除する。\fIend_blk\fP
232+を省略すると、切り詰めるためのコマンドとなり、\fIstart_blk\fP からファイルの最後までを解放する。
251233 .TP
252234 \fIpwd\fP
253235 カレントワーキングディレクトリを表示する。
@@ -272,8 +254,7 @@ the file will be deallocated.
272254 \fIblock\fP から始まる \fIcount\fP 分のブロックをアロケートされているものとしてマークする。
273255 .TP
274256 \fIset_block_group bgnum field value\fP
275-Modify the block group descriptor specified by \fIbgnum\fP so that the block
276-group descriptor field \fIfield\fP has value \fIvalue.\fP
257+\fIbgnum\fP で指定されたブロックグループディスクリプタを変更し、フィールド \fIfield\fP が値 \fIvalue\fP を持つようにする。
277258 .TP
278259 \fIseti filespec\fP
279260 inode ビットマップに、 \fIfilespec\fP で指定した inode が使用中であるとマークする。
@@ -283,9 +264,9 @@ inode ビットマップに、 \fIfilespec\fP で指定した inode が使用中
283264 このコマンドで設定が可能な、正しい inode フィールドのリストは、 \fBset_inode_field \-l\fP コマンドによって表示できる。
284265 .TP
285266 \fIset_mmp_value field value\fP
286-Modify the multiple\-mount protection (mmp) data so that the mmp field
287-\fIfield\fP has value \fIvalue.\fP The list of valid mmp fields which can be set
288-via this command can be displayed by using the command: \fBset_mmp_value \-l\fP
267+複数マウント防止 (multiple\-mount protection, mmp) データを変更し、mmp フィールド \fIfield\fP が値
268+\fIvalue\fP を持つようにする。このコマンドで設定可能な、正しい mmp フィールドのリストは、\fBset_mmp_value \-l\fP
269+コマンドによって表示できる。
289270 .TP
290271 \fIset_super_value field value\fP
291272 スーパーブロックフィールド \fIfield\fP を \fIvalue\fP にする。このコマンドで設定が可能な、 正しいスーパーブロックフィールドのリストは、
@@ -305,19 +286,15 @@ via this command can be displayed by using the command: \fBset_mmp_value \-l\fP
305286 \fIfilespec\fP で指定した inode が inode ビットマップにおいてアロケートになっているかどうか調べる。
306287 .TP
307288 \fIundel <inode num> [pathname]\fP
308-Undelete the specified inode number (which must be surrounded by angle
309-brackets) so that it and its blocks are marked in use, and optionally link
310-the recovered inode to the specified pathname. The \fBe2fsck\fP command should
311-always be run after using the \fBundel\fP command to recover deleted files.
289+(アングルブラケットで囲って) 指定した inode 番号の削除を取り消す。inodeとそのブロックは、使用中の印がつけられ、オプションとして復旧させた
290+inode を指定したパスにリンクさせることもできる。 削除したファイルを \fBundel\fP コマンドで復旧させた後で、\fBe2fsck\fP
291+コマンドを常に実行すべきである。
312292 .IP
313-Note that if you are recovering a large number of deleted files, linking the
314-inode to a directory may require the directory to be expanded, which could
315-allocate a block that had been used by one of the yet\-to\-be\-undeleted
316-files. So it is safer to undelete all of the inodes without specifying a
317-destination pathname, and then in a separate pass, use the debugfs \fBlink\fP
318-command to link the inode to the destination pathname, or use \fBe2fsck\fP to
319-check the filesystem and link all of the recovered inodes to the lost+found
320-directory.
293+多くの削除したファイルを復旧して、inode
294+をディレクトリにリンクする場合、ディレクトリを拡張する必要があり、まだ削除を取り消していないファイルが使っていたブロックを確保してしまう可能性がある。
295+そのため、inode すべての削除の取り消しをする場合には、リンク先パスを指定せずに実行する方が安全である。そののち、別々のパスで debugfs
296+\fBlink\fP コマンドを使って inode をパス名にリンクさせるか、\fBe2fsck\fP を使ってファイルシステムをチェックし、復旧したすべての
297+inode を lost+found ディレクトリにリンクさせるとよい。
321298 .TP
322299 \fIunlink pathname\fP
323300 \fIpathname\fP で指定した、ある inode を指すリンクを削除する。 なおこの際、inode 参照数は変更しないことに注意。
--- a/manual/e2fsprogs/draft/man8/e2freefrag.8
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man8/e2freefrag.8
@@ -7,29 +7,24 @@
77 .\"
88 .TH E2FREEFRAG 8 "February 2012" "E2fsprogs version 1.42.1"
99 .SH 名前
10-e2freefrag \- report free space fragmentation information
10+e2freefrag \- 空きスペースの断片化情報を表示する
1111 .SH 書式
1212 \fBe2freefrag\fP [ \fB\-c chunk_kb\fP ] [ \fB\-h\fP ] \fBfilesys\fP
1313
1414 .SH 説明
15-\fBe2freefrag\fP is used to report free space fragmentation on ext2/3/4 file
16-systems. \fIfilesys\fP is the filesystem device name (e.g. \fI/dev/hdc1\fP,
17-\fI/dev/md0\fP). The \fBe2freefrag\fP program will scan the block bitmap
18-information to check how many free blocks are present as contiguous and
19-aligned free space. The percentage of contiguous free blocks of size and of
20-alignment \fIchunk_kb\fP is reported. It also displays the
21-minimum/maximum/average free chunk size in the filesystem, along with a
22-histogram of all free chunks. This information can be used to gauge the
23-level of free space fragmentation in the filesystem.
15+\fBe2freefrag\fP は ext2/3/4 ファイルシステムの空きスペースの断片化情報を表示するのに使われる。\fIfilesys\fP
16+はファイルシステムデバイス名 (例 \fI/dev/hdc1\fP, \fI/dev/md0\fP) である。\fBe2freefrag\fP
17+プログラムはブロックビットマップ情報をスキャンし、連続した並びの空きブロックがいくつ存在しするかをチェックする。連続した空きブロックのサイズと、並び
18+\fIchunk_kb\fP
19+の割合を表示する。さらに、ファイルシステムの空きチャンクサイズの最小/最大/平均と、すべての空きチャンクのヒストグラムも表示する。この情報はファイルシステムの空きスペース断片化レベルのゲージとして使うことができる。
2420 .SH オプション
2521 .TP
2622 \fB\-c\fP\fI chunk_kb\fP
27-If a chunk size is specified, then \fBe2freefrag\fP will print how many free
28-chunks of size \fIchunk_kb\fP are available in units of kilobytes (Kb). The
29-chunk size must be a power of two and be larger than filesystem block size.
23+チャンクサイズを指定すると、\fBe2freefrag\fP は空きチャンク \fIchunk_kb\fP キロバイト (Kb)
24+単位がいくつあるを表示する。チャンクサイズは 2 の乗数で、かつファイルシステムブロックサイズより大きくなければならない。
3025 .TP
3126 \fB\-h\fP
32-Print the usage of the program.
27+このプログラムの使用法を表示する。
3328 .SH 例
3429 # e2freefrag /dev/vgroot/lvhome
3530 .br
--- a/manual/e2fsprogs/draft/man8/e2fsck.8
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man8/e2fsck.8
@@ -94,9 +94,8 @@ SIGUSR1 シグナルを \fBe2fsck\fP プロセスに送ることで出力を有
9494 \fB\-D\fP
9595 オプションを指定した場合、そのファイルシステムのすべてのディレクトリの最適化が行われる。その結果、場合によっては、少しサイズが小さくなったり、検索が早くなることがあるが、実際には、このオプションを使う必要がある場面はめったにないだろう。
9696 .IP
97-The \fB\-D\fP option will detect directory entries with duplicate names in a
98-single directory, which e2fsck normally does not enforce for performance
99-reasons.
97+\fB\-D\fP オプションを指定すると、1 つのディレクトリ内の重複した名前のディレクトリエントリを検出する。通常 e2fsck
98+は、性能上の理由からこの検出を行わない。
10099 .TP
101100 \fB\-E\fP\fI extended_options\fP
102101 e2fsck に拡張オプションを設定する。 拡張オプション間はコンマで区切り、 等号 ('=') に続ける形で引数を取ることもできる。
@@ -104,30 +103,23 @@ e2fsck に拡張オプションを設定する。 拡張オプション間はコ
104103 .RS 1.2i
105104 .TP
106105 \fBea_ver=\fP\fIextended_attribute_version\fP
107-Set the version of the extended attribute blocks which \fBe2fsck\fP will
108-require while checking the filesystem. The version number may be 1 or 2.
109-The default extended attribute version format is 2.
106+\fBe2fsck\fP がファイルシステムをチェックする際に必要な、拡張属性ブロックのバージョンを指定する。バージョン番号は 1 または 2
107+である。デフォルトの拡張属性バージョンフォーマットは 2 である。
110108 .TP
111109 \fBjournal_only\fP
112-Only replay the journal if required, but do not perform any further checks
113-or repairs.
110+必要な場合にジャーナルの再生のみを行う。チェックや修復は行わない。
114111 .TP
115112 \fBfragcheck\fP
116-During pass 1, print a detailed report of any discontiguous blocks for files
117-in the filesystem.
113+pass 1 で、ファイルシステムのファイルに不連続なブロックがある場合に、詳細なレポートを表示する。
118114 .TP
119115 \fBdiscard\fP
120-Attempt to discard free blocks and unused inode blocks after the full
121-filesystem check (discarding blocks is useful on solid state devices and
122-sparse / thin\-provisioned storage). Note that discard is done in pass 5
123-AFTER the filesystem has been fully checked and only if it does not contain
124-recognizable errors. However there might be cases where \fBe2fsck\fP does not
125-fully recognise a problem and hence in this case this option may prevent you
126-from further manual data recovery.
116+ファイルシステムチェックが完了した後に、空きブロックと未使用 inode を破棄する (ブロックの破棄は、ソリッドステートデバイスとスパース
117+(sparse) /
118+シンプロビジョニングされたストレージでは有益である)。破棄は、ファイルシステムの完全なチェックが行われ、かつ認識されたエラーがない場合にのみ、pass
119+5 で行われる。しかし、\fBe2fsck\fP が問題を認識できないケースでは、このオプションを使うと手動でのデータ修復ができなくなる。
127120 .TP
128121 \fBnodiscard\fP
129-Do not attempt to discard free blocks and unused inode blocks. This option
130-is exactly the opposite of discard option. This is set as default.
122+空きブロックと未使用 inode ブロックを破棄しない。このオプションは discard オプションと正反対である。これがデフォルトで設定されている。
131123 .RE
132124 .TP
133125 \fB\-f\fP
@@ -206,12 +198,10 @@ is exactly the opposite of discard option. This is set as default.
206198 以下のシグナルが \fBe2fsck\fP に送られると、記述されているような効果を及ぼす。
207199 .TP
208200 \fBSIGUSR1\fP
209-This signal causes \fBe2fsck\fP to start displaying a completion bar or
210-emitting progress information. (See discussion of the \fB\-C\fP option.)
201+このシグナルを受けると \fBe2fsck\fP はプログレスバーを表示し、進捗情報を表示する。(\fB\-C\fP オプションの説明を参照。)
211202 .TP
212203 \fBSIGUSR2\fP
213-This signal causes \fBe2fsck\fP to stop displaying a completion bar or emitting
214-progress information.
204+このシグナルを受けると、\fBe2fsck\fP はプログレスバーの表示と、進捗情報の表示をやめる。
215205 .SH バグ報告
216206 どんなソフトウェアにもバグはつきものである。 もしも \fBe2fsck\fP がクラッシュしたり、 \fBe2fsck\fP
217207 によって修復できない事態が発生したりした場合は、 作者に連絡してほしい。
--- a/manual/e2fsprogs/draft/man8/filefrag.8
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man8/filefrag.8
@@ -19,25 +19,23 @@ filefrag \- ファイルの断片化を報告する
1919 \fBfilefrag\fP は特定のファイルがどのくらい酷く断片化されているかを報告する。 このプログラムは、ext2 と ext3 ファイルシステムの
2020 間接ブロックを許しているが、 全てのファイルシステム上のファイルに使うことができる。
2121 .PP
22-The \fBfilefrag\fP program initially attempts to get the extent information
23-using FIEMAP ioctl which is more efficient and faster. If FIEMAP is not
24-supported then filefrag will fall back to using FIBMAP.
22+\fBfilefrag\fP は最初に、より効率的で高速な FIEMAP ioctl を使って、エクステント情報を取得しようとする。もし FIEMAP
23+がサポートされていない場合、 filefrag は FIBMAP を使う。
2524 .SH オプション
2625 .TP
2726 \fB\-B\fP
28-Force the use of the older FIBMAP ioctl instead of the FIEMAP ioctl for
29-testing purposes.
27+テストのため、 FIEMAP ioctl ではなく、古い FIBMAP ioctl を強制的に使用する。
3028 .TP
3129 \fB\-b\fP
32-Use 1024 byte blocksize for the output.
30+1024 バイトブロックサイズを出力に使う。
3331 .TP
3432 \fB\-s\fP
35-Sync the file before requesting the mapping.
33+マッピングをリクエストする前にファイルを同期する。
3634 .TP
3735 \fB\-v\fP
3836 ファイルの断片化をチェックするときに、詳細に報告する。
3937 .TP
4038 \fB\-x\fP
41-Display mapping of extended attributes.
39+拡張属性のマッピングを表示する。
4240 .SH 作者
4341 \fBfilefrag\fP は Theodore Ts'o <tytso@mit.edu> が作成した。
--- a/manual/e2fsprogs/draft/man8/mke2fs.8
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man8/mke2fs.8
@@ -42,27 +42,21 @@ mke2fs \- ext2/ext3/ext4 ファイルシステムを作成する
4242 \fBmke2fs \-O journal_dev\fP [ \fB\-b\fP \fIblock\-size\fP ] [ \fB\-L\fP \fIvolume\-label\fP ] [
4343 \fB\-n\fP ] [ \fB\-q\fP ] [ \fB\-v\fP ] \fIexternal\-journal\fP [ \fIblocks\-count\fP ]
4444 .SH 説明
45-\fBmke2fs\fP is used to create an ext2, ext3, or ext4 filesystem, usually in a
46-disk partition. \fIdevice\fP is the special file corresponding to the device
47-(e.g \fI/dev/hdXX\fP). \fIblocks\-count\fP is the number of blocks on the device.
48-If omitted, \fBmke2fs\fP automagically figures the file system size. If called
49-as \fBmkfs.ext3\fP a journal is created as if the \fB\-j\fP option was specified.
45+\fBmke2fs\fP は、ext2, ext3, ext4 ファイルシステムを、通常はディスクのパーティションに作成する。\fIdevice\fP
46+はデバイスに対応するスペシャルファイルである (例: \fI/dev/hdXX\fP)。\fIblocks\-count\fP
47+はデバイスのブロック数である。省略すると \fBmke2fs\fP が自動的にファイルシステムサイズを計算する。\fBmkfs.ext3\fP
48+として起動されると、\fB\-j\fP オプションが指定された場合のようにジャーナルを作る。
5049 .PP
51-The defaults of the parameters for the newly created filesystem, if not
52-overridden by the options listed below, are controlled by the
53-\fB/etc/mke2fs.conf\fP configuration file. See the \fBmke2fs.conf\fP(5) manual
54-page for more details.
50+新規作成されるファイルシステムのパラメータのデフォルト値は、以下に示すオプションで上書きされない限り、\fB/etc/mke2fs.conf\fP
51+設定ファイルで制御される。詳細は \fBmke2fs.conf\fP(5) マニュアルページを参照すること。
5552 .SH オプション
5653 .TP
5754 \fB\-b\fP\fI block\-size\fP
58-Specify the size of blocks in bytes. Valid block\-size values are 1024, 2048
59-and 4096 bytes per block. If omitted, block\-size is heuristically
60-determined by the filesystem size and the expected usage of the filesystem
61-(see the \fB\-T\fP option). If \fIblock\-size\fP is preceded by a negative sign
62-('\-'), then \fBmke2fs\fP will use heuristics to determine the appropriate block
63-size, with the constraint that the block size will be at least \fIblock\-size\fP
64-bytes. This is useful for certain hardware devices which require that the
65-blocksize be a multiple of 2k.
55+ブロックサイズをバイト単位で指定する。指定できるブロックサイズはブロックあたり 1024, 2048, 4096 バイトである。省略すると、
56+\fBmke2fs\fP はファイルシステムのサイズと予想されるファイルシステムの利用法 (\fB\-T\fP オプションを見よ)
57+とからブロックサイズをヒューリスティック (heuristic) に基づいて決定する。\fIblock\-size\fP が負の数である場合、\fBmke2fs\fP
58+はヒューリスティックを使って適切なブロックサイズを決定する。この場合、ブロックサイズを少なくとも \fIblock\-size\fP
59+バイトにするという制限を付ける。これは、ブロックサイズが 2k の倍数でなければいけない特定のハードウェアなどで役に立つ。
6660 .TP
6761 \fB\-c\fP
6862 デバイスにファイルシステムを作成する前に不良ブロックを検査する。 このオプションを 2 つ指定すると、 より遅い read\-write テストを用いる。
@@ -75,75 +69,59 @@ blocksize be a multiple of 2k.
7569 .RS 1.2i
7670 .TP
7771 \fBmmp_update_interval=\fP\fIinterval\fP
78-Adjust the initial MMP update interval to \fIinterval\fP seconds. Specifying
79-an \fIinterval\fP of 0 means to use the default interval. The specified
80-interval must be less than 300 seconds. Requires that the \fBmmp\fP feature be
81-enabled.
72+MMP 更新間隔の初期値を \fIinterval\fP 秒にする。\fIinterval\fP を 0 に設定すると、デフォルトの更新間隔を使う。間隔は 300
73+秒より短くしなければならない。\fBmmp\fP feature を有効にしておく必要がある。
8274 .TP
8375 \fBstride=\fP\fIstride\-size\fP
84-Configure the filesystem for a RAID array with \fIstride\-size\fP filesystem
85-blocks. This is the number of blocks read or written to disk before moving
86-to the next disk, which is sometimes referred to as the \fIchunk size.\fP This
87-mostly affects placement of filesystem metadata like bitmaps at \fBmke2fs\fP
88-time to avoid placing them on a single disk, which can hurt performance. It
89-may also be used by the block allocator.
76+RAID アレイのファイルシステムに対して、\fIstride\-size\fP
77+ファイルシステムブロックに設定する。次のディスクに移動するまで、このブロック数で読み書きされ、\fIチャンクサイズ\fPとも呼ばれる。このサイズはビットマップのようなファイルシステムメタデータの配置に影響する。\fBmke2fs\fP
78+の実行時にメタデータを 1 つのディスクに置くと、性能を害する可能性がある。また、このサイズはブロックアロケータでも使われる。
9079 .TP
9180 \fBstripe_width=\fP\fIstripe\-width\fP
92-Configure the filesystem for a RAID array with \fIstripe\-width\fP filesystem
93-blocks per stripe. This is typically stride\-size * N, where N is the number
94-of data\-bearing disks in the RAID (e.g. for RAID 5 there is one parity disk,
95-so N will be the number of disks in the array minus 1). This allows the
96-block allocator to prevent read\-modify\-write of the parity in a RAID stripe
97-if possible when the data is written.
81+RAID アレイのファイルシステムに対して、1 ストライプあたりのファイルシステムブロックを \fIstripe\-width\fP
82+に設定する。一般的にこのサイズは、 N を RAID のデータ格納ディスクとしたとき、stride\-size * N である (例えば、RAID 5
83+ではパリティディスクが 1 つなので、N はアレイのディスク数 \- 1 である)。これにより、データが書き込まれる時に、ブロックアロケータが RAID
84+ストライプにパリティの読み込み\-修正\-書き込みを行うのを防止する。
9885 .TP
9986 \fBresize=\fP\fImax\-online\-resize\fP
10087 ブロック数が \fImax\-online\-resize\fP のファイルシステムをサポートするために、 ブロックグループディスクリプタテーブルを拡大できる
10188 十分な領域を予約する。
10289 .TP
103-\fBlazy_itable_init\fP[\fB= \fP\fI<0 to disable, 1 to enable>\fP]
104-If enabled and the uninit_bg feature is enabled, the inode table will not be
105-fully initialized by \fBmke2fs\fP. This speeds up filesystem initialization
106-noticeably, but it requires the kernel to finish initializing the filesystem
107-in the background when the filesystem is first mounted. If the option value
108-is omitted, it defaults to 1 to enable lazy inode table zeroing.
90+\fBlazy_itable_init\fP[\fB= \fP\fI<0 無効, 1 有効>\fP]
91+このオプションを有効にして、かつ uninit_bg feature を有効にした場合、inode テーブルは \fBmke2fs\fP
92+では完全には初期化されない。これでファイルシステムの初期化は劇的にスピードアップするが、ファイルシステムが初めてマウントされる時に、カーネルはバックグラウンドでファイルシステムの初期化を完了させる必要がある。このオプションで値を省略した場合の
93+デフォルトは 1 であり、inode テーブルの 0 での遅延初期化が有効になる。
10994 .TP
110-\fBlazy_journal_init\fP[\fB= \fP\fI<0 to disable, 1 to enable>\fP]
111-If enabled, the journal inode will not be fully zeroed out by \fBmke2fs\fP.
112-This speeds up filesystem initialization noticeably, but carries some small
113-risk if the system crashes before the journal has been overwritten entirely
114-one time. If the option value is omitted, it defaults to 1 to enable lazy
115-journal inode zeroing.
95+\fBlazy_journal_init\fP[\fB= \fP\fI<0 無効, 1 有効>\fP]
96+このオプションを有効にすると、\fBmke2fs\fP はジャーナル inode を完全には 0
97+にしない。これでファイルシステムの初期化は劇的にスピードアップするが、ジャーナルが完全に 1
98+度上書きされる前にシステムがクラッシュするという、小さなリスクを引きずっている。このオプションで値を省略した場合のデフォルトは 1 であり、ジャーナル
99+inode の 0 での遅延初期化が有効になる。
116100 .TP
117101 \fBtest_fs\fP
118-Set a flag in the filesystem superblock indicating that it may be mounted
119-using experimental kernel code, such as the ext4dev filesystem.
102+ファイルシステムスーパーブロックのフラグを設定し、ext4dev ファイルシステムのような、実験的なカーネルコードを使ってマウントするようにする。
120103 .TP
121104 \fBdiscard\fP
122-Attempt to discard blocks at mkfs time (discarding blocks initially is
123-useful on solid state devices and sparse / thin\-provisioned storage). When
124-the device advertises that discard also zeroes data (any subsequent read
125-after the discard and before write returns zero), then mark all
126-not\-yet\-zeroed inode tables as zeroed. This significantly speeds up
127-filesystem initialization. This is set as default.
105+mkfs の実行時にブロックを破棄する (最初にブロックを破棄するのは、ソリッドステートデバイスとスパース (sparse) /
106+シンプロビジョニングされたストレージでは有益である)。デバイスが 0 のデータ (破棄の後の読み込みと書き込みの前に 0 を返す)
107+を破棄するように宣言すると、まだ 0 で初期化化されていない inode テーブルを 0
108+としてマークする。 これはファイルシステムの初期化を劇的にスピードアップする。これはデフォルトで設定される。
128109 .TP
129110 \fBnodiscard\fP
130-Do not attempt to discard blocks at mkfs time.
111+mkfs の実行時にブロックを破棄しないようにする。
131112 .TP
132113 \fBquotatype\fP
133-Specify which quota type ('usr' or 'grp') is to be initialized. This option
134-has any effect only if \fBquota\fP feature is set. Without this extended
135-option, the default behavior is to initialize both user and group quotas.
114+クォータ (quota) タイプ ('usr' または 'grp') を指定して、初期化する。このオプションは \fBquota\fP feature
115+が設定されている場合にのみ有効である。この拡張オプションが設定されない場合、デフォルトでは、ユーザとグループの両方のクォータが初期化される。
136116 .RE
137117 .TP
138118 \fB\-f\fP\fI fragment\-size\fP
139119 フラグメントサイズをバイト単位で指定する。
140120 .TP
141121 \fB\-F\fP
142-Force \fBmke2fs\fP to create a filesystem, even if the specified device is not
143-a partition on a block special device, or if other parameters do not make
144-sense. In order to force \fBmke2fs\fP to create a filesystem even if the
145-filesystem appears to be in use or is mounted (a truly dangerous thing to
146-do), this option must be specified twice.
122+指定したデバイスがブロックスペシャルデバイスのパーティションでない場合や、他のパラメータが意味をなさない場合にも、\fBmke2fs\fP
123+に強制的にファイルシステムを作成させる。ファイルシステムが使用中であったり、マウントされている場合でも、\fBmke2fs\fP
124+にファイルシステムを作成させる。(これはとても危険なことなので、) このオプションは 2 度指定すべきである。
147125 .TP
148126 \fB\-g\fP\fI blocks\-per\-group\fP
149127 ブロックグループに含まれるブロック数を指定する。 デフォルトでファイルシステムに最適な値であるため、
@@ -152,11 +130,9 @@ do), this option must be specified twice.
152130 一般にこのオプションは、テストケースを開発する開発者が使う。
153131 .TP
154132 \fB\-G\fP\fI number\-of\-groups\fP
155-Specify the number of block groups that will be packed together to create a
156-larger virtual block group (or "flex_bg group") in an ext4 filesystem. This
157-improves meta\-data locality and performance on meta\-data heavy workloads.
158-The number of groups must be a power of 2 and may only be specified if the
159-\fBflex_bg\fP filesystem feature is enabled.
133+このリレーションは、ext4 ファイルシステムで 1 つのラージ仮想ブロックグループ (または "flex_bg group")
134+にパックするブロックグループ数を指定する。これによりメタデータに大きな負荷がかかる場合に、メタデータを局在化し、性能を改善する。グループ数は 2
135+の乗数にする必要があり、\fBflex_bg\fP ファイルシステム feature が有効化されている場合にのみ設定できる。
160136 .TP
161137 \fB\-i\fP\fI bytes\-per\-inode\fP
162138 バイト数/inode 数の比率を指定する。 \fBmke2fs\fP は、ディスク上の各 \fIbytes\-per\-inode\fP バイトの領域に対してひとつの
@@ -166,16 +142,13 @@ inode を生成する。 \fIbytes\-per\-inode\fP 比を大きくすると、作
166142 したがって、このパラメータには正しい値を与えるよう、慎重になってほしい。
167143 .TP
168144 \fB\-I\fP\fI inode\-size\fP
169-Specify the size of each inode in bytes. \fBmke2fs\fP creates 256\-byte inodes
170-by default. In kernels after 2.6.10 and some earlier vendor kernels it is
171-possible to utilize inodes larger than 128 bytes to store extended
172-attributes for improved performance. The \fIinode\-size\fP value must be a
173-power of 2 larger or equal to 128. The larger the \fIinode\-size\fP the more
174-space the inode table will consume, and this reduces the usable space in the
175-filesystem and can also negatively impact performance. Extended attributes
176-stored in large inodes are not visible with older kernels, and such
177-filesystems will not be mountable with 2.4 kernels at all. It is not
178-possible to change this value after the filesystem is created.
145+inode のサイズをバイト単位で指定する。\fBmke2fs\fP はデフォルトでは 256 バイトで inodes を作成する。カーネル 2.6.10
146+以降と、それ以前のいくつかのベンダーのカーネルでは、128 バイトより大きい inode
147+を使って、拡張属性を格納することで、性能を改善できる。\fIinode\-size\fP の値は、2 の乗数で 128
148+以上でなければならない。\fIinode\-size\fP を大きくすると、inode
149+テーブルで消費される領域が大きくなる。これにより、ファイルシステムで使える領域が小さくなり、性能への悪い影響がおこる可能性がある。大きな inode
150+に格納される拡張属性は、古いカーネルでは見ることができず、2.4
151+カーネルでは全くマウントできない。この値はファイルシステムを作成した後では変更できない。
179152 .TP
180153 \fB\-j\fP
181154 ext3 ジャーナルを持ったファイルシステムを作成する。 \fB\-J\fP オプションが指定されていない場合は、 デフォルトのジャーナルパラメータが用いられ、
@@ -188,11 +161,9 @@ ext3 ジャーナルを持ったファイルシステムを作成する。 \fB\-
188161 .RS 1.2i
189162 .TP
190163 \fBsize=\fP\fIjournal\-size\fP
191-Create an internal journal (i.e., stored inside the filesystem) of size
192-\fIjournal\-size\fP megabytes. The size of the journal must be at least 1024
193-filesystem blocks (i.e., 1MB if using 1k blocks, 4MB if using 4k blocks,
194-etc.) and may be no more than 10,240,000 filesystem blocks or half the
195-total file system size (whichever is smaller)
164+(ファイルシステムの内部に格納される) 内部ジャーナルをサイズ \fIjournal\-size\fP メガバイトで作成する。ジャーナルのサイズは、少なくとも
165+1024 ファイルシステムブロックでなければならない。(つまり、1k ブロックの場合 1MB、4k ブロックの場合 4MB
166+である)。さらに、10,240,000 ファイルシステムブロック、もしくは全ファイルシステムサイズの半分の、いずれか小さい方よりも小さい必要がある。
196167 .TP
197168 \fBdevice=\fP\fIexternal\-journal\fP
198169 ファイルシステムを \fIexternal\-journal\fP にあるジャーナルブロックデバイスにアタッチする。 外部ジャーナルは、前もって
@@ -240,26 +211,21 @@ UUID を表示するには、 \fBdumpe2fs\fP(8) を使うこと。 \fBtune2fs\fP
240211 \fIbytes\-per\-inode\fP 比をもとにしている)。 これによりユーザが必要な inode の個数を直接指定できる。
241212 .TP
242213 \fB\-o\fP\fI creator\-os\fP
243-Overrides the default value of the "creator operating system" field of the
244-filesystem. The creator field is set by default to the name of the OS the
245-\fBmke2fs\fP executable was compiled for.
214+ファイルシステムの "creator operating system" フィールドのデフォルト値を上書きする。creator
215+フィールドは、デフォルトでは実行ファイル \fBmke2fs\fP がコンパイルされた OS 名となる。
246216 .TP
247217 \fB\-O \fP\fIfeature\fP[,...]
248-Create a filesystem with the given features (filesystem options), overriding
249-the default filesystem options. The features that are enabled by default
250-are specified by the \fIbase_features\fP relation, either in the \fI[defaults]\fP
251-section in the \fB/etc/mke2fs.conf\fP configuration file, or in the
252-\fI[fs_types]\fP subsections for the usage types as specified by the \fB\-T\fP
253-option, further modified by the \fIfeatures\fP relation found in the
254-\fI[fs_types]\fP subsections for the filesystem and usage types. See the
255-\fBmke2fs.conf\fP(5) manual page for more details. The filesystem
256-type\-specific configuration setting found in the \fI[fs_types]\fP section will
257-override the global default found in \fI[defaults]\fP.
