• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

nkf: Commit

nkfのGitリポジトリです。


Commit MetaInfo

Revision2a2f2c5f45000bc2446edf4ae758d52360857766 (tree)
Time2013-11-22 14:14:37
AuthorNARUSE, Yui <naruse@user...>
CommiterNARUSE, Yui

Log Message

Release 2.1.3

Change Summary

Incremental Difference

--- a/Changes
+++ b/Changes
@@ -522,3 +522,15 @@ CP50220
522522 .SS nkf 2.1.2
523523
524524 Q-encoded UTF-8 のデコードが壊れていたのを修正 [nkf-bug:55125]
525+
526+.SS nkf 2.1.3
527+
528+NKF_python をマージした
529+http://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=248&tid=27841
530+
531+guess オプションの強化
532+http://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=248&tid=26325
533+http://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=248&tid=26325
534+
535+その他バグの修正
536+http://sourceforge.jp/projects/nkf/scm/git/nkf/
--- a/Makefile
+++ b/Makefile
@@ -5,7 +5,7 @@ SHAR = shar
55 # SHAR = shar -T
66 PERL = perl
77 RM = rm -rf
8-VERSION = 2.1.2
8+VERSION = 2.1.3
99 MKDIR = mkdir
1010 prefix = /usr/local
1111 PYTHON2 = python
--- a/NKF.mod/NKF.pm
+++ b/NKF.mod/NKF.pm
@@ -35,7 +35,7 @@ require DynaLoader;
3535 @EXPORT = qw(
3636 nkf nkf_continue inputcode
3737 );
38-$VERSION = '2.12';
38+$VERSION = '2.13';
3939
4040 bootstrap NKF $VERSION;
4141
@@ -499,7 +499,7 @@ Ignore rest of -option.
499499
500500 Copyright (c) 1987, Fujitsu LTD. (Itaru ICHIKAWA).
501501
502-Copyright (c) 1996-2010, The nkf Project.
502+Copyright (c) 1996-2013, The nkf Project.
503503
504504 =begin
505505
--- a/dll.rc
+++ b/dll.rc
@@ -1,8 +1,8 @@
11 #include <windows.h>
22
33 1 VERSIONINFO
4-FILEVERSION 2,1,2,0
5-PRODUCTVERSION 2,1,2,0
4+FILEVERSION 2,1,3,0
5+PRODUCTVERSION 2,1,3,0
66 FILEFLAGSMASK 0x3fL
77 #ifdef _DEBUG
88 FILEFLAGS 0x1L
@@ -19,12 +19,12 @@ FILESUBTYPE 0x0L
1919 {
2020 VALUE "CompanyName", "project nkf\0"
2121 VALUE "FileDescription", "Network Kanji Filter\0"
22- VALUE "FileVersion", "2.1.2.0 1\0"
22+ VALUE "FileVersion", "2.1.3.0 1\0"
2323 VALUE "InternalName", "nkf32\0"
2424 VALUE "LegalCopyright", "Copyright (C) 1987, Fujitsu LTD. (Itaru ICHIKAWA); Copyright (C) 2003-2004 T.kaneto\0"
2525 VALUE "OriginalFilename", "nkf32.c\0"
2626 VALUE "ProductName", "nkf32.dll\0"
27- VALUE "ProductVersion", "2.1.2.0 1\0"
27+ VALUE "ProductVersion", "2.1.3.0 1\0"
2828 }
2929 }
3030 BLOCK "VarFileInfo"
--- a/man/make_doc.sh
+++ b/man/make_doc.sh
@@ -1,5 +1,5 @@
11 current=`pwd`
2-self_dir=`echo $0 | sed -e's/\/[^\/]*$//`
2+self_dir=`echo $0 | sed -e's/\/[^\/]*$//'`
33 if [ -d $self_dir ]
44 then
55 echo cd $self_dir
--- a/man/nkf.1.pm
+++ b/man/nkf.1.pm
@@ -35,7 +35,7 @@ require DynaLoader;
3535 @EXPORT = qw(
3636 nkf nkf_continue inputcode
3737 );
38-$VERSION = '2.12';
38+$VERSION = '2.13';
3939
4040 bootstrap NKF $VERSION;
4141
@@ -475,7 +475,7 @@ Ignore rest of -option.
475475
476476 Copyright (c) 1987, Fujitsu LTD. (Itaru ICHIKAWA).
477477
478-Copyright (c) 1996-2010, The nkf Project.
478+Copyright (c) 1996-2013, The nkf Project.
479479
480480
481481 =cut
--- a/man/nkf.1j.pm
+++ b/man/nkf.1j.pm
@@ -727,6 +727,6 @@ http://sourceforge.jp/projects/nkf/
727727
728728 Copyright (C) 1987, FUJITSU LTD. (I.Ichikawa).
729729
730-Copyright (C) 1996-2009, The nkf Project.
730+Copyright (C) 1996-2013, The nkf Project.
731731
732732 =cut
--- a/nkf.1
+++ b/nkf.1
@@ -1,15 +1,7 @@
1-.\" Automatically generated by Pod::Man v1.37, Pod::Parser v1.37
1+.\" Automatically generated by Pod::Man 2.25 (Pod::Simple 3.16)
22 .\"
33 .\" Standard preamble:
44 .\" ========================================================================
5-.de Sh \" Subsection heading
6-.br
7-.if t .Sp
8-.ne 5
9-.PP
10-\fB\\$1\fR
11-.PP
12-..
135 .de Sp \" Vertical space (when we can't use .PP)
146 .if t .sp .5v
157 .if n .sp
@@ -25,11 +17,11 @@
2517 ..
2618 .\" Set up some character translations and predefined strings. \*(-- will
2719 .\" give an unbreakable dash, \*(PI will give pi, \*(L" will give a left
28-.\" double quote, and \*(R" will give a right double quote. | will give a
29-.\" real vertical bar. \*(C+ will give a nicer C++. Capital omega is used to
30-.\" do unbreakable dashes and therefore won't be available. \*(C` and \*(C'
31-.\" expand to `' in nroff, nothing in troff, for use with C<>.
32-.tr \(*W-|\(bv\*(Tr
20+.\" double quote, and \*(R" will give a right double quote. \*(C+ will
21+.\" give a nicer C++. Capital omega is used to do unbreakable dashes and
22+.\" therefore won't be available. \*(C` and \*(C' expand to `' in nroff,
23+.\" nothing in troff, for use with C<>.
24+.tr \(*W-
3325 .ds C+ C\v'-.1v'\h'-1p'\s-2+\h'-1p'+\s0\v'.1v'\h'-1p'
3426 .ie n \{\
3527 . ds -- \(*W-
@@ -48,22 +40,25 @@
4840 . ds R" ''
4941 'br\}
5042 .\"
43+.\" Escape single quotes in literal strings from groff's Unicode transform.
44+.ie \n(.g .ds Aq \(aq
45+.el .ds Aq '
46+.\"
5147 .\" If the F register is turned on, we'll generate index entries on stderr for
52-.\" titles (.TH), headers (.SH), subsections (.Sh), items (.Ip), and index
48+.\" titles (.TH), headers (.SH), subsections (.SS), items (.Ip), and index
5349 .\" entries marked with X<> in POD. Of course, you'll have to process the
5450 .\" output yourself in some meaningful fashion.
55-.if \nF \{\
51+.ie \nF \{\
5652 . de IX
5753 . tm Index:\\$1\t\\n%\t"\\$2"
5854 ..
5955 . nr % 0
6056 . rr F
6157 .\}
62-.\"
63-.\" For nroff, turn off justification. Always turn off hyphenation; it makes
64-.\" way too many mistakes in technical documents.
65-.hy 0
66-.if n .na
58+.el \{\
59+. de IX
60+..
61+.\}
6762 .\"
6863 .\" Accent mark definitions (@(#)ms.acc 1.5 88/02/08 SMI; from UCB 4.2).
6964 .\" Fear. Run. Save yourself. No user-serviceable parts.
@@ -129,7 +124,11 @@
129124 .\" ========================================================================
130125 .\"
131126 .IX Title "nkf 1"
132-.TH nkf 1 "2011-09-08" "nkf 2.1.2" " "
127+.TH nkf 1 "2013-11-22" "nkf 2.1.3" " "
128+.\" For nroff, turn off justification. Always turn off hyphenation; it makes
129+.\" way too many mistakes in technical documents.
130+.if n .ad l
131+.nh
133132 .SH "NAME"
134133 nkf \- Network Kanji Filter
135134 .SH "SYNOPSIS"
@@ -139,10 +138,10 @@ nkf \fB[\-butjnesliohrTVvwWJESZxXFfmMBOcdILg]\fR \fB[\fR\fIfile ...\fR\fB]\fR
139138 .IX Header "DESCRIPTION"
140139 \&\fBNkf\fR is a yet another kanji code converter among networks, hosts and terminals.
141140 It converts input kanji code to designated kanji code
142-such as \s-1ISO\-2022\-JP\s0, Shift_JIS, \s-1EUC\-JP\s0, \s-1UTF\-8\s0, \s-1UTF\-16\s0 or \s-1UTF\-32\s0.
141+such as \s-1ISO\-2022\-JP\s0, Shift_JIS, EUC-JP, \s-1UTF\-8\s0, \s-1UTF\-16\s0 or \s-1UTF\-32\s0.
143142 .PP
144143 One of the most unique faculty of \fBnkf\fR is the guess of the input kanji encodings.
145-It currently recognizes \s-1ISO\-2022\-JP\s0, Shift_JIS, \s-1EUC\-JP\s0, \s-1UTF\-8\s0, \s-1UTF\-16\s0 and \s-1UTF\-32\s0.
144+It currently recognizes \s-1ISO\-2022\-JP\s0, Shift_JIS, EUC-JP, \s-1UTF\-8\s0, \s-1UTF\-16\s0 and \s-1UTF\-32\s0.
146145 So users needn't set the input kanji code explicitly.
147146 .PP
148147 By default, X0201 kana is converted into X0208 kana.
@@ -167,7 +166,7 @@ EUC-JP is recognized as X0201 kana. Without \fB\-x\fR flag,
167166 If you use Windows, see Windows\-31J (\s-1CP932\s0).
168167 .IP "\fB\-E\fR" 4
169168 .IX Item "-E"
170-\&\s-1EUC\-JP\s0.
169+EUC-JP.
171170 .IP "\fB\-W\fR" 4
172171 .IX Item "-W"
173172 \&\s-1UTF\-8N\s0.
@@ -228,7 +227,7 @@ Katakana to Hiragana and Hiragana to Katakana conversion.
228227 .RE
229228 .IP "\fB\-T\fR" 4
230229 .IX Item "-T"
231-Text mode output (\s-1MS\-DOS\s0)
230+Text mode output (MS-DOS)
232231 .IP "\fB\-f[\f(BIm\fB [\- \f(BIn\fB]]\fR" 4
233232 .IX Item "-f[m [- n]]"
234233 Folding on \fIm\fR length with \fIn\fR margin in a line.
@@ -286,7 +285,7 @@ To see \s-1ISO8859\-1\s0 (Latin\-1) \-l is necessary.
