• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

jm: Commit

翻訳ドキュメント管理用


Commit MetaInfo

Revision52a3aff676b0991b3243c867aa5d69c31b776e37 (tree)
Time2021-07-20 14:41:04
Authormatsuand <30614168+matsuand@user...>
Commitermatsuand

Log Message

on: Modify sources to preview for 0.59.0.

draft/man1/meson.1: Add.
original/getfiles.txt: Add.

Change Summary

Incremental Difference

--- /dev/null
+++ b/manual/meson/draft/man1/meson.1
@@ -0,0 +1,504 @@
1+.\"O .TH MESON "1" "July 2021" "meson 0.59.0" "User Commands"
2+.TH MESON 1 2021年7月 "meson 0.59.0" ユーザーコマンド
3+.\"O ----------------------------------------
4+.\"O .SH NAME
5+.\"O meson - a high productivity build system
6+.SH 名前
7+meson \- 生産性の高いビルドシステム
8+.\"O ----------------------------------------
9+.\"O .SH DESCRIPTION
10+.SH 説明
11+.\"O ----------------------------------------
12+.\"O
13+.\"O Meson is a build system designed to optimize programmer
14+.\"O productivity. It aims to do this by providing simple, out-of-the-box
15+.\"O support for modern software development tools and practices, such as
16+.\"O unit tests, coverage reports, Valgrind, Ccache and the like.
17+
18+Meson はプログラマーの生産性を最適化するために設計されたビルドシステムです。 これを実現するために、 最新のソフトウェア開発ツールや技法を、
19+簡単にすぐ利用できる機能を提供しています。 それはたとえば、 ユニットテスト、 網羅性レポート、 Valgrind、 Ccache などです。
20+.\"O ----------------------------------------
21+.\"O
22+.\"O The main Meson executable provides many subcommands to access all
23+.\"O the functionality.
24+
25+Meson の主となる実行モジュールには数多くのサブコマンドがあり、 これによってあらゆる機能にアクセスします。
26+.\"O ----------------------------------------
27+
28+.\"O ----------------------------------------
29+.\"O .SH The setup command
30+.SH セットアップコマンド
31+.\"O ----------------------------------------
32+.\"O
33+.\"O Using Meson is simple and follows the common two-phase
34+.\"O process of most build systems. First you run Meson to
35+.\"O configure your build:
36+
37+Meson を用いるのは実に簡単です。 ビルドシステムのほとんどにおいて、 普通は二段階プロセスを実現します。 一度めは Meson
38+を実行してビルド設定を行います。
39+.\"O ----------------------------------------
40+.\"O
41+.\"O .B meson setup [
42+.\"O .I options
43+.\"O .B ] [
44+.\"O .I build directory
45+.\"O .B ] [
46+.\"O .I source directory
47+.\"O .B ]
48+
49+\fBmeson setup [\fP \fIoptions\fP \fB] [\fP \fIbuild directory\fP \fB] [\fP \fIsource
50+directory\fP \fB]\fP
51+.\"O ----------------------------------------
52+.\"O
53+.\"O Note that the build directory must be different from the source
54+.\"O directory. Meson does not support building inside the source directory
55+.\"O and attempting to do that leads to an error.
56+
57+なおビルドディレクトリは、 ソースディレクトリとは別のところにしなければなりません。 Meson
58+ではソースディレクトリ内でのビルドには対応していないため、 これを行うとエラーが発生します。
59+.\"O ----------------------------------------
60+.\"O
61+.\"O After a successful configuration step you can build the source by
62+.\"O running the actual build command in the build directory. The default
63+.\"O backend of Meson is Ninja, which can be invoked like this.
64+
65+設定ステップが正常処理されたら、 ビルドディレクトリ内において実際のビルドコマンドを実行してソースをビルドできます。 Meson
66+のデフォルトのバックエンドは Ninja です。 これは以下のようにして起動できます。
67+.\"O ----------------------------------------
68+.\"O
69+.\"O \fBninja [\fR \fItarget\fR \fB]\fR
70+
71+\fBninja [\fP \fItarget\fP \fB]\fP
72+.\"O ----------------------------------------
73+.\"O
74+.\"O You only need to run the Meson command once: when you first configure
75+.\"O your build dir. After that you just run the build command. Meson will
76+.\"O autodetect changes in your source tree and regenerate all files
77+.\"O needed to build the project.