218+指定された feature (ファイルシステムオプション)
219+で、デフォルトのファイルシステムオプションを上書きして、ファイルシステムを作成する。デフォルトで有効にされる feature は、設定ファイル
220+\fB/etc/mke2fs.conf\fP の \fIbase_features\fP リレーションと \fI[defaults]\fP セクション、または、\fB\-T\fP
221+オプションで指定される \fI[fs_types]\fP サブセクションの usage type で設定される。さらにファイルシステムと usage type
222+は、\fI[fs_types]\fP サブセクションの \fIfeatures\fP リレーションで変更できる。より詳細は、\fBmke2fs.conf\fP(5)
223+マニュアルページを参照すること。\fI[fs_types]\fP セクションに書かれたファイルシステムタイプ独自の設定は、グローバルなデフォルト
224+\fI[defaults]\fP を上書きする。
258225 .sp
259-The filesystem feature set will be further edited using either the feature
260-set specified by this option, or if this option is not given, by the
261-\fIdefault_features\fP relation for the filesystem type being created, or in
262-the \fI[defaults]\fP section of the configuration file.
226+ファイルシステム feature のセットは、このオプションで指定される feature
227+で変更できる。このオプションが指定されない場合、\fIdefault_features\fP リレーション、または設定ファイルの \fI[defaults]\fP
228+セクションでファイルシステムが作成される。
263229 .sp
264230 ファイルシステム属性セットは、 コンマで区切った属性のリストとして構成されており、 これに含まれる属性が有効にされる。
265231 属性を無効にする場合は、単に属性名の前にキャレット ('^') 文字を置けばよい。 仮想的なファイルシステム属性 "none" は、
@@ -270,19 +236,16 @@ the \fI[defaults]\fP section of the configuration file.
270236 ハッシュ B ツリーを使い、 ファイルが多いディレクトリ内での検索を高速化する。
271237 .TP
272238 \fBextent\fP
273-Instead of using the indirect block scheme for storing the location of data
274-blocks in an inode, use extents instead. This is a much more efficient
275-encoding which speeds up filesystem access, especially for large files.
239+inode
240+のデータブロックの場所を格納するために、間接ブロックスキーマを使うのではなく、エクステントを使う。これはエンコーディングをより効率的にするので、特に大きなファイルについて、ファイルシステムアクセスをスピードアップする。
276241 .TP
277242 \fBfiletype\fP
278243 ディレクトリエントリにファイルタイプ情報を格納する。
279244 .TP
280245 \fBflex_bg\fP
281-Allow the per\-block group metadata (allocation bitmaps and inode tables) to
282-be placed anywhere on the storage media. In addition, \fBmke2fs\fP will place
283-the per\-block group metadata together starting at the first block group of
284-each "flex_bg group". The size of the flex_bg group can be specified using
285-the \fB\-G\fP option.
246+ブロックごとのグループメタデータ (アロケーションビットマップと inode テーブル) をストレージメディアの任意の場所に置けるようにする。さらに
247+\fBmke2fs\fP はブロックごとのグループメタデータを、各 "flex_bg group"
248+の最初のブロックグループとともに置くこともできる。flex_bg グループのサイズは、\fB\-G\fP オプションで指定できる。
286249 .TP
287250 \fBhas_journal\fP
288251 (\fB\-j\fP オプションを使った場合のように) ext3 ジャーナルを作成する。
@@ -292,13 +255,12 @@ ext3 ジャーナルを、通常の ext2 ファイルシステム上にではな
292255 は、それが使われるファイルシステムと 同じブロックサイズで作成されなければならない。
293256 .TP
294257 \fBlarge_file\fP
295-Filesystem can contain files that are greater than 2GB. (Modern kernels set
296-this feature automatically when a file > 2GB is created.)
258+ファイルシステムが 2GB より大きいファイルを格納できる。(最近のカーネルは、2GB より大きいファイルが作られるときに、この feature
259+を自動的に設定する。)
297260 .TP
298261 \fBquota\fP
299-Create quota inodes (inode# 3 for userquota and inode# 4 for group quota)
300-and set them in the superblock. With this feature, the quotas will be
301-enabled automatically when the filesystem is mounted.
262+クォータ inode (inode# 3 がユーザクォータ、inode# 4 がグループクォータ) を作成し、スーパーブロックに設定する。この
263+feature を設定すると、ファイルシステムがマウントされた際に、クォータが自動的に有効になる。
302264 .TP
303265 \fBresize_inode\fP
304266 ブロックグループディスクリプタテーブルを 将来大きくできるように、領域を予約しておく。 \fBresize2fs\fP
@@ -309,12 +271,10 @@ enabled automatically when the filesystem is mounted.
309271 スーパーブロックのバックアップコピーを少なくした ファイルシステムを作成する (大きなファイルシステムでは使用量を少なくできる)。
310272 .TP
311273 \fBuninit_bg\fP
312-Create a filesystem without initializing all of the block groups. This
313-feature also enables checksums and highest\-inode\-used statistics in each
314-blockgroup. This feature can speed up filesystem creation time noticeably
315-(if lazy_itable_init is enabled), and can also reduce \fBe2fsck\fP time
316-dramatically. It is only supported by the ext4 filesystem in recent Linux
317-kernels.
274+すべてのブロックグループを初期化せずにファイルシステムを作成する。この feature は、各ブロックグループのチェックサムと最高位 inode
275+利用状況の統計を有効にする。この feature は (lazy_itable_init が有効にされている場合)
276+フィルシステム作成時間を特にスピードアップし、\fBe2fsck\fP の時間を劇的に短くする。これは、ext4 ファイルシステムと最近の Linux
277+カーネルでのみサポートされている。
318278 .RE
319279 .TP
320280 \fB\-q\fP
@@ -336,68 +296,53 @@ inode ビットマップには手をつけない。 このオプションを使
336296 さもなければ、復帰できる見込みはない。
337297 .TP
338298 \fB\-t\fP\fI fs\-type\fP
339-Specify the filesystem type (i.e., ext2, ext3, ext4, etc.) that is to be
340-created. If this option is not specified, \fBmke2fs\fP will pick a default
341-either via how the command was run (for example, using a name of the form
342-mkfs.ext2, mkfs.ext3, etc.) or via a default as defined by the
343-\fB/etc/mke2fs.conf\fP(5) file. This option controls which filesystem options
344-are used by default, based on the \fBfstypes\fP configuration stanza in
345-\fB/etc/mke2fs.conf\fP(5).
299+作成するファイルシステムタイプ (ext2, ext3, ext4 など) を指定する。このオプションが指定されない場合、 \fBmke2fs\fP
300+はコマンド実行時のデフォルト(例えば mkfs.ext2, mkfs.ext3 などの名前が使われたか)、または
301+\fB/etc/mke2fs.conf\fP(5) ファイルで定義されるデフォルトを使う。このオプションは、\fB/etc/mke2fs.conf\fP(5) の
302+\fBfstypes\fP 節に基づいて、デフォルトでどのファイルシステムオプションが使われるかを制御する。
346303 .sp
347-If the \fB\-O\fP option is used to explicitly add or remove filesystem options
348-that should be set in the newly created filesystem, the resulting filesystem
349-may not be supported by the requested \fIfs\-type\fP. (e.g., "\fBmke2fs \-t ext3
350-\-O extent /dev/sdXX\fP" will create a filesystem that is not supported by the
351-ext3 implementation as found in the Linux kernel; and "\fBmke2fs \-t ext3 \-O
352-^has_journal /dev/hdXX\fP" will create a filesystem that does not have a
353-journal and hence will not be supported by the ext3 filesystem code in the
354-Linux kernel.)
304+\fB\-O\fP オプションは、新規作成されるファイルシステムで使われるファイルシステムオプションを明示的に追加または削除する。指定された
305+\fIfs\-type\fP によっては、サポートされない場合もある。(例えば、"\fBmke2fs \-t ext3 \-O extent /dev/sdXX\fP"
306+は、Linux カーネルの ext3 実装ではサポートされないファイルシステムが作成される。また、"\fBmke2fs \-t ext3 \-O
307+^has_journal /dev/hdXX\fP" はジャーナルを持たないファイルシステムが作成される。なぜなら、ジャーナルありの ext3
308+ファイルシステムコードが Linux カーネルでサポートされていないからである。)
355309 .TP
356310 \fB\-T\fP\fI usage\-type[,...]\fP
357-Specify how the filesystem is going to be used, so that \fBmke2fs\fP can choose
358-optimal filesystem parameters for that use. The usage types that are
359-supported are defined in the configuration file \fB/etc/mke2fs.conf\fP(5). The
360-user may specify one or more usage types using a comma separated list.
311+ファイルシステムの利用用途を指定し、\fBmke2fs\fP が使うオプションのシステムパラメータを選べるようにする。サポートされている usage type
312+は設定ファイル \fB/etc/mke2fs.conf\fP(5) に定義されている。ユーザはカンマ区切りリストで 1 つ以上の usage type
313+を指定できる。
361314 .sp
362-If this option is is not specified, \fBmke2fs\fP will pick a single default
363-usage type based on the size of the filesystem to be created. If the
364-filesystem size is less than or equal to 3 megabytes, \fBmke2fs\fP will use the
365-filesystem type \fIfloppy\fP. If the filesystem size is greater than 3 but
366-less than or equal to 512 megabytes, \fBmke2fs\fP(8) will use the filesystem
367-type \fIsmall\fP. If the filesystem size is greater than or equal to 4
368-terabytes but less than 16 terabytes, \fBmke2fs\fP(8) will use the filesystem
369-type \fIbig\fP. If the filesystem size is greater than or equal to 16
370-terabytes, \fBmke2fs\fP(8) will use the filesystem type \fIhuge\fP. Otherwise,
371-\fBmke2fs\fP(8) will use the default filesystem type \fIdefault\fP.
315+このオプションが指定されない場合、\fBmke2fs\fP は作成されるファイルシステムのサイズによって、1
316+つのデフォルトを選択する。ファイルシステムサイズが 3MB 以下である場合、\fBmke2fs\fP はファイルシステムタイプ \fIfloppy\fP
317+を使う。ファイルシステムサイズが 3MB より大きく 512MB 以下である場合、\fBmke2fs\fP(8) はファイルシステムタイプ \fIsmall\fP
318+を使う。ファイルシステムサイズが 4TB より大きく 16TB 以下である場合、\fBmke2fs\fP(8) はファイルシステムタイプ \fIbig\fP
319+を使う。ファイルシステムサイズが 16TB より大きい場合、\fBmke2fs\fP(8) はファイルシステムタイプ \fIhuge\fP
320+を使う。その他の場合、\fBmke2fs\fP(8) はデフォルトのファイルシステムタイプ \fIdefault\fP を使う。
372321 .TP
373322 \fB\-U\fP\fI UUID\fP
374-Create the filesystem with the specified UUID.
323+指定した UUID でファイルシステムを作成する。
375324 .TP
376325 \fB\-v\fP
377326 詳細な表示をする。
378327 .TP
379328 \fB\-V\fP
380329 \fBmke2fs\fP のバージョンを表示して終了する。
381-.SH ENVIRONMENT
330+.SH 環境変数
382331 .TP
383332 \fBMKE2FS_SYNC\fP
384-If set to non\-zero integer value, its value is used to determine how often
385-\fBsync\fP(2) is called during inode table initialization.
333+0 でない整数を指定すると、inode テーブル初期化時に \fBsync\fP(2) を呼ぶ頻度として指定される。
386334 .TP
387335 \fBMKE2FS_CONFIG\fP
388-Determines the location of the configuration file (see \fBmke2fs.conf\fP(5)).
336+設定ファイル (\fBmke2fs.conf\fP(5) を参照) の場所を決定する。
389337 .TP
390338 \fBMKE2FS_FIRST_META_BG\fP
391-If set to non\-zero integer value, its value is used to determine first meta
392-block group. This is mostly for debugging purposes.
339+0 でない整数を指定すると、最初のメタブロックグループを決定するために使われる。これは主にデバッグ用である。
393340 .TP
394341 \fBMKE2FS_DEVICE_SECTSIZE\fP
395-If set to non\-zero integer value, its value is used to determine physical
396-sector size of the \fIdevice\fP.
342+0 でない整数を指定すると、\fIdevice\fP の物理セクタサイズを決定するのに使われる。
397343 .TP
398344 \fBMKE2FS_SKIP_CHECK_MSG\fP
399-If set, do not show the message of filesystem automatic check caused by
400-mount count or check interval.
345+この環境変数が設定されると、マウント回数やチェック間隔で自動チェックされるファイルシステムのメッセージを表示しない。
401346 .SH 作者
402347 このバージョンの \fBmke2fs\fP は Theodore Ts'o <tytso@mit.edu> によって作成された。
403348 .SH バグ
--- a/manual/e2fsprogs/draft/man8/tune2fs.8
+++ b/manual/e2fsprogs/draft/man8/tune2fs.8
@@ -34,14 +34,13 @@ tune2fs \- ext2/ext3/ext4 ファイルシステムのパラメータを調整す
3434 \fB\-M\fP \fIlast\-mounted\-directory\fP ] [ \fB\-O\fP [^]\fIfeature\fP[,...] ] [ \fB\-Q\fP
3535 \fIquota\-options\fP ] [ [ \fB\-T\fP \fItime\-last\-checked\fP ] [ \fB\-U\fP \fIUUID\fP ] device
3636 .SH 説明
37-\fBtune2fs\fP allows the system administrator to adjust various tunable
38-filesystem parameters on Linux ext2, ext3, or ext4 filesystems. The current
39-values of these options can be displayed by using the \fB\-l\fP option to
40-\fBtune2fs\fP(8) program, or by using the \fBdumpe2fs\fP(8) program.
37+システム管理者は \fBtune2fs\fP により Linux ext2, ext3, ext4
38+ファイルシステムの様々なパラメータを調整できる。現在サポートされているオプションは、\fBtune2fs\fP(8) プログラムの \fB\-l\fP
39+オプション、または \fBdumpe2fs\fP(8) プログラムで表示できる。
4140 .PP
42-The \fIdevice\fP specifer can either be a filename (i.e., /dev/sda1), or a
43-LABEL or UUID specifer: "\fBLABEL=\fP\fIvolume\-name\fP" or "\fBUUID=\fP\fIuuid\fP".
44-(i.e., LABEL=home or UUID=e40486c6\-84d5\-4f2f\-b99c\-032281799c9d).
41+\fIdevice\fP ファイル名 (例: /dev/sda1) で指定できる。また、LABEL、UUID で
42+"\fBLABEL=\fP\fIvolume\-name\fP" または "\fBUUID=\fP\fIuuid\fP" (例: LABEL=home または
43+UUID=e40486c6\-84d5\-4f2f\-b99c\-032281799c9d) のように指定できる。
4544 .SH オプション
4645 .TP
4746 \fB\-c\fP\fI max\-mount\-counts\fP
@@ -84,61 +83,49 @@ LABEL or UUID specifer: "\fBLABEL=\fP\fIvolume\-name\fP" or "\fBUUID=\fP\fIuuid\
8483 .RE
8584 .TP
8685 \fB\-E\fP\fI extended\-options\fP
87-Set extended options for the filesystem. Extended options are comma
88-separated, and may take an argument using the equals ('=') sign. The
89-following extended options are supported:
86+ファイルシステムの拡張オプションを設定する。拡張オプションはカンマ区切りで、イコール ('=')
87+を使って引数を指定できる。以下の拡張オプションがサポートされている。
9088 .RS 1.2i
9189 .TP
9290 \fBclear_mmp\fP
93-Reset the MMP block (if any) back to the clean state. Use only if
94-absolutely certain the device is not currently mounted or being fscked, or
95-major filesystem corruption can result. Needs '\-f'.
91+(もし存在すれば) MMP ブロックをリセットして、クリーンな状態に戻す。デバイスが現在マウントされておらず、fsck
92+されているのが確実な場合にのみ使うべきである。さもないと典型的なファイルシステムの破損が起こる可能性がある。'\-f' を指定する必要がある。
9693 .TP
9794 \fBmmp_update_interval=\fP\fIinterval\fP
98-Adjust the initial MMP update interval to \fIinterval\fP seconds. Specifying
99-an \fIinterval\fP of 0 means to use the default interval. The specified
100-interval must be less than 300 seconds. Requires that the \fBmmp\fP feature be
101-enabled.
95+MMP 更新間隔の初期値を \fIinterval\fP 秒にする。\fIinterval\fP を 0 に設定すると、デフォルトの更新間隔を使う。間隔は 300
96+秒より短くしなければならない。\fBmmp\fP feature を有効にしておく必要がある。
10297 .TP
10398 \fBstride=\fP\fIstride\-size\fP
104-Configure the filesystem for a RAID array with \fIstride\-size\fP filesystem
105-blocks. This is the number of blocks read or written to disk before moving
106-to next disk. This mostly affects placement of filesystem metadata like
107-bitmaps at \fBmke2fs\fP(2) time to avoid placing them on a single disk, which
108-can hurt the performance. It may also be used by block allocator.
99+RAID アレイのファイルシステムに対して、\fIstride\-size\fP
100+ファイルシステムブロックに設定する。次のディスクに移動するまで、このブロック数で読み書きされ、\fIチャンクサイズ\fPとも呼ばれる。このサイズはビットマップのようなファイルシステムメタデータの配置に影響する。\fBmke2fs\fP(2)
101+の実行時にメタデータを 1 つのディスクに置くと、性能を害する可能性がある。また、このサイズはブロックアロケータでも使われる。
109102 .TP
110103 \fBstripe_width=\fP\fIstripe\-width\fP
111-Configure the filesystem for a RAID array with \fIstripe\-width\fP filesystem
112-blocks per stripe. This is typically be stride\-size * N, where N is the
113-number of data disks in the RAID (e.g. RAID 5 N+1, RAID 6 N+2). This allows
114-the block allocator to prevent read\-modify\-write of the parity in a RAID
115-stripe if possible when the data is written.
104+RAID アレイのファイルシステムに対して、1 ストライプあたりのファイルシステムブロックを \fIstripe\-width\fP
105+に設定する。一般的にこのサイズは、 N を RAID のデータ格納ディスクとしたとき、stride\-size * N である (例えば、RAID 5
106+N+1、RAID 6 N+2 である)。これにより、データが書き込まれる時に、ブロックアロケータが RAID
107+ストライプにパリティの読み込み\-修正\-書き込みを行うのを防止する。
116108 .TP
117109 \fBhash_alg=\fP\fIhash\-alg\fP
118-Set the default hash algorithm used for filesystems with hashed b\-tree
119-directories. Valid algorithms accepted are: \fIlegacy\fP, \fIhalf_md4\fP, and
120-\fItea\fP.
110+ハッシュ付き b\-tree ディレクトリを含む新しいファイルシステムで使われるデフォルトのハッシュアルゴリズムを設定する。指定可能なアルゴリズムは
111+\fIlegacy\fP, \fIhalf_md4\fP, \fItea\fP である。
121112 .TP
122113 \fBmount_opts=\fP\fImount_option_string\fP
123-Set a set of default mount options which will be used when the file system
124-is mounted. Unlike the bitmask\-based default mount options which can be
125-specified with the \fB\-o\fP option, \fImount_option_string\fP is an arbitrary
126-string with a maximum length of 63 bytes, which is stored in the superblock.
114+ファイルシステムをマウントする際の、デフォルトのマウントオプションを設定する。\fB\-o\fP
115+オプションで指定されるビットマスクベースのデフォルトのマウントオプションと異なり、\fImount_option_string\fP は最大 63
116+バイトの任意の文字列で、スーパーブロックに格納される。
127117 .IP
128-The ext4 file system driver will first apply the bitmask\-based default
129-options, and then parse the \fImount_option_string\fP, before parsing the mount
130-options passed from the \fBmount\fP(8) program.
118+ext4 ファイルシステムドライバーは、\fBmount\fP(8)
119+プログラムから渡されるマウントオプションを解析する前に、最初にビットマスクベースのデフォルトオプションを適用し、次に
120+\fImount_option_string\fP を解析する。
131121 .IP
132-This superblock setting is only honored in 2.6.35+ kernels; and not at all
133-by the ext2 and ext3 file system drivers.
122+このスーパーブロック設定は、2.6.35 以降のカーネルでのみサポートされ、ext2 と ext3 ファイルシステムドライバーではサポートされない。
134123 .TP
135124 \fBtest_fs\fP
136-Set a flag in the filesystem superblock indicating that it may be mounted
137-using experimental kernel code, such as the ext4dev filesystem.
125+ファイルシステムスーパーブロックのフラグを設定し、ext4dev ファイルシステムのような、実験的なカーネルコードを使ってマウントするようにする。
138126 .TP
139127 \fB^test_fs\fP
140-Clear the test_fs flag, indicating the filesystem should only be mounted
141-using production\-level filesystem code.
128+test_fs フラグをクリアし、ファイルシステムを製品レベルのコードのみでマウントする。
142129 .RE
143130 .TP
144131 \fB\-f\fP
@@ -158,11 +145,9 @@ using production\-level filesystem code.
158145 \fIinterval\-between\-checks\fP は「日」と解釈され、 \fBm\fP, \fBw\fP はそれぞれ「月」「週」と解釈される。 0
159146 を指定すると、時間依存のチェックはしなくなる。
160147 .sp
161-It is strongly recommended that either \fB\-c\fP (mount\-count\-dependent) or
162-\fB\-i\fP (time\-dependent) checking be enabled to force periodic full
163-\fBe2fsck\fP(8) checking of the filesystem. Failure to do so may lead to
164-filesystem corruption (due to bad disks, cables, memory, or kernel bugs)
165-going unnoticed, ultimately resulting in data loss or corruption.
148+\fB\-c\fP (マウント回数に依存しない)、または \fB\-i\fP (時間に依存しない) チェックを有効にして、ファイルシステムの定期的な
149+\fBe2fsck\fP(8) でのフルチェックを有効にすることを推奨する。そうしないと、(ディスク、ケーブル、メモリの故障や、カーネルバグによる)
150+ファイルシステムの破損が知らされず、最終的にデータの喪失や破損につながる。
166151 .TP
167152 \fB\-j\fP
168153 ext3 ジャーナルをファイルシステムに追加する。 \-J オプションが指定されていない場合は、 デフォルトのジャーナルパラメータが用いられ、
@@ -213,8 +198,7 @@ UUID を表示するには、 \fBdumpe2fs\fP(8) を使うこと。 \fBtune2fs\fP
213198 ひとつのファイルシステムに対しては、 \fBsize\fP オプションと \fBdevice\fP オプションのどちらか一方しか指定できない。
214199 .TP
215200 \fB\-l\fP
216-List the contents of the filesystem superblock, including the current values
217-of the parameters that can be set via this program.
201+このプログラムで設定可能な値を含むファイルシステムスーパーブロックの内容を表示する。
218202 .TP
219203 \fB\-L\fP\fI volume\-label\fP
220204 ファイルシステムのボリュームラベルを設定する。 ext2 ファイルシステムラベルは最大 16 文字まで指定できる。 \fIvolume\-label\fP が
@@ -223,12 +207,9 @@ of the parameters that can be set via this program.
223207 のようなブロックスペシャルデバイス名の代わりに、 \fBLABEL=\fP\fIvolume_label\fP という形式で指定して使うことができる。
224208 .TP
225209 \fB\-m\fP\fI reserved\-blocks\-percentage\fP
226-Set the percentage of the filesystem which may only be allocated by
227-privileged processes. Reserving some number of filesystem blocks for use by
228-privileged processes is done to avoid filesystem fragmentation, and to allow
229-system daemons, such as \fBsyslogd\fP(8), to continue to function correctly
230-after non\-privileged processes are prevented from writing to the
231-filesystem. Normally, the default percentage of reserved blocks is 5%.
210+特権プロセスによって確保されるファイルシステムの割合を %
211+で設定する。特権プロセスが使うファイルシステムブロック数を予約して、ファイルシステムの断片化を避けて、非特権プロセスがファイルシステムに書き込むのを防止して、\fBsyslogd\fP(8)
212+のようなシステムデーモンが正常に動き続けるのを可能にする。通常、予約ブロックのデフォルトは 5% である。
232213 .TP
233214 \fB\-M\fP\fI last\-mounted\-directory\fP
234215 ファイルシステムを最後にマウントしたディレクトリを設定する。
@@ -278,32 +259,25 @@ Posix アクセス制御リスト (Access Control List) を有効にする。
278259 ファイルに古いデータが現れるのを許してしまう。
279260 .TP
280261 \fBnobarrier\fP
281-The file system will be mounted with barrier operations in the journal
282-disabled. (This option is currently only supported by the ext4 file system
283-driver in 2.6.35+ kernels.)
262+ジャーナルのバリア操作を無効化してファイルシステムをマウントする (このオプションは、2.6.35 以降のカーネルの ext4
263+ファイルシステムでのみサポートされる)。
284264 .TP
285265 \fBblock_validity\fP
286-The file system will be mounted with the block_validity option enabled,
287-which causes extra checks to be performed after reading or writing from the
288-file system. This prevents corrupted metadata blocks from causing file
289-system damage by overwriting parts of the inode table or block group
290-descriptors. This comes at the cost of increased memory and CPU overhead,
291-so it is enabled only for debugging purposes. (This option is currently
292-only supported by the ext4 file system driver in 2.6.35+ kernels.)
266+block_validity
267+オプションを有効化して、ファイルシステムをマウントする。これは、ファイルシステムの読み書きの後に、追加のチェックを行う。このオプションは、inode
268+テーブルまたはブロックグループディスクリプタのファイルシステムダメージ部分を上書きすることによるメタデータブロックの破損を防止する。これはメモリと
269+CPU のオーバーヘッドを大きくするので、デバッグのためだけに有効化される (このオプションは、2.6.35 以降のカーネルの ext4
270+ファイルシステムでのみサポートされる)。
293271 .TP
294272 \fBdiscard\fP
295-The file system will be mouinted with the discard mount option. This will
296-cause the file system driver to attempt to use the trim/discard feature of
297-some storage devices (such as SSD's and thin\-provisioned drives available in
298-some enterprise storage arrays) to inform the storage device that blocks
299-belonging to deleted files can be reused for other purposes. (This option
300-is currently only supported by the ext4 file system driver in 2.6.35+
301-kernels.)
273+discard オプションを付けてファイルシステムをマウントする。このオプションは、いくつかのストレージデバイスのドライバー
274+(企業レベルのストレージアレイで利用可能な SSD とシンプロビジョニングドライバー) で trim/discard feature
275+を使うようにし、削除されたファイルに紐付くブロックをストレージデバイスが他の目的に使えるようにする (このオプションは、2.6.35 以降のカーネルの
276+ext4 ファイルシステムでのみサポートされる)。
302277 .TP
303278 \fBnodelalloc\fP
304-The file system will be mounted with the nodelalloc mount option. This will
305-disable the delayed allocation feature. (This option is currently only
306-supported by the ext4 file system driver in 2.6.35+ kernels.)
279+nodelalloc マウントオプションを付けてファイルシステムをマウントする。このオプションは delayed allocation feature
280+を無効にする (このオプションは、2.6.35 以降のカーネルの ext4 ファイルシステムでのみサポートされる)。
307281 .RE
308282 .TP
309283 \fB\-O\fP [^]\fIfeature\fP[,...]
@@ -319,70 +293,63 @@ supported by the ext4 file system driver in 2.6.35+ kernels.)
319293 ハッシュ B ツリーを使い、 ファイルが多いディレクトリ内での検索を高速化する。
320294 .TP
321295 \fBdir_nlink\fP
322-Allow more than 65000 subdirectories per directory.
296+1 ディレクトリあたり 65000 より多いサブディレクトリを利用可能にする。
323297 .TP
324298 \fBfiletype\fP
325299 ディレクトリエントリにファイルタイプ情報を格納する。
326300 .TP
327301 \fBflex_bg\fP
328-Allow bitmaps and inode tables for a block group to be placed anywhere on
329-the storage media. \fBTune2fs\fP will not reorganize the location of the inode
330-tables and allocation bitmaps, as \fBmke2fs\fP(8) will do when it creates a
331-freshly formated file system with \fBflex_bg\fP enabled.
302+ブロックグループのビットマップと inode テーブルを、ストレージメディアの任意の場所に置けるようにする。\fBtune2fs\fP は inode
303+テーブルとアロケーションビットマップの場所を再変更せず、\fBmke2fs\fP(8)
304+が新たにフォーマットされたファイルシステムを作成する際に、\fBflex_bg\fP を有効にされていると再変更が行われる。
332305 .TP
333306 \fBhas_journal\fP
334307 ジャーナルを使うことにより、 異常なシャットダウンが起こってもファイルシステムの一貫性を保証する。 このファイルシステム属性をセットするのは、
335308 \fB\-j\fP オプションを使うのと等しい。
336309 .TP
337310 \fBlarge_file\fP
338-Filesystem can contain files that are greater than 2GB. (Modern kernels set
339-this feature automatically when a file > 2GB is created.)
311+ファイルシステムが 2GB より大きいファイルを格納できる。(最近のカーネルは、2GB より大きいファイルが作られるときに、この feature
312+を自動的に設定する。)
340313 .TP
341314 \fBresize_inode\fP
342-Reserve space so the block group descriptor table may grow in the future.
343-\fBTune2fs\fP only supports clearing this filesystem feature.
315+ブロックグループディスクリプタテーブルが将来大きくなるのに備えて領域を確保する。\fBtune2fs\fP はこのファイルシステム feature
316+のクリアのみをサポートしている。
344317 .TP
345318 \fBmmp\fP
346-Enable or disable multiple mount protection (MMP) feature. MMP helps to
347-protect the filesystem from being multiply mounted and is useful in shared
348-storage environments.
319+複数マウント防止 (multiple mount protection, MMP) feature を有効または無効にする。MMP
320+は、ファイルシステムが複数マウントされるのを防止し、共有ストレージ環境で役立つ。
349321 .TP
350322 \fBsparse_super\fP
351323 大きなファイルシステム上でディスク使用量を少なくするために、 バックアップスーパーブロックの数を制限する。
352324 .TP
353325 \fBuninit_bg\fP
354-Allow the kernel to initialize bitmaps and inode tables and keep a high
355-watermark for the unused inodes in a filesystem, to reduce \fBe2fsck\fP(8)
356-time. This first e2fsck run after enabling this feature will take the full
357-time, but subsequent e2fsck runs will take only a fraction of the original
358-time, depending on how full the file system is.
326+カーネルがビットマップと inode テーブルを初期化と、ファイルシステムの未使用 inode
327+のハイウォーターマークの保持を可能にして、\fBe2fsck\fP(8) の時間を削減する。この feature を有効にした後の初めて e2fsck
328+を実行では、完全に実行するのに時間がかかる。しかし、その後の e2fsck では、ファイルシステムの使用量に応じて、元の時間の一部で済む。
359329 .RE
360330 .IP
361-After setting or clearing \fBsparse_super\fP, \fBuninit_bg\fP, \fBfiletype\fP, or
362-\fBresize_inode\fP filesystem features, \fBe2fsck\fP(8) must be run on the
363-filesystem to return the filesystem to a consistent state. \fBTune2fs\fP will
364-print a message requesting that the system administrator run \fBe2fsck\fP(8)
365-if necessary. After setting the \fBdir_index\fP feature, \fBe2fsck \-D\fP can be
366-run to convert existing directories to the hashed B\-tree format. Enabling
367-certain filesystem features may prevent the filesystem from being mounted by
368-kernels which do not support those features. In particular, the
369-\fBuninit_bg\fP and \fBflex_bg\fP features are only supported by the ext4
370-filesystem.
