Ticket #31965

4.19a から 4.20 にあげたところ、エクスプローラのサムネイルキャッシュが機能しなくなる

Open Date: 2013-09-01 15:10 Last Update: 2013-09-23 00:04

Reporter:
Owner:
(None)
Status:
Closed
Component:
(None)
MileStone:
(None)
Priority:
7
Severity:
5 - Medium
Resolution:
None
File:
None

Details

4.19a から 4.20 にあげたところ、エクスプローラのサムネイルキャッシュが機能しなくなる。

掲示板で御報告あったもの。4.24がインストールされているWindows 7 x64環境にて再現を試みたが エクスプローラのドライブ表示画面で表示されないドライブアイコンが存在するなどの状態にはならず不明。

ディスククリーンアップで「縮小表示」を削除後、エクスプローラーのサムネイルキャッシュ表示が途中で終わってしまう。 4.19aでは発生しない。4.20以降。Windows 7 x64環境。

Ticket History (3/6 Histories)

2013-09-01 15:10 Updated by: applet
  • New Ticket "4.19a から 4.20 にあげたところ、エクスプローラのサムネイルキャッシュが機能しなくなる" created
2013-09-01 18:13 Updated by: applet
Comment

再現方法。 1. Windows 7 をインストールする 2. のどか 4.20 試用版(http://www.appletkan.com/download/nodoka-4.20_sample_setup.zip)をインストールする 3. エクスプローラで C:\Windows\Performance\WinSAT を開くと *.mpg のサムネイルが表示されない

2013-09-18 23:17 Updated by: applet
Comment

問題の切り分けを実施した結果、sirius_hook_x86.dll, sirius_hook_x64.dll をロードしなければ良い。 ワークアラウンドとしては、トレードオフとなるがMicrosoft Wordなどにおいて、モディファイヤーIC-(変換中)が取れなくなるが、削除すればよいことになる。 オリジナルのsiriusとは異なり、変換中のIME状態を取れるようにしているため、不具合箇所を見つけて改修する必要がある。

2013-09-22 10:57 Updated by: applet
Comment

siriusに、4.20で追加したWORDでIC-を取れるようにした機能において フックルーチンであるSysGetMsgProc()が、無条件に初期化処理が走っていたため、処理全体が重くなっていた様子。

キー入力が有った時のみとして、修正版を作成済。現在評価中。

4.20はアップグレード未実施ユーザの最終版でもあるので、4.25リリースと同時に、4.20aも公開する必要がある。

2013-09-22 11:01 Updated by: applet
  • Priority Update from 5 - Medium to 7
2013-09-23 00:04 Updated by: applet
  • Ticket Close date is changed to 2013-09-23 00:04
  • Status Update from Open to Closed
Comment

4.25, 4.20aにて、改修したsirius_hook_for_nodoka_x86, x64.dllに変更しました。

Attachment File List

No attachments

Edit

You are not logged in. I you are not logged in, your comment will be treated as an anonymous post. » Login