78+
79+Meson コマンドを実行するのは、 ビルドディレクトリにおいて最初に設定を行う一度だけです。 これを行ったら、 次はビルドコマンドを実行するだけです。
80+Meson はソースツリー内の変更を自動的に検出して、 プロジェクトビルドに必要となるファイルをすべて再生成します。
81+.\"O ----------------------------------------
82+.\"O
83+.\"O The setup command is the default operation. If no actual command is
84+.\"O specified, Meson will assume you meant to do a setup. That means
85+.\"O that you can set up a build directory without the setup command
86+.\"O like this:
87+
88+セットアップコマンドを実行するのがデフォルトの動作です。 特に何かコマンドが指定されない限り、 Meson はセットアップを行うものとして動作します。
89+セットアップコマンドを用いなくても、 ビルドディレクトリは以下のようにしてセットアップすることができます。
90+.\"O ----------------------------------------
91+.\"O
92+.\"O .B meson [
93+.\"O .I options
94+.\"O .B ] [
95+.\"O .I build directory
96+.\"O .B ] [
97+.\"O .I source directory
98+.\"O .B ]
99+
100+\fBmeson [\fP \fIoptions\fP \fB] [\fP \fIbuild directory\fP \fB] [\fP \fIsource directory\fP
101+\fB]\fP
102+.\"O ----------------------------------------
103+
104+.\"O ----------------------------------------
105+.\"O .SS "options:"
106+.SS オプション:
107+.\"O ----------------------------------------
108+.\"O .TP
109+.\"O \fB\-\-version\fR
110+.\"O print version number
111+.TP
112+\fB\-\-version\fP
113+バージョン番号を表示します。
114+.\"O ----------------------------------------
115+.\"O .TP
116+.\"O \fB\-\-help\fR
117+.\"O print command line help
118+.TP
119+\fB\-\-help\fP
120+コマンドラインヘルプを表示します。
121+.\"O ----------------------------------------
122+
123+.\"O ----------------------------------------
124+.\"O .SH The configure command
125+.SH "configure コマンド"
126+.\"O ----------------------------------------
127+.\"O
128+.\"O .B meson configure
129+.\"O provides a way to configure a Meson project from the command line.
130+.\"O Its usage is simple:
131+
132+\fBmeson configure\fP は、 コマンドラインから Meson プロジェクトを設定するものです。 その利用の仕方は以下のように簡単です。
133+.\"O ----------------------------------------
134+.\"O
135+.\"O .B meson configure [
136+.\"O .I build directory
137+.\"O .B ] [
138+.\"O .I options to set
139+.\"O .B ]
140+
141+\fBmeson configure [\fP \fIbuild directory\fP \fB] [\fP \fIoptions to set\fP \fB]\fP
142+.\"O ----------------------------------------
143+.\"O
144+.\"O If build directory is omitted, the current directory is used instead.
145+
146+ビルドディレクトリが省略された場合は、 カレントディレクトリが用いられます。
147+.\"O ----------------------------------------
148+.\"O
149+.\"O If no parameters are set,
150+.\"O .B meson configure
151+.\"O will print the value of all build options to the console.
152+
153+パラメーターが何も設定されなかった場合、 \fBmeson configure\fP はすべてのビルドオプションの値をコンソールに出力します。
154+.\"O ----------------------------------------
155+.\"O
156+.\"O To set values, use the \-D command line argument like this.
157+
158+値を設定するには、 以下のようにコマンドライン引数 \-D を利用します。
159+.\"O ----------------------------------------
160+.\"O
161+.\"O .B meson configure \-Dopt1=value1 \-Dopt2=value2
162+
163+\fBmeson configure \-Dopt1=value1 \-Dopt2=value2\fP
164+.\"O ----------------------------------------
165+
166+.\"O ----------------------------------------
167+.\"O .SH The introspect command
168+.SH "イントロスペクト (introspect) コマンド"
169+.\"O ----------------------------------------
170+.\"O
171+.\"O Meson introspect is a command designed to make it simple to integrate with
172+.\"O other tools, such as IDEs. The output of this command is in JSON.
173+
174+Meson のイントロスペクトは、 他のツール、 たとえば IDE などとの連携を簡単に実現するように設計されたコマンドです。 このコマンドの出力は
175+JSON 形式です。
176+.\"O ----------------------------------------
177+.\"O
178+.\"O .B meson introspect [
179+.\"O .I build directory
180+.\"O .B ] [
181+.\"O .I option
182+.\"O .B ]
183+
184+\fBmeson introspect [\fP \fIbuild directory\fP \fB] [\fP \fIoption\fP \fB]\fP
185+.\"O ----------------------------------------
186+.\"O
187+.\"O If build directory is omitted, the current directory is used instead.
188+
189+ビルドディレクトリが省略された場合は、 カレントディレクトリが用いられます。
190+.\"O ----------------------------------------
191+
192+.\"O ----------------------------------------
193+.\"O .SS "options:"
194+.SS オプション:
195+.\"O ----------------------------------------
196+.\"O .TP
197+.\"O \fB\-\-targets\fR
198+.\"O print all top level targets (executables, libraries, etc)
199+.TP
200+\fB\-\-targets\fP
201+トップレベルターゲット (実行モジュール、ライブラリなど) をすべて表示します。
202+.\"O ----------------------------------------
203+.\"O .TP
204+.\"O \fB\-\-target\-files\fR
205+.\"O print the source files of the given target
206+.TP
207+\fB\-\-target\-files\fP
208+指定されたターゲットに対するソースファイルを表示します。
209+.\"O ----------------------------------------
210+.\"O .TP
211+.\"O \fB\-\-buildsystem\-files\fR
212+.\"O print all files that make up the build system (meson.build, meson_options.txt etc)
213+.TP
214+\fB\-\-buildsystem\-files\fP
215+ビルドシステムを構成するファイル (meson.build、meson_options.txt など) をすべて表示します。
216+.\"O ----------------------------------------
217+.\"O .TP
218+.\"O \fB\-\-tests\fR
219+.\"O print all unit tests
220+.TP
221+\fB\-\-tests\fP
222+ユニットテストをすべて表示します。
223+.\"O ----------------------------------------
224+.\"O .TP
225+.\"O \fB\-\-help\fR
226+.\"O print command line help
227+.TP
228+\fB\-\-help\fP
229+コマンドラインヘルプを表示します。
230+.\"O ----------------------------------------
231+
232+.\"O ----------------------------------------
233+.\"O .SH The test command
234+.SH テストコマンド
235+.\"O ----------------------------------------
236+.\"O
237+.\"O .B meson test
238+.\"O is a helper tool for running test suites of projects using Meson.