331+\fBsparse_super\fP, \fBuninit_bg\fP, \fBfiletype\fP, \fBresize_inode\fP ファイルシステム
332+features を設定、またはクリアした後、\fBe2fsck\fP(8)
333+をファイルシステムに実行し、ファイルシステムを一貫した状態に戻さなければならない。\fBtune2fs\fP は、必要に応じて、システム管理者が
334+\fBe2fsck\fP(8) を実行する必要がある旨のメッセージを表示する。\fBdir_index\fP feature を設定した後、\fBe2fsck \-D\fP
335+を実行し、既存のディレクトリをハッシュ付き B\-tree 形式に変換する必要がある。特定のファイルシステム feature を有効にすると、その
336+feature をサポートしていないカーネルでファイルシステムをマウントできなくなる。特に \fBuninit_bg\fP と \fBflex_bg\fP
337+feature は、ext4 ファイルシステムでのみサポートされる。
371338 .TP
372339 \fB\-p\fP\fI mmp_check_interval\fP
373-Set the desired MMP check interval in seconds. It is 5 seconds by default.
340+MMP チェック間隔を設定した秒数にする。デフォルトは 5 秒である。
374341 .TP
375342 \fB\-r\fP\fI reserved\-blocks\-count\fP
376343 予約ファイルシステムブロックの量をブロック数で設定する。
377344 .TP
378345 \fB\-Q\fP\fI quota\-options\fP
379-Sets 'quota' feature on the superblock and works on the quota files for the
380-given quota type. Quota options could be one or more of the following:
346+\&'quota' feature をスーパーブロックに設定し、指定したクォータタイプのクォータファイルを動作させる。クォータオプションは以下の 1
347+つ以上を設定できる。
381348 .RS 1.2i
382349 .TP
383350 \fB[^]usrquota\fP
384-Sets/clears user quota inode in the superblock. \fB[^]usrquota\fP Sets/clears
385-group quota inode in the superblock.
351+スーパーブロックのユーザクォータ inode を設定またはクリアする。\fB[^]grpquota\fP スーパーブロックのグループクォータ inode
352+を設定またはクリアする。
386353 .TP
387354 \fB\-T\fP\fI time\-last\-checked\fP
388355 ファイルシステムが最後に \fBe2fsck\fP によってチェックされた時刻を設定する。
--- a/manual/e2fsprogs/po4a/ja.po
+++ b/manual/e2fsprogs/po4a/ja.po
@@ -6,8 +6,8 @@
66 msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
9-"POT-Creation-Date: 2012-03-18 00:31+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2013-06-10 23:15+0900\n"
9+"POT-Creation-Date: 2019-06-15 23:08+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2019-06-22 23:02+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1212 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -32,12 +32,11 @@ msgstr "CHATTR"
3232 #: original/man8/badblocks.8:2 original/man8/blkid.8:8
3333 #: original/man8/debugfs.8:5 original/man8/dumpe2fs.8:5
3434 #: original/man8/e2freefrag.8:2 original/man8/e2fsck.8:5
35-#: original/man8/e2image.8:5 original/man8/e2label.8:5
36-#: original/man8/e2undo.8:5 original/man8/filefrag.8:2
37-#: original/man8/findfs.8:5 original/man8/fsck.8:5 original/man8/logsave.8:5
38-#: original/man8/mke2fs.8:5 original/man8/mklost+found.8:5
39-#: original/man8/resize2fs.8:5 original/man8/tune2fs.8:5
40-#: original/man8/uuidd.8:5
35+#: original/man8/e2image.8:5 original/man8/e2label.8:5 original/man8/e2undo.8:5
36+#: original/man8/filefrag.8:2 original/man8/findfs.8:5 original/man8/fsck.8:5
37+#: original/man8/logsave.8:5 original/man8/mke2fs.8:5
38+#: original/man8/mklost+found.8:5 original/man8/resize2fs.8:5
39+#: original/man8/tune2fs.8:5 original/man8/uuidd.8:5
4140 #, no-wrap
4241 msgid "February 2012"
4342 msgstr "February 2012"
@@ -53,21 +52,19 @@ msgstr "February 2012"
5352 #: original/man8/badblocks.8:2 original/man8/blkid.8:8
5453 #: original/man8/debugfs.8:5 original/man8/dumpe2fs.8:5
5554 #: original/man8/e2freefrag.8:2 original/man8/e2fsck.8:5
56-#: original/man8/e2image.8:5 original/man8/e2label.8:5
57-#: original/man8/e2undo.8:5 original/man8/filefrag.8:2
58-#: original/man8/findfs.8:5 original/man8/fsck.8:5 original/man8/logsave.8:5
59-#: original/man8/mke2fs.8:5 original/man8/mklost+found.8:5
60-#: original/man8/resize2fs.8:5 original/man8/tune2fs.8:5
61-#: original/man8/uuidd.8:5
55+#: original/man8/e2image.8:5 original/man8/e2label.8:5 original/man8/e2undo.8:5
56+#: original/man8/filefrag.8:2 original/man8/findfs.8:5 original/man8/fsck.8:5
57+#: original/man8/logsave.8:5 original/man8/mke2fs.8:5
58+#: original/man8/mklost+found.8:5 original/man8/resize2fs.8:5
59+#: original/man8/tune2fs.8:5 original/man8/uuidd.8:5
6260 #, no-wrap
6361 msgid "E2fsprogs version 1.42.1"
6462 msgstr "E2fsprogs version 1.42.1"
6563
6664 #. type: SH
6765 #: original/man1/chattr.1:3 original/man1/compile_et.1:7
68-#: original/man1/lsattr.1:3 original/man1/mk_cmds.1:4
69-#: original/man1/uuidgen.1:9 original/man3/com_err.3:5
70-#: original/man3/libblkid.3:9 original/man3/uuid.3:33
66+#: original/man1/lsattr.1:3 original/man1/mk_cmds.1:4 original/man1/uuidgen.1:9
67+#: original/man3/com_err.3:5 original/man3/libblkid.3:9 original/man3/uuid.3:33
7168 #: original/man3/uuid_clear.3:33 original/man3/uuid_compare.3:33
7269 #: original/man3/uuid_copy.3:33 original/man3/uuid_generate.3:33
7370 #: original/man3/uuid_is_null.3:33 original/man3/uuid_parse.3:33
@@ -76,12 +73,12 @@ msgstr "E2fsprogs version 1.42.1"
7673 #: original/man8/badblocks.8:3 original/man8/blkid.8:9
7774 #: original/man8/debugfs.8:6 original/man8/dumpe2fs.8:6
7875 #: original/man8/e2freefrag.8:3 original/man8/e2fsck.8:6
79-#: original/man8/e2image.8:6 original/man8/e2label.8:6
80-#: original/man8/e2undo.8:6 original/man8/e4defrag.8:2
81-#: original/man8/filefrag.8:3 original/man8/findfs.8:6 original/man8/fsck.8:6
82-#: original/man8/logsave.8:6 original/man8/mke2fs.8:6
83-#: original/man8/mklost+found.8:6 original/man8/resize2fs.8:6
84-#: original/man8/tune2fs.8:6 original/man8/uuidd.8:6
76+#: original/man8/e2image.8:6 original/man8/e2label.8:6 original/man8/e2undo.8:6
77+#: original/man8/e4defrag.8:2 original/man8/filefrag.8:3
78+#: original/man8/findfs.8:6 original/man8/fsck.8:6 original/man8/logsave.8:6
79+#: original/man8/mke2fs.8:6 original/man8/mklost+found.8:6
80+#: original/man8/resize2fs.8:6 original/man8/tune2fs.8:6
81+#: original/man8/uuidd.8:6
8582 #, no-wrap
8683 msgid "NAME"
8784 msgstr "名前"
@@ -103,12 +100,12 @@ msgstr "chattr - Linux ファイルシステム上のファイルの属性を変
103100 #: original/man8/badblocks.8:5 original/man8/blkid.8:11
104101 #: original/man8/debugfs.8:8 original/man8/dumpe2fs.8:8
105102 #: original/man8/e2freefrag.8:5 original/man8/e2fsck.8:8
106-#: original/man8/e2image.8:8 original/man8/e2label.8:8
107-#: original/man8/e2undo.8:8 original/man8/e4defrag.8:4
108-#: original/man8/filefrag.8:5 original/man8/findfs.8:8 original/man8/fsck.8:8
109-#: original/man8/logsave.8:8 original/man8/mke2fs.8:8
110-#: original/man8/mklost+found.8:9 original/man8/resize2fs.8:8
111-#: original/man8/tune2fs.8:8 original/man8/uuidd.8:8
103+#: original/man8/e2image.8:8 original/man8/e2label.8:8 original/man8/e2undo.8:8
104+#: original/man8/e4defrag.8:4 original/man8/filefrag.8:5
105+#: original/man8/findfs.8:8 original/man8/fsck.8:8 original/man8/logsave.8:8
106+#: original/man8/mke2fs.8:8 original/man8/mklost+found.8:9
107+#: original/man8/resize2fs.8:8 original/man8/tune2fs.8:8
108+#: original/man8/uuidd.8:8
112109 #, no-wrap
113110 msgid "SYNOPSIS"
114111 msgstr "書式"
@@ -160,7 +157,10 @@ msgid ""
160157 "The operator `+' causes the selected attributes to be added to the existing "
161158 "attributes of the files; `-' causes them to be removed; and `=' causes them "
162159 "to be the only attributes that the files have."
163-msgstr "`+' オペレータを使用すると、選択した属性がファイルに付加される。 `-' オペレータを使用すると解除される。 `=' オペレータを使用すると、ファイルは指定した属性だけを持つことになる。"
160+msgstr ""
161+"`+' オペレータを使用すると、選択した属性がファイルに付加される。 `-' オペレー"
162+"タを使用すると解除される。 `=' オペレータを使用すると、ファイルは指定した属性"
163+"だけを持つことになる。"
164164
165165 #. type: Plain text
166166 #: original/man1/chattr.1:33
@@ -207,8 +207,7 @@ msgid "OPTIONS"
207207 msgstr "オプション"
208208
209209 #. type: TP
210-#: original/man1/chattr.1:40 original/man1/lsattr.1:19
211-#: original/man8/fsck.8:253
210+#: original/man1/chattr.1:40 original/man1/lsattr.1:19 original/man8/fsck.8:253
212211 #, no-wrap
213212 msgid "B<-R>"
214213 msgstr "B<-R>"
@@ -267,7 +266,9 @@ msgstr "属性"
267266 msgid ""
268267 "When a file with the 'A' attribute set is accessed, its atime record is not "
269268 "modified. This avoids a certain amount of disk I/O for laptop systems."
270-msgstr "'A' 属性が設定されているファイルは、 アクセスされても atime レコードが変更されない。 これはラップトップシステムのディスク I/O をある程度軽減する。"
269+msgstr ""
270+"'A' 属性が設定されているファイルは、 アクセスされても atime レコードが変更さ"
271+"れない。 これはラップトップシステムのディスク I/O をある程度軽減する。"
271272
272273 #. type: Plain text
273274 #: original/man1/chattr.1:60
@@ -321,7 +322,10 @@ msgid ""
321322 "The 'E' attribute is used by the experimental compression patches to "
322323 "indicate that a compressed file has a compression error. It may not be set "
323324 "or reset using B<chattr>(1), although it can be displayed by B<lsattr>(1)."
324-msgstr "'E' 属性は実験的な圧縮パッチが用いるもので、 圧縮ファイルに圧縮エラーがあることを示す。 この属性は B<chattr>(1) によって設定したり解除したりすることはできないが、 B<lsattr>(1) を用いて表示させることはできる。"
325+msgstr ""
326+"'E' 属性は実験的な圧縮パッチが用いるもので、 圧縮ファイルに圧縮エラーがあるこ"
327+"とを示す。 この属性は B<chattr>(1) によって設定したり解除したりすることはで"
328+"きないが、 B<lsattr>(1) を用いて表示させることはできる。"
325329
326330 #. type: Plain text
327331 #: original/man1/chattr.1:85
@@ -337,8 +341,8 @@ msgstr ""
337341 #: original/man1/chattr.1:91
338342 msgid ""
339343 "The 'I' attribute is used by the htree code to indicate that a directory is "
340-"being indexed using hashed trees. It may not be set or reset using B<chattr>"
341-"(1), although it can be displayed by B<lsattr>(1)."
344+"being indexed using hashed trees. It may not be set or reset using "
345+"B<chattr>(1), although it can be displayed by B<lsattr>(1)."
342346 msgstr ""
343347 "`I' 属性は htree コードによって用いられ、 ディレクトリがハッシュツリーを使っ"
344348 "て索引を付けられることを示す。 この属性は B<chattr>(1) によって設定したり解"
@@ -351,7 +355,12 @@ msgid ""
351355 "filesystem blocksize instead of in units of sectors, and means that the file "
352356 "is (or at one time was) larger than 2TB. It may not be set or reset using "
353357 "B<chattr>(1), although it can be displayed by B<lsattr>(1)."
354-msgstr "'h' 属性は、そのファイルのブロックがセクター単位ではなくファイルシステムのブロックサイズ単位で格納されていることを示す。 これは、そのファイルのサイズが 2TB 超である (または一度でも 2TB 超になったことがある) ことを意味する。 B<lsattr>(1) で表示することはできるが、 B<chattr>(1) でこの属性の設定、解除を行うことはできない。"
358+msgstr ""
359+"'h' 属性は、そのファイルのブロックがセクター単位ではなくファイルシステムのブ"
360+"ロックサイズ単位で格納されていることを示す。 これは、そのファイルのサイズが "
361+"2TB 超である (または一度でも 2TB 超になったことがある) ことを意味する。 "
362+"B<lsattr>(1) で表示することはできるが、 B<chattr>(1) でこの属性の設定、解除を"
363+"行うことはできない。"
355364
356365 #. type: Plain text
357366 #: original/man1/chattr.1:103
@@ -419,7 +428,7 @@ msgid ""
419428 "placed into separate block groups. For directories where this attribute is "
420429 "not set, the Orlov block allocator will try to group subdirectories closer "
421430 "together where possible."
422-msgstr ""
431+msgstr "`T' 属性が設定されているディレクトリは、 Orlovブロックアロケータのためのディレクトリ階層のトップとして扱われる。これはext3とext4で使われるブロックアロケータへのヒントになる。このディレクトリのサブディレクトリは関連付けが行われず、アロケーションのために拡張される。例えば /home ディレクトリに `T' 属性を設定しておくのはよい考えである。そうすれば、/home/john と /home/mary は別々のブロックグループに置かれる。この属性が設定されていないディレクトリについて、Orlovブロックアロケータは可能であればサブディレクトリをなるべく近くにグループ化する。"
423432
424433 #. type: Plain text
425434 #: original/man1/chattr.1:136
@@ -737,9 +746,9 @@ msgstr "バグ"
737746 #. type: Plain text
738747 #: original/man1/compile_et.1:75
739748 msgid ""
740-"Since the original B<compile_et> uses a very simple parser based on I<yacc>"
741-"(1), and this current version of B<compile_et> uses an awk/sed combination "
742-"of scripts, its error recovery leaves much to be desired."
749+"Since the original B<compile_et> uses a very simple parser based on "
750+"I<yacc>(1), and this current version of B<compile_et> uses an awk/sed "
751+"combination of scripts, its error recovery leaves much to be desired."
743752 msgstr ""
744753 "オリジナルの B<compile_et> は I<yacc>(1) を用いた非常に簡単なパーサーを使っ"
745754 "ていたし、 現在のバージョンの B<compile_et> は awk と sed スクリプトを組み合"
@@ -794,8 +803,8 @@ msgid "Display the program version."
794803 msgstr "プログラムのバージョンを表示する。"
795804
796805 #. type: TP
797-#: original/man1/lsattr.1:25 original/man8/e2fsck.8:72
798-#: original/man8/fsck.8:298 original/man8/logsave.8:40
806+#: original/man1/lsattr.1:25 original/man8/e2fsck.8:72 original/man8/fsck.8:298
807+#: original/man8/logsave.8:40
799808 #, no-wrap
800809 msgid "B<-a>"
801810 msgstr "B<-a>"
@@ -1234,14 +1243,16 @@ msgid ""
12341243 "standard location of the cache file can be overridden by the environment "
12351244 "variable BLKID_FILE."
12361245 msgstr ""
1237-"ブロックデバイスの情報は、通常キャッシュファイル I</etc/blkid.tab> に保存され、\n"
1246+"ブロックデバイスの情報は、通常キャッシュファイル I</etc/blkid.tab> に保存さ"
1247+"れ、\n"
12381248 "ユーザに返される前に現在も有効であるかが検証される\n"
12391249 "(ユーザに raw ブロックデバイスの読み込み権限がある場合は検証されるが、\n"
12401250 "ない場合は検証されない)。\n"
12411251 "また、キャッシュファイルにより、非特権ユーザもラベルや ID でデバイスを\n"
12421252 "見つけることができる (通常は非特権ユーザは root 以外の全ユーザや\n"
12431253 "\"disk\" グループに所属しないユーザが該当する)。\n"
1244-"キャッシュファイルの標準の場所は環境変数 BLKID_FILE で上書きすることができる。"
1254+"キャッシュファイルの標準の場所は環境変数 BLKID_FILE で上書きすることができ"
1255+"る。"
12451256
12461257 #. type: Plain text
12471258 #: original/man3/libblkid.3:41
@@ -1324,11 +1335,7 @@ msgid ""
13241335 "License (LGPL), version 2 (or at your discretion any later version). A copy "
13251336 "of the LGPL should be included with this library in the file COPYING. If "
13261337 "not, write to"
1327-msgstr ""
1328-"B<libblkid> is available under the terms of the GNU Library General Public "
1329-"License (LGPL), version 2 (or at your discretion any later version). A copy "
1330-"of the LGPL should be included with this library in the file COPYING. If "
1331-"not, write to"
1338+msgstr "B<libblkid> は GNU Library General Public License (LGPL), version 2 (もしくは裁量により以降のバージョン) の元で入手可能である。LGPL のコピーはこのライブラリの COPYING ファイルとして含まれていなけければならない。もし含まれていない場合、"
13321339
13331340 #. type: Plain text
13341341 #: original/man3/libblkid.3:67
@@ -1351,15 +1358,11 @@ msgid "Boston, MA 02110-1301 USA"
13511358 msgstr "Boston, MA 02110-1301 USA"
13521359
13531360 #. type: Plain text
1354-#: original/man3/libblkid.3:76
1355-msgid "or visit"
1356-msgstr "or visit"
1357-
1358-#. type: Plain text
1359-#: original/man3/libblkid.3:76 original/man3/libblkid.3:78
1360-#, no-wrap
1361-msgid "http://www.gnu.org/licenses/licenses.html#LGPL"
1362-msgstr "http://www.gnu.org/licenses/licenses.html#LGPL"
1361+#: original/man3/libblkid.3:79
1362+msgid ""
1363+"or visit E<.UR http://www.gnu.org/licenses/licenses.html#LGPL> http://www."
1364+"gnu.org/licenses/licenses.html#LGPL E<.UE>"
1365+msgstr "に連絡するか、E<.UR http://www.gnu.org/licenses/licenses.html#LGPL> http://www.gnu.org/licenses/licenses.html#LGPL E<.UE> を見てほしい。"
13631366
13641367 #. type: Plain text
13651368 #: original/man3/libblkid.3:80
@@ -1419,24 +1422,12 @@ msgid "Theodore Y. Ts'o"
14191422 msgstr "Theodore Y. Ts'o"
14201423
14211424 #. type: Plain text
1422-#: original/man3/uuid.3:55
1423-msgid "The UUID library is part of the e2fsprogs package and is available from"
1424-msgstr ""
1425-"UUID ライブラリは e2fsprogs パッケージの一部であり、以下から入手できる。"
1426-
1427-#. type: Plain text
1428-#: original/man3/uuid.3:55 original/man3/uuid.3:57
1429-#: original/man3/uuid_clear.3:50 original/man3/uuid_clear.3:52
1430-#: original/man3/uuid_compare.3:56 original/man3/uuid_compare.3:58
1431-#: original/man3/uuid_copy.3:52 original/man3/uuid_copy.3:54
1432-#: original/man3/uuid_generate.3:92 original/man3/uuid_generate.3:94
1433-#: original/man3/uuid_is_null.3:51 original/man3/uuid_is_null.3:53
1434-#: original/man3/uuid_parse.3:60 original/man3/uuid_parse.3:62
1435-#: original/man3/uuid_time.3:63 original/man3/uuid_time.3:65
1436-#: original/man3/uuid_unparse.3:68 original/man3/uuid_unparse.3:70
1437-#, no-wrap
1438-msgid "http://e2fsprogs.sourceforge.net/"
1439-msgstr "http://e2fsprogs.sourceforge.net/"
1425+#: original/man3/uuid.3:58
1426+msgid ""
1427+"The UUID library is part of the e2fsprogs package and is available from E<."
1428+"UR http://e2fsprogs.sourceforge.net/> http://e2fsprogs.sourceforge.net/ E<."
1429+"UE>"
1430+msgstr "UUID ライブラリ は e2fsprogs パッケージの一部であり、 E<.UR http://e2fsprogs.sourceforge.net/> http://e2fsprogs.sourceforge.net/ E<.UE> から入手できる。"
14401431
14411432 #. type: Plain text
14421433 #: original/man3/uuid.3:66
@@ -1482,6 +1473,16 @@ msgstr ""
14821473 "B<uuid_clear> 関数は与えられた uuid 変数 I<uu> に NULL 値をセットする。"
14831474
14841475 #. type: Plain text
1476+#: original/man3/uuid_clear.3:53 original/man3/uuid_compare.3:59
1477+#: original/man3/uuid_copy.3:55 original/man3/uuid_generate.3:95
1478+#: original/man3/uuid_is_null.3:54 original/man3/uuid_parse.3:63
1479+#: original/man3/uuid_time.3:66 original/man3/uuid_unparse.3:71
1480+msgid ""
1481+"E<.UR http://e2fsprogs.sourceforge.net/> http://e2fsprogs.sourceforge.net/ "
1482+"E<.UE>"
1483+msgstr "E<.UR http://e2fsprogs.sourceforge.net/> http://e2fsprogs.sourceforge.net/ E<.UE>"
1484+
1485+#. type: Plain text
14851486 #: original/man3/uuid_clear.3:60
14861487 msgid ""
14871488 "B<uuid>(3), B<uuid_compare>(3), B<uuid_copy>(3), B<uuid_generate>(3), "
@@ -1681,13 +1682,13 @@ msgstr "新たに生成された UUID が、 I<out> の指すメモリ位置に
16811682 #. type: Plain text
16821683 #: original/man3/uuid_generate.3:104
16831684 msgid ""
1684-"B<uuid>(3), B<uuidgen>(1), B<uuid_clear>(3), B<uuid_compare>(3), B<uuid_copy>"
1685-"(3), B<uuid_is_null>(3), B<uuid_parse>(3), B<uuid_time>(3), B<uuid_unparse>"
1686-"(3)"
1685+"B<uuid>(3), B<uuidgen>(1), B<uuid_clear>(3), B<uuid_compare>(3), "
1686+"B<uuid_copy>(3), B<uuid_is_null>(3), B<uuid_parse>(3), B<uuid_time>(3), "
1687+"B<uuid_unparse>(3)"
16871688 msgstr ""
1688-"B<uuid>(3), B<uuidgen>(1), B<uuid_clear>(3), B<uuid_compare>(3), B<uuid_copy>"
1689-"(3), B<uuid_is_null>(3), B<uuid_parse>(3), B<uuid_time>(3), B<uuid_unparse>"
1690-"(3)"
1689+"B<uuid>(3), B<uuidgen>(1), B<uuid_clear>(3), B<uuid_compare>(3), "
1690+"B<uuid_copy>(3), B<uuid_is_null>(3), B<uuid_parse>(3), B<uuid_time>(3), "
1691+"B<uuid_unparse>(3)"
16911692
16921693 #. type: TH
16931694 #: original/man3/uuid_is_null.3:32
@@ -1796,9 +1797,9 @@ msgid ""
17961797 "The B<uuid_time> function extracts the time at which the supplied time-based "
17971798 "UUID I<uu> was created. Note that the UUID creation time is only encoded "
17981799 "within certain types of UUIDs. This function can only reasonably expect to "
1799-"extract the creation time for UUIDs created with the B<uuid_generate_time>"
1800-"(3) function. It may or may not work with UUIDs created by other "
1801-"mechanisms."
1800+"extract the creation time for UUIDs created with the "
1801+"B<uuid_generate_time>(3) function. It may or may not work with UUIDs "
1802+"created by other mechanisms."
18021803 msgstr ""
18031804 "B<uuid_time> は、与えられた時刻ベースの UUID I<uu> から、それが生成された時刻"
18041805 "を取り出す。 UUID の生成時刻は特定のタイプの UUID にのみ エンコードされている"
@@ -1998,7 +1999,9 @@ msgstr " tag2 = value_e"
19981999 msgid ""
19992000 "Comments are delimited by a semicolon (';') or a hash ('#') character at the "
20002001 "beginning of the comment, and are terminated by the end of line character."
2001-msgstr "コメントは、先頭のセミコロン (';') または ハッシュ ('#') 文字で区切られ、行末文字で終わる。"
2002+msgstr ""
2003+"コメントは、先頭のセミコロン (';') または ハッシュ ('#') 文字で区切られ、行末"
2004+"文字で終わる。"
20022005
20032006 #. type: Plain text
20042007 #: original/man5/e2fsck.conf.5:61 original/man5/mke2fs.conf.5:61
@@ -2010,7 +2013,8 @@ msgid ""
20102013 "character)."
20112014 msgstr ""
20122015 "タグと値にスペースが含まれる場合は、ダブルクォートで括らなければならない。\n"
2013-"ダブルクォートで括った文字列内では、標準的なバックスラッシュの解釈が適用される:\n"
2016+"ダブルクォートで括った文字列内では、標準的なバックスラッシュの解釈が適用され"
2017+"る:\n"
20142018 "\"\\en\" (改行文字), \"\\et\" (タブ文字), \"\\eb\" (バックスペース文字),\n"
20152019 "\"\\e\\e\" (バックスラッシュ文字)。"
20162020
@@ -2063,7 +2067,9 @@ msgstr "I<[scratch_files]>"
20632067 msgid ""
20642068 "This stanza controls when e2fsck will attempt to use scratch files to reduce "
20652069 "the need for memory."
2066-msgstr "この節では e2fsck が必要なメモリ量を減らすためにスクラッチファイル (scratch file) を使う場合の設定を行う。"
2070+msgstr ""
2071+"この節では e2fsck が必要なメモリ量を減らすためにスクラッチファイル (scratch "
2072+"file) を使う場合の設定を行う。"
20672073
20682074 #. type: SH
20692075 #: original/man5/e2fsck.conf.5:79
@@ -2109,6 +2115,10 @@ msgid ""
21092115 "prone UTC time, many users end up in the situation where the system clock is "
21102116 "incorrectly set at the time when e2fsck is run."
21112117 msgstr ""
2118+"ハードウェアクロックがより適切でエラーに強い UTC 時間ではなく、ローカル時間で"
2119+"設定されるというWindowsの不幸なデザイン選定により、不幸なことに、e2fsckが実行"
2120+"される際にシステムクロックが不正になるという状況に多くのユーザが見舞われてし"
2121+"まう。"
21122122
21132123 #. type: Plain text
21142124 #: original/man5/e2fsck.conf.5:111
@@ -2123,7 +2133,7 @@ msgid ""
21232133 "be fudged by up to 24 hours. This can be disabled by setting "
21242134 "I<accept_time_fudge> to the boolean value of false. This setting defaults "
21252135 "to true."
2126-msgstr ""
2136+msgstr "歴史的にいくつかのディストリビューションでは、init スクリプトにバグがあったり、インストーラがこのようなケースを検知でできなかったり、適切な対策が打たれていない場合がある。しかも、init スクリプトで努力しているにも関わらず、インストーラの作者がこのような間違い設定を検知できていなかったり、仮想化マネージャにバグがあったり間違い設定があったり、インストーラがインストール過程でネットワークタイムサーバにアクセスしないといった可能性がある。そのため、デフォルトでスーパーブロックの時間を、24時間までごまかす (fudge up) ことができる。これは I<accept_time_fudge> 設定をブール値 false に設定することで可能になる。この設定はデフォルトでは true である。"
21272137
21282138 #. type: TP
21292139 #: original/man5/e2fsck.conf.5:111
@@ -2144,7 +2154,7 @@ msgid ""
21442154 "not be trusted; and to skip time-based checks if this is true. If this "
21452155 "boolean is set to true, then e2fsck will always assume that the system clock "
21462156 "can not be trusted."
2147-msgstr ""
2157+msgstr "B<e2fsck>(8) プログラムはシステムクロックが正しいと仮定するいくつかのヒューリスティック (heuristic) な方法を持っている。さらに、多くのシステムプログラムも同様の仮定をしている。例えば UUID ライブラリは UUID (universal unique identifier: 汎システム的に他とは重ならない識別子) を発行することを保証するために、時間が巻き戻らないことに依存している。しかし、特に組み込みシステムでは、システムクロックが壊れている場合がある。e2fsck はこのリレーションが true の場合、時刻が信用できないと仮定するヒューリスティックな方法を使って、時刻ベースのチェックをスキップする。このブール値を true に設定すると、e2fsck はシステムクロックが信用できないと常に仮定する。"
21482158
21492159 #. type: TP
21502160 #: original/man5/e2fsck.conf.5:125
@@ -2159,6 +2169,9 @@ msgid ""
21592169 "clear the test_fs flag if the ext4 filesystem is available on the system. "
21602170 "It defaults to true."
21612171 msgstr ""
2172+"このブール値のリレーションにより、システム上で ext4 ファイルシステムが利用可"
2173+"能である場合、B<e2fsck>(8) が test_fs をクリアするか否かを設定できる。デフォ"
2174+"ルトは true である。"
21622175
21632176 #. type: TP
21642177 #: original/man5/e2fsck.conf.5:132
@@ -2191,7 +2204,7 @@ msgid ""
21912204 "be added to the directory without splitting leaf nodes, so that the average "
21922205 "fill ratio of directories can be maintained at a higher, more efficient "
21932206 "level. This relation defaults to 20 percent."
2194-msgstr ""
2207+msgstr "B<e2fsck>(8) がインデックス付けされたディレクトリを再パッキングする際に、指定されたパーセントの各リーフノードの空きスペースを予約する。これにより、リーフノードを分割せずに数個の新しいエントリをディレクトリに追加することが可能になり、ディレクトリの平均充填率をより高めにして効率的なレベルに保つことができる。このリレーションはデフォルトで 20% である。"
21952208
21962209 #. type: SH
21972210 #: original/man5/e2fsck.conf.5:148
@@ -2341,7 +2354,11 @@ msgid ""
23412354 "'should this problem be fixed?'. The I<force_no> option even overrides the "
23422355 "B<-y> option given on the command-line (just for the specific problem, of "
23432356 "course)."
