• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

nt-manager: Commit

Nishio Tweet Managerのgit


Commit MetaInfo

Revision2c32661ba9edc8d67045a97639a8a57d2e1d716b (tree)
Time2011-09-03 05:03:36
AuthorU-nishio-PC8\nishio <spark_xp@user...>
CommiterU-nishio-PC8\nishio

Log Message

releaseに必要なデータの追加

Change Summary

Incremental Difference

--- /dev/null
+++ b/release_data/README.txt
@@ -0,0 +1,152 @@
1+Nishio Tweet Manager: Windows, Linux, Macで動作するTwitterクライアント
2+
3+1. 本ソフトウェアについて
4+
5+Nishio Tweet ManagerはWindows, Linux, Macとあらゆる環境で動作するTwitterクライアントです.
6+本ソフトウェアは以下の特徴を持っています.
7+
8+ * Windows, Linux, Macとあらゆる環境で動作
9+ * Streaming APIを利用したツイート取得
10+ * タイムラインをログ情報として保存
11+ * 気になったワードを検索し,別タブにて表示できる
12+ * 気になったワードに関連するハッシュタグを検索できる
13+ * 保存したタイムラインをCSV等で出力
14+ * 過去ログを簡単に閲覧可能
15+
16+2. 本システムを利用する前に必ず読んでください
17+
18+# 本システムはテスト段階のプログラムです.信頼性,完全性については一切保証しておりません.
19+# 本システムを利用したことにより,利用者が何らかの損害,不利益を被った場合でも,製作者はその責任を一切負いません.
20+
21+
22+3.Javaについて
23+
24+本ソフトウェアを動作させるためには,Sun Java version6以上が必要です.
25+Javaは http://www.java.com/ja/download/ からダウンロードが可能です.
26+
27+4. プログラム起動方法
28+
29+Windows上でのプログラム実行方法
30+ -NishioTweetManager.exe を起動してください
31+
32+Mac上でのプログラム実行方法
33+ -NishioTweetManager.appを起動してください
34+
35+Linux上でのプログラム実行方法
36+ -ターミナル上で java -jar NishioTweetManager.jar を入力し,プログラムを実行してください.
37+
38+5. 利用方法
39+
40+利用方法の詳細については http://sourceforge.jp/projects/nt-manager/wiki/howtouse をご覧ください.
41+
42+6. 変更履歴
43+
44+version0.61(2011/09/03)
45+
46+ * 新規
47+ o StreamingAPIによるツイート取得の実装
48+ o 日本語ハッシュタグへの対応
49+ o ソフトウェアのアップデート通知機能の実装
50+
51+ * 修正
52+ o パソコンスリープ復帰後、ツイッタークライアントが暴走する問題を修正
53+ o UIの調節、修正
54+ o ユーザ検索ダイアログのタイトルがおかしかったのを修正
55+ o ログを保存するかどうか選択できるよう修正
56+ o ログをSQLiteに保存するように修正
57+ o ツイート表示テーブルに表示可能なツイート数を指定できるよう修正
58+ o ツイート表示テーブルのグリッド線を削除し、代わりに一行ずつ交互に背景色がつくように修正
59+ o 一部テキストフィールドにて、右クリックコピーができなかった問題を修正
60+
61+version0.5(2011/05/29)
62+
63+ * 新規
64+ o 自分向けのメッセージが到着した際、システムトレイから通知するかどうかを選択できる機能を追加
65+ o 指定したユーザのツイートを取得できるような機能を追加
66+ o ログファイルをCSV出力できる機能を追加
67+ o Bitly短縮機能を簡単に使えるような機能を追加
68+ o 指定したユーザのfollowing/followerを表示できる機能を追加
69+
70+ * 修正
71+ o 前回開いていたタブを復元できるように修正
72+ o ツイート投稿のテキストボックスを右クリックすると、切り取り、貼り付けなどのPopupMenuを表示するように修正
73+ o 細かいバグ及びメニュー項目のラベルを一部修正
74+
75+version0.4(2011/05/02)
76+
77+ * 修正
78+ o ダイレクトメッセージが送信できなかった問題を解決
79+ o プログラムの処理速度を向上
80+ o キー割り当てにShift + 文字 が割り当てられていたのを解決
81+ o Macのapp版、及びWindowsのexe版を用意
82+
83+version0.3(2010/10/17)
84+
85+ * 新規
86+ o リスト機能を追加
87+
88+ * 修正
89+ o 自分自身のお気に入りを手軽に開けるように修正
90+
91+ * バグ修正
92+ o アカウント情報を設定後,すぐにタイムラインが表示されないバグを修正
93+ o ツイートの詳細情報表示欄にて,htmlコードがそのまま表示されるバグを修正
94+ o ハッシュタグの判定がうまくいかなかったバグを修正
95+
96+version0.2(2010/09/20)
97+
98+ * 新規
99+ o 指定したツイートをお気に入りに追加する機能を付けた
100+ o 指定したユーザのお気に入り一覧を取得する機能を付けた
101+ o タブに×ボタンを付けた
102+ o reply 機能を付けた
103+ o reply all機能を付けた
104+ o QT機能を付けた
105+ o 特定の人の発言を別タブで表示できるような機能を付けた