239+.\"O The default way of running tests is to invoke the default build command:
240+
241+\fBmeson test\fP は Meson を利用してプロジェクトのテストスイートを実行するヘルパーツールです。 テスト実行を行うデフォルトの方法は、
242+以下のようにデフォルトのビルドコマンドを実行することです。
243+.\"O ----------------------------------------
244+.\"O
245+.\"O \fBninja [\fR \fItest\fR \fB]\fR
246+
247+\fBninja [\fP \fItest\fP \fB]\fP
248+.\"O ----------------------------------------
249+.\"O
250+.\"O .B meson test
251+.\"O provides a richer set of tools for invoking tests.
252+
253+\fBmeson test\fP では、テスト実行に対して機能豊富なツールセットを提供しています。
254+.\"O ----------------------------------------
255+.\"O
256+.\"O .B meson test
257+.\"O automatically rebuilds the necessary targets to run tests when used with the Ninja backend.
258+.\"O Upon build failure,
259+.\"O .B meson test
260+.\"O will return an exit code of 125.
261+.\"O This return code tells
262+.\"O .B git bisect run
263+.\"O to skip the current commit.
264+.\"O Thus bisecting using git can be done conveniently like this.
265+
266+\fBmeson test\fP はバックエンドとして Ninja を利用する場合には、 テスト実行に必要となるターゲットを自動的に再ビルドします。
267+ビルドに失敗すると \fBmeson test\fP は終了コードとして 125 を返します。 この返り値コードは \fBgit bisect run\fP
268+にあたって、 カレントなコミットをスキップします。 したがって git を用いた bisect 処理は、 以下のようにわかりやすく実現できます。
269+.\"O ----------------------------------------
270+.\"O
271+.\"O .B git bisect run meson test -C build_dir
272+
273+\fBgit bisect run meson test \-C build_dir\fP
274+.\"O ----------------------------------------
275+
276+.\"O ----------------------------------------
277+.\"O .SS "options:"
278+.SS オプション:
279+.\"O ----------------------------------------
280+.\"O .TP
281+.\"O \fB\-\-repeat\fR
282+.\"O run tests as many times as specified
283+.TP
284+\fB\-\-repeat\fP
285+指定された回数分だけテストを実行します。
286+.\"O ----------------------------------------
287+.\"O .TP
288+.\"O \fB\-\-gdb\fR
289+.\"O run tests under gdb
290+.TP
291+\fB\-\-gdb\fP
292+gdb のもとでテストを実行します。
293+.\"O ----------------------------------------
294+.\"O .TP
295+.\"O \fB\-\-list\fR
296+.\"O list all available tests
297+.TP
298+\fB\-\-list\fP
299+利用可能なテストをすべて一覧表示します。
300+.\"O ----------------------------------------
301+.\"O .TP
302+.\"O \fB\-\-wrapper\fR
303+.\"O invoke all tests via the given wrapper (e.g. valgrind)
304+.TP
305+\fB\-\-wrapper\fP
306+指定されたラッパー (たとえば valgrind) 経由によりすべてのテストを起動します。
307+.\"O ----------------------------------------
308+.\"O .TP
309+.\"O \fB\-C\fR
310+.\"O Change into the given directory before running tests (must be root of build directory).
311+.TP
312+\fB\-C\fP
313+テスト実施前に、 指定されたディレクトリに移動します (これはビルドディレクトリの最上位でなければなりません)。
314+.\"O ----------------------------------------
315+.\"O .TP
316+.\"O \fB\-\-suite\fR
317+.\"O run tests in this suite
318+.TP
319+\fB\-\-suite\fP
320+このスイートにおいてテストを実行します。
321+.\"O ----------------------------------------
322+.\"O .TP
323+.\"O \fB\-\-no\-suite\fR
324+.\"O do not run tests in this suite
325+.TP
326+\fB\-\-no\-suite\fP
327+このスイートの中ではテストを実行しません。
328+.\"O ----------------------------------------
329+.\"O .TP
330+.\"O \fB\-\-no\-stdsplit\fR
331+.\"O do not split stderr and stdout in test logs
332+.TP
333+\fB\-\-no\-stdsplit\fP
334+テストログにおいて stderr と stdout を分割しません。
335+.\"O ----------------------------------------
336+.\"O .TP
337+.\"O \fB\-\-benchmark\fR
338+.\"O run benchmarks instead of tests
339+.TP
340+\fB\-\-benchmark\fP
341+テストの代わりにベンチマークを実行します。
342+.\"O ----------------------------------------
343+.\"O .TP
344+.\"O \fB\-\-logbase\fR
345+.\"O base of file name to use for writing test logs
346+.TP
347+\fB\-\-logbase\fP
348+テストログ出力に利用するファイルのベース名を指定します。
349+.\"O ----------------------------------------
350+.\"O .TP
351+.\"O \fB\-\-num-processes\fR
352+.\"O how many parallel processes to use to run tests
353+.TP
354+\fB\-\-num\-processes\fP
355+テスト実行における同時並行処理数を指定します。
356+.\"O ----------------------------------------
357+.\"O .TP
358+.\"O \fB\-\-verbose\fR
359+.\"O do not redirect stdout and stderr
360+.TP
361+\fB\-\-verbose\fP
362+stdout と stderr にリダイレクトしません。
363+.\"O ----------------------------------------
364+.\"O .TP
365+.\"O \fB\-t\fR
366+.\"O a multiplier to use for test timeout values (usually something like 100 for Valgrind)
367+.TP
368+\fB\-t\fP
369+テストにおけるタイムアウト値の乗数を指定します (通常 Valgrind に対しては 100 などとします)。
370+.\"O ----------------------------------------
371+.\"O .TP
372+.\"O \fB\-\-setup\fR
373+.\"O use the specified test setup
374+.TP
375+\fB\-\-setup\fP
376+指定されたテストのセットアップを用います。
377+.\"O ----------------------------------------
378+
379+.\"O ----------------------------------------
380+.\"O .SH The wrap command
381+.SH "ラップ (wrap) コマンド"
382+.\"O ----------------------------------------
383+.\"O
384+.\"O Wraptool is a helper utility to manage source dependencies
385+.\"O using the online wrapdb service.
