• R/O
  • SSH

mhack: Commit

マルチプレイヤーっぽいローグライク開発用のリポジトリ。


Commit MetaInfo

Revision91c789543ba848968ee5062b1c14ca01e524e35d (tree)
Time2010-12-20 00:02:29
AuthorSatofumi KAMIMURA
CommiterSatofumi KAMIMURA

Log Message

removed old files

Change Summary

  • delete: dox/adventure_diary.dox
  • delete: dox/class.dox
  • delete: dox/feature.dox
  • delete: dox/item.dox
  • delete: dox/race.dox

Incremental Difference

diff -r 7a1c243c80b0 -r 91c789543ba8 dox/adventure_diary.dox
--- a/dox/adventure_diary.dox Mon Dec 20 00:00:41 2010 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,83 +0,0 @@
1-/*!
2- \page someone_diary_01_page 「ダンジョンに入ってみた」
3-
4-
5- \section someone_diary_01_image イメージ
6- \verbatim
7- - 初めてダンジョンに入った。
8- 長い階段を降りると、石作りの部屋の中に出た。部屋の大きさは泊まっていた宿屋の部屋の4倍くらい。地下なのに結構広い。あと、暗い。地下では松明は必需品のようだ。
9-
10- 壊れた扉の向こうに奥へと続く通路が見えるので、少し気分が落ち着いたら進んでみようと思う。\endverbatim
11-
12- \image html mhack_diary_01.jpg "ダンジョンの奥へと続く通路"
13-
14-
15- \section someone_diary_01_implementation 実装
16-
17- \subsection someone_diary_01_implementation_character 環境の文字による表現
18-
19- - シンボル
20- - キャラクター、アイテム、環境のシンボルは文字で表示する。
21- - シンボルは X, Y グリッドに配置する。
22-
23- - 壁のシンボルは '#' で表現する.
24- - 色は演出したい雰囲気によって任意に変更する。
25-
26- - 地面のシンボルは '.' で表現する。
27-
28- - 階段のシンボルは '<', '>' で表現する。
29- - '<' が登り階段
30- - '>' が下り階段
31-
32- \verbatim
33-
34- ######
35- #<...#
36- #.@..#
37- #.......
38- #....#
39- ######
40- \endverbatim
41-
42-
43- \subsection someone_diary_01_implementation_light 光源の処理
44-
45- 光源の範囲にあるシンボルは明るく表示する。\n
46- 光源から遠くなるにつれシンボルを暗く表示する。光源の影響がなくなった場合も、明るさが最低でシンボルは表示し続ける。
47-
48- 光源は、縦横に隣り合うマスに広がるときに、強さが1減る。斜め方向に広がるときは、0.5 減る。\n
49- 縦横と斜めの強さが異なるときは、強い値の方を利用する。
50-
51- \image html mhack_light_intensity.jpg "光源の強さが3のときの周囲の明るさ度合"
52-
53- 複数の光源がある場合、明るさは重なるが、光源の中心の明るさよりは明るくならないようにする。
54-
55-
56- \subsection someone_diary_01_implementation_data データ表現
57-
58- 二次元配列にて表示のためのデータを管理する。\n
59- 二次元配列は、マップとみなせばよい。
60-
61- - キャラのある二次元配列。
62- - アイテムのポインタを管理した二次元配列。
63- - 環境のある二次元配列。
64- - 光源のある二次元配列。
65-
66-
67- \subsection someone_diary_01_implementation_sample 光源の処理のサンプル実装
68-
69- 環境データと光源を定義し、表示の確認を行った。\n
70- 単色の濃淡は、視覚的にわかりにくいことが確認できた。
71-
72- \image html light_sample_image.png "簡易的に実装した例 ('@' の位置が光源の中心)"
73-
74- - サンプル
75- - \ref light_sample.cpp
76-*/
77-
78-
79-/*!
80- \page someone_diary_02_page 「モンスターとの戦闘」
81-
82- !!!
83-*/
diff -r 7a1c243c80b0 -r 91c789543ba8 dox/class.dox
--- a/dox/class.dox Mon Dec 20 00:00:41 2010 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,189 +0,0 @@
1-/*!