286285 .IP "\fB\-mB\fR" 4
287286 .IX Item "-mB"
288287 Decode \s-1MIME\s0 base64 encoded stream. Remove header or other part before
289-conversion.
288+conversion.
290289 .IP "\fB\-mQ\fR" 4
291290 .IX Item "-mQ"
292291 Decode \s-1MIME\s0 quoted stream. '_' in quoted stream is converted to space.
@@ -353,7 +352,7 @@ Set the input or output codeset.
353352 .IP "\s-1ISO\-2022\-JP\s0" 4
354353 .IX Item "ISO-2022-JP"
355354 a.k.a. \s-1RFC1468\s0, 7bit \s-1JIS\s0, \s-1JUNET\s0
356-.IP "EUC-JP (eucJP\-nkf)" 4
355+.IP "EUC-JP (eucJP-nkf)" 4
357356 .IX Item "EUC-JP (eucJP-nkf)"
358357 a.k.a. \s-1AT&T\s0 \s-1JIS\s0, Japanese \s-1EUC\s0, \s-1UJIS\s0
359358 .IP "eucJP-ascii" 4
@@ -364,7 +363,7 @@ a.k.a. \s-1AT&T\s0 \s-1JIS\s0, Japanese \s-1EUC\s0, \s-1UJIS\s0
364363 .IP "\s-1CP51932\s0" 4
365364 .IX Item "CP51932"
366365 .PD
367-Microsoft Version of \s-1EUC\-JP\s0.
366+Microsoft Version of EUC-JP.
368367 .IP "Shift_JIS" 4
369368 .IX Item "Shift_JIS"
370369 a.k.a. \s-1SJIS\s0, MS_Kanji
@@ -467,4 +466,4 @@ Ignore rest of \-option.
467466 .IX Header "AUTHOR"
468467 Copyright (c) 1987, Fujitsu \s-1LTD\s0. (Itaru \s-1ICHIKAWA\s0).
469468 .PP
470-Copyright (c) 1996\-2010, The nkf Project.
469+Copyright (c) 1996\-2013, The nkf Project.
--- a/nkf.1j
+++ b/nkf.1j
@@ -1,15 +1,7 @@
1-.\" Automatically generated by Pod::Man v1.37, Pod::Parser v1.37
1+.\" Automatically generated by Pod::Man 2.25 (Pod::Simple 3.16)
22 .\"
33 .\" Standard preamble:
44 .\" ========================================================================
5-.de Sh \" Subsection heading
6-.br
7-.if t .Sp
8-.ne 5
9-.PP
10-\fB\\$1\fR
11-.PP
12-..
135 .de Sp \" Vertical space (when we can't use .PP)
146 .if t .sp .5v
157 .if n .sp
@@ -25,11 +17,11 @@
2517 ..
2618 .\" Set up some character translations and predefined strings. \*(-- will
2719 .\" give an unbreakable dash, \*(PI will give pi, \*(L" will give a left
28-.\" double quote, and \*(R" will give a right double quote. | will give a
29-.\" real vertical bar. \*(C+ will give a nicer C++. Capital omega is used to
30-.\" do unbreakable dashes and therefore won't be available. \*(C` and \*(C'
31-.\" expand to `' in nroff, nothing in troff, for use with C<>.
32-.tr \(*W-|\(bv\*(Tr
20+.\" double quote, and \*(R" will give a right double quote. \*(C+ will
21+.\" give a nicer C++. Capital omega is used to do unbreakable dashes and
22+.\" therefore won't be available. \*(C` and \*(C' expand to `' in nroff,
23+.\" nothing in troff, for use with C<>.
24+.tr \(*W-
3325 .ds C+ C\v'-.1v'\h'-1p'\s-2+\h'-1p'+\s0\v'.1v'\h'-1p'
3426 .ie n \{\
3527 . ds -- \(*W-
@@ -48,22 +40,25 @@
4840 . ds R" ''
4941 'br\}
5042 .\"
43+.\" Escape single quotes in literal strings from groff's Unicode transform.
44+.ie \n(.g .ds Aq \(aq
45+.el .ds Aq '
46+.\"
5147 .\" If the F register is turned on, we'll generate index entries on stderr for
52-.\" titles (.TH), headers (.SH), subsections (.Sh), items (.Ip), and index
48+.\" titles (.TH), headers (.SH), subsections (.SS), items (.Ip), and index
5349 .\" entries marked with X<> in POD. Of course, you'll have to process the
5450 .\" output yourself in some meaningful fashion.
55-.if \nF \{\
51+.ie \nF \{\
5652 . de IX
5753 . tm Index:\\$1\t\\n%\t"\\$2"
5854 ..
5955 . nr % 0
6056 . rr F
6157 .\}
62-.\"
63-.\" For nroff, turn off justification. Always turn off hyphenation; it makes
64-.\" way too many mistakes in technical documents.
65-.hy 0
66-.if n .na
58+.el \{\
59+. de IX
60+..
61+.\}
6762 .\"
6863 .\" Accent mark definitions (@(#)ms.acc 1.5 88/02/08 SMI; from UCB 4.2).
6964 .\" Fear. Run. Save yourself. No user-serviceable parts.
@@ -129,253 +124,257 @@
129124 .\" ========================================================================
130125 .\"
131126 .IX Title "nkf 1"
132-.TH nkf 1 "2009-06-26" "nkf 2.1.2" " "
127+.TH nkf 1 "2013-11-22" "nkf 2.1.3" " "
128+.\" For nroff, turn off justification. Always turn off hyphenation; it makes
129+.\" way too many mistakes in technical documents.
130+.if n .ad l
131+.nh
133132 .SH "NAME"
134-nkf \- ネットワーク用漢字コード変換フィルタ
133+nkf \- XXXXXXXXXXXXXXXXXX
135134 .SH "SYNOPSIS"
136135 .IX Header "SYNOPSIS"
137136 nkf \fB[\-butjnesliohrTVvwWJESZxXFfmMBOcdILg]\fR \fB[\fR\fIfile ...\fR\fB]\fR
138137 .SH "DESCRIPTION"
139138 .IX Header "DESCRIPTION"
140-\&\fBnkf\fR はネットワークでメールやニュースの読み書きをするために作られた、漢字コードの変換フィルタである。
139+\&\fBnkf\fR \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
141140 .PP
142-この\fBnkf\fRの特徴としては、入力漢字コード系の統計的な自動認識機能がある。
143-このため、利用者は、入力漢字コード系が何であるかを知らなくても、出力漢字コード系のみ指定すれば良いことになる。
144-ただ、この判定機構は、理論的には完全ではないが、通常のニュースやメールのメッセージについては確実に動作する安全なものにはなっている。
141+\&\s-1XX\s0\fBnkf\fR\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
142+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
143+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
145144 .PP
146-現在、\fBnkf\fRが認識できる入力の漢字コード系は、いわゆる \s-1JIS\s0 コード (\s-1ISO\-2022\-JP\s0 に基づくもの)、Shift_JIS (\s-1MS\s0 漢字コード)、
147-日本語 \s-1EUC\s0 (\s-1AT&T\s0 コード)、UTF\-8、UTF\-16 のいずれかである。
148-出力する漢字コード系も、これらである。
149-入力は、ファイルを指定しなければ、標準入力となる。
150-出力は標準出力である。
145+\&\s-1XXX\s0\fBnkf\fR\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0 \s-1JIS\s0 \s-1XXX\s0 (\s-1ISO\-2022\-JP\s0 \s-1XXXXXX\s0)XShift_JIS (\s-1MS\s0 \s-1XXXXX\s0)X
146+\&\s-1XXX\s0 \s-1EUC\s0 (\s-1AT&T\s0 \s-1XXX\s0)XUTF\-8XUTF\-16 \s-1XXXXXXXXX\s0
147+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
148+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
149+\&\s-1XXXXXXXXXXX\s0
151150 .SH "OPTIONS"
152151 .IX Header "OPTIONS"
153-指定できるオプションは、以下の通り。
154-\&\fB\-mu\fR のように続けることができる。
152+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
153+\&\fB\-mu\fR \s-1XXXXXXXXXXXXXX\s0
155154 .IP "\fB\-j\fR" 4
156155 .IX Item "-j"
157-\&\s-1JIS\s0 コードを出力する。
156+\&\s-1JIS\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0
158157 .IP "\fB\-e\fR" 4
159158 .IX Item "-e"
160-\&\s-1EUC\s0 コードを出力する。
159+\&\s-1EUC\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0
161160 .IP "\fB\-s\fR" 4
162161 .IX Item "-s"
163-Shift_JIS コードを出力する。
162+Shift_JIS \s-1XXXXXXXXX\s0
164163 .IP "\fB\-w \-w8[0] \-w16[\s-1BL\s0][0]\fR" 4
165164 .IX Item "-w -w8[0] -w16[BL][0]"
166-Unicode を出力する。
165+Unicode \s-1XXXXXX\s0
167166 .RS 4
168167 .IP "\fB\-w \-w80\fR" 4
169168 .IX Item "-w -w80"
170-\&\s-1UTF8\s0 コードを出力する。 (\s-1BOM\s0 無し)
169+\&\s-1UTF8\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0 (\s-1BOM\s0 \s-1XX\s0)
171170 .IP "\fB\-w8\fR" 4
172171 .IX Item "-w8"
173-\&\s-1UTF8\s0 コードを出力する。
172+\&\s-1UTF8\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0
