Version 0.6.2
2012-02-03 00:59 (by toshinagata1964)

バージョン 0.6.2 を公開しました。

- グラフィックオブジェクトを分子に重ねて書けるようにした。ただし Ruby でのコーディングが必要。
- Ruby ダイアログでモードレスな動作ができるようにした。
- Ruby スクリプトの先頭行コメントに coding:shift-jis または coding:utf-8 が書けるようにした。今のところこの2つしか認識しない。
- Ruby の LAMatrix (linear algebra matrix) クラスを実装し、任意の行列演算ができるようにした。ドキュメントはまだ書いていない。
- Empty Console Window コマンドを実装。
- 分子動力学のドキュメントを作成。
- MM/MD で "log file" フィールドは明示的に指定しない限り空にするようにした。
- CIF ファイルの読み込みで、座標値の標準偏差を認識するようにした。ただしmbsfへの保存はされない。

Version 0.6.2 is out.
- Graphic objects can be drawn together with the molecule (requires Ruby coding).
- Modeless operation of Ruby Dialog is implemented.
- The first comment line of the Ruby script (that is to be imported by "Execute Ruby Script" command) can now contain "coding:shift-jis" or "coding:utf-8" instruction. At present, only these two codings are recognized.
- LAMatrix (linear algebra matrix) class is implemented in Ruby, which allow matrix arithmetic of arbitrary dimension. No document is provided yet.
- Empty Console Window command is implemented.
- Document for MD calculation is written.
- Rms of crystallographic parameters (from the CIF file) are now kept in the molecule. Copying/saving of such parameters are not yet supported.

Molby - A Molecular Modeling Software project news list