注目トピック

Wikiガイド

最近の更新

2018-08-20
2013-10-30
2013-02-06
2011-06-22
2010-08-13
2009-03-27
2008-11-14
2008-11-13
2008-10-01
2008-09-19

ディストリビューション動作確認情報トップ i110Rc_1h_small.jpg

Express5800/i110Rc-1h

対象ディストリビューション:Red Hat Enterprise Linux 5.1 (x86/x86_64)( KERNEL 2.6.18-53.el5 )

本ページの内容は、限られた評価環境における検証結果に基づいた動作確認情報です。 ページ内の情報をご活用いただく前に予め「ご利用にあたっての注意事項」をご覧ください。

記号の意味

◎…当該ディストリビューションで動作可能
○…当該ディストリビューションに最新ドライバ等を適用し動作可能
×…動作不可
-…未サポート

■製品情報

ハードウェア製品情報はこちらを参照してください。

対象本体モデル

  • 型番:装置名称
  • N8100-1378Y:Express5800/i110Rc-1h メモリレスモデル/インテル®Core™ Duoプロセッサー T2500 2GHz
  • N8100-1379Y:Express5800/i110Rc-1h メモリレスモデル/インテル®Core™2 Duoプロセッサー T7400 2.16GHz
  • NP8100-1378YP1Y:Express5800/i110Rc-1h HDD監視機能付きモデル/インテル®Core™ Duoプロセッサー T2500 2GHz
  • NP8100-1379YP1Y:Express5800/i110Rc-1h HDD監視機能付きモデル/インテル®Core™2 Duoプロセッサー T7400 2.16GHz

x86_64 kernel は、N8100-1379Y, N8100-1379YP1Y のみの対応です。

■インストール確認

ハードウェア構成

構成1(SAS)

  • N8103-104 SASコントローラ×1
  • N8116-12 ライザカード(PCIExpress)×1
  • 増設用 HDD(2.5インチSAS)×2

構成2(SAS-DAC(stex))

  • N8103-105 ディスクアレイコントローラ (SAS)×1
  • N8116-12 ライザカード(PCIExpress)×1
  • 増設用 HDD (2.5インチSAS,RAID1)×2

RAID構成時には、同型番のハードディスクを選択して下さい。

動作確認

構成1

  • 評価項目:結果:コメント
  • OSのインストール:◎:CD-ROM からの Boot にてインストール。
  • 作成パーティション数:14:ドライブ全領域を使用。
  • ハードドライブ:◎:ファイルのコピー/比較を確認。
  • RAIDドライブの縮退動作:-:運用中にRAID構成のHDDを1つ取外しても、動作継続。
  • RAIDドライブの再構築:-:電源断後にDEADのDISKを交換し、BIOSユーティリティにて再構築。
  • 負荷ランニング:12h:各ドライブ、ネットワークへの連続負荷時間。
  • 再起動:10:繰り返し回数。

構成2

  • 評価項目:結果:コメント
  • OSのインストール:◎:CD-ROM からの Boot にてインストール。
  • 作成パーティション数:14:ドライブ全領域を使用。
  • ハードドライブ:◎:ファイルのコピー/比較を確認。
  • RAIDドライブの縮退動作:◎:運用中にRAID構成のHDDを1つ取外しても、動作継続。
  • RAIDドライブの再構築:◎:電源断後にDEADのDISKを交換し、BIOSユーティリティにて再構築。
  • 負荷ランニング:12h:各ドライブ、ネットワークへの連続負荷時間。
  • 再起動:10:繰り返し回数。

■Xen仮想環境

Xen仮想環境については、こちらも参照してください。

  • 評価項目:結果:コメント
  • 完全仮想ドメインの作成:-(注1):作成・運用したドメイン数。論理CPUを1-2個、Memoryを1-2GB割り当て、ゲストOSとして RHEL4.5 または 5.1 をインストール。
  • 準仮想ドメインの作成:2:作成・運用したドメイン数。論理CPUを1-2個、Memoryを1-2GB割り当て、ゲストOSとして RHEL5.1 をインストール。
  • 仮想ドライブ:◎:ファイルのコピー/比較動作を確認。
  • 仮想ネットワーク:◎:外部ネットワークに対し ssh,ftp が動作する。
  • 負荷ランニング(完全仮想):-(注1):各ドライブ、ネットワークへの連続負荷時間。
  • 負荷ランニング(準仮想):12h:各ドライブ、ネットワークへの連続負荷時間。
  • 再起動 (dom0):10:繰り返し回数。
  • 再起動 (domU):10(注2):繰り返し回数。