2344-msgstr "このブール値のオプションを true に設定すると、問題の修正を全く行わないようになる。 つまり、この問題を修正するかという質問に対してユーザが 'no' と答えた場合と同じになる。 コマンドラインで指定された B<-y> よりも I<force_no> オプションが優先される場合もある (もちろん、特定の問題の場合だけだが)。"
2357+msgstr ""
2358+"このブール値のオプションを true に設定すると、問題の修正を全く行わないように"
2359+"なる。 つまり、この問題を修正するかという質問に対してユーザが 'no' と答えた場"
2360+"合と同じになる。 コマンドラインで指定された B<-y> よりも I<force_no> オプショ"
2361+"ンが優先される場合もある (もちろん、特定の問題の場合だけだが)。"
23452362
23462363 #. type: SH
23472364 #: original/man5/e2fsck.conf.5:209
@@ -2366,7 +2383,10 @@ msgid ""
23662383 "If the directory named by this relation exists and is writeable, then e2fsck "
23672384 "will attempt to use this directory to store scratch files instead of using "
23682385 "in-memory data structures."
2369-msgstr "このリレーションで指定された名前のディレクトリが存在し、かつ書き込み可能な場合、 e2fsck はメモリ上のデータ構造を使う代わりにスクラッチファイルを格納するのにこのディレクトリを使おうとする。"
2386+msgstr ""
2387+"このリレーションで指定された名前のディレクトリが存在し、かつ書き込み可能な場"
2388+"合、 e2fsck はメモリ上のデータ構造を使う代わりにスクラッチファイルを格納する"
2389+"のにこのディレクトリを使おうとする。"
23702390
23712391 #. type: TP
23722392 #: original/man5/e2fsck.conf.5:218
@@ -2379,7 +2399,9 @@ msgstr "I<numdirs_threshold>"
23792399 msgid ""
23802400 "If this relation is set, then in-memory data structures be used if the "
23812401 "number of directories in the filesystem are fewer than amount specified."
2382-msgstr "このリレーションが設定された場合、ファイルシステムのディレクトリ数が指定された値よりも少ない場合、メモリ上のデータ構造が使用される。"
2402+msgstr ""
2403+"このリレーションが設定された場合、ファイルシステムのディレクトリ数が指定され"
2404+"た値よりも少ない場合、メモリ上のデータ構造が使用される。"
23832405
23842406 #. type: TP
23852407 #: original/man5/e2fsck.conf.5:222
@@ -2393,7 +2415,10 @@ msgid ""
23932415 "This relation controls whether or not the scratch file directory is used "
23942416 "instead of an in-memory data structure for directory information. It "
23952417 "defaults to true."
2396-msgstr "このリレーションは、 ディレクトリ情報を保持するのに、 メモリ上のデータ構造ではなくスクラッチファイルディレクトリを使用するかどうかを制御する。 デフォルトは true である。"
2418+msgstr ""
2419+"このリレーションは、 ディレクトリ情報を保持するのに、 メモリ上のデータ構造で"
2420+"はなくスクラッチファイルディレクトリを使用するかどうかを制御する。 デフォルト"
2421+"は true である。"
23972422
23982423 #. type: TP
23992424 #: original/man5/e2fsck.conf.5:227
@@ -2407,7 +2432,9 @@ msgid ""
24072432 "This relation controls whether or not the scratch file directory is used "
24082433 "instead of an in-memory data structure when tracking inode counts. It "
24092434 "defaults to true."
2410-msgstr "このリレーションは、inode 数を追跡するのに、 メモリ上のデータ構造ではなくスクラッチファイルディレクトリを使用するかを制御する。 デフォルトは true である。"
2435+msgstr ""
2436+"このリレーションは、inode 数を追跡するのに、 メモリ上のデータ構造ではなくスク"
2437+"ラッチファイルディレクトリを使用するかを制御する。 デフォルトは true である。"
24112438
24122439 #. type: SH
24132440 #: original/man5/e2fsck.conf.5:232
@@ -2476,7 +2503,7 @@ msgstr "mke2fs.conf"
24762503 #. type: Plain text
24772504 #: original/man5/mke2fs.conf.5:8
24782505 msgid "mke2fs.conf - Configuration file for mke2fs"
2479-msgstr ""
2506+msgstr "mke2fs.conf - mke2fs の設定ファイル"
24802507
24812508 #. type: Plain text
24822509 #: original/man5/mke2fs.conf.5:15
@@ -2485,6 +2512,9 @@ msgid ""
24852512 "default parameters used by B<mke2fs>(8) when it is creating ext2 or ext3 "
24862513 "filesystems."
24872514 msgstr ""
2515+"I<mke2fs.conf> は B<mke2fs>(8) の設定ファイルである。このファイルにより "
2516+"B<mke2fs>(8) が ext2, ext3 ファイルシステムを作成する際のデフォルトパラメータ"
2517+"を制御する。"
24882518
24892519 #. Tags can be assigned multiple values
24902520 #. type: Plain text
@@ -2496,6 +2526,11 @@ msgid ""
24962526 "which contains further relations or subsections. An example of the INI-"
24972527 "style format used by this configuration file follows below:"
24982528 msgstr ""
2529+"I<mke2fs.conf> ファイルでは INI 形式のフォーマットが使用される。節 (stanza)ま"
2530+"たは最上位のセクションは、角括弧: [ ] で区切られる。 各セクション内では、各行"
2531+"でリレーションが定義され、 タグに値を割り当てたり、タグにサブセクションを割り"
2532+"当てたりする。 サブセクションには、更にリレーションとサブセクションが含まれ"
2533+"る。 この設定ファイルで使用される INI 方式のフォーマットの例は、以下の通り:"
24992534
25002535 #. type: Plain text
25012536 #: original/man5/mke2fs.conf.5:66
@@ -2505,6 +2540,10 @@ msgid ""
25052540 "boolean true value, and ``no'', ``n'', ``false'', ``nil'', ``0'', ``off'' as "
25062541 "a boolean false value."
25072542 msgstr ""
2543+"ブール値を想定するリレーションもある。パーサーはとても自由で、``yes'', "
2544+"'`y'', ``true'', ``t'', ``1'', ``on'' などをブール値 true として認識し、"
2545+"``no'', ``n'', ``false'', ``nil'', ``0'', ``off'' をブール値 false として認識"
2546+"する。"
25082547
25092548 #. type: Plain text
25102549 #: original/man5/mke2fs.conf.5:71
@@ -2512,6 +2551,8 @@ msgid ""
25122551 "The following stanzas are used in the I<mke2fs.conf> file. They will be "
25132552 "described in more detail in future sections of this document."
25142553 msgstr ""
2554+"以下の節が I<mke2fs.conf> ファイルで使用されている。これらの節は、このドキュ"
2555+"メントの後のセクションで詳しく説明される。"
25152556
25162557 #. type: TP
25172558 #: original/man5/mke2fs.conf.5:71
@@ -2522,10 +2563,13 @@ msgstr "I<[defaults]>"
25222563 #. type: Plain text
25232564 #: original/man5/mke2fs.conf.5:79
25242565 msgid ""
2525-"Contains relations which define the default parameters used by B<mke2fs>"
2526-"(8). In general, these defaults may be overridden by a definition in the "
2527-"B<fs_types> stanza, or by an command-line option provided by the user."
2566+"Contains relations which define the default parameters used by "
2567+"B<mke2fs>(8). In general, these defaults may be overridden by a definition "
2568+"in the B<fs_types> stanza, or by an command-line option provided by the user."
25282569 msgstr ""
2570+"B<mke2fs>(8) で使用されるデフォルトパラメータを定義するリレーションを含む。一"
2571+"般的に、デフォルト値は B<fs_types> 節で上書きされるか、ユーザによってコマンド"
2572+"ラインオプションとして指定された値で上書きされる。"
25292573
25302574 #. type: TP
25312575 #: original/man5/mke2fs.conf.5:79
@@ -2540,6 +2584,9 @@ msgid ""
25402584 "filesystem types. The filesystem type can be specified explicitly using the "
25412585 "B<-T> option to B<mke2fs>(8)."
25422586 msgstr ""
2587+"特定のファイルシステムタイプで使用されるデフォルトを定義するリレーションを含"
2588+"む。ファイルシステムタイプは B<mke2fs>(8) の B<-T> オプションで明示的に指定で"
2589+"きる。"
25432590
25442591 #. type: SH
25452592 #: original/man5/mke2fs.conf.5:87
@@ -2550,7 +2597,7 @@ msgstr "[defaults] 節"
25502597 #. type: Plain text
25512598 #: original/man5/mke2fs.conf.5:91
25522599 msgid "The following relations are defined in the I<[defaults]> stanza."
2553-msgstr ""
2600+msgstr "以下のリレーションが I<[defaults]> 節で定義される。"
25542601
25552602 #. type: TP
25562603 #: original/man5/mke2fs.conf.5:91 original/man5/mke2fs.conf.5:294
@@ -2564,7 +2611,7 @@ msgid ""
25642611 "This relation specifies the filesystems features which are enabled in newly "
25652612 "created filesystems. It may be overridden by the I<base_features> relation "
25662613 "found in the filesystem or usage type subsection of the I<[fs_types]> stanza."
2567-msgstr ""
2614+msgstr "このリレーションは新しく作成されたファイルシステムで有効にされるファイルシステム特性を指定する。これはファイルシステムの I<base_features> リレーション、または I<[fs_types]> 節の利用 (usage) タイプサブセクションで上書きできる。"
25682615
25692616 #. type: TP
25702617 #: original/man5/mke2fs.conf.5:100 original/man5/mke2fs.conf.5:317
@@ -2580,7 +2627,7 @@ msgid ""
25802627 "by the filesystem-specific I<default_features> in the filesystem or usage "
25812628 "type subsection of I<[fs_types]>, and by the B<-O> command-line option to "
25822629 "B<mke2fs>(8)."
2583-msgstr ""
2630+msgstr "このリレーションでは、I<base_features> リレーションで指定された特性に、追加または削除する特性を指定する。これはファイルシステム特有の I<default_features>、または I<[fs_types]> の利用タイプサブセクション、または B<mke2fs>(8) の B<-O> コマンドラインオプションで上書きできる。"
25842631
25852632 #. type: TP
25862633 #: original/man5/mke2fs.conf.5:114
@@ -2595,7 +2642,7 @@ msgid ""
25952642 "enforced at boot time. If set to true, checks will be forced every 180 "
25962643 "days, or after a random number of mounts. These values may be changed later "
25972644 "via the B<-i> and B<-c> command-line options to B<tune2fs>(8)."
2598-msgstr ""
2645+msgstr "このブール値のリレーションは、ブート時の定期的なファイルシステムチェックを行うか否かを設定する。true に設定した場合、180 日毎、またはマウントされたランダムな回数でチェックを強制される。この値は、B<tune2fs>(8) の B<-i> と B<-c> コマンドラインオプションで、後から変更できる。"
25992646
26002647 #. type: TP
26012648 #: original/man5/mke2fs.conf.5:125
@@ -2610,7 +2657,7 @@ msgid ""
26102657 "try to create an undo file, even if the undo file might be huge and it might "
26112658 "extend the time to create the filesystem image because the inode table isn't "
26122659 "being initialized lazily."
2613-msgstr ""
2660+msgstr "このブール値のリレーションを true に設定すると、B<mke2fs> は undo ファイルを常に作成する。undo ファイルは巨大で、inode テーブルの初期化を遅延できないため、ファイルシステムイメージの作成に時間がかかる。"
26142661
26152662 #. type: TP
26162663 #: original/man5/mke2fs.conf.5:132 original/man5/mke2fs.conf.5:414
@@ -2627,7 +2674,7 @@ msgid ""
26272674 "B<mke2fs.conf> file does not specify a default filesystem type, mke2fs will "
26282675 "use a default filesystem type of I<ext3> if a journal was requested via a "
26292676 "command-line option, or I<ext2> if not."
2630-msgstr ""
2677+msgstr "このリレーションではデフォルトのファイルシステムを指定する。B<-t> オプションが指定されない場合、または B<mke2fs> が B<mkfs.>I<fs-type> の形式で起動されていない場合に使用される。デフォルトファイルシステムタイプをユーザが指定せず、 B<mke2fs.conf> ファイルでも指定されない場合、mke2fs はコマンドラインオプションでジャーナルが指定されている場合は I<ext3> をデフォルトファイルシステムタイプとし、ジャーナルが指定されていない場合は、 I<ext2> とする。"
26312678
26322679 #. type: TP
26332680 #: original/man5/mke2fs.conf.5:149 original/man5/mke2fs.conf.5:343
@@ -2641,7 +2688,7 @@ msgid ""
26412688 "This relation specifies the default blocksize if the user does not specify a "
26422689 "blocksize on the command line, and the filesystem-type specific section of "
26432690 "the configuration file does not specify a blocksize."
2644-msgstr ""
2691+msgstr "このリレーションではデフォルトのブロックサイズを設定する。ユーザがコマンドラインでブロックサイズが指定しない場合、かつ設定ファイルのファイルシステムタイプ独自のセクションでブロックサイズが指定されない場合に使用される。"
26452692
26462693 #. type: TP
26472694 #: original/man5/mke2fs.conf.5:154 original/man5/mke2fs.conf.5:372
@@ -2655,7 +2702,7 @@ msgid ""
26552702 "This relation specifies the default hash algorithm used for the new "
26562703 "filesystems with hashed b-tree directories. Valid algorithms accepted are: "
26572704 "I<legacy>, I<half_md4>, and I<tea>."
2658-msgstr ""
2705+msgstr "このリレーションでは、ハッシュ付き b-tree ディレクトリを含む新しいファイルシステムで使われるデフォルトのハッシュアルゴリズムを設定する。指定可能なアルゴリズムは I<legacy>, I<half_md4>, I<tea> である。"
26592706
26602707 #. type: TP
26612708 #: original/man5/mke2fs.conf.5:163 original/man5/mke2fs.conf.5:359
@@ -2669,7 +2716,7 @@ msgid ""
26692716 "This relation specifies the default inode ratio if the user does not specify "
26702717 "one on the command line, and the filesystem-type specific section of the "
26712718 "configuration file does not specify a default inode ratio."
2672-msgstr ""
2719+msgstr "このリレーションではデフォルトの inode 率を設定する。ユーザがコマンドラインで指定しない場合、かつ設定ファイルのファイルシステム独自のセクションでデフォルトの inode 率を指定しない場合に使われる。"
26732720
26742721 #. type: TP
26752722 #: original/man5/mke2fs.conf.5:169 original/man5/mke2fs.conf.5:363
@@ -2683,7 +2730,7 @@ msgid ""
26832730 "This relation specifies the default inode size if the user does not specify "
26842731 "one on the command line, and the filesystem-type specific section of the "
26852732 "configuration file does not specify a default inode size."
2686-msgstr ""
2733+msgstr "このリレーションではデフォルトの inode サイズを設定する。ユーザがコマンドラインで指定しない場合、かつ設定ファイルのファイルシステム独自のセクションでデフォルトの inode サイズを指定しない場合に使われる。"
26872734
26882735 #. type: TP
26892736 #: original/man5/mke2fs.conf.5:175 original/man5/mke2fs.conf.5:367
@@ -2698,7 +2745,7 @@ msgid ""
26982745 "for the super-user, if the user does not specify one on the command line, "
26992746 "and the filesystem-type specific section of the configuration file does not "
27002747 "specify a default reserved ratio. This value can be a floating point number."
2701-msgstr ""
2748+msgstr "このリレーションではスーパーユーザのために予約されたデフォルトのファイルシステムブロックのパーセンテージを設定する。ユーザがコマンドラインで指定しない場合、かつ設定ファイルのファイルシステム独自のセクションでデフォルトの予約率を指定しない場合に使われる。この値は小数で指定する。"
27022749
27032750 #. type: TP
27042751 #: original/man5/mke2fs.conf.5:182
@@ -2714,6 +2761,9 @@ msgid ""
27142761 "the directory location is set to the value I<none>, B<mke2fs> will not "
27152762 "create an undo file."
27162763 msgstr ""
2764+"このリレーションでは undo ファイルを置くディレクトリを設定する。\n"
2765+"これは環境変数 B<E2FSPROGS_UNDO_DIR> を上書きする。\n"
2766+"ディレクトリの場所を I<none> に設定した場合、B<mke2fs> は undo ファイルを作成しない。"
27172767
27182768 #. type: SH
27192769 #: original/man5/mke2fs.conf.5:191
@@ -2727,18 +2777,18 @@ msgid ""
27272777 "Each tag in the I<[fs_types]> stanza names a filesystem type or usage type "
27282778 "which can be specified via the B<-t> or B<-T> options to B<mke2fs>(8), "
27292779 "respectively."
2730-msgstr ""
2780+msgstr "I<[fs_types]> 節の各タグは、ファイルシステムタイプまたは利用タイプを設定する。これは、それぞれ B<mke2fs>(8) の B<-t> と B<-T> で設定できる。"
27312781
27322782 #. type: Plain text
27332783 #: original/man5/mke2fs.conf.5:216
27342784 msgid ""
27352785 "The B<mke2fs> program constructs a list of fs_types by concatenating the "
27362786 "filesystem type (i.e., ext2, ext3, etc.) with the usage type list. For most "
2737-"configuration options, B<mke2fs> will look for a subsection in the I<"
2738-"[fs_types]> stanza corresponding with each entry in the constructed list, "
2787+"configuration options, B<mke2fs> will look for a subsection in the "
2788+"I<[fs_types]> stanza corresponding with each entry in the constructed list, "
27392789 "with later entries overriding earlier filesystem or usage types. For "
27402790 "example, consider the following B<mke2fs.conf> fragment:"
2741-msgstr ""
2791+msgstr "B<mke2fs> プログラムは、ファイルシステムタイプ (例えば ext2, ext3 など) と利用タイプを使って、 fs_types のリストを構築する。ほとんどの設定オプションについて、B<mke2fs> は構築リストの各エントリに対応する I<[fs_types]> 節のサブセクションを探す。後に出てくるエントリで、初めに出てくるファイルシステムと利用タイプを上書きする。例えば、以下のような B<mke2fs.conf> の一部を考えてみよう。"
27422792
27432793 #. type: Plain text
27442794 #: original/man5/mke2fs.conf.5:218
@@ -2831,7 +2881,7 @@ msgid ""
28312881 "relation, but since the later entries in the fs_types list supersede earlier "
28322882 "ones, the configuration parameter for fs_types.floppy.inode_size will be "
28332883 "used, so the filesystem will have an inode size of 128."
2834-msgstr ""
2884+msgstr "mke2fs がプログラム名 B<mke2fs.ext4> で起動されると、ファイルシステムタイプ ext4 が使われる。ファイルシステムが 3MB より小さく、利用タイプが指定されていない場合、 B<mke2fs> はデフォルトの利用タイプ I<floppy> を使う。その結果 fs_types リストは \"ext4, floppy\" となる。ext4 サブセクションと floppy サブセクションはともに、I<inode_size> リレーションを定義しているが、 fs_types の後のエントリが先のエントリを上書きするので、設定パラメータ fs_types.floppy.inode_size が使われ、ファイルシステムの inode サイズは 128 になる。"
28352885
28362886 #. type: Plain text
28372887 #: original/man5/mke2fs.conf.5:291
@@ -2846,14 +2896,14 @@ msgid ""
28462896 "features would remove the resize_inode feature, resulting in a filesystem "
28472897 "feature set consisting of the sparse_super, filetype, resize_inode, "
28482898 "dir_index, extents_and flex_bg features."
2849-msgstr ""
2899+msgstr "この解決法の例外は I<features> タグであり、ファイルシステムで使われる feature の集合を指定して、それを合算したものが使われる。上の例では、最初の設定リレーション defaults.base_features で sparse_super, filetype, resize_inode, dir_index が有効化される。次に、設定リレーション fs_types.ext4.features で extents, flex_bg が有効化される。最後に、設定リレーション fs_types.floppy.features で resize_inode が削除される。結果として、feature のセットは、sparse_super, filetype, resize_inode, dir_index, extents, flex_bg となる。"
28502900
28512901 #. type: Plain text
28522902 #: original/man5/mke2fs.conf.5:294
28532903 msgid ""
28542904 "For each filesystem type, the following tags may be used in that fs_type's "
28552905 "subsection:"
2856-msgstr ""
2906+msgstr "各ファイルシステムタイプについて、fs_type サブセクションで以下のタグが使われる。"
28572907
28582908 #. type: Plain text
28592909 #: original/man5/mke2fs.conf.5:304
@@ -2862,7 +2912,7 @@ msgid ""
28622912 "filesystem type. Only one I<base_features> will be used, so if there are "
28632913 "multiple entries in the fs_types list whose subsections define the "
28642914 "I<base_features> relation, only the last will be used by B<mke2fs>(8)."
2865-msgstr ""
2915+msgstr "このリレーションではファイルシステムで最初に有効化したい feature を設定する。1つの I<base_features> だけが使われるため、fs_types のリスト中に、I<base_features> を定義しているサブセクションが複数のエントリにあった場合、B<mke2fs>(8)は最後の定義のみを使う。"
28662916
28672917 #. type: TP
28682918 #: original/man5/mke2fs.conf.5:304
@@ -2879,7 +2929,7 @@ msgid ""
28792929 "is, a feature can be prefixed by a caret ('^') symbol to disable a named "
28802930 "feature. Each I<feature> relation specified in the fs_types list will be "
28812931 "applied in the order found in the fs_types list."
2882-msgstr ""
2932+msgstr "このリレーションではカンマ区切りの feature のリストを設定し、新しく作成されるファイルシステムで使われる feature のセットを編集する。記法は B<mke2fs>(8) の B<-O> コマンドラインオプションと同じである。キャレット ('^') を前につけた feature は無効化される。fs_types のリストに指定された各 I<feature> リレーションは、指定された順に適用される。"
28832933
28842934 #. type: Plain text
28852935 #: original/man5/mke2fs.conf.5:328
@@ -2888,7 +2938,7 @@ msgid ""
28882938 "after applying the features listed in the I<base_features> and I<features> "
28892939 "relations. It may be overridden by the B<-O> command-line option to "
28902940 "B<mke2fs>(8)."
2891-msgstr ""
2941+msgstr "このリレーションでは、I<base_features> と I<features> にリストされた feature を適用した後に、有効または無効にする feature を設定する。これは、B<mke2fs>(8) の B<-O> コマンドラインオプションで上書きできる。"
28922942
28932943 #. type: TP
28942944 #: original/man5/mke2fs.conf.5:328
@@ -2903,7 +2953,7 @@ msgid ""
29032953 "automatically add the 64bit feature if the number of blocks for the file "
29042954 "system requires this feature to be enabled. The resize_inode feature is "
29052955 "also automatically disabled since it doesn't support 64-bit block numbers."
2906-msgstr ""
2956+msgstr "このリレーションはブール値で、ファイルシステムのブロック数が 64bit feature を有効化する必要がある場合に、B<mke2fs>(8) が自動的に追加するか否かを指定する。resize_inode feature は 64bit ブロック数をサポートしていないので自動的に無効化される。"
29072957
29082958 #. type: TP
29092959 #: original/man5/mke2fs.conf.5:336
@@ -2917,14 +2967,14 @@ msgid ""
29172967 "This relation specifies the set of mount options which should be enabled by "
29182968 "default. These may be changed at a later time with the B<-o> command-line "
29192969 "option to B<tune2fs>(8)."
2920-msgstr ""
2970+msgstr "このリレーションでは、デフォルトで有効化されるマウントオプションのセットを設定する。これは B<tune2fs>(8) の B<-o> オプションで後から変更できる。"
29212971
29222972 #. type: Plain text
29232973 #: original/man5/mke2fs.conf.5:347
29242974 msgid ""
29252975 "This relation specifies the default blocksize if the user does not specify a "
29262976 "blocksize on the command line."
2927-msgstr ""
2977+msgstr "このリレーションではデフォルトのブロックサイズを設定する。これは、ユーザがコマンドラインでブロックサイズを指定しない場合に使われる。"
29282978
29292979 #. type: TP
29302980 #: original/man5/mke2fs.conf.5:347
@@ -2941,28 +2991,28 @@ msgid ""
29412991 "table will not fully initialized by B<mke2fs>(8). This speeds up filesystem "
29422992 "initialization noticeably, but it requires the kernel to finish initializing "
29432993 "the filesystem in the background when the filesystem is first mounted."
2944-msgstr ""
2994+msgstr "このブール値のリレーションは、inode テーブルを遅延初期化するか否かを設定する。これは、uninit_bg feature が有効である時にのみ意味がある。lazy_itable_init が true で、uninit_bg feature が有効の場合、 inode テーブルは B<mke2fs>(8) では完全には初期化されない。これによってファイルシステムの初期化は劇的にスピードアップするが、ファイルシステムが最初にマウントされるときに、カーネルがバックグラウンドで初期化を完了させる必要が生まれる。"
29452995
29462996 #. type: Plain text
29472997 #: original/man5/mke2fs.conf.5:363
29482998 msgid ""
29492999 "This relation specifies the default inode ratio if the user does not specify "
29503000 "one on the command line."
2951-msgstr ""
3001+msgstr "このリレーションはユーザが inode 率を指定しない場合のデフォルトを設定する。"
29523002
29533003 #. type: Plain text
29543004 #: original/man5/mke2fs.conf.5:367
29553005 msgid ""
29563006 "This relation specifies the default inode size if the user does not specify "
29573007 "one on the command line."
2958-msgstr ""
3008+msgstr "このリレーションはユーザが inode サイズを指定しない場合のデフォルトを設定する。"
29593009
29603010 #. type: Plain text
29613011 #: original/man5/mke2fs.conf.5:372
29623012 msgid ""
29633013 "This relation specifies the default percentage of filesystem blocks reserved "
29643014 "for the super-user, if the user does not specify one on the command line."
2965-msgstr ""
3015+msgstr "このリレーションはスーパーユーザのために予約されたファイルシステムブロックのデフォルトの割合を設定する。このリレーションは、ユーザがコマンドラインで指定しない場合に使われる。"
29663016
29673017 #. type: TP
29683018 #: original/man5/mke2fs.conf.5:381
@@ -2982,7 +3032,7 @@ msgid ""
29823032 "B<mke2fs>(8) as if they were prepended to the argument of the B<-E> "
29833033 "option. This can be used to configure the default extended options used by "
29843034 "B<mke2fs>(8) on a per-filesystem type basis."
2985-msgstr ""
3035+msgstr "このリレーションは、ext4 ファイルシステムで 1 つのラージ仮想ブロックグループにパックするブロックグループ数を指定する。これにより、メタデータに大きな負荷がかかる場合に、メタデータを局所化し、性能を改善する。グループ数は 2 の乗数にする必要があり、flex_bg ファイルシステム feature が有効化されている場合にのみ設定できる。I<options> このリレーションは、B<mke2fs>(8) で扱われる追加の拡張オプションを設定する。この拡張オプションは、B<-E> オプションの引数の前に追加される。このリレーションでは、B<mke2fs>(8) で使われるファイルシステムタイプごとのデフォルトの拡張オプションを設定できる。"
29863036
29873037 #. type: TP
29883038 #: original/man5/mke2fs.conf.5:398
@@ -2995,7 +3045,7 @@ msgstr "I<discard>"
29953045 msgid ""
29963046 "This boolean relation specifies whether the B<mke2fs>(8) should attempt to "
29973047 "discard device prior to filesystem creation."
2998-msgstr ""
3048+msgstr "このブール値のリレーションは、B<mke2fs>(8) がファイルシステム作成に先立ってデバイスを破棄するか否かを設定する。"
29993049
30003050 #. type: TP
30013051 #: original/man5/mke2fs.conf.5:403
@@ -3009,7 +3059,7 @@ msgid ""
30093059 "This relation specifies the default cluster size if the bigalloc file system "
30103060 "feature is enabled. It can be overridden via the B<-C> command line option "
30113061 "to B<mke2fs>(8)"
3012-msgstr ""
3062+msgstr "このリレーションは、bigalloc ファイルシステム feature が有効になっている場合に、デフォルトクラスタサイズを設定する。これは、B<mke2fs>(8) の B<-C> コマンドラインオプションで上書きできる。"
30133063
30143064 #. type: SH
30153065 #: original/man5/mke2fs.conf.5:410
@@ -3022,14 +3072,14 @@ msgstr "[devices] 節"
30223072 msgid ""
30233073 "Each tag in the I<[devices]> stanza names device name so that per-device "
30243074 "defaults can be specified."
3025-msgstr ""
3075+msgstr "I<[devices]> 節の各タグにはデバイス名を設定し、デバイスごとのデフォルトを設定する。"
30263076
30273077 #. type: Plain text
30283078 #: original/man5/mke2fs.conf.5:419
30293079 msgid ""
30303080 "This relation specifies the default parameter for the B<-t> option, if this "
30313081 "option isn't specified on the command line."
3032-msgstr ""
3082+msgstr "このリレーションは、B<-t> オプションがコマンドラインで指定されない場合の、デフォルトパラメータを設定する。"
30333083
30343084 #. type: TP
30353085 #: original/man5/mke2fs.conf.5:419
@@ -3042,7 +3092,7 @@ msgstr "I<usage_types>"
30423092 msgid ""
30433093 "This relation specifies the default parameter for the B<-T> option, if this "
30443094 "option isn't specified on the command line."
3045-msgstr ""
3095+msgstr "このリレーションは、B<-T> オプションがコマンドラインで指定されない場合の、デフォルトパラメータを設定する。"
30463096
30473097 #. type: TP
30483098 #: original/man5/mke2fs.conf.5:425
@@ -3053,7 +3103,7 @@ msgstr "I</etc/mke2fs.conf>"
30533103 #. type: Plain text
30543104 #: original/man5/mke2fs.conf.5:429
30553105 msgid "The configuration file for B<mke2fs>(8)."
3056-msgstr ""
3106+msgstr "B<mke2fs>(8) の設定ファイル"
30573107
30583108 #. type: Plain text
30593109 #: original/man5/mke2fs.conf.5:430
@@ -3142,7 +3192,8 @@ msgstr "B<-c>I< number of blocks>"
31423192 #. type: Plain text
31433193 #: original/man8/badblocks.8:91
31443194 msgid "is the number of blocks which are tested at a time. The default is 64."
3145-msgstr "ブロックを何個ずつまとめてテストするかを指定する。 デフォルトは 64 である。"
3195+msgstr ""
3196+"ブロックを何個ずつまとめてテストするかを指定する。 デフォルトは 64 である。"
31463197
31473198 #. type: TP
31483199 #: original/man8/badblocks.8:91
@@ -3156,7 +3207,9 @@ msgid ""
31563207 "Specify a maximum number of bad blocks before aborting the test. The "
31573208 "default is 0, meaning the test will continue until the end of the test range "
31583209 "is reached."
