[Musashi-editors 28] Re: [MUSASHI-users 217] MUSASHI プレリリース5

Back to archive index

Satoshi MACHINO machi****@yendo*****
2004年 2月 13日 (金) 22:17:01 JST


まちの です。

On Fri, 13 Feb 2004 17:09:09 +0900
Yukinobu Hamuro <hamur****@adm*****> wrote:

> さっそく先ほどbuildファームへアクセスしてみました。
> 同様の問題が出ました!!
> おかげさまでインストールの手間が省けました。
> 情報ありがとうございました。

おぉそれはよかった。
せっかく使える環境なので
利用できるなら利用しないとねぇ...
# 根が貧乏性なもんで...(笑

> Checkスクリプトは含めないということですね。

いえ、実はまだ迷っています。
1.0.3のリリース時のCheckスクリプトは含めた方がよいかも
とかも思っています。

ただ、パッケージ特にRPMSですと一応はチェックした後のモノなので
うれしい人は自分でmake installする人かなぁと思ったり、
チェック機能以外にMUSASHIの生きたsampleコードであるという意味も
ありそうですし、やはり使い始めのユーザには
使いかたを覚える意味でもまともなsampleコードとして
パッケージあった方がよいかも知れませんね。
# 次の更新ででもちょっと含めてみます。

> ただ、パッケージ作成にてかなり面倒にはなりませんでしょうか?
> MANのtarballでは、現在と同様instman.shというスクリプトを実行させてインストール
> できるようにしようと考えています。

COREとMANとかならsourceは別のtarballでも
autoconfでちゃんと対応できていれば
生成されるMakefile次第じゃないでしょうか。

最悪でもインストールされるmandirさえ整合がとれていれば
パッケージ化では概ね問題ないと思います。
要するに別のtarballのsourceを1つのパッケージ内で
2回とか複数回make;make installして最後にRPMにまとめるという事も可能です。
# 本当にOKかはやってみないとわからないところもありますけどね。

> >tarballのリリースをuser MLにアナウンスする前に
> >こちらで次はいつリリースする予定だよと連絡頂ければ
> >助かりますが...
> まちのさん個人にという意味ですね。
> 了解しました。
> 必ず連絡するようにします。

いえわたし個人宛でなくても
このMLはMUSASHIプロジェクトの管理者用だと思うので
ここでも良いと思います。
# リリース直前予告みたいなモノで結構ですので。

DMで連絡戴いてもOKですが、その時の状況によっては
しばらくメールを読めないとかになってると
個人宛のメールBOXは読み落とす可能性が高いです...

MLだとやまり読まなくなったモノもありますが
少なくともsubjectでは未読分を追いますから
目立つsubjectであれば大丈夫だと思います(笑

よろしくお願いします。
-- 
まちの
machi****@vinel*****
GnuPG Finger Print:815A FA0C 973D AF3C C9EA 7B9B 8D84 8CD3 6B4F BF32
-- 
まちの
machi****@vinel*****
GnuPG Finger Print:815A FA0C 973D AF3C C9EA 7B9B 8D84 8CD3 6B4F BF32



Musashi-editors メーリングリストの案内
Back to archive index