注 $footnote1

(注1) 完全仮想環境は、ゲストOS がフリーズする現象が発生しましたので、推奨できません。

(注2) domU の起動・再起動が最初期にキャンセルされる場合があります。

■共通動作確認

  • 評価項目:結果:コメント
  • X Window System の動作:◎:解像度 1024x768、色数 16bit が表示される。インストール直後の設定が適切でない場合は、設定しなおしてください。
  • PS/2 マウス・キーボード:◎:X Window System における動作を確認。
  • 標準LANポート:◎:sshでログインできる、ftpで100MBのファイルが転送できる。
  • 標準LANポート二重化 (bonding):◎:bondingドライバを使用し ssh,ftpが動作する。こちらのページを参照。
  • CPUの認識:◎cat /proc/cpuinfoにて、動作周波数、論理CPU数を確認。
  • メモリの認識:◎cat /proc/meminfoにて総容量を確認。
  • 最大CPU実装:1個:物理CPU個数
  • 最大メモリ実装:4GB:物理メモリ総容量
  • DVD-ROM ドライブ:◎:ファイルのコピー/比較を確認。
  • フロッピードライブ:◎:同上
  • シリアル・ポート:◎(注1):設定を行うことで、コンソール出力が表示され、ログインできる。
  • X Window System の動作:◎:解像度 1024x768、色数 16bit が表示される。インストール直後の設定が適切でない場合は、設定しなおしてください。
  • PS/2 マウス・キーボード:◎:X Window System における動作を確認。
  • 標準LANポート:○(注1):sshでログインできる、ftpで100MBのファイルが転送できる。
  • 標準LANポート二重化(bonding):◎(注2):bondingドライバを使用し ssh,ftpが動作する。 こちらのページを参照。
  • CPUの認識:◎cat /proc/cpuinfoにて、動作周波数、論理CPU数を確認。
  • メモリの認識:◎:cat /proc/meminfoにて総容量を確認。
  • 最大CPU実装:1個:物理CPU個数
  • 最大メモリ実装:4GB:物理メモリ総容量
  • DVD-ROM ドライブ:◎:ファイルのコピー/比較動作を確認。
  • フロッピードライブ:◎:同上
  • シリアル・ポート:◎(注3):設定を行うことで、コンソール出力が表示され、ログインできる。

(注1) OS標準の LAN ドライバをアップデートすることを推奨します。ここでは、e1000-7.6.9.tar.gz を使用しました。こちらを参照してください。

(注2) Xen仮想環境では対応していません。

(注3) シリアルポートは ttyS1 となります。

■ハードウェア増設

  • 型番:機器名称:結果:コメント
  • N8102-281:512MB増設メモリボード:◎
  • N8102-282:2GB増設メモリボード(1GB x2):◎
  • N8102-283:4GB増設メモリボード(2GB x2):◎
  • N8150-219:増設用36.3GB HDD (SAS,10000rpm):◎
  • N8150-240:増設用36.3GB HDD (SAS,15000rpm):◎
  • N8150-220:増設用73.2GB HDD (SAS,10000rpm):◎
  • N8150-241:増設用73.2GB HDD (SAS,15000rpm):◎
  • N8150-228:増設用146.5GB HDD(SAS,10000rpm):◎
  • N8116-12:ライザカード(PCI EXPRESS(x8)スロットx1):◎
  • N8103-104:SASコントローラ:◎
  • N8103-105:ディスクアレイコントローラ:◎
  • N8160-64:外付DVD-ROM(USB接続):◎
  • N8160-74:外付FDD (USB接続):◎
  • N8160-75:外付MO(USB)(128MB/230MB/640MB/1.30GB):◎
  • N8160-73:外付DAT(USB):◎

■バックアップ装置

外付DAT(USB)N8160-73 を接続した本体装置の動作確認です。

ハードウェア構成

  • 接続:型番:機器名称:使用ドライバ:Version
  • 接続1:-:オンボード USBコントローラ (USB2.0):-:-

動作確認

接続1

  • 評価項目:結果:コメント
  • バックアップ、リストア:◎:tar コマンドの簡易動作。
  • 再起動:5:繰り返し回数。

ユーザーコメント欄(コメントを書く

Express5800 i110Rc-1h は Red Hat の Hardware Catalog 上でも Certified Hardware になっているようです。

https://hardware.redhat.com/show.cgi?id=325991

ディストリビューション動作確認情報トップ