注目トピック

Wikiガイド

最近の更新

2018-08-20
2013-10-30
2013-02-06
2011-06-22
2010-08-13
2009-03-27
2008-11-14
2008-11-13
2008-10-01
2008-09-19

ディストリビューション動作確認情報トップ i110Rb_1h_small.jpg

Express5800/i110Rb-1h

対象ディストリビューション:FreeBSD 6.1-RELEASE

本ページの内容は、限られた評価環境における検証結果に基づいた動作確認情報です。 ページ内の情報をご活用いただく前に予め「ご利用にあたっての注意事項」をご覧ください。

記号の意味

◎…当該ディストリビューションで動作可能
○…当該ディストリビューションに最新ドライバ等を適用し動作可能
×…動作不可
-…未サポート

■製品情報

ハードウェア製品情報はこちらを参照してください。

■インストール確認

ハードウェア構成

構成1(SATA2)

  • N8100-1369Y:Express5800/i110Rb-1h ディスクレスモデル CoD/2G(2)×1
  • N8150-204A:増設用80GB HDD (SATA2/7200rpm)×1
  • N8150-205A:増設用160GB HDD (SATA2/7200rpm)×1
  • N8160-64:外付けDVD-ROM×1
  • N8460-002:外付け FDD×1

構成2(SATA-DAC)

  • N8100-1369Y:Express5800/i110Rb-1h ディスクレスモデル CoD/2G(2)×1
  • N8102-282:2GB増設メモリボード(1GB x2)×1
  • N8150-204A:増設用80GB HDD (SATA2/7200rpm) (RAID1)×2
  • N8116-12:ライザカード(PCIExpress)×1
  • N8103-101:ディスクアレイコントローラ(SATA2)×1
  • N8160-64:外付けDVD-ROM×1
  • N8460-002:外付け FDD×1

N8103-101, N8103-103 ディスクアレイコントローラ(SATA2) の Firmware バージョンが古い場合はアップデートしてください。詳しくはこちらを参照してください。

動作確認

構成1

  • 評価項目:結果:コメント
  • OSのインストール:○(注1):PXEブートからネットワークインストール。
  • X Window Systemの動作:×(注3):1024x768 16bit color
  • PS/2 マウス・キーボード:◎(注4)
  • 標準LANポート:◎:telnet,ftpの動作を確認。
  • CPUの認識:◎:dmesg にて確認。
  • メモリの認識:◎:dmesg にて確認。
  • 作成パーティション数:28(注5):ドライブ全領域を使用。
  • ハードドライブ:◎:ファイルのコピー/比較を確認。
  • RAIDドライブの縮退動作:-:電源断後にRAID構成のHDDを1つ取外しても、起動、動作。
  • RAIDドライブの再構築:-:電源断後にDEADのDISKを交換し、BIOSユーティリティにて再構築。
  • 負荷ランニング:12h:各ドライブ、ネットワーク・ドライブへの負荷。
  • 再起動:10:繰り返し回数
  • シリアル・コンソール:◎:設定を行うことで、コンソール出力が表示される。ログインできる。

構成2

  • 評価項目:結果:コメント
  • OSのインストール:○(注1)(注2):PXEブートからネットワークインストール。
  • X Window Systemの動作:×(注3):1024x768 16bit color
  • PS/2 マウス・キーボード:◎(注4)
  • 標準LANポート:◎:telnet,ftpの動作を確認。
  • CPUの認識:◎:dmesg にて確認。
  • メモリの認識:◎:dmesg にて確認。
  • 作成パーティション数:28(注5):ドライブ全領域を使用。
  • ハードドライブ:◎:ファイルのコピー/比較を確認。
  • RAIDドライブの縮退動作:◎:電源断後にRAID構成のHDDを1つ取外しても、起動、動作。
  • RAIDドライブの再構築:◎:電源断後にDEADのDISKを交換し、BIOSユーティリティにて再構築。
  • 負荷ランニング:12h:各ドライブ、ネットワーク・ドライブへの負荷。
  • 再起動:10:繰り返し回数
  • シリアル・コンソール:◎:設定を行うことで、コンソール出力が表示される。ログインできる。

(注1) インストールについて インストール方法1 --USB-DVD-ROMからブートする方法--

DVD-ROM から FreeBSD CD-ROM#1 をブートし、通常通りインストールを行います。

インストール方法2 --PXEブートからネットワークインストールする方法--

DHCP/TFTP/NFSサーバを準備し、PXEブートからネットワークインストールする方法の概要です(詳細は FreeBSD のドキュメントを参照)。本装置においては、mfsroot.gz を解凍しておく必要がある点に注意してください( これを行わないと、インストーラが起動できません )。この点以外は、FreeBSD 一般の手順と変わりありません。

  1. NFSサーバで Export ディレクトリに FBSD6.1 CD#1-#2 中身全部をにコピーします。コピーした内容について、次の2点の変更を行います。
    • boot/loader.conf を編集し、次の行を追記します。
      vfs.root.mountfrom="ufs:/dev/md0c"
      
