最近の更新 (Recent Changes)

2017-06-10
2015-11-04
2014-10-14
2014-07-01
2014-06-29

Latest File Release

TimingChartViewer (r245)2012-02-15 00:10
isesimutil (r230)2012-01-01 23:07
nbox_util (r247)2012-03-11 22:19
noodlybox (0012)2010-01-01 19:46

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

nbox_util

gather_wave.png
gather_waveをModelSimで動作させたところ

シミュレータを便利に使うためのスクリプトです。

nbox_utilによって追加されるコマンド gather_wave は、

  • Xilinx ISE Simulator 13.4
  • ModelSim Xilinx Edition III/Starter 6.5c
  • ModelSim Actel Edition 10.0c
  • Active-HDL 8.3 Lattice WEB Edition II

で動作することを確認できています。

nbox_util.tclは、下記のリンクからダウンロードできます。

Latest File Release

TimingChartViewer (r245)2012-02-15 00:10
isesimutil (r230)2012-01-01 23:07
nbox_util (r247)2012-03-11 22:19
noodlybox (0012)2010-01-01 19:46

gather_waveがどんな動作をするかは動画(Win32実行形式)をご覧ください。


シミュレータのConsoleにて、

source nbox_util.tcl
と打ち込んで読み込ませることで、以下のコマンドが使用可能になります。

  • gather_wave
    • インスタンスごとにグループ化しつつ信号を波形ウィンドウに追加します。
    • 波形追加の対象にしたくないインスタンスがある場合は、gather_waveに引数として渡してください(複数指定可)。
    • gather_wave foo/bar foo/hoge/fuga
      
  • dump_pblaz (ISE Simulator専用)
    • PicoBlaze3のレジスタ、フラグ、ScratchPadMemoryを波形ウィンドウに追加します。
    • 引数に、PicoBlaze3のインスタンス名を与えてください。
    • dump_pblaz ts3esk/DUT/CORE/MPU