3159-msgstr "テストを中断せずに続ける、 不良ブロックの最大数を指定する。 デフォルトは 0 である。 0 はテスト対象範囲の末尾に達するまでテストを続けることを意味する。"
3210+msgstr ""
3211+"テストを中断せずに続ける、 不良ブロックの最大数を指定する。 デフォルトは 0 で"
3212+"ある。 0 はテスト対象範囲の末尾に達するまでテストを続けることを意味する。"
31603213
31613214 #. type: TP
31623215 #: original/man8/badblocks.8:96
@@ -3173,7 +3226,12 @@ msgid ""
31733226 "operation to be performed. In other words, a value of 100 will cause each "
31743227 "read to be delayed by the amount the previous read took, and a value of 200 "
31753228 "by twice the amount."
3176-msgstr "このパラメータが指定され、それが 0 でなかった場合、 不良ブロックの読み出しを行う際に、過去のエラーが発生しなかった読み出し操作にかかった時間だけ、読み出し間で待ちを入れるようになる。 遅延量は、 読み出し操作の実行に要した時間のパーセントとして計算される。 つまり、 値 100 の場合には、 直前の読み出しに要した時間だけ遅延が入り、 値 200 の場合にはその時間の 2 倍の遅延が入る。"
3229+msgstr ""
3230+"このパラメータが指定され、それが 0 でなかった場合、 不良ブロックの読み出しを"
3231+"行う際に、過去のエラーが発生しなかった読み出し操作にかかった時間だけ、読み出"
3232+"し間で待ちを入れるようになる。 遅延量は、 読み出し操作の実行に要した時間の"
3233+"パーセントとして計算される。 つまり、 値 100 の場合には、 直前の読み出しに要"
3234+"した時間だけ遅延が入り、 値 200 の場合にはその時間の 2 倍の遅延が入る。"
31773235
31783236 #. type: Plain text
31793237 #: original/man8/badblocks.8:117
@@ -3233,7 +3291,10 @@ msgid ""
32333291 "Use non-destructive read-write mode. By default only a non-destructive read-"
32343292 "only test is done. This option must not be combined with the B<-w> option, "
32353293 "as they are mutually exclusive."
3236-msgstr "read/write モードの非破壊テストを行う。 デフォルトでは、リードのみの非破壊テストだけが行われる。 このオプションは B<-w> オプションと一緒に使ってはならない。 これら二つのオプションは互いに排他である。"
3294+msgstr ""
3295+"read/write モードの非破壊テストを行う。 デフォルトでは、リードのみの非破壊テ"
3296+"ストだけが行われる。 このオプションは B<-w> オプションと一緒に使ってはならな"
3297+"い。 これら二つのオプションは互いに排他である。"
32373298
32383299 #. type: TP
32393300 #: original/man8/badblocks.8:139
@@ -3247,12 +3308,16 @@ msgid ""
32473308 "Write the list of bad blocks to the specified file. Without this option, "
32483309 "B<badblocks> displays the list on its standard output. The format of this "
32493310 "file is suitable for use by the"
3250-msgstr "指定されたファイルに不良ブロックのリストを書き込む。 このオプションが指定されなかった場合、 B<badblocks> は不良ブロックのリストを標準出力に表示する。 書き込むファイルのフォーマットは、"
3311+msgstr ""
3312+"指定されたファイルに不良ブロックのリストを書き込む。 このオプションが指定され"
3313+"なかった場合、 B<badblocks> は不良ブロックのリストを標準出力に表示する。 書き"
3314+"込むファイルのフォーマットは、"
32513315
32523316 #. type: Plain text
32533317 #: original/man8/badblocks.8:151
32543318 msgid "B<-l> option in B<e2fsck>(8) or B<mke2fs>(8)."
3255-msgstr "B<e2fsck>(8) と B<mke2fs>(8) の B<-l> での利用に適したものになっている。"
3319+msgstr ""
3320+"B<e2fsck>(8) と B<mke2fs>(8) の B<-l> での利用に適したものになっている。"
32563321
32573322 #. type: TP
32583323 #: original/man8/badblocks.8:151
@@ -3284,7 +3349,11 @@ msgid ""
32843349 "the current badblocks pass over the disk. Note that badblocks may do "
32853350 "multiple test passes over the disk, in particular if the B<-p> or B<-w> "
32863351 "option is requested by the user."
3287-msgstr "スキャンの進捗状況を、ディスク全体に対して現在までに不良ブロック検査が完了したおおまかな割合を使って表示する。 一つの不良ブロックに対して複数の検査が行われる可能性があることに注意してほしい。 特に、ユーザが B<-p> や B<-w> オプションを指定した場合は、そうである。"
3352+msgstr ""
3353+"スキャンの進捗状況を、ディスク全体に対して現在までに不良ブロック検査が完了し"
3354+"たおおまかな割合を使って表示する。 一つの不良ブロックに対して複数の検査が行わ"
3355+"れる可能性があることに注意してほしい。 特に、ユーザが B<-p> や B<-w> オプショ"
3356+"ンを指定した場合は、そうである。"
32883357
32893358 #. type: TP
32903359 #: original/man8/badblocks.8:167
@@ -3325,7 +3394,9 @@ msgstr ""
33253394 msgid ""
33263395 "Verbose mode. Will write the number of read errors, write errors and data- "
33273396 "corruptions to stderr."
3328-msgstr "冗長モード。 読み出しエラー、 書き込みエラー、 データ破壊の数が標準エラーに出力される。"
3397+msgstr ""
3398+"冗長モード。 読み出しエラー、 書き込みエラー、 データ破壊の数が標準エラーに出"
3399+"力される。"
33293400
33303401 #. type: TP
33313402 #: original/man8/badblocks.8:189
@@ -3369,7 +3440,9 @@ msgstr "B<-X>"
33693440 msgid ""
33703441 "Internal flag only to be used by B<e2fsck>(8) and B<mke2fs>(8). It "
33713442 "bypasses the exclusive mode in-use device safety check."
3372-msgstr "Internal flag only to be used by B<e2fsck>(8) and B<mke2fs>(8). It bypasses the exclusive mode in-use device safety check."
3443+msgstr ""
3444+"Internal flag only to be used by B<e2fsck>(8) and B<mke2fs>(8). It "
3445+"bypasses the exclusive mode in-use device safety check."
33733446
33743447 #. type: SH
33753448 #: original/man8/badblocks.8:208
@@ -3397,7 +3470,11 @@ msgid ""
33973470 "of bad blocks. Therefore it is recommended to use it only when one wants to "
33983471 "know if there are any bad blocks at all on the device, and not when the list "
33993472 "of bad blocks is wanted."
3400-msgstr "B<-e> オプションを指定した場合、 不良ブロックが原因で、 生成される不良ブロックのリストが不完全なものとなることがある。 そのため、 ディスクに不良ブロックがあるかどうかを知りたいだけで、不良ブロックのリストが必要ない場合のみ、 このオプションを使うのがお薦めである。"
3473+msgstr ""
3474+"B<-e> オプションを指定した場合、 不良ブロックが原因で、 生成される不良ブロッ"
3475+"クのリストが不完全なものとなることがある。 そのため、 ディスクに不良ブロック"
3476+"があるかどうかを知りたいだけで、不良ブロックのリストが必要ない場合のみ、 この"
3477+"オプションを使うのがお薦めである。"
34013478
34023479 #. type: Plain text
34033480 #: original/man8/badblocks.8:228
@@ -3457,8 +3534,10 @@ msgid ""
34573534 "filesystem, swap) a block device holds, and also attributes (tokens, "
34583535 "NAME=value pairs) from the content metadata (e.g. LABEL or UUID fields)."
34593536 msgstr ""
3460-"B<blkid> プログラムは B<libblkid>(3) とともに動作するコマンドラインインタフェースである。\n"
3461-"このプログラムは、ブロックデバイスが保持するコンテンツ種別 (ファイルシステムやスワップなど)\n"
3537+"B<blkid> プログラムは B<libblkid>(3) とともに動作するコマンドラインインタ"
3538+"フェースである。\n"
3539+"このプログラムは、ブロックデバイスが保持するコンテンツ種別 (ファイルシステム"
3540+"やスワップなど)\n"
34623541 "を判定する。また、コンテンツメタデータ (LABEL や UUID フィールドなど) から\n"
34633542 "属性 (トークン、NAME=value ペア) を判定する。"
34643543
@@ -3536,8 +3615,10 @@ msgid ""
35363615 "devices. If this option is not specified, B<blkid> will print all of the "
35373616 "devices that match the search parameter."
35383617 msgstr ""
3539-"B<-t> オプションを使って指定された検索パラメータにマッチするデバイスを検索する。\n"
3540-"検索パラメータにマッチするデバイスが複数ある場合は、優先度が最も高いデバイス、\n"
3618+"B<-t> オプションを使って指定された検索パラメータにマッチするデバイスを検索す"
3619+"る。\n"
3620+"検索パラメータにマッチするデバイスが複数ある場合は、優先度が最も高いデバイ"
3621+"ス、\n"
35413622 "もしくは指定された優先度で最初に見つかったデバイスを返す。\n"
35423623 "デバイス種別は、優先度の高い順に、デバイスマッパー、EVMS、LVM、MD、\n"
35433624 "通常のブロックデバイスである。このオプションが指定されていない場合、\n"
@@ -3843,7 +3924,7 @@ msgid ""
38433924 "instead of using the primary superblock (located at an offset of 1024 bytes "
38443925 "from the beginning of the filesystem). If you specify the I<-s> option, you "
38453926 "must also provide the blocksize of the filesystem via the I<-b> option."
3846-msgstr ""
3927+msgstr "ファイルシステムのスーパーブロックを、プライマリスーパーブロック (ファイルシステムの先頭からオフセット 1024 バイトの位置) ではなく、指定されたブロック数から読み込む。I<-s> オプションを指定した場合、ファイルシステムのブロックサイズを I<-b> オプションで指定する必要がある。"
38473928
38483929 #. type: TP
38493930 #: original/man8/debugfs.8:100
@@ -3872,7 +3953,7 @@ msgid ""
38723953 "Causes B<debugfs> to open the device using Direct I/O, bypassing the buffer "
38733954 "cache. Note that some Linux devices, notably device mapper as of this "
38743955 "writing, do not support Direct I/O."
3875-msgstr ""
3956+msgstr "B<debugfs> がデバイスをオープンする際に、バッファキャッシュをバイパスして、ダイレクト I/O を使う。これを書いている時点では、いくつかの Linux デバイス、特にデバイスマッパーはダイレクト I/O をサポートしていない。"
38763957
38773958 #. type: TP
38783959 #: original/man8/debugfs.8:116
@@ -3946,7 +4027,7 @@ msgstr "I<blocks filespace>"
39464027 #. type: Plain text
39474028 #: original/man8/debugfs.8:164
39484029 msgid "Print the blocks used by the inode I<filespec> to stdout."
3949-msgstr ""
4030+msgstr "I<filespec> で指定した inode のブロックを標準出力に出力する。"
39504031
39514032 #. type: TP
39524033 #: original/man8/debugfs.8:164
@@ -4010,7 +4091,7 @@ msgid ""
40104091 "Close the currently open file system. If the I<-a> option is specified, "
40114092 "write out any changes to the superblock and block group descriptors to all "
40124093 "of the backup superblocks, not just to the master superblock."
4013-msgstr ""
4094+msgstr "現在オープンしているファイルシステムをクローズする。I<-a> オプションを指定した場合、スーパーブロックとブロックグループディスクリプタに対する変更を、マスタースーパーブロックだけでなく、すべてのバックアップスーパーブロックに書き込む。"
40144095
40154096 #. type: TP
40164097 #: original/man8/debugfs.8:190
@@ -4032,7 +4113,7 @@ msgstr "I<dirsearch filespec filename>"
40324113 #. type: Plain text
40334114 #: original/man8/debugfs.8:200
40344115 msgid "Search the directory I<filespec> for I<filename>."
4035-msgstr ""
4116+msgstr "I<filename> をディレクトリ I<filespec> で検索する。"
40364117
40374118 #. type: TP
40384119 #: original/man8/debugfs.8:200
@@ -4060,7 +4141,7 @@ msgstr "I<dump_mmp>"
40604141 #. type: Plain text
40614142 #: original/man8/debugfs.8:215
40624143 msgid "Display the multiple-mount protection (mmp) field values."
4063-msgstr ""
4144+msgstr "複数マウント防止 (multiple-mount protection, mmp) フィールドの値を表示する。"
40644145
40654146 #. type: TP
40664147 #: original/man8/debugfs.8:215
@@ -4074,7 +4155,7 @@ msgid ""
40744155 "Calculate the directory hash of I<filename>. The hash algorithm specified "
40754156 "with I<-h> may be \"legacy\" \"half_md4\" or \"tea\". The hash seed "
40764157 "specified with I<-s> must be in UUID format."
4077-msgstr ""
4158+msgstr "I<filename> のディレクトリハッシュを計算する。I<-h> に指定できるハッシュアルゴリズムは \"legacy\" \"half_md4\" \"tea\" である。I<-s> に指定するハッシュシードは UUID 形式でなければならない。"
40784159
40794160 #. type: TP
40804161 #: original/man8/debugfs.8:225
@@ -4089,7 +4170,7 @@ msgid ""
40894170 "cause I<dump_extents> to only display the interior nodes in the extent "
40904171 "tree. The I<-l> flag cause I<dump_extents> to only display the leaf nodes "
40914172 "in the extent tree."
4092-msgstr ""
4173+msgstr "I<filespec> で指定した inode のエクステントツリーをダンプする。I<-n> フラグを指定すると、I<dump_extents> はエクステントツリーの内部ノードのみを表示する。I<-l> フラグを指定すると、I<dump_extents> はエクステントツリーのリーフノードのみを表示する。"
40934174
40944175 #. type: Plain text
40954176 #: original/man8/debugfs.8:244
@@ -4099,7 +4180,7 @@ msgid ""
40994180 "stored in filesystem data structures. Hence, the values displayed may not "
41004181 "necessarily by accurate and does not indicate a problem or corruption in the "
41014182 "file system.)"
4102-msgstr ""
4183+msgstr "(内部ノードの最終エクステントのブロックの長さと範囲は、エクステントのライブラリ関数で評価されるだけで、ファイルシステムのデータ構造には格納されていない点に注意してほしい。そのため、表示される値は、ファイルシステムの問題や破損を示すのに充分なほど正確ではない。)"
41034184
41044185 #. type: TP
41054186 #: original/man8/debugfs.8:244
@@ -4144,7 +4225,7 @@ msgid ""
41444225 "option will cause I<filefrag> print a tabular listing of the contiguous "
41454226 "extents in the file. The I<-r> option will cause I<filefrag> to do a "
41464227 "recursive listing of the directory."
4147-msgstr ""
4228+msgstr "I<filespec> に含まれる連続するエクステントの数を表示する。I<filespec> がディレクトリで、I<-d> オプションが指定されていない場合、I<filefrag> はディレクトリ内のファイルの連続するエクステント数を表示する。I<-v> オプションを指定すると、I<filefrag> はファイル内の連続するエクステントを表形式で表示する。I<-r> オプションをを指定すると、I<filefrag> はディレクトリを再帰的にリスト表示する。"
41484229
41494230 #. type: TP
41504231 #: original/man8/debugfs.8:274
@@ -4211,7 +4292,7 @@ msgid ""
42114292 "I<-c> option is specified then the filefrag command will print how many free "
42124293 "chunks of size I<chunk_kb> can be found in the file system. The chunk size "
42134294 "must be a power of two and be larger than the file system block size."
4214-msgstr ""
4295+msgstr "現在オープンしているファイルシステムの空きスペースのフラグメンテーション (断片化状態) を表示する。I<-c> が指定されると、filefrag コマンドはファイルシステムにサイズ I<chunk_kb> の空きチャンクがいくつあるかを表示する。チャンクサイズは 2 の乗数で、かつファイルシステムブロックサイズより大きい必要がある。"
42154296
42164297 #. type: TP
42174298 #: original/man8/debugfs.8:313
@@ -4245,7 +4326,7 @@ msgstr "I<htree_dump filespec>"
42454326 #: original/man8/debugfs.8:326
42464327 msgid ""
42474328 "Dump the hash-indexed directory I<filespec>, showing its tree structure."
4248-msgstr ""
4329+msgstr "ハッシュでインデックスづけされたディレクトリ I<filespec> をダンプし、ツリー構造を表示する。"
42494330
42504331 #. type: TP
42514332 #: original/man8/debugfs.8:326
@@ -4399,7 +4480,7 @@ msgid ""
43994480 "format which is more easily parsable by scripts, as well as making it more "
44004481 "clear when there are spaces or other non-printing characters at the end of "
44014482 "filenames."
4402-msgstr ""
4483+msgstr "ディレクトリ I<filespec> 内のファイルのリストを表示する。I<-l> フラグを指定すると、より詳細なフォーマットで表示する。I<-d> フラグを指定すると、ディレクトリ内の削除されたエントリを表示する。I<-p> フラグを指定すると、スクリプトで解析しやすいフォーマットで表示する。加えて、ファイル名の最後にスペースや非表示文字がある場合にも、わかりやすくマークづけする。"
44034484
44044485 #. type: TP
44054486 #: original/man8/debugfs.8:414
@@ -4452,7 +4533,7 @@ msgid ""
44524533 "Take the requested list of inode numbers, and print a listing of pathnames "
44534534 "to those inodes. The I<-c> flag will enable checking the file type "
44544535 "information in the directory entry to make sure it matches the inode's type."
4455-msgstr ""
4536+msgstr "inode 番号のリストを引数とし、inode に対応するパス名のリストを表示する。I<-c> フラグを指定すると、ディレクトリエントリのファイルタイプのチェックを有効にして、inode タイプにマッチするかを確認する。"
44564537
44574538 #. type: TP
44584539 #: original/man8/debugfs.8:436
@@ -4490,7 +4571,7 @@ msgid ""
44904571 "I<end_blk> is omitted then this command will function as a truncate command; "
44914572 "that is, all of the blocks starting at I<start_blk> through to the end of "
44924573 "the file will be deallocated."
4493-msgstr ""
4574+msgstr "I<start_blk> から I<end_blk> の範囲の inode のブロックを削除する。I<end_blk> を省略すると、切り詰めるためのコマンドとなり、I<start_blk> からファイルの最後までを解放する。"
44944575
44954576 #. type: TP
44964577 #: original/man8/debugfs.8:460
@@ -4546,8 +4627,8 @@ msgid ""
45464627 "the unlink() system call."
45474628 msgstr ""
45484629 "I<pathname> で指定したパス名を unlink する。 I<pathname> の示す inode が何も"
4549-"参照しなくなった場合には、 ファイルのアロケートを外す。 このコマンドは unlink"
4550-"() システムコールのように動作する。"
4630+"参照しなくなった場合には、 ファイルのアロケートを外す。 このコマンドは "
4631+"unlink() システムコールのように動作する。"
45514632
45524633 #. type: TP
45534634 #: original/man8/debugfs.8:484
@@ -4588,7 +4669,7 @@ msgstr "I<set_block_group bgnum field value>"
45884669 msgid ""
45894670 "Modify the block group descriptor specified by I<bgnum> so that the block "
45904671 "group descriptor field I<field> has value I<value.>"
4591-msgstr ""
4672+msgstr "I<bgnum> で指定されたブロックグループディスクリプタを変更し、フィールド I<field> が値 I<value> を持つようにする。"
45924673
45934674 #. type: TP
45944675 #: original/man8/debugfs.8:508
@@ -4632,7 +4713,7 @@ msgid ""
46324713 "Modify the multiple-mount protection (mmp) data so that the mmp field "
46334714 "I<field> has value I<value.> The list of valid mmp fields which can be set "
46344715 "via this command can be displayed by using the command: B<set_mmp_value -l>"
4635-msgstr ""
4716+msgstr "複数マウント防止 (multiple-mount protection, mmp) データを変更し、mmp フィールド I<field> が値 I<value> を持つようにする。このコマンドで設定可能な、正しい mmp フィールドのリストは、B<set_mmp_value -l> コマンドによって表示できる。"
46364717
46374718 #. type: TP
46384719 #: original/man8/debugfs.8:534
@@ -4721,7 +4802,7 @@ msgid ""
47214802 "brackets) so that it and its blocks are marked in use, and optionally link "
47224803 "the recovered inode to the specified pathname. The B<e2fsck> command should "
47234804 "always be run after using the B<undel> command to recover deleted files."
4724-msgstr ""
4805+msgstr "(アングルブラケットで囲って) 指定した inode 番号の削除を取り消す。inodeとそのブロックは、使用中の印がつけられ、オプションとして復旧させた inode を指定したパスにリンクさせることもできる。 削除したファイルを B<undel> コマンドで復旧させた後で、B<e2fsck> コマンドを常に実行すべきである。"
47254806
47264807 #. type: Plain text
47274808 #: original/man8/debugfs.8:590
@@ -4735,6 +4816,8 @@ msgid ""
47354816 "check the filesystem and link all of the recovered inodes to the lost+found "
47364817 "directory."
47374818 msgstr ""
4819+"多くの削除したファイルを復旧して、inode をディレクトリにリンクする場合、ディレクトリを拡張する必要があり、まだ削除を取り消していないファイルが使っていたブロックを確保してしまう可能性がある。\n"
4820+"そのため、inode すべての削除の取り消しをする場合には、リンク先パスを指定せずに実行する方が安全である。そののち、別々のパスで debugfs B<link> コマンドを使って inode をパス名にリンクさせるか、B<e2fsck> を使ってファイルシステムをチェックし、復旧したすべての inode を lost+found ディレクトリにリンクさせるとよい。"
47384821
47394822 #. type: TP
47404823 #: original/man8/debugfs.8:590
@@ -4996,7 +5079,7 @@ msgstr "E2FREEFRAG"
49965079 #. type: Plain text
49975080 #: original/man8/e2freefrag.8:5
49985081 msgid "e2freefrag - report free space fragmentation information"
4999-msgstr ""
5082+msgstr "e2freefrag - 空きスペースの断片化情報を表示する"
50005083
50015084 #. type: Plain text
50025085 #: original/man8/e2freefrag.8:14
@@ -5015,7 +5098,7 @@ msgid ""
50155098 "chunk size in the filesystem, along with a histogram of all free chunks. "
50165099 "This information can be used to gauge the level of free space fragmentation "
50175100 "in the filesystem."
5018-msgstr ""
5101+msgstr "B<e2freefrag> は ext2/3/4 ファイルシステムの空きスペースの断片化情報を表示するのに使われる。I<filesys> はファイルシステムデバイス名 (例 I</dev/hdc1>, I</dev/md0>) である。B<e2freefrag> プログラムはブロックビットマップ情報をスキャンし、連続した並びの空きブロックがいくつ存在しするかをチェックする。連続した空きブロックのサイズと、並び I<chunk_kb> の割合を表示する。さらに、ファイルシステムの空きチャンクサイズの最小/最大/平均と、すべての空きチャンクのヒストグラムも表示する。この情報はファイルシステムの空きスペース断片化レベルのゲージとして使うことができる。"
50195102
50205103 #. type: TP
50215104 #: original/man8/e2freefrag.8:31
@@ -5029,12 +5112,12 @@ msgid ""
50295112 "If a chunk size is specified, then B<e2freefrag> will print how many free "
50305113 "chunks of size I<chunk_kb> are available in units of kilobytes (Kb). The "
50315114 "chunk size must be a power of two and be larger than filesystem block size."
5032-msgstr ""
5115+msgstr "チャンクサイズを指定すると、B<e2freefrag> は空きチャンク I<chunk_kb> キロバイト (Kb) 単位がいくつあるを表示する。チャンクサイズは 2 の乗数で、かつファイルシステムブロックサイズより大きくなければならない。"
50335116
50345117 #. type: Plain text
50355118 #: original/man8/e2freefrag.8:42
50365119 msgid "Print the usage of the program."
5037-msgstr ""
5120+msgstr "このプログラムの使用法を表示する。"
50385121
50395122 #. type: SH
50405123 #: original/man8/e2freefrag.8:42
@@ -5216,7 +5299,14 @@ msgid ""
52165299 "Hence, for filesystems that use journalling, B<e2fsck> will normally replay "
52175300 "the journal and exit, unless its superblock indicates that further checking "
52185301 "is required."
5219-msgstr "B<e2fsck> は ext2/ext3/ext4 系のファイルシステムのチェックに使われる。ジャーナルを使っているファイルシステム ext3 と ext4 の場合、システムがエラーはないが適切にシャットダウンされていなかった場合、通常は、ジャーナル内のコミット済みのトランザクションを再生した後は、そのファイルシステムには clean であるという印が付けられることになる。したがって、ジャーナルを使っているファイルシステムでは、スーパーブロックでさらなるチェックが必要とされていない限り、B<e2fsck> は通常ジャーナルの再生を行い、終了することになる。"
5302+msgstr ""
5303+"B<e2fsck> は ext2/ext3/ext4 系のファイルシステムのチェックに使われる。ジャー"
5304+"ナルを使っているファイルシステム ext3 と ext4 の場合、システムがエラーはない"
5305+"が適切にシャットダウンされていなかった場合、通常は、ジャーナル内のコミット済"
5306+"みのトランザクションを再生した後は、そのファイルシステムには clean であるとい"
5307+"う印が付けられることになる。したがって、ジャーナルを使っているファイルシステ"
5308+"ムでは、スーパーブロックでさらなるチェックが必要とされていない限り、"
5309+"B<e2fsck> は通常ジャーナルの再生を行い、終了することになる。"
52205310
52215311 #. type: Plain text
52225312 #: original/man8/e2fsck.8:52
@@ -5369,7 +5459,16 @@ msgid ""
53695459 "process a SIGUSR1 signal. If the file descriptor specified is 0, B<e2fsck> "
53705460 "will print a completion bar as it goes about its business. This requires "
53715461 "that e2fsck is running on a video console or terminal."
5372-msgstr "このオプションを指定すると、 B<e2fsck> は完了状況を指定されたファイルディスクリプタに書き込む。これにより、ファイルシステムチェックの進行状況を監視することができる。このオプションは通常 B<e2fsck> を走らせているプログラムが使用する。ファイルディスクリプタ番号が負の場合、ファイルディスクリプタの絶対値がディスクリプタ値として使用され、最初は進行状況の出力が行わない。後で SIGUSR1 シグナルを B<e2fsck> プロセスに送ることで出力を有効にできる。指定されたファイルディスクリプタが 0 の場合、 B<e2fsck> は進行状況をプログレスバーで表示する。このためには、 B<e2fsck> がビデオコンソールか端末で実行されている必要がある。"
5462+msgstr ""
5463+"このオプションを指定すると、 B<e2fsck> は完了状況を指定されたファイルディスク"
5464+"リプタに書き込む。これにより、ファイルシステムチェックの進行状況を監視するこ"
5465+"とができる。このオプションは通常 B<e2fsck> を走らせているプログラムが使用す"
5466+"る。ファイルディスクリプタ番号が負の場合、ファイルディスクリプタの絶対値が"
5467+"ディスクリプタ値として使用され、最初は進行状況の出力が行わない。後で SIGUSR1 "
5468+"シグナルを B<e2fsck> プロセスに送ることで出力を有効にできる。指定されたファイ"
5469+"ルディスクリプタが 0 の場合、 B<e2fsck> は進行状況をプログレスバーで表示す"
5470+"る。このためには、 B<e2fsck> がビデオコンソールか端末で実行されている必要があ"
5471+"る。"
53735472
53745473 #. type: Plain text
53755474 #: original/man8/e2fsck.8:151
@@ -5390,7 +5489,12 @@ msgid ""
53905489 "optimize all directories, either by reindexing them if the filesystem "
53915490 "supports directory indexing, or by sorting and compressing directories for "
53925491 "smaller directories, or for filesystems using traditional linear directories."
5393-msgstr "ファイルシステム中のディレクトリを最適化する。 このオプションが指定された場合、 e2fsck はすべてのディレクトリの最適化を行おうとする。 ファイルシステムがディレクトリインデクシングをサポートしている場合には、 インデックスを再生成することで、 最適化を行う。 従来の線形的なディレクトリ構造を使うファイルシステムでは、 小さなディレクトリから順にソートして圧縮することで、 最適化を行う。"
5492+msgstr ""
5493+"ファイルシステム中のディレクトリを最適化する。 このオプションが指定された場"
5494+"合、 e2fsck はすべてのディレクトリの最適化を行おうとする。 ファイルシステムが"
5495+"ディレクトリインデクシングをサポートしている場合には、 インデックスを再生成す"
5496+"ることで、 最適化を行う。 従来の線形的なディレクトリ構造を使うファイルシステ"
5497+"ムでは、 小さなディレクトリから順にソートして圧縮することで、 最適化を行う。"
53945498
53955499 #. type: Plain text
53965500 #: original/man8/e2fsck.8:171
@@ -5402,7 +5506,15 @@ msgid ""
54025506 "forces all directories in the filesystem to be optimized. This can "
54035507 "sometimes make them a little smaller and slightly faster to search, but in "
54045508 "practice, you should rarely need to use this option."
5405-msgstr "B<-D> オプションが指定されていない場合でも、 B<e2fsck> は時にはいくつかのディレクトリの最適化を行うことがある。 --- 例えば、 ディレクトリインデクシングが有効になっていて、 ディレクトリのインデックスが作成されておらず、インデックスを作成した方がよい場合や、インデックス構造が壊れていて作成し直す必要がある場合、などである。 B<-D> オプションを指定した場合、そのファイルシステムのすべてのディレクトリの最適化が行われる。その結果、場合によっては、少しサイズが小さくなったり、検索が早くなることがあるが、実際には、このオプションを使う必要がある場面はめったにないだろう。"
5509+msgstr ""
5510+"B<-D> オプションが指定されていない場合でも、 B<e2fsck> は時にはいくつかのディ"
5511+"レクトリの最適化を行うことがある。 --- 例えば、 ディレクトリインデクシングが"
5512+"有効になっていて、 ディレクトリのインデックスが作成されておらず、インデックス"
5513+"を作成した方がよい場合や、インデックス構造が壊れていて作成し直す必要がある場"
5514+"合、などである。 B<-D> オプションを指定した場合、そのファイルシステムのすべて"
5515+"のディレクトリの最適化が行われる。その結果、場合によっては、少しサイズが小さ"
5516+"くなったり、検索が早くなることがあるが、実際には、このオプションを使う必要が"
5517+"ある場面はめったにないだろう。"
54065518
54075519 #. type: Plain text
54085520 #: original/man8/e2fsck.8:176
@@ -5410,7 +5522,7 @@ msgid ""
54105522 "The B<-D> option will detect directory entries with duplicate names in a "
54115523 "single directory, which e2fsck normally does not enforce for performance "
54125524 "reasons."
