• R/O
  • SSH

mhack: Commit

マルチプレイヤーっぽいローグライク開発用のリポジトリ。


Commit MetaInfo

Revisione960f1a6016c9c34b771b2d6cfb91fc29b67cbb5 (tree)
Time2011-07-15 07:49:18
Authorsatofumi
Commitersatofumi

Log Message

restart

Change Summary

  • delete: dox/development.dox
  • delete: dox/draw.dox
  • delete: dox/dungeon.dox
  • delete: dox/game_data.dox
  • delete: dox/item.dox
  • delete: dox/mainpage.dox
  • delete: dox/modules.dox
  • delete: source/Makefile
  • delete: source/mhack.cpp

Incremental Difference

diff -r d270659754af -r e960f1a6016c dox/development.dox
--- a/dox/development.dox Fri Jul 15 07:48:55 2011 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,67 +0,0 @@
1-/*!
2- \page development_page 開発ドキュメント
3-
4- \section development_abstract 概要
5-
6- - \subpage idea_page
7- - \ref idea_items_singleplay
8- - \ref idea_items_scripts
9- - \ref idea_items_log
10- - \ref idea_items_party
11- - \ref idea_items_ai
12- - \ref idea_items_graphic
13- - \ref idea_items_input
14-
15- - \subpage layer_page
16- - \ref layer_draw
17- - \ref layer_input
18-
19- - \subpage flow_page
20- - \ref flow_abstract
21-
22- - \subpage application_scene_page
23- - \ref application_scene_list
24- - \ref application_scene_flow
25-
26- - \subpage turn_handler_page
27- - \subpage turn_handler_list
28- - \subpage turn_handler_next
29-
30- - \subpage game_data.dox ゲーム用データについて
31- - !!!
32-
33- - \subpage dungeon_page
34- - \ref dungeon_struct
35- - \ref dungeon_moving
36- - \ref dungeon_item
37-
38- - ダンジョンの生成
39- - 固定マップ
40- - 固定サイズの部屋 + 通路
41- - 洞窟風
42- \n \n
43- - \subpage item_page
44- - !!!
45- \n \n
46- - キャラクターの実装
47- - スキルの実装
48- \n \n
49- - 町の実装
50- \n \n
51- - ショップの実装
52-
53- - \subpage draw_page
54- - \ref draw_map
55- - \ref draw_character
56- - \ref draw_action
57-
58- - マルチプレイ対応
59- - !!!
60-
61-
62- \section development_detail 詳細
63-
64- - \subpage modules_page
65-
66- !!!
67-*/
diff -r d270659754af -r e960f1a6016c dox/draw.dox
--- a/dox/draw.dox Fri Jul 15 07:48:55 2011 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,23 +0,0 @@
1-/*!
2- \page draw_page 画面への表示
3-
4- 描画は、3次元座標系に対して行う。
5-
6-
7- \section draw_map マップの表示
8-
9- 地面、および地形に対してそれとわかるように描画を行う。
10- 移動できる領域と移動できない領域、および特殊効果のある場所は区別しやすくすること。\n
11- テクスチャーを貼りつけてもよい。
12-
13-
14- \section draw_character キャラクターの表示
15-
16- 向きがわかるように表示する。\n
17- 地形と区別するために、常にアニメーションさせてもよい。
18-
19-
20- \section draw_action 攻撃アクションの表示
21-
22- 実時間で適切にアニメーションされるように描画する。
23-*/
diff -r d270659754af -r e960f1a6016c dox/dungeon.dox
--- a/dox/dungeon.dox Fri Jul 15 07:48:55 2011 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,46 +0,0 @@
1-/*!
2- \page dungeon_page ダンジョンの実現
3-
4- \section dungeon_struct ダンジョンのデータ表現
5-
6- ダンジョンは、正方グリッドで表現する。\n
7- 高さの概念は導入しない。
8-
9-
10- \subsection dungeon_struct_wall 壁
11-
12- - 壁は正方グリッドに沿って配置する。
13- - 通常は移動できないようにする。
14- - 掘削できるようにするために、壁に体力の概念を持たせる。
15- - 攻撃の種類によって掘削しやすさを変えるために、攻撃の種類に応じた耐久力を持つ。
16- - 掘削専用の属性を持たせても良い。
17- - 属性への耐久力を定義し、掘削が自然な行為になるように調整する。
18- - 全ての属性への耐久力を "immune" にすると、掘削できないようにする。
19- - 掘削して壁を破壊したときに、中にアイテムがあれば取得できるようにする。
20- - 壁の掘削が完了したときに "石" などのアイテムを出現させてもよい。
21- - 壁の地面に対して "宝石" を保持させてもよい。
22-
23- - 壁の表示方法は、表示させるプラットフォームに依存させる。
24-
25-
26- \subsection dungeon_struct_items アイテム
27-
28- - アイテムは散らばり具合を表現するために、正方グリッドより細かい単位で配置位置を定義してもよい。
29- - 複数のアイテムが同じ位置に配置されてもよい。
30- - アイテムのある正方グリッド上に壁がある場合、その壁が破壊されなければ、アイテムを拾うことができないようにする。
31- - 正方グリッドに関係なく、近くにあるアイテムは拾えるようにする。
32- - 拾う候補に表示されるようにする。
33-
34-
35- \section dungeon_moving キャラクターの移動
36-
