Develop and Download Open Source Software

View INSTALL

category(Tag) tree

file info

category(Tag)
root
file name
INSTALL
last update
2006-10-11 14:23
type
HTML
editor
co-saka
description
Ludiaのインストール方法についての説明です。
language
Japanese
translate

Luida 0.8.0 インストールガイド

必要なソフトウェアの入手

Ludiaが必要とするソフトウェアを下記のURLから入手してインストールする必要があります。 (MeCabは形態素解析による分かち書きを利用する場合にのみ必要です。)

それぞれのソースアーカイブを入手し、インストールを行ってください。 withdepsパッケージをダウンロードした場合は、 depsディレクトリ下にMeCab、MeCab辞書、Sennaのソースアーカイブが入っています。

動作確認はそれぞれ以下のバージョン用いて行われました。

  • PostgreSQL 8.1.4
  • senna-0.8.1
  • mecab-0.93
  • mecab-ipadic-2.7.0-20060707

MeCabとSennaのインストール方法については、以下でも簡単に説明します。

MeCabのインストール

分かち書き方式に形態素解析を利用しない場合は、 MeCab(と辞書)をインストールする必要はありません。 その場合はSennaのインストールに進んでください。 (MeCabをインストールしない場合はSennaのインストールの際に、 --without-mecabオプションを指定する必要があります。)

MeCabをインストールする場合は、 アーカイブを展開し、以下の要領でビルドとインストールを行います。:

$ ./configure --with-charset=utf8
$ make
$ su
# make install

MeCab辞書のインストール

アーカイブを展開し、以下の要領でビルドとインストールを行います。:

$ ./configure --with-charset=utf8
$ make
$ su
# make install

Sennaのインストール

アーカイブを展開し、以下の要領でビルドとインストールを行います。:

$ ./configure
$ make
$ su
# make install

ただし、MeCabをインストールしていない場合には、 --without-mecab オプションを指定する必要があります。:

$ ./configure --without-mecab

インストール後に、 $SENNA_HOME ディレクトリと設定ファイルを作成します。:

# mkdir /var/senna
# echo "DEFAULT_ENCODING utf8" > /var/senna/senna.conf

SENNA_HOMEディレクトリはデフォルトでは /var/senna になっていますが、 この場所は configure の際に --with-sennahome オプション で指定できます。

設定ファイルについては、指定するエンコーディングが MeCabで設定したエンコーディングと一致しているように注意してください。

また、Sennaは $SENNA_HOME/log/senna.log というファイルにログを出力します。 ログを取得したい場合は、ログフォルダを作成し、 PostgreSQLサーバの実行ユーザが書き込みをできるように権限を設定してください。:

# mkdir /var/senna/log
# chown postgres:postgres /var/senna/log

環境によっては nfkc.c のコンパイルに非常に時間がかかる場合があります。 この場合、:

$ ./configure --disable-nfkc

のようなオプションでUnicode文字列の正規化機能を無効にすることで、 スキップできます。(http://qwik.jp/senna/FAQ.html)

Ludiaのインストール

アーカイブを展開し、以下の要領でビルドとインストールを行います。

$ ./configure
$ make
$ su
# make install

pg_configコマンド、senna-cfgコマンドのインストール先にPATHが設定されていない場合、 以下のようにそれぞれのpathをconfigureオプションで指定してください。:

$ ./configure --with-pg-config=/usr/local/pgsql/bin/pg_config \
              --with-senna-cfg=/usr/local/bin/senna-cfg