2- \page class_page 職業 (記述中)
3-
4-
5- \section class_warrior 戦士
6-
7- 強い力で、ほとんどの武器を使いこなす。
8-
9- - スキル
10- \dot
11- digraph warrior {
12- node [fontname = "arialuni.ttf", fontsize = 10];
13-
14- sword_mastery -> two_handed_sword
15- sword_mastery -> swat_down
16- pollarm_mastery -> one_handed_pollarm -> mow_down
17- roar -> berserk
18-
19- sword_mastery [label = " ソード・マスタリー "]
20- two_handed_sword [label = " 二刀流 "];
21- swat_down [label = " 打ち落とし "];
22- pollarm_mastery [label = " ポールアーム・マスタリー "];
23- mow_down [label = " 薙ぎ払い "];
24- one_handed_pollarm [label = " 片手持ち" ];
25- roar [label = " 咆哮 "];
26- berserk [label = " 狂戦士 "];
27- }
28- \enddot
29-
30-
31- \section class_sword_fighter 剣士
32-
33- 剣技のエキスパート。
34-
35- - スキル
36- \dot
37- digraph sword_fighter {
38- node [fontname = "arialuni.ttf", fontsize = 10];
39-
40- dodge
41- sword_mastery -> throw_dagger
42-
43- dodge [label = " 見切り "];
44- sword_mastery [label = " ソード・マスタリー "]
45- throw_dagger [label = " ダガー投げ "];
46- }
47- \enddot
48-
49-
50- \section class_samurai 侍
51-
52- 東方の剣士。
53-
54- - スキル
55- \dot
56- digraph samurai {
57- node [fontname = "arialuni.ttf", fontsize = 10];
58-
59- japanese_sword_mastery -> two_handed_sword
60- japanese_sword_mastery -> battojutsu -> vorpal
61- dodge
62- mind_concentration -> clear_mind
63-
64- japanese_sword_mastery [label = " 日本刀マスタリー "];
65- two_handed_sword [label = " 二刀流 "];
66- battojutsu [label = " 抜刀術 "];
67- vorpal [label = " 首斬り "];
68- dodge [label = " 見切り "];
69- mind_concentration [label = " 精神統一 "];
70- clear_mind [label = " 明鏡止水 "];
71- }
72- \enddot
73-
74-
75- \section class_thief 盗賊
76-
77- 隠密能力に優れ、罠の解除や鍵開けが得意。
78-
79- - スキル
80- \dot
81- digraph thief {
82- node [fontname = "arialuni.ttf", fontsize = 10];
83-
84- dagger_mastery -> throw_dagger
85-
86- dagger_mastery [label = " ダガー・マスタリー "]
87- throw_dagger [label = " ダガー投げ "];
88- }
89- \enddot
90-
91- - ダガー・マスタリー
92- - \ref feature_silent_walking
93- - \ref feature_backstab
94- - 鍵開け
95- - 交渉術
96- !!!
97-
98- - 特徴
99- - 耐毒
100- - !!!
101-
102-
103- \section class_ninja 忍者
104-
105- 暗殺の専門家。
106-
107- - スキル
108- - \ref feature_silent_walking
109- - \ref feature_backstab
110- - 闇に潜む
111- - 毒
112- - !!!
113-
114-
115- \section class_wizard 魔法使い
116-
117- 魔法の専門家。
118-
119- - スキル
120- - テレポート
121- - !!!
122-
123-
124- \section class_priest 僧侶
125-
126- 回復や補助魔法の専門家。
127-
128- - スキル
129- - !!!
130-
131-
132- \section class_paradin パラディン
133-
134- 回復や補助魔法が使える戦士。
135-
136- - スキル
137- - !!!
138-
139-