37- - キャラクターの位置は、正方グリッドに沿って配置される。
38- - アニメーション時には、グリッド間を滑らかに移動してもよい。
39-
40-
41- \section dungeon_item アイテムの生成
42-
43- - キャラクター生成時に、アイテムも生成される。
44- - キャラクターが死亡したときに、保持しているアイテムのいくつかが地面に落ちる。
45- - ダンジョン生成時に、いくつかのアイテムも生成される。
46-*/
diff -r d270659754af -r e960f1a6016c dox/game_data.dox
--- a/dox/game_data.dox Fri Jul 15 07:48:55 2011 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,22 +0,0 @@
1-/*!
2- \page game_data.dox ゲーム用データについて (!!! 記述中)
3-
4- マルチプレイヤー風味は、全プレイヤーが共通に使うデータを用意することで実現する。
5-
6- - 全キャラクターで共通に管理するデータの例
7- - 酒場に配置したキャラクターを、他のキャラクターのパーティに加えられるようにする、など。
8- - 掲示板へのコメントなど。
9-
10-
11- !!! データは DB に保存する。
12-
13- !!! DB がローカル PC か、遠隔サーバかどうかで
14-
15- !!! データの管理方法について
16-
17- !!! サーバにデータを貯めるのか、など
18-
19- !!!
20-
21- !!!
22-*/
diff -r d270659754af -r e960f1a6016c dox/item.dox
--- a/dox/item.dox Fri Jul 15 07:48:55 2011 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,12 +0,0 @@
1-/*!
2- \page item_page アイテムの実装 (!!! 記述中)
3-
4- !!!
5-
6- - "使う" コマンドで効果が発生するようにする。
7- - アイテムによっては、誰に(or 何に)アイテムを使うのか選択できるようにする。
8- - アイテムによっては "投げる" で効果が発動するようにする。
9- - !!!
10-
11- !!!
12-*/
diff -r d270659754af -r e960f1a6016c dox/mainpage.dox
--- a/dox/mainpage.dox Fri Jul 15 07:48:55 2011 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,43 +0,0 @@
1-/*!
2- \mainpage マルチプレイヤー風ローグライク
3-
4- 複数プレイヤーとのデータ共有が可能なシングルプレイ・ローグライクです。 \n
5- 妄想をたくさんつめこんでいく予定です。
6-
7- - 作りたいものの特徴
8- - 次のコマンドを選ぶドキドキ感を実現するバランス設定
9- - 複数キャラクターによるパーティプレイ
10- - 複数ユーザとのデータ共有が可能なシングルプレイ
11- - スキルツリーによるプレイヤー毎のキャラクター育成
12- - 遊んでいてイライラしないユーザインターフェース
13- - 高い拡張性を持ったゲームシステム
14-
15- - 動作プラットフォーム
16- - Windows
17- - Linux
18- - Mac
19-
20- - プログラミング言語、ライブラリ
21- - C++
22- - Lua
23- - SDL or Qt
24- - OpenGL
25-
26- - ライセンス
27- - <a href="http://www.gnu.org/licenses/gpl.html">GPL (GNU General Public License)</a>
28-
29- - ダウンロード
30- - !!! 最新版のみ、ここに直接リンクをはる
31- - 過去のパッケージ !!! sourceforge へのリンクにする
32-
33- - 要望、バグ報告、コメント
34- - !!! sourceforge へのリンクにするか、fogbugz へのリンクにする
35-
36- - メーリング・リスト
37- - !!! 機を見て作る、または、作らない
38-
39- - 開発ドキュメント
40- - \subpage development_page
41-
42- \author Satofumi KAMIMURA <satofumi@users.sourceforge.jp>
43-*/
diff -r d270659754af -r e960f1a6016c dox/modules.dox
--- a/dox/modules.dox Fri Jul 15 07:48:55 2011 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,10 +0,0 @@
1-/*!
2- \page modules_page ソフトウェアのモジュール構成 (!!! 記述中)
3-
4- プログラムの実装言語は C++, Lua とする。\n
5- 描画まわりは OpenGL + SDL にて実現する。
6-
7- !!! モジュール構成の書き出し
8-
9- !!!
10-*/
diff -r d270659754af -r e960f1a6016c source/Makefile
--- a/source/Makefile Fri Jul 15 07:48:55 2011 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,20 +0,0 @@
1-# mhack/source
2-
3-CXXFLAGS = -g -O0 -Wall -W -Werror
4-LDFLAGS =
5-LDLIBS =
6-
7-
8-TARGET = mhack
9-
10-all : $(TARGET)
11-
12-clean :
13- $(RM) $(TARGET) *.o
14-
15-depend :
16- makedepend -Y -- $(INCLUDES) -- $(wildcard *.h *.cpp)
17-
18-######################################################################
19-
20-# DO NOT DELETE
diff -r d270659754af -r e960f1a6016c source/mhack.cpp
--- a/source/mhack.cpp Fri Jul 15 07:48:55 2011 +0900
+++ /dev/null Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,29 +0,0 @@
1-/*!
2- \file
3- \brief マルチプレイ風ローグライク
4-
5- \author Satofumi KAMIMURA
6-
7- $Id$
8-*/
9-
10-
11-int main(int argc, char *argv[])
12-{
13- (void)argc;
14- (void)argv;
15-
16- // ゲーム用データの読み出し
17- // !!!
18-
19- // 画面の初期化
20- // !!!
21-
22- // サウンドの初期化
23- // !!!
24-
25- // ゲーム・スクリプトの起動
26- // !!!
27-
28- return 0;
29-}
Show on old repository browser