5413-msgstr ""
5525+msgstr "B<-D> オプションを指定すると、1 つのディレクトリ内の重複した名前のディレクトリエントリを検出する。通常 e2fsck は、性能上の理由からこの検出を行わない。"
54145526
54155527 #. type: TP
54165528 #: original/man8/e2fsck.8:176
@@ -5441,7 +5553,7 @@ msgid ""
54415553 "Set the version of the extended attribute blocks which B<e2fsck> will "
54425554 "require while checking the filesystem. The version number may be 1 or 2. "
54435555 "The default extended attribute version format is 2."
5444-msgstr ""
5556+msgstr "B<e2fsck> がファイルシステムをチェックする際に必要な、拡張属性ブロックのバージョンを指定する。バージョン番号は 1 または 2 である。デフォルトの拡張属性バージョンフォーマットは 2 である。"
54455557
54465558 #. type: TP
54475559 #: original/man8/e2fsck.8:188
@@ -5454,7 +5566,7 @@ msgstr "B<journal_only>"
54545566 msgid ""
54555567 "Only replay the journal if required, but do not perform any further checks "
54565568 "or repairs."
5457-msgstr ""
5569+msgstr "必要な場合にジャーナルの再生のみを行う。チェックや修復は行わない。"
54585570
54595571 #. type: TP
54605572 #: original/man8/e2fsck.8:192
@@ -5467,7 +5579,7 @@ msgstr "B<fragcheck>"
54675579 msgid ""
54685580 "During pass 1, print a detailed report of any discontiguous blocks for files "
54695581 "in the filesystem."
5470-msgstr ""
5582+msgstr "pass 1 で、ファイルシステムのファイルに不連続なブロックがある場合に、詳細なレポートを表示する。"
54715583
54725584 #. type: TP
54735585 #: original/man8/e2fsck.8:196 original/man8/mke2fs.8:258
@@ -5486,7 +5598,7 @@ msgid ""
54865598 "recognizable errors. However there might be cases where B<e2fsck> does not "
54875599 "fully recognise a problem and hence in this case this option may prevent you "
54885600 "from further manual data recovery."
5489-msgstr ""
5601+msgstr "ファイルシステムチェックが完了した後に、空きブロックと未使用 inode を破棄する (ブロックの破棄は、ソリッドステートデバイスとスパース (sparse) / シンプロビジョニングされたストレージでは有益である)。破棄は、ファイルシステムの完全なチェックが行われ、かつ認識されたエラーがない場合にのみ、pass 5 で行われる。しかし、B<e2fsck> が問題を認識できないケースでは、このオプションを使うと手動でのデータ修復ができなくなる。"
54905602
54915603 #. type: TP
54925604 #: original/man8/e2fsck.8:206 original/man8/mke2fs.8:266
@@ -5499,7 +5611,7 @@ msgstr "B<nodiscard>"
54995611 msgid ""
55005612 "Do not attempt to discard free blocks and unused inode blocks. This option "
55015613 "is exactly the opposite of discard option. This is set as default."
5502-msgstr ""
5614+msgstr "空きブロックと未使用 inode ブロックを破棄しない。このオプションは discard オプションと正反対である。これがデフォルトで設定されている。"
55035615
55045616 #. type: Plain text
55055617 #: original/man8/e2fsck.8:214
@@ -5758,7 +5870,7 @@ msgstr "B<SIGUSR1>"
57585870 msgid ""
57595871 "This signal causes B<e2fsck> to start displaying a completion bar or "
57605872 "emitting progress information. (See discussion of the B<-C> option.)"
5761-msgstr ""
5873+msgstr "このシグナルを受けると B<e2fsck> はプログレスバーを表示し、進捗情報を表示する。(B<-C> オプションの説明を参照。)"
57625874
57635875 #. type: TP
57645876 #: original/man8/e2fsck.8:348
@@ -5771,7 +5883,7 @@ msgstr "B<SIGUSR2>"
57715883 msgid ""
57725884 "This signal causes B<e2fsck> to stop displaying a completion bar or emitting "
57735885 "progress information."
5774-msgstr ""
5886+msgstr "このシグナルを受けると、B<e2fsck> はプログレスバーの表示と、進捗情報の表示をやめる。"
57755887
57765888 #. type: SH
57775889 #: original/man8/e2fsck.8:353
@@ -5816,14 +5928,14 @@ msgstr ""
58165928 #: original/man8/e2fsck.8:402
58175929 msgid ""
58185930 "It is also useful to send the output of B<dumpe2fs>(8). If a specific inode "
5819-"or inodes seems to be giving B<e2fsck> trouble, try running the B<debugfs>"
5820-"(8) command and send the output of the B<stat>(1u) command run on the "
5821-"relevant inode(s). If the inode is a directory, the B<debugfs> I<dump> "
5822-"command will allow you to extract the contents of the directory inode, which "
5823-"can sent to me after being first run through B<uuencode>(1). The most "
5824-"useful data you can send to help reproduce the bug is a compressed raw image "
5825-"dump of the filesystem, generated using B<e2image>(8). See the B<e2image>"
5826-"(8) man page for more details."
5931+"or inodes seems to be giving B<e2fsck> trouble, try running the "
5932+"B<debugfs>(8) command and send the output of the B<stat>(1u) command run "
5933+"on the relevant inode(s). If the inode is a directory, the B<debugfs> "
5934+"I<dump> command will allow you to extract the contents of the directory "
5935+"inode, which can sent to me after being first run through B<uuencode>(1). "
5936+"The most useful data you can send to help reproduce the bug is a compressed "
5937+"raw image dump of the filesystem, generated using B<e2image>(8). See the "
5938+"B<e2image>(8) man page for more details."
58275939 msgstr ""
58285940 "B<dumpe2fs>(8) の出力も役に立つ。 特定の inode の不良が B<e2fsck> の動作をお"
58295941 "かしくしているようなら、 B<debugfs>(8) コマンドを起動し、該当する inode に対"
@@ -5856,11 +5968,11 @@ msgstr ""
58565968 #. type: Plain text
58575969 #: original/man8/e2fsck.8:417
58585970 msgid ""
5859-"B<e2fsck.conf>(5), B<badblocks>(8), B<dumpe2fs>(8), B<debugfs>(8), B<e2image>"
5860-"(8), B<mke2fs>(8), B<tune2fs>(8)"
5971+"B<e2fsck.conf>(5), B<badblocks>(8), B<dumpe2fs>(8), B<debugfs>(8), "
5972+"B<e2image>(8), B<mke2fs>(8), B<tune2fs>(8)"
58615973 msgstr ""
5862-"B<e2fsck.conf>(5), B<badblocks>(8), B<dumpe2fs>(8), B<debugfs>(8), B<e2image>"
5863-"(8), B<mke2fs>(8), B<tune2fs>(8)"
5974+"B<e2fsck.conf>(5), B<badblocks>(8), B<dumpe2fs>(8), B<debugfs>(8), "
5975+"B<e2image>(8), B<mke2fs>(8), B<tune2fs>(8)"
58645976
58655977 #. type: TH
58665978 #: original/man8/e2image.8:5
@@ -5911,11 +6023,15 @@ msgid ""
59116023 "lifted in a future version of B<e2image>.)"
59126024 msgstr ""
59136025 "I<image-file> が - の場合、B<e2image> の出力は標準出力に送られる。\n"
5914-"これにより、出力を B<gzip>(1) のような他のプログラムにパイプすることができる。\n"
5915-"(今のところ、このオプションがサポートされているのは、B<-r> オプションを使って\n"
6026+"これにより、出力を B<gzip>(1) のような他のプログラムにパイプすることができ"
6027+"る。\n"
6028+"(今のところ、このオプションがサポートされているのは、B<-r> オプションを使っ"
6029+"て\n"
59166030 "raw イメージを作成する場合のみであることに注意すること。\n"
5917-"なぜなら、今のところは通常のイメージファイルや QCOW2 イメージを作成する過程で、\n"
5918-"パイプを使って行うことのできないファイルへのランダムアクセスが必要なためである。\n"
6031+"なぜなら、今のところは通常のイメージファイルや QCOW2 イメージを作成する過程"
6032+"で、\n"
6033+"パイプを使って行うことのできないファイルへのランダムアクセスが必要なためであ"
6034+"る。\n"
59196035 "この制限は将来のバージョンの B<e2image> で取り除かれると期待される。)"
59206036
59216037 #. type: Plain text
@@ -5946,7 +6062,8 @@ msgid ""
59466062 msgstr ""
59476063 "ディスク容量を節約するため、 B<e2image> はイメージファイルを\n"
59486064 "スパース (sparse) ファイルとしてか、QCOW2 フォーマットで作成する。\n"
5949-"スパースファイルの場合には、イメージファイルを他の場所にコピーするときには、\n"
6065+"スパースファイルの場合には、イメージファイルを他の場所にコピーするときに"
6066+"は、\n"
59506067 "前もって圧縮するか、GNU 版の B<cp> の B<--sparse=always> オプションを使って\n"
59516068 "コピーするべきである。\n"
59526069 "QCOW2 イメージはスパースではないので、この注意はあてはまらない。"
@@ -6079,7 +6196,8 @@ msgid ""
60796196 "Note that this will work even if you substitute \"/dev/hda1\" for another "
60806197 "raw disk image, or QCOW2 image previously created by B<e2image>."
60816198 msgstr ""
6082-"\"/dev/hda1\" を B<e2image> で以前に作成した別の raw や QCOW2 のディスクイメージに\n"
6199+"\"/dev/hda1\" を B<e2image> で以前に作成した別の raw や QCOW2 のディスクイ"
6200+"メージに\n"
60836201 "置き換えた場合でも、この方法は使える点に留意してほしい。"
60846202
60856203 #. type: SH
@@ -6101,8 +6219,10 @@ msgstr ""
61016219 "QCOW2 イメージファイルが作成される。\n"
61026220 "QCOW2 イメージは raw イメージが持つ情報を全て持つが、\n"
61036221 "raw イメージとはスパースでない点が異なる。\n"
6104-"QCOW2 イメージでは、データを近くに詰め込む特別な形式でデータを格納することで、\n"
6105-"必要なディスク容量を最小限にしている。そのため、穴 (ホール) の発生を避けつつ\n"
6222+"QCOW2 イメージでは、データを近くに詰め込む特別な形式でデータを格納すること"
6223+"で、\n"
6224+"必要なディスク容量を最小限にしている。そのため、穴 (ホール) の発生を避けつ"
6225+"つ\n"
61066226 "サイズを最小限にすることができる。"
61076227
61086228 #. type: Plain text
@@ -6111,7 +6231,8 @@ msgid ""
61116231 "In order to send filesystem to the maintainer as a part of bug report to "
61126232 "e2fsprogs, use following commands (replace hda1 with the appropriate device):"
61136233 msgstr ""
6114-"e2fsprogs のバグレポートの一部としてメンテナにファイルシステムを送る場合には、\n"
6234+"e2fsprogs のバグレポートの一部としてメンテナにファイルシステムを送る場合に"
6235+"は、\n"
61156236 "以下のコマンドを使うこと (hda1 を適切なデバイスで置き換えること):"
61166237
61176238 #. type: Plain text
@@ -6252,7 +6373,8 @@ msgid ""
62526373 msgstr ""
62536374 "B<e2undo> は I<device> 上の ext2/ext3/ext4 ファイルシステムに対して\n"
62546375 "undo ログ I<undo_log> の再生を行う。\n"
6255-"このコマンドを使うと、e2fsprogs のプログラムでの失敗した操作を取り消すことができる。"
6376+"このコマンドを使うと、e2fsprogs のプログラムでの失敗した操作を取り消すことが"
6377+"できる。"
62566378
62576379 #. type: Plain text
62586380 #: original/man8/e2undo.8:34
@@ -6319,7 +6441,12 @@ msgid ""
63196441 "B<e4defrag> is created on ext4 filesystem made with \"-O extent\" option "
63206442 "(see B<mke2fs>(8)). The targeted file gets more contiguous blocks and "
63216443 "improves the file access speed."
6322-msgstr "B<e4defrag> はエクステントベースのファイルの断片化 (fragmentation) を削減する。 B<e4defrag> の対象となるファイルは、 \"-O extent\" オプションを指定して作成された ext4 ファイルシステムに作られたファイルである (B<mke2fs>(8) 参照)。 処理が行われたファイルではブロックがより連続して配置され、ファイルアクセス速度が向上する。"
6444+msgstr ""
6445+"B<e4defrag> はエクステントベースのファイルの断片化 (fragmentation) を削減す"
6446+"る。 B<e4defrag> の対象となるファイルは、 \"-O extent\" オプションを指定して"
6447+"作成された ext4 ファイルシステムに作られたファイルである (B<mke2fs>(8) 参"
6448+"照)。 処理が行われたファイルではブロックがより連続して配置され、ファイルアク"
6449+"セス速度が向上する。"
63236450
63246451 #. type: Plain text
63256452 #: original/man8/e4defrag.8:35
@@ -6329,7 +6456,12 @@ msgid ""
63296456 "fragmentation of all files in it. If I<target> is a device, B<e4defrag> gets "
63306457 "the mount point of it and reduces fragmentation of all files in this mount "
63316458 "point."
6332-msgstr "I<target> には、通常のファイル、ディレクトリ、 ext4 ファイルシステムとしてマウントされているデバイスが指定できる。 I<target> がディレクトリの場合、 B<e4defrag> はそのディレクトリ内の全ファイルの断片化削減を行う。 I<target> がデバイスの場合、 B<e4defrag> はそのデバイスのマウントポイントを取得し、そのマウントポイントにある全ファイルの断片化削減を行う。"
6459+msgstr ""
6460+"I<target> には、通常のファイル、ディレクトリ、 ext4 ファイルシステムとしてマ"
6461+"ウントされているデバイスが指定できる。 I<target> がディレクトリの場合、 "
6462+"B<e4defrag> はそのディレクトリ内の全ファイルの断片化削減を行う。 I<target> が"
6463+"デバイスの場合、 B<e4defrag> はそのデバイスのマウントポイントを取得し、そのマ"
6464+"ウントポイントにある全ファイルの断片化削減を行う。"
63336465
63346466 #. type: Plain text
63356467 #: original/man8/e4defrag.8:48
@@ -6339,7 +6471,11 @@ msgid ""
63396471 "determine whether we should execute B<e4defrag> to I<target>. When used "
63406472 "with B<-v> option, the current fragmentation count and the ideal "
63416473 "fragmentation count are printed for each file."
6342-msgstr "現在の断片数と理想的な断片数を取得し、これらを元に断片化スコアを計算する。 このスコアを見ることで、 I<target> に対して B<e4defrag> を実行すべきかどうかを判断することができる。 B<-v> オプションと一緒に使用した場合、 ファイル一つ一つについて現在の断片数と理想的な断片数が表示される。"
6474+msgstr ""
6475+"現在の断片数と理想的な断片数を取得し、これらを元に断片化スコアを計算する。 こ"
6476+"のスコアを見ることで、 I<target> に対して B<e4defrag> を実行すべきかどうかを"
6477+"判断することができる。 B<-v> オプションと一緒に使用した場合、 ファイル一つ一"
6478+"つについて現在の断片数と理想的な断片数が表示される。"
63436479
63446480 #. type: Plain text
63456481 #: original/man8/e4defrag.8:52
@@ -6347,7 +6483,11 @@ msgid ""
63476483 "Also this option outputs the average data size in one extent. If you see it, "
63486484 "you'll find the file has ideal extents or not. Note that the maximum extent "
63496485 "size is 131072KB in ext4 filesystem (if block size is 4KB)."
6350-msgstr "このオプションでは、一つのエクステント内の平均データサイズも出力される。 この値を見ると、 そのファイルが理想的なエクステントで構成されているかを知ることができる。 (ブロックサイズが 4KB の場合) ext4 ファイルシステムでのエクステントの最大サイズは 131072KB である。"
6486+msgstr ""
6487+"このオプションでは、一つのエクステント内の平均データサイズも出力される。 この"
6488+"値を見ると、 そのファイルが理想的なエクステントで構成されているかを知ることが"
6489+"できる。 (ブロックサイズが 4KB の場合) ext4 ファイルシステムでのエクステント"
6490+"の最大サイズは 131072KB である。"
63516491
63526492 #. type: Plain text
63536493 #: original/man8/e4defrag.8:56
@@ -6359,7 +6499,8 @@ msgstr "このオプションが指定された場合、 I<target> の断片化
63596499 msgid ""
63606500 "Print error messages and the fragmentation count before and after defrag for "
63616501 "each file."
6362-msgstr "エラーメッセージを出力し、各ファイルの断片化削減の前後で断片数を表示する。"
6502+msgstr ""
6503+"エラーメッセージを出力し、各ファイルの断片化削減の前後で断片数を表示する。"
63636504
63646505 #. type: SH
63656506 #: original/man8/e4defrag.8:60
@@ -6373,7 +6514,11 @@ msgid ""
63736514 "B<e4defrag> does not support swap file, files in lost+found directory, and "
63746515 "files allocated in indirect blocks. When I<target> is a device or a mount "
63756516 "point, B<e4defrag> doesn't defragment files in mount point of other device."
6376-msgstr "B<e4defrag> は、スワップファイル、 lost+found ディレクトリのファイル、間接ブロック (indirect block) に割り当てられたファイルには対応していない。 I<target> がデバイスかマウントポイントの場合、 B<e4defrag> は他のデバイスのマウントポイント内のファイルの断片化削除は行わない。"
6517+msgstr ""
6518+"B<e4defrag> は、スワップファイル、 lost+found ディレクトリのファイル、間接ブ"
6519+"ロック (indirect block) に割り当てられたファイルには対応していない。 "
6520+"I<target> がデバイスかマウントポイントの場合、 B<e4defrag> は他のデバイスのマ"
6521+"ウントポイント内のファイルの断片化削除は行わない。"
63776522
63786523 #. type: Plain text
63796524 #: original/man8/e4defrag.8:74
@@ -6381,14 +6526,19 @@ msgid ""
63816526 "Non-privileged users can execute B<e4defrag> to their own file, but the "
63826527 "score is not printed if B<-c> option is specified. Therefore, it is "
63836528 "desirable to be executed by root user."
6384-msgstr "非特権ユーザは自分が所有するファイルに対して B<e4defrag> を実行できるが、 B<-c> オプションを指定した場合でもスコアは表示されない。 したがって、 B<e4defrag> は root ユーザで実行するのが望ましい。"
6529+msgstr ""
6530+"非特権ユーザは自分が所有するファイルに対して B<e4defrag> を実行できるが、 B<-"
6531+"c> オプションを指定した場合でもスコアは表示されない。 したがって、 "
6532+"B<e4defrag> は root ユーザで実行するのが望ましい。"
63856533
63866534 #. type: Plain text
63876535 #: original/man8/e4defrag.8:77
63886536 msgid ""
63896537 "Written by Akira Fujita E<lt>a-fujita@rs.jp.nec.comE<gt> and Takashi Sato "
63906538 "E<lt>t-sato@yk.jp.nec.comE<gt>."
6391-msgstr "Akira Fujita E<lt>a-fujita@rs.jp.nec.comE<gt> と Takashi Sato E<lt>t-sato@yk.jp.nec.comE<gt> が書いた。"
6539+msgstr ""
6540+"Akira Fujita E<lt>a-fujita@rs.jp.nec.comE<gt> と Takashi Sato E<lt>t-sato@yk."
6541+"jp.nec.comE<gt> が書いた。"
63926542
63936543 #. type: Plain text
63946544 #: original/man8/e4defrag.8:80
@@ -6428,24 +6578,24 @@ msgid ""
64286578 "The B<filefrag> program initially attempts to get the extent information "
64296579 "using FIEMAP ioctl which is more efficient and faster. If FIEMAP is not "
64306580 "supported then filefrag will fall back to using FIBMAP."
6431-msgstr ""
6581+msgstr "B<filefrag> は最初に、より効率的で高速な FIEMAP ioctl を使って、エクステント情報を取得しようとする。もし FIEMAP がサポートされていない場合、 filefrag は FIBMAP を使う。"
64326582
64336583 #. type: Plain text
64346584 #: original/man8/filefrag.8:29
64356585 msgid ""
64366586 "Force the use of the older FIBMAP ioctl instead of the FIEMAP ioctl for "
64376587 "testing purposes."
6438-msgstr ""
6588+msgstr "テストのため、 FIEMAP ioctl ではなく、古い FIBMAP ioctl を強制的に使用する。"
64396589
64406590 #. type: Plain text
64416591 #: original/man8/filefrag.8:32
64426592 msgid "Use 1024 byte blocksize for the output."
6443-msgstr ""
6593+msgstr "1024 バイトブロックサイズを出力に使う。"
64446594
64456595 #. type: Plain text
64466596 #: original/man8/filefrag.8:35
64476597 msgid "Sync the file before requesting the mapping."
6448-msgstr ""
6598+msgstr "マッピングをリクエストする前にファイルを同期する。"
64496599
64506600 #. type: Plain text
64516601 #: original/man8/filefrag.8:38
@@ -6455,7 +6605,7 @@ msgstr "ファイルの断片化をチェックするときに、詳細に報告
64556605 #. type: Plain text
64566606 #: original/man8/filefrag.8:41
64576607 msgid "Display mapping of extended attributes."
6458-msgstr ""
6608+msgstr "拡張属性のマッピングを表示する。"
64596609
64606610 #. type: Plain text
64616611 #: original/man8/filefrag.8:43
@@ -6528,8 +6678,8 @@ msgstr "fsck - Linux ファイルシステムのチェックと修復を行う"
65286678 #. type: Plain text
65296679 #: original/man8/fsck.8:27
65306680 msgid ""
6531-"B<fsck> [ B<-sAVRTMNP> ] [ B<-C> [ I<fd> ] ] [ B<-t> I<fstype> ] I<"
6532-"[filesys ... ]> [--] [ B<fs-specific-options> ]"
6681+"B<fsck> [ B<-sAVRTMNP> ] [ B<-C> [ I<fd> ] ] [ B<-t> I<fstype> ] "
6682+"I<[filesys ... ]> [--] [ B<fs-specific-options> ]"
65336683 msgstr ""
65346684 "B<fsck> [ B<-sAVRTMNP> ] [ B<-C> [ I<fd> ] ] [ B<-t> I<fstype> ] I<[filesys "
65356685 "\\&... ]> [--] [ B<fs-specific-options> ]"
@@ -6800,7 +6950,9 @@ msgstr "B<-M>"
68006950 msgid ""
68016951 "Do not check mounted filesystems and return an exit code of 0 for mounted "
68026952 "filesystems."
6803-msgstr "マウントされているファイルシステムはチェックしない。その場合、終了コード 0 を返す。"
6953+msgstr ""
6954+"マウントされているファイルシステムはチェックしない。その場合、終了コード 0 を"
6955+"返す。"
68046956
68056957 #. type: TP
68066958 #: original/man8/fsck.8:239
@@ -7088,14 +7240,14 @@ msgstr ""
70887240 #. type: Plain text
70897241 #: original/man8/fsck.8:414
70907242 msgid ""
7091-"B<fstab>(5), B<mkfs>(8), B<fsck.ext2>(8) or B<fsck.ext3>(8) or B<e2fsck>"
7092-"(8), B<cramfsck>(8), B<fsck.minix>(8), B<fsck.msdos>(8), B<fsck.jfs>(8), "
7093-"B<fsck.nfs>(8), B<fsck.vfat>(8), B<fsck.xfs>(8), B<fsck.xiafs>(8), "
7243+"B<fstab>(5), B<mkfs>(8), B<fsck.ext2>(8) or B<fsck.ext3>(8) or "
7244+"B<e2fsck>(8), B<cramfsck>(8), B<fsck.minix>(8), B<fsck.msdos>(8), B<fsck."
7245+"jfs>(8), B<fsck.nfs>(8), B<fsck.vfat>(8), B<fsck.xfs>(8), B<fsck.xiafs>(8), "
70947246 "B<reiserfsck>(8)."
70957247 msgstr ""
70967248 "B<fstab>(5), B<mkfs>(8), B<fsck.ext2>(8) または B<fsck.ext3>(8) または "
7097-"B<e2fsck>(8), B<cramfsck>(8), B<fsck.minix>(8), B<fsck.msdos>(8), B<fsck.jfs>"
7098-"(8), B<fsck.nfs>(8), B<fsck.vfat>(8), B<fsck.xfs>(8), B<fsck.xiafs>(8), "
7249+"B<e2fsck>(8), B<cramfsck>(8), B<fsck.minix>(8), B<fsck.msdos>(8), B<fsck."
7250+"jfs>(8), B<fsck.nfs>(8), B<fsck.vfat>(8), B<fsck.xfs>(8), B<fsck.xiafs>(8), "
70997251 "B<reiserfsck>(8)."
71007252
71017253 #. type: TH
@@ -7117,8 +7269,8 @@ msgstr "B<logsave> [ B<-asv> ] I<logfile cmd_prog [ ... ]>"
71177269 #. type: Plain text
71187270 #: original/man8/logsave.8:27
71197271 msgid ""
7120-"The B<logsave> program will execute I<cmd_prog> with the specified argument"
7121-"(s), and save a copy of its output to I<logfile>. If the containing "
7272+"The B<logsave> program will execute I<cmd_prog> with the specified "
7273+"argument(s), and save a copy of its output to I<logfile>. If the containing "
71227274 "directory for I<logfile> does not exist, B<logsave> will accumulate the "
71237275 "output in memory until it can be written out. A copy of the output will "
71247276 "also be written to standard output."
@@ -7196,21 +7348,21 @@ msgid ""
71967348 "I<fragment-size> ] [ B<-g> I<blocks-per-group> ] [ B<-G> I<number-of-"
71977349 "groups> ] [ B<-i> I<bytes-per-inode> ] [ B<-I> I<inode-size> ] [ B<-j> ] "
71987350 "[ B<-J> I<journal-options> ] [ B<-N> I<number-of-inodes> ] [ B<-n> ] [ B<-m> "
7199-"I<reserved-blocks-percentage> ] [ B<-o> I<creator-os> ] [ B<-O> I<feature>"
7200-"[,...] ] [ B<-q> ] [ B<-r> I<fs-revision-level> ] [ B<-E> I<extended-"
7201-"options> ] [ B<-v> ] [ B<-F> ] [ B<-L> I<volume-label> ] [ B<-M> I<last-"
7202-"mounted-directory> ] [ B<-S> ] [ B<-t> I<fs-type> ] [ B<-T> I<usage-type> ] "
7203-"[ B<-U> I<UUID> ] [ B<-V> ] I<device> [ I<blocks-count> ]"
7351+"I<reserved-blocks-percentage> ] [ B<-o> I<creator-os> ] [ B<-O> "
7352+"I<feature>[,...] ] [ B<-q> ] [ B<-r> I<fs-revision-level> ] [ B<-E> "
7353+"I<extended-options> ] [ B<-v> ] [ B<-F> ] [ B<-L> I<volume-label> ] [ B<-M> "
7354+"I<last-mounted-directory> ] [ B<-S> ] [ B<-t> I<fs-type> ] [ B<-T> I<usage-"
7355+"type> ] [ B<-U> I<UUID> ] [ B<-V> ] I<device> [ I<blocks-count> ]"
72047356 msgstr ""
72057357 "B<mke2fs> [ B<-c> | B<-l> I<filename> ] [ B<-b> I<block-size> ] [ B<-f> "
72067358 "I<fragment-size> ] [ B<-g> I<blocks-per-group> ] [ B<-G> I<number-of-"
72077359 "groups> ] [ B<-i> I<bytes-per-inode> ] [ B<-I> I<inode-size> ] [ B<-j> ] "
72087360 "[ B<-J> I<journal-options> ] [ B<-N> I<number-of-inodes> ] [ B<-n> ] [ B<-m> "
7209-"I<reserved-blocks-percentage> ] [ B<-o> I<creator-os> ] [ B<-O> I<feature>"
7210-"[,...] ] [ B<-q> ] [ B<-r> I<fs-revision-level> ] [ B<-E> I<extended-"
7211-"options> ] [ B<-v> ] [ B<-F> ] [ B<-L> I<volume-label> ] [ B<-M> I<last-"
7212-"mounted-directory> ] [ B<-S> ] [ B<-t> I<fs-type> ] [ B<-T> I<usage-type> ] "
7213-"[ B<-U> I<UUID> ] [ B<-V> ] I<device> [ I<blocks-count> ]"
7361+"I<reserved-blocks-percentage> ] [ B<-o> I<creator-os> ] [ B<-O> "
7362+"I<feature>[,...] ] [ B<-q> ] [ B<-r> I<fs-revision-level> ] [ B<-E> "
7363+"I<extended-options> ] [ B<-v> ] [ B<-F> ] [ B<-L> I<volume-label> ] [ B<-M> "
7364+"I<last-mounted-directory> ] [ B<-S> ] [ B<-t> I<fs-type> ] [ B<-T> I<usage-"
7365+"type> ] [ B<-U> I<UUID> ] [ B<-V> ] I<device> [ I<blocks-count> ]"
72147366
72157367 #. No external-journal specific journal options yet (size is ignored)
72167368 #. [
@@ -7234,7 +7386,7 @@ msgid ""
72347386 "(e.g I</dev/hdXX>). I<blocks-count> is the number of blocks on the device. "
72357387 "If omitted, B<mke2fs> automagically figures the file system size. If called "
72367388 "as B<mkfs.ext3> a journal is created as if the B<-j> option was specified."
7237-msgstr ""
7389+msgstr "B<mke2fs> は、ext2, ext3, ext4 ファイルシステムを、通常はディスクのパーティションに作成する。I<device> はデバイスに対応するスペシャルファイルである (例: I</dev/hdXX>)。I<blocks-count> はデバイスのブロック数である。省略すると B<mke2fs> が自動的にファイルシステムサイズを計算する。B<mkfs.ext3> として起動されると、B<-j> オプションが指定された場合のようにジャーナルを作る。"
72387390
72397391 #. type: Plain text
72407392 #: original/man8/mke2fs.8:163
@@ -7243,7 +7395,7 @@ msgid ""
72437395 "overridden by the options listed below, are controlled by the B</etc/mke2fs."
72447396 "conf> configuration file. See the B<mke2fs.conf>(5) manual page for more "
72457397 "details."
7246-msgstr ""
7398+msgstr "新規作成されるファイルシステムのパラメータのデフォルト値は、以下に示すオプションで上書きされない限り、B</etc/mke2fs.conf> 設定ファイルで制御される。詳細は B<mke2fs.conf>(5) マニュアルページを参照すること。"
72477399
72487400 #. type: Plain text
72497401 #: original/man8/mke2fs.8:181
@@ -7256,7 +7408,7 @@ msgid ""
72567408 "size, with the constraint that the block size will be at least I<block-size> "
72577409 "bytes. This is useful for certain hardware devices which require that the "
72587410 "blocksize be a multiple of 2k."