174173 .IP "\fB\-w16 \-w16B0\fR" 4
175174 .IX Item "-w16 -w16B0"
176-\&\s-1UTF16\s0 コードを出力する。 (Big Endian / \s-1BOM\s0 無し)
175+\&\s-1UTF16\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0 (Big Endian / \s-1BOM\s0 \s-1XX\s0)
177176 .IP "\fB\-w16B\fR" 4
178177 .IX Item "-w16B"
179-\&\s-1UTF16\s0 コードを出力する。 (Big Endian / \s-1BOM\s0 有り)
178+\&\s-1UTF16\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0 (Big Endian / \s-1BOM\s0 \s-1XX\s0)
180179 .IP "\fB\-w16L\fR" 4
181180 .IX Item "-w16L"
182-\&\s-1UTF16\s0 コードを出力する。 (Little Endian / \s-1BOM\s0 有り)
181+\&\s-1UTF16\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0 (Little Endian / \s-1BOM\s0 \s-1XX\s0)
183182 .IP "\fB\-w16L0\fR" 4
184183 .IX Item "-w16L0"
185-\&\s-1UTF16\s0 コードを出力する。 (Little Endian / \s-1BOM\s0 無し)
184+\&\s-1UTF16\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0 (Little Endian / \s-1BOM\s0 \s-1XX\s0)
186185 .RE
187186 .RS 4
188187 .RE
189188 .IP "\fB\-m[\s-1BQSN0\s0]\fR" 4
190189 .IX Item "-m[BQSN0]"
191-\&\s-1MIME\s0 を解読する。(デフォルト)
192-\&\s-1ISO\-2022\-JP\s0 (B encode) と \s-1ISO\-8859\-1\s0 (Q encode) のみを解読する。
193-\&\s-1ISO\-8859\-1\s0 (Latin\-1) を解読する時は、\fB\-l\fR フラグも必要である。
194-\&\fB\-m0\fR では \s-1MIME\s0 を解読しない。
195-\&\fB\-mB\fR, \fB\-mQ\fR では、BASE64, Q encode されているものとして処理する。
190+\&\s-1MIME\s0 \s-1XXXXXX\s0(\s-1XXXXX\s0)
191+\&\s-1ISO\-2022\-JP\s0 (B encode) X \s-1ISO\-8859\-1\s0 (Q encode) \s-1XXXXXXXX\s0
192+\&\s-1ISO\-8859\-1\s0 (Latin\-1) \s-1XXXXXXXX\s0\fB\-l\fR \s-1XXXXXXXXXX\s0
193+\&\fB\-m0\fR \s-1XX\s0 \s-1MIME\s0 \s-1XXXXXXX\s0
194+\&\fB\-mB\fR, \fB\-mQ\fR \s-1XXXBASE64\s0, Q encode \s-1XXXXXXXXXXXXXXX\s0
196195 .RS 4
197196 .IP "\fB\-mB\fR" 4
198197 .IX Item "-mB"
199-\&\s-1MIME\s0 base64 stream を解読する。
200-ヘッダなどは取り除くこと。
198+\&\s-1MIME\s0 base64 stream \s-1XXXXXX\s0
199+\&\s-1XXXXXXXXXXXXX\s0
201200 .IP "\fB\-mQ\fR" 4
202201 .IX Item "-mQ"
203-\&\s-1MIME\s0 quoted stream を解読する。
202+\&\s-1MIME\s0 quoted stream \s-1XXXXXX\s0
204203 .IP "\fB\-mS\fR" 4
205204 .IX Item "-mS"
206-\&\s-1MIME\s0 のチェックを厳しくする (デフォルト)
205+\&\s-1MIME\s0 \s-1XXXXXXXXXXX\s0 (\s-1XXXXX\s0)
207206 .IP "\fB\-mN\fR" 4
208207 .IX Item "-mN"
209-\&\s-1MIME\s0 のチェックを緩くする
208+\&\s-1MIME\s0 \s-1XXXXXXXXXX\s0
210209 .IP "\fB\-m0\fR" 4
211210 .IX Item "-m0"
212-\&\s-1MIME\s0 を解読しない。
211+\&\s-1MIME\s0 \s-1XXXXXXX\s0
213212 .RE
214213 .RS 4
215214 .Sp
216-\&\fB\-mS\fR は、宣言の内容と、その後に続く encoded-text の整合性をチェックする。
217-\&\fB\-mN\fR は、改行で切られた \s-1MIME\s0 なども解読する。解読が止まらないこともある。
215+\&\fB\-mS\fR \s-1XXXXXXXXXXXXXXX\s0 encoded-text \s-1XXXXXXXXXXXX\s0
216+\&\fB\-mN\fR \s-1XXXXXXXXX\s0 \s-1MIME\s0 \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
218217 .RE
219218 .IP "\fB\-M[\s-1BQ\s0]\fR" 4
220219 .IX Item "-M[BQ]"
221-\&\s-1MIME\s0 に変換する。
220+\&\s-1MIME\s0 \s-1XXXXXX\s0
222221 .RS 4
223222 .IP "\fB\-M\fR" 4
224223 .IX Item "-M"
225-ヘッダ形式に変換する
224+\&\s-1XXXXXXXXXX\s0
226225 .IP "\fB\-MB\fR" 4
227226 .IX Item "-MB"
228-base64 stream に変換する
227+base64 stream \s-1XXXXX\s0
229228 .IP "\fB\-MQ\fR" 4
230229 .IX Item "-MQ"
231-Quoted stream に変換する
230+Quoted stream \s-1XXXXX\s0
232231 .RE
233232 .RS 4
234233 .RE
235234 .IP "\fB\-J \-E \-S \-W\fR" 4
236235 .IX Item "-J -E -S -W"
237-期待される入力コードの性質を指定する。
236+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
238237 .RS 4
239238 .IP "\fB\-J\fR" 4
240239 .IX Item "-J"
241-\&\s-1ISO\-2022\-JP\s0 を仮定する。
240+\&\s-1ISO\-2022\-JP\s0 \s-1XXXXXX\s0
242241 .IP "\fB\-E\fR" 4
243242 .IX Item "-E"
244-日本語 \s-1EUC\s0 (\s-1AT&T\s0) を仮定する。
243+\&\s-1XXX\s0 \s-1EUC\s0 (\s-1AT&T\s0) \s-1XXXXXX\s0
245244 .IP "\fB\-S\fR" 4
246245 .IX Item "-S"
247-Shift_JIS を仮定する。
248-いわゆる半角カナ (\s-1JIS\s0 X 0201 片仮名) も受け入れる。
246+Shift_JIS \s-1XXXXXX\s0
247+\&\s-1XXXXXXXX\s0 (\s-1JIS\s0 X 0201 \s-1XXX\s0) \s-1XXXXXXX\s0
249248 .IP "\fB\-W\fR" 4
250249 .IX Item "-W"
251-\&\s-1UTF\-8\s0 を仮定する。
250+\&\s-1UTF\-8\s0 \s-1XXXXXX\s0
252251 .IP "\fB\-W8\fR" 4
253252 .IX Item "-W8"
254-\&\s-1UTF\-8\s0 を仮定する。
253+\&\s-1UTF\-8\s0 \s-1XXXXXX\s0
255254 .IP "\fB\-W16\fR" 4
256255 .IX Item "-W16"
257-\&\s-1UTF\-16\s0 (Little Endian)を仮定する。
256+\&\s-1UTF\-16\s0 (Little Endian)XXXXXX
258257 .IP "\fB\-W16B\fR" 4
259258 .IX Item "-W16B"
260-\&\s-1UTF\-16\s0 (Big Endian)を仮定する。
259+\&\s-1UTF\-16\s0 (Big Endian)XXXXXX
261260 .IP "\fB\-W16L\fR" 4
262261 .IX Item "-W16L"
263-\&\s-1UTF\-16\s0 (Little Endian)を仮定する。
262+\&\s-1UTF\-16\s0 (Little Endian)XXXXXX
264263 .RE
265264 .RS 4
266265 .RE
267266 .IP "\fB\-x\fR" 4
268267 .IX Item "-x"
269-通常おこなわれる、いわゆる半角カナ (\s-1JIS\s0 X 0201 片仮名)
270-からいわゆる全角カナ (\s-1JIS\s0 X 0208 片仮名) への変換を行わず、半角カナを保存する。
271-入力は、Shift_JIS の 1byte カナ、SO/SI、ESC\-(\-I, \s-1SSO\s0 を受け付ける。
272-出力は、日本語 \s-1EUC\s0 中では SSO、JIS コード中では \s-1ESC\-\s0(\-I をデフォルトで用いる。
268+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXX\s0 (\s-1JIS\s0 X 0201 \s-1XXX\s0)
269+\&\s-1XXXXXXXXXX\s0 (\s-1JIS\s0 X 0208 \s-1XXX\s0) \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
270+XXXXShift_JIS X 1byte \s-1XXXSO/SIXESC\-\s0(\-I, \s-1SSO\s0 \s-1XXXXXXX\s0
271+\&\s-1XXXXXXX\s0 \s-1EUC\s0 \s-1XXX\s0 \s-1SSOXJIS\s0 \s-1XXXXXX\s0 \s-1ESC\-\s0(\-I \s-1XXXXXXXXXXX\s0
273272 .IP "\fB\-X\fR" 4
274273 .IX Item "-X"
275-いわゆる半角カナ (\s-1JIS\s0 X 0201 片仮名) を いわゆる全角カナ (\s-1JIS\s0 X 0208 片仮名) へと変換する。
274+\&\s-1XXXXXXXX\s0 (\s-1JIS\s0 X 0201 \s-1XXX\s0) X \s-1XXXXXXXX\s0 (\s-1JIS\s0 X 0208 \s-1XXX\s0) \s-1XXXXXXX\s0
276275 .IP "\fB\-B\fR" 4
277276 .IX Item "-B"
278-壊れた (Broken) \s-1JIS\s0 コード。
279-\&\s-1ESC\s0 がなくなったと仮定する。
277+\&\s-1XXX\s0 (Broken) \s-1JIS\s0 \s-1XXXX\s0
278+\&\s-1ESC\s0 \s-1XXXXXXXXXXXX\s0
280279 .RS 4
281280 .IP "\fB\-B1\fR" 4
282281 .IX Item "-B1"
283-\&\fB\s-1ESC\-\s0(\fR, \fB\s-1ESC\-$\s0\fR のあとのコードを問わない
282+\&\fB\s-1ESC\-\s0(\fR, \fB\s-1ESC\-$\s0\fR \s-1XXXXXXXXXXXX\s0
284283 .IP "\fB\-B2\fR" 4
285284 .IX Item "-B2"
286-改行のあとに強制的に \s-1ASCII\s0 に戻す
285+\&\s-1XXXXXXXXXX\s0 \s-1ASCII\s0 \s-1XXX\s0
287286 .RE
288287 .RS 4
289288 .RE
290289 .IP "\fB\-f\fR[\fIm\fR[\-\fIn\fR]]" 4
291290 .IX Item "-f[m[-n]]"
292-一行 \fIm\fR 文字になるように、マージンを \fIn\fR として簡単な整形をおこなう。
293-デフォルトは文字数は 60、マージンは 10 である。
291+\&\s-1XX\s0 \fIm\fR \s-1XXXXXXXXXXXXXX\s0 \fIn\fR \s-1XXXXXXXXXXXXXX\s0
292+\&\s-1XXXXXXXXXX\s0 60XXXXXX 10 \s-1XXXX\s0
294293 .IP "\fB\-Z[0\-3]\fR" 4
295294 .IX Item "-Z[0-3]"
296-\&\s-1JIS\s0 X 0208 英数字と若干の記号を \s-1ASCII\s0 に変換する。
297-つまり、全角を半角に変換する。
295+\&\s-1JIS\s0 X 0208 \s-1XXXXXXXXXX\s0 \s-1ASCII\s0 \s-1XXXXXX\s0
296+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXX\s0
298297 .RS 4
299298 .IP "\fB\-Z \-Z0\fR" 4
300299 .IX Item "-Z -Z0"