386+
387+ラップツール (wraptool) は、 オンラインの wrabdb サービスを利用して、 ソースの依存関係を管理するヘルパーユーティリティーです。
388+.\"O ----------------------------------------
389+.\"O
390+.\"O .B meson wrap <
391+.\"O .I command
392+.\"O .B > [
393+.\"O .I options
394+.\"O .B ]
395+
396+\fBmeson wrap <\fP \fIcommand\fP \fB> [\fP \fIoptions\fP \fB]\fP
397+.\"O ----------------------------------------
398+.\"O
399+.\"O You should run this command in the top level source directory
400+.\"O of your project.
401+
402+このコマンドは、 プロジェクトの最上位ソースディレクトリにおいて実行することが必要です。
403+.\"O ----------------------------------------
404+
405+.\"O ----------------------------------------
406+.\"O .SS "Commands:"
407+.SS コマンド
408+.\"O ----------------------------------------
409+.\"O .TP
410+.\"O \fBlist\fR
411+.\"O list all available projects
412+.TP
413+\fBlist\fP
414+利用可能なプロジェクトの一覧を表示します。
415+.\"O ----------------------------------------
416+.\"O .TP
417+.\"O \fBsearch\fR
418+.\"O search projects by name
419+.TP
420+\fBsearch\fP
421+プロジェクト名により検索します。
422+.\"O ----------------------------------------
423+.\"O .TP
424+.\"O \fBinstall\fR
425+.\"O install a project with the given name
426+.TP
427+\fBinstall\fP
428+プロジェクトを指定された名前を用いてインストールします。
429+.\"O ----------------------------------------
430+.\"O .TP
431+.\"O \fBupdate\fR
432+.\"O update the specified project to latest available version
433+.TP
434+\fBupdate\fP
435+指定されたプロジェクトを、 利用可能な最新バージョンによりアップデートします。
436+.\"O ----------------------------------------
437+.\"O .TP
438+.\"O \fBinfo\fR
439+.\"O show available versions of the specified project
440+.TP
441+\fBinfo\fP
442+指定されたプロジェクトの利用可能バージョンを表示します。
443+.\"O ----------------------------------------
444+.\"O .TP
445+.\"O \fBstatus\fR
446+.\"O show installed and available versions of currently used subprojects
447+.TP
448+\fBstatus\fP
449+現在利用されているサブプロジェクトに対して、 インストールされている、 または利用可能なバージョンを表示します。
450+.\"O ----------------------------------------
451+
452+.\"O ----------------------------------------
453+.\"O .SH EXIT STATUS
454+.SH 終了ステータス
455+.\"O ----------------------------------------
456+
457+.\"O ----------------------------------------
458+.\"O .TP
459+.\"O .B 0
460+.\"O Successful.
461+.TP
462+\fB0\fP
463+正常終了。
464+.\"O ----------------------------------------
465+.\"O .TP
466+.\"O .B 1
467+.\"O Usage error, or an error parsing or executing meson.build.
468+.TP
469+\fB1\fP
470+利用エラー。 つまり meson.build の解析または実行エラー。
471+.\"O ----------------------------------------
472+.\"O .TP
473+.\"O .B 2
474+.\"O Internal error.
475+.TP
476+\fB2\fP
477+内部エラー。
478+.\"O ----------------------------------------
479+.\"O .TP
480+.\"O .B 125
481+.\"O .B meson test
482+.\"O could not rebuild the required targets.
