注目トピック

Wikiガイド

最近の更新

2018-08-20
2013-10-30
2013-02-06
2011-06-22
2010-08-13
2009-03-27
2008-11-14
2008-11-13
2008-10-01
2008-09-19

ディストリビューション動作確認情報トップ

Express5800 増設LANボード/バックアップ装置

対象ディストリビューション:Red Hat Enterprise Linux 5 (x86/x86_64)

本ページの内容は、限られた評価環境における検証結果に基づいた動作確認情報です。 ページ内の情報をご活用いただく前に予め「ご利用にあたっての注意事項」をご覧ください。

記号の意味

◎…当該ディストリビューションで動作可能
○…当該ディストリビューションに最新ドライバ等を適用し動作可能
×…動作不可
-…未サポート

■増設LANボード

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8104-86:100BASE-TX 接続ボード(2ch):◎:ssh でログインできる、ftp で100MBのファイルが転送できる。bonding ドライバにて二重化し ssh, ftpができる。こちらを参照。
  • N8104-111:100BASE-TX 接続ボード: :同上
  • N8104-112:1000BASE-SX 接続ボード: :同上
  • N8104-113:1000BASE-T 接続ボード(2ch): :同上
  • N8104-114:1000BASE-T 接続ボード(PCIe):-:同上
  • N8104-115:1000BASE-T 接続ボード(LowPro): :同上
  • N8104-119:1000BASE-T 接続ボード:◎
  • N8104-120:1000BASE-T 接続ボード(LowPro):◎:同上
  • N8104-121:1000BASE-T 接続ボード(2ch):◎:同上
  • N8104-122:1000BASE-T 接続ボード(2ch LowPro):◎:同上
  • N8403-017:1000BASE-T 接続ボード(2ch):◎:同上
  • N8403-020:1000BASE-T 接続ボード(4ch):◎:同上

■バックアップ装置

ハードウェア構成

  • 接続:型番:機器名称:使用ドライバ
  • 接続1:N8103-75:増設ボード SCSIコントローラ (PCI-X, U320):aic79xx
  • 接続2:N8103-95:増設ボード SCSIコントローラ (Ultra160):aic7xxx
  • 接続3:(USBコネクタ):標準USBコントローラ:-

動作確認

デバイス増設ユニット

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8141-38:デバイス増設ユニット(ラックマウント用):◎:内蔵バックアップ装置を収納。
  • N8141-40:デバイス増設ユニット(ラックマウント用):◎:同上
  • N8160-71:外付テープボックス:◎:同上
  • N8141-28A:デバイス増設ユニット(ラックマウント用):◎:同上
  • N8141-28B:デバイス増設ユニット(ラックマウント用):◎:同上

テープドライブ

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8151-51A:内蔵DAT (DDS3/4/DAT72, 36GB):◎:tarコマンドの簡易動作。
  • N8151-54A:内蔵AIT:◎
  • N8151-55A:内蔵AIT: :
  • N8151-58:内蔵LTO: :
  • N8151-59:内蔵LTO (LTO2, 200GB):◎
  • N8151-65A:内蔵AIT (AIT3Ex):◎
  • N8151-69:内蔵DAT (USB接続タイプ):◎
  • N8160-73:外付DAT (DAT72, 36GB USB接続タイプ):◎
  • N8151-75:内蔵AIT:◎
  • N8151-76:内蔵LTO:◎
  • N8560-22:外付DAT(DDS1/2/3/4, 20GB):◎
  • N8151-60A:内蔵AIT (IDE版AIT1 Turbo, 40GB):-
  • N8151-61A:内蔵AIT (IDE版AIT2 Turbo, 80GB):-
  • N8151-45(F):内蔵DAT (DDS1/2/3/4, 20GB):◎
  • N8151-65:内蔵AIT (AIT-3Ex, 150GB): :
  • N8151-34B:内蔵AIT (AIT-1A, 35GB): :
  • N8151-37:内蔵LTO (LTO, 100GB): :
  • N8151-40(F):内蔵LTO (LTO, 100GB): :
  • N8151-41A(F):内蔵AIT (AIT-3, 100GB): :
  • N8151-41B:内蔵AIT (AIT-3V, 100GB): :
  • N8151-46A:内蔵AIT (AIT-2, 50GB):◎
  • N8151-49(F):内蔵LTO (LTO2, 200GB):◎
  • N8151-51:内蔵DAT (DDS3/4/DAT72, 36GB): :
  • N8151-54:内蔵AIT (AIT-2 Turbo, 80GB):◎
  • N8151-55:内蔵AIT (AIT-1 Turbo, 40GB): :

テープライブラリ

  • 型番:機器名称:結果:評価概要
  • N8151-68:内蔵DAT集合型 (AIT3Ex, 150GB x16):◎:tarコマンドの簡易動作。(注1)
  • N8160-60A:外付LTO集合型 (ラックマウント用): :同上
  • N8160-67:外付AIT集合型 (AIT3Ex, ラックマウント用(1U) 150GB x8): :同上
  • N8160-70:外付AIT集合型 (AIT-2Turbo, 80GBx8): :同上
  • N8160-76:LTO集合型 (ラックマウント用):×(注2):同上
  • N8160-77:AIT集合型 (ラックマウント用):◎:同上
  • N8160-78/79:AITライブラリ (ラックマウント用) / 増設ドライブ:◎:同上
  • N8151-29:内蔵AIT集合型: :同上
  • N8151-39:内蔵DAT集合型 (DDS1/2/3/4, 20GB x8):◎:同上
  • N8160-56:外付AIT集合型(AIT2, 50GB): :同上
  • N8160-60:外付LTO集合型 (LTO3, 400GB x10): :同上

脚注

(注1) 集合テープ装置などでマルチLUNが認識されず、mtxコマンドでチェンジャーの操作ができない場合、以下の設定を行います。

  1. 次のコマンドで、カーネルバージョンを確認します。
    以降の手順に現れるカーネルバージョンはここで得られるものに合わせてください。
    # uname -r
    
    (例「2.6.9-34.ELsmp 」などと表示されます。)
  2. /etc/modprobe.conf を編集し、次の行を追記します。
    options scsi_mod max_luns=2
    
  3. 次のコマンドで、initrdイメージを再作成します。(例「2.6.9-34.ELsmp 」の場合)
    mkinitrd -f /boot/initrd-2.6.9-34.ELsmp.img 2.6.9-34.ELsmp
    
  4. 再起動します。

(注2) mtx コマンドにて unload が出来ません。