301300 Convert X0208 alphabet to \s-1ASCII\s0.
302301 .IP "\fB\-Z1\fR" 4
303302 .IX Item "-Z1"
304-\&\s-1JIS\s0 X 0208 和字間隔を \s-1ASCII\s0 space 一つに変換する。
303+\&\s-1JIS\s0 X 0208 \s-1XXXXX\s0 \s-1ASCII\s0 space \s-1XXXXXXXX\s0
305304 .IP "\fB\-Z2\fR" 4
306305 .IX Item "-Z2"
307-\&\s-1JIS\s0 X 0208 和字間隔を \s-1ASCII\s0 space 二つに変換する。
306+\&\s-1JIS\s0 X 0208 \s-1XXXXX\s0 \s-1ASCII\s0 space \s-1XXXXXXXX\s0
308307 .IP "\fB\-Z3\fR" 4
309308 .IX Item "-Z3"
310->、<、”、&、を &gt;、&lt;、&quot;、&amp; に変換する。
309+\&\s-1XXXXXXXXX\s0 &gt;X&lt;X&quot;X&amp; \s-1XXXXXX\s0
311310 .RE
312311 .RS 4
313312 .RE
314313 .IP "\fB\-b\fR" 4
315314 .IX Item "-b"
316-バッファリング出力を行う。(デフォルト)
315+\&\s-1XXXXXXXXXXXXX\s0(\s-1XXXXX\s0)
317316 .IP "\fB\-u\fR" 4
318317 .IX Item "-u"
319-出力時に、バッファリングしない。
320-ssh localhost | nkf \-u というように使う。
318+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXX\s0
319+ssh localhost | nkf \-u \s-1XXXXXXXXX\s0
321320 .IP "\fB\-t\fR" 4
322321 .IX Item "-t"
323-何もしない。
322+\&\s-1XXXXXX\s0
324323 .IP "\fB\-I\fR" 4
325324 .IX Item "-I"
326-\&\s-1ISO\-2022\-JP\s0 以外の漢字コードを〓に変換。
325+\&\s-1ISO\-2022\-JP\s0 \s-1XXXXXXXXXXXXXX\s0
327326 .IP "\fB\-i[@B]\fR" 4
328327 .IX Item "-i[@B]"
329-\&\s-1JIS\s0 漢字を指示するシーケンスを指定する。
328+\&\s-1JIS\s0 \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
330329 .RS 4
331330 .IP "\fB\-i@\fR" 4
332331 .IX Item "-i@"
333-\&\s-1JIS\s0 X 0208\-1978 を用いる。
332+\&\s-1JIS\s0 X 0208\-1978 \s-1XXXXX\s0
334333 .IP "\fB\-iB\fR" 4
335334 .IX Item "-iB"
336-\&\s-1JIS\s0 X 0208\-1983/1990 を用いる。
335+\&\s-1JIS\s0 X 0208\-1983/1990 \s-1XXXXX\s0
337336 .RE
338337 .RS 4
339338 .RE
340339 .IP "\fB\-o[\s-1BJH\s0]\fR" 4
341340 .IX Item "-o[BJH]"
342-1 バイト英数文字セットを指示するシーケンスを指定する。
341+1 \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
343342 .RS 4
344343 .IP "\fB\-oB\fR" 4
345344 .IX Item "-oB"
346-1 バイト英数文字セットとして US-ASCII を用いる。
345+1 \s-1XXXXXXXXXXXXX\s0 US-ASCII \s-1XXXXX\s0
347346 .IP "\fB\-oJ\fR" 4
348347 .IX Item "-oJ"
349-1 バイト英数文字セットとして \s-1JIS\s0 X 0201 Roman を用いる。
348+1 \s-1XXXXXXXXXXXXX\s0 \s-1JIS\s0 X 0201 Roman \s-1XXXXX\s0
350349 .IP "\fB\-oH\fR" 4
351350 .IX Item "-oH"
352-\&\s-1ESC\s0 ( H は初期の \s-1JUNET\s0 コードでのみ用いられたもので、現在は使ってはならない。
351+\&\s-1ESC\s0 ( H \s-1XXXX\s0 \s-1JUNET\s0 \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
353352 .RE
354353 .RS 4
355354 .RE
356355 .IP "\fB\-r\fR" 4
357356 .IX Item "-r"
358-\&\s-1ROT13/47\s0 の変換をする。
357+\&\s-1ROT13/47\s0 \s-1XXXXXXX\s0
359358 .IP "\fB\-g\fR" 4
360359 .IX Item "-g"
361-自動判別の結果を出力します。
360+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXX\s0
362361 .IP "\fB\-T\fR" 4
363362 .IX Item "-T"
364-テキストモードで出力する。(\s-1MS\-DOS\s0 上でのみ効力を持つ)
363+\&\s-1XXXXXXXXXXXXX\s0(\s-1MS\-DOS\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0)
365364 .IP "\fB\-l\fR" 4
366365 .IX Item "-l"
367-0x80\-0xfe のコードを \s-1ISO\-8859\-1\s0 (Latin\-1) として扱う。
368-\&\s-1JIS\s0 コードアウトプットとの組合せみのみ有効。
369-\&\fB\-s, \-e, \-x\fR とは両立しない。
366+0x80\-0xfe \s-1XXXXX\s0 \s-1ISO\-8859\-1\s0 (Latin\-1) \s-1XXXXXX\s0
367+\&\s-1JIS\s0 \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
368+\&\fB\-s, \-e, \-x\fR \s-1XXXXXXXX\s0
370369 .IP "\fB\-O\fR" 4
371370 .IX Item "-O"
372-ファイルに出力する。
373-\&\s-1UNIX\s0 では不要な機能だが Windows や \s-1MSDOS\s0 では必要らしい。
374-直後の引き数でなく、最後のファイル名が出力ファイル名となり上書きされてしまうので注意。
375-ファイル名がない場合は nkf.out。
371+\&\s-1XXXXXXXXXX\s0
372+\&\s-1UNIX\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0 Windows X \s-1MSDOS\s0 \s-1XXXXXXXX\s0
373+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
374+\&\s-1XXXXXXXXXXX\s0 nkf.outX
376375 .IP "\fB\-L[uwm] \-d \-c\fR" 4
377376 .IX Item "-L[uwm] -d -c"
378-改行コードを変換する。
377+\&\s-1XXXXXXXXXXX\s0
379378 .RS 4
380379 .IP "\fB\-Lu \-d\fR" 4
381380 .IX Item "-Lu -d"
@@ -389,171 +388,171 @@ mac (\s-1CR\s0)
389388 .RE
390389 .RS 4
391390 .Sp
392-デフォルトでは変換しない。
391+\&\s-1XXXXXXXXXXXXX\s0
393392 .RE
394393 .IP "\fB\-\-ic=<input_codeset\fR \-\-oc=<output_codeset>>" 4
395394 .IX Item "--ic=<input_codeset --oc=<output_codeset>>"
396-入力・出力の漢字コード系を指定します。
395+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
397396 .RS 4
398397 .IP "\fB\s-1ISO\-2022\-JP\s0\fR" 4
399398 .IX Item "ISO-2022-JP"
400-いわゆる \s-1JIS\s0 コード。\fB\-j, \-J\fR と同じ。
399+\&\s-1XXXX\s0 \s-1JIS\s0 \s-1XXXX\s0\fB\-j, \-J\fR \s-1XXXX\s0
401400 .IP "\fB\s-1ISO\-2022\-JP\-1\s0\fR" 4
402401 .IX Item "ISO-2022-JP-1"
403-\&\s-1RFC\s0 2237 に定められた形式。 \s-1JIS\s0 X 0212 を含む。
402+\&\s-1RFC\s0 2237 \s-1XXXXXXXXX\s0 \s-1JIS\s0 X 0212 \s-1XXXX\s0
404403 .IP "\fB\s-1ISO\-2022\-JP\-3\s0\fR" 4
405404 .IX Item "ISO-2022-JP-3"
406-\&\s-1RFC\s0 2237 に定められた形式。 \s-1JIS\s0 X 0213 を含む。
405+\&\s-1RFC\s0 2237 \s-1XXXXXXXXX\s0 \s-1JIS\s0 X 0213 \s-1XXXX\s0
407406 .IP "\fBEUC-JP\fR" 4
408407 .IX Item "EUC-JP"
409-\&\s-1EUC\s0 コード。\fB\-e, \-E\fR と同じ。
408+\&\s-1EUC\s0 \s-1XXXX\s0\fB\-e, \-E\fR \s-1XXXX\s0
410409 .IP "\fB\s-1EUC\-JISX0213\s0\fR" 4
411410 .IX Item "EUC-JISX0213"
412-文字集合に \s-1JIS\s0 X 0213:2000 を用いた EUC\-JP。
411+\&\s-1XXXXX\s0 \s-1JIS\s0 X 0213:2000 \s-1XXXX\s0 EUC-JPX
413412 .IP "\fB\s-1EUC\-JIS\-2004\s0\fR" 4
414413 .IX Item "EUC-JIS-2004"
415-文字集合に \s-1JIS\s0 X 0213:2004 を用いた EUC\-JP。
414+\&\s-1XXXXX\s0 \s-1JIS\s0 X 0213:2004 \s-1XXXX\s0 EUC-JPX
416415 .IP "\fBeucJP-ascii\fR" 4
417416 .IX Item "eucJP-ascii"
418-オープングループ日本ベンダ協議会が定義した eucJP\-ascii。
419-\&\fB\-x\fR が暗黙のうちに指定される。
417+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0 eucJP-asciiX
418+\&\fB\-x\fR \s-1XXXXXXXXXXXXX\s0
420419 .IP "\fBeucJP-ms\fR" 4
421420 .IX Item "eucJP-ms"
422-オープングループ日本ベンダ協議会が定義した euc\-JPms。
423-\&\fB\-x\fR が暗黙のうちに指定される。
421+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0 euc-JPmsX
422+\&\fB\-x\fR \s-1XXXXXXXXXXXXX\s0
424423 .IP "\fB\s-1CP51932\s0\fR" 4
425424 .IX Item "CP51932"
426-Micorosft Code Page 51932。
427-\&\fB\-x\fR が暗黙のうちに指定される。
425+Micorosft Code Page 51932X
426+\&\fB\-x\fR \s-1XXXXXXXXXXXXX\s0
428427 .IP "\fBShift_JIS\fR" 4
429428 .IX Item "Shift_JIS"
430-Shift_JIS。
431-\&\fB\-s, \-S\fR と同じ。
429+Shift_JISX
430+\&\fB\-s, \-S\fR \s-1XXXX\s0
432431 .IP "\fBShift_JISX0213\fR" 4
433432 .IX Item "Shift_JISX0213"
434-文字集合に \s-1JIS\s0 X 0213:2000 を用いた Shift_JIS。
433+\&\s-1XXXXX\s0 \s-1JIS\s0 X 0213:2000 \s-1XXXX\s0 Shift_JISX
