注目トピック

Wikiガイド

最近の更新

2018-08-20
2013-10-30
2013-02-06
2011-06-22
2010-08-13
2009-03-27
2008-11-14
2008-11-13
2008-10-01
2008-09-19

ディストリビューション動作確認情報トップ i110Ra_1h_small.jpg

Express5800/i110Ra-1h

対象ディストリビューション:Turbo Linux Server 10

本ページの内容は、限られた評価環境における検証結果に基づいた動作確認情報です。 ページ内の情報をご活用いただく前に予め「ご利用にあたっての注意事項」をご覧ください。

記号の意味

◎…当該ディストリビューションで動作可能
○…当該ディストリビューションに最新ドライバ等を適用し動作可能
×…動作不可
-…未サポート

■製品情報

ハードウェア製品情報はこちらを参照してください。

■インストール確認

ハードウェア構成

構成1 (SATA2)

  • N8100-1366Y:Express5800/i110Ra-1h ディスクレスモデル Pentium M 1.73GHz×1
  • N8150-206A:増設用250GB HDD (SATA2/300,7200rpm)×1
  • N8460-002:外付けFDD×1
  • N8160-64:外付けDVD-ROM×1

構成2 (AACRAID)

  • N8100-1368Y:Express5800/i110Ra-1h ディスクレスモデル Pentium M 2GHz×1
  • N8116-06:ライザカード×1
  • -:Adaptec 2410SA (SATA RAID)×1
  • N8150-204A:増設用80GB HDD (SATA2/300,7200rpm)[RAID1]×2
  • N8460-002:外付FDD×1
  • N8160-64:外付けDVD-ROM×1

動作確認

構成1

  • 評価項目:結果:コメント
  • OSのインストール:◎(注1):CD-ROM からの Boot にてインストール。
  • X Window Systemの動作:◎:1024x768 LCD (注3)
  • PS/2 マウス・キーボード:◎(注4)
  • 標準LANポート:○:telnet,ftpの動作を確認。(注2)(注5)
  • CPUの認識:◎':cat /proc/cpuinfoを確認。
  • メモリの認識:◎cat /proc/meminfoを確認。
  • 作成パーティション数:15:ドライブ全領域を使用。
  • ハードドライブ:◎:ファイルのコピー/比較を確認。
  • RAIDドライブの縮退動作:-:電源断後にRAID構成のHDDを1つ取外しても、起動・動作。
  • RAIDドライブの再構築:-:電源断後にDEADのDISKを交換し、起動することで運用中再構築。
  • RAIDユーティリティ(ASM)の動作:-:Dead/Rebuild/OK状態の表示
  • 負荷ランニング:48H:ハードドライブ,CD,FDD,ネットワークへの負荷。
  • 再起動:12H:システム起動後10分で再起動を繰り返す試験。
  • シリアル・コンソール:◎:設定を行うことで、コンソール出力が表示される。ログインできる。

構成2

  • 評価項目:結果:コメント
  • OSのインストール:○(注2):CD-ROM からの Boot にてインストール。
  • X Window Systemの動作:◎:1024x768 LCD (注3)
  • PS/2 マウス・キーボード:◎(注4)
  • 標準LANポート:○:telnet,ftpの動作を確認。(注2)(注5)
  • CPUの認識:◎':cat /proc/cpuinfoを確認。
  • メモリの認識:◎cat /proc/meminfoを確認。
  • 作成パーティション数:15:ドライブ全領域を使用。
  • ハードドライブ:◎:ファイルのコピー/比較を確認。
  • RAIDドライブの縮退動作:◎:電源断後にRAID構成のHDDを1つ取外しても、起動・動作。
  • RAIDドライブの再構築:◎:電源断後にDEADのDISKを交換し、起動することで運用中再構築。
  • RAIDユーティリティ(ASM)の動作:○:Dead/Rebuild/OK状態の表示 (注6)
  • 負荷ランニング:48H:ハードドライブ,CD,FDD,ネットワークへの負荷。
  • 再起動:12H:システム起動後10分で再起動を繰り返す試験。
  • シリアル・コンソール:◎:設定を行うことで、コンソール出力が表示される。ログインできる。

(注1) インストールに際して、BIOS設定の変更を行ってください。これによりHDDがDMAモードで動作します(SCSIドライブとして認識されます)。
BIOS設定変更手順

  1. 起動時にF1キーで、BIOSセットアップメニューに入る。
  2. Advancedメニューを開く。
  3. Integrated Peripherals を選択。
  4. On Chip IDE Device を選択し、次の設定を行う。
    On-Chip Serial ATA : Combined Mode
    PATA IDE Mode : Secondary
    

(注2) TurboLinux社提供のドライバディスクを使用しインストール時にドライバを適用しました。
2410SAのBIOSがver7244の場合、下のメッセージを出し続けて起動できなくなることがあります。この問題は、BIOSを ver7348 にアップデートすることで解決します。 {{ <welcom to Turbolinux画面> hub X-0:1.0: over-current change on port X }}

(注3) モニタあるいはVGA折り返しコネクタを接続した状態でOSを起動してください。未接続の場合、起動後にモニタを接続しても表示ができないことがあります。

(注4) この構成では、PS/2 マウス・キーボードを未接続の場合に起動できないことがあります。この問題は、BIOS ver 1.70 にアップデートすることで解決します。こちら ( U3B10170.EXE 管理No.2217001151 )から入手してください。

(注5) /usr/bin/ftpを使用してeth0経由でファイル転送を行なう場合、転送速度が著しく遅い現象を確認しています。

  • 発生条件
    • インストール時、セキュリティ設定で"中","低"を選択 (cbq(帯域制御)が起動される設定になってしまう)
    • /usr/bin/ftpを非パッシブモードで使用(パッシブモード、/usr/kerberos/bin/ftpを使用した場合は本現象は発生しません)
  • 回避策
    1. # /etc/init.d/cbq stop
      # chkconfig cbq off
    2. cbqの設定を変更する # vi /etc/sysconfig/cbq/cbq-32.ftp

(注6) RAIDボードに添付の CD-ROM から説明書に従いインストールし使用します。日本語環境の場合、ASMで文字が正常に表示されないため、以下の対応を行いました。

# cp /usr/lib/jvm/java-1.4.2-sun-1.4.2.04/jre/lib/font.properties.ja.Turbo10.0 /usr/StorMan/jre/lib

■HDD増設

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8150-204A:増設用80GB HDD(SATA2/300/7200rpm):◎:ファイルのコピー/比較動作を確認。
  • N8150-205A:増設用160GB HDD(SATA2/300/7200rpm):◎:同上
  • N8150-206A:増設用250GB HDD(SATA2/300/7200rpm):◎:同上

■LAN増設

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8104-88:100BASE-TX接続ボード(LowProfile)×1:○:telnet, ftpの動作を確認。
  • N8104-115:1000BASE-T接続ボード(LowProfile)×1:○:同上

■USB機器

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8460-002:外付け FDD×1:◎:OS起動後に接続して自動認識に問題なし。ファイルのコピー/比較を確認。
  • N8160-64:外付けDVD-ROM×1:◎:同上(注)

(注) /mnt/cdromへのマウントは、"Permission denied"によりマウントが失敗します。

ユーザーコメント欄(コメントを書く

ディストリビューション動作確認情報トップ