483+.TP
484+\fB125\fP
485+\fBmeson test\fP において必要なターゲットが再ビルドできなかったことを表します。
486+.\"O ----------------------------------------
487+.\"O .TP
488+.TP
489+.\"O ----------------------------------------
490+
491+.\"O ----------------------------------------
492+.\"O .SH SEE ALSO
493+.SH 関連項目
494+.\"O ----------------------------------------
495+.\"O
496+.\"O http://mesonbuild.com/
497+
498+http://mesonbuild.com/
499+.\"O ----------------------------------------
500+.\"O
501+.\"O https://wrapdb.mesonbuild.com/
502+
503+https://wrapdb.mesonbuild.com/
504+.\"O ----------------------------------------
--- /dev/null
+++ b/manual/meson/original/getfiles.txt
@@ -0,0 +1,26 @@
1+#------------------------------
2+# ソース入手と tarball 伸長
3+#------------------------------
4+$ cd ~/src
5+$ wget -N https://github.com/mesonbuild/meson/releases/download/0.59.0/meson-0.59.0.tar.gz
6+$ tar xf meson-0.59.0.tar.gz
7+$ ls
8+meson-0.59.0
9+
10+#------------------------------
11+# 当プロジェクトへの man ページのコピー
12+#------------------------------
13+
14+$ cd $(JMTOP)/manual/meson/original
15+$ cat > getfiles.sh <<"EOF"
16+#!/bin/sh
17+
18+SRCDIR=~/src/meson-0.59.0
19+
20+mkdir -p man1
21+rm -f man1/*
22+
23+cp -p $SRCDIR/man/*.1 man1
24+EOF
25+
26+$ sh getfiles.sh
--- a/manual/meson/po4a/add_ja/copyright/meson.1.txt
+++ b/manual/meson/po4a/add_ja/copyright/meson.1.txt
@@ -1,5 +1,5 @@
11 PO4A-HEADER: mode=before; position=^\.TH
22 .\"
3-.\" Translated 2021-07-06
3+.\" Translated 2021-07-20 for 0.59.0
44 .\" by Michio MATSUYAMA <michio_matsuyama@yahoo.co.jp>
55 .\"
--- a/manual/meson/po4a/ja.po
+++ b/manual/meson/po4a/ja.po
@@ -5,9 +5,9 @@
55 #
66 msgid ""
77 msgstr ""
8-"Project-Id-Version: meson 0.57.2\n"
9-"POT-Creation-Date: 2021-05-19 19:12+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2021-07-06 16:58+0900\n"
8+"Project-Id-Version: meson 0.59.0\n"
9+"POT-Creation-Date: 2021-07-20 14:00+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2021-07-20 14:01+0900\n"
1111 "Last-Translator: Michio MATSUYAMA <michio_matsuyama@yahoo.co.jp>\n"
1212 "Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
1313 "Language: ja\n"
@@ -24,14 +24,14 @@ msgstr "MESON"
2424 #. type: TH
2525 #: original/man1/meson.1:1
2626 #, no-wrap
27-msgid "April 2021"
28-msgstr "2021年4月"
27+msgid "July 2021"
28+msgstr "2021年7月"
2929
3030 #. type: TH
3131 #: original/man1/meson.1:1
3232 #, no-wrap
33-msgid "meson 0.57.2"
34-msgstr "meson 0.57.2"
33+msgid "meson 0.59.0"
34+msgstr "meson 0.59.0"
3535
3636 #. type: TH
3737 #: original/man1/meson.1:1
@@ -64,9 +64,10 @@ msgid ""
6464 "software development tools and practices, such as unit tests, coverage "
6565 "reports, Valgrind, Ccache and the like."
6666 msgstr ""
67-"Meson はプログラマーの生産性を最適化するために設計されたビルドシステムです。"
68-"これを実現するために、最新のソフトウェア開発ツールや技法を、簡単にすぐ利用できる機能を提供しています。"
69-"それはたとえば、ユニットテスト、網羅性レポート、Valgrind、Ccache などです。"
67+"Meson はプログラマーの生産性を最適化するために設計されたビルドシステムです。 "
68+"これを実現するために、 最新のソフトウェア開発ツールや技法を、 簡単にすぐ利用で"
69+"きる機能を提供しています。 それはたとえば、 ユニットテスト、 網羅性レポート、 "
70+"Valgrind、 Ccache などです。"
7071
7172 #. type: Plain text
7273 #: original/man1/meson.1:13
@@ -74,7 +75,8 @@ msgid ""
7475 "The main Meson executable provides many subcommands to access all the "
7576 "functionality."
7677 msgstr ""
77-"Meson の主となる実行モジュールには数多くのサブコマンドがあり、これによってあらゆる機能にアクセスします。"
78+"Meson の主となる実行モジュールには数多くのサブコマンドがあり、 これによってあ"
79+"らゆる機能にアクセスします。"
7880
7981 #. type: SH
8082 #: original/man1/meson.1:14
@@ -88,9 +90,8 @@ msgid ""
8890 "Using Meson is simple and follows the common two-phase process of most build "
8991 "systems. First you run Meson to configure your build:"
9092 msgstr ""
91-"Meson を用いるのは実に簡単です。"
92-"ビルドシステムのほとんどにおいて、普通は二段階プロセスを実現します。"
93-"一度目は Meson を実行してビルド設定を行います。"
93+"Meson を用いるのは実に簡単です。 ビルドシステムのほとんどにおいて、 普通は二段"
94+"階プロセスを実現します。 一度めは Meson を実行してビルド設定を行います。"
9495
9596 #. type: Plain text
9697 #: original/man1/meson.1:27
@@ -104,12 +105,13 @@ msgstr ""
104105 #. type: Plain text
105106 #: original/man1/meson.1:31
106107 msgid ""
107-"Note that the build directory must be different from the source "
108-"directory. Meson does not support building inside the source directory and "
109-"attempting to do that leads to an error."