435434 .IP "\fBShift_JIS\-2004\fR" 4
436435 .IX Item "Shift_JIS-2004"
437-文字集合に \s-1JIS\s0 X 0213:2004 を用いた Shift_JIS。
436+\&\s-1XXXXX\s0 \s-1JIS\s0 X 0213:2004 \s-1XXXX\s0 Shift_JISX
438437 .IP "\fB\s-1CP932\s0\fR" 4
439438 .IX Item "CP932"
440-Micorosft Code Page 932。
441-\&\fB\-x\fR が暗黙のうちに指定される。
439+Micorosft Code Page 932X
440+\&\fB\-x\fR \s-1XXXXXXXXXXXXX\s0
442441 .IP "\fB\s-1UTF\-8\s0 \s-1UTF\-8N\s0\fR" 4
443442 .IX Item "UTF-8 UTF-8N"
444-\&\s-1BOM\s0 無しの UTF\-8。
445-\&\fB\-w, \-W\fR と同じ。
443+\&\s-1BOM\s0 \s-1XXX\s0 \s-1UTF\-8X\s0
444+\&\fB\-w, \-W\fR \s-1XXXX\s0
446445 .IP "\fB\s-1UTF\-8\-BOM\s0\fR" 4
447446 .IX Item "UTF-8-BOM"
448-\&\s-1BOM\s0 付きの UTF\-8。\fB\-w8\fR または \fB\-W\fR と同じ。
447+\&\s-1BOM\s0 \s-1XXX\s0 \s-1UTF\-8X\s0\fB\-w8\fR \s-1XXX\s0 \fB\-W\fR \s-1XXXX\s0
449448 .IP "\fB\s-1UTF8\-MAC\s0\fR" 4
450449 .IX Item "UTF8-MAC"
451-UTF8\-MAC。互換分解されたひらがな・カタカナ等を結合します。
452-入力のみの対応です。
450+\&\s-1UTF8\-MACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
451+\&\s-1XXXXXXXXXX\s0
453452 .IP "\fB\s-1UTF\-16\s0 \s-1UTF\-16BE\-BOM\s0\fR" 4
454453 .IX Item "UTF-16 UTF-16BE-BOM"
455-\&\s-1BOM\s0 有りで Big Endian の UTF\-16。
456-\&\fB\-w16B, \-W16B\fR と同じ。
454+\&\s-1BOM\s0 \s-1XXX\s0 Big Endian X \s-1UTF\-16X\s0
455+\&\fB\-w16B, \-W16B\fR \s-1XXXX\s0
457456 .IP "\fB\s-1UTF\-16BE\s0\fR" 4
458457 .IX Item "UTF-16BE"
459-\&\s-1BOM\s0 無しで Big Endian の UTF\-16。
460-\&\fB\-w16B0. \-W16B\fR と同じ。
458+\&\s-1BOM\s0 \s-1XXX\s0 Big Endian X \s-1UTF\-16X\s0
459+\&\fB\-w16B0. \-W16B\fR \s-1XXXX\s0
461460 .IP "\fB\s-1UTF\-16LE\-BOM\s0\fR" 4
462461 .IX Item "UTF-16LE-BOM"
463-\&\s-1BOM\s0 有りで Little Endian の UTF\-16。
464-\&\fB\-w16L, \-W16L\fR と同じ。
462+\&\s-1BOM\s0 \s-1XXX\s0 Little Endian X \s-1UTF\-16X\s0
463+\&\fB\-w16L, \-W16L\fR \s-1XXXX\s0
465464 .IP "\fB\s-1UTF\-16LE\s0\fR" 4
466465 .IX Item "UTF-16LE"
467-\&\s-1BOM\s0 無しで Little Endian の UTF\-16。
468-\&\fB\-w16L0, \-W16L\fR と同じ。
466+\&\s-1BOM\s0 \s-1XXX\s0 Little Endian X \s-1UTF\-16X\s0
467+\&\fB\-w16L0, \-W16L\fR \s-1XXXX\s0
469468 .RE
470469 .RS 4
471470 .RE
472471 .IP "\fB\-\-fj \-\-unix \-\-mac \-\-msdos \-\-windows\fR" 4
473472 .IX Item "--fj --unix --mac --msdos --windows"
474-これらのシステムに適した変換をします。
473+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
475474 .IP "\fB\-\-jis \-\-euc \-\-sjis \-\-mime \-\-base64\fR" 4
476475 .IX Item "--jis --euc --sjis --mime --base64"
477-対応する変換をします。
476+\&\s-1XXXXXXXXXXX\s0
478477 .IP "\fB\-\-hiragana \-\-katakana\fR" 4
479478 .IX Item "--hiragana --katakana"
480-平仮名、片仮名変換
479+\&\s-1XXXXXXXXX\s0
481480 .IP "\fB\-\-fb\-{skip, html, xml, perl, java, subchar}\fR" 4
482481 .IX Item "--fb-{skip, html, xml, perl, java, subchar}"
483-Unicode から Shift_JIS, \s-1EUC\-JP\s0, \s-1ISO\-2022\-JP\s0 に変換する際に、変換できなかった文字をどう扱うかを指定できます。
482+Unicode \s-1XX\s0 Shift_JIS, EUC-JP, \s-1ISO\-2022\-JP\s0 \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
484483 .IP "\fB\-\-prefix=\f(BIescape character\fB\f(BItarget character\fB..\fR" 4
485484 .IX Item "--prefix=escape charactertarget character.."
486-EUC-JP から Shift_JIS への変換の際、2 バイト目
487-に現れた文字の前にエスケープ文字をつけることができます。
488-引数の 1 文字目がエスケープ文字、2 文字目以降にエスケープされるべき文字を指定します。
485+EUC-JP \s-1XX\s0 Shift_JIS \s-1XXXXXXX2\s0 \s-1XXXX\s0
486+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
487+\&\s-1XXX\s0 1 \s-1XXXXXXXXXXXX2\s0 \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
489488 .Sp
490-例えば、
489+\&\s-1XXXX\s0
491490 .Sp
492-\&\-\-prefix=\e$@ とすると、Shift_JIS の 2 文字目に $ か @ が来たら、その前に \e が挿入されます
493-\&\-\-prefix=@@ とすると、Shift_JIS の 2 文字目に @ が来たら、その前に @ が挿入されます
491+\&\-\-prefix=\e$@ XXXXXShift_JIS X 2 \s-1XXXX\s0 $ X @ \s-1XXXXXXXXX\s0 \e \s-1XXXXXXX\s0
492+\&\-\-prefix=@@ XXXXXShift_JIS X 2 \s-1XXXX\s0 @ \s-1XXXXXXXXX\s0 @ \s-1XXXXXXX\s0
494493 .IP "\fB\-\-no\-cp932ext\fR" 4
495494 .IX Item "--no-cp932ext"
496-\&\s-1CP932\s0 において拡張された、NEC 特殊文字、NEC 選定 \s-1IBM\s0 拡張文字 (89\-92 区)、IBM 拡張文字を変換しません。
495+\&\s-1CP932\s0 \s-1XXXXXXXXXXNEC\s0 \s-1XXXXXNEC\s0 \s-1XX\s0 \s-1IBM\s0 \s-1XXXX\s0 (89\-92 X)XIBM \s-1XXXXXXXXXXXX\s0
497496 .IP "\fB\-\-no\-best\-fit\-chars\fR" 4
498497 .IX Item "--no-best-fit-chars"
499-Unicode からの変換の際に、往復安全性が確保されない文字の変換を行いません。
500-Unicode から Unicode の変換の際に \-x と共に指定すると、nkf を \s-1UTF\s0 形式の変換に用いることができます。
501-(逆に言えば、これを指定しないと一部の文字が保存されません)
498+Unicode \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
499+Unicode \s-1XX\s0 Unicode \s-1XXXXXX\s0 \-x XXXXXXXXXnkf X \s-1UTF\s0 \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
500+(\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0)
502501 .Sp
503-パスに関わる文字列を変換する際には、このオプションを指定することを強く推奨します。
502+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
504503 .IP "\fB\-\-cap\-input, \-\-url\-input\fR" 4
505504 .IX Item "--cap-input, --url-input"
506-それぞれ :、% に続く 16 進数を文字に変換する
505+\&\s-1XXXX\s0 :X% \s-1XXX\s0 16 \s-1XXXXXXXXXX\s0
507506 .IP "\fB\-\-numchar\-input\fR" 4
508507 .IX Item "--numchar-input"
509-&#....; のような Unicode 文字参照を変換する
508+&#....; \s-1XXXX\s0 Unicode \s-1XXXXXXXXX\s0
510509 .IP "\fB\-\-in\-place[=\f(BI\s-1SUFFIX\s0\fB] \-\-overwrite[=\f(BI\s-1SUFFIX\s0\fB]\fR" 4
511510 .IX Item "--in-place[=SUFFIX] --overwrite[=SUFFIX]"
512-元のファイルを変換結果で置き換える。
513-複数のファイルを書き換えることも可能。
514-元のファイルのタイムスタンプとパーミッションが保持される。
515-現在、作成日時や inode は変更されるが、将来にわたってこの実装のままである保証は無い。
511+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
512+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
513+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
514+\&\s-1XXXXXXXX\s0 inode \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
516515 .IP "\fB\-\-guess\fR" 4
517516 .IX Item "--guess"
518-自動判別の結果を出力する
517+\&\s-1XXXXXXXXXXXX\s0
519518 .IP "\fB\-\-help\fR" 4
520519 .IX Item "--help"
521-コマンドの簡単な説明を表示する。
520+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXX\s0
522521 .IP "\fB\-V\fR" 4
523522 .IX Item "-V"
524-nkf の設定を表示する。
523+nkf \s-1XXXXXXXXX\s0
525524 .IP "\fB\-v\fR \fB\-\-version\fR" 4
526525 .IX Item "-v --version"
527-nkf のバージョンを表示する。
526+nkf \s-1XXXXXXXXXXXX\s0
528527 .IP "\fB\-\-\fR" 4
529528 .IX Item "--"
530-これ以降のオプションを無視する
529+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXX\s0
531530 .IP "\fB\-\-exec\-in\fR" 4
532531 .IX Item "--exec-in"
