[M+ OUTLINE FONTS 744] Re: uni2010 から uni201F までの縦組み用グリフ追加

Aktado aktad****@users*****
2013年 8月 19日 (月) 14:50:44 JST


森下さん,
こんにちは,Aktado です。

根本的な解決策ではないのですが,参考までに vert/ 下の SVG ファイルの取り込み
について,私が把握している内容を記しておきます。
(間違いがありましたらご指摘ください。)

例として, "uni2010" の縦組み用グリフを取り込む場合,

・svg.d/latin_proportional1/vbearings に第1カラムが "uni2010" の行が存在しない
 → 何もしない(横組みと同じグリフ)

・svg.d/latin_proportional1/vbearings に第1カラムが "uni2010" の行が存在して,
 work.d/splitted/${weight}/latin_proportional1/vert/uni2010.svg が存在する
 → SVG ファイルを取り込み,第2カラムの R, RF, S の指定は無視される

・svg.d/latin_proportional1/vbearings に第1カラムが "uni2010" の行が存在して,
 work.d/splitted/${weight}/latin_proportional1/vert/uni2010.svg が存在しない
 → 横組み用グリフをコピー&ペーストし,第2カラムの指定にしたがって変換する

といった処理がおこなわれているようです。

問題点が SVG ファイルの切り出しの段階か,GSUB 設定の段階かを切り分けるため,
work.d/splitted/${weight}/latin_proportional1/vert/ 下に対応する SVG ファイ
ルが存在するかをご確認いただけませんでしょうか。

また,現状では縦組み用グリフに SVG ファイルを取り込む場合に S (0,0) を指定して
いますが,SVG ファイルが存在するときは第2以降は無視されるので,他の文字でも
よいはずです。2カラム目以降を空にするとエラーになるので,「何もしない」ことを
表現する目的で入れてみましたが,あまり良い案ではなかったと反省しています。



> 自分の環境では FontForge 開発版のビルドができないため

これについては,現状の森下さんの環境でソースコードからビルドできる FontForge の
バージョンが分かれば,そこに山口さんのパッチを取り込めるようにできると思います。


--
Aktado <aktad****@users*****>




mplus-fonts-dev メーリングリストの案内