108+"Note that the build directory must be different from the source directory. "
109+"Meson does not support building inside the source directory and attempting "
110+"to do that leads to an error."
110111 msgstr ""
111-"なおビルドディレクトリは、ソースディレクトリとは別のところにしなければなりません。"
112-"Meson ではソースディレクトリ内でのビルドには対応していないため、これを行うとエラーが発生します。"
112+"なおビルドディレクトリは、 ソースディレクトリとは別のところにしなければなりま"
113+"せん。 Meson ではソースディレクトリ内でのビルドには対応していないため、 これを"
114+"行うとエラーが発生します。"
113115
114116 #. type: Plain text
115117 #: original/man1/meson.1:35
@@ -118,9 +120,9 @@ msgid ""
118120 "the actual build command in the build directory. The default backend of "
119121 "Meson is Ninja, which can be invoked like this."
120122 msgstr ""
121-"設定ステップが正常処理されたら、ビルドディレクトリ内において実際のビルドコマンドを実行してソースをビルドできます。"
122-"Meson のデフォルトのバックエンドは Ninja です。"
123-"これは以下のようにして起動できます。"
123+"設定ステップが正常処理されたら、 ビルドディレクトリ内において実際のビルドコマ"
124+"ンドを実行してソースをビルドできます。 Meson のデフォルトのバックエンドは "
125+"Ninja です。 これは以下のようにして起動できます。"
124126
125127 #. type: Plain text
126128 #: original/man1/meson.1:37
@@ -135,9 +137,10 @@ msgid ""
135137 "changes in your source tree and regenerate all files needed to build the "
136138 "project."
137139 msgstr ""
138-"Meson コマンドを実行するのは、ビルドディレクトリにおいて最初に設定を行う一度だけです。"
139-"これを行ったら次はビルドコマンドを実行するだけです。"
140-"Meson はソースツリー内の変更を自動的に検出して、プロジェクトビルドに必要となるファイルをすべて再生成します。"
140+"Meson コマンドを実行するのは、 ビルドディレクトリにおいて最初に設定を行う一度"
141+"だけです。 これを行ったら、 次はビルドコマンドを実行するだけです。 Meson はソース"
142+"ツリー内の変更を自動的に検出して、 プロジェクトビルドに必要となるファイルをす"
143+"べて再生成します。"
141144
142145 #. type: Plain text
143146 #: original/man1/meson.1:47
@@ -146,9 +149,10 @@ msgid ""
146149 "specified, Meson will assume you meant to do a setup. That means that you "
147150 "can set up a build directory without the setup command like this:"
148151 msgstr ""
149-"セットアップコマンドを実行するのがデフォルトの動作です。"
150-"特に何かコマンドが指定されない限り、Meson はセットアップを行うものとして動作します。"
151-"セットアップコマンドを用いなくても、ビルドディレクトリは以下のようにしてセットアップすることができます。"
152+"セットアップコマンドを実行するのがデフォルトの動作です。 特に何かコマンドが指"
153+"定されない限り、 Meson はセットアップを行うものとして動作します。 セットアップ"
154+"コマンドを用いなくても、 ビルドディレクトリは以下のようにしてセットアップする"
155+"ことができます。"
152156
153157 #. type: Plain text
154158 #: original/man1/meson.1:55
@@ -199,8 +203,8 @@ msgid ""
199203 "B<meson configure> provides a way to configure a Meson project from the "
200204 "command line. Its usage is simple:"
201205 msgstr ""
202-"B<meson configure> は、コマンドラインから Meson プロジェクトを設定するものです。"
203-"その利用の仕方は以下のように簡単です。"
206+"B<meson configure> は、 コマンドラインから Meson プロジェクトを設定するもので"
207+"す。 その利用の仕方は以下のように簡単です。"
204208
205209 #. type: Plain text
206210 #: original/man1/meson.1:75
@@ -210,7 +214,8 @@ msgstr "B<meson configure [> I<build directory> B<] [> I<options to set> B<]>"
210214 #. type: Plain text
211215 #: original/man1/meson.1:77 original/man1/meson.1:98
212216 msgid "If build directory is omitted, the current directory is used instead."
213-msgstr "ビルドディレクトリが省略された場合は、カレントディレクトリが用いられます。"
217+msgstr ""
218+"ビルドディレクトリが省略された場合は、 カレントディレクトリが用いられます。"
214219
215220 #. type: Plain text
216221 #: original/man1/meson.1:81
@@ -218,12 +223,13 @@ msgid ""
218223 "If no parameters are set, B<meson configure> will print the value of all "
219224 "build options to the console."
220225 msgstr ""
221-"パラメーターが何も設定されなかった場合、B<meson configure> はすべてのビルドオプションの値をコンソールに出力します。"
226+"パラメーターが何も設定されなかった場合、 B<meson configure> はすべてのビルドオ"
227+"プションの値をコンソールに出力します。"
222228
223229 #. type: Plain text
224230 #: original/man1/meson.1:83
225231 msgid "To set values, use the -D command line argument like this."