533-nkf [options] \-\-exec\-in cmd args... とやると、cmd の出力を nkf の入力とする
534-(config.h で \s-1EXEC_IO\s0 を define してコンパイルした時のみ有効)
532+nkf [options] \-\-exec\-in cmd args... XXXXXcmd \s-1XXXX\s0 nkf \s-1XXXXXX\s0
533+(config.h X \s-1EXEC_IO\s0 X define \s-1XXXXXXXXXXXXXX\s0)
535534 .IP "\fB\-\-exec\-out\fR" 4
536535 .IX Item "--exec-out"
537-nkf [options] \-\-exec\-out cmd args... とやると、nkf の出力を cmd の入力とする
538-(config.h で \s-1EXEC_IO\s0 を define してコンパイルした時のみ有効)
536+nkf [options] \-\-exec\-out cmd args... XXXXXnkf \s-1XXXX\s0 cmd \s-1XXXXXX\s0
537+(config.h X \s-1EXEC_IO\s0 X define \s-1XXXXXXXXXXXXXX\s0)
539538 .SH "BUGS"
540539 .IX Header "BUGS"
541-実は、入力のコード系の判定は、Shift_JIS と \s-1EUC\s0 との自動判定であり、最初に特定できる文字が来た時点で確定してしまう。
542-そして、特定不能の間は保留バッファにためておかれ、確定後に処理される。
543-このため、7 ビット \s-1JIS\s0 は常に認識される。
544-Shift_JIS、EUC 混合もほとんどの場合は問題がない。
545-ただし、Shift_JIS のいわゆる半角カナ (\s-1JIS\s0 X 0201 片仮名) と \s-1EUC\s0 漢字が識別できない。
546-したがって、デフォルトでは Shift_JIS のいわゆる半角カナはないと仮定している。
547-(つまり、Shift_JIS か \s-1EUC\s0 か迷った時は \s-1EUC\s0 とみなす)
540+XXXXXXXXXXXXXXXShift_JIS X \s-1EUC\s0 \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
541+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
542+\&\s-1XXXXX7\s0 \s-1XXX\s0 \s-1JIS\s0 \s-1XXXXXXXXX\s0
543+Shift_JISXEUC \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
544+XXXXShift_JIS \s-1XXXXXXXXX\s0 (\s-1JIS\s0 X 0201 \s-1XXX\s0) X \s-1EUC\s0 \s-1XXXXXXXXXX\s0
545+\&\s-1XXXXXXXXXXXXX\s0 Shift_JIS \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
546+(XXXXShift_JIS X \s-1EUC\s0 \s-1XXXXXX\s0 \s-1EUC\s0 \s-1XXXX\s0)
548547 .PP
549-Unicode の日本語以外の部分の変換には対応していないが、\fB\-\-no\-best\-fit\-chars\fR を指定すれば、UTF\-8 と \s-1UTF\-16\s0 の相互変換をすることは可能である。
548+Unicode \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0\fB\-\-no\-best\-fit\-chars\fR \s-1XXXXXXXUTF\-8\s0 X \s-1UTF\-16\s0 \s-1XXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
550549 .SH "ACKNOWLEDGE"
551550 .IX Header "ACKNOWLEDGE"
552-以下のかたがた、どうもありがとうございました。
553-.Sh "nkf 1.4"
551+\&\s-1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\s0
552+.SS "nkf 1.4"
554553 .IX Subsection "nkf 1.4"
555554 morb@fujitsu, kiss@ayumi.stars.flab.fujitsu, cen122@flab.fujitsu,
556-yuki@flab.fujitsu 他、fujitsu & flab.fujitsu の皆さんの協力に感謝。
555+yuki@flab.fujitsu XXfujitsu & flab.fujitsu \s-1XXXXXXXXXXX\s0
557556 shinoda@cs.titech, kato@cs.titech, uematsu@cs.titech \s-1TNX\s0
558557 kono@ie.u\-ryukyu.ac.jp
559558 void@merope.pleiades.or.jp (Kusakabe Youichi)
@@ -565,9 +564,10 @@ Kimihiko Sato <sato@sail.t.u\-tokyo.ac.jp>
565564 a_kuroe@kuroe.aoba.yokohama.jp (Akihiko Kuroe)
566565 kono@ie.u\-ryukyu.ac.jp (Shinji Kono)
567566 GHG00637@nifty\-serve.or.jp (\s-1COW\s0)
568-.Sh "nkf 1.9\-"
567+.SS "nkf 1.9\-"
569568 .IX Subsection "nkf 1.9-"
570-.IP "河野真治" 4
569+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
570+.IX Item "XXXX"
571571 .PD 0
572572 .IP "Akio Furukawa" 4
573573 .IX Item "Akio Furukawa"
@@ -579,8 +579,8 @@ GHG00637@nifty\-serve.or.jp (\s-1COW\s0)
579579 .IX Item "Fumitaka Kitagawa"
580580 .IP "Hiroaki Sengoku" 4
581581 .IX Item "Hiroaki Sengoku"
582-.IP "Ikuhiro \s-1MORITA\s0 (森田 育宏)" 4
583-.IX Item "Ikuhiro MORITA (森田 育宏)"
582+.IP "Ikuhiro \s-1MORITA\s0 (\s-1XX\s0 \s-1XX\s0)" 4
583+.IX Item "Ikuhiro MORITA (XX XX)"
584584 .IP "Yoshiharu \s-1ITO\s0" 4
585585 .IX Item "Yoshiharu ITO"
586586 .IP "Junn Ohta" 4
@@ -599,10 +599,10 @@ GHG00637@nifty\-serve.or.jp (\s-1COW\s0)
599599 .IX Item "Kiwamu Aoyama"
600600 .IP "Koichi Hirayama" 4
601601 .IX Item "Koichi Hirayama"
602-.IP "Mitsuru Hase (長谷 満)" 4
603-.IX Item "Mitsuru Hase (長谷 満)"
604-.IP "\s-1OHARA\s0 Shigeki (大原 重樹)" 4
605-.IX Item "OHARA Shigeki (大原 重樹)"
602+.IP "Mitsuru Hase (\s-1XXXX\s0)" 4
603+.IX Item "Mitsuru Hase (XXXX)"
604+.IP "\s-1OHARA\s0 Shigeki (\s-1XX\s0 \s-1XX\s0)" 4
605+.IX Item "OHARA Shigeki (XX XX)"
606606 .IP "Rei \s-1FURUKAWA\s0" 4
607607 .IX Item "Rei FURUKAWA"
608608 .IP "Satoru Takabayashi" 4
@@ -619,65 +619,104 @@ GHG00637@nifty\-serve.or.jp (\s-1COW\s0)
619619 .IX Item "TSUCHIYA Masatoshi"
620620 .IP "Tsutomu Sakai" 4
621621 .IX Item "Tsutomu Sakai"
622-.IP "\s-1YAMASHITA\s0 Junji (山下 純司)" 4
623-.IX Item "YAMASHITA Junji (山下 純司)"
622+.IP "\s-1YAMASHITA\s0 Junji (\s-1XX\s0 \s-1XX\s0)" 4
623+.IX Item "YAMASHITA Junji (XX XX)"
624624 .IP "Yasuyuki Sato" 4
625625 .IX Item "Yasuyuki Sato"
626626 .IP "Yoshiaki Yanagihara" 4
627627 .IX Item "Yoshiaki Yanagihara"
628628 .IP "hat@so\-net" 4
629629 .IX Item "hat@so-net"
630-.IP "DCC技術部渡辺" 4
631-.IP "かとぺ / 加藤 貴司" 4
632-.IP "かべdais" 4
633-.IX Item "かべdais"
634-.IP "ひろせ まさあき" 4
635-.IP "イントラネットシステム(株)松尾" 4
636-.IP "鵜飼文敏" 4
637-.IP "塩崎 毅彦(\s-1SHIOZAKI\s0 Takehiko)" 4
638-.IX Item "塩崎 毅彦(SHIOZAKI Takehiko)"
639-.IP "河村雅夫 (Media Lab.)" 4
640-.IX Item "河村雅夫 (Media Lab.)"
641-.IP "河野 康司" 4
642-.IP "喜瀬“冬猫”浩@南国沖縄" 4
643-.IP "金井 智彦" 4
644-.IP "桂田 祐史 (かつらだ まさし)" 4
645-.IP "高橋宜盟" 4
646-.IP "国吉" 4
647-.IP "黒江明彦" 4
648-.IP "三宅正泰" 4
649-.IP "山倉 真" 4
650-.IP "山本 芳人" 4
651-.IP "山野裕司 (やまのゆうじ)" 4
652-.IP "重村法克" 4
653-.IP "小島基靖" 4
654-.IP "上田 健" 4
655-.IP "新井 康司 (Koji Arai)" 4
656-.IX Item "新井 康司 (Koji Arai)"
657-.IP "森 千絵子" 4
658-.IP "森 和彦" 4
659-.IP "水野 貴文" 4
660-.IP "前地和俊" 4
661-.IP "仲宗根@並列信頼研" 4
662-.IP "猪谷 英一郎 == Eiichiro Itani" 4
663-.IX Item "猪谷 英一郎 == Eiichiro Itani"
664-.IP "藤原 秀行" 4
665-.IP "八田 真行 (Masayuki Hatta)" 4
666-.IX Item "八田 真行 (Masayuki Hatta)"
667-.IP "尾川敏也" 4
668-.IP "望月 孝志" 4
669-.IP "木村 (@筑波大学数学研究科)" 4
670-.IP "野村俊彰" 4
671-.IP "有岡@ミノルタ" 4
672-.IP "有沢 明宏" 4
673-.IP "落合一喜" 4
674-.IP "林 亮" 4
675-.IP "國安 治" 4
676-.IP "木下 雄介" 4
677-.IP "田中隆裕" 4
678-.IP "鶴谷直樹" 4
679-.IP "中田伸悦" 4
680-.IP "わたなべひろふみ" 4
630+.IP "\s-1XXXXXXXX\s0" 4
631+.IX Item "XXXXXXXX"
632+.IP "\s-1XXX\s0 / \s-1XX\s0 \s-1XX\s0" 4
633+.IX Item "XXX / XX XX"
634+.IP "XXdais" 4
635+.IX Item "XXdais"
636+.IP "\s-1XXX\s0 \s-1XXXX\s0" 4
637+.IX Item "XXX XXXX"
638+.IP "\s-1XXXXXXXXXXX\s0(X)XX" 4
639+.IX Item "XXXXXXXXXXX(X)XX"
640+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
641+.IX Item "XXXX"
642+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0(\s-1SHIOZAKI\s0 Takehiko)" 4
643+.IX Item "XX XX(SHIOZAKI Takehiko)"
644+.IP "\s-1XXXX\s0 (Media Lab.)" 4
645+.IX Item "XXXX (Media Lab.)"