106+ o ツイートを検索し,別タブで検索結果を見れるようにする機能を付けた
107+ o 指定したキーワードに関連するハッシュタグを取得する機能を付けた
108+ o ハッシュタグをクリックすると自動的に関連するツイートを検索し,結果をテーブルに表示する機能を付けた
109+ o ツールバーを付けた
110+
111+ * 修正
112+ o システムトレイにあるアイコンを左クリックするとメインウィンドウが表示されるようにした
113+ o 指定したタブにあるテーブル情報だけを更新できるような機能を付けた
114+ o TL,Mention,DMタブを表示するかしないかを設定できるようにした
115+ o タブのドラッグ&ドロップができるようにした
116+ o 公式RTの場合,TLに表示するのはRTした人ではなくはじめに発言した人にするようにした
117+
118+ * バグ修正
119+ o 今すぐ更新ボタンを押すと,しばらく動きが固まるバグを修正
120+ o @指定の際にin_reply_to_status_idが指定されていないバグを修正
121+ o 誰かが公式RTしたものを自分が公式RTする際,確認ダイアログに表示されるメッセージが不適切だったバグを修正
122+
123+version0.1(2010/09/09)
124+
125+ * Nishio Tweet Manager ver0.1公開
126+
127+7. 利用ライブラリ
128+
129+本ソフトウェアは以下のライブラリを利用しています。
130+
131+Twitter4Jを利用しています。
132+Copyright (c) 2007 Yusuke Yamamoto All rights reserved.
133+BSD Licenseに基づき使用を許可されています。
134+
135+OpenCSV http://opencsv.sourceforge.net/ を利用しています。
136+Apache License2.0に基づき使用を許可されています。
137+
138+
139+8. 連絡先
140+
141+Nishio Tweet Manager: http://densan-labs.net/software/ntm/
142+作者のTwitter : @nishio_dens
143+作者への連絡先: nishio@densan-labs.net
144+
145+9. 取り扱い種別
146+
147+本ソフトウェアはフリーウェアです.
148+
149+10. アンインストール方法
150+
151+ファイルを削除するだけでアンインストールは完了です.
152+
Binary files /dev/null and b/release_data/icon.icns differ
--- /dev/null
+++ b/release_data/smooth.jsmooth
@@ -0,0 +1,43 @@
1+<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
2+<jsmoothproject>
3+<JVMSearchPath>registry</JVMSearchPath>
4+<JVMSearchPath>javahome</JVMSearchPath>
5+<JVMSearchPath>jrepath</JVMSearchPath>
6+<JVMSearchPath>jdkpath</JVMSearchPath>
7+<JVMSearchPath>exepath</JVMSearchPath>
8+<JVMSearchPath>jview</JVMSearchPath>
9+<currentDirectory>${EXECUTABLEPATH}</currentDirectory>
10+<embeddedJar>true</embeddedJar>
11+<executableName>NishioTweetManager.exe</executableName>
12+<initialMemoryHeap>-1</initialMemoryHeap>
13+<jarLocation>NishioTweetManager.jar</jarLocation>
14+<mainClassName>twitter.gui.form.NishioTweetManager</mainClassName>
15+<maximumMemoryHeap>-1</maximumMemoryHeap>
16+<maximumVersion>1.6</maximumVersion>
17+<minimumVersion>1.6</minimumVersion>
18+<skeletonName>Windowed Wrapper</skeletonName>
19+<skeletonProperties>
20+<key>Message</key>
21+<value>Javaが見つかりませんでした。インストールしてありますか?</value>
22+</skeletonProperties>
23+<skeletonProperties>
24+<key>URL</key>
25+<value>http://www.java.com</value>
26+</skeletonProperties>
27+<skeletonProperties>
28+<key>SingleProcess</key>
29+<value>1</value>
30+</skeletonProperties>
31+<skeletonProperties>
32+<key>SingleInstance</key>
33+<value>0</value>
34+</skeletonProperties>
35+<skeletonProperties>
36+<key>JniSmooth</key>
37+<value>0</value>
38+</skeletonProperties>
39+<skeletonProperties>
40+<key>Debug</key>
41+<value>0</value>
42+</skeletonProperties>
43+</jsmoothproject>
Binary files /dev/null and b/resources/icon.ico differ
Show on old repository browser