226-msgstr "値を設定するには、以下のようにコマンドライン引数 -D を利用します。"
232+msgstr "値を設定するには、 以下のようにコマンドライン引数 -D を利用します。"
227233
228234 #. type: Plain text
229235 #: original/man1/meson.1:85
@@ -242,8 +248,8 @@ msgid ""
242248 "Meson introspect is a command designed to make it simple to integrate with "
243249 "other tools, such as IDEs. The output of this command is in JSON."
244250 msgstr ""
245-"Meson のイントロスペクトは、他のツール、たとえば IDE などとの連携を簡単に実現するように設計されたコマンドです。"
246-"このコマンドの出力は JSON 形式です。"
251+"Meson のイントロスペクトは、 他のツール、 たとえば IDE などとの連携を簡単に実現"
252+"するように設計されたコマンドです。 このコマンドの出力は JSON 形式です。"
247253
248254 #. type: Plain text
249255 #: original/man1/meson.1:96
@@ -259,7 +265,8 @@ msgstr "B<--targets>"
259265 #. type: Plain text
260266 #: original/man1/meson.1:103
261267 msgid "print all top level targets (executables, libraries, etc)"
262-msgstr "トップレベルターゲット (実行モジュール、ライブラリなど) をすべて表示します。"
268+msgstr ""
269+"トップレベルターゲット (実行モジュール、ライブラリなど) をすべて表示します。"
263270
264271 #. type: TP
265272 #: original/man1/meson.1:103
@@ -281,10 +288,11 @@ msgstr "B<--buildsystem-files>"
281288 #. type: Plain text
282289 #: original/man1/meson.1:109
283290 msgid ""
284-"print all files that make up the build system (meson.build, "
285-"meson_options.txt etc)"
291+"print all files that make up the build system (meson.build, meson_options."
292+"txt etc)"
286293 msgstr ""
287-"ビルドシステムを構成するファイル (meson.build、meson_options.txt など) をすべて表示します。"
294+"ビルドシステムを構成するファイル (meson.build、meson_options.txt など) をすべ"
295+"て表示します。"
288296
289297 #. type: TP
290298 #: original/man1/meson.1:109
@@ -310,8 +318,9 @@ msgid ""
310318 "Meson. The default way of running tests is to invoke the default build "
311319 "command:"
312320 msgstr ""
313-"B<meson test> は Meson を利用してプロジェクトのテストスイートを実行するヘルパーツールです。"
314-"テスト実行を行うデフォルトの方法は、以下のようにデフォルトのビルドコマンドを実行することです。"
321+"B<meson test> は Meson を利用してプロジェクトのテストスイートを実行するヘル"
322+"パーツールです。 テスト実行を行うデフォルトの方法は、 以下のようにデフォルトの"
323+"ビルドコマンドを実行することです。"
315324
316325 #. type: Plain text
317326 #: original/man1/meson.1:123
@@ -321,7 +330,9 @@ msgstr "B<ninja [> I<test> B<]>"
321330 #. type: Plain text
322331 #: original/man1/meson.1:126
323332 msgid "B<meson test> provides a richer set of tools for invoking tests."
324-msgstr "B<meson test> では、テスト実行に対して機能豊富なツールセットを提供しています。"
333+msgstr ""
334+"B<meson test> では、テスト実行に対して機能豊富なツールセットを提供していま"
335+"す。"
325336
326337 #. type: Plain text
327338 #: original/man1/meson.1:136
@@ -329,13 +340,13 @@ msgid ""
329340 "B<meson test> automatically rebuilds the necessary targets to run tests when "
330341 "used with the Ninja backend. Upon build failure, B<meson test> will return "
331342 "an exit code of 125. This return code tells B<git bisect run> to skip the "
332-"current commit. Thus bisecting using git can be done conveniently like "
333-"this."
343+"current commit. Thus bisecting using git can be done conveniently like this."
334344 msgstr ""
335-"B<meson test> はバックエンドとして Ninja を利用する場合には、テスト実行に必要となるターゲットを自動的に再ビルドします。"
336-"ビルドに失敗すると B<meson test> は終了コードとして 125 を返します。"
337-"この返り値コードは B<git bisect run> にあたって、カレントなコミットをスキップします。"
338-"したがって git を用いた bisect 処理は、以下のようにわかりやすく実現できます。"
345+"B<meson test> はバックエンドとして Ninja を利用する場合には、 テスト実行に必要"
346+"となるターゲットを自動的に再ビルドします。 ビルドに失敗すると B<meson test> は"
347+"終了コードとして 125 を返します。 この返り値コードは B<git bisect run> にあ"
348+"たって、 カレントなコミットをスキップします。 したがって git を用いた bisect 処"
349+"理は、 以下のようにわかりやすく実現できます。"
339350
340351 #. type: Plain text
341352 #: original/man1/meson.1:138
@@ -384,7 +395,8 @@ msgstr "B<--wrapper>"
384395 #. type: Plain text
385396 #: original/man1/meson.1:152
386397 msgid "invoke all tests via the given wrapper (e.g. valgrind)"
387-msgstr "指定されたラッパー (たとえば valgrind) 経由によりすべてのテストを起動します。"
398+msgstr ""
399+"指定されたラッパー (たとえば valgrind) 経由によりすべてのテストを起動します。"
388400
389401 #. type: TP
390402 #: original/man1/meson.1:152
@@ -398,7 +410,8 @@ msgid ""
398410 "Change into the given directory before running tests (must be root of build "
399411 "directory)."