646+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0" 4
647+.IX Item "XX XX"
648+.IP "\s-1XXXXXXXXXXXX\s0" 4
649+.IX Item "XXXXXXXXXXXX"
650+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0" 4
651+.IX Item "XX XX"
652+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0 (\s-1XXXX\s0 \s-1XXX\s0)" 4
653+.IX Item "XX XX (XXXX XXX)"
654+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
655+.IX Item "XXXX"
656+.IP "\s-1XX\s0" 4
657+.IX Item "XX"
658+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
659+.IX Item "XXXX"
660+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
661+.IX Item "XXXX"
662+.IP "\s-1XX\s0 X" 4
663+.IX Item "XX X"
664+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0" 4
665+.IX Item "XX XX"
666+.IP "\s-1XXXX\s0 (\s-1XXXXXX\s0)" 4
667+.IX Item "XXXX (XXXXXX)"
668+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
669+.IX Item "XXXX"
670+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
671+.IX Item "XXXX"
672+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
673+.IX Item "XXXX"
674+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0 (Koji Arai)" 4
675+.IX Item "XX XX (Koji Arai)"
676+.IP "\s-1XXXXX\s0" 4
677+.IX Item "XXXXX"
678+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
679+.IX Item "XXXX"
680+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0" 4
681+.IX Item "XX XX"
682+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
683+.IX Item "XXXX"
684+.IP "\s-1XXXXXXXXX\s0" 4
685+.IX Item "XXXXXXXXX"
686+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XXX\s0 == Eiichiro Itani" 4
687+.IX Item "XX XXX == Eiichiro Itani"
688+.IP "\s-1XXXXX\s0" 4
689+.IX Item "XXXXX"
690+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0 (Masayuki Hatta)" 4
691+.IX Item "XX XX (Masayuki Hatta)"
692+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
693+.IX Item "XXXX"
694+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0" 4
695+.IX Item "XX XX"
696+.IP "\s-1XX\s0 (\s-1XXXXXXXXXX\s0)" 4
697+.IX Item "XX (XXXXXXXXXX)"
698+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
699+.IX Item "XXXX"
700+.IP "\s-1XXXXXXX\s0" 4
701+.IX Item "XXXXXXX"
702+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0" 4
703+.IX Item "XX XX"
704+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
705+.IX Item "XXXX"
706+.IP "X X" 4
707+.IX Item "X X"
708+.IP "\s-1XX\s0 X" 4
709+.IX Item "XX X"
710+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0" 4
711+.IX Item "XX XX"
712+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
713+.IX Item "XXXX"
714+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
715+.IX Item "XXXX"
716+.IP "\s-1XXXX\s0" 4
717+.IX Item "XXXX"
718+.IP "\s-1XXXXXXXX\s0" 4
719+.IX Item "XXXXXXXX"
681720 .IP "MoonWolf" 4
682721 .IX Item "MoonWolf"
683722 .IP "sava" 4
@@ -685,14 +724,15 @@ GHG00637@nifty\-serve.or.jp (\s-1COW\s0)
685724 .PD
686725 .SH "AUTHOR"
687726 .IX Header "AUTHOR"
688-.IP "市川 至 ichikawa@flab.fujitsu.co.jp (was ichikawa@fujitsu.JUNET)" 4
689-.IX Item "市川 至 ichikawa@flab.fujitsu.co.jp (was ichikawa@fujitsu.JUNET)"
727+.IP "\s-1XX\s0 X ichikawa@flab.fujitsu.co.jp (was ichikawa@fujitsu.JUNET)" 4
728+.IX Item "XX X ichikawa@flab.fujitsu.co.jp (was ichikawa@fujitsu.JUNET)"
690729 .PD 0
691-.IP "河野 真治 kono@ie.u\-ryukyu.acjp" 4
692-.IX Item "河野 真治 kono@ie.u-ryukyu.acjp"
730+.IP "\s-1XX\s0 \s-1XX\s0 kono@ie.u\-ryukyu.acjp" 4
731+.IX Item "XX XX kono@ie.u-ryukyu.acjp"
693732 .IP "Rei \s-1FURUKAWA\s0 furukawa@tcp\-ip.or.jp" 4
694733 .IX Item "Rei FURUKAWA furukawa@tcp-ip.or.jp"
695-.IP "成瀬" 4
734+.IP "\s-1XX\s0" 4
735+.IX Item "XX"
696736 .IP "mastodon" 4
697737 .IX Item "mastodon"
698738 .PD
@@ -701,4 +741,4 @@ http://sourceforge.jp/projects/nkf/
701741 .PP
702742 Copyright (C) 1987, \s-1FUJITSU\s0 \s-1LTD\s0. (I.Ichikawa).
703743 .PP
704-Copyright (C) 1996\-2009, The nkf Project.
744+Copyright (C) 1996\-2013, The nkf Project.
--- a/nkf.c
+++ b/nkf.c
@@ -21,7 +21,7 @@
2121 * 3. This notice may not be removed or altered from any source distribution.
2222 */
2323 #define NKF_VERSION "2.1.3"
24-#define NKF_RELEASE_DATE "2013-02-20"
24+#define NKF_RELEASE_DATE "2013-11-22"
2525 #define COPY_RIGHT \
2626 "Copyright (C) 1987, FUJITSU LTD. (I.Ichikawa).\n" \
2727 "Copyright (C) 1996-2013, The nkf Project."
--- a/nkf.doc
+++ b/nkf.doc
@@ -5,22 +5,15 @@ SYNOPSIS
55 nkf [-butjnesliohrTVvwWJESZxXFfmMBOcdILg] [*file ...*]
66
77 DESCRIPTION
8- nkf
9- はネットワークでメールやニュースの読み書きをするために作られた、漢字コー
10- ドの変換フィルタである。
8+ nkf はネットワークでメールやニュースの読み書きをするために作られた、漢字コードの変換フィルタである。
119
1210 このnkfの特徴としては、入力漢字コード系の統計的な自動認識機能がある。
13- このため、利用者は、入力漢字コード系が何であるかを知らなくても、出力漢字
14- コード系のみ指定すれば良いことになる。
15- ただ、この判定機構は、理論的には完全ではないが、通常のニュースやメールの
16- メッセージについては確実に動作する安全なものにはなっている。
17-
18- 現在、nkfが認識できる入力の漢字コード系は、いわゆる JIS コード
19- (ISO-2022-JP に基づくもの)、Shift_JIS (MS 漢字コード)、 日本語 EUC (AT&T
20- コード)、UTF-8、UTF-16 のいずれかである。
21- 出力する漢字コード系も、これらである。
22- 入力は、ファイルを指定しなければ、標準入力となる。
23- 出力は標準出力である。
11+ このため、利用者は、入力漢字コード系が何であるかを知らなくても、出力漢字コード系のみ指定すれば良いことになる。
12+ ただ、この判定機構は、理論的には完全ではないが、通常のニュースやメールのメッセージについては確実に動作する安全なものにはなっている。
13+
14+ 現在、nkfが認識できる入力の漢字コード系は、いわゆる JIS コード (ISO-2022-JP に基づくもの)、Shift_JIS (MS
15+ 漢字コード)、 日本語 EUC (AT&T コード)、UTF-8、UTF-16 のいずれかである。 出力する漢字コード系も、これらである。
16+ 入力は、ファイルを指定しなければ、標準入力となる。 出力は標準出力である。
2417
2518 OPTIONS
2619 指定できるオプションは、以下の通り。 -mu のように続けることができる。
@@ -52,10 +45,9 @@ OPTIONS
5245 UTF16 コードを出力する。 (Little Endian / BOM 無し)
5346
5447 -m[BQSN0]
55- MIME を解読する。(デフォルト) ISO-2022-JP (B encode) と ISO-8859-1
56- (Q encode) のみを解読する。 ISO-8859-1 (Latin-1) を解読する時は、-l
57- フラグも必要である。 -m0 では MIME を解読しない。 -mB, -mQ
58- では、BASE64, Q encode されているものとして処理する。
48+ MIME を解読する。(デフォルト) ISO-2022-JP (B encode) と ISO-8859-1 (Q encode)
49+ のみを解読する。 ISO-8859-1 (Latin-1) を解読する時は、-l フラグも必要である。 -m0 では MIME
50+ を解読しない。 -mB, -mQ では、BASE64, Q encode されているものとして処理する。
5951
6052 -mB MIME base64 stream を解読する。 ヘッダなどは取り除くこと。
6153
@@ -67,8 +59,7 @@ OPTIONS
6759
6860 -m0 MIME を解読しない。
6961
70- -mS は、宣言の内容と、その後に続く encoded-text
71- の整合性をチェックする。 -mN は、改行で切られた MIME
62+ -mS は、宣言の内容と、その後に続く encoded-text の整合性をチェックする。 -mN は、改行で切られた MIME
7263 なども解読する。解読が止まらないこともある。
7364
7465 -M[BQ]
@@ -87,8 +78,7 @@ OPTIONS
8778
8879 -E 日本語 EUC (AT&T) を仮定する。
8980
90- -S Shift_JIS を仮定する。 いわゆる半角カナ (JIS X 0201 片仮名)
91- も受け入れる。
81+ -S Shift_JIS を仮定する。 いわゆる半角カナ (JIS X 0201 片仮名) も受け入れる。
9282
9383 -W UTF-8 を仮定する。
9484
@@ -103,14 +93,11 @@ OPTIONS
10393 -W16L
10494 UTF-16 (Little Endian)を仮定する。
10595
106- -x 通常おこなわれる、いわゆる半角カナ (JIS X 0201 片仮名)
107- からいわゆる全角カナ (JIS X 0208 片仮名)
108- への変換を行わず、半角カナを保存する。 入力は、Shift_JIS の 1byte
109- カナ、SO/SI、ESC-(-I, SSO を受け付ける。 出力は、日本語 EUC 中では
110- SSO、JIS コード中では ESC-(-I をデフォルトで用いる。
96+ -x 通常おこなわれる、いわゆる半角カナ (JIS X 0201 片仮名) からいわゆる全角カナ (JIS X 0208 片仮名)
97+ への変換を行わず、半角カナを保存する。 入力は、Shift_JIS の 1byte カナ、SO/SI、ESC-(-I, SSO
98+ を受け付ける。 出力は、日本語 EUC 中では SSO、JIS コード中では ESC-(-I をデフォルトで用いる。
11199
112- -X いわゆる半角カナ (JIS X 0201 片仮名) を いわゆる全角カナ (JIS X 0208
113- 片仮名) へと変換する。
100+ -X いわゆる半角カナ (JIS X 0201 片仮名) を いわゆる全角カナ (JIS X 0208 片仮名) へと変換する。
114101
115102 -B 壊れた (Broken) JIS コード。 ESC がなくなったと仮定する。
116103
@@ -119,13 +106,10 @@ OPTIONS
119106 -B2 改行のあとに強制的に ASCII に戻す
120107
121108 -f[*m*[-*n*]]
122- 一行 *m* 文字になるように、マージンを *n*
123- として簡単な整形をおこなう。 デフォルトは文字数は 60、マージンは 10
124- である。
109+ 一行 *m* 文字になるように、マージンを *n* として簡単な整形をおこなう。 デフォルトは文字数は 60、マージンは 10 である。
125110
126111 -Z[0-3]