140- \section class_animal_tamer 猛獣使い
141-
142- モンスターを従えて戦わせることができる。
143-
144- - スキル
145- - !!!
146-
147-
148- \section class_necromancer ネクロマンサー
149-
150- 死体を操って戦わせることができる。
151-
152- - スキル
153- - !!!
154-
155-
156- \section class_doctor 医者
157-
158- 回復と薬の専門家。
159-
160- - スキル
161- - !!!
162-
163- !!!
164-
165-
166- \section class_art_fighter 格闘家
167-
168- 肉体を鍛えて戦う闘士。
169-
170- - スキル
171- - !!!
172-
173-
174- \section class_android アンドロイド
175-
176- 魂を吹き込まれた人造人形。
177-
178- - スキル
179- - 硬質化 (Lv.??)
180- - !!!
181-
182-
183- \section class_butler_maid 執事/メイド
184-
185- 人に仕えるエキスパート。
186-
187- - スキル
188- - !!!
189-*/
diff -r 7a1c243c80b0 -r 91c789543ba8 dox/feature.dox
--- a/dox/feature.dox Mon Dec 20 00:00:41 2010 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,32 +0,0 @@
1-/*!
2- \page feature_page 特徴 (記述中)
3-
4- \section feature_infra_vision 赤外視
5-
6- 熱を発する物体を見ることができる。
7-
8-
9- \section feature_not_blindness 盲目にならない
10-
11- 盲目にならない。
12-
13-
14- \section feature_fire_ball 火炎弾を吐く
15-
16- 火炎弾を吐く。
17-
18-
19- \section feature_silent_walking 足音を消す
20-
21- 敵に気付かれにくくなる。
22-
23-
24- \section feature_in_secret 隠密
25-
26- 暗闇の中で気付かれにくくなる。
27-
28-
29- \section feature_backstab 背後からの攻撃
30-
31- 寝ている敵にクリティカルヒット。
32-*/
diff -r 7a1c243c80b0 -r 91c789543ba8 dox/item.dox
--- a/dox/item.dox Mon Dec 20 00:00:41 2010 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,25 +0,0 @@
1-/*!
2- \page item_page アイテム (記述中)
3-
4- \section arm_section 武器
5-
6- - 小柄
7- - 小太刀
8- - 太刀
9- - 野太刀
10- !!!
11-
12- - 長巻
13- - 薙刀
14- !!!
15-
16-
17- \section shield_section 盾
18-
19- !!!
20-
21-
22- \section armor_section 鎧
23-
24- !!!
25-*/
diff -r 7a1c243c80b0 -r 91c789543ba8 dox/race.dox
--- a/dox/race.dox Mon Dec 20 00:00:41 2010 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,53 +0,0 @@
1-/*!
2- \page race_page 種族
3-
4-
5- \section race_human 人間
6-
7- - 特徴
8- - 普通
9- - 普通の成長の速さ
10-
11- - スキル
12- - なし
13-
14-
15- \section race_elf エルフ
16-
17- - 特徴
18- - 器用、賢い、筋力弱め
19- - 成長が遅い
20-
21- - スキル
22- - \ref feature_infra_vision (Lv.1)
23-
24-
25- \section race_dwarf ドワーフ
26-
27- - 特徴
28- - 体力多め、筋力強い、耐久高め
29- - 成長が遅い
30-
31- - スキル
32- - \ref feature_not_blindness (Lv.1)
33-
34-
35- \section race_hobbit ホビット
36-
37- - 特徴
38- - 器用、素早い、体力少なめ
39- - 成長が速い
40-
41- - スキル
42- - \ref feature_silent_walking (Lv.1)
43-
44-
45- \section race_dragon_half ハーフ・ドラゴン
46-
47- - 特徴
48- - とても体力多め、とても筋力強い、とても耐久高め、不器用、頭悪い
49- - 成長がとても遅い
50-
51- - スキル
52- - \ref feature_fire_ball (Lv.1)
53-*/
Show on old repository browser