    • boot/mfsroot.gz ファイルを gunzip コマンドなどで解凍します。
  2. DHCPサーバで IP をリースし、次のTFTP/PXEブート情報(2行)を記載します。( 192.168.1.10:/nfsroot は NFS Export 情報の例 )
    filename "pxeboot";
    option root-path "192.168.1.10:/nfsroot";
    
  3. CD#1 内の boot/pxeboot ファイルを TFTP サーバのルートディレクトリにて公開します。
  4. インストール対象マシンのBIOS設定で、ネットワークブートを上位に設定し、DHCP/TFTP/NFSサーバと同一セグメントに接続します。
  5. インストール対象マシンを起動すると、インストーラが起動しますので、メディアの選択で 上記 NFS ( 例 192.168.1.10:/nfsroot )を選択してインストールを行ってください。

(注2) この構成へのインストールには、N8103-101 対応ドライバディスクが必要です。
Promise社サイトから該当物件「ST EX Series FreeBSD Kernel 6.1 32bit driver」( 6_freebsd6.1_i386_shasta_2.9.0.10.zip ) を入手し、ドライバディスク(フロッピィディスク)を作成してください。

インストール方法1 --USB-DVD-ROMからブートしてUSB-FDDからドライバを導入する方法--

  1. FBSD6.1 CD-ROM#1 を USB-DVD-ROM からブートし、10秒以内に「6. exit to loader prompt」を選びます。「OK?」というpromptがでます。
  2. current を CD から FD に移動しドライバを load してから boot します。
    OK set currdev=disk0
    OK load /shasta.ko
    OK set currdev=cd0
    OK boot
    
  3. 以降通常のインストールを実施します。
  4. インストール完了画面がでたら、終了せずに Alt+F4 キーでシェル画面に移動する。
  5. FDを実装した状態で、下記コマンドを実行
    # mount -t msdosfs /dev/da1 /cdrom
    # /cdrom/install
    # umount /cdrom
    
  6. Alt+F1 キーでインストーラに戻り、インストールを終了します。

インストール方法2 --PXEブートからネットワークインストールする方法--

構成1 のネットワークインストール方法 (注1 参照) に加えて、以下の手順が必要になります。

  1. ネットワークインストールで使用する NFSサーバの Export ディレクトリに 任意のディレクトリ( 以下 'driverfd' とします ) を作成し、上記ドライバディスクの中身を全てコピーします。
  2. インストール開始時の loader 画面で 6 キーで「6. Escape to loader prompt」を選択します。
  3. loader prompt にて次のコマンドを順に実施します。
    load /driverfd/shasta.ko
    boot
    
  4. 以降、通常のインストールをを行います。
  5. インストール完了画面がでたら、終了せずに Alt+F4 キーでシェル画面に移動して、次のコマンドを順に実施します。
    mkdir /cdrom
    cp /dist/driverfd/* /cdrom/
    /cdrom/install
    
  6. Alt+F1 キーでインストーラに戻り、インストールを終了します。

(注3) X Window Systemは動作しません。

(注4) jp-106キーボード設定で「_(アンダースコア)」キーが使用できません。次の回避策を行います。/boot/loader.confを編集し、「hint.kbdmux.0.disabled="1"」を追記して再起動してください。

(注5) 最大、1ドライブで4slice以下、1スライスで7partition以下、システム全体で28パーティション以下。

■HDD増設

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8150-204A:増設用80GB HDD (SATA2/7200rpm):◎:オンボードのSATAコネクタ、SATA-DACに接続。ファイルのコピー/比較動作を確認。
  • N8150-205A:増設用160GB HDD (SATA2/7200rpm):◎:同上
  • N8150-206A:増設用250GB HDD (SATA2/7200rpm):◎:同上

■メモリ増設

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8102-281:512MB増設メモリボード×1:◎:dmesg にて計1GBを確認。
  • N8102-282:2GB増設メモリボード(1GB x2)×1:◎:dmesg にて計2GBを確認。
  • N8102-283:4GB増設メモリボード(2GB x2)×1:◎:dmesg にて計約3.5GBを確認。

■LAN増設

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8104-122:1000BASE-T接続ボード(2ch,LowPro)×1:◎:telnet,ftpの動作を確認

■USB機器

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8460-002:外付け FDD×1:◎:OS起動後に接続して自動認識に問題なし。ファイルのコピー/比較を確認。
  • N8160-64:外付けDVD-ROM×1:◎:同上

■バックアップ装置

N8160-73 外付け(USB)DAT装置を接続しての動作確認です。

ハードウェア構成

  • 型番:機器名称:使用ドライバ:Version
  • 接続1:(Intel 6321ESB):オンボード USBコントローラ (USB2.0):-:-

動作確認

接続1

  • 評価項目:結果:コメント
  • バックアップ、リストア:◎:tar コマンドの使用。
  • 再起動 (バックアップ装置接続):10:繰り返し回数。

ユーザーコメント欄(コメントを書く

ディストリビューション動作確認情報トップ