400412 msgstr ""
401-"テスト実施前に、指定されたディレクトリに移動します (これはビルドディレクトリの最上位でなければなりません)。"
413+"テスト実施前に、 指定されたディレクトリに移動します (これはビルドディレクトリ"
414+"の最上位でなければなりません)。"
402415
403416 #. type: TP
404417 #: original/man1/meson.1:155
@@ -489,7 +502,8 @@ msgid ""
489502 "a multiplier to use for test timeout values (usually something like 100 for "
490503 "Valgrind)"
491504 msgstr ""
492-"テストにおけるタイムアウト値の乗数を指定します (通常 Valgrind に対しては 100 などとします)。"
505+"テストにおけるタイムアウト値の乗数を指定します (通常 Valgrind に対しては 100 "
506+"などとします)。"
493507
494508 #. type: TP
495509 #: original/man1/meson.1:179
@@ -514,7 +528,8 @@ msgid ""
514528 "Wraptool is a helper utility to manage source dependencies using the online "
515529 "wrapdb service."
516530 msgstr ""
517-"ラップツール (wraptool) は、オンラインの wrabdb サービスを利用して、ソースの依存関係を管理するヘルパーユーティリティーです。"
531+"ラップツール (wraptool) は、 オンラインの wrabdb サービスを利用して、 ソースの"
532+"依存関係を管理するヘルパーユーティリティーです。"
518533
519534 #. type: Plain text
520535 #: original/man1/meson.1:193
@@ -527,7 +542,8 @@ msgid ""
527542 "You should run this command in the top level source directory of your "
528543 "project."
529544 msgstr ""
530-"このコマンドは、プロジェクトの最上位ソースディレクトリにおいて実行することが必要です。"
545+"このコマンドは、 プロジェクトの最上位ソースディレクトリにおいて実行することが"
546+"必要です。"
531547
532548 #. type: SS
533549 #: original/man1/meson.1:197
@@ -577,7 +593,8 @@ msgstr "B<update>"
577593 #. type: Plain text
578594 #: original/man1/meson.1:210
579595 msgid "update the specified project to latest available version"
580-msgstr "指定されたプロジェクトを、利用可能な最新バージョンによりアップデートします。"
596+msgstr ""
597+"指定されたプロジェクトを、 利用可能な最新バージョンによりアップデートします。"
581598
582599 #. type: TP
583600 #: original/man1/meson.1:210
@@ -599,7 +616,9 @@ msgstr "B<status>"
599616 #. type: Plain text
600617 #: original/man1/meson.1:216
601618 msgid "show installed and available versions of currently used subprojects"
602-msgstr "現在利用されているサブプロジェクトに対して、インストールされている、または利用可能なバージョンを表示します。"
619+msgstr ""
620+"現在利用されているサブプロジェクトに対して、 インストールされている、 または利"
621+"用可能なバージョンを表示します。"
603622
604623 #. type: SH
605624 #: original/man1/meson.1:217
@@ -627,7 +646,7 @@ msgstr "B<1>"
627646 #. type: Plain text
628647 #: original/man1/meson.1:225
629648 msgid "Usage error, or an error parsing or executing meson.build."
630-msgstr "利用エラー。つまり meson.build の解析または実行エラー。"
649+msgstr "利用エラー。 つまり meson.build の解析または実行エラー。"
631650
632651 #. type: TP
633652 #: original/man1/meson.1:225
@@ -649,7 +668,8 @@ msgstr "B<125>"
649668 #. type: Plain text
650669 #: original/man1/meson.1:232
651670 msgid "B<meson test> could not rebuild the required targets."
652-msgstr "B<meson test> において必要なターゲットが再ビルドできなかったことを表します。"
671+msgstr ""
672+"B<meson test> において必要なターゲットが再ビルドできなかったことを表します。"
653673
654674 #. type: SH
655675 #: original/man1/meson.1:234
--- a/manual/meson/po4a/meson.pot
+++ b/manual/meson/po4a/meson.pot
@@ -7,7 +7,7 @@
77 msgid ""
88 msgstr ""
99 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
10-"POT-Creation-Date: 2021-06-19 15:24+0900\n"
10+"POT-Creation-Date: 2021-07-20 14:00+0900\n"
1111 "PO-Revision-Date: YEAR-MO-DA HO:MI+ZONE\n"
1212 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1313 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
@@ -25,13 +25,13 @@ msgstr ""
2525 #. type: TH
2626 #: original/man1/meson.1:1
2727 #, no-wrap
28-msgid "April 2021"
28+msgid "July 2021"
2929 msgstr ""
3030
3131 #. type: TH
3232 #: original/man1/meson.1:1
3333 #, no-wrap
34-msgid "meson 0.57.2"
34+msgid "meson 0.59.0"
3535 msgstr ""
3636
3737 #. type: TH
--- a/manual/meson/translation_list
+++ b/manual/meson/translation_list
@@ -1 +1 @@
1-△:meson:0.57.2:2021/04/10:meson:1:2021/07/06::michio_matsuyama@yahoo.co.jp:Michio MATSUYAMA:
1+△:meson:0.59.0:2021/07/18:meson:1:2021/07/20::michio_matsuyama@yahoo.co.jp:Michio MATSUYAMA:
Show on old repository browser