注目トピック

Wikiガイド

最近の更新

2018-08-20
2013-10-30
2013-02-06
2011-06-22
2010-08-13
2009-03-27
2008-11-14
2008-11-13
2008-10-01
2008-09-19

iモデル製品情報トップ I120Ra_e1_small.jpg

Express5800/i120Ra-e1

製品概要

低電圧版Xeon® プロセッサー搭載。SATA/SASハードディスクに対応したデータセンターに最適な低消費電力2way/1Uラックマウントサーバ。

■特長

  • 低消費電力の実現
    低電力パーツの積極的な採用、製品部材の最適化を行い、従来低電圧製品に比べて待機時約40%、高負荷時約20%の低電力化を実現。これにより、1ラックあたりの搭載台数の増加、1台あたり年間1万5千円以上の電気代の節約を可能にします。
  • 設置環境の最適化
    1ラックあたりのサーバ搭載量の拡大によりロケーションコストを削減。更には低消費電力設計による消費電力(年間3.5万円*)や、CO2排出量(年間1.3トン*)の削減など、ラック設置環境の最適化を実現します。
    • :<算出条件> 消費電力:各モデル諸元に基づく 年間電力量=消費電力×24時間×365日/1000 キロ換算、24時間365日稼働と仮定 年間電気代=年間電力量×11.25円 1kWh=11.25円(業務用電力料金平均金額) CO2排出係数=0.41kg-Co2/kWh(全国電力会社の平均値) <比較条件> 1台あたりの、Xeon® プロセッサー搭載のi120Rg-1(1.60GHz)と、i120Ra-e1(3GHz)を比較した場合。 ※搭載台数は、各製品の高負荷時の消費電力をもとに算出。44Uラックあたりの電力は、30A×2=60Aと仮定。
  • 設置のしやすさを考慮した工具不要のワンタッチラックレール採用
    ラックレール設置(レール設置→ネジ固定)を約1/10の時間でワンタッチ設置できる「ワンタッチラックレール」を標準搭載。
  • 設置性の最適化
    搭載台数、ロケーションコストの最適化を促進するため、筐体の奥行きサイズを19%短縮、質量の33%軽量化を実施。
  • 前面へのグラフィックスポート、USBポート設置
    製品前面に、ステータスランプに加えてグラフィックスポートと2つのUSB2.0ポートを装備。設置されているサーバに直接ディスプレイやキーボード、マウスを接続し、動作確認を実施するなどの場面においても、容易に接続や取り外しが可能。
  • メモやお客様名、ID記入用途用「スライドタグ」設置
    お客様の声を設計に反映し、前面にお客様管理用やメモスペースなどに活用できるNECならではの「スライドタグ」を標準装備。
  • 充実したリモート管理ツール
    OSの動作状態や電源ON/OFF状態に依存せず、遠隔地より各種ハードウェアコンポーネントの監視やサーバの操作が実現可能な「EXPRESSSCOPE®エンジン」を標準搭載。サーバ運用管理を強力にバックアップします。