127- JIS X 0208 英数字と若干の記号を ASCII に変換する。
128- つまり、全角を半角に変換する。
112+ JIS X 0208 英数字と若干の記号を ASCII に変換する。 つまり、全角を半角に変換する。
129113
130114 -Z -Z0
131115 Convert X0208 alphabet to ASCII.
@@ -138,8 +122,7 @@ OPTIONS
138122
139123 -b バッファリング出力を行う。(デフォルト)
140124
141- -u 出力時に、バッファリングしない。 ssh localhost | nkf -u
142- というように使う。
125+ -u 出力時に、バッファリングしない。 ssh localhost | nkf -u というように使う。
143126
144127 -t 何もしない。
145128
@@ -159,8 +142,7 @@ OPTIONS
159142
160143 -oJ 1 バイト英数文字セットとして JIS X 0201 Roman を用いる。
161144
162- -oH ESC ( H は初期の JUNET
163- コードでのみ用いられたもので、現在は使ってはならない。
145+ -oH ESC ( H は初期の JUNET コードでのみ用いられたもので、現在は使ってはならない。
164146
165147 -r ROT13/47 の変換をする。
166148
@@ -168,13 +150,11 @@ OPTIONS
168150
169151 -T テキストモードで出力する。(MS-DOS 上でのみ効力を持つ)
170152
171- -l 0x80-0xfe のコードを ISO-8859-1 (Latin-1) として扱う。 JIS
172- コードアウトプットとの組合せみのみ有効。 -s, -e, -x とは両立しない。
153+ -l 0x80-0xfe のコードを ISO-8859-1 (Latin-1) として扱う。 JIS コードアウトプットとの組合せみのみ有効。
154+ -s, -e, -x とは両立しない。
173155
174- -O ファイルに出力する。 UNIX では不要な機能だが Windows や MSDOS
175- では必要らしい。
176- 直後の引き数でなく、最後のファイル名が出力ファイル名となり上書きされ
177- てしまうので注意。 ファイル名がない場合は nkf.out。
156+ -O ファイルに出力する。 UNIX では不要な機能だが Windows や MSDOS では必要らしい。
157+ 直後の引き数でなく、最後のファイル名が出力ファイル名となり上書きされてしまうので注意。 ファイル名がない場合は nkf.out。
178158
179159 -L[uwm] -d -c
180160 改行コードを変換する。
@@ -211,12 +191,10 @@ OPTIONS
211191 文字集合に JIS X 0213:2004 を用いた EUC-JP。
212192
213193 eucJP-ascii
214- オープングループ日本ベンダ協議会が定義した eucJP-ascii。 -x
215- が暗黙のうちに指定される。
194+ オープングループ日本ベンダ協議会が定義した eucJP-ascii。 -x が暗黙のうちに指定される。
216195
217196 eucJP-ms
218- オープングループ日本ベンダ協議会が定義した euc-JPms。 -x
219- が暗黙のうちに指定される。
197+ オープングループ日本ベンダ協議会が定義した euc-JPms。 -x が暗黙のうちに指定される。
220198
221199 CP51932
222200 Micorosft Code Page 51932。 -x が暗黙のうちに指定される。
@@ -240,8 +218,7 @@ OPTIONS
240218 BOM 付きの UTF-8。-w8 または -W と同じ。
241219
242220 UTF8-MAC
243- UTF8-MAC。互換分解されたひらがな・カタカナ等を結合します。
244- 入力のみの対応です。
221+ UTF8-MAC。互換分解されたひらがな・カタカナ等を結合します。 入力のみの対応です。
245222
246223 UTF-16 UTF-16BE-BOM
247224 BOM 有りで Big Endian の UTF-16。 -w16B, -W16B と同じ。
@@ -269,30 +246,23 @@ OPTIONS
269246 に変換する際に、変換できなかった文字をどう扱うかを指定できます。
270247
271248 --prefix=*escape character**target character*..
272- EUC-JP から Shift_JIS への変換の際、2 バイト目
273- に現れた文字の前にエスケープ文字をつけることができます。 引数の 1
274- 文字目がエスケープ文字、2
275- 文字目以降にエスケープされるべき文字を指定します。
249+ EUC-JP から Shift_JIS への変換の際、2 バイト目 に現れた文字の前にエスケープ文字をつけることができます。 引数の 1
250+ 文字目がエスケープ文字、2 文字目以降にエスケープされるべき文字を指定します。
276251
277252 例えば、
278253
279- --prefix=\$@ とすると、Shift_JIS の 2 文字目に $ か @
280- が来たら、その前に \ が挿入されます --prefix=@@ とすると、Shift_JIS
281- の 2 文字目に @ が来たら、その前に @ が挿入されます
254+ --prefix=\$@ とすると、Shift_JIS の 2 文字目に $ か @ が来たら、その前に \ が挿入されます
255+ --prefix=@@ とすると、Shift_JIS の 2 文字目に @ が来たら、その前に @ が挿入されます
282256
283257 --no-cp932ext
284- CP932 において拡張された、NEC 特殊文字、NEC 選定 IBM 拡張文字 (89-92
285- 区)、IBM 拡張文字を変換しません。
258+ CP932 において拡張された、NEC 特殊文字、NEC 選定 IBM 拡張文字 (89-92 区)、IBM 拡張文字を変換しません。
286259
287260 --no-best-fit-chars
288- Unicode
289- からの変換の際に、往復安全性が確保されない文字の変換を行いません。
290- Unicode から Unicode の変換の際に -x と共に指定すると、nkf を UTF
291- 形式の変換に用いることができます。
261+ Unicode からの変換の際に、往復安全性が確保されない文字の変換を行いません。 Unicode から Unicode の変換の際に
262+ -x と共に指定すると、nkf を UTF 形式の変換に用いることができます。
292263 (逆に言えば、これを指定しないと一部の文字が保存されません)
293264
294- パスに関わる文字列を変換する際には、このオプションを指定することを強
295- く推奨します。
265+ パスに関わる文字列を変換する際には、このオプションを指定することを強く推奨します。
296266
297267 --cap-input, --url-input
298268 それぞれ :、% に続く 16 進数を文字に変換する
@@ -301,11 +271,8 @@ OPTIONS
301271 &#....; のような Unicode 文字参照を変換する
302272
303273 --in-place[=*SUFFIX*] --overwrite[=*SUFFIX*]
304- 元のファイルを変換結果で置き換える。
305- 複数のファイルを書き換えることも可能。
306- 元のファイルのタイムスタンプとパーミッションが保持される。
307- 現在、作成日時や inode
308- は変更されるが、将来にわたってこの実装のままである保証は無い。
274+ 元のファイルを変換結果で置き換える。 複数のファイルを書き換えることも可能。 元のファイルのタイムスタンプとパーミッションが保持される。
275+ 現在、作成日時や inode は変更されるが、将来にわたってこの実装のままである保証は無い。
309276
310277 --guess
311278 自動判別の結果を出力する
@@ -321,29 +288,22 @@ OPTIONS
321288 -- これ以降のオプションを無視する
322289
323290 --exec-in
324- nkf [options] --exec-in cmd args... とやると、cmd の出力を nkf
325- の入力とする (config.h で EXEC_IO を define
326- してコンパイルした時のみ有効)
291+ nkf [options] --exec-in cmd args... とやると、cmd の出力を nkf の入力とする
292+ (config.h で EXEC_IO を define してコンパイルした時のみ有効)
327293
328294 --exec-out
329- nkf [options] --exec-out cmd args... とやると、nkf の出力を cmd
330- の入力とする (config.h で EXEC_IO を define
331- してコンパイルした時のみ有効)
295+ nkf [options] --exec-out cmd args... とやると、nkf の出力を cmd の入力とする
296+ (config.h で EXEC_IO を define してコンパイルした時のみ有効)
332297
333298 BUGS
334- 実は、入力のコード系の判定は、Shift_JIS と EUC
335- との自動判定であり、最初に特定できる文字が来た時点で確定してしまう。
336- そして、特定不能の間は保留バッファにためておかれ、確定後に処理される。
337- このため、7 ビット JIS は常に認識される。 Shift_JIS、EUC
338- 混合もほとんどの場合は問題がない。 ただし、Shift_JIS のいわゆる半角カナ
339- (JIS X 0201 片仮名) と EUC 漢字が識別できない。
340- したがって、デフォルトでは Shift_JIS
341- のいわゆる半角カナはないと仮定している。 (つまり、Shift_JIS か EUC
342- か迷った時は EUC とみなす)
343-
344- Unicode
345- の日本語以外の部分の変換には対応していないが、--no-best-fit-chars
346- を指定すれば、UTF-8 と UTF-16 の相互変換をすることは可能である。
299+ 実は、入力のコード系の判定は、Shift_JIS と EUC との自動判定であり、最初に特定できる文字が来た時点で確定してしまう。
300+ そして、特定不能の間は保留バッファにためておかれ、確定後に処理される。 このため、7 ビット JIS は常に認識される。
301+ Shift_JIS、EUC 混合もほとんどの場合は問題がない。 ただし、Shift_JIS のいわゆる半角カナ (JIS X 0201 片仮名)
302+ と EUC 漢字が識別できない。 したがって、デフォルトでは Shift_JIS のいわゆる半角カナはないと仮定している。
303+ (つまり、Shift_JIS か EUC か迷った時は EUC とみなす)
304+
305+ Unicode の日本語以外の部分の変換には対応していないが、--no-best-fit-chars を指定すれば、UTF-8 と UTF-16
306+ の相互変換をすることは可能である。
347307
348308 ACKNOWLEDGE
349309 以下のかたがた、どうもありがとうございました。
@@ -376,7 +336,7 @@ ACKNOWLEDGE
376336 Ki-ichiro SATO
377337 Kiwamu Aoyama
378338 Koichi Hirayama
379- Mitsuru Hase (長谷 満)
339+ Mitsuru Hase (長谷 満)
380340 OHARA Shigeki (大原 重樹)
381341 Rei FURUKAWA
382342 Satoru Takabayashi
@@ -411,15 +371,15 @@ ACKNOWLEDGE
411371 山野裕司 (やまのゆうじ)
412372 重村法克
413373 小島基靖
414- 上田 健
374+ 上田 健
415375 新井 康司 (Koji Arai)
416- 森 千絵子
417- 森 和彦
376+ 森 千絵子
377+ 森 和彦
418378 水野 貴文
419379 前地和俊
420380 仲宗根@並列信頼研
421381 猪谷 英一郎 == Eiichiro Itani
422- 藤原 秀行
382+ 藤原 秀行
423383 八田 真行 (Masayuki Hatta)
424384 尾川敏也
425385 望月 孝志
@@ -449,5 +409,5 @@ AUTHOR
449409
450410 Copyright (C) 1987, FUJITSU LTD. (I.Ichikawa).
451411
452- Copyright (C) 1996-2009, The nkf Project.
412+ Copyright (C) 1996-2013, The nkf Project.
453413
--- a/nkf32dll.c
+++ b/nkf32dll.c
@@ -4,11 +4,11 @@
44
55 /*WIN32DLL*/
66 /* こちらのバージョンも更新してください。 */
7-#define NKF_VERSIONW L"2.1.2"
7+#define NKF_VERSIONW L"2.1.3"
88 /* NKF_VERSION のワイド文字 */
9-#define DLL_VERSION "2.1.2.0 2"
9+#define DLL_VERSION "2.1.3.0 2"
1010 /* DLLが返す */
11-#define DLL_VERSIONW L"2.1.2.0 2"
11+#define DLL_VERSIONW L"2.1.3.0 2"
1212 /* DLLが返す DLL_VERSION のワイド文字 */
1313
1414 /* nkf32.dll main */
--- a/version.rc
+++ b/version.rc
@@ -1,8 +1,8 @@
11 #include <windows.h>
22
33 1 VERSIONINFO
4-FILEVERSION 2,1,2,0
5-PRODUCTVERSION 2,1,2,0
4+FILEVERSION 2,1,3,0
5+PRODUCTVERSION 2,1,3,0
66 FILEFLAGSMASK 0x3fL
77 #ifdef _DEBUG
88 FILEFLAGS 0x1L
@@ -19,12 +19,12 @@ FILESUBTYPE 0x0L
1919 {
2020 VALUE "CompanyName", "project nkf\0"
2121 VALUE "FileDescription", "Network Kanji Filter\0"
22- VALUE "FileVersion", "2.1.2\0"
22+ VALUE "FileVersion", "2.1.3\0"
2323 VALUE "InternalName", "nkf\0"
2424 VALUE "LegalCopyright", "Copyright (C) 1987, Fujitsu LTD. (Itaru ICHIKAWA)\0"
2525 VALUE "OriginalFilename", "nkf.c\0"
2626 VALUE "ProductName", "nkf.exe\0"
27- VALUE "ProductVersion", "2.1.2\0"
27+ VALUE "ProductVersion", "2.1.3\0"
2828 }
2929 }
3030 BLOCK "VarFileInfo"
Show on old repository browser