7259-msgstr ""
7411+msgstr "ブロックサイズをバイト単位で指定する。指定できるブロックサイズはブロックあたり 1024, 2048, 4096 バイトである。省略すると、 B<mke2fs> はファイルシステムのサイズと予想されるファイルシステムの利用法 (B<-T> オプションを見よ) とからブロックサイズをヒューリスティック (heuristic) に基づいて決定する。I<block-size> が負の数である場合、B<mke2fs> はヒューリスティックを使って適切なブロックサイズを決定する。この場合、ブロックサイズを少なくとも I<block-size> バイトにするという制限を付ける。これは、ブロックサイズが 2k の倍数でなければいけない特定のハードウェアなどで役に立つ。"
72607412
72617413 #. type: Plain text
72627414 #: original/man8/mke2fs.8:186
@@ -7302,7 +7454,7 @@ msgid ""
73027454 "an I<interval> of 0 means to use the default interval. The specified "
73037455 "interval must be less than 300 seconds. Requires that the B<mmp> feature be "
73047456 "enabled."
7305-msgstr ""
7457+msgstr "MMP 更新間隔の初期値を I<interval> 秒にする。I<interval> を 0 に設定すると、デフォルトの更新間隔を使う。間隔は 300 秒より短くしなければならない。B<mmp> feature を有効にしておく必要がある。"
73067458
73077459 #. type: TP
73087460 #: original/man8/mke2fs.8:210 original/man8/tune2fs.8:189
@@ -7319,7 +7471,7 @@ msgid ""
73197471 "mostly affects placement of filesystem metadata like bitmaps at B<mke2fs> "
73207472 "time to avoid placing them on a single disk, which can hurt performance. It "
73217473 "may also be used by the block allocator."
7322-msgstr ""
7474+msgstr "RAID アレイのファイルシステムに対して、I<stride-size> ファイルシステムブロックに設定する。次のディスクに移動するまで、このブロック数で読み書きされ、I<チャンクサイズ>とも呼ばれる。このサイズはビットマップのようなファイルシステムメタデータの配置に影響する。B<mke2fs> の実行時にメタデータを 1 つのディスクに置くと、性能を害する可能性がある。また、このサイズはブロックアロケータでも使われる。"
73237475
73247476 #. type: TP
73257477 #: original/man8/mke2fs.8:221 original/man8/tune2fs.8:199
@@ -7336,7 +7488,7 @@ msgid ""
73367488 "so N will be the number of disks in the array minus 1). This allows the "
73377489 "block allocator to prevent read-modify-write of the parity in a RAID stripe "
73387490 "if possible when the data is written."
7339-msgstr ""
7491+msgstr "RAID アレイのファイルシステムに対して、1 ストライプあたりのファイルシステムブロックを I<stripe-width> に設定する。一般的にこのサイズは、 N を RAID のデータ格納ディスクとしたとき、stride-size * N である (例えば、RAID 5 ではパリティディスクが 1 つなので、N はアレイのディスク数 - 1 である)。これにより、データが書き込まれる時に、ブロックアロケータが RAID ストライプにパリティの読み込み-修正-書き込みを行うのを防止する。"
73407492
73417493 #. type: TP
73427494 #: original/man8/mke2fs.8:230
@@ -7357,7 +7509,7 @@ msgstr ""
73577509 #: original/man8/mke2fs.8:236
73587510 #, no-wrap
73597511 msgid "B<lazy_itable_init>[B<= >I<E<lt>0 to disable, 1 to enableE<gt>>]"
7360-msgstr "B<lazy_itable_init>[B<= >I<E<lt>0 to disable, 1 to enableE<gt>>]"
7512+msgstr "B<lazy_itable_init>[B<= >I<E<lt>0 無効, 1 有効E<gt>>]"
73617513
73627514 #. type: Plain text
73637515 #: original/man8/mke2fs.8:246
@@ -7367,13 +7519,13 @@ msgid ""
73677519 "noticeably, but it requires the kernel to finish initializing the filesystem "
73687520 "in the background when the filesystem is first mounted. If the option value "
73697521 "is omitted, it defaults to 1 to enable lazy inode table zeroing."
7370-msgstr ""
7522+msgstr "このオプションを有効にして、かつ uninit_bg feature を有効にした場合、inode テーブルは B<mke2fs> では完全には初期化されない。これでファイルシステムの初期化は劇的にスピードアップするが、ファイルシステムが初めてマウントされる時に、カーネルはバックグラウンドでファイルシステムの初期化を完了させる必要がある。このオプションで値を省略した場合の デフォルトは 1 であり、inode テーブルの 0 での遅延初期化が有効になる。"
73717523
73727524 #. type: TP
73737525 #: original/man8/mke2fs.8:246
73747526 #, no-wrap
73757527 msgid "B<lazy_journal_init>[B<= >I<E<lt>0 to disable, 1 to enableE<gt>>]"
7376-msgstr "B<lazy_journal_init>[B<= >I<E<lt>0 to disable, 1 to enableE<gt>>]"
7528+msgstr "B<lazy_journal_init>[B<= >I<E<lt>0 無効, 1 有効E<gt>>]"
73777529
73787530 #. type: Plain text
73797531 #: original/man8/mke2fs.8:254
@@ -7383,7 +7535,7 @@ msgid ""
73837535 "risk if the system crashes before the journal has been overwritten entirely "
73847536 "one time. If the option value is omitted, it defaults to 1 to enable lazy "
73857537 "journal inode zeroing."
7386-msgstr ""
7538+msgstr "このオプションを有効にすると、B<mke2fs> はジャーナル inode を完全には 0 にしない。これでファイルシステムの初期化は劇的にスピードアップするが、ジャーナルが完全に 1 度上書きされる前にシステムがクラッシュするという、小さなリスクを引きずっている。このオプションで値を省略した場合のデフォルトは 1 であり、ジャーナル inode の 0 での遅延初期化が有効になる。"
73877539
73887540 #. type: TP
73897541 #: original/man8/mke2fs.8:254 original/man8/tune2fs.8:235
@@ -7396,7 +7548,7 @@ msgstr "B<test_fs>"
73967548 msgid ""
73977549 "Set a flag in the filesystem superblock indicating that it may be mounted "
73987550 "using experimental kernel code, such as the ext4dev filesystem."
7399-msgstr ""
7551+msgstr "ファイルシステムスーパーブロックのフラグを設定し、ext4dev ファイルシステムのような、実験的なカーネルコードを使ってマウントするようにする。"
74007552
74017553 #. type: Plain text
74027554 #: original/man8/mke2fs.8:266
@@ -7407,12 +7559,12 @@ msgid ""
74077559 "after the discard and before write returns zero), then mark all not-yet-"
74087560 "zeroed inode tables as zeroed. This significantly speeds up filesystem "
74097561 "initialization. This is set as default."
7410-msgstr ""
7562+msgstr "mkfs の実行時にブロックを破棄する (最初にブロックを破棄するのは、ソリッドステートデバイスとスパース (sparse) / シンプロビジョニングされたストレージでは有益である)。デバイスが 0 のデータ (破棄の後の読み込みと書き込みの前に 0 を返す) を破棄するように宣言すると、まだ 0 で初期化化されていない inode テーブルを 0 としてマークする。 これはファイルシステムの初期化を劇的にスピードアップする。これはデフォルトで設定される。"
74117563
74127564 #. type: Plain text
74137565 #: original/man8/mke2fs.8:269
74147566 msgid "Do not attempt to discard blocks at mkfs time."
7415-msgstr ""
7567+msgstr "mkfs の実行時にブロックを破棄しないようにする。"
74167568
74177569 #. type: TP
74187570 #: original/man8/mke2fs.8:269
@@ -7426,7 +7578,7 @@ msgid ""
74267578 "Specify which quota type ('usr' or 'grp') is to be initialized. This option "
74277579 "has any effect only if B<quota> feature is set. Without this extended "
74287580 "option, the default behavior is to initialize both user and group quotas."
7429-msgstr ""
7581+msgstr "クォータ (quota) タイプ ('usr' または 'grp') を指定して、初期化する。このオプションは B<quota> feature が設定されている場合にのみ有効である。この拡張オプションが設定されない場合、デフォルトでは、ユーザとグループの両方のクォータが初期化される。"
74307582
74317583 #. type: TP
74327584 #: original/man8/mke2fs.8:277
@@ -7447,7 +7599,7 @@ msgid ""
74477599 "sense. In order to force B<mke2fs> to create a filesystem even if the "
74487600 "filesystem appears to be in use or is mounted (a truly dangerous thing to "
74497601 "do), this option must be specified twice."
7450-msgstr ""
7602+msgstr "指定したデバイスがブロックスペシャルデバイスのパーティションでない場合や、他のパラメータが意味をなさない場合にも、B<mke2fs> に強制的にファイルシステムを作成させる。ファイルシステムが使用中であったり、マウントされている場合でも、B<mke2fs> にファイルシステムを作成させる。(これはとても危険なことなので、) このオプションは 2 度指定すべきである。"
74517603
74527604 #. type: TP
74537605 #: original/man8/mke2fs.8:291
@@ -7486,7 +7638,7 @@ msgid ""
74867638 "This improves meta-data locality and performance on meta-data heavy "
74877639 "workloads. The number of groups must be a power of 2 and may only be "
74887640 "specified if the B<flex_bg> filesystem feature is enabled."
7489-msgstr ""
7641+msgstr "このリレーションは、ext4 ファイルシステムで 1 つのラージ仮想ブロックグループ (または \"flex_bg group\") にパックするブロックグループ数を指定する。これによりメタデータに大きな負荷がかかる場合に、メタデータを局在化し、性能を改善する。グループ数は 2 の乗数にする必要があり、B<flex_bg> ファイルシステム feature が有効化されている場合にのみ設定できる。"
74907642
74917643 #. type: TP
74927644 #: original/man8/mke2fs.8:312
@@ -7532,7 +7684,7 @@ msgid ""
75327684 "stored in large inodes are not visible with older kernels, and such "
75337685 "filesystems will not be mountable with 2.4 kernels at all. It is not "
75347686 "possible to change this value after the filesystem is created."
7535-msgstr ""
7687+msgstr "inode のサイズをバイト単位で指定する。B<mke2fs> はデフォルトでは 256 バイトで inodes を作成する。カーネル 2.6.10 以降と、それ以前のいくつかのベンダーのカーネルでは、128 バイトより大きい inode を使って、拡張属性を格納することで、性能を改善できる。I<inode-size> の値は、2 の乗数で 128 以上でなければならない。I<inode-size> を大きくすると、inode テーブルで消費される領域が大きくなる。これにより、ファイルシステムで使える領域が小さくなり、性能への悪い影響がおこる可能性がある。大きな inode に格納される拡張属性は、古いカーネルでは見ることができず、2.4 カーネルでは全くマウントできない。この値はファイルシステムを作成した後では変更できない。"
75367688
75377689 #. type: TP
75387690 #: original/man8/mke2fs.8:343 original/man8/tune2fs.8:287
@@ -7586,7 +7738,7 @@ msgid ""
75867738 "filesystem blocks (i.e., 1MB if using 1k blocks, 4MB if using 4k blocks, "
75877739 "etc.) and may be no more than 10,240,000 filesystem blocks or half the "
75887740 "total file system size (whichever is smaller)"
7589-msgstr ""
7741+msgstr "(ファイルシステムの内部に格納される) 内部ジャーナルをサイズ I<journal-size> メガバイトで作成する。ジャーナルのサイズは、少なくとも 1024 ファイルシステムブロックでなければならない。(つまり、1k ブロックの場合 1MB、4k ブロックの場合 4MB である)。さらに、10,240,000 ファイルシステムブロック、もしくは全ファイルシステムサイズの半分の、いずれか小さい方よりも小さい必要がある。"
75907742
75917743 #. type: TP
75927744 #: original/man8/mke2fs.8:367 original/man8/tune2fs.8:337
@@ -7635,16 +7787,21 @@ msgid ""
76357787 "B<tune2fs>(8)."
76367788 msgstr ""
76377789 "デバイス名を直接指定する代わりに、\n"
7638-"B<LABEL=>I<label> や B<UUID=>I<UUID> という形式で I<external-journal> を指定することもできる。\n"
7639-"この形式では、外部ジャーナルの場所を、 ジャーナルの先頭の ext2 スーパーブロックに格納されている\n"
7790+"B<LABEL=>I<label> や B<UUID=>I<UUID> という形式で I<external-journal> を指定"
7791+"することもできる。\n"
7792+"この形式では、外部ジャーナルの場所を、 ジャーナルの先頭の ext2 スーパーブロッ"
7793+"クに格納されている\n"
76407794 "UUID やボリュームラベルで指定する。 ジャーナルデバイスのボリュームラベルと\n"
7641-"UUID を表示するには、 B<dumpe2fs>(8) を使うこと。 B<tune2fs>(8) の B<-L> オプションも参照のこと。"
7795+"UUID を表示するには、 B<dumpe2fs>(8) を使うこと。 B<tune2fs>(8) の B<-L> オ"
7796+"プションも参照のこと。"
76427797
76437798 #. type: Plain text
76447799 #: original/man8/mke2fs.8:405 original/man8/tune2fs.8:375
76457800 msgid ""
76467801 "Only one of the B<size> or B<device> options can be given for a filesystem."
7647-msgstr "ひとつのファイルシステムに対しては、 B<size> オプションと B<device> オプションのどちらか一方しか指定できない。"
7802+msgstr ""
7803+"ひとつのファイルシステムに対しては、 B<size> オプションと B<device> オプショ"
7804+"ンのどちらか一方しか指定できない。"
76487805
76497806 #. type: Plain text
76507807 #: original/man8/mke2fs.8:422
@@ -7760,7 +7917,7 @@ msgid ""
77607917 "Overrides the default value of the \"creator operating system\" field of the "
77617918 "filesystem. The creator field is set by default to the name of the OS the "
77627919 "B<mke2fs> executable was compiled for."
7763-msgstr ""
7920+msgstr "ファイルシステムの \"creator operating system\" フィールドのデフォルト値を上書きする。creator フィールドは、デフォルトでは実行ファイル B<mke2fs> がコンパイルされた OS 名となる。"
77647921
77657922 #. type: TP
77667923 #: original/man8/mke2fs.8:469
@@ -7774,14 +7931,14 @@ msgid ""
77747931 "Create a filesystem with the given features (filesystem options), overriding "
77757932 "the default filesystem options. The features that are enabled by default "
77767933 "are specified by the I<base_features> relation, either in the I<[defaults]> "
7777-"section in the B</etc/mke2fs.conf> configuration file, or in the I<[fs_types]"
7778-"> subsections for the usage types as specified by the B<-T> option, further "
7779-"modified by the I<features> relation found in the I<[fs_types]> subsections "
7780-"for the filesystem and usage types. See the B<mke2fs.conf>(5) manual page "
7781-"for more details. The filesystem type-specific configuration setting found "
7782-"in the I<[fs_types]> section will override the global default found in I<"
7783-"[defaults]>."
7784-msgstr ""
7934+"section in the B</etc/mke2fs.conf> configuration file, or in the "
7935+"I<[fs_types]> subsections for the usage types as specified by the B<-T> "
7936+"option, further modified by the I<features> relation found in the "
7937+"I<[fs_types]> subsections for the filesystem and usage types. See the "
7938+"B<mke2fs.conf>(5) manual page for more details. The filesystem type-"
7939+"specific configuration setting found in the I<[fs_types]> section will "
7940+"override the global default found in I<[defaults]>."
7941+msgstr "指定された feature (ファイルシステムオプション) で、デフォルトのファイルシステムオプションを上書きして、ファイルシステムを作成する。デフォルトで有効にされる feature は、設定ファイル B</etc/mke2fs.conf> の I<base_features> リレーションと I<[defaults]> セクション、または、B<-T> オプションで指定される I<[fs_types]> サブセクションの usage type で設定される。さらにファイルシステムと usage type は、I<[fs_types]> サブセクションの I<features> リレーションで変更できる。より詳細は、B<mke2fs.conf>(5) マニュアルページを参照すること。I<[fs_types]> セクションに書かれたファイルシステムタイプ独自の設定は、グローバルなデフォルト I<[defaults]> を上書きする。"
77857942
77867943 #. type: Plain text
77877944 #: original/man8/mke2fs.8:503
@@ -7790,7 +7947,7 @@ msgid ""
77907947 "set specified by this option, or if this option is not given, by the "
77917948 "I<default_features> relation for the filesystem type being created, or in "
77927949 "the I<[defaults]> section of the configuration file."
7793-msgstr ""
7950+msgstr "ファイルシステム feature のセットは、このオプションで指定される feature で変更できる。このオプションが指定されない場合、I<default_features> リレーション、または設定ファイルの I<[defaults]> セクションでファイルシステムが作成される。"
77947951
77957952 #. type: Plain text
77967953 #: original/man8/mke2fs.8:508
@@ -7829,7 +7986,7 @@ msgid ""
78297986 "Instead of using the indirect block scheme for storing the location of data "
78307987 "blocks in an inode, use extents instead. This is a much more efficient "
78317988 "encoding which speeds up filesystem access, especially for large files."
7832-msgstr ""
7989+msgstr "inode のデータブロックの場所を格納するために、間接ブロックスキーマを使うのではなく、エクステントを使う。これはエンコーディングをより効率的にするので、特に大きなファイルについて、ファイルシステムアクセスをスピードアップする。"
78337990
78347991 #. type: TP
78357992 #: original/man8/mke2fs.8:518 original/man8/tune2fs.8:516
@@ -7856,7 +8013,7 @@ msgid ""
78568013 "the per-block group metadata together starting at the first block group of "
78578014 "each \"flex_bg group\". The size of the flex_bg group can be specified "
78588015 "using the B<-G> option."
7859-msgstr ""
8016+msgstr "ブロックごとのグループメタデータ (アロケーションビットマップと inode テーブル) をストレージメディアの任意の場所に置けるようにする。さらに B<mke2fs> はブロックごとのグループメタデータを、各 \"flex_bg group\" の最初のブロックグループとともに置くこともできる。flex_bg グループのサイズは、B<-G> オプションで指定できる。"
78608017
78618018 #. type: TP
78628019 #: original/man8/mke2fs.8:531 original/man8/tune2fs.8:528
@@ -7897,7 +8054,7 @@ msgstr "B<large_file>"
78978054 msgid ""
78988055 "Filesystem can contain files that are greater than 2GB. (Modern kernels set "
78998056 "this feature automatically when a file E<gt> 2GB is created.)"
7900-msgstr ""
8057+msgstr "ファイルシステムが 2GB より大きいファイルを格納できる。(最近のカーネルは、2GB より大きいファイルが作られるときに、この feature を自動的に設定する。)"
79018058
79028059 #. type: TP
79038060 #: original/man8/mke2fs.8:548
@@ -7911,7 +8068,7 @@ msgid ""
79118068 "Create quota inodes (inode# 3 for userquota and inode# 4 for group quota) "
79128069 "and set them in the superblock. With this feature, the quotas will be "
79138070 "enabled automatically when the filesystem is mounted."
7914-msgstr ""
8071+msgstr "クォータ inode (inode# 3 がユーザクォータ、inode# 4 がグループクォータ) を作成し、スーパーブロックに設定する。この feature を設定すると、ファイルシステムがマウントされた際に、クォータが自動的に有効になる。"
79158072
79168073 #. type: TP
79178074 #: original/man8/mke2fs.8:553 original/man8/tune2fs.8:538
@@ -7964,7 +8121,7 @@ msgid ""
79648121 "(if lazy_itable_init is enabled), and can also reduce B<e2fsck> time "
79658122 "dramatically. It is only supported by the ext4 filesystem in recent Linux "
79668123 "kernels."
7967-msgstr ""
8124+msgstr "すべてのブロックグループを初期化せずにファイルシステムを作成する。この feature は、各ブロックグループのチェックサムと最高位 inode 利用状況の統計を有効にする。この feature は (lazy_itable_init が有効にされている場合) フィルシステム作成時間を特にスピードアップし、B<e2fsck> の時間を劇的に短くする。これは、ext4 ファイルシステムと最近の Linux カーネルでのみサポートされている。"
79688125
79698126 #. type: TP
79708127 #: original/man8/mke2fs.8:580
@@ -8039,9 +8196,9 @@ msgid ""
80398196 "either via how the command was run (for example, using a name of the form "
80408197 "mkfs.ext2, mkfs.ext3, etc.) or via a default as defined by the B</etc/mke2fs."
80418198 "conf>(5) file. This option controls which filesystem options are used by "
8042-"default, based on the B<fstypes> configuration stanza in B</etc/mke2fs.conf>"
8043-"(5)."
8044-msgstr ""
8199+"default, based on the B<fstypes> configuration stanza in B</etc/mke2fs."
8200+"conf>(5)."
8201+msgstr "作成するファイルシステムタイプ (ext2, ext3, ext4 など) を指定する。このオプションが指定されない場合、 B<mke2fs> はコマンド実行時のデフォルト(例えば mkfs.ext2, mkfs.ext3 などの名前が使われたか)、または B</etc/mke2fs.conf>(5) ファイルで定義されるデフォルトを使う。このオプションは、B</etc/mke2fs.conf>(5) の B<fstypes> 節に基づいて、デフォルトでどのファイルシステムオプションが使われるかを制御する。"
80458202
80468203 #. type: Plain text
80478204 #: original/man8/mke2fs.8:634
@@ -8054,7 +8211,7 @@ msgid ""
80548211 "^has_journal /dev/hdXX>\" will create a filesystem that does not have a "
80558212 "journal and hence will not be supported by the ext3 filesystem code in the "
80568213 "Linux kernel.)"
8057-msgstr ""
8214+msgstr "B<-O> オプションは、新規作成されるファイルシステムで使われるファイルシステムオプションを明示的に追加または削除する。指定された I<fs-type> によっては、サポートされない場合もある。(例えば、\"B<mke2fs -t ext3 -O extent /dev/sdXX>\" は、Linux カーネルの ext3 実装ではサポートされないファイルシステムが作成される。また、\"B<mke2fs -t ext3 -O ^has_journal /dev/hdXX>\" はジャーナルを持たないファイルシステムが作成される。なぜなら、ジャーナルありの ext3 ファイルシステムコードが Linux カーネルでサポートされていないからである。)"
80588215
80598216 #. type: TP
80608217 #: original/man8/mke2fs.8:634
@@ -8069,7 +8226,7 @@ msgid ""
80698226 "optimal filesystem parameters for that use. The usage types that are "
80708227 "supported are defined in the configuration file B</etc/mke2fs.conf>(5). The "
80718228 "user may specify one or more usage types using a comma separated list."
8072-msgstr ""
8229+msgstr "ファイルシステムの利用用途を指定し、B<mke2fs> が使うオプションのシステムパラメータを選べるようにする。サポートされている usage type は設定ファイル B</etc/mke2fs.conf>(5) に定義されている。ユーザはカンマ区切りリストで 1 つ以上の usage type を指定できる。"
80738230
80748231 #. type: Plain text
80758232 #: original/man8/mke2fs.8:669
@@ -8084,7 +8241,7 @@ msgid ""
80848241 "type I<big>. If the filesystem size is greater than or equal to 16 "
80858242 "terabytes, B<mke2fs>(8) will use the filesystem type I<huge>. Otherwise, "
80868243 "B<mke2fs>(8) will use the default filesystem type I<default>."
8087-msgstr ""
8244+msgstr "このオプションが指定されない場合、B<mke2fs> は作成されるファイルシステムのサイズによって、1 つのデフォルトを選択する。ファイルシステムサイズが 3MB 以下である場合、B<mke2fs> はファイルシステムタイプ I<floppy> を使う。ファイルシステムサイズが 3MB より大きく 512MB 以下である場合、B<mke2fs>(8) はファイルシステムタイプ I<small> を使う。ファイルシステムサイズが 4TB より大きく 16TB 以下である場合、B<mke2fs>(8) はファイルシステムタイプ I<big> を使う。ファイルシステムサイズが 16TB より大きい場合、B<mke2fs>(8) はファイルシステムタイプ I<huge> を使う。その他の場合、B<mke2fs>(8) はデフォルトのファイルシステムタイプ I<default> を使う。"
80888245
80898246 #. type: TP
80908247 #: original/man8/mke2fs.8:669 original/man8/tune2fs.8:624
@@ -8095,7 +8252,7 @@ msgstr "B<-U>I< UUID>"
80958252 #. type: Plain text
80968253 #: original/man8/mke2fs.8:672
80978254 msgid "Create the filesystem with the specified UUID."
8098-msgstr ""
8255+msgstr "指定した UUID でファイルシステムを作成する。"
80998256
81008257 #. type: Plain text
81018258 #: original/man8/mke2fs.8:675
@@ -8111,7 +8268,7 @@ msgstr "B<mke2fs> のバージョンを表示して終了する。"
81118268 #: original/man8/mke2fs.8:680
81128269 #, no-wrap
81138270 msgid "ENVIRONMENT"
8114-msgstr ""
8271+msgstr "環境変数"
81158272
81168273 #. type: TP
81178274 #: original/man8/mke2fs.8:681
@@ -8124,7 +8281,7 @@ msgstr "B<MKE2FS_SYNC>"
81248281 msgid ""
81258282 "If set to non-zero integer value, its value is used to determine how often "
81268283 "B<sync>(2) is called during inode table initialization."
8127-msgstr ""
8284+msgstr "0 でない整数を指定すると、inode テーブル初期化時に B<sync>(2) を呼ぶ頻度として指定される。"
81288285
81298286 #. type: TP
81308287 #: original/man8/mke2fs.8:686
@@ -8136,7 +8293,7 @@ msgstr "B<MKE2FS_CONFIG>"
81368293 #: original/man8/mke2fs.8:690
81378294 msgid ""
81388295 "Determines the location of the configuration file (see B<mke2fs.conf>(5))."
8139-msgstr ""
8296+msgstr "設定ファイル (B<mke2fs.conf>(5) を参照) の場所を決定する。"
81408297
81418298 #. type: TP
81428299 #: original/man8/mke2fs.8:690
@@ -8149,7 +8306,7 @@ msgstr "B<MKE2FS_FIRST_META_BG>"
81498306 msgid ""
81508307 "If set to non-zero integer value, its value is used to determine first meta "
81518308 "block group. This is mostly for debugging purposes."
8152-msgstr ""
8309+msgstr "0 でない整数を指定すると、最初のメタブロックグループを決定するために使われる。これは主にデバッグ用である。"
81538310
81548311 #. type: TP
81558312 #: original/man8/mke2fs.8:694
@@ -8162,7 +8319,7 @@ msgstr "B<MKE2FS_DEVICE_SECTSIZE>"
81628319 msgid ""
81638320 "If set to non-zero integer value, its value is used to determine physical "
81648321 "sector size of the I<device>."
8165-msgstr ""
8322+msgstr "0 でない整数を指定すると、I<device> の物理セクタサイズを決定するのに使われる。"
81668323
81678324 #. type: TP
81688325 #: original/man8/mke2fs.8:699
@@ -8175,7 +8332,7 @@ msgstr "B<MKE2FS_SKIP_CHECK_MSG>"
81758332 msgid ""
81768333 "If set, do not show the message of filesystem automatic check caused by "
81778334 "mount count or check interval."
8178-msgstr ""
8335+msgstr "この環境変数が設定されると、マウント回数やチェック間隔で自動チェックされるファイルシステムのメッセージを表示しない。"
81798336
81808337 #. type: Plain text
81818338 #: original/man8/mke2fs.8:707
@@ -8212,11 +8369,11 @@ msgstr ""
82128369 #. type: Plain text
82138370 #: original/man8/mke2fs.8:724
82148371 msgid ""
8215-"B<mke2fs.conf>(5), B<badblocks>(8), B<dumpe2fs>(8), B<e2fsck>(8), B<tune2fs>"
8216-"(8)"
8372+"B<mke2fs.conf>(5), B<badblocks>(8), B<dumpe2fs>(8), B<e2fsck>(8), "
8373+"B<tune2fs>(8)"
82178374 msgstr ""
8218-"B<mke2fs.conf>(5), B<badblocks>(8), B<dumpe2fs>(8), B<e2fsck>(8), B<tune2fs>"
8219-"(8)"
8375+"B<mke2fs.conf>(5), B<badblocks>(8), B<dumpe2fs>(8), B<e2fsck>(8), "
8376+"B<tune2fs>(8)"
82208377
82218378 #. type: TH
82228379 #: original/man8/mklost+found.8:5
@@ -8362,7 +8519,12 @@ msgid ""
83628519 "stupid-sounding ``kibibytes''. The same holds true for megabytes, also "
83638520 "sometimes known as ``mebibytes'', or gigabytes, as the amazingly silly "
83648521 "``gibibytes''. Makes you want to gibber, doesn't it?"
8365-msgstr "注: 上記でキロバイトと言った場合、2 のべき乗のキロバイト (つまり 1024 バイト) を意味している。 一部の正確さにこだわる人たちが ``kibibytes'' という変な響きの単語を使うべきだと言っているものだ。 メガバイトやギガバイトについても同じで 2 のべき乗である。これらは ``mebibytes'' とか ``gibibytes'' という人もいるが、ばかげていることこの上ない。こんな細かなことにこだわりたいかい?"
8522+msgstr ""
8523+"注: 上記でキロバイトと言った場合、2 のべき乗のキロバイト (つまり 1024 バイ"
8524+"ト) を意味している。 一部の正確さにこだわる人たちが ``kibibytes'' という変な"
8525+"響きの単語を使うべきだと言っているものだ。 メガバイトやギガバイトについても同"
8526+"じで 2 のべき乗である。これらは ``mebibytes'' とか ``gibibytes'' という人もい"
8527+"るが、ばかげていることこの上ない。こんな細かなことにこだわりたいかい?"