スペック詳細

i120Ra-e1 N8100-1453Y

  • 型番:N8100-1453Y
  • CPU:デュアルコア インテル® Xeon®プロセッサー低電圧版L5240
    • クロック周波数:3GHz
    • 二次キャッシュ:6MB
    • 搭載可能CPU数(標準搭載数):2(1)
    • インテル® 64:対応
    • 拡張版インテル SpeedStep®テクノロジー:対応
    • インテル® バーチャライゼーションテクノロジー:対応
  • チップセット:インテル® 5100(1333 MHz)
  • メモリ:ECC付き DDR2-667 SDRAM DIMM、x4 SDDC、オンラインスペアメモリ機能
    • 容量
      • 標準:1GB(512MB×2)
      • 最大:24GB(4GB×6)*1 *2
  • 補助記憶装置
    • 内蔵HDD
      • 標準:-
      • 内蔵最大
        • 3.5インチHDD
          • SATA:2.25TB(750GB×3)*3
          • SAS*4:900GB(300GB×3)
      • ホットプラグ:対応
      • ディスクコントローラ:SATA(SASはオプション*4
    • RAID対応
      • SATA:RAID 0/1(標準)*5、RAID 0/1/5(オプション*4
      • SAS:RAID 0/1/5(オプション*4
    • 光ディスクドライブ:オプション*6:外付DVD-ROM装置(DVD:最大6倍速,CD:最大20倍速)
    • FDD:オプション*6:外付FDD(2モード対応, USB接続)
  • 拡張スロット
    • ディスクベイ[空き]:3.5インチHDD:3[3]
    • 標準実装
      • ロープロファイル:PCI EXPRESS(×4):1[1](×8ソケット)
      • フルハイト:PCI EXPRESS(×8):1[1]
    • オプションライザ実装
      • ロープロファイル:PCI EXPRESS(×8):1[1]
      • フルハイト:64bit/100MHz PCI-X:1[1]
  • 表示機能
    • グラフィックスアクセラレータ:チップセット内蔵
    • ビデオRAM:8MB
    • グラフィック表示:640×480(最大1,677万色)、800×600(最大1,677万色)、1,024×768(最大1,677万色)、1,280×1,024(最大1,677万色)
  • 標準インタフェース:キーボード(ミニDIN6ピン)×1、マウス(ミニDIN6ピン)×1、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)×2(前面×1、背面×1)、RS-232C規格準拠シリアルポート(背面×1D-Sub9ピン)×1、USB2.0×6(前面×2、背面×2、内部×2)、1000BASE-T(100BASE-TX/10BASE-T対応)LANコネクタ(RJ-45)×2、マネジメント用LAN(100BASE-TX/10BASE-T)コネクタ(RJ-45)×1
  • 冗長電源:-
  • 冗長ファン:-
  • 外形寸法(W×D×Hmm):428×579×43(突起物含まず)、481×615×43(突起物含む)
  • 質量(最大):10.8kg(14.4kg)
  • 電源:二極並行アース付きコンセント×1(AC100V±10%,50/60Hz±1Hz、またはAC200V±10%,50/60Hz±1Hz)*7
  • 最大構成消費電力:313VA/300W
  • 最大構成消費電力(待機時):213VA/206W
  • 省エネ法に基づくエネルギー消費効率:0.0025(c区分)
  • 温度/湿度条件
    • 動作時:10~35℃ / 20~80%(ただし結露しないこと)
    • 保管時:-10~55℃ / 20~80%(ただし結露しないこと)*8
  • インストールOS:-
  • 主な添付品:EXPRESSBUILDER(ESMPRO/ServerManager(Windows版)、ESMPRO/ServerAgentDianaScopeExpressPicnic、ユーザーズガイド(電子マニュアル)*9 含む)、スタートアップガイド、保証書、電源ケーブル(AC100V対応) *7、ワンタッチラックレール
  • 無償保証内容:3年オンサイト保守サービス(月~金, 9:00~18:00, 翌営業日対応*10)、3年パーツ保証
  • サポートOS
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition(SP1以降)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition(SP1以降)
    • Microsoft Windows Server 2003 R2, Standard Edition
    • Microsoft Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition
    • Microsoft Windows Server 2003 R2, Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003 R2, Enterprise x64 Edition
    • Red Hat Enterprise Linux ES4.6以降(x86)*11
    • Red Hat Enterprise Linux ES4.6以降(EM64T)*11
  • 動作確認OS*12
    • Red Hat Enterprise Linux ES/AS 4.6
    • Red Hat Enterprise Linux ES/AS 4.6 (EM64T)
    • Fedora 7、Fedora 7 (EM64T)
    • Fedora 8、Fedora 8 (EM64T)
    • CentOS4.6、CentOS4.6 (EM64T)
    • FreeBSD 6.3、FreeBSD 7.0
    • Debian GNU/Linux 4.0
    • SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1
    • SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1 (EM64T)
    • Vine Linux 4.2

i120Ra-e1 N8100-1452Y

  • 型番:N8100-1452Y
  • CPU:クアッドコア インテル® Xeon®プロセッサー低電圧版L5410
    • クロック周波数:2.33GHz
    • 二次キャッシュ:2×6MB
  • 最大構成消費電力:341VA/335W
  • 最大構成消費電力(待機時):214VA/207W
  • 省エネ法に基づくエネルギー消費効率:0.0017(c区分)

※他の項目は「N8100-1453Y」に準じる

脚注

*1:標準実装されているメモリを取り外した場合。
*2:8GB増設メモリボードは容量の異なるメモリボード(標準搭載含む)と混載できません。
*3:総論理容量が2TB以上の場合、工場出荷時は論理容量2TBを上限とした論理ドライブを作成します。残りの容量については、別途RAIDコントローラのユーティリティで論理ドライブを作成してください。
*4:オプションのRAIDコントローラを接続した場合。 *5:LinuxOSについてはオンボードディスクアレイ機能は未対応となります。
*6:保守時およびOS再インストール時に備えて、外付DVD-ROMならびに外付FDD(USB接続)をシステムで最低1式は必ず手配して下さい。
*7:AC100V対応のACケーブルを1本標準添付。AC200V環境で使用時には別途200V対応のACケーブル[K410-108(05)]の手配が必要。
*8:低温または高温で保管した場合、システム時計の時刻が現在時刻から大きくずれる場合があります。なおシステム時計に高い精度が求められる場合には、タイムサーバ(NTPサーバ)の運用を推奨します。
*9:ユーザーズガイド(ペーパーマニュアル)は別売。
*10:国民の祝日及び年末年始等のNEC指定日を除く。
*11:サポートサービスの提供をうけるにはNECよりLinuxサービスセットLiteの購入が必要です。同一メジャーバージョン内での対応となります。
*12:BTOインストール不可。最新の動作確認情報は、「8番街の"iモデル"のページ」を参照願います。なお、動作確認のみとなっておりますので、記載OSでの動作を保証するものではありません。

※ハードディスクの容量表記は1GB=10003B、1TB=10004B換算値です。1GB=10243B、1TB=10244B換算のものとは表記上同容量でも、実容量は少なくなります。

※サポートOS毎に依存するスペック制限および接続制限などについてはシステム構成図およびOS対応表を参照願います。

※Windows Server 2003をインストールする際はService Pack 1適用済み媒体を使用してください。

iモデル製品情報トップ