• R/O
  • SSH
  • HTTPS

mutt-j: Commit


Commit MetaInfo

Revision519 (tree)
Time2023-07-27 09:32:19
Authorribbon

Log Message

update init.h (bugfix)

Change Summary

Incremental Difference

--- mutt-ja-doc/trunk/doc/init.h (revision 518)
+++ mutt-ja-doc/trunk/doc/init.h (revision 519)
@@ -3038,7 +3038,7 @@
30383038 ** この変数は、メッセージ送信時に使用する ``実名'' 又は ``個人名l'' を指定します。
30393039 ** .pp
30403040 ** 既定では、これは \fC/etc/passwd\fP の GECOS フィールドになります。この変数は、
3041- ** 利用者が $$from 変数中で実名を設定しているときには \fI使われない\f ことに
3041+ ** 利用者が $$from 変数中で実名を設定しているときには \fI使われない\fP ことに
30423042 ** 注意して下さい。
30433043 */
30443044 { "recall", DT_QUAD, R_NONE, {.l=OPT_RECALL}, {.l=MUTT_ASKYES} },
@@ -4060,8 +4060,8 @@
40604060 ** 兄弟に対してメッセージを整列します。
40614061 ** .pp
40624062 ** 下位互換性のために、既定値は``aux''です。これはトップレベルのスレッド整列
4063- ** にも$$sort_auxを使用することを意味します。値``aux''は``last-''や`
4064- ** `reverse-''プレフィックスを考慮せず、単に整列を直接$$sort_auxに委任します。
4063+ ** にも$$sort_auxを使用することを意味します。値``aux''は``last-''や
4064+ ** ``reverse-''プレフィックスを考慮せず、単に整列を直接$$sort_auxに委任します。
40654065 ** .pp
40664066 ** 注意:reversed-threadsの$$sort順の場合、$$sort_thread_groupsは再び逆に
40674067 ** なります(これは正しい動作ではありませんが、既存の設定を壊さないように保持されます)。
Show on old repository browser