83668528
83678529 #. type: Plain text
83688530 #: original/man8/resize2fs.8:80
@@ -8554,20 +8716,20 @@ msgstr "tune2fs - ext2/ext3/ext4 ファイルシステムのパラメータを
85548716 msgid ""
85558717 "B<tune2fs> [ B<-l> ] [ B<-c> I<max-mount-counts> ] [ B<-e> I<errors-"
85568718 "behavior> ] [ B<-f> ] [ B<-i> I<interval-between-checks> ] [ B<-j> ] [ B<-J> "
8557-"I<journal-options> ] [ B<-m> I<reserved-blocks-percentage> ] [ B<-o> [^]"
8558-"mount-optionsI<[,...]> ] [ B<-r> I<reserved-blocks-count> ] [ B<-s> I<sparse-"
8559-"super-flag> ] [ B<-u> I<user> ] [ B<-g> I<group> ] [ B<-C> I<mount-count> ] "
8560-"[ B<-E> I<extended-options> ] [ B<-L> I<volume-name> ] [ B<-M> I<last-"
8561-"mounted-directory> ] [ B<-O> [^]I<feature>[,...] ] [ B<-Q> I<quota-"
8719+"I<journal-options> ] [ B<-m> I<reserved-blocks-percentage> ] [ B<-o> "
8720+"[^]mount-optionsI<[,...]> ] [ B<-r> I<reserved-blocks-count> ] [ B<-s> "
8721+"I<sparse-super-flag> ] [ B<-u> I<user> ] [ B<-g> I<group> ] [ B<-C> I<mount-"
8722+"count> ] [ B<-E> I<extended-options> ] [ B<-L> I<volume-name> ] [ B<-M> "
8723+"I<last-mounted-directory> ] [ B<-O> [^]I<feature>[,...] ] [ B<-Q> I<quota-"
85628724 "options> ] [ [ B<-T> I<time-last-checked> ] [ B<-U> I<UUID> ] device"
85638725 msgstr ""
85648726 "B<tune2fs> [ B<-l> ] [ B<-c> I<max-mount-counts> ] [ B<-e> I<errors-"
85658727 "behavior> ] [ B<-f> ] [ B<-i> I<interval-between-checks> ] [ B<-j> ] [ B<-J> "
8566-"I<journal-options> ] [ B<-m> I<reserved-blocks-percentage> ] [ B<-o> [^]"
8567-"mount-optionsI<[,...]> ] [ B<-r> I<reserved-blocks-count> ] [ B<-s> I<sparse-"
8568-"super-flag> ] [ B<-u> I<user> ] [ B<-g> I<group> ] [ B<-C> I<mount-count> ] "
8569-"[ B<-E> I<extended-options> ] [ B<-L> I<volume-name> ] [ B<-M> I<last-"
8570-"mounted-directory> ] [ B<-O> [^]I<feature>[,...] ] [ B<-Q> I<quota-"
8728+"I<journal-options> ] [ B<-m> I<reserved-blocks-percentage> ] [ B<-o> "
8729+"[^]mount-optionsI<[,...]> ] [ B<-r> I<reserved-blocks-count> ] [ B<-s> "
8730+"I<sparse-super-flag> ] [ B<-u> I<user> ] [ B<-g> I<group> ] [ B<-C> I<mount-"
8731+"count> ] [ B<-E> I<extended-options> ] [ B<-L> I<volume-name> ] [ B<-M> "
8732+"I<last-mounted-directory> ] [ B<-O> [^]I<feature>[,...] ] [ B<-Q> I<quota-"
85718733 "options> ] [ [ B<-T> I<time-last-checked> ] [ B<-U> I<UUID> ] device"
85728734
85738735 #. type: Plain text
@@ -8577,7 +8739,7 @@ msgid ""
85778739 "filesystem parameters on Linux ext2, ext3, or ext4 filesystems. The current "
85788740 "values of these options can be displayed by using the B<-l> option to "
85798741 "B<tune2fs>(8) program, or by using the B<dumpe2fs>(8) program."
8580-msgstr ""
8742+msgstr "システム管理者は B<tune2fs> により Linux ext2, ext3, ext4 ファイルシステムの様々なパラメータを調整できる。現在サポートされているオプションは、B<tune2fs>(8) プログラムの B<-l> オプション、または B<dumpe2fs>(8) プログラムで表示できる。"
85818743
85828744 #. type: Plain text
85838745 #: original/man8/tune2fs.8:110
@@ -8585,7 +8747,7 @@ msgid ""
85858747 "The I<device> specifer can either be a filename (i.e., /dev/sda1), or a "
85868748 "LABEL or UUID specifer: \"B<LABEL=>I<volume-name>\" or \"B<UUID=>I<uuid>\". "
85878749 "(i.e., LABEL=home or UUID=e40486c6-84d5-4f2f-b99c-032281799c9d)."
8588-msgstr ""
8750+msgstr "I<device> ファイル名 (例: /dev/sda1) で指定できる。また、LABEL、UUID で \"B<LABEL=>I<volume-name>\" または \"B<UUID=>I<uuid>\" (例: LABEL=home または UUID=e40486c6-84d5-4f2f-b99c-032281799c9d) のように指定できる。"
85898751
85908752 #. type: TP
85918753 #: original/man8/tune2fs.8:111
@@ -8716,7 +8878,7 @@ msgid ""
87168878 "Set extended options for the filesystem. Extended options are comma "
87178879 "separated, and may take an argument using the equals ('=') sign. The "
87188880 "following extended options are supported:"
8719-msgstr ""
8881+msgstr "ファイルシステムの拡張オプションを設定する。拡張オプションはカンマ区切りで、イコール ('=') を使って引数を指定できる。以下の拡張オプションがサポートされている。"
87208882
87218883 #. type: TP
87228884 #: original/man8/tune2fs.8:174
@@ -8730,7 +8892,7 @@ msgid ""
87308892 "Reset the MMP block (if any) back to the clean state. Use only if "
87318893 "absolutely certain the device is not currently mounted or being fscked, or "
87328894 "major filesystem corruption can result. Needs '-f'."
8733-msgstr ""
8895+msgstr "(もし存在すれば) MMP ブロックをリセットして、クリーンな状態に戻す。デバイスが現在マウントされておらず、fsck されているのが確実な場合にのみ使うべきである。さもないと典型的なファイルシステムの破損が起こる可能性がある。'-f' を指定する必要がある。"
87348896
87358897 #. type: Plain text
87368898 #: original/man8/tune2fs.8:199
@@ -8740,7 +8902,7 @@ msgid ""
87408902 "to next disk. This mostly affects placement of filesystem metadata like "
87418903 "bitmaps at B<mke2fs>(2) time to avoid placing them on a single disk, which "
87428904 "can hurt the performance. It may also be used by block allocator."
8743-msgstr ""
8905+msgstr "RAID アレイのファイルシステムに対して、I<stride-size> ファイルシステムブロックに設定する。次のディスクに移動するまで、このブロック数で読み書きされ、I<チャンクサイズ>とも呼ばれる。このサイズはビットマップのようなファイルシステムメタデータの配置に影響する。B<mke2fs>(2) の実行時にメタデータを 1 つのディスクに置くと、性能を害する可能性がある。また、このサイズはブロックアロケータでも使われる。"
87448906
87458907 #. type: Plain text
87468908 #: original/man8/tune2fs.8:207
@@ -8750,7 +8912,7 @@ msgid ""
87508912 "number of data disks in the RAID (e.g. RAID 5 N+1, RAID 6 N+2). This allows "
87518913 "the block allocator to prevent read-modify-write of the parity in a RAID "
87528914 "stripe if possible when the data is written."
8753-msgstr ""
8915+msgstr "RAID アレイのファイルシステムに対して、1 ストライプあたりのファイルシステムブロックを I<stripe-width> に設定する。一般的にこのサイズは、 N を RAID のデータ格納ディスクとしたとき、stride-size * N である (例えば、RAID 5 N+1、RAID 6 N+2 である)。これにより、データが書き込まれる時に、ブロックアロケータが RAID ストライプにパリティの読み込み-修正-書き込みを行うのを防止する。"
87548916
87558917 #. type: TP
87568918 #: original/man8/tune2fs.8:207
@@ -8764,7 +8926,7 @@ msgid ""
87648926 "Set the default hash algorithm used for filesystems with hashed b-tree "
87658927 "directories. Valid algorithms accepted are: I<legacy>, I<half_md4>, and "
87668928 "I<tea>."
8767-msgstr ""
8929+msgstr "ハッシュ付き b-tree ディレクトリを含む新しいファイルシステムで使われるデフォルトのハッシュアルゴリズムを設定する。指定可能なアルゴリズムは I<legacy>, I<half_md4>, I<tea> である。"
87688930
87698931 #. type: TP
87708932 #: original/man8/tune2fs.8:215
@@ -8779,7 +8941,7 @@ msgid ""
87798941 "is mounted. Unlike the bitmask-based default mount options which can be "
87808942 "specified with the B<-o> option, I<mount_option_string> is an arbitrary "
87818943 "string with a maximum length of 63 bytes, which is stored in the superblock."
8782-msgstr ""
8944+msgstr "ファイルシステムをマウントする際の、デフォルトのマウントオプションを設定する。B<-o> オプションで指定されるビットマスクベースのデフォルトのマウントオプションと異なり、I<mount_option_string> は最大 63 バイトの任意の文字列で、スーパーブロックに格納される。"
87838945
87848946 #. type: Plain text
87858947 #: original/man8/tune2fs.8:232
@@ -8787,14 +8949,14 @@ msgid ""
87878949 "The ext4 file system driver will first apply the bitmask-based default "
87888950 "options, and then parse the I<mount_option_string>, before parsing the mount "
87898951 "options passed from the B<mount>(8) program."
8790-msgstr ""
8952+msgstr "ext4 ファイルシステムドライバーは、B<mount>(8) プログラムから渡されるマウントオプションを解析する前に、最初にビットマスクベースのデフォルトオプションを適用し、次に I<mount_option_string> を解析する。"
87918953
87928954 #. type: Plain text
87938955 #: original/man8/tune2fs.8:235
87948956 msgid ""
87958957 "This superblock setting is only honored in 2.6.35+ kernels; and not at all "
87968958 "by the ext2 and ext3 file system drivers."
8797-msgstr ""
8959+msgstr "このスーパーブロック設定は、2.6.35 以降のカーネルでのみサポートされ、ext2 と ext3 ファイルシステムドライバーではサポートされない。"
87988960
87998961 #. type: TP
88008962 #: original/man8/tune2fs.8:239
@@ -8807,7 +8969,7 @@ msgstr "B<^test_fs>"
88078969 msgid ""
88088970 "Clear the test_fs flag, indicating the filesystem should only be mounted "
88098971 "using production-level filesystem code."
8810-msgstr ""
8972+msgstr "test_fs フラグをクリアし、ファイルシステムを製品レベルのコードのみでマウントする。"
88118973
88128974 #. type: Plain text
88138975 #: original/man8/tune2fs.8:253
@@ -8880,7 +9042,7 @@ msgid ""
88809042 "checking of the filesystem. Failure to do so may lead to filesystem "
88819043 "corruption (due to bad disks, cables, memory, or kernel bugs) going "
88829044 "unnoticed, ultimately resulting in data loss or corruption."
8883-msgstr ""
9045+msgstr "B<-c> (マウント回数に依存しない)、または B<-i> (時間に依存しない) チェックを有効にして、ファイルシステムの定期的な B<e2fsck>(8) でのフルチェックを有効にすることを推奨する。そうしないと、(ディスク、ケーブル、メモリの故障や、カーネルバグによる) ファイルシステムの破損が知らされず、最終的にデータの喪失や破損につながる。"
88849046
88859047 #. type: Plain text
88869048 #: original/man8/tune2fs.8:295
@@ -8995,15 +9157,15 @@ msgstr ""
89959157 "を使い、前もって作成されていなければならない。 I<external-journal> は、それを"
89969158 "使うファイルシステムと同じブロックサイズで フォーマットされていなければならな"
89979159 "い。 1 つの外部ジャーナルに複数のファイルシステムを付加することは、 (訳注: "
8998-"ファイルシステム自体では) サポートしているが、 Linux カーネルと B<e2fsck>"
8999-"(8) は現在のところ共有外部ジャーナルをサポートしていない。"
9160+"ファイルシステム自体では) サポートしているが、 Linux カーネルと "
9161+"B<e2fsck>(8) は現在のところ共有外部ジャーナルをサポートしていない。"
90009162
90019163 #. type: Plain text
90029164 #: original/man8/tune2fs.8:379
90039165 msgid ""
90049166 "List the contents of the filesystem superblock, including the current values "
90059167 "of the parameters that can be set via this program."
9006-msgstr ""
9168+msgstr "このプログラムで設定可能な値を含むファイルシステムスーパーブロックの内容を表示する。"
90079169
90089170 #. type: TP
90099171 #: original/man8/tune2fs.8:379
@@ -9037,7 +9199,7 @@ msgid ""
90379199 "system daemons, such as B<syslogd>(8), to continue to function correctly "
90389200 "after non-privileged processes are prevented from writing to the "
90399201 "filesystem. Normally, the default percentage of reserved blocks is 5%."
9040-msgstr ""
9202+msgstr "特権プロセスによって確保されるファイルシステムの割合を % で設定する。特権プロセスが使うファイルシステムブロック数を予約して、ファイルシステムの断片化を避けて、非特権プロセスがファイルシステムに書き込むのを防止して、B<syslogd>(8) のようなシステムデーモンが正常に動き続けるのを可能にする。通常、予約ブロックのデフォルトは 5% である。"
90419203
90429204 #. type: Plain text
90439205 #: original/man8/tune2fs.8:410
@@ -9061,11 +9223,11 @@ msgid ""
90619223 "superblock."
90629224 msgstr ""
90639225 "指定されたデフォルトのマウントオプションを ファイルシステムにセット/クリアす"
9064-"る。 デフォルトのマウントオプションは、 B</etc/fstab>(5) または B<mount>"
9065-"(8) のコマンドライン引き数で指定される マウントオプションで上書きできる。 古"
9066-"いカーネルは、この属性をサポートしていない。 特に 2.4.20 より前のカーネル"
9067-"は、 スーパーブロックにあるデフォルトのマウントオプションを ほぼ確実に無視す"
9068-"る。"
9226+"る。 デフォルトのマウントオプションは、 B</etc/fstab>(5) または "
9227+"B<mount>(8) のコマンドライン引き数で指定される マウントオプションで上書きで"
9228+"きる。 古いカーネルは、この属性をサポートしていない。 特に 2.4.20 より前の"
9229+"カーネルは、 スーパーブロックにあるデフォルトのマウントオプションを ほぼ確実"
9230+"に無視する。"
90699231
90709232 #. type: Plain text
90719233 #: original/man8/tune2fs.8:427
@@ -9223,7 +9385,7 @@ msgid ""
92239385 "The file system will be mounted with barrier operations in the journal "
92249386 "disabled. (This option is currently only supported by the ext4 file system "
92259387 "driver in 2.6.35+ kernels.)"
9226-msgstr ""
9388+msgstr "ジャーナルのバリア操作を無効化してファイルシステムをマウントする (このオプションは、2.6.35 以降のカーネルの ext4 ファイルシステムでのみサポートされる)。"
92279389
92289390 #. type: TP
92299391 #: original/man8/tune2fs.8:473
@@ -9241,7 +9403,7 @@ msgid ""
92419403 "descriptors. This comes at the cost of increased memory and CPU overhead, "
92429404 "so it is enabled only for debugging purposes. (This option is currently "
92439405 "only supported by the ext4 file system driver in 2.6.35+ kernels.)"
9244-msgstr ""
9406+msgstr "block_validity オプションを有効化して、ファイルシステムをマウントする。これは、ファイルシステムの読み書きの後に、追加のチェックを行う。このオプションは、inode テーブルまたはブロックグループディスクリプタのファイルシステムダメージ部分を上書きすることによるメタデータブロックの破損を防止する。これはメモリと CPU のオーバーヘッドを大きくするので、デバッグのためだけに有効化される (このオプションは、2.6.35 以降のカーネルの ext4 ファイルシステムでのみサポートされる)。"
92459407
92469408 #. type: Plain text
92479409 #: original/man8/tune2fs.8:492
@@ -9253,7 +9415,7 @@ msgid ""
92539415 "belonging to deleted files can be reused for other purposes. (This option "
92549416 "is currently only supported by the ext4 file system driver in 2.6.35+ "
92559417 "kernels.)"
9256-msgstr ""
9418+msgstr "discard オプションを付けてファイルシステムをマウントする。このオプションは、いくつかのストレージデバイスのドライバー (企業レベルのストレージアレイで利用可能な SSD とシンプロビジョニングドライバー) で trim/discard feature を使うようにし、削除されたファイルに紐付くブロックをストレージデバイスが他の目的に使えるようにする (このオプションは、2.6.35 以降のカーネルの ext4 ファイルシステムでのみサポートされる)。"
92579419
92589420 #. type: TP
92599421 #: original/man8/tune2fs.8:492
@@ -9267,7 +9429,7 @@ msgid ""
92679429 "The file system will be mounted with the nodelalloc mount option. This will "
92689430 "disable the delayed allocation feature. (This option is currently only "
92699431 "supported by the ext4 file system driver in 2.6.35+ kernels.)"
9270-msgstr ""
9432+msgstr "nodelalloc マウントオプションを付けてファイルシステムをマウントする。このオプションは delayed allocation feature を無効にする (このオプションは、2.6.35 以降のカーネルの ext4 ファイルシステムでのみサポートされる)。"
92719433
92729434 #. type: TP
92739435 #: original/man8/tune2fs.8:498
@@ -9308,7 +9470,7 @@ msgstr "B<dir_nlink>"
93089470 #. type: Plain text
93099471 #: original/man8/tune2fs.8:516
93109472 msgid "Allow more than 65000 subdirectories per directory."
9311-msgstr ""
9473+msgstr "1 ディレクトリあたり 65000 より多いサブディレクトリを利用可能にする。"
93129474
93139475 #. type: Plain text
93149476 #: original/man8/tune2fs.8:528
@@ -9317,7 +9479,7 @@ msgid ""
93179479 "the storage media. B<Tune2fs> will not reorganize the location of the inode "
93189480 "tables and allocation bitmaps, as B<mke2fs>(8) will do when it creates a "
93199481 "freshly formated file system with B<flex_bg> enabled."
9320-msgstr ""
9482+msgstr "ブロックグループのビットマップと inode テーブルを、ストレージメディアの任意の場所に置けるようにする。B<tune2fs> は inode テーブルとアロケーションビットマップの場所を再変更せず、B<mke2fs>(8) が新たにフォーマットされたファイルシステムを作成する際に、B<flex_bg> を有効にされていると再変更が行われる。"
93219483
93229484 #. type: Plain text
93239485 #: original/man8/tune2fs.8:534
@@ -9335,7 +9497,7 @@ msgstr ""
93359497 msgid ""
93369498 "Reserve space so the block group descriptor table may grow in the future. "
93379499 "B<Tune2fs> only supports clearing this filesystem feature."
9338-msgstr ""
9500+msgstr "ブロックグループディスクリプタテーブルが将来大きくなるのに備えて領域を確保する。B<tune2fs> はこのファイルシステム feature のクリアのみをサポートしている。"
93399501
93409502 #. type: TP
93419503 #: original/man8/tune2fs.8:544
@@ -9349,7 +9511,7 @@ msgid ""
93499511 "Enable or disable multiple mount protection (MMP) feature. MMP helps to "
93509512 "protect the filesystem from being multiply mounted and is useful in shared "
93519513 "storage environments."
9352-msgstr ""
9514+msgstr "複数マウント防止 (multiple mount protection, MMP) feature を有効または無効にする。MMP は、ファイルシステムが複数マウントされるのを防止し、共有ストレージ環境で役立つ。"
93539515
93549516 #. type: Plain text
93559517 #: original/man8/tune2fs.8:552
@@ -9367,7 +9529,7 @@ msgid ""
93679529 "time. This first e2fsck run after enabling this feature will take the full "
93689530 "time, but subsequent e2fsck runs will take only a fraction of the original "
93699531 "time, depending on how full the file system is."
9370-msgstr ""
9532+msgstr "カーネルがビットマップと inode テーブルを初期化と、ファイルシステムの未使用 inode のハイウォーターマークの保持を可能にして、B<e2fsck>(8) の時間を削減する。この feature を有効にした後の初めて e2fsck を実行では、完全に実行するのに時間がかかる。しかし、その後の e2fsck では、ファイルシステムの使用量に応じて、元の時間の一部で済む。"
93719533
93729534 #. type: Plain text
93739535 #: original/man8/tune2fs.8:585
@@ -9382,7 +9544,7 @@ msgid ""
93829544 "kernels which do not support those features. In particular, the "
93839545 "B<uninit_bg> and B<flex_bg> features are only supported by the ext4 "
93849546 "filesystem."
9385-msgstr ""
9547+msgstr "B<sparse_super>, B<uninit_bg>, B<filetype>, B<resize_inode> ファイルシステム features を設定、またはクリアした後、B<e2fsck>(8) をファイルシステムに実行し、ファイルシステムを一貫した状態に戻さなければならない。B<tune2fs> は、必要に応じて、システム管理者が B<e2fsck>(8) を実行する必要がある旨のメッセージを表示する。B<dir_index> feature を設定した後、B<e2fsck -D> を実行し、既存のディレクトリをハッシュ付き B-tree 形式に変換する必要がある。特定のファイルシステム feature を有効にすると、その feature をサポートしていないカーネルでファイルシステムをマウントできなくなる。特に B<uninit_bg> と B<flex_bg> feature は、ext4 ファイルシステムでのみサポートされる。"
93869548
93879549 #. type: TP
93889550 #: original/man8/tune2fs.8:585
@@ -9394,7 +9556,7 @@ msgstr "B<-p>I< mmp_check_interval>"
93949556 #: original/man8/tune2fs.8:588
93959557 msgid ""
93969558 "Set the desired MMP check interval in seconds. It is 5 seconds by default."
9397-msgstr ""
9559+msgstr "MMP チェック間隔を設定した秒数にする。デフォルトは 5 秒である。"
93989560
93999561 #. type: TP
94009562 #: original/man8/tune2fs.8:588
@@ -9418,7 +9580,7 @@ msgstr "B<-Q>I< quota-options>"
94189580 msgid ""
94199581 "Sets 'quota' feature on the superblock and works on the quota files for the "
94209582 "given quota type. Quota options could be one or more of the following:"
9421-msgstr ""
9583+msgstr "'quota' feature をスーパーブロックに設定し、指定したクォータタイプのクォータファイルを動作させる。クォータオプションは以下の 1 つ以上を設定できる。"
94229584
94239585 #. type: TP
94249586 #: original/man8/tune2fs.8:596
@@ -9431,7 +9593,7 @@ msgstr "B<[^]usrquota>"
94319593 msgid ""
94329594 "Sets/clears user quota inode in the superblock. B<[^]usrquota> Sets/clears "
94339595 "group quota inode in the superblock."
9434-msgstr ""
9596+msgstr "スーパーブロックのユーザクォータ inode を設定またはクリアする。B<[^]grpquota> スーパーブロックのグループクォータ inode を設定またはクリアする。"
94359597
94369598 #. type: TP
94379599 #: original/man8/tune2fs.8:601
@@ -9449,9 +9611,9 @@ msgid ""
94499611 "hasn't been corrupted due to hardware problems, etc. If the filesystem was "
94509612 "clean, then this option can be used to set the last checked time on the "
94519613 "original filesystem. The format of I<time-last-checked> is the "
9452-"international date format, with an optional time specifier, i.e. YYYYMMDD[HH"
9453-"[MM[SS]]]. The keyword B<now> is also accepted, in which case the last "
9454-"checked time will be set to the current time."
9614+"international date format, with an optional time specifier, i.e. "
9615+"YYYYMMDD[HH[MM[SS]]]. The keyword B<now> is also accepted, in which case "
9616+"the last checked time will be set to the current time."
94559617 msgstr ""
94569618 "ファイルシステムが最後に B<e2fsck> によってチェックされた時刻を設定する。\n"
94579619 "時刻は現在 (ローカル) のタイムゾーンで解釈される。\n"
@@ -9625,14 +9787,20 @@ msgid ""
96259787 "unique identifiers (UUIDs), especially time-based UUID's in a secure and "
96269788 "guaranteed-unique fashion, even in the face of large numbers of threads "
96279789 "trying to grab UUID's running on different CPU's."
9628-msgstr "B<uuidd> デーモンは、 UUID ライブラリが universally unique identifier (UUID) を生成するために使用される。特に、たくさんのスレッドが異なる CPU で動作している状況で UUID を生成しようとした場合であっても、安全かつ一意性が保証された方法で、時刻ベースの UUID を生成する場合に使用される。"
9790+msgstr ""
9791+"B<uuidd> デーモンは、 UUID ライブラリが universally unique identifier (UUID) "
9792+"を生成するために使用される。特に、たくさんのスレッドが異なる CPU で動作してい"
9793+"る状況で UUID を生成しようとした場合であっても、安全かつ一意性が保証された方"
9794+"法で、時刻ベースの UUID を生成する場合に使用される。"
96299795
96309796 #. type: Plain text
96319797 #: original/man8/uuidd.8:55
96329798 msgid ""
96339799 "Run B<uuidd> in debugging mode. This prevents uuidd from running as a "
96349800 "daemon."
9635-msgstr "B<uuidd> をデバッグモードで実行する。このオプションが指定された場合、デーモンでの実行はできない。"
9801+msgstr ""
9802+"B<uuidd> をデバッグモードで実行する。このオプションが指定された場合、デーモン"
9803+"での実行はできない。"
96369804
96379805 #. type: Plain text
96389806 #: original/man8/uuidd.8:58
@@ -9650,7 +9818,9 @@ msgstr "B<-n>I< number>"
96509818 msgid ""
96519819 "When issuing a test request to a running uuidd, request a bulk response of "
96529820 "I<number> UUID's."
9653-msgstr "実行中の uuidd に試験用のリクエストを送る際に、 I<number> 個の UUID をまとめて返すように要求する。"
9821+msgstr ""
9822+"実行中の uuidd に試験用のリクエストを送る際に、 I<number> 個の UUID をまとめ"
9823+"て返すように要求する。"
96549824
96559825 #. type: TP
96569826 #: original/man8/uuidd.8:64
@@ -9663,7 +9833,9 @@ msgstr "B<-p>I< pidfile>"
96639833 msgid ""
96649834 "Specify the pathname where the pid file should be written. By default, the "
96659835 "pid file is written to /var/lib/libuuid/uuidd.pid."
9666-msgstr "pid ファイルを書き込むパス名を指定する。デフォルトでは、 pid ファイルは /var/lib/libuuid/uuidd.pid に書き込まれる。"
9836+msgstr ""
9837+"pid ファイルを書き込むパス名を指定する。デフォルトでは、 pid ファイルは /var/"
9838+"lib/libuuid/uuidd.pid に書き込まれる。"
96679839
96689840 #. type: TP
96699841 #: original/man8/uuidd.8:68
@@ -9678,21 +9850,26 @@ msgid ""
96789850 "default, the pathname used is /var/lib/libuuid/request. This is primarily "
96799851 "for debugging purposes, since the pathname is hard-coded in the libuuid "
96809852 "library."
9681-msgstr "uuidd が使用する UNIX ドメインソケットのパス名を指定する。デフォルトでは /var/lib/libuuid/request がパス名として使用される。パス名は libuuid ライブラリに埋め込まれているので、このオプションは主にデバッグ用である。"
9853+msgstr ""
9854+"uuidd が使用する UNIX ドメインソケットのパス名を指定する。デフォルトでは /"
9855+"var/lib/libuuid/request がパス名として使用される。パス名は libuuid ライブラリ"
9856+"に埋め込まれているので、このオプションは主にデバッグ用である。"
96829857
96839858 #. type: Plain text
96849859 #: original/man8/uuidd.8:78
96859860 msgid ""
96869861 "Test uuidd by trying to connect to a running uuidd daemon and request it to "
96879862 "return a random-based UUID."
9688-msgstr "動作中の uuidd デーモンに接続して、乱数ベースの UUID を返す試験を行う。"
9863+msgstr ""
9864+"動作中の uuidd デーモンに接続して、乱数ベースの UUID を返す試験を行う。"
96899865
96909866 #. type: Plain text
96919867 #: original/man8/uuidd.8:82
96929868 msgid ""
96939869 "Test uuidd by trying to connect to a running uuidd daemon and request it to "
96949870 "return a time-based UUID."
9695-msgstr "動作中の uuidd デーモンに接続して、時刻ベースの UUID を返す試験を行う。"
9871+msgstr ""
9872+"動作中の uuidd デーモンに接続して、時刻ベースの UUID を返す試験を行う。"
96969873
96979874 #. type: TP
96989875 #: original/man8/uuidd.8:82
@@ -9705,7 +9882,9 @@ msgstr "B<-T>I< timeout>"
97059882 msgid ""
97069883 "Specify a timeout for uuidd. If specified, then uuidd will exit after "
97079884 "I<timeout> seconds of inactivity."
9708-msgstr "uuidd のタイムアウトを指定する。タイムアウトが指定されると、 I<timeout> 秒間何も要求がなかった場合、uuidd は終了する。"
9885+msgstr ""
9886+"uuidd のタイムアウトを指定する。タイムアウトが指定されると、 I<timeout> 秒間"
9887+"何も要求がなかった場合、uuidd は終了する。"
97099888
97109889 #. type: Plain text
97119890 #: original/man8/uuidd.8:91
@@ -9726,3 +9905,4 @@ msgstr ""
97269905 #: original/man8/uuidd.8:97
97279906 msgid "B<libuuid>(3), B<uuidgen>(1)"
97289907 msgstr "B<libuuid>(3), B<uuidgen>(1)"
9908+
--- a/manual/e2fsprogs/translation_list
+++ b/manual/e2fsprogs/translation_list
@@ -1,10 +1,10 @@
1-☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2010/12/22:chattr:1:2006/12/28:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
1+◆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2010/12/22:chattr:1:2006/12/28:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
22 ○:e2fsprogs:1.42.1:1998/03/30:compile_et:1:2000/04/13::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
33 ○:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:lsattr:1:2004/05/01:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
44 ○:e2fsprogs:1.42.1:0000/00/00:mk_cmds:1:2004/03/12::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
55 ☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2010/12/22:uuidgen:1:1999/11/16::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
66 ○:e2fsprogs:1.42.1:1998/11/22:com_err:3:2000/04/13::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
7-☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2010/12/22:libblkid:3:2004/03/12::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
7+◆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2010/12/22:libblkid:3:2004/03/12::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
88 ○:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:uuid:3:2002/10/12::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
99 ○:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:uuid_clear:3:1999/11/16::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
1010 ○:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:uuid_compare:3:1999/11/16::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
@@ -15,23 +15,23 @@
1515 ○:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:uuid_time:3:2005/06/04::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
1616 ○:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:uuid_unparse:3:2005/06/04::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
1717 ●:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:e2fsck.conf:5:2008/11/01::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
18-×:e2fsprogs:1.42.1:2012/02/17:mke2fs.conf:5:::::
18+●:e2fsprogs:1.42.1:2012/02/17:mke2fs.conf:5:::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
1919 ☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:badblocks:8:2005/06/04:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
2020 ☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2010/12/22:blkid:8:2006/01/14::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
21-☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:debugfs:8:2006/12/28:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
21+◆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:debugfs:8:2006/12/28:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
2222 ☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:dumpe2fs:8:2004/05/01:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
23-×:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:e2freefrag:8:::::
24-☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:e2fsck:8:2006/12/28::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
23+●:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:e2freefrag:8:::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
24+◆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:e2fsck:8:2006/12/28::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
2525 ☆:e2fsprogs:1.41.14=>1.42.1:2012/02/17:e2image:8:2006/01/14::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
2626 ○:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:e2label:8:1999/11/16::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
2727 ×:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:e2undo:8:::::
2828 ×:e2fsprogs:1.42.1:2012/02/17:e4defrag:8:::::
29-☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2010/12/22:filefrag:8:2004/05/01::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
29+◆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2010/12/22:filefrag:8:2004/05/01::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
3030 ○:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:findfs:8:2002/10/12::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
3131 ☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2010/12/22:fsck:8:2005/06/04:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
3232 ○:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:logsave:8:2004/03/12::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
33-☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:mke2fs:8:2007/12/22:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
33+◆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:mke2fs:8:2007/12/22:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
3434 ○:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:mklost+found:8:2004/05/01::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
3535 ☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2010/12/22:resize2fs:8:2007/12/22::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
36-☆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:tune2fs:8:2007/12/22:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
36+◆:e2fsprogs:1.39=>1.42.1:2012/02/17:tune2fs:8:2007/12/22:o:ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
3737 ×:e2fsprogs:1.42.1:2010/12/22:uuidd:8:::::
Show on old repository browser